記事ID139397のサムネイル画像

【心地よい切れ味を堪能】のこぎりのおすすめ人気ランキング10選

のこぎりは木材などを切断するために使われることが多い工具です。のこぎりはタイプによって特徴など変わりますので、確認することで自分に合うのこぎりを選ぶことができます。今回はそんなのこぎりの人気おすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

便利で使やすいのこぎり

のこぎりというのは銅板を薄くしており、その薄くした銅板のふちに歯が付いている工具になっています。のこぎりは基本的に木材などを切断するために使われることが多い工具です。

 

のこぎりには様々なタイプのものがあり、タイプによって特徴などが変わってきますのでのこぎりを選ぶ際にはそのような点もしっかり確認することで自分に合うのこぎりを選ぶことができるでしょう。

のこぎりの選び方

のこぎりは木材などを切断する際によく使用される工具ですが、のこぎりには様々なタイプのものがあります。タイプによって特徴や向き不向きのものがありますのでしっかり確認して選ぶことが大切になってきます。

 

例えば、「両刃のこぎり」というのこぎりであれば木の繊維に合わせてまっすぐと切ることができるのが魅力になっています。この両刃のこぎりは別名で大工のこぎりとも言われています。

タイプで選ぶ

のこぎりを選ぶ際にはタイプで選ぶのが一番簡単でしょう。そのため、のこぎりの購入を考えている際にはまず初めにのこぎりにどのようなタイプのものがあるかを把握してから購入するようにしましょう。

 

のこぎりのタイプによって特徴などは大きく変わってきますので、タイプを確認せずに購入してしまうと自分が欲しいと思っていたタイプののこぎりじゃないということになる可能性も出てきますので気をつけましょう。

 

それから、タイプをしっかり把握しておかないと間違った使い方をしてしまうことによってのこぎりの刃をすぐにだめにしてしまいますのでタイプを把握しておくことはとても重要なことです。

横挽き

のこぎりの刃は主に2つのタイプに分かれています。それは「横挽き」「縦挽き」です。横挽きのタイプののこぎりは刃の上部や裏部の表面が削れており、木の繊維を切断することができるというような作りになっています。

 

このタイプののこぎりは刃が左右交互にに向かい合うように並んでいます。そのため、刃の振動によって木材などが挟むこまれるのを防いでくれます。また、のこぎりと切断された木材が摩擦することによって木材を削ることができます。

 

ですが、横挽きタイプののこぎりは横向きで使用するように作られていますので、のこぎりを縦向きにして使用してしまうと刃に負担がかかり切れ味が悪くなってしまいますので注意しましょう。

縦挽き

のこぎりの刃のタイプは「横挽き」「縦挽き」に分かれていますが、縦挽きタイプののこぎりは刃先の線と裏刃と上刃の角度が切断する材質のかたさによって角度が異なるという特徴があります。

 

縦挽きののこぎりはのこぎりの刃先で木を削ることができます。ですが、縦挽きタイプののこぎりで間違った使い方をしてしまうとこちらも切れ味が悪くなってしまう原因になりますので気をつけてください。

 

それから、縦挽きタイプののこぎりは横挽きタイプののこぎりの刃よりも大きいのが特徴になっていますので見分け方は簡単ですのでしっかり見分けて自分にあったタイプの方を選びましょう。

用途で選ぶ

のこぎりを選ぶ際には用途で選ぶのも重要になってきます。木材などを切断することのできる工具ではありますが、様々な種類ののこぎりがあり、用途によって使うのこぎりは変わってきます。

 

例えば、「両刃ののこぎり」といったような一般的に木材を切断するために使用されているのこぎりもあれば、「折り込みのこぎり」などの携帯用として有名なのこぎりがあったりします。

 

そのため、のこぎりを選ぶ時にはどのような用途なのかを確認してから選ぶようにしましょう。用途を事前に確認することによって自分の用途に合ったのこぎりをスムーズに選ぶことができるでしょう。

両刃のこぎり

横挽きタイプと縦挽きタイプの両方が備わっているのが両刃のこぎりになっています。両刃のこぎりは「大工のこぎり」とも言われています。両刃のこぎりは木材を切断する際に一般的に使用されるとされるのこぎりです。

 

横挽きと縦挽きの両方が備わっているため自分が使いやすい角度で使用することができるのが魅力になっています。それから、木材を切断した時にでてしまうくずは外に出る仕組みになっているのも嬉しい点です。

 

また、切断している時に切断ラインが見えやすくなっていますのでとても切りやすいという特徴があります。横挽きと縦挽きの両方を使いたいと考えている人は両刃のこぎりをおすすめします。

アゼ挽きのこぎり

木材の溝を切るために使用されるのこぎりがアゼ挽きのこぎりになっています。このアゼ挽きのこぎりは刃が丸い形になっているのが特徴です。それから、アゼ挽きのこぎりは横挽きと縦挽きが付いてるのが魅力です。

 

アゼ挽きのこぎりは切り穴が必要ないため材料の切り抜きなどの特殊な切り方を考えている人におすすめののこぎりです。また、自分が切りやすい角度で切ることができますので使いやすいです。

 

ですが、アゼ挽きのこぎりはのこ身が狭いですので、切り抜いたりする作業以外には向いていません。そのため、切断する用ののこぎりと使い分ける必要がありますので注意しておきましょう。

胴付きのこぎり

補強版が付いているのが特徴で刃が細かいのこぎりが胴付きのこぎりになっています。この胴付きのこぎりは切り口が滑らかになるように作られているのこぎりですので切り口を滑らかにしたい人に向いてます。

 

切り口を滑らかに切ることができますのでやすりなどを使用する必要がないというメリットがあります。そのため、やすりをかけにくいと感じる木材の切断をしたいと考えている人におすすめです。

 

それから、胴付きのこぎりののこ身はとても薄いです。のこ身が薄いため狭い幅の切断が可能です。また、補強版が付いていることによって切り口の小さいものしか向いてないというデメリットがあります。

折り込みのこぎり

携帯用ののこぎりとして有名なのが折り込みのこぎりになっています。この折り込みのこぎりは植木などの剪定用ののこぎりとして使用されることが多いのこぎりになっています。そのため、家に庭がある人に向いています。

 

それから、折り込みのこぎりは木材を切るのに向いているものもあれば、庭木などの生木に向いているものもあります。そのため、自分に向いてる用途で選ぶことができるのも魅力の一つでしょう。

 

ですが、折り込みのこぎりは携帯用として使用することが多いのこぎりであるため、のこ身は狭いです。ですので、木材を切断できないことはありませんが、少々切りにくいと感じることがあるかもしれません。

アサリ幅で選ぶ

のこぎりには横挽きタイプのものと縦挽きタイプのものがありますが、そのタイプの中でも刃のアサリ幅というものがあります。アサリ幅はメーカーなどによっても変わってきますので確認しておきましょう。

 

このアサリ幅にはのこぎりで切断する時の摩擦を少なくしてくれるという働きをもっています。そのため、多い水分を含んでいる材料に使用する際にはアサリ幅を小さくして、それ以外はアサリ幅が大きいものを使用すると良いでしょう。

 

このように、アサリ幅をしっかり確認することによってのこぎりの切れ味を保つことができます。アサリ幅を把握せずに購入してしまう人が多いですがアサリ幅を把握することは大事なことです。

のこぎりの人気ランキング10選

第10位

SK11(エスケー11)

替刃式折込鋸

価格:862円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

錆びにくい

こちらののこぎりは「替刃式折込鋸」というのこぎりになっています。こののこぎりは回し挽きのこぎりというタイプののこぎりであるため、刃の角度を二段階に分けることができるという魅力があります。

 

それから、グリップはエラストマ樹脂を採用したグリップですので滑りにくいのが特徴です。また、刃も錆びにくい作りになっていますので錆びにくいのこぎりを求めている人におすすめです。

 

手の届きやすい価格でありながら持続性も良いのこぎりですので実際に購入した人からの評価も良いです。外で作業することが多い人なども使いやすいのこぎりですので確認してみてください。

重量136g厚さ0.9mm
第9位

ゼット販売

ライフソークラフト 145

価格:810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

綺麗に切れる

こちらののこぎりは「Z ライフソークラフト 145」というのこぎりになっています。こののこぎりは刃の部分にアサリが付いていないのが特徴です。アサリが付いていないため板面に傷がつくことはありません。

 

それから、こののこぎりは替刃のこぎりですが、付け替える際に方向などがないため付け替えやすいというメリットもあります。簡単に取り換えることのできる替刃のこぎりを求めている人におすすめです。

 

また、持ち運びするのにも便利です。付け替えも簡単で使いやすいので替刃のこぎりが欲しいけどどの替刃のこぎりを選べば良いのか迷っているという人はぜひ確認してみると良いでしょう。

重量4.54g厚さ0.44mm
第8位

長谷川刃物

ダンボールのこ ダンちゃん

価格:258円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

段ボール専用

こちらののこぎりは「長谷川刃物 ダンボールのこ ダンちゃん」というのこぎりになっています。こののこぎりは段ボール専用ののこぎりで、カッターなどより持続性の高い両刃タイプののこぎりです。

 

実際にこののこぎりを購入した人は段ボールに使用した際にスムーズに切ることができたという人もいれば、カッターよりも切れ味が長続きするのが嬉しいという人もいるように高い評価があります。

 

また、専用ケースが付いているのも嬉しい点です。専用ケースはビニール製のものです。よく段ボールを切ることが多いという人はカッターではなくこちらののこぎりを使用するのをおすすめします。

重量20g厚さ0.9mm
第7位

神沢精工株式会社

サムライ騎士

価格:2,238円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

携帯用で便利

こちらののこぎりは「神沢精工(サムライ) 騎士」というのこぎりになっています。こののこぎりはメーカーによって日本刀のような切れ味を継承することによって100年続いた技法で作られたのこぎりです。

 

そのため、切れ味が良いのが特徴でコンパクトサイズのため携帯用ののこぎりとしておすすめです。キャンプなどのアウトドアシーンで大活躍すること間違いなしののこぎりになっています。

 

また、こののこぎりは木材に使用することはもちろんですが木材だけでなく、薪などを切ることもできますので実際に購入した人からの評価も高いです。アウトドアシーンで使うことのできるのこぎりを求めている人におすすめです。

重量295g厚さ0.9mm
第6位

角利産業(Kakuri Sangyo)

スーパー技工 替刃式のこぎり

価格:945円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プラスチック製のものを切れる

こちらののこぎりは「スーパー技工 替刃式のこぎり」というのこぎりになっています。こののこぎりはプラスチック製のものを切断するのにとてもおすすめの切れ味が良いのこぎりです。

 

こののこぎりは木材に使用するためののこぎりではなく、アクリル素材のものを切断するための専用ののこぎりになります。それから、プラスチック製ケースが付いてくるのも嬉しい点です。

 

実際にこののこぎりを購入した人はプラスチック製のものを切る時の切れ味が良いととても評価が良いです。それにもし切れ味が悪くなってしまっても刃を替えればまた使うことができます。

重量168g厚さ0.6mm
第5位

角利産業(Kakuri Sangyo)

プロメイト 糸鋸デラックス 焼入刃付

価格:616円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広く使える

こちらののこぎりは「プロメイト 糸鋸デラックス 焼入刃付」というのこぎりになっています。こののこぎりはDIYなどの作業に使用するのにもおすすめののこぎりです。それから、フレームが深いため木材を切るのにも対応しています。

 

また、こののこぎりは木材に使用できるだけでなくプラスチック用などの替刃も販売していますので自分の用途によって刃を変えるだけで使い分けることができるのが嬉しい点になっています。

 

こののこぎりを一つもっていればわざわざ他のタイプののこぎりを購入する必要はなく、替刃を購入すれば良いだけですのでとても便利です。買いそろえるのが面倒という人に向いています。

重量236g厚さ0.9mm
第4位

SK11(エスケー11)

替刃式折込鋸

価格:862円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手の届きやすい価格

こちらののこぎりは「SK11 替刃式折込鋸」というのこぎりになっています。こののこぎりは軽くてコンパクトなのが特徴になっていますのでコンパクトサイズののこぎりを求めている人におすすめです。

 

グリップが握りやすく刃が錆びにくい点もメリットです。それから、こののこぎりは手の届きやすい価格ではありますが、アウトドアシーンなどでも十分に活躍することのできるものになっています。

 

また、こののこぎりを実際に購入した人からの評価もとても高いです。軽量タイプののこぎりですのであまり力を入れずに使用できるのこぎりがいいという人に向いてるタイプののこぎりになっています。

重量159g厚さ0.6mm
第3位

ユーエム工業

シルキー ゴムボーイ 万能目

価格:1,785円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

切れ味が良い

こちらののこぎりは「シルキー ゴムボーイ 万能目」というのこぎりになっています。こののこぎりは幅広く活躍することのできるのこぎりで、グリップにはスチールゴム製のものを搭載しています。

 

スチールゴム製のグリップによって切断した面の振動を抑えるという効果があるというメリットがあります。それから、切れ味が良いのが魅力で硬い素材も簡単に切ることができるのこぎりです。

 

また、滑らかに切断してくれますのでやすりなどを用意する必要がありません。バリもありませんので幅広く使うことができます。幅広いシーンで使えるのこぎりを求めている人におすすめです。

重量230g厚さ1.2mm
第2位

HANGZHOU UNITED ELECTRIC MANUFACTURE CO.,LTD

替え刃式折込鋸 折り畳み式

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたためる

こちらののこぎりは「替え刃式折込鋸 折り畳み式」というのこぎりになっています。こののこごりは折りたたむことができますので持ち運びが簡単なのこぎりです。そのため、様々なシーンで活躍すること間違いなしです。

 

持ち運びが簡単なのこぎりですのでキャンプなどのアウトドアシーンでも使うことができます。それから、グリップには滑り止めが付いてますので使いやすい万能ののこぎりになっています。

 

また、見た目には重厚感を感じることができ、切れ味も抜群なのが魅力になっています。持ち運び用ののこぎりは持っているけど中々切れなくて困っているという人にもおすすめののこぎりです。

重量508g厚さ0.9mm
第1位

ゼット販売

ハイスパイマン

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万能のこぎり

こちらののこぎりは「Z ハイスパイマン P1.4 金属切断用鋸」というのこぎりになっています。こののこぎりはコバルトスイス銅製で作られていますので、耐久性に優れているという魅力があります。

 

フレームがないため狭い場所で使用することができます。それから、こののこぎりは切れ味がとても良いです。実際に購入した人からの評価も高いのこぎりですのでとてもおすすめです。

 

また、こののこぎりはどのような材質のものも切ることができるのもメリットです。このように万能ののこぎりですのでどのようなのこぎりを選べば良いのか分からないという人は確認してみてください。

重量9.07g厚さ0.7mm

のこぎりのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5113159の画像

    ゼット販売

  • 2
    アイテムID:5113160の画像

    HANGZHOU UNITED ELECTRIC MANUFACTURE CO.,LTD

  • 3
    アイテムID:5113162の画像

    ユーエム工業

  • 4
    アイテムID:5113165の画像

    SK11(エスケー11)

  • 5
    アイテムID:5113167の画像

    角利産業(Kakuri Sangyo)

  • 6
    アイテムID:5113171の画像

    角利産業(Kakuri Sangyo)

  • 7
    アイテムID:5113185の画像

    神沢精工株式会社

  • 8
    アイテムID:5113199の画像

    長谷川刃物

  • 9
    アイテムID:5113212の画像

    ゼット販売

  • 10
    アイテムID:5113217の画像

    SK11(エスケー11)

  • 商品名
  • ハイスパイマン
  • 替え刃式折込鋸 折り畳み式
  • シルキー ゴムボーイ 万能目
  • 替刃式折込鋸
  • プロメイト 糸鋸デラックス 焼入刃付
  • スーパー技工 替刃式のこぎり
  • サムライ騎士
  • ダンボールのこ ダンちゃん
  • ライフソークラフト 145
  • 替刃式折込鋸
  • 特徴
  • 万能のこぎり
  • 折りたためる
  • 切れ味が良い
  • 手の届きやすい価格
  • 幅広く使える
  • プラスチック製のものを切れる
  • 携帯用で便利
  • 段ボール専用
  • 綺麗に切れる
  • 錆びにくい
  • 価格
  • 880円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 1785円(税込)
  • 862円(税込)
  • 616円(税込)
  • 945円(税込)
  • 2238円(税込)
  • 258円(税込)
  • 810円(税込)
  • 862円(税込)
  • 重量
  • 9.07g
  • 508g
  • 230g
  • 159g
  • 236g
  • 168g
  • 295g
  • 20g
  • 4.54g
  • 136g
  • 厚さ
  • 0.7mm
  • 0.9mm
  • 1.2mm
  • 0.6mm
  • 0.9mm
  • 0.6mm
  • 0.9mm
  • 0.9mm
  • 0.44mm
  • 0.9mm

のこぎりを正しく手入れ

のこぎりをできるだけ長く使用したいと考えているのであれば正しく手入れする必要があります。正しい手入れ方法を把握しないまま間違った方法で手入れしてしまうと切れ味がわるくなってしまいます。そのため、正しい手入れ方法を確認しておきましょう。

 

のこぎりの手入れ方法はいたって簡単です。まず、のこぎりを使用した際にはのこぎりの刃についた木くずなどをしっかりとりましょう。その後に、のこぎりについたヤニをとることを忘れないようにしましょう。このような点に注意して手入れするようにしましょう。

まとめ

今回のこぎりのおすすめランキング10選を紹介しましたがいかがだったでしょうか。のこぎりにはタイプによって特徴なども変わってきますのでしっかり確認して自分にあったのこぎりを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ