記事ID139305のサムネイル画像

【愛犬の健康を維持】国産ドッグフードのおすすめ人気ランキング10選

愛犬の健康維持において重要なアイテムである「ドッグフード」ですが、昨今は安全性の観点から「国産」のドッグフードを選ぶ飼い主も多いのです。今回は、フードの選び方をまとめるとともに、数ある国産ドッグフードの中からおすすめアイテムをランキングでご紹介します。

国産のドッグフードで愛犬の健康をサポート

愛犬の健康管理・食生活において重要なアイテムである「ドッグフード」ですが、飼い主の中には「愛犬に食べさせるものだからできるだけ安全な物が良い」と考える人も多いことでしょう。

 

愛犬の健康を考える多くの飼い主に信頼されている「国産ドッグフード」は、その名前の通り日本国内で製造・販売されており、原材料のチョイスや製造方法などといった細やかな点においてレベルが高い商品が多いとされています。

 

愛犬のライフスタイルや使用シーンなどを考慮して開発された商品も多いため「栄養満点のドッグフードを食べさせたい」「愛犬の偏食・好き嫌いに悩まされている」という飼い主にはまさにぴったりです。

国産ドッグフードの選び方

ペットショップやスーパーには、様々な種類・特徴の国産ドッグフードが販売されています。そのため、初めて犬を飼う人の中には「どうやって選べば良いかわからない」という場合も多いでしょう。そこでここでは、国産ドッグフードの選び方をご紹介します。

犬種・犬のサイズで選ぶ

実に様々なコンセプトの国産ドッグフードが販売されていますが、実は犬種・サイズに合わせて作られたドッグフードも存在しているのです。ドッグフード選びに困ったら、飼っている愛犬の種類・体型に合わせたドッグフードを選ぶことをおすすめします。

超小型・小型犬用

チワワやポメラニアン・マルチーズなどの小型犬を飼っている場合には「超小型・小型犬用」と呼ばれる国産ペットフードがおすすめです。小型犬は中型犬・大型犬と比べて口・アゴが小さいため、ドッグフードも比較的小粒になっているのが特徴です。

 

また、細かな犬種や個体によって多少変わりますが、小型犬は一般的に食いつきにムラが出やすいとされており、毎日必要な量を食べやすくするために、鶏肉などの食いつきやすい原料を使用していることが多い傾向にあります。

 

超小型・小型犬ではケアがしにくい歯石・歯垢の除去や蓄積を抑制させる工夫が施されているドッグフードも多いため、食欲が低下気味・好き嫌いが激しい小型犬におすすめです。

中型犬用

コーギーや柴犬などといった中型犬を飼っている場合には「中型犬用」と呼ばれる国産ドッグフードがおすすめです。

 

中型犬は小型犬に比べて運動量が多く、生活スタイルによっては肥満気味になってしまう場合もあることから、高タンパクで脂質・ビタミン・ミネラルのバランスを考えて作られているのが特徴といえます。

 

またドッグフードによっては、運動時に体内で作られる活性酸素によって引き起こされる細胞の酸化(=老化)を抑制する抗酸化ビタミンをたっぷり含んでいる物もあるため「健康維持を考えたドッグフードが良い」という人におすすめです。

大型犬用

ゴールデンレトリバーやダルメシアンなどの大型犬を飼っている場合には「大型犬用」と呼ばれる国産ドッグフードがおすすめです。大型犬は小型・中型犬と比べて体格が大きく、常に重い身体を支えていることから、関節への負担が大きいとされています。

 

身体全体に血液を渡らせるために心臓への負担も大きく、消化器官もデリケートなため、内蔵の働きや関節をサポートしてくれるグルコサミン・動物性たんぱくなどの栄養素を含んでいるという点が魅力です。

 

また、大型犬は食事中は噛む回数が少ない傾向にあるため、飲み込んだ時にふやけやすい工夫が施されているため、毎日ドッグフードをたくさん食べる大型犬にもおすすめできます。

ドッグフードの種類で選ぶ

一見同じように見える国産ドッグフードですが、愛犬の食事スタイルによって形状や固さ・使用方法が異なっています。「愛犬の好き嫌いが激しい」「普段与えているドッグフードが食べにくそうにしている」という場合には、種類ごとの特徴をチェックしてみましょう。

ドライフード

「国産ドッグフードはコストパフォーマンス重視で選びたい」という人におすすめなのが「ドライフード」と呼ばれるタイプのドッグフードです。ドライフードは名前の通り、乾燥させて作っているため、他のタイプに比べて長期保存が可能であるという点が特徴です。

 

数あるドッグフードの種類の中で最もポピュラーかつ種類が多いタイプであり、1粒が硬めになっているため、愛犬の歯・アゴの健康維持にも効果的とされています。食後もエサ皿を汚しにくいため、お手入れも比較的簡単にできるという点も魅力といえます。

 

愛犬の食事スタイルに合わせてふやかす・砕くなどといった工夫もできるうえ、価格帯も他のタイプに比べて安いため、毎日たくさん食べる愛犬にもおすすめです。

ソフトドライ

子犬やシニア犬に与えるドッグフードを探している人におすすめなのが「ソフトドライ」と呼ばれるタイプの国産ドッグフードです。ソフトドライは「半生タイプ」とも呼ばれており、ドライフードに比べて柔らかく作られているため、噛む力が弱い犬でも食べやすいのが特徴です。

 

また、数あるドッグフードの中でも香りや風味が濃く作られている傾向にあることから、嗜好性が高いとされているため、愛犬の食欲がない時にもぴったりです。

 

その反面カロリーが高いため、たくさん与え続けていると肥満気味になってしまう場合もあるため、使用時の量や与えるタイミングには注意する必要があります。

ウェットフード

「最近愛犬の食欲がない」「愛犬の胃腸が弱くてドライフードが上手く食べられない」という場合におすすめなのが「ウェットフード」と呼ばれるタイプの国産ドッグフードです。こちらの種類は、愛犬の食いつきを良くするために生肉に似た食感になっているのが特徴です。

 

ドライフードやソフトドライより水分量が多く、種類やブランドによってはレトルトパウチ・缶詰で販売されていることも多いため、食欲が落ちている時の食事はもちろん、ウェットフードに薬を混ぜて飲ませる時にもぴったりです。

 

細切れの野菜・肉類が入っているなど、商品によって様々な特徴があるため、食いつきにムラがある愛犬にもおすすめできます。

ドッグフードの特徴で選ぶ

ドッグフードは種類や形状だけでなく、愛犬の健康維持を考慮して栄養素・原材料にこだわられているものも多いのです。あらかじめ各ドッグフードが持つ特徴をチェックしておくと、愛犬に合うドッグフードがより見つけやすくなります。

無添加

「愛犬が食べるものだから添加物が気になる」という人におすすめなのが「無添加ドッグフード」です。ドッグフードの中には愛犬の食欲や保存期間をアップさせるために防腐剤・香料などといった添加物が含まれていることも少なくありません。

 

無添加ドッグフードと呼ばれる物は、愛犬の健康に良くないとされる添加物を一切使わずに作られているため、安心して愛犬に与えることができます。

 

ブランドや商品によっては添加物だけでなく、アレルギーなどを考慮して原材料をチョイスしている物も存在しているため「より愛犬の健康に良いドッグフードを選びたい」という人にもおすすめです。

穀物不使用

「愛犬の食いつきが良いドッグフードが良い」という人におすすめなのが「穀物不使用ドッグフード」という国産ドッグフードです。

 

一般的なドッグフードには肉類に加えてコーンなどの穀物が含まれていることが多く、体質によってはアレルギー対策が必要になることもあります。穀物不使用ドッグフードは、名前の通り肉類を多く含んでいるため、愛犬の食欲増進・アレルギー対策にもおすすめできます。

人気メーカーから選ぶ

国産ドッグフードは実に様々なメーカーから展開されており、各メーカーから展開されるブランドによって特徴・こだわりが異なっています。「ドッグフードは質・特徴で選びたい」という人は人気メーカーで選ぶことをおすすめします。

日本ペットフード

日本国内のペットフード専門メーカーの中でも屈指の老舗であるのが「日本ペットフード」です。

 

「ビタワン」をはじめとしたドッグフードが人気であるこちらのメーカーは、日本食由来の発想に基づき、ペットの生活スタイルに合わせて栄養バランスを調整しているのが特徴といえます。

 

ドッグフードの開発には獣医師・ペット栄養管理士・飼養管理士などといったペット専門家がチームになっているため「安心して食べてもらえるドッグフードが良い」という人におすすめです。

日本ヒルズ

愛犬のライフステージに合わせたドッグフードを展開しているのが「日本ヒルズ」です。「サイエンス・ダイエット」をはじめとしたブランドが有名なこちらのメーカーは、最先端のペット栄養学に基づいて開発しているのが特徴といえます。

 

体重管理・栄養バランスを重視した定番のドッグフードから、消化器の働きをサポートしたり、特定のアレルギー・病気に合わせて栄養素や原材料を調整している物まで展開しているため「愛犬の健康状態に合わせてドッグフードを使い分けたい」という人におすすめです。

いなばペットフード

主食・おやつ用などといった様々なシーンで使えるドッグフードを展開しているメーカーが「いなばペットフード」です。

 

人気の「ちゅ~る」シリーズをはじめ、ウェットフードを中心に取り扱っており、食欲が低下している時に便利な「角切りタイプ」やダイエット中にもぴったりな「低脂肪タイプ」などが販売されています。

 

フタを開けてすぐに与えられるプラスチックカップ・レトルトパウチを採用しているため「手軽に食べさせられる国産ドッグフードが良い」という人におすすめです。

国産ドッグフードのおすすめランキング10選

第10位

日清ペットフード

ランミール ドッグフード ビーフ&バターミルク味

価格:1,331円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

愛犬のお腹に優しい構造・成分が魅力的

栄養バランスと消化吸収を考えて作られたこちらのドッグフードは、原料をじっくりすりつぶしてきめ細かく仕上げた「微粉砕原料」を使用しているため、一般的なドライフードよりも愛犬のお腹に優しいという点が特徴です。

 

ドライ粒は骨・関節の形成や維持をサポートするグルコサミンなども配合されており、ビーフとバターミルクの2つのフレーバーが毎日たくさん食べる中型犬・大型犬にもおすすめできます。

内容量8kg種類ドライフード
第9位

日本ペットフード

ビタワン

価格:1,377円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドッグフードのロングセラー

ペットフードの老舗『日本ペットフード』が1960年に開発して以降、幾度もの改善を重ねていることから多くの飼い主から信頼されているこちらのドッグフードは、日本で暮らす愛犬に最適な栄養バランスを追求して作られているのが特徴です。

 

骨格や皮膚の健康維持から、愛犬本来の免疫力サポートまで考えられており、オリゴ糖やカルシウム・リンなどの栄養素を豊富に配合されているのも魅力的といえます。

 

1袋が大容量で価格帯も安いことから、市販の国産ドッグフードの中でも屈指のコストパフォーマンスを誇っています。ドライ粒はチキン風味になっているため、毎日たくさん食べる愛犬にもおすすめです。

内容量6.5kg種類ドライフード
第8位

ペットライン

メディコート アレルゲンカット 魚&お米 ライト

価格:1,378円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

愛犬の食物アレルギー対策に特化した安心のドライフード

食物アレルギーに悩む愛犬のために開発されたこちらのドッグフードは、アレルゲンになりにくい魚と米をベースに作られているのが特徴です。小粒仕立てになっているため、大型・中型犬はもちろん、超小型犬にもおすすめできます。

 

愛犬の健康維持にも配慮されており、DHAやEPA・亜鉛アミノ酸複合体などを配合しているため「愛犬の毛ヅヤの低下が気になる」という場合にもぴったりなドッグフードです。

内容量2.7kg種類ドライフード
第7位

ユニチャーム

グラン・デリ カリカリ仕立て 成犬用

価格:1,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特別製法のささみ粒・ビーフ粒が愛犬の食欲を促進

「美味しさと栄養バランス」を考えて開発された小粒設計のこちらのドッグフードは、粒を発泡させて焼き上げる特別製法で作られた新食感ささみ粒や生肉入りビーフ粒など、愛犬の食欲を促進させる様々な仕組みが施されているのが特徴です。

 

ドライ粒はビーフ・緑黄色野菜・ささみ・小魚などといった栄養バランスを考え抜いた原材料をブレンドしています。口コミの中には「安いフードだと合わない愛犬が嬉しそうに食べている」という声も多いため、好き嫌いが激しい愛犬にもおすすめできます。

内容量1.8kg種類ドライフード
第6位

日本ペットフード

コンボ 角切りビーフ・キャベツブレンド

価格:592円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食物繊維たっぷりのキャベツをブレンドした栄養満点ドライフード

売り上げ販売数No.1ブランド『コンボ』シリーズの1つであるこちらの国産ドッグフードは、愛犬の食いつきが良くなるよう厳選されたビーフ粒にビタミン・食物繊維豊富なキャベツをブレンドしており、骨・皮膚・お腹の3つの健康維持に配慮した栄養設計が魅力です。

 

ドライフードは肉の旨みをたっぷり含んでおり、栄養バランスを考えた8種類の野菜もミックスさせているため、好き嫌いが激しい愛犬・偏食気味の愛犬にもおすすめできます。価格帯もリーズナブルなため、コストパフォーマンスを重視したい人にもぴったりです。

内容量230g×4袋種類ドライフード
第5位

日清ペットフード

いぬのしあわせ プッチーヌ ビーフ入り2つの選べるメニュー

価格:365円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライフスタイルによって変えられる2種類のフレーバー

ペットの健康維持サポートの観点でフードの研究を行う「LIFE20プログラム」に基づいて開発されたこちらの国産ドッグフードは、骨・関節・内蔵への負担が大きい超小型・小型犬の健康をサポートするN-アセチルグルコサミンやビール酵母を配合しているのが特徴です。

 

チーズ仕立て・ささみ仕立ての2種類のフレーバーがセットになっており、肉や野菜の風味が活きたフードは着色料無添加の小粒タイプのため、口やアゴが小さい愛犬でも食べやすいのが魅力といえます。

 

1袋が50gと細かく分かれているため鮮度をキープしやすく、小食・偏食気味の愛犬にもおすすめできるドッグフードです。

内容量200g種類ソフトドライ
第4位

ハッピースマイル

smiley チキンdeli

価格:4,860円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイエット食にもぴったりな無添加系ドッグフード

原材料から製造まで100%国産にこだわられたこちらのドッグフードは、良質なたんぱく質・アミノ酸・ビタミンAなどの多くの栄養素を配合しており、低GIかつノンオイルコーティング仕様になっているため、ダイエット食としてもおすすめできます。

 

人間用食品工場と同じレベルの徹底された衛生管理のもと作られており、着色料・保存料なども一切使っていない無添加となっているため、安全性の高いドッグフードを探している人にもぴったりです。

内容量1.5kg種類ドライフード
第3位

日清ペットフード

ジェーピースタイル ドッグフード 和の究み 成犬用

価格:2,806円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本で暮らす犬達の健康維持に特化したドッグフード

日本で暮らす小型犬・室内飼育犬のことを考えて開発されたこちらのドッグフードは、食物繊維を豊富に含んだ国産小麦全粒粉をベースにオリゴ糖・乳酸菌を加えたことにより、腸内フローラを整え、免疫力をサポートしてくれるのが魅力的です。

 

着色料・香料不使用の小粒タイプであり、国産鶏を原料としたチキンミールも含まれているため「ドッグフードは栄養バランスを重視したい」という人におすすめできます。

内容量600g×7袋種類ドライフード
第2位

チーム七つ星

七つ星 ドライフード

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産・日本製・品質管理にとことんこだわった無添加ドッグフード

厳選した国産原材料にこだわったこちらのドライフードは、人間が食べられる高品質な食材のみを使用しており、多くの獣医師・ドッグブリーダー・トレーナーにも推奨されるほどの高い人気を誇るドッグフードです。

 

酸化防止剤・防腐剤などといった9つの添加物が一切含まれていないうえ、フード特有の嫌なニオイや油っぽさがないため「愛犬が安心して食べられるフードが良い」という人におすすめできます。

内容量1kg種類ドライフード
第1位

GOWAN(ゴワン)

GOWAN プレミアム

価格:2,268円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

原材料・栄養バランスを徹底したドライフード

材料調達・製造の全てを日本で行っているこちらのドッグフードは、原材料の約50%に新鮮な生肉を使用しており、低温製造によって材料が本来持つ栄養価が保たれているのが特徴です。

 

ビタミン・ミネラル・食物繊維などといった、愛犬の健康に必要な栄養素を自然な形でバランス良く配合しているのはもちろん、合成保存料や着色料・香料などの添加物が一切含まれていないという点も口コミで高く評価されています。

 

1袋が1kgと大容量なうえ、鮮度を長持ちさせる「多層フィルム構造」を採用したパッケージになっているため「ドッグフードの鮮度がすぐに落ちて困る」という人にもおすすめです。

内容量1kg種類ドライフード

国産ドッグフードおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5111799の画像

    GOWAN(ゴワン)

  • 2
    アイテムID:5111790の画像

    チーム七つ星

  • 3
    アイテムID:5111783の画像

    日清ペットフード

  • 4
    アイテムID:5111766の画像

    ハッピースマイル

  • 5
    アイテムID:5111748の画像

    日清ペットフード

  • 6
    アイテムID:5111743の画像

    日本ペットフード

  • 7
    アイテムID:5111730の画像

    ユニチャーム

  • 8
    アイテムID:5111729の画像

    ペットライン

  • 9
    アイテムID:5111727の画像

    日本ペットフード

  • 10
    アイテムID:5111725の画像

    日清ペットフード

  • 商品名
  • GOWAN プレミアム
  • 七つ星 ドライフード
  • ジェーピースタイル ドッグフード 和の究み 成犬用
  • smiley チキンdeli
  • いぬのしあわせ プッチーヌ ビーフ入り2つの選べるメニュー
  • コンボ 角切りビーフ・キャベツブレンド
  • グラン・デリ カリカリ仕立て 成犬用
  • メディコート アレルゲンカット 魚&お米 ライト
  • ビタワン
  • ランミール ドッグフード ビーフ&バターミルク味
  • 特徴
  • 原材料・栄養バランスを徹底したドライフード
  • 国産・日本製・品質管理にとことんこだわった無添加ドッグフード
  • 日本で暮らす犬達の健康維持に特化したドッグフード
  • ダイエット食にもぴったりな無添加系ドッグフード
  • ライフスタイルによって変えられる2種類のフレーバー
  • 食物繊維たっぷりのキャベツをブレンドした栄養満点ドライフード
  • 特別製法のささみ粒・ビーフ粒が愛犬の食欲を促進
  • 愛犬の食物アレルギー対策に特化した安心のドライフード
  • ドッグフードのロングセラー
  • 愛犬のお腹に優しい構造・成分が魅力的
  • 価格
  • 2268円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2806円(税込)
  • 4860円(税込)
  • 365円(税込)
  • 592円(税込)
  • 1430円(税込)
  • 1378円(税込)
  • 1377円(税込)
  • 1331円(税込)
  • 内容量
  • 1kg
  • 1kg
  • 600g×7袋
  • 1.5kg
  • 200g
  • 230g×4袋
  • 1.8kg
  • 2.7kg
  • 6.5kg
  • 8kg
  • 種類
  • ドライフード
  • ドライフード
  • ドライフード
  • ドライフード
  • ソフトドライ
  • ドライフード
  • ドライフード
  • ドライフード
  • ドライフード
  • ドライフード

国産ドッグフードを与える時のポイント

数々のメーカー・ブランドから展開されている国産ドッグフードですが、愛犬の健康管理においてはドッグフードの種類だけでなく、食事の仕方・ドッグフードの与え方なども重要になります。ここでは、国産ドッグフードを与える時のポイントをご紹介します。

愛犬の犬種・体格に合わせて量を調節しよう

食欲旺盛な愛犬を飼っている人をはじめ、愛犬にたくさんドッグフードやおやつを与える飼い主は少なくありませんが、犬種や体格に合った量より過剰にエサ・おやつを与えてしまうと、カロリーの過剰摂取から肥満気味になってしまうこともあります。

 

多くのドッグフードのパッケージには、犬種・体重に合わせた目安量が記載されている場合もあるため「どれだけの量を食べさせたらいいかわからない」という場合には目安量を参考にしながら食べさせてみると良いでしょう。

 

ドッグフードを皿に入れる時に計量カップなどを用いることで「その日はどれだけの量を食べたか」という記録が取りやすくなるため、毎日の健康管理にはもちろん、万が一愛犬の体調が悪くなって病院に行った時にも獣医師の判断材料にもなるため、おすすめです。

他のドッグフードに切り替える時は少しずつ

「愛犬の好み・体調などによって複数のドッグフードを使い分ける」という飼い主も少なくありませんが、新しいドッグフードに切り替える時には、愛犬の胃腸を新しいドッグフードに少しずつ慣れさせる必要があります。

 

一般的には切り替えて1~2日には新しいフードは少量にし、前のドッグフードを中心にした食事にします。3日目からは愛犬の便の状態などを見ながら、少しずつ新しいフードの量を調節していきます。

 

一週間を目安に少しずつ切り替えていきますが、愛犬の健康状態によってはさらに長くかかる場合もあるため、切り替え時には愛犬の体調をしっかりチェックしながら行うようにしましょう。

まとめ

愛犬の健康維持において重要なアイテムでもある「国産ドッグフード」ですが、ランキングでご紹介した商品のように、商品によってこだわり・特徴が異なっています。愛犬のライフステージや生活環境に合わせたドッグフードを探してみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ