記事ID139326のサムネイル画像

【きっちり貼れる】テープのりのおすすめ人気ランキング10選

テープのりは近年、凄まじいスピードで進化を続けています。コンパクトなものやかわいいデザインのものまで様々です。また用途に合わせて、強力な粘着力のものから、すぐはがせるものと使い分けすることもできます。あなたの仕事に合ったものを選んで業務効率化しましょう。

テープのりのメリット

テープのりは、封筒を閉じたり、外れないように紙と紙をくっつけたりする時に使われます。まずはテープのりと普通のりの違いを確認していきましょう。

仕上がりがきれい

テープのりには、封を閉じたいものに対して形を合わせて貼ることで、きれいに貼ることができることもメリットとして挙がってきます。

 

また、端の方に粘着テープを貼りたいときにスティックのりなどでは、はみ出して机上にのりを塗ってしまったり、のり自体を多く塗ってしまい、べちゃべちゃした状態にしてしまうこともあります。

 

それですので、しっかりと塗りたい細かい部分に均等に貼ることができるテープのりは非常にメリットが大きいのです。普段使用する「のり」にはない成果を挙げてくれます。

手にくっつく、汚れることがない

スティックのりなどの液状や固形タイプだと、完全に乾ききる前に触ったことで手が汚れてしまったり、他のものとくっついてしまうことがあります。そういう事態になってしまうと、のりを貼った対象物が汚れてしまったり、きれいな状態ではなくなります

 

極力、そういったことがないようにしたいですよね。それがテープのりだと、その瞬間に集中して貼り付けてしまうので、そんな心配もしなくて済みます。

 

また、はがしやすいタイプのテープのりであっても、はがした時に汚くならないので、何度かはがして貼ることができます。

テープのりの選び方

サイズや粘着力が異なり、その機能や使いやすさも向上しており進化を続けています。日々進化を続けています。この記事を参考にしてください。

サイズで選ぶ

テープ自体のサイズ選びも大切です。テープのりの幅や長さによって使える長さや用途が変わってきます。

テープの長さは使用頻度に合わせる

長さはテープのりの寿命に関わってきます。使用頻度が多い方は、できる限り長いタイプのテープのりを選ぶようにしましょう。長ければ、詰め替え回数が少なくなります。

 

ただ、単価も高くなるので、そんなに使う頻度が多くない方であるなら、ロングタイプを選ぶ必要はないでしょう。あなたがどれ位テープのりを使用しているのかを確認して、使う頻度で選びましょう。

テープの幅は用途に合わせる

テープ幅も上手く使えるようにしたいポイントです。テープ幅が広いと満遍なく貼ることができますし、きれいに貼れることもできます。貼る回数も減りますので、大きな封筒などを密封する粘着にはうってつけです。

 

また、色が透明でないタイプだと、どこに貼ったのかわからないということもないため、そこも抑えておくといいでしょう。きれいに貼りたい方のテープのりには、こういった点を抑えておきましょう。

粘着力で選ぶ

粘着力はしっかりと確認しておきましょう。メーカーによって種類のバリエーションも違ってきます。大きくわけると強力粘着タイプと貼ってはがせるタイプにわかれます。貼ってはがせるタイプなら、1分間なら、貼り直しが可能です。

 

強力粘着タイプは、貼ってしまえば、ちょっとやそっとじゃはがれることはありません。是非、細かい調整ができるものなのか、1度貼ったらはがさないタイプなのかで使い分けてみましょう。

持ちやすい形状を選ぶ

持ちやすい形状を選ぶことも重要です。しっかりとフィットしないと滑らかに端まできれいにテープのりを貼ることができません。できる限り持ってフィットするものを選びことが重要です。

 

また、持ちやすいだけでなく、手のサイズまで見ておくとより良いでしょう。手のひらサイズであると持ちやすさも増して、より扱いやすいです。そういったテープのりを選んだ方が長く使用することになりますし、愛着がわきます。

タイプで選ぶ

テープのり本体にはタイプがあります。コンパクトな形状のものから、ロングサイズのものまで用途に合わせて選ぶようにしましょう。

ロングテープ

ロングテープのタイプはテープ残量が多いため、1回の使用回数が多い方におすすめです。詰め替えをする頻度も少なくなるのもメリットです。業務の内容でかなりの量でが必要な時には是非、こちらのロングテープタイプを選んでみてください。

 

ただし必然的にサイズの大きくなる傾向にあります。ある程度の大きさは想定しておきましょう。大きいサイズはきれいに貼るのにも持ちやすく安定するのでメリットがあります。えt

コンパクト

コンパクトなサイズもあってほしいタイプです。メリットとしては特に筆箱などの入れ物に入れておきやすい点です。携帯性に優れるため、どこへでも持って行きやすいです。かわいいデザインにものなども販売されており、コンパクトなのが良さを高めてくれます。

 

コンパクトなタイプは、テープ残量も少なめに設定されていることが多いので、多いのがほしい方はサイズの大きいサイズを選ぶようにしましょう。

メーカーで選ぶ

メーカーも特徴があって、それぞれが用途別に扱いやすいので使いやすさがあります。ぜひ、特徴を抑えてテープのりを選んでみましょう。

コクヨ

コクヨも外せないメーカーです。こちらは2タイプに分かれます。強粘着力のブルーとはがしたりもできる弱粘着タイプです。使用目的によってわけて使いましょう。扱いやすさと信頼のおけるメーカーなので安心して使用できると評判です。

 

詰め替えも簡単で、どこにでも販売されるのも魅力的です。多くの方から愛されているコクヨ製品は、買って損はしないでしょう。

トンボ鉛筆

トンボ鉛筆もテープのりとして有名なメーカーです。代表的なビットテープにはピットスライド・ピットテープG・ピットテープUがあります。ピットスライドはスライド伸縮ができるタイプです。

 

長い間使えるのが、ピットテープG。小さめの手にも使いやすいのがピットテープUです。用途に合わせて使い分けしましょう。

プラス(PLUS)

プラス(PLUS)のテープのりは、色にわけて粘着力が異なります。レッドは強力な粘着力があります。ブルーはしっかりと貼れるタイプ、グリーンはきれいにはがせるタイプになります。

 

価格は手頃なので、手に入れやすいです。長さやサイズを変更して100円均一で販売されているものもあります。わかりやすいデザイン設計なので選びやすいのが特徴です。

テープのりのおすすめ人気ランキング10選

第10位

PLUS(プラス)

テープのり ノリピア MIX 3個パック 37-754

価格:796円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなテープのり

テープのりには様々なタイプが登場しています。こちらはその中で、コンパクトボディタイプとなります。ミニサイズであるので持ち運びには便利です。スティックのりや液体のりではうまくいかない狭い場所にもこちらのテープのりが活躍してくれます。

 

また、このサイズ感ながら10mのたっぷりな容量なので、使う頻度が多いケースでも、少ないケースでも万能に活躍してくれます。テープ幅も6mmのでして、ストレスを感じることがなく扱えるでしょう。

 

ただ、評価として、どっち方向の向きがわかりにくいということもコメントもあったので注意が必要です。せっかく使用したいと思ってもうまく作動しないことがあるので確認しておきましょう。

テープ全長10m粘着力
タイプコンパクトタイプ、使い切りテープ幅6mm
第9位

トンボ(Tombow)

テープのり ピットパワーC PN-CP スタンダード

価格:174円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

粘着力ではこちらがおすすめ

ピットパワーの従来品を120%上回る接着力を備えたテープのりになります。引き終わりに「のり」の切れが良いことも特徴として挙げられます。特殊微粒子を含ませたことで、力を加えたら簡単に切れるような仕組みとなっています。

 

きれいに貼り付けたい方にこちらがいいです。また、手ぶれ補正機能がヘッド部分のフレキシブルに動くようにしています。封かん作業にも適したモデルと言えるでしょう。

 

しっかりと貼って且つきれいにはがせるものをお探しの方におすすめです。

テープ全長7m粘着力しっかりタイプ
タイプ詰め替えタイプテープ幅8.4mm
第8位

コクヨ

テープのり ドットライナーノック 限定柄 オカメインコ タ-DM480-07L2

価格:2,473円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノック式テープのりの登場

デザインもユニークで注目度の高いノック式のテープのりになります。カチッとボールペンを扱うようにしてカバーを開閉させることができます。収納している時には、フルカバーでテープを保護もしてくれて、ゴミや埃かrテープを守ってくれます。

 

また、詰め替えタイプなので、繰り返し使用できるのも嬉しいポイントですね。この可愛いデザインでありますので、中学・高校生からの支持も厚いです。可愛いデザインのものでお探しの方はこちらをおすすめします。

テープ全長8m粘着力
タイプノック式、詰め替えタイプテープ幅7mm
第7位

コクヨ(Kokuyo)

テープのり ドットライナー ロング タ-DM4400-10N

価格:355円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長いテープのりが欲しい方へ

こちらのテープのりは、テープ全長が36mとスバ抜けて長いのが特徴です。強粘着仕様となっており、長形3号封筒やA4封筒などでしっかりと接着を行いたいと考えている方におすすめです。

 

のりはドット形状をしており、糸引きしないキレの良さがあります。というのも、曲線を引きたいときや長いラインを引きたい時に糸引きを起こしてしまいがちなのですが、そこの点をカバーしてくれるのです。事務作業が多い方におすすめのテープのりです。

テープ全長36m粘着力しっかりタイプ
タイプロングテープテープ幅10mm
第6位

ニチバン

テープのり はんこのり TN-TE7H3

価格:220円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンコタイプで細かいものに最適

ハンコタイプで販売されているテープのりです。切手・レシートを貼る時に活躍してくれます。細かい作業を得意としています。スタンプサイズも7×10mmとちょうどいいサイズ感です。テープ全長は約600回の使用回数となります。

 

また、ガイドを押し込んで使用すれば、通常のテープのりと同様に扱えます。ですので、封筒などにも十分、使用可能です。切手貼り付けなど細かい作業が多い方におすすめです。

 

評価としてもポンポンと押すだけでのりがくっついていくのが、ユニークで自分の適したところに適量を貼ることができるので、メリットは大きいと好評でした。

テープ全長約600回分粘着力しっかりタイプ
タイプスタンプ型テープ幅スタンプの大きさ7×10mm
第5位

PLUS(プラス)

プリット テープのり ノリノハイパー

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2パターンで自由自在に調整

こちらは厚手の封筒などに強力粘着力で貼れるタイプと、仮止めなどでも活躍するはがせるタイプの2種類にわかれています。特性の異なるテープのりを内蔵しています。セロハンテープなどを使用することのない強粘着力がメリットになります。

 

2WAYグリップも採用しており、デスクワークでも立ち仕事でもシチュエーションを選ばずに活躍してくれます。壁やポスターなどの掲示物に貼る際にも適しています。画鋲を使用することがないので、壁に傷をつけることもありません。

 

それでいて、強力粘着なのに、貼った後はきれいにはがせて再び貼ることもできるのはこのノリノリハイパーの特徴となります。

テープ全長12m粘着力はがせるタイプ
タイプ詰め替えタイプテープ幅15mm
第4位

PLUS(プラス)

テープのり ノリノビーンズ

価格:487円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズ感が扱いやすい

ノリノビーンズは豆状タイプのかわいいモデルです。手にフィットしやすく手持ちやすいのもメリットです。長時間使用しなければならないケースでも、疲れにくいのがメリットになります。

 

このサイズ感なので、筆箱などにもコンパクトに入れることができて、持ち運びにも便利です。

 

また、粘着力の強さが3種類にわかれています。強力に貼れるタイプ・薄紙に貼るのに最適なしっかりと貼れるタイプ・付箋感覚で貼り直しできるキレイにはがせるタイプにわかれます。使い分けて使用しましょう。

テープ全長8m粘着力しっかりタイプ
タイプ使い切りタイプ、コンパクトタイプテープ幅6mm
第3位

トンボ(Tombow)

ピットパワーD PN-IP スタンダード

価格:232円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

精密に隙間なく貼れる

こちらのピットパワーD PN-IPの特徴はパワーテープにあります。1.5倍もの厚みをテープに付けたことで粘着力が従来より20%もアップしています。厚手の紙類でもしっかりとホールドしてくれます。

 

また、紙からヘッドが離れる時に少しだけ自動でテープが送られる仕組みとなっています。こうすることで、また使用する際にヘッドの先端がしっかりと狙い通りの場所に貼れるようになるのです。これがピタシステムといいます。

 

紙で工作するような使用である場合は、精密な作業の行えるテープのりが欲しいと思いますが、こちらは正に打って付けのアイテムです。

テープ全長16m粘着力しっかりタイプ
タイプテープ幅8.4mm
第2位

コクヨ(Kokuyo)

ドットライナー ホールド DM4200-08

価格:297円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

封筒に対しての封かん作業におすすめ

本体を手に持ったままで、フラップを軽く挟み横にスライドするだけでしっかり粘着させることができます。端から端まで全体的に塗りたいと思っている方は、作業効率の低下をカバーしてくれるこちらのドットライナーホールドがおすすめです。

 

紙をはさみ、挟んだままで引かないままでガチャンと軽く押すことでピンポイントのりつけもできそうです。挟み込みアームを後方に回転させて持つようにすれば、一般的なテープのりと同様にのりつけも行えます。

 

事務作業が多くて、オフィスで大活躍する便利なテープのりとなってくれるでしょう。また、他の人とあまり被りたくないと思う方もいるはずです。そういった方にもおすすめです。

テープ全長16m粘着力しっかりタイプ
タイプ紙挟み込みタイプテープ幅8.4mm
第1位

PLUS(プラス)

プリット テープのり ノリノプロ

価格:354円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロも仕様するテープのりのプロタイプ

こちらはパワーギアが取り付いており、テープのりでよくあるテープ周辺のトラブルを事前に防ぐように作られています。テープのりの中では高価な分類になってきますが、22mのロングテープであるので安心して使用できる長さです。

 

そう考えると、コストパフォーマンス面も高いテープのりだとういうことが分かります。仕事上、テープのりをよく使う方であれば、確実に満足できる一品になってくれます。それ以外のスペックでは、クリーンローラーが紙に付着したかすを取り除いてくれます。

 

機能性は充実しており、長く使用できるテープのりとなってくれそうです。

テープ全長22m粘着力しっかりタイプ
タイプロングテープ、詰め替えテープ幅8.4mm

テープのりのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5118712の画像

    PLUS(プラス)

  • 2
    アイテムID:5118713の画像

    コクヨ(Kokuyo)

  • 3
    アイテムID:5118721の画像

    トンボ(Tombow)

  • 4
    アイテムID:5118733の画像

    PLUS(プラス)

  • 5
    アイテムID:5118738の画像

    PLUS(プラス)

  • 6
    アイテムID:5118743の画像

    ニチバン

  • 7
    アイテムID:5118747の画像

    コクヨ(Kokuyo)

  • 8
    アイテムID:5118749の画像

    コクヨ

  • 9
    アイテムID:5118752の画像

    トンボ(Tombow)

  • 10
    アイテムID:5118754の画像

    PLUS(プラス)

  • 商品名
  • プリット テープのり ノリノプロ
  • ドットライナー ホールド DM4200-08
  • ピットパワーD PN-IP スタンダード
  • テープのり ノリノビーンズ
  • プリット テープのり ノリノハイパー
  • テープのり はんこのり TN-TE7H3
  • テープのり ドットライナー ロング タ-DM4400-10N
  • テープのり ドットライナーノック 限定柄 オカメインコ タ-DM480-07L2
  • テープのり ピットパワーC PN-CP スタンダード
  • テープのり ノリピア MIX 3個パック 37-754
  • 特徴
  • プロも仕様するテープのりのプロタイプ
  • 封筒に対しての封かん作業におすすめ
  • 精密に隙間なく貼れる
  • サイズ感が扱いやすい
  • 2パターンで自由自在に調整
  • ハンコタイプで細かいものに最適
  • 長いテープのりが欲しい方へ
  • ノック式テープのりの登場
  • 粘着力ではこちらがおすすめ
  • コンパクトなテープのり
  • 価格
  • 354円(税込)
  • 297円(税込)
  • 232円(税込)
  • 487円(税込)
  • 432円(税込)
  • 220円(税込)
  • 355円(税込)
  • 2473円(税込)
  • 174円(税込)
  • 796円(税込)
  • テープ全長
  • 22m
  • 16m
  • 16m
  • 8m
  • 12m
  • 約600回分
  • 36m
  • 8m
  • 7m
  • 10m
  • 粘着力
  • しっかりタイプ
  • しっかりタイプ
  • しっかりタイプ
  • しっかりタイプ
  • はがせるタイプ
  • しっかりタイプ
  • しっかりタイプ
  • しっかりタイプ
  • タイプ
  • ロングテープ、詰め替え
  • 紙挟み込みタイプ
  • 使い切りタイプ、コンパクトタイプ
  • 詰め替えタイプ
  • スタンプ型
  • ロングテープ
  • ノック式、詰め替えタイプ
  • 詰め替えタイプ
  • コンパクトタイプ、使い切り
  • テープ幅
  • 8.4mm
  • 8.4mm
  • 8.4mm
  • 6mm
  • 15mm
  • スタンプの大きさ7×10mm
  • 10mm
  • 7mm
  • 8.4mm
  • 6mm

テープのりを長く使うために

テープのり本体も長く使うために、詰め替えを利用したり、ちょっとした不具合を直すことが重要です。大事に使いましょう。

詰め替え式で本体を長く使用

テープのりはを詰め替えできることはテープのりの大きなメリットです。詰め替えできることで、無駄に購入することも減りますし、価格も安くコストを抑えることもできるようになります。

 

環境面の配慮や、経済的負担などトータルで見てもメリットがあります。是非、詰め替えできるテープのりを選んでおきましょう。

テープのりのたるみを直せる

テープのたるみは、テープのりを使用するのにあたり、鬼門となります。そういう状態となるのはテープのりと本体の間に隙間ができていたり、テープ同士がくっついている場合に発生します。こういうトラブルが仕事中に発生してしまうと辛いですよね。

 

テープのりにはたるみ直しの方法があります。たるみが発生した場合は一旦のり付けを止めます。リフィルを裏付けしてたるみがないかを確認。コアが2つあるのですが、片方を指で止めて、巻き取る側のコアを回して調整します。

 

コクヨのテープのりが扱いやすくて、非常に人気もおすすめです。是非、一度は使用して頂きたいです。

本体を2個買いしておくのも1つ

2個買いしておくと、使用している最中に急に使えなくなったなんてこともあります。変なストレスを抱えなくて済みますし、その時に早く作業ができるようにしたい人に適しています。

 

時間が限られている業務の中で、効率を悪くしない方には2個買いしておくのがいいです。また時間ができた時に詰め替えておくだけなので持っておくと便利ですよ。

自分好みのテープのりを選ぼう

テープのりは手にくっつくことも少なく、使い勝手が良いのがメリットです。タイプや持ちやすさ、サイズなど適切なものを選ぶことで、様々に活躍することができます。ぜひ、デザインの気に入った便利なテープのりを選ぶようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ