記事ID139349のサムネイル画像

【趣きある陶器製も】コーヒードリッパーおすすめ人気ランキング10選

コーヒードリッパーは美味しい珈琲が飲めると人気があります。初心者でも使いやすいもの、コーヒードリッパーのフィルターもステンレス製のものやペーパーレスのものなどが登場しており、利便性も増しています。本記事ではそんなコーヒードリッパーの最新から人気商品までを厳選してご紹介していきます。

コーヒードリッパーのメリット

コーヒードリッパーがあることで得られることはたくさんあります。コーヒーはインスタントや缶コーヒーなど色々な種類がありますよね。ただ、それでは満足できないという方におすすめです。

淹れ立ての本格コーヒーを楽しめる

コーヒーは淹れ立てを飲むのが一番、風味も香りも出て美味しい時です。そんな美味しいコーヒーと至福の時間を過ごすために用意できるのがコーヒードリッパーの魅力です。インスタントコーヒーや缶コーヒーにはない味わいです。

 

もちろん、喫茶店やコーヒーショップなどで直挽きして作られるコーヒーも格別の味を提供してはくれます。しかし、時間とコストがかかってしまいます。コーヒードリッパーは、そんな時間のない方にも、僅かな時間も無駄にしないで過ごせるようになるのです。

おしゃれなインテリアにも

喫茶店をイメージしてみてください。コーヒー豆を焙煎した時に出る香りもお店に入った瞬間にします。そして、カウンターにはコーヒーカップとコーヒードリッパーが置いてあるような店内だと、落ち着いて長く居られますよね。

 

お気に入りのデザインのコーヒードリッパーを購入して、そんな場所を自宅でも演出してみましょう。今までに感じたことのない清々しいひと時を感じることができますよ。それに見合ったデザイン性の高い作品が多数販売されていますよ。

コーヒードリッパーの選び方

コーヒードリッパーも千差万別です。どういった部分を重視するのか明確にしておくことが大切になってきます。サイズなど自分の求めるコーヒードリッパーを確認しましょう。

形状で選ぶ

形状は好みの味わいと合わせて選んでいくといいでしょう。テイストが変わるポイントはサイズ抽出穴と内側形状です。コクが深いものが好きな方は台形型がおすすめです。

 

台形型だと、じっくりと浸透させることができて、それから抽出されるので味わい深くなります。また、ウエーブフィルターにも適した丸みがある底面なので、ウエーブフィルターの使用を検討されている方はポイントとして抑えておきましょう。

 

一方で、円錐型はすっきりとした味わいになります。真っ直ぐに落ちていくため台形型のようなじっくりと旨み成分が落ちていかないので、すっきりとした味わいになるのです。好みの味わいによって考えてみましょう。

メーカーで選ぶ

メーカー選びも大切です。品質はお墨付きを得ているメーカーばかりなので、是非この中からお気に入りを見つけてみてください。

ハリオ

ハリオはすっきりとした味わいを出す円錐型に多くの商品を持っています。そのデザイン性もよく魅力的です。こちらは日本製であることも注目するべき点です。メーカーとしては耐熱ガラスメーカーとして90年以上の歴史を持っています

 

その人気は日本だけにとどまらず、世界的な人気を誇ります。その作りにもメーカ―の特徴があって、旨味のもととなるコーヒーオイルを多く抽出できるような円錐型を採用しています。ハリオのこだわりを感じてみてください。

カリタ

カリタのコーヒードリッパーも日本発祥のメーカーです。1958年に東京で誕生しました。その当時は喫茶店ブームが到来しており、業務用を主として販売していました。

 

その後、日本各地で営業所を構えるようになり、家庭用に適したコーヒー機器を販売するようになります。カリタのコーヒードリッパーは、扇(台形)型に3つの抽出穴で構成されており、たくさんの方に愛されるコーヒーを入れてくれます。

メリタ

メリタも外せないメーカーの1つです。1908年に創業し、理想のコーヒーを抽出するためにフィルター口に関して研究を重ねてきました。メリタ式抽出法と命名されるように、研究に研究を重ねて、今の1つ穴モデルにたどり着きました

 

この熱心な企業努力が美味しくて、コクのあるコーヒーを淹れることのできる秘訣なのでしょう。

フィルターの種類で選ぶ

フィルターには2種類あります。どちらにもメリット・デメリットが存在します。しっかり確認しておきましょう。

手間なく飲みたい方はペーパーを

ペーパーフィルターはステンレス製フィルターよりも、普及されています。注目しておくことはペーパーフィルターの形状です。円錐型、台形型、ウェーブタイプとペーパーフィルターの中でも形状が異なります。

 

 

ウェーブタイプフィルターと相性がいいのがリブなしのドリップフィルターです。空気を上手に逃がして味を調えてくれます。これらのタイプも円錐型、ウェーブタイプは流通が少ないので手に入りにくいかもしれません。

 

コスト面だけを考えると、価格が高価になるのは円錐型やウェーブタイプです。ですので、総合的にみてペーパーフィルターも購入していきましょう。

コスト面を重視される方はステンレスを

ステンレス製フィルターは、ゴミの発生を防いでくれます。ゴミ削減など環境のことを考えても、経済的なコストを考えてもメリットがあります

 

また、コーヒーを淹れるときに出るオイルも逃さないので、ベーパーフィルターのように吸収してしまうことがないのもステンレス製フィルターの良さです。コクをしっかりと味わうことができます。

 

注意することは、使用したらしっかりと洗い乾燥させることです。目詰まりが起きないようにすることが大切です。

素材で選ぶ

素材も別れています。どれがいいのかはあなたの使い方次第です。それぞれに良し悪しがあるので、そこをしっかりと確認しておきましょう。

味のある雰囲気を演出する陶器製

陶器も、ガラス製と同様で丁寧に扱わないと破損させてしまう危険性があります。しかしながら、その味わい深さとインテリア性も良いので、喫茶店さながらの雰囲気を演出してくれます。

 

また、割れてしまうことが懸念されていますが、耐久性がもっともあるのは実は陶器やガラス製のコーヒードリッパーなのです。大切に長く、使用することを考えているのなら、この素材もおすすめです。

おしゃれさが際立つガラス製

ガラス製は、雰囲気を重視する方におすすめです。本体温度は低くなってしまうので、使用する直前に温める必要はありますが、抽出させる時にはしっかりと保温することが可能です。

 

価格のバリエーションも豊富で、自分の求める度合いによって選ぶコーヒードリッパーが変わってきます。ガラス製なので、扱いが雑にしてしまうと割れてしまうこともあるので、そこは注意が必要です。

耐久性能・コスパ重視の方はプラスチック製

プラスチック製は価格も低コストで手に入れやすいタイプです。落としても破損することが少なくて、扱いやすいのが魅力です。重量としても軽いので、お子様がいる家庭でも安心です。

 

自分の予算として、あまり出せない方や、初めて購入する方で、まだそんなに高いコーヒードリッパーは求めていないという方には、こちらのプラスチック製から初めてみるのもいいでしょう。

熱伝導率を高める金属製

毎日のように飲まれる方は、コーヒードリッパーも耐久性が高くなくてはなりません。丈夫で腐食性も高いコーヒードリッパーは特に重要になってきます。

 

また、熱伝導率も高いので、温度を一定に保つことでも貢献してくれます。デザイン性でもスタイリッシュなものが多いステンレス製や、使い込むごとに味を出してくる銅製など、魅力あるラインナップが金属製コーヒードリッパーには揃っています。

サイズで選ぶ

サイズ選びは自分が自宅でどれくらいの人数をイメージしているかによって変わってきます。あなたは何人分くらいを想定していますか。

 

大きくわけて、1~2人用がもっとも小さく、1~4人用、1~6人用、7~12人用のサイズがありますので、自分がよく淹れる人数の把握が重要です。小さいサイズにしてしまうと、何度も淹れ直さなければならないので、手間がかかってしまいます。

 

逆に、大きすぎると一回で飲み切れず余らせてしまい、せっかくの淹れ立てを味わうという点では、半減してしまいます。また、一回の使用量が多くなってしまうので、コストが余分にかかってしまうことも頭に入れておきましょう。

コーヒードリッパーのおすすめ人気ランキング10選

第10位

ゼロジャパン

ドリッパー BKK-15L

価格:1,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラフルでポップな雰囲気に

こちらは、ゼロジャパンが販売するカラフルなのが売りです。そのデザイン性から海外からも厚い支持を得ています。メイドインジャパンであり、その繊細な作りは技術が結集されています。

 

窓を台座部分につくることで、中を確認しつつお湯を注げるようになっています。デザイン性でも魅力がありますが、細かい部分にこだわりが感じられて、そこがユーザーを集めるポイントだとも言えます。

タイプ台形サイズ1~3杯分
素材陶器フィルターペーパーフィルター
第9位

HARIO(ハリオ)

カパーコーヒードリッパー VDP-02CP

価格:3,958円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

その存在だけでインテリアになる

美しいラインが描かれたハリオの銅コーヒードリッパーです。曲線美が美しく、ただ飾ってあるだけでも映えるデザイン性です。ハリオに特徴である大きな注入穴が1つあります。そこから、極上の1杯を作り出してくれます。

 

また、銅素材なので、熱伝導率がよく冷めにくいです。機能性はもちろん、デザイン性も兼ね備えたコーヒードリッパーをお探しの方におすすめです。

タイプ円錐サイズ1~4杯分
素材フィルターペーパーフィルター
第8位

HARIO(ハリオ)

ウォーターコーヒードリッパー PTN-5BZ

価格:17,039円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水出しコーヒーを自宅で

こちらは、1滴ずつ落ちるタイプのコーヒードリッパーです。5杯分を抽出するのに2~3時間の時間を要します。ゆっくり少しずつ淹れることを楽しみながら、飲めます。水と粉を単純に入れるだけで、後はセットするだけになります。

 

操作は簡単で、雰囲気が他とは全く異なります。この味わいを経験したいという方はぜひ購入して楽しんでください。

タイプ水出しサイズ5杯分
素材耐熱ガラスフィルター不要
第7位

カリタ(Kalita)

陶器製コーヒードリッパー #02003

価格:810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

陶器の耐久性を備えたコーヒードリッパー

陶器製を取り入れてつくられたコーヒードリッパーは耐久力があります。カリタが手掛けており、その性能面や味わい深いデザインは魅力的です。色も3カラーより選ぶことができて自分好みを選ぶことができます。

 

また、ペーパーフィルターを使用するので、どこでも手に入れやすいというのもメリットです。こちらは3つ穴を採用しておりすっきりとした味わいを出すコーヒードリッパーになります。

タイプ台形サイズ2~4杯分
素材陶器フィルターペーパーフィルター
第6位

HARIO(ハリオ)

オリーブスタンドセット VSS-1206-OV

価格:7,786円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木の自然な風合いを楽しめる

こちらもハリオが販売するオリーブスタンドセットです。ウッド素材を採用して、自然な風合いを前面に出しています。ドリップスタンドとセット売りとなっています。耐熱ガラスを採用したことで抽出中も目で楽しむこともできます。

 

また、ペーパーフィルターと計量スプーン付きなので、コーヒドリッパー初心者でも安心して始められます。コーヒーが淹れられる姿を堪能してください。

タイプ円錐サイズ1~4杯分
素材耐熱ガラスフィルターペーパーフィルター
第5位

HARIO(ハリオ)

コーヒードリッパーセラミック VDC-02

価格:1,374円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

陶器を採用して作られたコーヒードリッパー

こちらもハリオから販売されています。しっかりと落ち着いた雰囲気を出してくれて、陶器の良さを存分に引っ張り出してくれます

 

どこに置いていても魅力が出てきます。陶器を使用するということなので、長期的に使用していきたいと考えている方におすすめです。

タイプ円錐サイズ1~4杯分
素材陶器フィルターペーパーフィルター
第4位

E-PRANCE

コーヒードリッパーステンレスフィルター

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレス素材のコーヒードリッパー

ステンレス製のコーヒードリッパーは、腐食性や熱伝導率など様々な部分で高い性能を備えています。デザイン性もスタイリッシュな印象を与えられて、カッコイイです。インテリアとしても映えますね。

 

ステンレス製品は目詰まりを起こしやすいデメリットがあるのですが、こちらのタイプはあや織メッシュが使われており、目詰まり防止に効果があります。コーヒー成分もしっかりと抽出してくれて、香りやコクもしっかりと放ちます

 

それでいて、低価格なのは驚きです。高級感のある見た目からは想像できない価格で販売されています。見た目もよく、機能性もいいので、コーヒー好きの方にプレゼントする方も多くいます。

タイプ円錐サイズ1~4杯分
素材ステンレスフィルターステンレスフィルター
第3位

Melitta (メリタ)

アロマフィルター AF‐M

価格:440円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者におすすめ

メリタのコーヒードリッパーです。樹脂を採用して軽量化が図られています。リーズナブルな価格でもありますので、初めて購入する方にもおすすめします。

 

長期的に使用していくと亀裂などの破損がいわれていますので、大切に使うことを心がけましょう。

タイプ台形サイズ2~4杯分
素材AS樹脂(プラスチック)フィルターペーパーフィルター
第2位

カリタ(Kalita)

銅製コーヒードリッパー #05009

価格:3,893円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

銅素材でできたコーヒドリッパー

銅素材でできているカリタのコーヒードリッパーは、落ち着きを与えてくれる柔らかい雰囲気と優雅な気持ちにさせてくれる風格を備えた製品です。アンティークとしても、美しいフォルムでインテリアのポイントとしても十分役割を果たします。

 

また、3つ穴タイプであり何度か回を分けてお湯を注がなければなりません。しかしながら、温まりやすい上に、1度温まってしまえば、一定の温度をしっかりとキープしてくれるためメリットは大きいです。

 

抽出スピードは速い方で、スッキリテイストな味わいを出してくれます。価格は、ミドルクラスです。その分、レトロな雰囲気で心に安らぎを与えてくれて、非常に人気の高いモデルです。

タイプ台形サイズ2~4杯分
素材フィルターペーパーフィルター
第1位

HARIO(ハリオ)

透過コーヒードリッパー VD-02T

価格:277円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しいデザインで毎日の1杯を変えよう

こちらはグッドデザイン賞を受賞した人気の高いドリップフィルターです。アルミニウム製であり軽くて扱いやすいのが魅力の1つです。こちらにもハリオ社が取り決めしている1つ穴を採用しています。

 

また価格帯もみておきましょう。価格がしっかりと抑えられています。この価格でこれだけ充実した技術力のある選手を見つけられたのは素晴らしいことです。リーズナブルな価格で販売されており初めてコーヒードリッパーを買おうか悩んでいる方におすすめです。

 

ネルドリップに似風味のしっかり感じられる味わいを飲む人に与えてくれます。こちらは1つ穴を採用しており、ハリオ製品ならではです。

タイプ円錐サイズ1~4杯分
素材AS樹脂(プラスチック)フィルターペーパーフィルター

コーヒードリッパーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5119602の画像

    HARIO(ハリオ)

  • 2
    アイテムID:5119603の画像

    カリタ(Kalita)

  • 3
    アイテムID:5119604の画像

    Melitta (メリタ)

  • 4
    アイテムID:5119606の画像

    E-PRANCE

  • 5
    アイテムID:5119607の画像

    HARIO(ハリオ)

  • 6
    アイテムID:5119608の画像

    HARIO(ハリオ)

  • 7
    アイテムID:5119610の画像

    カリタ(Kalita)

  • 8
    アイテムID:5119613の画像

    HARIO(ハリオ)

  • 9
    アイテムID:5119614の画像

    HARIO(ハリオ)

  • 10
    アイテムID:5119615の画像

    ゼロジャパン

  • 商品名
  • 透過コーヒードリッパー VD-02T
  • 銅製コーヒードリッパー #05009
  • アロマフィルター AF‐M
  • コーヒードリッパーステンレスフィルター
  • コーヒードリッパーセラミック VDC-02
  • オリーブスタンドセット VSS-1206-OV
  • 陶器製コーヒードリッパー #02003
  • ウォーターコーヒードリッパー PTN-5BZ
  • カパーコーヒードリッパー VDP-02CP
  • ドリッパー BKK-15L
  • 特徴
  • 美しいデザインで毎日の1杯を変えよう
  • 銅素材でできたコーヒドリッパー
  • 初心者におすすめ
  • ステンレス素材のコーヒードリッパー
  • 陶器を採用して作られたコーヒードリッパー
  • 木の自然な風合いを楽しめる
  • 陶器の耐久性を備えたコーヒードリッパー
  • 水出しコーヒーを自宅で
  • その存在だけでインテリアになる
  • カラフルでポップな雰囲気に
  • 価格
  • 277円(税込)
  • 3893円(税込)
  • 440円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 1374円(税込)
  • 7786円(税込)
  • 810円(税込)
  • 17039円(税込)
  • 3958円(税込)
  • 1650円(税込)
  • タイプ
  • 円錐
  • 台形
  • 台形
  • 円錐
  • 円錐
  • 円錐
  • 台形
  • 水出し
  • 円錐
  • 台形
  • サイズ
  • 1~4杯分
  • 2~4杯分
  • 2~4杯分
  • 1~4杯分
  • 1~4杯分
  • 1~4杯分
  • 2~4杯分
  • 5杯分
  • 1~4杯分
  • 1~3杯分
  • 素材
  • AS樹脂(プラスチック)
  • AS樹脂(プラスチック)
  • ステンレス
  • 陶器
  • 耐熱ガラス
  • 陶器
  • 耐熱ガラス
  • 陶器
  • フィルター
  • ペーパーフィルター
  • ペーパーフィルター
  • ペーパーフィルター
  • ステンレスフィルター
  • ペーパーフィルター
  • ペーパーフィルター
  • ペーパーフィルター
  • 不要
  • ペーパーフィルター
  • ペーパーフィルター

コーヒードリッパーの手入れ方法

長くコーヒードリッパーを使い続けるためにも、手入れは大切になってきます。これを怠ってしまうと、せっかく購入したコーヒードリッパーも早いうちから、不良が目立ち始めて使えなくなりかねません。定期的にケアを行いましょう。

材質により手入れ方法も異なるので注意

手入れを方法として、金属製の場合は錆びないように保管してください。ステンレスのフィルターは詰まりを発生させることも多いので、しっかり洗い、乾燥させることで長く使用することができます

 

樹脂製のものや陶器、ガラス製のコーヒードリッパーは基本的に洗い乾燥させるだけなので簡単です。ペーパーフィルターも使用後は捨てるだけです。少し手間がかかるのはネルドリップの布フィルターです。

 

使用後に煮沸して、粉を落としたうえで、冷水に漬けた状態で冷蔵保存となります。そして、漬けている水は毎日取替えるようにしましょう。

余ったフィルターも活用する

フィルターが余ることってありませんか。ステンレスフィルターに変更した時や、本体の形状を違う形にしてしまった時には、それまで使用してきたフィルターを使うことができなくなります

 

そのまま捨てるのには勿体ないので活用しましょう。使い方として調理に取り入れてみたり、油濾に用いる紙として使うのも良いでしょう。きれいな油になると好評です。調理ではヨーグルトや豆腐の水切りにぴったりです。

 

サンドイッチやドーナツの包み紙に用いるのもいいですね。いくつかを重ねて蛇腹に折って、水切りに漬けることで簡易加湿器にも変貌を遂げます。使えるものは、しっかりと最後まで使いたいですね。

コーヒードリッパーでコーヒーより楽しむ

コーヒー好きの方にとって、コーヒードリッパーはメリットがたくさん生まれます。その良さを最大限に活かせるようにコーヒードリッパー選びをしっかりと行っていきましょう。きっと、あなたに合ったコーヒードリッパーが見つかるはずです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ