記事ID139365のサムネイル画像

【揚げ物が楽にできる】電気フライヤーのおすすめランキング10選

何かと注目されている電気フライヤーですが、実は手軽な価格ので購入できるものから、業務用などの大きいものまであります。ご家庭で手軽に使えるように、洗える電気フライヤーもあるので、是非使ってみましょう。そこで今回は、おすすめの電気フライヤーをご紹介します。

面倒な揚げ物も、電気フライヤーがあれば楽ちんです。

一度は耳にしたことがある電気フライヤーですが、一体どういった機能があるのでしょうか。また、どういった利点があるのかを、詳しく考えて選ぶ方は、あまりいないのではないでしょうか。実は、電気フライヤーはかなり便利なアイテムなので、使ってみましょう。

そこで今回は、おすすめの電気フライヤーをご紹介します。有名なメーカーから販売されている商品もあるので、安心してお買い求めいただけるかと思います。故障の際は、きちんとアフターサービスが受けれるものを購入し、手軽に活用しましょう。

電気フライヤーの選び方

電気フライヤーは便利と聞きますが、一体どういった機能があるのでしょうか。この記事で色々な項目に着目し、便利さを感じて、是非使ってみましょう。

メリット・デメリットで選ぶ

あらかじめメリット・デメリットを知っていると、より使いやすいかと思います。また、購入するきっかけにも繋がるかもしれません。

メリットで選ぶ

電気フライヤーの最大メリットは、直火を使わないことです。通常であれば、揚げ物をコンロで調理すると思います。ですが、この電気フライヤーを使うことによって、手軽に卓上で揚げ物をすることができます。

 

家族でや友人と一緒に楽しみながら作れるので、パーティーなどにも便利です。さらに、油をカットしてくれるので、ヘルシーに食べれるメリットがあります。

デメリットで選ぶ

電気フライヤーのデメリットとしては、油の処理が大変なことです。商品によって必要な量は異なりますが、あらじめ定められた量の油を、投入する必要があります。

 

特に業務用などの大きいものは、大量の油が必要になります。油の量が調節しにくいことがあるので、場合によっては、フライパンなどで揚げる方が、手間がかからない場合があります。

タイプで選ぶ

電気フライヤーといっても、主に2タイプがあります。それぞれ特徴が全く違うので、健康面なども考えながら選びましょう。

ノーマルタイプを選ぶ

油を用いて使用するのが、最も一般的な電気フライヤーとなっています。実際に自分で温度調節などを行う必要がないので、失敗せずに揚げることができます。さらに、直火で使用するわけではないので、手軽に卓上で使用できる便利さがあります。

 

ただし、あらかじめ入れることができる、油の量が決まっているので注意しましょう。また、油の処理が必要になります。

ノンオイルフライタイプを選ぶ

近年注目されているのが、このノンオイルフライヤーといわれるものです。一切油を使わずに揚げれるので、ヘルシーなものを作ることができます。ダイエット中や、脂質を避けたい方にピッタリです。

 

さらに、食材そのものの余分な油もカットしてくれるので、健康的な体作りもできます。中には、焼く調理が行えるものがあるので、色々な機能に注目してみましょう。

機能性で選ぶ

特に家電製品は、機能性が充実しているものほど、使いやすい傾向があります。また、温度調節機能は、最低源抑えておきましょう。

温度調整機能で選ぶ

最低限抑えておきたい機能として、温度調整機能が挙げられます。これは、温度を自由に調節することができる、かなり便利な機能の一つです。

 

商品によって設定の細かさは異なりますが、低・中・高といった機能が備わったのを選ぶようにしましょう。もし使用頻度が多い場合は、より細かくセットできるものだと、使い勝手も良くなりますよ。

蓋付きを選ぶ

商品によっては、蓋が備わったタイプの商品があります。これであれば、油の飛び散りを防げるので、安心して使用することができます。

 

また、油が飛び散らないと、思わぬ火傷を防ぐことができるので、小さなお子さんがいる場合でも、手軽に使うことができます。大体の商品は、蓋をしたまま使用可能ですが、中には使えないものもあるので、きちんと確認して使いましょう。

プラスの機能で選ぶ

電気フライヤーの中には、揚げ物以外にも、煮物・炒めものなどの、色々な料理で使用できるものがあります。非常に多機能な商品もあるので、プラスの機能にもこだわってみましょう。

 

特に、あまり料理を作る時間がない方は、こういった機能があるとかなり助かります。また、家電をいくつも買う必要がなくなるため、スッキリと収納できて便利です。

コスパ・容量で選ぶ

電気代が気になる場合は、コスパにも注目しましょう。また、人数に合った容量の電気フライヤーが必要になります。

コスパで選ぶ

電気フライヤーは、意外にもあまり消費電力を使わないので、電気代をあまり気にする必要はありません。ただし、古いモデルのものほど、消費電力が大きく、必要以上に電力を必要とすることがあるので、注意しましょう。

 

また、電気フライヤー本体も、予算に合ったものを選ぶことが大切です。経済的に厳しいのに購入してしまうと、家計がかなり大変になります。なので、しっかりとそういったことを考えて選びましょう。

容量で選ぶ

その程度の容量のものが必要かは、ある程度目安があるので、それに従って選んでみましょう。例えば、一人暮らしの場合は、0.5L~のものが最適とされています。あまり大きすぎると、収納しづらくなるので、注意しましょう。

 

2人以上で、ご自宅で使用する場合は、2L以上のものが便利です。もし不安な場合は、ワンサイズ大きめのものを選びましょう。ただし、あまりに容量が大きと、油の処理などが大変になります。

メーカーで選ぶ

電気フライヤーで人気なメーカーは、以下の2メーカーとなっています。サービスも充実していて、安心して購入できます。

象印を選ぶ

象印とは、1918年に創業した、日本の有名メーカーです。多数の商品ラインナップがあり、アフターサービスも充実しています。電気フライヤーに関しては、火を使わずに、手軽に卓上で使える商品を販売しています。

 

よって、安心して使えて、家族みんなで楽しめるので、より食卓の輪が広がります。ちょっとした揚げ物を楽しみたい場合にも、便利なのでチェックしてみましょう。

フィリップスを選ぶ

フィリップスとは、海外の有名なメーカーです。電気フライヤー以外にも、電気歯ブラシなどの日用品も扱っています。また、有名な商品として、ノンオイルフライヤーがあります。

 

油を使用せずに使えるので、揚げ物を食べたいけれど、どうしてもカロリーが気になるといった方が、是非このメーカーのものを使ってみましょう。非常に健康に気遣って作られた商品が多いので、体にも嬉しい効果をもたらしてくれます。

丸洗いできるものを選ぶ

油を使う電気フライヤーは、油の処理が当然必要になってきます。なので、お手入れのしやすさも、視野に入れて選びましょう。例えば、油を入れて揚げるための、バスケットが取り出せるタイプのものがあります。これなら、使用後に取り外し油の処理を行うことができます。

 

また、丸洗いできるものなら、しっかりと綺麗にできるので、いつでも清潔な状態で使用できます。ただし、バスケットが取り外せないタイプなど、お手入れに手間がかかることがあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

電気フライヤーの人気ランキング10選

第10位

room mate

電気フライヤー g004

価格:4,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バスケットがあったりと、使い勝手も抜群です。

この電気フライヤーは、具材・調理に合わせて、150~90℃の温度調節が可能となっています。 付属品も充実していて、レシピブック付きで、色々な調理が行えます。調理が苦手な方でも、これがあると便利です。

 

また、過熱防止機能付きで、設定温度に達すると予熱モードになります。よって、安心してお使いいただけます。油切りに便利なバスケットも付属されているので、しっかりと油をカットできます。

 

コンパクトなので、収納もスムーズに行えます。国内メーカーから販売されていて、アフターサービスも充実しています。

サイズ210×255×210mm容量1.5L
機能予熱モード・温度調整機能丸洗い対応
第9位

ROOMMATE

熱風フライヤー i001

価格:5,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属品を変えるだけで、色々な料理が作れます。

熱風で油を使わずに、調理できます。可愛らしいデザインで、より一層楽しく使用できます。コンパクトサイズなので、収納場所に困りません。余分な油を落とすので、ヘルシーに仕上がります。

 

さらに、プレート・焼き網・串揚げにも対応し、付属の焼き網などが入れ替えて使用できます。置き方を選ぶことで、素材や料理の幅を広げれます。

 

おしゃれといった、ロコミが挙がっていました。レジピブックが付属されているので、様々なシーンや素材、調理方法などを行えます。メーカーサポートも付いているので、故障の際も相談できます。 

サイズ196×263×296mm容量1.6L
機能温度調整機能丸洗い-
第8位

フィリップス

ノンフライヤー HD9216/66

価格:13,922円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

即時の技術を生かした商品です。

この電気フライヤーは、油を使わず作れて、最大80%脂肪分をカットできます。 高速空気循環技術と、らせん熱風で外はサクッと中はジューシーに仕上げます。

 

さらに、手間いらないので、いつでも手軽に揚げ物を作れます。匂いが残らないようにしているので、後片付けもサッと終わらせれます。ダイヤル式で、低温80℃~高温200℃にセットできます。

 

とにかく楽といった、ロコミが挙がっていました。スターフィッシュデザインを組み合わせているので、様々な食材を素早く簡単に作ることができます。容量の多いので、家族が多くても全員で楽しめます。

サイズ-容量2.2L
機能スターフィッシュ・温度調整機能丸洗い田泓
第7位

ティファール

アクティフライ FZ205588

価格:50,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

99%油をカットできて、とてもヘルシーです。

お手入れしやすいように、丸洗いが可能となっています。揚げ物はもちろん、炒め物、煮込みもこれ一台で作れて、とても経済的です。さらに、油の代わりに熱風で食材に熱を通すため、99%オイルカットできます。

 

特許技術で撹拌用の羽と、自動撹拌調理が備わっています。この商品にしか備わっていない、便利な機能も体験できます。

 

温め直しもしやすいといった、ロコミが挙がっていました。取っ手が付いているので、本体から取り外せて、調理後の盛り付けにも困りません。おしゃれなカラーを取り入れていて、おしゃれに楽しく調理が行えます。 

サイズ400×270×250mm容量-
機能パドル・温度調整機能丸洗い対応
第6位

OMorc

ノンフライヤー

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セットしておけば、後は放っておくだけで大丈夫です。

オイルフリーなので、油を気にすることなく揚げ物を作れます。約200℃の熱風を循環させて調理するため、外側はカリッと、中は柔らかくふんわりと仕上げます。美味しく健康的に楽しめて、ダイエット中の方にもおすすめです。

 

簡単にワンボタンで操作が可能なので、機械に慣れていなくても、安心して使用できます。バスケットに食材を入れて、時間を設定して後は待つだけなので、空いた時間を有効活用できて助かります。

 

家事が合間にできて助かるといった、ロコミが挙がっていました。場所を取らないサイズで、収納もスムーズに行えます。

サイズ26×26×33cm容量2L
機能メニュー・温度調整機能丸洗い対応
第5位

タイガー

はやあげ CFE-A100-T

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸洗いできて、いつでも清潔です。

深めに作られているので、油が飛ぶ心配がありません。スイッチを入れれば、油の温度を自動で最適温度に調節してくれます。

 

さらに、油受け付きなので、食材を置けば余分な油がをカットできます。お鍋は、フッ素加工を施しています。なので、そのまま丸洗いすることもでき、お手入れもスムーズに行えます。シンプルなデザインで、キッチンとの相性も抜群です。

 

洗えるのが良いといった、ロコミが挙がっていました。着脱可能なマグネット式電源プラグを採用し、コードは約3mとゆとりを持たせています。なので、コードが届かないといった心配もなく、手軽に使えておすすめです。

サイズ26.4×21.1×22.4cm容量1L
機能温度調整機能丸洗い対応
第4位

山善

揚げ物の達人 YAC-M121

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全面も確保されていて、油切もしっかり行えます。

串揚げ・天ぷらなど、様々な揚げ物を楽しめます。卓上に置いて使用できるので、パーティー阿などを行う際にも役立ちます。便利な、串ホルダー付きで、自宅で手軽に本格的な調理をすることが可能です。

 

また、保護カバーが付いているので、お鍋の縁に直接手が触れるのを防ぎ、事故のリスクも下げれます。この電気フライヤーには、油切り用網付きが付いているので、しっかりとオフできて、ヘルシーに食べれます。

 

串カツが便利に作れるといった、ロコミが挙がっていました。安全装置である、温度ヒューズが付いているので、安心して使用できます。

サイズ29×20×18.5cm容量1.1L
機能温度ヒューズ・温度調整機能丸洗い非対応
第3位

Vpcok

電気フライヤー

価格:8,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色々な機能があり、初めてでも扱えます。

揚げ物だけでなく、色々な調理の際に使用できます。油を一切使用しないので、健康的な料理を作れます。エアフィルターが設置されているので、換気を行いながら放熱するので、環境にも優しいです。

 

さらに、高品質の耐高温シェルを採用していて、火傷も防ぎます。分離可能なバスケットが備わっているので、お手入れに手間がかかりません。

 

一番愛用している家電といった、ロコミが挙がっていました。タッチスクリーンで操作できるので、初めて使用される方にもおすすめです。レシピもあり、料理が苦手な方にもお使いいただけます。

サイズ324×260mm容量2.6L
機能調理設定・温度調整機能丸洗い対応
第2位

象印

あげあげ  EFK-A10-TJ

価格:11,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食卓にセットすれば、みんなで楽しめます。

大きな19cmの海老も、そのまままるごと調理することが可能です。食材を小さく切らなくて良いので、素材の見た目や味も、存分に堪能できます。食卓に置いて使用できるので、ちょっと揚げ物を作りたい時にも役立ちます。

 

また、ハイパワー設計となっているので、素早く調理が行えて、時短にもなります。さらに、マグネットプラグを採用し、内容器にはフッ素樹脂を加工しているので、いつでも綺麗に使用できます。コンパクトで、邪魔になりません。

 

美味しく揚げれるといった、ロコミが挙がっていました。火を使わないので、安全面も確保されています。

サイズ30×17×18㎝容量-
機能温度調整機能丸洗い不可
第1位

ツインバード工業

コンパクトフライヤー  EP-4694PW

価格:5,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性が高く、片手で油を処理できます。

お弁当用から少人数の家庭まで、幅広い量に対応しているので、使いやすさが抜群です。また、油の処理が片手でできるポット型を採用していて、お手入れの際も、手間がかかりません。温度調節も行えます。

 

この電気フライヤーは、 少量の油で使用できるので、とても経済的です。マグネットプラグや、フタも備わっています。

 

総合的にかなり良かったといった、ロコミが挙がっていました。揚げ物以外にも、お菓子作りなどにも使えるので、料理のレパートリーも広がります。シンプルなデザインで、キッチンにも馴染み楽しく使えます。

サイズ235×185×210mm容量0.5L
機能温度調整機能丸洗い-

電気フライヤーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5112076の画像

    ツインバード工業

  • 2
    アイテムID:5112080の画像

    象印

  • 3
    アイテムID:5112081の画像

    Vpcok

  • 4
    アイテムID:5112083の画像

    山善

  • 5
    アイテムID:5112085の画像

    タイガー

  • 6
    アイテムID:5112087の画像

    OMorc

  • 7
    アイテムID:5112088の画像

    ティファール

  • 8
    アイテムID:5112090の画像

    フィリップス

  • 9
    アイテムID:5112095の画像

    ROOMMATE

  • 10
    アイテムID:5112097の画像

    room mate

  • 商品名
  • コンパクトフライヤー  EP-4694PW
  • あげあげ  EFK-A10-TJ
  • 電気フライヤー
  • 揚げ物の達人 YAC-M121
  • はやあげ CFE-A100-T
  • ノンフライヤー
  • アクティフライ FZ205588
  • ノンフライヤー HD9216/66
  • 熱風フライヤー i001
  • 電気フライヤー g004
  • 特徴
  • 機能性が高く、片手で油を処理できます。
  • 食卓にセットすれば、みんなで楽しめます。
  • 色々な機能があり、初めてでも扱えます。
  • 安全面も確保されていて、油切もしっかり行えます。
  • 丸洗いできて、いつでも清潔です。
  • セットしておけば、後は放っておくだけで大丈夫です。
  • 99%油をカットできて、とてもヘルシーです。
  • 即時の技術を生かした商品です。
  • 付属品を変えるだけで、色々な料理が作れます。
  • バスケットがあったりと、使い勝手も抜群です。
  • 価格
  • 5400円(税込)
  • 11880円(税込)
  • 8690円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 10800円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 50800円(税込)
  • 13922円(税込)
  • 5780円(税込)
  • 4780円(税込)
  • サイズ
  • 235×185×210mm
  • 30×17×18㎝
  • 324×260mm
  • 29×20×18.5cm
  • 26.4×21.1×22.4cm
  • 26×26×33cm
  • 400×270×250mm
  • -
  • 196×263×296mm
  • 210×255×210mm
  • 容量
  • 0.5L
  • -
  • 2.6L
  • 1.1L
  • 1L
  • 2L
  • -
  • 2.2L
  • 1.6L
  • 1.5L
  • 機能
  • 温度調整機能
  • 温度調整機能
  • 調理設定・温度調整機能
  • 温度ヒューズ・温度調整機能
  • 温度調整機能
  • メニュー・温度調整機能
  • パドル・温度調整機能
  • スターフィッシュ・温度調整機能
  • 温度調整機能
  • 予熱モード・温度調整機能
  • 丸洗い
  • -
  • 不可
  • 対応
  • 非対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 田泓
  • -
  • 対応

油の処理のポイント

電気フライヤーの油ですが、この油を常に取り出す必要があると、思っている方が、多いのではないでしょうか。実は、頻繁に油を取り出す必要はありません。というのも、油は大体数週間程度は、保存することができます。

 

ただし、たんぱく質を多く含んだものは、痛みやすいので注意しましょう。また、汚れがひどい場合は、爆発することがあるので、きちんと新しい油にしましょう。

まとめ

今回は、おすすめの電気フライヤーをご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。このアイテムを使用することで、面倒な片付けが必要なく、手軽に使うことができます。また、オイルカットでダイエット効果もあり、嬉しい機能が満載ですよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ