記事ID139348のサムネイル画像

【軽い力でとめられる】ホッチキスの人気おすすめランキング10選

今回は、2019年におすすめのホッチキスを紹介します。軽い力でとめられるタイプやコンパクトタイプのホッチキスは中でも人気が高くおすすめです。フラットクリンチも使い勝手が抜群ですよ。人気メーカーのおすすめも登場するのでホッチキスが欲しいという人は必見です。

軽い力で使えるホッチキスは人気が高い

ホッチキスは、デスクの上に一つ置いておくだけでも便利なアイテムですよね。自宅のデスクはもちろん、職場でも欠かせないような必要不可欠な文房具の一つです。そんなホッチキスを買うとなった時、どれを選べば良いのか迷ってしまう事もあるでしょう。

 

そこで今回は、人気の高いおすすめのホッチキスを紹介していきます。中でも、軽い力で使えるホッチキスは注目されているのでぜひチェックしてみてください。ホッチキスにはさまざまな種類があるので、自分にぴったりなホッチキスをぜひ選ぶようにしてくださいね。

ホッチキスの選び方

それではまず初めに、ホッチキスの選び方について詳しく紹介していきます。ホッチキスを選ぶ際に心がけたいポイントがいくつかあるので、後悔しないためにもぜひ頭の中に入れておいてくださいね。

タイプで選ぶ

ホッチキスにはいろんなタイプがあるので、まずはそちらから紹介していきます。ホッチキスのタイプにはハンディタイプ、卓上タイプ、針なしタイプ、回転タイプ、そして電動タイプなどがあります。それぜの特徴を見ていきましょう。

ハンディタイプ

ハンディタイプは最も定番だと言われているタイプのホッチキスなので買う際には候補に入れておくと良いかもしれません。実際にホッチキスをイメージした時、多くの人はハンディタイプを想像するでしょう。コンパクトサイズのものも多く、使い勝手が良いです。

 

また、ハンディタイプであれば持ち運びも便利だというメリットがあります。最近のハンディタイプのホッチキスは、片手でも手軽にホッチキスがとめられるくらいものすごく手軽に使えるようにデザインされているのです。

 

どのホッチキスを買えば良いのか迷った時には、ぜひハンディタイプのホッチキスを買ってみてくださいね。種類も比較的多いので、選びやすいからもしれません。また、シンプルな作りになっているからこそ迷う事なく使えますよ。

卓上タイプ

もう一つ、定番なタイプのホッチキスがあります。それは、卓上タイプのホッチキスです。卓上タイプは机の上に置いたまま使えるホッチキスになっているので、オフィスなどで使えるタイプが欲しいという人にはぴったりかもしれません。

 

ハンディタイプよりも大きめのサイズになっていて、力を入れなくてもしっかりとめられるようなホッチキスがたくさんあります。手の平を使ってしっかり力が加えられるからこそ注目されています。

 

書類などを大量にとめたいという場合は、卓上タイプのホッチキスを買ってみると良いかもしれません。

針なしタイプ

昔のホッチキスは針を使ってとめるのが当たり前でしたが、それも徐々に変わってきています。そこでおすすめしたいのが、針なしタイプのホッチキスです。針なしタイプは、針のデコボコがしっかり回避でき指に刺さる事もないので使いやすいです。

 

大量に紙をとめるのは難しいですが、少量の場合は針なしタイプのホッチキスが間違いなくおすすめです。ランニングコストもより低く、またゴミも出ないというメリットがありますよ。

 

回転タイプ

それでは次に、回転タイプのホッチキスについて詳しく紹介していきます。回転タイプは名前の通り、回転するようなホッチキスになっているので使い勝手も抜群です。中綴じもできるようになっているので自由自在に使えます。

 

紙はもちろん、箱などのためにもホッチキスが使いたいという人は回転タイプが便利です。さまざまな使い方があるので、一つは持っておくと間違いなくあらゆるシーンで大活躍してくれますよ。

電動タイプ

最後に見ていきたいタイプが、電動タイプです。電動タイプのホッチキスも人気が高く注目されているので、気になるという人はぜひチェックしてみてください。大量の資料などをとめるのにも役立つ、おすすめのホッチキスタイプです。

 

センサーが付いていて、自動的にホッチキスをとめてくれます。お値段は他のホッチキスと比べて少し高めですが、使い勝手がとても良いので気になるという人はぜひ買ってみてくださいね。

 

針のサイズで選ぶ

ホッチキスを選ぶ時、針のサイズで選ぶというのも間違いなくおすすめです。さまざまな針のサイズがあるという事を覚えておきましょう。最も多く使われているのが10号針です。実際に今回のランキングでも、10号針に対応しているホッチキスが多数登場します。

 

他にも、3号U針や11号針など針のサイズは細かく分かれているので、より使うサイズの針に合うホッチキスを買うように心がけてみてくださいね。特定の針に対応していないホッチキスなどもあるので買う際には注意が必要です。

機能性で選ぶ

それでは次に、機能性についてざっくり紹介していきます。ホッチキスによって異なる機能が搭載されている可能性があり、より使いやすくデザインされているものが人気あります。今回は、定番で人気の高い二つの特徴について見ていきましょう。

綴じ位置が確認できる

まずご紹介したい特徴が、綴じ位置が確認できるという機能です。綴じ位置を揃えてきれいに仕上げたいという人は、ホッチキスを買う際に必ず心がけてみてください。位置ガイド付きのものはものすごく使い勝手が抜群です。

 

例えば、職場で使う勝利などはなるべく綺麗にホッチキスがとめたいですよね。そんな時に、綴じ位置が確認できるものは間違いなく大活躍してくれるという事を覚えておいてくださいね。

リムーバー付き

ホッチキスの針を取り除いてくれる、リムーバー付きのホッチキスなどもあります。紙に刺したホッチキスを指で取るのは難しいので、リムーバーがあるとものすごく便利です。ホッチキスとリムーバーが一体になっているだけでも、気軽にホッチキスが使えるようになるでしょう。

 

ハンディタイプのホッチキスの多くのは、リムーバーが付いているという傾向があります。念のため、買う前にはしっかりチェックしてみると良いかもしれません。

おしゃれなデザインで選ぶ

インテリアにも合うようなホッチキスが欲しいという人も、中にはいると思います。そのような人は、ぜひおしゃれなデザインのホッチキスを選んでみてください。カラフルなホッチキスなどは特に人気が高く、インテリアにもぴったりです。

 

逆に、シンプルなブラックカラーやホワイトカラーのホッチキスも上品な印象があるので人気があります。好きな色やデザインのホッチキスを選ぶようにしてみましょう。

メーカーで選ぶ

どのホッチキスを選べば良いのかどうしても迷うという人は、メーカーによって選んでみると良いかもしれません。メーカーによってホッチキスの特徴や種類が大きく異なります。また、ホッチキスが人気なメーカーなどもあるので参考にしてみてください。

 

今回のランキングでも数多く登場しますが、例えばコクヨなどはホッチキスが有名です。また、マックスなども注目されているメーカーなので選ぶ際にはぜひ検討してみてくださいね。

フラットクリンチも人気が高い

最後に、フラットクリンチも人気が高いという事を頭の中に入れておきましょう。フラットクリンチのホッチキスと使うと、針が平らになるので書類のかさばりなども防げます。

 

一般的なホッチキスを使った場合、針がデコボコして出てしまうので書類がかさばってしまいます。そんな状態を回避してくれるのがフラットクリンチなので、一つ持っておくと大活躍してくれますよ。

ホッチキスの人気ランキング10選

第10位

サンスター文具

スティッキールステープラー ブラック

価格:320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに便利

サンスター文具のスティッキールステープラー ブラックは、なるべく持ち運びに便利なホッチキスが欲しいという人にぴったりです。片方はホッチキスが付いていて、もう片方は収納スペースになっているのでものすごく使い勝手が抜群だと口コミでも人気があります。

 

コンパクトで見た目が可愛く、ちょっとした時にも使えるというメリットがあります。外出をする時にホッチキスを持っていきたいという時には、ぜひ使ってみてください。スリムなので、ペンケースの中にも収納する事ができますよ。

タイプスティックタイプ本体のサイズ18×114×20mm
針のサイズ10号針とじ枚数10枚
第9位

コクヨ

電動ステープラー フラットクリンチ 10号針

価格:11,771円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オフィスにぴったりなホッチキス

コクヨの電動ステープラー フラットクリンチ 10号針は、人気の高い電動タイプのホッチキスになっています。自動的にホッチキスがとめられるためオフィスの中でも大活躍してくれるかもしれません。

 

シンプルなオンとオフのボタンを操作して使う事ができます。忙しい時でも、電動タイプのホッチキスがあれば時短にも繋がりますよ。

タイプ電動タイプ本体のサイズ
針のサイズ10号針 とじ枚数
第8位

プラス

ホチキス 針なしホッチキス ペーパークリンチ

価格:1,463円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽い力でとじられる

プラスのホチキス 針なしホッチキス ペーパークリンチは、使い勝手が抜群で人気な針なしタイプのホッチキスです。片手でも使えられるくらい操作性が高く、軽い力で簡単に紙がとめられます。パワーアシスト機構が搭載されているのです。

 

コピー用紙は12枚程度まで同時にとじる事ができますよ。また、ホッチキスの上にはスコープのようなものがあり、のぞき込む事でどの位置にセットされているのかしっかり確認ができます。ファイルなどもとじる事ができ、ものすごく便利です。

タイプ針なしタイプ本体のサイズ70×130×110mm
針のサイズとじ枚数12枚
第7位

コクヨ

針なしステープラー ハリナックス コンパクト

価格:362円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなのに本格的

それでは次に、コクヨの針なしステープラー ハリナックス コンパクトを見ていきましょう。コンパクトなのに本格的なホッチキスが欲しいという人は、ぜひこちらのホッチキスを参考にしてみてください。手のひらサイズなので持ち運びにも便利です。

 

親指で押してとじられるようにデザインされているのが、魅力的なポイントかもしれません。そこまで力を入れる必要もなく、手軽にとめられます。

 

存在感がたっぷりなブルーカラーは中でも人気がありますが、他にもカラーバリエーションが豊かなので気になるカラーのホッチキスをぜひ選んでみてくださいね。

タイプ針なしタイプ本体のサイズ27×87×53
針のサイズとじ枚数5枚
第6位

マックス

ホッチキス バイモ11 ポリゴ

価格:806円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン性が抜群で人気

マックスのホッチキス バイモ11 ポリゴは、かっこいいデザインのホッチキスが欲しいという人に間違いなくぴったりです。デザイン性がとにかく抜群で、注目度が高いと言われています。ハンディタイプなのに、40枚もとじる事ができるくらい強力です。

 

更に、こちらのホッチキスはクリンチタイプなので書類のかさばりが防げます。全体的に満足度の高いホッチキスになっているので一つ持っておくと良いかもしれません。

タイプハンディタイプ本体のサイズ71x28x98mm
針のサイズ11号針とじ枚数40枚
第5位

コクヨ

ホチキス 大型 卓上 強力ステープラー

価格:3,542円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大量の紙が一気にとめられる

もう一つ、コクヨからおすすめしたいホッチキスがあります。それは、ホチキス 大型 卓上 強力ステープラーです。こちらのホッチキスは大量の紙も一気にとめられると言われていて、だからこそ人気が高いです。

 

卓上タイプなので、机の上に置いたまま使ってみましょう。落ち着いた大人っぽいデザインは、家やオフィスのデスクとの相性も抜群ですよ。また、さまざまな針のサイズに対応しているというのも嬉しいポイントかもしれません。

 

こんくらいホッチキスの使い勝手が抜群だと、いつもの作業も間違いなく時短ができます。だからこそ、人気が高いのです。

 

 

タイプ卓上タイプ本体のサイズ96×312×245mm
針のサイズ3号針、3号U針、23/13号針とじ枚数 100枚まで
第4位

KW-trio

360°回転ステープラー

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自由自在に使える

もう一つ、今回のランキングでご紹介したいのがKW-trioの360°回転ステープラーです。こちらのホッチキスは自由自在に使える360℃ホッチキスなので、あらゆるシーンで大活躍してくれます。軽量タイプなので、軽々と持ち運べます。

 

デザイン性が高いので、オフィスなどで使うホッチキスとしても注目されていますよ。回転タイプのホッチキスが気になるという人は、ぜひ買ってみてください。細かく調整をしながらホッチキスがとめられます。

 

男性からも女性からも注目を集めている、おすすめのホッチキスですよ。

タイプ回転タイプ本体のサイズ150x43x60mm
針のサイズとじ枚数25枚
第3位

コクヨ

穴があかない針なしステープラー

価格:546円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで使いやすい

ホワイトカラーが美しいこちらのホッチキスは、コクヨの穴があかない針なしステープラーです。人気の高いコクヨのホッチキスで、針なしタイプなので安心して使えます。針を補給するのが面倒臭いという人は、間違いなくおすすめです。

 

とじる位置を確認しながら使えるというのも魅力的なポイントかもしれません。分かりやすく便利で、子供から大人まで使えますよ。また、一度とじた部分はペンなどを使ってこすると綺麗に剥がれます。

 

シンプルで機能性が抜群なホッチキスが欲しいという人には間違いなくぴったりです。ぜひ買ってみましょう。

タイプ針なしタイプ本体のサイズ34×95×85mm
針のサイズとじ枚数
第2位

マックス

ホチキス なかとじホッチキス 10号針

価格:2,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

製本にも便利

マックスのホチキス なかとじホッチキス 10号針も、人気の高いホッチキスになっているので見ていきましょう。製本にも便利な回転タイプで、ワンタッチオープン方式が採用されています。PPC用紙は15枚まで、A3サイズの紙は60枚までとじられますよ。

 

しっかり調整しながらホッチキスがとめられるからこそ人気高いです。一度使い始めたら、間違いなく手放せないホッチキスとなっているのでぜひ買ってみてください。

 

今回はブラックカラーを紹介していきましたが、レッドカラーのホッチキスも注目されています。存在感がたっぷりで、デスクの上に置いておくだけでもかっこいい印象になるかもしれません。

タイプ回転タイプ本体のサイズ309×55×43mm
針のサイズ10号針とじ枚数15枚
第1位

コクヨ

ホチキス ステープラー パワーラッチキス

価格:322円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで便利

コクヨのホチキス ステープラー パワーラッチキスも、シンプルで使いやすいと口コミでも評判になっているおすすめのホッチキスです。同時に、コスパが良いのでお買い求めやすいという魅力があります。なるべく安いホッチキスが欲しいという人は、候補に入れておきましょう。

 

軽い力でもしっかりとじる事ができ、力があまり入らないという女性でも使いやすいです。また、音が静かなのでオフィスでも安心して使えます。

 

コンパクトタイプなのに最大32枚までとめられうというのも大きな魅力の一つです。更には、ラットクリンチ機構なので書類がかさばりません。メリットが盛りだくさんなこちらのホッチキス、みなさんもぜひ使ってみてくださいね。

タイプハンディタイプ本体のサイズ29×80×64mm
針のサイズ10号針とじ枚数32枚

ホッチキスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5111041の画像

    コクヨ

  • 2
    アイテムID:5111042の画像

    マックス

  • 3
    アイテムID:5111035の画像

    コクヨ

  • 4
    アイテムID:5111046の画像

    KW-trio

  • 5
    アイテムID:5111037の画像

    コクヨ

  • 6
    アイテムID:5111045の画像

    マックス

  • 7
    アイテムID:5111044の画像

    コクヨ

  • 8
    アイテムID:5111040の画像

    プラス

  • 9
    アイテムID:5111036の画像

    コクヨ

  • 10
    アイテムID:5111032の画像

    サンスター文具

  • 商品名
  • ホチキス ステープラー パワーラッチキス
  • ホチキス なかとじホッチキス 10号針
  • 穴があかない針なしステープラー
  • 360°回転ステープラー
  • ホチキス 大型 卓上 強力ステープラー
  • ホッチキス バイモ11 ポリゴ
  • 針なしステープラー ハリナックス コンパクト
  • ホチキス 針なしホッチキス ペーパークリンチ
  • 電動ステープラー フラットクリンチ 10号針
  • スティッキールステープラー ブラック
  • 特徴
  • シンプルで便利
  • 製本にも便利
  • シンプルで使いやすい
  • 自由自在に使える
  • 大量の紙が一気にとめられる
  • デザイン性が抜群で人気
  • コンパクトなのに本格的
  • 軽い力でとじられる
  • オフィスにぴったりなホッチキス
  • 持ち運びに便利
  • 価格
  • 322円(税込)
  • 2120円(税込)
  • 546円(税込)
  • 1280円(税込)
  • 3542円(税込)
  • 806円(税込)
  • 362円(税込)
  • 1463円(税込)
  • 11771円(税込)
  • 320円(税込)
  • タイプ
  • ハンディタイプ
  • 回転タイプ
  • 針なしタイプ
  • 回転タイプ
  • 卓上タイプ
  • ハンディタイプ
  • 針なしタイプ
  • 針なしタイプ
  • 電動タイプ
  • スティックタイプ
  • 本体のサイズ
  • 29×80×64mm
  • 309×55×43mm
  • 34×95×85mm
  • 150x43x60mm
  • 96×312×245mm
  • 71x28x98mm
  • 27×87×53
  • 70×130×110mm
  • 18×114×20mm
  • 針のサイズ
  • 10号針
  • 10号針
  • 3号針、3号U針、23/13号針
  • 11号針
  • 10号針
  • 10号針
  • とじ枚数
  • 32枚
  • 15枚
  • 25枚
  • 100枚まで
  • 40枚
  • 5枚
  • 12枚
  • 10枚

新入社員は必見のホッチキスのビジネスマナー

それでは最後に、ホッチキスを使う際のビジネスマナーについてざっくり紹介していきます。新入社員は、覚えておきたいポイントがいくつかあるので必見ですよ。まず、ホッチキスをとめる際には横書きと縦書きで異なるという事を覚えておきましょう。

 

横書きの場合、ホッチキスは左上にとめますが縦書きの場合は右上にとめます。また角から2~2.5cm程度の場所を目安にしてとめていきましょう。ページのめくりやすさを意識しながらホッチキスをとめるのが、何よりも大切ですなので、書類作成の際には意識してみてくださいね。

 

 

まとめ

新しいホッチキスが欲しいという人は、ぜひ今回ご紹介したホッチキスのランキングを参考にしてみてくださいね。ホッチキスにこだわる事で、より自分にぴったりなホッチキスが見つかるようになりますよ。人気の高いホッチキスがたくさんあるので、探してみると良いかもしれません。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ