記事ID139375のサムネイル画像

【きれいな状態をキープする】集塵機のおすすめ人気ランキング10選

集塵機は、作業をする中で出た木くずなどのゴミを吸い込んでくれる便利アイテムです。大型~小型まで様々なタイプを販売しています。用途に合わせてDIYやネイルで用いる集塵機が異なります。様々な集塵機をピックアップしました自分の用途に合ったものを選びましょう。

集塵機のメリット

集塵機は、掃除機とは異なり、集塵機特有のメリットを持っています。その良さをまずはご紹介していきたいと思います。

集塵機の仕組み

集塵機は空気中に飛散した粉塵を吸い込んでくれる機会です。空気ごと粉塵を吸い込んでくれて、集塵機内のフィルターで吸着した後にきれいな空気を排出してくれる仕組みとなっています。

 

プロが仕様する集塵機として「防爆型集塵機」や、アスベスト用には公害対策用の集塵機が使用されます。カラダへの健康被害を抑制してくれて、ホコリなどを吸引してくれるのが大きな役割です。

掃除機との違い

集塵機と掃除機との大きな違いは、風量と圧力です。吸引する力は掃除機より劣ります。しかし、粉塵を大量の空気と一緒に吸い込むことができるので、空気自体の洗浄化を行えるメリットが生まれます。

 

掃除機の場合は圧力が一点に集中するので、高圧でゴミやホコリを吸引してくれます。フィルターの面積も狭くて目詰まりしやすいです。フィルターが目詰まりした状態で使い続けると過放熱し、故障の原因となります。注意してください。

 

一方で、集塵機の場合はフィルターの面積も広くて目詰まりしにくい設計になっています。吸引力では劣りますが、空気を大量に吸い込んでくれるメリットは粉塵が多く発生する作業現場では大変重宝します。

集塵機の選び方

集塵機はこれまで販売されてきたものと比べて性能が向上しています。自分の用途に合った容量やタイプを見つけていきましょう。

主要なタイプから選ぶ

集塵機は大きくタイプが2種類にわかれます。使い方が水気を含むものを吸い取るのか、そうではないのかまずは2つのタイプを見比べてみましょう。

乾湿両用

集塵機の中で乾湿両用タイプは、濡れたゴミ・液体までも吸い込むことのできるタイプになります。作業中、不意に水分をこぼしてしまうケースもよく見られますが、これがあればサッと吸い込んで処理してくれます。

 

また乾式専用だと、木くずが濡れてしまった場合に乾かすまで時間を要してしまうケースがよくありました。乾湿両用タイプなら、そんな時間のロスも無くしてしまいます。液体の掃除も同時に済ましたいなら、こちらのタイプをおすすめします。

乾式専用

乾式専用は、木くずなどを吸い込むことができるタイプです。濡れたものは吸い込むことができません。掃除機と同じですね。

 

濡れたものの処理には不向きなタイプですが、集塵機の中では多くのメーカーが販売を行っておりますので、自分好みのデザインも見つかりやすいです。価格面でも、価格は安価になるのでそういった経済面でもメリットがあります。

 

また、付属パーツが付いてくる集塵機も数多くあり、アタッチメントを変更することで掃除機のような扱いも行えます。用途を増やすことで様々に楽しめますね。実際に、濡れたものを吸引することが少ないという方は、こちらのタイプで十分でしょう。

初心者必見!メーカーで選ぶ

集塵機を販売するメーカーも特性がそれぞれあります。DIY、ネイルと用途に合わせて、各2メーカーずつ合計4メーカーを紹介しますです。

マキタ

マキタは電動工具メーカー界では重鎮的存在です。こちらを外して集塵機は語れません。マキタの集塵機は種類が豊富。選び方としては、DIYで用いるのか本格的な仕様で購入を検討しているのかです。そこからハッキリさせていきましょう。

 

プロ用としてなら、強力吸引力の集塵機を選び、DIY用なら手軽に扱える充電式タイプを見ていくといいです。乾式専用・乾湿両用ともにラインナップが豊富にあるので、どちらの用途でよく用いるのか自分自身の使い方を確認してみましょう。

 

また、マキタにはタンクは「ステンレス」や「樹脂」を、集塵袋は「ポリ袋」または「紙パック」から選ぶことができます。幅広いラインナップの中から選べることがマキタの集塵機最大の特徴です。

リョービ

リョービも有名な電動工具メーカーです。インパクトレンチや芝刈り機、充電式ヒートベストなどまで手掛けています。その製品ラインナップの多さも魅力の1つです。また、各製品同士の相性もよくて、連携機能搭載のものを選べば効率よく作業することができます

 

安心して使用することを考えても、できるだけメーカーもそろえて購入できるものを選んでいくことが重要ですね。また、機能面でも乾湿両用タイプも取り揃えていたり、市販のポリ袋が使用できたりと、使い手のことを考えた仕様となっている点でも魅力があります。

シャレドワ

シャレドワもネイル用の卓上タイプ集塵機を販売するメーカーです。施術者が手を置いても、楽に高さ調整が行えたりできる設計が好評を得ています。また違う方の評価では、施術を受ける方にも配慮されている作りでもあり、その点でも評価を高めます。

 

ダストを浮遊させないのに卓上タイプ集塵機はネイルサロンにおいて、なくてはならない存在です。そんな要望に応えてくれるメーカーです。

エッジオフィス

エッジオフィスはネイルケア用品メーカーです。商品の開発・製造・販売を手掛けるだけでなく、ネイルサロンの経営も行っています。また、専門知識や技術を習得させて、爪の専門家育成も行っています。

 

ネイルサロンで使用する商品の品質は、ユーザーからも好評で高い支持を得ています。エッジオフィスから販売されているネイルサロン用集塵機も、お客様にふりかかる粉塵の量が確実に減ったと好評を得ています。

容量で選ぶ

容量については多い方がメリットがあります。まず小さい容量だと何回も捨てる作業を行わなければならなくなり、手間が増えてしまいます。また、電動カンナを使う場合には大きめの切りくずが出てしまって、すぐに木くずで満杯になってしまいます。

 

こういった点を含めて、集塵容量は大きいものを選ぶようにしてください。一般の紙パックのサイズは1.5Lくらいですが、集塵機は10L以上が一般的になります。DIY用の携帯性の高い集塵機であっても、20L以上入る集塵機もあります。

 

作業をするたびに大量の木くずが出るようなら、大容量タイプをメインに見ていきましょう。

電動工具への取り付け可能か

DIY用の集塵機であるなら、電動工具に取り付けて作業が可能かどうかも見ていきましょう。これは連動機能として表示されていることが多いので、DIY用集塵機をお探しの方はそこをチェックしていきましょう。

 

なぜ、連携機能があったりするのかというと、健康への悪影響が懸念されるからです。電動工具で作業を行っていると大量の木くずなどが発生します。これらも少量であるなら問題ないのですが、大量となってくると、その健康被害の危険性が高まってきます

 

そういった意味合いで電動工具とセットの集塵機が販売されています。基本的には、同メーカー製のものであれば、問題なく接続が行えますが、他社製品の場合は注意が必要です。接続できるか確認してから購入しましょう。

吸引力で選ぶ

吸引力もそれぞれの用途によって異なっています。床に散らばる木くずなどを吸い取りたいのなら、パワーのある方が短時間で吸い取ることができます。吸引力は吸引仕事率(W)として表示されます。

 

0.01666という数値に真空度、風量を掛け合わせて算出します。私たちがよく使用する掃除機は500~600Wですが、集塵機で床面のゴミを吸い取る種類で150~300Wになります。電動工具と連結して使用するタイプであるなら、強力な吸引力は必要としません。

 

数値が低めでも安心して吸い込みを行うことができます。また、卓上タイプの集塵機だと、同様に仕事率での表記がされていない場合がありますので注意が必要です。

用途で選ぶ

どういった目的で使用するかによっても選ぶ集塵機が違います。DIYなどで加工作業を行う際に出るゴミの処理に関して掃除するものに関しての集塵機と、卓上タイプのようにネイル作業で発生する爪を吸い取ってくれるものがあります。

 

両方ともに、目的が明確に別れています。ですので、しっかりと自分の使い方を見つめてみましょう。加工作業で用いる吸い取るタイプは、吸引力や容量も重要で、そういった点を抑えて見ていきましょう。

 

卓上タイプの方では、移動を目的としないですが、作業中に集中力を無くしてしまうほどの騒音や、全く吸い込めない吸引力では、作業効率を低下させてしまうので、そういった点は抑えておきましょう。

集塵機のおすすめ人気ランキング10選

第10位

マキタ(Makita)

充電式クリーナ 7.2V CL072DS

価格:14,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マキタの充電式タイプ

家庭用クリーナーとして人気のマキタから販売されています。7.2リチウムイオンを採用して長時間の使用が可能です。紙パックタイプでもあり取扱いは簡単です。また、このリチウムイオンバッテリーがポイントで、同メーカーの他製品との使い回しが可能です。

 

ワンタッチで扱いやすく、軽量ボディであるため快適な掃除を行うことができます。ゴミ捨ても新フロントカバーであるため手軽に行えます。

タイプ乾式専用 充電タイプ容量ダストバッグ500(ml)/紙パック330(ml)
サイズ長さ984×幅113×高さ146(ノズル付)(mm)仕事率強14/標準5(W)
第9位

マキタ(Makita)

集じん機 491(P)

価格:48,551円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量タイプの集塵機

こちらは、ステンレス仕様の集塵機です。吸入仕事率も300Wと高性能です。容量が大きくてたくさんの粉塵にも対応します。屋外での使用も大型キャスタが付いており、大型バンパが本体を保護してくれるため、ハードな現場でも軽々と扱うことができます。

 

3層構造の作りとなっており、さらにチリ落としも毎回行ってくれるため目詰まりを防止してくれます。吸い込み調整も無段階で調整してくれるため、色々なシチュエーションで活躍してくれそうです。

タイプ乾式専用容量32L
サイズ仕事率300W
第8位

Dream Real

ネイルダストコレクター

価格:4,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セルフネイルには打って付けのアイテム

吸引力として、自分でネイルを行うのに適したモデルです。趣味程度から始めようとしている方におすすめです。コンパクトながらも十分な吸引力を備えています。また、ステンレス製なので錆びることはありませんし、高級感も放ちます

 

そこに加えて、手入れも簡単です。水で洗い流すことができて、汚れてきても楽に掃除することができます。有害物質やダストをしっかりと吸い取ってくれるので、部屋の空気は悪くしません。セルフネイルに興味のある方はぜひ見てください。

タイプ乾式専用、卓上タイプ容量
サイズ235×190×85(mm)仕事率40W
第7位

マキタ(Makita)

集じん機 8L VC0830

価格:31,640円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マキタの粉塵専用タイプ

運転音は、そのままで吸い込み仕事率を220Wまで引き上げたマキタの集塵機です。木くずや細かい粒子状粉塵に特化しており、乾式タイプの集塵機をお探しの方は必見です。

 

容量は8Lでタンク内に粉塵が増加しても影響を受けにくいようにフィルタ位置が考えられ設計されています。電源の切り入りでチリ落とししてくれるので、吸込力が低下しにくいこともメリットです。

タイプ乾式専用容量8L
サイズ仕事率220W
第6位

リョービ(Ryobi)

集じん機 VC-1100 683400A

価格:9,527円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼のあるメーカーから乾湿両用の登場

乾湿両用タイプの集塵機です。電動メーカーとして評価の高いリョービは、集塵機においても優秀です。木くずや砂、ホコリや塵だけでなく、濡れてしまったゴミまでもしっかりと吸引してくれます

 

吸引するだけでなく、水はドレンから排水することも可能です。電動工具と接続するのであれば、作業を行いながら、クリーンな空気をキープしてくれます。吸引するパワーは優秀ですが、音も結構しますので、その点は理解した上で購入するようにしましょう。

タイプ乾湿両用容量乾15 液12(L)
サイズ長さ345×幅350×高さ435(mm)仕事率160W
第5位

株式会社TAT

シャレドワ 集塵機 Mason

価格:36,000円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吸引力抜群

プロも使用する吸引力抜群のMasonです。その吸引力はダストが舞う心配がなくなります。集塵機がないと白い粉状になって、舞ってしまいます。しかし、集塵機ありだとそういったこともなくなります

 

また、手入れについてもMasonは簡単であり、シリコン素材でフィルタ―と一緒に容器まで水洗いすることが可能です。アフターケアーまでも楽に行えるので、長く使用できる集塵機となってくれるはずです。

タイプ乾式専用容量
サイズ長さ217×幅247×高さ105(mm)仕事率12V、定格出力
第4位

エッジオフィス

MX2 ワイヤレスダストコレクター

価格:40,700円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネイリストとして働いてきた知識を集約

エッジオフィスは、これまでネイリストとして働いてきた方々の生の声を集めて作られています。現場で感じていた「もっとときめくものを使いたい」や、「独自の技術や強みを持ちたい」などの要望に応えられる製品を開発・販売に取り組んでいます。

 

ネイルダスト集塵機MX2は、サイズ感や高さなど使いやすさを徹底追求したモデルとなります。また、5段階フィルターを採用してダストの逆流現象を防ぎます。これは自動車などを作る最先端工場の技術から、考案されており、新たな技術も積極的に取り入れています。

 

吸引力は高いのに、静音設計でリラックスした中で作業を行えます。その上で、しっかりと吸引してくれるので非常にメリットは高いです。

タイプ乾式専用容量
サイズ長さ230×幅185×高さ60(mm)仕事率電力DC12V  ファン電圧1A
第3位

HiKOKI(ハイコーキ)

電動工具用集じん機 AC100V ストッパー付キャスター 乾湿両用 FRP80SB

価格:18,892円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群の集塵力を発揮

こちらはHiKOKIの集塵機です。キャスター付きで掃除機のように移動させることが可能です。工具とも接続することができて、DIY作業場掃除には適しています。その他にもベランダや屋外階段でも使用することが可能で、幅広い用途で使用できるのが強みです。

 

ゴミ袋と専用パックでゴミ捨てができる機種でもあります。ただし、ゴミ袋と相性があまり良くないと評価する方もいますので、そこは注意が必要です。

タイプ乾湿両用容量乾燥8 液体6(L)
サイズ長さ331×幅364×高さ334(mm)仕事率300W
第2位

リョービ(Ryobi)

集じん機 VC-1100 683400A

価格:9,527円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格と性能のバランスがとれたモデル

電動工具メーカーとして名が知れたリョービ製の集塵機です。吸引力が高いのに価格も安価で手に入りやすいのがメリットです。ゴミもしっかりと吸い取ってくれて、乾湿両用タイプなので、どんなシチュエーションでも楽しむことができます。

 

市販のゴミ袋が使用でき、経済面で安く抑えることができるのもポイントです。またドレンの排水は通常、持ち上げて捨てるのが一般的なのですが、こちらの集塵機は持ち上げずに処理ができるので、余分な労力を必要としないことも魅力的です。

タイプ乾湿両用容量乾燥15 液体12(L)
サイズ長さ345×幅350×高さ435(mm)仕事率160W
第1位

マキタ(Makita)

集じん機 AC100V M442

価格:19,487円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頑強で耐久力があるマキタの集塵機

人気が非常に高い電動工具メーカー「マキタ」から販売される集塵機です。こちらは、コンパクトタイプでDIYの掃除用として打ってつけです。マキタ製品は壊れにくく丈夫なことにメリットを感じて購入される方も多くいます。

 

コンパクトタイプなので、容量は小さめではありますが、吸引力は非常に高く、繰り返し使用できるタイプなのでランニングコストも抑えることができます。長期的に使っていきたいとお考えの方はこちらのメーカーをおすすめします。

タイプ乾湿両用容量乾燥8 液体6(L)
サイズ長さ366×幅334×高さ368(mm)仕事率300W

集塵機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5120014の画像

    マキタ(Makita)

  • 2
    アイテムID:5120017の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 3
    アイテムID:5120020の画像

    HiKOKI(ハイコーキ)

  • 4
    アイテムID:5120022の画像

    エッジオフィス

  • 5
    アイテムID:5120024の画像

    株式会社TAT

  • 6
    アイテムID:5120026の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 7
    アイテムID:5120027の画像

    マキタ(Makita)

  • 8
    アイテムID:5120029の画像

    Dream Real

  • 9
    アイテムID:5120032の画像

    マキタ(Makita)

  • 10
    アイテムID:5120033の画像

    マキタ(Makita)

  • 商品名
  • 集じん機 AC100V M442
  • 集じん機 VC-1100 683400A
  • 電動工具用集じん機 AC100V ストッパー付キャスター 乾湿両用 FRP80SB
  • MX2 ワイヤレスダストコレクター
  • シャレドワ 集塵機 Mason
  • 集じん機 VC-1100 683400A
  • 集じん機 8L VC0830
  • ネイルダストコレクター
  • 集じん機 491(P)
  • 充電式クリーナ 7.2V CL072DS
  • 特徴
  • 頑強で耐久力があるマキタの集塵機
  • 価格と性能のバランスがとれたモデル
  • 抜群の集塵力を発揮
  • ネイリストとして働いてきた知識を集約
  • 吸引力抜群
  • 信頼のあるメーカーから乾湿両用の登場
  • マキタの粉塵専用タイプ
  • セルフネイルには打って付けのアイテム
  • 大容量タイプの集塵機
  • マキタの充電式タイプ
  • 価格
  • 19487円(税込)
  • 9527円(税込)
  • 18892円(税込)
  • 40700円(税込)
  • 36000円(税込)
  • 9527円(税込)
  • 31640円(税込)
  • 4299円(税込)
  • 48551円(税込)
  • 14480円(税込)
  • タイプ
  • 乾湿両用
  • 乾湿両用
  • 乾湿両用
  • 乾式専用
  • 乾式専用
  • 乾湿両用
  • 乾式専用
  • 乾式専用、卓上タイプ
  • 乾式専用
  • 乾式専用 充電タイプ
  • 容量
  • 乾燥8 液体6(L)
  • 乾燥15 液体12(L)
  • 乾燥8 液体6(L)
  • 乾15 液12(L)
  • 8L
  • 32L
  • ダストバッグ500(ml)/紙パック330(ml)
  • サイズ
  • 長さ366×幅334×高さ368(mm)
  • 長さ345×幅350×高さ435(mm)
  • 長さ331×幅364×高さ334(mm)
  • 長さ230×幅185×高さ60(mm)
  • 長さ217×幅247×高さ105(mm)
  • 長さ345×幅350×高さ435(mm)
  • 235×190×85(mm)
  • 長さ984×幅113×高さ146(ノズル付)(mm)
  • 仕事率
  • 300W
  • 160W
  • 300W
  • 電力DC12V  ファン電圧1A
  • 12V、定格出力
  • 160W
  • 220W
  • 40W
  • 300W
  • 強14/標準5(W)

集塵機と共に使用したいアイテム

集塵機と一緒に使用したいアイテムに保護メガネをおすすめします。保護メガネを装着しておくことで空気中に舞う粉塵やホコリなど見えないものからも、しっかりと眼を保護してくれます。

 

せっかく作業を行っているのに、それによってカラダに悪影響を及ぼしてしまっては元も子も失ってしまいます。できる限り、装着して作業を行いましょう。また、肺に入ることで後々になって肺炎などを起こしかねません。マスクの装着も努めましょう。

自分の用途に合った集塵機を選びましょう

集塵機をここまで紹介してきました。一言で集塵機といっても種類は豊富です。使う用途を明確にして楽しむのがお気に入りを見つける近道になります。集塵機を活用して掃除も楽々で行いましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ