記事ID139327のサムネイル画像

【無駄なく最後まで】シャンプーボトルのおすすめ人気ランキング10選

皆さんはどんなシャンプーボトルを使っていますか?シャンプーボトルは種類やタイプが豊富で、自宅の浴室インテリアの雰囲気を変えてくれます。最後までしっかり使い切れるタイプや壁掛けできるタイプなど様々なものが登場。おすすめ人気ランキングを元に順にご紹介していきます!

シャンプーボトルのメリット・デメリット

まずはシャンプーボトルを使うことでメリット及びデメリットとなる点を確認してみましょう。

デザインを統一しておしゃれな浴室に

デザイン性でも、統一感を出せるようにシャンプーボトル類を揃えていくことも可能です。そうすることで、見た目がよく、おしゃれな浴室を楽しめるメリットが生まれます。

 

新築に住み始めた方など、水回りの見た目も気にするようになった方は、見た目もしっかりと抑えたものを選ぶと長くシャンプーボトルが使用できます。

デメリット部分も知っておこう

シャンプーボトルにもデメリットがあります。それは、詰め替えを行う事が面倒くさいと感じてしまうことです。忙しい毎日を過ごされている方は、少しでも休息時間を伸ばしたいと思うものです。

 

ボトルに詰め替えたりする行為も、割と面倒に感じることになることもあります。そういった方は、購入して、そのまま使えるシャンプーの方がメリットがありますね。それに、詰め替えの際にもしっかりと詰め替えボトルが洗ってないと菌が繁殖する可能性も出てきます。

 

更に、気にいったデザインが陶器やガラス製であった場合、購入したのに落として壊してしまう可能性もあります。そういったことも含めて、購入する必要がありますので注意しましょう。

シャンプーボトルの選び方

シャンプーボトルはどういった点に注意して選んでいけばいいのか確認していきましょう。素材やタイプ、使いやすさなどを含めて、自分の使い方に合わせて選ぶことが大切です。

素材で選ぶ

素材には様々なものが使われています。よく使用されるのがポリプロピレンやABS樹脂などで作られるプラスチック素材です。その他にもガラス製や陶器製のものまで販売されています。

 

陶器製のシャンプーボトルは重厚感が出て、良い雰囲気を与えてくれます。ガラス製は高級感を与えてくれます。プラスチック素材のものに関しても、防カビ効果のある加工が行われているものもあるので、清潔に使用したいという方にもおすすめです。

置く場所を考慮する

タイプは大きく直置きタイプと壁掛けタイプの2つにわけることができます。この2つのタイプ選びも自宅の浴場に合わせて選びましょう。

直置き

直置きタイプはオーソドックスで流通しているタイプです。素材や種類も豊富なので、自分が求めるシャンプーボトルが手に入る可能性は高いです。選べるサイズも多いため、浴室にマッチするサイズを選ぶことができます

 

その他にも、クリアボトルやガラス製のものなどもこちらの直置きタイプの方が多くなります。直置きタイプのデメリットとしては、置く場所を見つけないといけないことです。

 

つまり、置く場所のサイズなどもチェックしなければならず、それに合わせて大きさにしなければなりません。

壁掛け

シャンプーボトルを置く場所に悩む方もいるのではないでしょうか。また、ジメジメする浴室ではボトルの底と接地面がヌメリを発生させる温床になりがちです。そういった気になる部分は、壁掛けタイプで解消しましょう。

 

マグネットを利用したタイプ等、壁に直接取り付けられるので場所を取りません。また、ヌメリの発生も解消してくれるのです。メリットが非常に大きくて魅力的でありますが、まだまだ流通しておらず、直置きタイプと比べた高くなる傾向にあります。

使いやすさで選ぶ

使いやすさは重視したいポイント。ボトルヘッドの大きいものでは、シャンプーを出す時に押しやすく、力を伝えやすいです。しっかりと床において押すことのできる直置きタイプでポンプヘッド部分が大きいものがもっとも楽にシャンプー液を出しやすいです。

 

中身が見れるタイプもメリットが大きく、中身の減り具合が自分の目に入るところにあるので、すぐに確認できます。注ぎ口が大きいタイプも注目すべきポイントです。注ぎ口が広いと詰め替えする時に液をこぼすことがなく注ぐことができます

 

透明だと見やすくて減り具合を把握しやすいですし、注ぎ口が広いのもなどは入れ替え時に楽です。そういったポイントもデザインなどと同時に確認しておきましょう。

容量で選ぶ

「容量」はあなたが一緒に住む人の数で変えてみたり、シャンプーボトルを置けるサイズに合わせて変えていきましょう。容量が大きいと、たくさんの回数を使っても詰め替えする頻度は少なくなります。その分、場所をとってしまったりデメリット部分も生じます。

 

容量が小さいと、コンパクトに置けるのでどこにでも置きやすいです。しかし、その反面で詰め替え用の液もあまり大きいサイズは購入できなくなります。また、詰め替えの頻度も大きい容量のものと比べ多くなります

 

選ぶ容量として、市販のシャンプーは300~600ml位で販売されていますので、600mlより大きければ問題ありません。一方で、旅行先に持っていきたいと思って検討されている方は持ち運びやすいコンパクトサイズを選びましょう。100ml以下なら飛行機に持ち込みもできます。

種類で選ぶ

種類選びも大切です。選ぶ種類によってインテリアの雰囲気がガラッと変わってくるからです。しっかりと見ておきましょう。

クリアボトル

クリアタイプのシャンプーボトルは、もっとも流通している種類になります。透明でどんなタイプの浴室にも合います。場所を選ばず、インテリアを崩さないのが特徴となるタイプです。

 

クリアタイプには、素材がプラスチック製であったり、ガラス製であったりと変わってくるのでチェックが必要です。ガラス製だと落下させて破損させてしまう可能性があります。子供のいる家庭では注意が必要です。

 

プラスチック製は価格も安く手に入りやすいので、コストを抑えておきたい方にはこちらがおすすめです。また、残量チェックがしやすいことも高い評価を得ています。

ステンレス製

ステンレス製のシャンプーボトルは、耐久性の高さと高級感あふれるデザインで人気があります。まるで、ホテルにいるような演出ができて見た目にも映えるのが魅力です。

 

ステンレス製品には不動体皮膜が存在しており、ステンレスの表面が傷ついても、皮膜がカバーしてくれます。皮膜は再生してくれるので傷ができにくい構造になっています。長期的に使用していきたいと考えている方にはこちらのタイプがおすすめです。

 

また、水を浴びても錆びることがないのもステンレス製のメリットで、定期的な掃除の回数を少なくしてくれます。

木製

木製のシャンプーボトルもあります。まだまだ流通されておらず、見る機会は少ないですが、気持ちをリラックスさせてくれると人気が高い種類になります。人とは被らないデザインというのも高ポイントです。

 

置くだけで雰囲気を落ち着かせてくれ、おしゃれな空間作りに一役買ってくれます。そういった雰囲気を好む方はぜひ、チェックしてみてください。

マットボトル

マットな質感のボトルはカラーが豊富で、そのカラーによって雰囲気をガラッと変えてくれるので人気が高い種類です。艶がないことがマットなシャンプーボトル最大の特徴です。このタイプは20歳代後半から30代にかけての支持が暑いです。

 

マットなシャンプーボトルを設置することで落ち着きのある浴室を作ってくれたりします。洗面器や、コップ、歯ブラシ立てなど揃えたりすると統一感も出ますので、インテリア映えします。

シャンプーボトルのおすすめ人気ランキング10選

第10位

YIDINHO

トラベル用ボトル

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

旅行用としても最適

日常的にシャンプーボトルを持ち歩く方もいるかと思います。そういった方におすすめのシャンプーボトルです。サイズも100ml以下なのでバッグに入れておいても邪魔にならないサイズです。海外旅行などで機内持ち込みも可能なのは嬉しいポイントです。

 

また、食品レベルまで到達する安全な素材を使用していますし、シリコン素材は柔軟性が高いため衝撃に強いというメリットもあります。携帯して持ち歩くことを考えて作られています。

 

逆流防止弁付きですので、密封性は高く液体漏れもありません。洗浄する際もボトル開口部が広く設計されていることもあって、非常に洗いやすいメリットもあります。旅行時などに持って行くシャンプーボトルにもおすすめです。

素材シリコン容量60ml(3本セット)
タイプ直置き種類マットボトル
第9位

山崎実業(Yamazaki)

マグネットツーウェイディスペンサー

価格:1,870円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バスルームをスッキリさせる

こちらは壁掛けタイプのシャンプーボトルです。これをバスルームに取り付けることでスッキリとさせることができます。磁石によって壁へ取り付く仕組みになっています。磁石と壁との相性もあります。コスト面はかなり低価格となっており、手に入れやすい価格になっています。

 

プッシュする時に、僅かながら下に下がってしまうことがあると評価する方もいました。磁石ですので、ある程度の許容は必要です。納得して購入するようにしましょう。

 

また、粘り気の強いソープだと強めにプッシュしないと出てこないこともありますので注意が必要です。ただ、シャワーがかかる場所に置いてあっても水が浸入することもなくて耐水性は十分とコメントが挙がっていました。

素材ABS樹脂容量500ml
タイプ壁掛け種類
第8位

サラサドットコム sarasa.com

cb019/セラミックボトル 単品-L(ムースタイプ)

価格:2,484円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さりげない高級感

こちらは陶器素材を利用したシャンプーボトルです。置いておくだけでホテルのような高級感を醸し出します。汚れも付きにくく、掃除もぬるま湯で濯ぐ程度できれいな状態をキープできます。

 

ワンプッシュの量も程よい量なのが良いと評価する方もいました。シリーズで他のタイプもあるので合わせて購入してみるのもおすすめです。また、陶器だからこその重量感でポンピングも行いやすいのも魅力です。おしゃれさと高級感を求める方におすすめです。

素材セラミック(陶器)容量380ml
タイプ直置き種類
第7位

岩谷マテリアル

RETTO ディスペンサーL 3個セット

価格:4,860円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性の高いシャンプーボトル

詰め替え用が行いやすい口で詰め替えが楽に行えます。残量確認も中央にスリットがあり、そこで確認することができます。機能性は充実しており、デザインもシンプルです。快適にバスタイムを過ごしたい方におすすめのシャンプーボトルです。

 

また、ワンプッシュで多くの量が出るので非常に使いやすいと評価する方もいました。容量として880mlとかなり入るので、一度入れてしまえば、何回も詰め替えに行く必要がありません。

 

ポンプ詰まりも少なくて、材質も柔らかめの素材を採用しているため滑らせて落とすことも少ないです。シンプルなデザインで利便性の高いシャンプーボトルをお探しの方にこちらはおすすめです。

素材ポリプロピレン容量880ml
タイプ直置き種類
第6位

素地のナカジマ

エストビアンコ 丸型 大 詰替用ディスペンサー モロッカン

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モノトーンな雰囲気を出したい方はこちら

デザインも落ち着いた雰囲気をもっている大型シャンプーボトルのエストビアンコです。モノトーンなデザイン性であり、高級感もあります。容量も500mlとキャパシティーでみると十分な対応量です。

 

日本製なのも注目ポイントです。シンプルなデザインで飾らないのもモノトーンの良さです。また、手に入りやすい価格で販売されていますので、手軽に手に入られます。あなたはホワイトカラー重視ですか。それともブラックカラー重視ですか。

 

それにより、周囲に与える影響も変わってきます。バスルームをブラックカラーで統一感を出すのか、ホワイトカラーで出すのか用途に分けて色分けしておくといいでしょう。ちなみに、クリーンな印象はホワイトカラーで、大人の雰囲気はブラックカラーがおすすめです。

素材ABS樹脂容量500ml
タイプ直置き種類モノトーン
第5位

Wholehot

シャンプー ボトルディスペンサー

価格:1,089円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレス製は高級感を与えてくれる

全身にステンレスをまとったタイプのシャンプーボトルです。ステンレス製はさびにくく、長期的に使用し続けられるのがメリットです。デザイン性も合わせられやすいので人気があります。

 

ただし、中身は確認しずらいため容量の減りには注意が必要です。また、同種類で統一して近い位置に配置する場合、目印などを付けておかないとどれに何が入っているのか混乱してしまう可能性があります。

 

そういった点には注意が必要ですが、長期的に持っておくのにはデザイン面・腐食性など総合的に評価できるタイプのシャンプーボトルになります。

素材ステンレス鋼容量550ml
タイプ直置き種類ステンレス製
第4位

レック(LEC)

Sfile ディスペンサー S ブルー

価格:246円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ面でおすすめ

こちらはプラスチック製のシャンプーボトルになります。価格は500円を切る価格で販売されているので手に入れやすいです。また、カラーも数種類から選ぶことができるので、好みのカラーで統一して何個かまとめて購入することをおすすめします。

 

クリアボトルなので、液量が一目でわかることもメリットです。詰め替え時期をある程度、事前に把握することもできます。色分けして購入して、シャンプー用・リンス用・ボディーソープ用としてみるのもいいですね。使い勝手のいいタイプです。

素材プラスチック容量400ml
タイプ直置き種類クリアボトル
第3位

素地のナカジマ

SO-Q STYLE 日本製 ディスペンサー WOODY

価格:1,781円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木製のシャンプーボトルならこちら

こちらは珍しいタイプのウッド製で作成されたタイプのシャンプーボトルです。雰囲気を落ち着きのある方にしてくれるので、木の味わいを楽しめるようなバスルームなら、合わせるのにも適しています

 

おしゃれなデザイン性なので、部屋に飾っているという方もいる程です。カラーも容量も異なるタイプが登場していますので、適切なサイズとカラーで厳選してチョイスしてもいいですし、全てのタイプを取り揃えておくのもいいですね。

素材本体:AS樹脂/ポンプ:ABS樹脂容量500ml
タイプ直置き種類木製
第2位

simplehuman (シンプルヒューマン)

ウォールマウントポンプ トリプル BT1029

価格:13,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるでおしゃれなホテル気分

こちらも種類の少ない壁掛けタイプのシャンプーボトルになります。これを使用することでのバスルームのスッキリさは納得のいく形になるでしょう。補充は上の蓋を開けるだけで簡単に行えます。

 

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープの位置が固定されているので、シャンプーの方を押したつもりが、コンディショナーと入れ替わっていたなんてことは無くなります。また、取り付け可能なフックがあり、カミソリやフェイスタオルをかけるのに役立ちます。

 

こちらはシリコン接着剤を利用して接着します。粘着力で、多少ずれたりすることもあるかもしれませんが、そこを納得した上で購入するのであれば、デザインも都会的でおしゃれなのでおすすめできるシャンプーボトルになります。

素材ABS樹脂容量444ml×3
タイプ壁掛け種類ステンレス製
第1位

リビング

ディスペンサー ポンプボトル スクェア 3本セット

価格:1,210円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人気の定番ディスペンサー

英字フォントを利用したおしゃれなデザインが評判のシャンプーボトルです。男女ともに人気があり、プラスチック製なので破損することもなく、子供のいるご家庭でも安心して使用することができます

 

価格も3ボトルセットでこの価格なので、手が出しやすい価格です。種類として丸型と角型があるのでバスルームに置くのに適している方を選びましょう。ごちゃごちゃするバスルームに統一感を与えてくれます

素材プラスチック容量600ml
タイプ直置き種類

シャンプーボトルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5118031の画像

    リビング

  • 2
    アイテムID:5118037の画像

    simplehuman (シンプルヒューマン)

  • 3
    アイテムID:5118046の画像

    素地のナカジマ

  • 4
    アイテムID:5118074の画像

    レック(LEC)

  • 5
    アイテムID:5118079の画像

    Wholehot

  • 6
    アイテムID:5118083の画像

    素地のナカジマ

  • 7
    アイテムID:5118087の画像

    岩谷マテリアル

  • 8
    アイテムID:5118095の画像

    サラサドットコム sarasa.com

  • 9
    アイテムID:5118100の画像

    山崎実業(Yamazaki)

  • 10
    アイテムID:5118130の画像

    YIDINHO

  • 商品名
  • ディスペンサー ポンプボトル スクェア 3本セット
  • ウォールマウントポンプ トリプル BT1029
  • SO-Q STYLE 日本製 ディスペンサー WOODY
  • Sfile ディスペンサー S ブルー
  • シャンプー ボトルディスペンサー
  • エストビアンコ 丸型 大 詰替用ディスペンサー モロッカン
  • RETTO ディスペンサーL 3個セット
  • cb019/セラミックボトル 単品-L(ムースタイプ)
  • マグネットツーウェイディスペンサー
  • トラベル用ボトル
  • 特徴
  • 大人気の定番ディスペンサー
  • まるでおしゃれなホテル気分
  • 木製のシャンプーボトルならこちら
  • コスパ面でおすすめ
  • ステンレス製は高級感を与えてくれる
  • モノトーンな雰囲気を出したい方はこちら
  • 機能性の高いシャンプーボトル
  • さりげない高級感
  • バスルームをスッキリさせる
  • 旅行用としても最適
  • 価格
  • 1210円(税込)
  • 13890円(税込)
  • 1781円(税込)
  • 246円(税込)
  • 1089円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 4860円(税込)
  • 2484円(税込)
  • 1870円(税込)
  • 999円(税込)
  • 素材
  • プラスチック
  • ABS樹脂
  • 本体:AS樹脂/ポンプ:ABS樹脂
  • プラスチック
  • ステンレス鋼
  • ABS樹脂
  • ポリプロピレン
  • セラミック(陶器)
  • ABS樹脂
  • シリコン
  • 容量
  • 600ml
  • 444ml×3
  • 500ml
  • 400ml
  • 550ml
  • 500ml
  • 880ml
  • 380ml
  • 500ml
  • 60ml(3本セット)
  • タイプ
  • 直置き
  • 壁掛け
  • 直置き
  • 直置き
  • 直置き
  • 直置き
  • 直置き
  • 直置き
  • 壁掛け
  • 直置き
  • 種類
  • ステンレス製
  • 木製
  • クリアボトル
  • ステンレス製
  • モノトーン
  • マットボトル

詰め替え時の注意点

シャンプーボトルを購入した後、実際に詰め替えする時が来たら、守ってほしい点があります。長く使用できるように準備しておきましょう。

しっかり洗い乾かした後に詰め替えする

詰め替えする際に注意してほしいこととして乾燥と掃除をしてから、シャンプーなどの液をシャンプーボトルの中に入れるようにしましょう。古いシャンプーなどが残っている中で補充してしまうと劣化スピードを早めてしまいますし、細菌の繁殖を発生してしまいます

 

また、シャンプーだけでなく水分も同様です。水分が残っていることで劣化スピード、細菌繁殖につながります。しっかり洗って空になったシャンプーボトルを乾燥させてから詰め替え用液を注ぐようにしましょう。

シャンプーボトルと一緒にソープボトル

ソープボトル(ディスペンサー)は、詰め替え用のハンドソープや食器洗剤などを入れて、お気に入りのデザインのものや、使い勝手のいいソープボトルを使って楽しむものです。シャンプーだけではなく、様々な場面で活躍してくれるのです。

 

詰め替えすることで、節約にもなりますし、統一感も出すことができます。家の細かいところですが、頻度の高い水回りのインテリアにもこだわりたいという方はぜひ、ソープボトル(ディスペンサー)にも目を向けてみてください。

自分の用途に合ったシャンプーボトルを選びましょう

シャンプーボトルも多種類販売されているので迷うことが多いかと思います。なので自分の使う用途に合わせてタイプ選びをしていく必要があります。適したシャンプーボトルを使用して、快適なバスタイムを過ごしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ