記事ID139334のサムネイル画像

    【意外と知らない使い分け】鉛筆のおすすめ人気商品ランキング10選

    鉛筆は普段特に何も考えずに使用していることが多いと思います。実は、使う用途によって鉛筆を選ぶととても使いやすくなります。小学校で使用する場合と受験勉強で使う場合、大人が使用する場合など使用状況によって使いやすい鉛筆がありますのでご紹介しましょう。

    大人になるまで必ず使用する鉛筆

    鉛筆は幼稚園や保育園に通う頃から大学生になるまで慣れ親しんだもので誰でも必ず使用するアイテムです。更に社会人になっても会社の社内試験や国家試験、採用試験などはほとんど鉛筆を使用しています。

     

    今までそんなに拘らないで使用していた鉛筆は、使う人の年齢や使う目的で使い分けると書きやすさや使いやすさに違いが出てきます。それでは、用途に適したおすすめな鉛筆の選び方をランキング形式ご紹介していきましょう。

     

     

     

     

    鉛筆の選び方

    小さい頃から慣れ親しんできた鉛筆。みなさん今まで漫然と使用していつようですが、使い用途によって形状や芯の硬度を使い分けすると使いやすい鉛筆になります。これからより具体的に鉛筆の選び方をご紹介していきます。

    使う目的で選ぶ

    鉛筆は使用目的や使用用途によって使い分けるとより使いやすくなります。単に字を書くだけではなく、デッサンや試験で使うなど使用目的ごとに使い分けするといいでしょう。

    子供が使用する学習用鉛筆

    子供が小さい頃の園児や小学生の低学年なら子供用の鉛筆がおすすめです。字やお絵かきでの使いやすさを考えて作られているので鉛筆になれる一歩として使用できます。握力が弱くても書きやすいように柔らかめの固さを選ぶといいでしょう。

     

    小学生には鉛筆の濃さはBか2Bだと言われていますが園児や低学年の子供は4B~6Bなど柔らかい物を選択するとよりいいでしょう。子供によって筆圧が違うので子供の様子を見ながら濃さを変えるといいでしよう。

    絵やデッサンで使用するデッサン用鉛筆

    描く時の芯の固さは描く部分やタッチに合わせて選ぶのがお勧めです。絵を描く時やイラストに使用する場合はデッサン用の鉛筆を使用した方が書きやすいので各メーカーからデッサン用の鉛筆セットが多数発売しているので揃えておくのがおすすめです

     

    基本的なところは2Bで描き、影の強弱をつけるときは4Bか5Bを使用。こすってぼかしをいれる時は6Bを使用。明るい部分には2Hなどの固い鉛筆を使用するといった文字を書く場合と違った使い分けができます。

    センター試験やTOEICで使用するマークシート用鉛筆

    マークシートは、回答を機会に通す時センサーから近赤外線を出し、反応した炭素を読み込むタイプの場合は塗られた炭素が含まれている必要があります。鉛筆の筆記線はBの芯に黒鉛(炭素)が多いいのでBがマークシートに適しています。

     

    マークシート用の鉛筆でも筆圧は人それぞれちがいます。例えば、筆圧が高めの人はマークシート用円形でも薄めのHBを筆圧が弱めの人は2Bを選択するとより塗りつぶしがし易くなります。マークシート用鉛筆でも自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

     

     

     

    軸の形状で選ぶ

    鉛筆は、木軸の形状によって使い勝手や持ちやすさが変わってきます。円形のものから一般的な六角形、三角形など意外と多くの形状があるのです。使う目的によって軸の形状の選び方を見ていきましょう。

    六角形

    書き手にフィットして持ちやすい六角形の鉛筆は、勉強やイラストなどあらゆる用途に使用できるもっともスタンダードな鉛筆です。この形状は製品の種類も多くデザインも豊富で軸の色や質感など自分の好みに合わせて選ぶことができます。

     

    また、六角形の鉛筆は、転がりにくいのもポイントで机の上から転がって落ちる心配が無いのでテストや授業中など学校で使用する時に適しています。小学生から大人まで幅広く使用することができます。

    三角形

    三角形の鉛筆は、親指と人差し指、中指がうまく当たる形式になっているので自然と正しいい持ち方を身に付けられます。使い続けることで正しい持ち方を自然に練習することができるので鉛筆をうまく持てない小さい子供さんにおすすめです。

     

    ただ鉛筆を削る時は、その形状によって鉛筆削りで三角形鉛筆を削ると削りにくいデメリットもあります。小さい子供には鉛筆を削る練習にはこの三角形鉛筆向かないので鉛筆を削る練習をさせる時は、六角形や丸形の鉛筆が適しています。

    円形

    軸が円形の鉛筆は、色鉛筆がほとんどの場合円形です。色鉛筆は文章を書く鉛筆とは使い方が違います。絵を描いたり色を塗ったりしするため色々な持ち方をするので指当たりがいい丸軸になっています。

     

    また、通常の鉛筆の芯と違って色鉛筆の芯は強度が弱いために力がかかるとすぐ折れてしまいます。軸を丸くすることでにぎった力が均等にかかり芯が折れにくくなるように工夫されているのです。

    メーカーで選ぶ

    日本で販売している鉛筆を製造しているメーカーはそれほど多くありません。メーカーの名前を聞くと私たちが聞き覚えがあるメーカーが主に鉛筆を提供しているものが多いです。主だったメーカーを紹介しましょう。

    三菱鉛筆

    三菱鉛筆は、筆記用具をメイン事業としており、バリエーション豊かな幅広く豊富な種類の筆記用具を販売しています。鉛筆としては(uni)が有名でよくが知られています。国内の鉛筆界ではuniトップブランドになっています。

     

    子供向けに開発された(かきかた鉛筆)ははじめて鉛筆を使って文字を練習するお子さんに広く使用されています。鉛筆は60年以上も歴史があり品質にこだわりを持ち妥協せず商品開発をするので技術的にも優れているのも魅力ばメーカーです。

     

     

    トンボ鉛筆

    トンボ鉛筆は、国内の総合文具メーカーの老舗で鉛筆をはじめ多くの文房具を取り扱っています。100年以上の歴史がある鉛筆は人気が高く、長年の研究で培われた技術で現在も多くの方が使用しています。

     

    木材を再利用して作られた(木物語)はエコ鉛筆と呼ばれるシリーズとして有名です。子供用に作られた(ハローネイチャー)は動物のイラストが付いていてかわいいと人気になっています。日本人にとっては聞きなじんだメーカーでしょう。

    ステッドラー

    ステッドラーはドイツの筆記用具・製図用品メーカーでステッドラーの文房具は高い品質と洗練されたデザインを採用していることでも知られています。一般ユーザーだけではなく設計分野やアーティストなどの専門家からも高い評価を受けています。

     

    ステッドラーの鉛筆は使うほどに技術の高さを感じ取ることができるハイクオリティーな鉛筆です。快適な書き味を出してくれるステッドラーの鉛筆は我々が書く楽しさを改めて教えてくれます。しばらく鉛筆から離れてしまった人にもおすすめです

    鉛筆人気おすすめ10選

    第10位

    北星鉛筆

    大人の鉛筆

    価格:456円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    オフィスで大人っぽく

    大人の鉛筆は、木軸部分の太さは通常の鉛筆より1mm太く、大人の手でも使いやすい太さになっています。大人になってももう一度鉛筆ならではの書く楽しさを思い出してほしいという想いから生まれた鉛筆です。

     

    使用する専用の芯は、不純物が少ない黒鉛と粘土を均一に混ぜ合わせて作られた高級国産芯で、鉛筆に近い2mmの太さの芯は力を入れすぎて折れてしまう心配が少ないです。丸くなったら削るというアナログさがうけています。

     

    木軸の両端に付けられた金具によって中心は軽く、両端は重いという微妙なバランスを実現しています。更にわずかに重心を先端に近づけることによって長時間使用しても疲れないバランスなので仕事で頻繁に使用するにはおすすめです。

    硬度HB~6B容量1本~
    形状丸型
    第9位

    トンボ(Tombow)

    鉛筆 MONO モノ100

    価格:1,335円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    やや硬めの芯です

    トンボ鉛筆MONOは、国内でよく知られているトンボの愛称のメーカーの鉛筆です。超微粒子が疑縮した高密度構造により滑らかで折れにくく濃く書けて紙にしっかり鮮明な筆跡を実現しています。芯、木軸ともMONOシリーズの最高級鉛筆です。

     

    使用頻度が多くてもそれほど芯が減らないのと芯が折れても芯のカス紙が汚れることが無いのでノートがきれいに使えます。比較的柔らかめのハイユニシリーズと比較するとMONOはやや硬めでかっしりした書き心地です。

     

    実際使用する場合に天候の変化や自分のその日の気分で柔らかめがいいか、硬めがいいかハイユニシリーズと使い分けて使用するものいいでしょう。芯が硬めなので小学校高学年ぐらいから使い始めると筆圧も安定してきているのでおすすめです。

    硬度9H~F容量12本
    形状六角形
    第8位

    三菱鉛筆

    鉛筆 ハイユニ

    価格:1,120円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    家族全員で使える

    三菱鉛筆のハイユニシリーズは、鉛筆の芯が黒鉛と粘土が微妙に均一になるような材料でつくられているためとても黒く鮮明に筆線を描くことができる日本においてスタンダードな鉛筆シリーズです。

     

    ハイユニシリーズの芯はなめらかな書き心地でありながら折れにくい丈夫な鉛筆芯です。鉛筆のデザインも日本の伝統色のえび茶色と高級感をイメージじたワインレッドを掛け合わせた軸色に金字で6面に硬度を表示し高級感のあるデザインです。

     

    鉛筆を落としても中で芯が折れて芯だけスポット抜け落ちてしまうようなことがなく木軸も鉛筆削りで削ってもささくれることがありません。滑らかで描きやすいハイユニシリーズですが芯が他のメーカーと比較して若干減りやすいでしょう。

    硬度10H~10B容量12本
    形状六角形
    第7位

    ファーバーカステル

    9000番鉛筆アートセット

    価格:1,620円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    プロフェッショナルな方に

    1905年にアレクサンダー・ファーバーカステル伯爵によって発表されて以来海外の多くのアーティストやイラストレーターに愛されてきました。木軸と芯はSV式と呼ばれる全面接着を採用しているので非常に折れにくい芯になっています。

     

    鉛筆の内部で芯折れが起きると芯がスポット抜けることが多くなり作業中に強いストレスになります。また、芯が削っている途中で折れてしまい芯だけポトリと落ちてしまう中折れもイラつきます。そのような芯折れがとても少ない芯の強度がとても強い鉛筆です

     

    このアートセットは、硬度が8Bから2Hまでの16段階のセットになっています。なので、様々なコントラストを生み出せるのでファインアートなどのプロフェッショナルな方に特におすすめです。

    硬度8B~2H容量12本
    形状六角形
    第6位

    三菱鉛筆

    かきかた鉛筆 ユニパレット

    価格:449円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    新入学のお祝いに

    三菱鉛筆のユニパレットシリーズは、華やかな見た目で子供さんがディスクに置くだけで一面が明るくなりそうな気分にしてくれます。軽い筆圧でも濃く、くっきり鮮明にすらすら滑らかに描くことできます。

     

    一般的な勉強やディスクワークで使用されるはか、試験時のマークシートに記入する際や学校での書き初め、小さい子供の落書き、デッサンを少し濃いめの色で描きたい時など幅広い用途で活用されています。

     

    自ら考えるこどもたちのための学習文具シリーズであきのこないシンプルなデザインと色彩豊かなカラーの種類で書くことの喜びや想像力を高めるために三菱鉛筆か開発した文学シリーズです。新入学のお祝いにおすすめです

    硬度HB~2B容量12本
    形状六角形
    第5位

    ステッドラー

    ルモグラフ 製図用 鉛筆

    価格:1,614円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    芸術的な作品を

    このルモグラフ製図用高級鉛筆は、製図、ファインアート、デザインなどのプロフェッショナルなユーザーから絶大な信頼性を受けている鉛筆です。紙への定着性がよく均一な線を描くことができます。

     

    芯も折れにくく摩耗が少ない上、滑らかな書き心地で作業がしやすい鉛筆です。一番のメリットは、硬度が世界最多の24段階ありこれまで表現できなかった微妙な細かい部分の表現を出すことが可能になっています。

     

    9Bや8Bを再暗部を描くと絵全体が引き締まり、微妙な影は9Hや8Hで描けば繊細な仕上がりになるなどこれだけ硬度が増えたことで新しく面白い表現が可能になり作品自体の完成度が段違いに上がるのでおすすめです。

    硬度6B~4H容量12本
    形状六角形
    第4位

    トンボ(Tombow)

    マークシート用鉛筆 モノKN 無地

    価格:230円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    マークシート用に

    このマークシート用鉛筆は、マークシートに最適な超微粒子芯によりはっきりと塗りつぶすことが可能になります。消しゴムもプラスチック消しゴムと相性が良くしっかり消せてきれいな答案を作成できます。

     

    鉛筆本体は無地でアルファベットの記載が無いので鉛筆に英単語が記載している鉛筆は使用禁止している試験会場もあるので安心して試験に臨むことができます。試験本番も便利なミニシャープナーと透明ペンポーチ、鉛筆キャップも付いています。

     

    大学受験はもちろんですが大人になってからの会社の社内試験や認定試験などマークシート方式の試験は社会に出てからも遭遇することは多いです。今まで普通の鉛筆やシャープペンでマークシート試験をしていた方は使うことをおすすめします。

    硬度HB容量3本
    形状六角形
    第3位

    STABILO

    オールグラファイト

    価格:2,406円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ガラス、プラスチック、金属に書ける

    オールフラファイト鉛筆は普通の鉛筆とは違い紙だけではなく、ガラス、金属、プラスチックなどあらゆる材質の表面にくっきり書くことができるめずらしい鉛筆です。芯は、最高品質の黒鉛で作られています。

     

    世界中のこだわりがある芸術家やプロフェッショナルな方に愛されて使用されています。写真家の人はプリントした写真にサインする時に使用している写真家は多いです。カラー印画紙の裏面にも使用できます。

     

    普通の鉛筆では書けない素材に描ける利点を生かして自分の名前やサイン、伝言やメモ、しるしなどちょっとしたことを描く場合に重宝します。職人さんやデザイン作成、作画など紙以外での作業をする素材に使用する機会が多い方におすすめです。

    硬度グラファイト容量12本
    形状六角形
    第2位

    ブラックウィング(Black Wing)

    鉛筆ブラックウィング602 ガンメタルグレー 104141

    価格:3,801円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    やわらかい感触を求める人へ

    この鉛筆は、2015年からニューヨークにあるMOMAストアでの発売がされるとm、瞬く間に全米だけではなくヨーロッパやアジアに販売網が広がりました。デザイン性、クオリティの高さが高く評価されています。

     

    そして、大変書きやすく引っ掛かりが無く滑らかな描き心地になっています。線だけではなくクロッキーにおいても強弱のコントロールがしやすく濃淡や発色が良い鉛筆です柔らかい書き心地を求める人におすすです。

     

    木の部分は木の中でも上等な気を選んでいるので鉛筆を削っても引っかかることが無いのでストレスになりません。付属の消しゴムは取り外しができてそれなりによく消すことができます。一本当たりの単価は高いですがその価値は十分あります。

     

     

     

    硬度4B、2B、B、HB容量12本
    形状六角形
    第1位

    ファーバーカステル

    カステル 9000番鉛筆12本 HB

    価格:1,900円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    芯の中折れが少ない

    このファーバーカステルは鉛筆なので持つことが嬉しい、楽しい、そんな不思議な鉛筆です。価格は他の鉛筆よりも高めですが高級感をかもしだしているのでファーバーカステルの鉛筆ブランドとして誇れる鉛筆です。

     

    木軸を握るとやや細いと感じることがあるかもしれませんが慣れれば違和感は感じません。日本製の鉛筆と比較して書き味が若干硬いようですが引っ掛かりもなく滑らかに描くことができます。

     

    木軸と芯はSV式と呼ばれる全面接着を行うため非常に折れにくい軸と芯になっているので芯を削ってもなかなか芯が丸くならないので可笑しくなることもあるようです。鉛筆を使用七て芯が折れてストレスを感じる方におすすめです。

    硬度6H~8B容量12本
    形状六角形

    鉛筆のおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5111731の画像

      ファーバーカステル

    • 2
      アイテムID:5111728の画像

      ブラックウィング(Black Wing)

    • 3
      アイテムID:5111785の画像

      STABILO

    • 4
      アイテムID:5111708の画像

      トンボ(Tombow)

    • 5
      アイテムID:5111696の画像

      ステッドラー

    • 6
      アイテムID:5112113の画像

      三菱鉛筆

    • 7
      アイテムID:5111744の画像

      ファーバーカステル

    • 8
      アイテムID:5111686の画像

      三菱鉛筆

    • 9
      アイテムID:5111774の画像

      トンボ(Tombow)

    • 10
      アイテムID:5111713の画像

      北星鉛筆

    • 商品名
    • カステル 9000番鉛筆12本 HB
    • 鉛筆ブラックウィング602 ガンメタルグレー 104141
    • オールグラファイト
    • マークシート用鉛筆 モノKN 無地
    • ルモグラフ 製図用 鉛筆
    • かきかた鉛筆 ユニパレット
    • 9000番鉛筆アートセット
    • 鉛筆 ハイユニ
    • 鉛筆 MONO モノ100
    • 大人の鉛筆
    • 特徴
    • 芯の中折れが少ない
    • やわらかい感触を求める人へ
    • ガラス、プラスチック、金属に書ける
    • マークシート用に
    • 芸術的な作品を
    • 新入学のお祝いに
    • プロフェッショナルな方に
    • 家族全員で使える
    • やや硬めの芯です
    • オフィスで大人っぽく
    • 価格
    • 1900円(税込)
    • 3801円(税込)
    • 2406円(税込)
    • 230円(税込)
    • 1614円(税込)
    • 449円(税込)
    • 1620円(税込)
    • 1120円(税込)
    • 1335円(税込)
    • 456円(税込)
    • 硬度
    • 6H~8B
    • 4B、2B、B、HB
    • グラファイト
    • HB
    • 6B~4H
    • HB~2B
    • 8B~2H
    • 10H~10B
    • 9H~F
    • HB~6B
    • 容量
    • 12本
    • 12本
    • 12本
    • 3本
    • 12本
    • 12本
    • 12本
    • 12本
    • 12本
    • 1本~
    • 形状
    • 六角形
    • 六角形
    • 六角形
    • 六角形
    • 六角形
    • 六角形
    • 六角形
    • 六角形
    • 六角形
    • 丸型

    幼児~小学校低学年の鉛筆の使い方

    小学校に入学して鉛筆を使い始める時に正しく鉛筆を持てないと勉強時の疲れ方が違います。持ち方が悪いと姿勢も悪くなり視力も悪くなるので小学校低学年のうちにしっかり正しい鉛筆の持ち方を身に着けさせることは大切です。

     

    子供が最初に持つ鉛筆は三角形の鉛筆が持ちやすいでしょう。最初のうちはどうしても子供が持ちやすい持ち方をしてしまうので癖がつき後から直すのが大変になります。鉛筆にグリップをつけて持ち方を補助する補助具もあるので活用するといいでしょう。

    まとめ

    鉛筆の選び方を今回はご紹介しました。最近はボールペンやシャープペンも進化して書きやすいものもできていますが鉛筆は小さい頃から使用している親しみのあるアイテムなので長く使っていきましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ