記事ID139328のサムネイル画像

【大人から子供まで楽しめる】恐竜図鑑の人気おすすめランキング10選

大昔に絶滅した生物でも、特に人気のあるのが恐竜です。恐竜図鑑も子供向けのものや大人向けのものなど非常に種類が多く、新しいものも出版されています。恐竜図鑑の選び方やおすすめランキングを作成しました。ぜひ、お気に入りの恐竜図鑑を選んでください。

大人にも人気の恐竜図鑑

大人から子供まで恐竜を好きな人は多いです。恐竜が掲載された恐竜図鑑は、大人向けから子供向けのものまでさまざまものが出版されています。子供向けの定番の図鑑からユニークな図鑑、大人向けにマニアックな図鑑など種類は非常に多いです。

 

恐竜に関しては常に新しい学説が発表されているので、最新の学説が掲載された恐竜図鑑もあります。また、子供と大人が一緒に楽しめるものもあります。恐竜図鑑のおすすめランキングだけでなく、選び方もご紹介するので参考にしてください。

恐竜図鑑の選び方

恐竜図鑑は広く浅い知識を解説したものや特定のテーマを深堀したもの、大人向けのもの子供向けのものなど選ぶための基準は結構多いです。さまざま基準から恐竜図鑑の選び方についてまとめてみました

恐竜図鑑のタイプで選ぶ

恐竜図鑑は大きく分けて、博物館型の恐竜図鑑とテーマ型の恐竜図鑑の2つに分けることができます。博物館型図鑑は幅広い知識を扱ったもので、テーマ型図鑑はそのテーマに特化して詳しく書かれています。違いを理解して目的に合った恐竜図鑑を選びましょう

博物型図鑑から選ぶ

博物館型の恐竜図鑑は、博物館のように恐竜に関する情報が網羅的に掲載されているものです。恐竜に関して幅広い知識を身に着けることができます。最近では、DVDなどの付属品がついたものも出版されています。

 

わからないことを調べたり、辞典的に使うにはおすすめです。ただし、恐竜に関して幅広く書かれているため、特定のテーマに関して詳しく書かれているわけではありません。あくまで恐竜に関する知識をまとめた図鑑です。

 

読みやすさを考えて作られたものは少ないので、元々恐竜が好きでないと楽しんで読むのは難しいでしょう。恐竜図鑑を複数購入する場合は、一冊博物館型の図鑑があると便利です。

テーマ型図鑑

テーマ型の恐竜図鑑はそのテーマごとに恐竜の情報がまとめられた図鑑です。恐竜の大きさなど1つのテーマに絞って作られているので、そのテーマに関してはかなり詳しく解説されています。また、興味を持ちやすいテーマでまとめているので、面白い恐竜図鑑が多いです。

 

子供が楽しんで読めるように考えられているものが多く、イラストや写真、解説の文章もかなり作り込まれています。テーマ型の図鑑は、絵本のように読みやすいものも多いです。楽しんで読むことができ、テーマ型に知識を深めることができます。

 

ただし、あくまで特定のテーマに絞っているので、幅広い知識を得ることはできません。そのテーマに関して詳しくなりたい場合や子供に興味を持ってもらうためにはおすすめの恐竜図鑑です。

出版社で選ぶ

子供向けの図鑑を出版している出版社の中で、知名度が高く人気があるのが小学館、講談社、学研です。もちろん、恐竜図鑑も出版されています。それぞれの出版社の特徴を解説するので、子供向けの恐竜図鑑を選ぶ際の参考にしてください。

小学館から選ぶ

小学館は図鑑NEOシリーズで有名です。3社の中でも、一番対象年齢層が低い図鑑シリーズになっています。付属するDVDは学研や講談社と違い、小学館のオリジナル映像が採用されています。

 

オリジナルの映像ですが、クオリティが低いわけではなく安心して見ることができます。低年齢層を意識したDVDなので、残酷な映像などはほとんどないのも安心です。図鑑の内容は、見やすさを意識した手堅い作りになっています。

 

DVDの映像にはドラえもんがナビゲーターとして登場するのが特徴です。ドラえもんが解説してくれるので、親しみを持つ子供が多い図鑑シリーズです。子供向けの図鑑シリーズの中でも、特に人気があります。恐竜図鑑は、NEOシリーズの中でも高い評価を受けています。

講談社から選ぶ

講談社は動く図鑑MOVEシリーズで有名です。MOVE(動く)という名前の通り、動いているかのような躍動感のある図鑑を作ることをコンセプトにしています。解説とイラストや写真が並んだカタログ的な図鑑ではなく、見て楽しめる写真集のような図鑑です。

 

DVDには、NHKのドキュメンタリー番組の映像が使われています。DVDに使われている映像の内容が古いといわれることも少なくありません。ただし、必ずしもDVDの評価が低いわけでなく、好みの問題もあります。

 

改訂されてもDVDの内容は変わらないことが多いですが、図鑑の内容でカバーしています。改訂される頻度は高く最新の学説などが取り入れられるので、安心して読むことができます。

学研から選ぶ

学研は図鑑LIVEが有名です。BBC(イギリス放送協会)が制作したドキュメンタリー番組の映像をDVDに使用しています。小学館や講談社のものに比べるとDVDの映像はかなり本格的なものになっており、大人でも見ごたえがあると評判です。

 

ただし、あくまで子供向けの図鑑に付属するDVDなので、子供に向けたわかりやすい言葉で解説が行われています。BBCから販売されているドキュメンタリーDVDと同じ映像が使われているので、本格的なドキュメンタリー番組に興味を持つきっかけにもなります。

 

また、掲載されているQRコードを読み込むことで、図鑑の内容に関連した3DCGを見ることができます。DVDの評価は高いですが、図鑑自体の評価の内容はあまり高くないものが多いです。

対象年齢で選ぶ

恐竜図鑑は子供向けのものも多いですが、大人向けの難しい解説がされたものもあります。子供向けの恐竜図鑑を購入するべきか、大人向けの恐竜図鑑を購入するべきか、よく考えて選ぶようにしましょう。

子供向けのものから選ぶ

子供向けの恐竜図鑑は、文字ではなくイラストや写真が中心で直感的に理解できるものになっています。また、年齢によって理解できる説明や興味を持てる内容が大きく変わってきます。

 

そのため、子供向けの恐竜図鑑といっても対象年齢が細かく決められていることが多いです。子供向けの恐竜図鑑を選ぶ場合、何歳ぐらいが対象なのか把握しておく必要があります。

 

ただし、対象年齢はあくまで目安なので、しっかりと内容を理解して判断することが大切です。子供向けか大人向けかはっきり書かれていないものもあるので気をつけましょう。

大人向けのものから選ぶ

大人向けでかなり高度な内容の恐竜図鑑も出版されています。対象年齢が書かれていないものは、大人向けの恐竜図鑑が多いです。恐竜に関しては、定説が変わることが多いです。大人向けの恐竜図鑑を選ぶ場合は、最新の学説が取り入れられたものを選んだ方がいいでしょう。

付属物で選ぶ

恐竜図鑑はイラストと文章で内容を解説するのが基本ですが、最近の恐竜図鑑はDVDなどで映像を見ることができるものも増えています。

 

動く映像や立体的な3DCGも見ることができます。視覚的に学ぶだけでなく、音声があれば聴覚を使うのでより印象的な学習が可能です。

出版日で選ぶ

恐竜に関する学説は常に変化しています。見つかった化石を間違った形で復元したために、現在では全く違う形で図鑑に掲載されている恐竜や存在自体が消えてしまった恐竜がいます。

 

古い恐竜図鑑だと現在では間違いとされる情報が載っていることも多いです。古い恐竜図鑑でも優れたものは多数ありますが、できるだけ新しい図鑑を選んでおいた方が新しい学説が掲載されているのでおすすめです。

恐竜図鑑のおすすめ人気ランキング10選

第10位

学研プラス

恐竜 学研の図鑑LIVE

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界最高レベルの恐竜映像が楽しめる

学研の図鑑LIVEシリーズの恐竜版です。BBCのドキュメンタリー番組の映像を使用した恐竜の映像のクオリティは非常に高く、迫力があります。ただし、元が大人向けの映像のため、恐竜の捕食シーンはかなりグロテスクに作られています。

 

3歳から小学生向けの恐竜図鑑なので、怖くて泣いてしまう子供もいるようです。リアルに作られているため、画面が暗くて映像が見えにくい場面もあります。図鑑のイラストはほとんど同じ向きに描かれており、躍動感がないといわれます。

 

ただし、実物大の化石の写真が掲載されており、実際の恐竜のサイズを実感できます。怖い映像にも耐性があり、恐竜好きの子供にはおすすめの恐竜図鑑です。スマホを使えば、3DCGの恐竜を見ることができます。

ページ数199出版日2014/6/20
付属品DVD
第9位

日経ナショナルジオグラフィック社

恐竜大図鑑 よみがえる太古の世界

価格:1,814円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イラストが美しい大人向けの恐竜図鑑

美しいイラストが掲載された大人向けの恐竜図鑑です。解説の文章が難しく子供には理解しにくい内容ですが、イラストを見て楽しむという意味では子供にもおすすめといえます。写真や図を使い直感的に理解できる工夫もされています。

 

恐竜が生息していた年代を年表が付属しており、どの恐竜がどの時代にいたのかを一目で理解できるようになっています。恐竜の発掘の様子や研究の歴史なども学ぶことができます。恐竜ごとの特徴が一目でわかるデータファイルは知識を整理するのに便利です

 

クオリティの高い恐竜図鑑ですが出版時期が古いため、最新の学説が取り入れられいないのが残念です。とはいえ恐竜のイラストを楽しめるという意味でも、現在でもおすすめできる恐竜図鑑といえます。

ページ数191ページ出版日2002/7/20
付属品無し
第8位

小峰書店

実物大 恐竜図鑑

価格:7,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

恐竜の牙などの大きさが実感できる

ティラノサウルスの口などが実物大の大きさで掲載された迫力の恐竜図鑑です。全身像ではないとはいえ、恐竜の体の一部が実物大でリアルに描かれたイラストが掲載されています。ページ数は少ないですが、恐竜の巨大さを実感できる恐竜図鑑です。

 

大きさが数字で書かれている恐竜図鑑に比べると、かなりインパクトのある恐竜図鑑になっています。また、手のひらサイズの恐竜の実物大イラストも見ることができます。大人から子供まで楽しめるリアルな恐竜図鑑です。

 

ただしかなりリアルなため、子供が泣いたというレビューもあります。その点に関しては注意が必要です。実物大ポスターも付属します。解説もわかりやすいです。

ページ数48出版日2006/5/1
付属品ポスター
第7位

築地書館

日本の恐竜図鑑:じつは恐竜王国日本列島

価格:2,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の恐竜発掘の歴史がわかる

恐竜の発掘というと海外のイメージが強いかもしれませんが、日本でも恐竜の化石は発見されています。特に福井県では化石が発見されることは多いです。日本で発見された41種類の恐竜のみに焦点を当てて、詳しく解説した大人向けの恐竜図鑑になっています。

 

現在の分類では恐竜に該当しない種類も含まれていますが、イラストと化石標本付きで日本の恐竜について知ることができます。恐竜の化石の発見で有名な宇都宮聡さんが著者ということで、発掘時のエピソードがかなり充実しているのも特徴です。

 

恐竜の化石が見つかった場所や化石の出る理由についても丁寧に説明されており、自分でも化石の発掘に挑戦したくなる1冊です。日本の恐竜について深く知りたい人におすすめの恐竜図鑑といえます。

ページ数157出版日2012/2/1
付属品無し
第6位

講談社

講談社の動く図鑑MOVE 恐竜

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

躍動感のあるイラストの子供向け恐竜図鑑

動きのあるイラストや写真にこだわった子供向けの恐竜図鑑です。DVDは、NHKのドキュメンタリー番組の物を使用しています。ただし、映像がかなり古いため、昔の学説を解説しています。また、案内役として登場するキャラのクオリティが低いともいわれます。

 

ただし、恐竜が現代の街に現れたことを想定した映像は子供に人気があるだけでなく、建物と比較することでリアルな大きさをイメージしやすいです。恐竜のイラストや化石の写真や躍動感のあるものを採用しています。

 

色も鮮やかで生きているかのような恐竜のイラストを見ることができ、恐竜が発掘された地域を説明されています。また、最新研究をこまめに取り入れて改定もされています。写真集のような恐竜図鑑が欲しい人におすすめの1冊です。

ページ数224出版日2016/6/24
付属品DVD
第5位

大日本絵画

太古の世界 恐竜時代 (しかけえほん)

価格:4,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飛び出す恐竜が人気の図鑑

仕掛け絵本のアーティストとして有名なロバート・サブダさんが制作した恐竜が飛び出すポップアップの恐竜図鑑です。ページの動きに連動して動く立体的な恐竜を楽しむことができます。恐竜もかなり精巧に作られており、クオリティが高いです。

 

仕掛け絵本としても分類されていますが、恐竜図鑑らしくしっかりとした解説がついているので読んだ子供が恐竜の知識を身につけることができます。翻訳本ですが、ユーモアのある解説は読んでいて面白いです。

 

恐竜が飛び出す仕掛けは子供はもちろん、大人からも高い人気があります。子供から大人までおすすめの恐竜図鑑です。特殊な作りの本のためページの記載がなく、ページ数が1ページと表記されている場合があります。ただし、仕掛け絵本なので、かなり分厚い作りです。

ページ数記載なし出版日2005/9/1
付属品無し
第4位

洋泉社

大人の恐竜大図鑑

価格:1,836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マニアックな視点の恐竜図鑑

大人向けに作られた恐竜図鑑です。ページ数が多くないので代表的な恐竜の解説に絞られていますが、その分詳しく解説されています。ティラノサウルスは、8ページにわたって解説されているのでかなり詳しくなれます。

 

CGイラストのクオリティが非常に高いと評判で、最新の学説も詳しく掲載されています。大人向けと銘打っていますが、そこまで難しいことが書かれているわけではないので小学校高学年くらいから理解できます。

 

かなりマニアックな視点から書かれており、「トリケラトプスの正しい食べ方」などのユニークな項目もあります。首長竜や魚竜など現在は恐竜として扱われていない生物についても解説されており、恐竜好きな大人におすすめの恐竜図鑑です。

 

ページ数111出版日2013/7/16
付属品無し
第3位

学研プラス

新版 恐竜の世界 DVD付

価格:950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人向けのわかりやすい恐竜図鑑

BBCのドキュメンタリー番組の映像が収録されたコンパクトサイズの恐竜図鑑です。出版されたのが2018年11月なので、かなり新しい学説も取り入れられています。恐竜の進化の歴史などが丁寧に解説されています。

 

漢字に読み仮名がなく子供が読むには難しい大人向けの恐竜図鑑ですが、恐竜の知識について初歩的な部分から理解できる入門書的な図鑑になっています。恐竜が大型化した理由などが説明されているので、体系的な知識を身に着けることができる恐竜図鑑です。

 

DVDは子供も楽しめる内容になっています。恐竜に関する子供の質問に答えるにも便利な図鑑なので、親子で恐竜の知識を身に着けることができます。小さめのサイズの恐竜図鑑なので、持ち運ぶにも便利です。

ページ数143出版日2018/11/20
付属品DVD
第2位

小学館

小学館の図鑑 NEO 恐竜

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラえもんが解説するDVD付きの恐竜図鑑

子供向けの恐竜図鑑として非常に人気の高い1冊です。付属のDVDはドラえもんが解説してくれるため、高い人気があります。ただし、ドラえもんはあくまで解説をするだけで、恐竜とドラえもんが絡むことはありません。

 

また、DVDは70分とボリュームがありますが、ドラえもんの話が長いので恐竜が登場する映像は意外と短い点には注意が必要です。図鑑には恐竜が400種類掲載されており、イラストもリアルでわかりやすいものになっています。

 

また最新の学説を紹介するなど、恐竜図鑑としてのクオリティは高いものです。DVDも怖い映像はほとんどないので、小さい子供にも安心して見せられます。DVD付きで図鑑の質も良いので、小さい子供向けの恐竜図鑑としてはかなりおすすめです。

ページ数208出版日2014/6/18
付属品DVD
第1位

技術評論社

リアルサイズ古生物図鑑 中生代編

価格:3,456円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現代の風景に溶け込んだ恐竜が面白い

ベッドの上に恐竜と子供がいる表紙がユニークな恐竜図鑑です。恐竜の大きさを感じられるように、現代の風景の中にリアルなサイズの恐竜や中生代の生物を合成した画像が掲載されています。恐竜だけでなく、さまざまな中生代の生物の大きさを実感できます。

 

実物大で見るほどのインパクトはありませんが、身近な風景と恐竜を比べることでその大きさをリアルに想像することが可能です。大きいと思い込んでいた恐竜が以外に小さくことに驚くような画像もあります。

 

現代の風景の中に恐竜を取り入れた構図や解説もかなりユーモラスで楽しめる図鑑になっています。解説は子供には難しいですが、見るだけでも楽しいので大人から子供までおすすめできる恐竜図鑑です。

ページ数208出版日2018/7/21
付属品無し

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5110923の画像

    技術評論社

  • 2
    アイテムID:5110840の画像

    小学館

  • 3
    アイテムID:5110897の画像

    学研プラス

  • 4
    アイテムID:5110864の画像

    洋泉社

  • 5
    アイテムID:5110866の画像

    大日本絵画

  • 6
    アイテムID:5110848の画像

    講談社

  • 7
    アイテムID:5110896の画像

    築地書館

  • 8
    アイテムID:5110902の画像

    小峰書店

  • 9
    アイテムID:5110883の画像

    日経ナショナルジオグラフィック社

  • 10
    アイテムID:5110868の画像

    学研プラス

  • 商品名
  • リアルサイズ古生物図鑑 中生代編
  • 小学館の図鑑 NEO 恐竜
  • 新版 恐竜の世界 DVD付
  • 大人の恐竜大図鑑
  • 太古の世界 恐竜時代 (しかけえほん)
  • 講談社の動く図鑑MOVE 恐竜
  • 日本の恐竜図鑑:じつは恐竜王国日本列島
  • 実物大 恐竜図鑑
  • 恐竜大図鑑 よみがえる太古の世界
  • 恐竜 学研の図鑑LIVE
  • 特徴
  • 現代の風景に溶け込んだ恐竜が面白い
  • ドラえもんが解説するDVD付きの恐竜図鑑
  • 大人向けのわかりやすい恐竜図鑑
  • マニアックな視点の恐竜図鑑
  • 飛び出す恐竜が人気の図鑑
  • 躍動感のあるイラストの子供向け恐竜図鑑
  • 日本の恐竜発掘の歴史がわかる
  • 恐竜の牙などの大きさが実感できる
  • イラストが美しい大人向けの恐竜図鑑
  • 世界最高レベルの恐竜映像が楽しめる
  • 価格
  • 3456円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 950円(税込)
  • 1836円(税込)
  • 4320円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 2376円(税込)
  • 7800円(税込)
  • 1814円(税込)
  • 2160円(税込)
  • ページ数
  • 208
  • 208
  • 143
  • 111
  • 記載なし
  • 224
  • 157
  • 48
  • 191ページ
  • 199
  • 出版日
  • 2018/7/21
  • 2014/6/18
  • 2018/11/20
  • 2013/7/16
  • 2005/9/1
  • 2016/6/24
  • 2012/2/1
  • 2006/5/1
  • 2002/7/20
  • 2014/6/20
  • 付属品
  • 無し
  • DVD
  • DVD
  • 無し
  • 無し
  • DVD
  • 無し
  • ポスター
  • 無し
  • DVD

恐竜図鑑は子供とのコミュニケーションにも使える

恐竜図鑑は子供から大人まで楽しめるものです。子供向けと大人向けの両方が出版されていますが、子供向けでも大人が楽しめるものや大人向けでも子供が楽しめるものもあります。多少子供には難しい図鑑でも、大人が説明することで一緒に楽しむことができます。

 

子供に考えされるような内容なら、考える力が身につくような恐竜図鑑もあります。また、子供向けでもしっかりした恐竜図鑑は長い期間読むことができるものです。

 

あまり簡単な内容だと最初は良くても、すぐに飽きてしまう場合があります。子供と一緒に読むことも考えて恐竜図鑑を選ぶことも大切です。

まとめ

恐竜図鑑のおすすめランキングや選び方についてご紹介しました。本格的なものからユニークなものまで、さまざまな恐竜図鑑があります。どんな図鑑が良いのかよく考えて、楽しんで読める恐竜図鑑を選んでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ