記事ID139293のサムネイル画像

【書きやすい】注目度の高いシャー芯の人気おすすめランキング10選

おすすめのシャー芯と言えば、ハイユニやアインシュタインが人気ありますよね。今回は、カラーシャー芯を含めたおすすめのシャー芯を紹介します。太さにこだわって、ぴったりなシャー芯を見つけてみましょう。人気の高い、0.3 2bのシャー芯もありますよ。

書きやすさを重視している人はシャー芯にこだわってみよう

学校や職場でも、シャープペンシルを使っているという人は多くいると思います。そのようは人に欠かせないアイテムとなっているのが、シャー芯です。そして、シャー芯にこだわってみるだけでも、シャープペンシルの使い勝手が大きく変わると言われています。

 

自分にとってより書きやすいシャー芯を見つける事で、いつも以上に手軽に書けるようになるかもしれません。そこで今回は、おすすめのシャー芯について見ていきましょう。シャープペンシルを使う機会が多いと人は、よりぴったりなシャー芯を見つけるためにこだわってみましょう。

シャー芯の選び方

それではまず初めに、シャー芯の選び方から紹介していきます。シャー芯を選ぶ時、いくつか頭の中に入れておきたいポイントがありますよ。後悔しないためにも、しっかりぴったりなシャー芯を選んでみてください。

使う用途で選ぶ

まず初めに、シャー芯の使う用途で選ぶというのがとても重要になってきます。シャープペンシルを使う時、文字を書くために使う人もいれば絵を書くために使う人もいると思います。使う用途によって、選び方も少し異なるという事を覚えておきましょう。

文字を書く用

授業で使うためのシャー芯は、文字を書く用のものを買ってみると良いかもしれません。もちろん、職場でシャープペンシルを使う時も文字を書く場合が多いと思います。大抵の場合、ノートやメモ帳に書き留める事が多いと多いと思うので引っかからないようなシャー芯を見つけてみましょう。

 

また、文字を書く時にどうしても力が入ってしまうという人は、強めのシャー芯を買ってみるのがおすすめです。あまりにも弱いシャー芯だと、文字を書いている間にぽきっと折れてしまいそれだけでもストレスが溜まります。

 

実際に長時間シャープペンシルを使っても疲れにくいようにデザインされたシャー芯もあるのでぜひチェックしてみてください。シャー芯によるストレスがないだけでも、勉強などのモチベーションが間違いなく上がります。

絵を書く用

もちろん、中には絵を書く用のシャー芯が買ってみたいという人もいると思います。絵を書く用のシャー芯も、手が疲れないようなシャー芯を買うようにこだわってみると良いかもしれません。シャー芯を使うと、一定の太さでしっかりラインが描けますよ。

 

また、絵を書く用のシャー芯を選ぶ時はラフに描けるようなシャー芯を買ってみるのが選ぶ時のポイントです。あまりにも芯の色が濃すぎるものだと、逆に使い勝手が悪くなってしまうので注意してみましょう。

 

もともとこだわっているという人も多くいると思います。いろんな種類のシャー芯を揃えておくだけでも、便利に感じるかもしれません。

シャー芯の特徴で選ぶ

それでは次に、各シャー芯の特徴についてざっくり紹介していきます。こちらのポイントが実は何よりも重要なので、適当にシャー芯を選ぶのではなくしっかり確認した上で買ってみてください。

太さ

まず、太さはとても大切ですよね。基本的に市販で買えるシャー芯は、0.3mm、0.5mm、そして0.7mmなどがあります。中でも0.5mmがちょう良く、人気が高いので比較的種類も多いかもしれません。学校や職場で使えるようなシャー芯を探している場合、0.5mmがおすすめです。

 

逆に、より細かく文字が書きたいという人は0.3mmのシャー芯を選んでみてください。例えば、手帳などに予定を書き込むときはなるべく小さく文字を書く事もあると思います。あまりにも文字が太いと、読みにくくなってしまいますよ。

 

より鉛筆に近い太さで文字が書いてみたいという人は、0.7mmが使いやすいと感じるかもしれません。中には、0.9mmなどより太いシャー芯もあるのでぜひ試してみてくださいね。いろんな太さのシャー芯を揃えて、使い分けをしてみるのもおすすめです。

濃さ(柔らかさ)

シャー芯を買う時、シャー芯の濃さも必ず心がけたいポイントになっています。文字を書く場合はそこまで気にならないかもしれませんが、絵を書くという人はシャー芯の濃さにこだわってみましょう。基本的には、4B・3B・2B・B・HB・F・H・2H・3H・4Hがあります。

 

よく使われているのが、HやHB、またBや2Bになります。どのくらい濃いシャー芯を買えば良いのか迷った時には、こちらの濃さを参考にしてみると良いかもしれませんよ。

 

逆に、一般的なシャー芯よりも薄いものや濃いものを揃えておくだけでもさまざまなシーンで大活躍してくれるかもしれません。シャー芯の濃さというのは、芯が柔らかさによって異なるという事も覚えておいてくださいね。

強さ

もう一つ、シャー芯の強さもチェックしておきたいポイントです。太さや濃さと違い、シャー芯の強さは数字で表す事ができないので注意しながら確認してみましょう。メーカーの中には、強度をよりアップする成分を配合している事がありますよ。

 

例えば、「ユニナノダイア」は超微粒子のダイアモンドで芯の強度を更にアップしています。気になるという人は、ランキングで詳しく紹介していくのでチェックしてみてください。

 

あまりにも強度がないものだと、文字や絵を書いている間にぽきっと折れてしまいます。そうならないためにも、口コミなどでどのくらいの強度があるのかチェックした上で買ってみてくださいね。後悔しないためにも、心がけたいポイントです。

メーカーで選ぶ

もう一つ、おすすめしたい選び方があります。それは、メーカーによって選ぶという方法です。もともと好きなメーカーがあるという人はそのメーカーのシャー芯を買ってみると良いかもしれません。一般的で人気の高いメーカーについて見ていきましょう。

ぺんてる

ぺんてるは、東京都中央区日本橋に本社を置く人気の高い文具メーカーです。シャーペンやシャー芯だけではなく、サインペン、ボールペン、消しゴム、修正テープなど必要不可欠な筆記用具を取り揃えています。古くから愛され続けられているメーカーなので、覚えておきましょう。

 

さまざまな大ヒット商品を生み出していますが、中でもシャープペンシルやシャー芯は注目を集めています。全体的にクオリティーが高く、使いやすいと口コミでも評判になってますよ。

 

 

三菱鉛筆

もう一つ、人気の高いメーカーと言えば三菱鉛筆が欠かせません。こちらのメーカーのシャー芯は、今まさに注目を集めているのでシャー芯を選ぶ際には候補に入れておくのがおすすめです。

 

さまざまな芯を販売していますが、ナノダイヤが配合されているというのが何よりも大きな魅力になっています。ナノダイヤはシャー芯の強度をより高めてくれるので、従来のシャー芯を比較しても使いやすいと言われているのです。

 

人気の高いシャー芯が買ってみたいという人は、ぜひ三菱鉛筆のシャー芯を買ってみてくださいね。

パイロット

最後に見ていきたいのが、パイロットです。日本の文房具メーカーと言えば、パイロットも人気が高いので買う際には覚えておくと安心です。ボールペンなどを中心にさまざまな筆記用具を取り揃えているこちらのブランドは、全体的に高く評価されています。

 

1918年に創業した以来、愛され続けられていますよ。革命とも言われたほど人気の高い、ドクターグリップのシャープペンシルやペンを生み出したのもパイロットです。

 

そんなパイロットのシャー芯は、高級感が溢れていて書きやすいと口コミも噂になっています。従来よりも強度がアップしているので、パイロットの最新のシャー芯をぜひ使ってみてくださいね。

カラーシャー芯もかわいい

シャー芯と言えば、黒をイメージする人も多くいると思いますがそれだけではありません。カラーシャー芯も人気があるので、覚えておくと良いでしょう。例えば、レッドやブルー、グリーンなどの色をしたカラーシャー芯は人気が高いです。

 

書いた文字がとてもカラフルなので、見た目がものすごくかわいいという魅力があります。いつもとは違ったシャー芯が使ってみたいという人や、個性を引き出してみたいという人はぜひカラーシャー芯を買ってみてくださいね。

シャー芯の人気ランキング10選

第10位

ゼブラ

ドラフィックス シャープ芯 B 0.5mm

価格:178円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑らかで書きやすい

ゼブラのドラフィックス シャープ芯 B 0.5mmは、ものすごく滑らかで書きやすいと噂になっているシャー芯です。取り出しやすさにこだわっているというのが魅力的だと言われてます。一本一本のシャー芯をぱっとケースから取り出して気軽に使えるのです。

 

また、他の芯と比較してみてもこちらの芯はくっきりしています。だからこそ、より滑らかだと感じる事ができるのかもしれません。

 

スピーディーに文字が書けるので、ぜひ使ってみてください。太さは0.5mmで、濃さはちょうど良いBですよ。学校や職場でも大活躍してくれる事でしょう。

太さ0.5mm濃さB
第9位

三菱鉛筆

uni カラーシャープ替芯 ミックス

価格:172円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いろんな色が入っていてかわいい

三菱鉛筆のuni カラーシャープ替芯 ミックスは、カラフルなシャー芯が欲しいという人におすすめです。いろんな色の芯が一つに入っているので、その日の気分によって色を変えながら文字が書けるようになっています。

 

ナノダイヤが配合されているので、カラーシャー芯ではありますが強度も高いです。手帳やノートも、一気に華やかになるかもしれません。また、黒い芯と同じように消しゴムを使って消す事ができますよ。

 

間違えても大丈夫だというのは、やはり魅力的ですよね。気軽に使えるような、カラーシャー芯です。

太さ0.5mm濃さ
第8位

ステッドラー

マルス マイクロカーボン B 0.3mm 12セット

価格:3,624円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感が溢れている

より高級感の溢れたシャー芯が欲しいという人は、ぜひステッドラーのマルス マイクロカーボン B 0.3mmを買ってみてください。通常、シャー芯は一つに20本から40本入っているのが一般的ですがこちらのシャー芯は12本しか入っていないのです。

 

厳選された天然素材を使っているというのが魅力的なポイントです。折れにくく、色もしっかりと髪に密着してくれるのでものすごく使いやすいです。おしゃれ感がたっぷりなケースに入っているので職場でも大活躍してくれるでしょう。

 

まさに、大人にはぴったりなシャー芯かもしれません。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

太さ0.3濃さHB
第7位

トンボ鉛筆

MONO WX 0.5 2H

価格:216円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まとめ出しができて便利

トンボ鉛筆のMONO WX 0.5 2Hも、おしゃれな雰囲気が漂うおすすめのシャー芯になっています。ワンタッチでオープンする構造になっているので取り出しが便利で、使い勝手も抜群です。一本だしはもちろん、まとめ出しもできますよ。

 

力を入れて書いても、折れないという魅力があります。硬さが程よいので、さっと文字が書けますよ。

 

こちらのシャー芯は太さが0.5mmで濃さが2Hになっています。しっかり文字が書いてみたいという人は、ぜひ使ってみてくださいね。

太さ0.5mm濃さ2H
第6位

ぺんてる

ハイポリマーアイン 0.5mm HB

価格:313円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番で人気が高い

それでは次に、ぺんてるの人気シャー芯を見ていきましょう。ハイポリマーアイン 0.5mm HBは定番で使いやすいと言われているシャー芯なので、買ってみると良いかもしれません。太さは0.5mmで濃さがHBになっているためさまざまなシーンで大活躍してくれます。

 

ものすごく滑らかで、紙などにも引っかかる事なくしっかり文字が書けます。他にもさまざまな濃さが揃っているので、気になるという人はぜひチェックしてみてくださいね。

太さ0.5mm濃さHB
第5位

コクヨ

キャンパス シャープ替芯 1.3mm 2B

価格:128円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

太い芯が欲しい人にぴったり

コクヨのキャンパス シャープ替芯 1.3mm 2Bは、なるべく低価格なシャー芯が欲しいという人にもぴったりかもしれません。まるで鉛筆のような書き心地になっていて、珍しい1.3mmのシャー芯になっています。濃さは2Bです。

 

太いからこそ折れにくく、ちょっとした時にも使えます。しっかり文字が書きたいという時や、太いシャー芯を使って絵が描きたいという時にもぴったりかもしれません。全体的に使い勝手が良く評判になっているのでおすすめです。

太さ1.3mm濃さ2B
第4位

三菱鉛筆

ハイユニ 0.3m B

価格:214円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

絵を描くのにぴったり

もう一つ、三菱鉛筆からおすすめしたいのがハイユニ 0.3m Bです。細いシャー芯を使ってしっかり絵が描いてみたいという人は、ぜひこちらのシャー芯を使ってみてください。一つ一つの線がきしむ事なく滑らかに描けると評判になっています。

 

なるべくスムーズに使ってみたいという人にはイチ押しのシャー芯です。滑らかさに優れていて、一度使い始めたら手放せなくなるという人も実はかなり多いですよ。

太さ0.3mm濃さB
第3位

ぺんてる

アイン シュタイン 3個パック

価格:200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折れにくいシャー芯

今まさに注目を集めているシャー芯と言えば、ぺんてるのアイン シュタイン 3個パックが欠かせません。こちらのシリーズは学生から社会人まで人気があるのでシャー芯を選ぶ際には必ず頭の中に入れておきましょう。芯がとにかく強く、力を入れても折れないと言われています。

 

芯の内部に強化シリカによるフレームが確立されている、より強度な芯が実現できています。最新のテクノロジーがしっかり詰まっているので、満足度も高いでしょう。

 

綺麗に文字が書いてみたいという人は、ぜひこちらのシャー芯を使ってみてくださいね。

太さ0.5mm濃さHB
第2位

パイロット

ネオックス・グラファイト 0.5mm B 10セット

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔らかくて書き心地が良い

パイロットのネオックス・グラファイト 0.5mm B 10セットは、芯が柔らかいので書き心地が良いと言われているシャー芯です。また、コスパが良いので毎日学校で使うためのシャー芯としても大活躍してくれるでしょう。

 

高純度のグラファイトが配合されているからこそ、より滑らかな描き心地が実現できているそうです。見た目も高級感が溢れていておしゃれなので、注目されていますよ。

 

いろんな濃さがあるので、自分にぴったりな濃さのシャー芯を選んでみてくださいね。パッケージのカラーバリエーションも豊かなので、揃えてみても楽しいかもしれません。

太さ0.5mm濃さB
第1位

三菱鉛筆

ユニ0.3-202ND 2B

価格:130円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手が疲れにくいと噂のシャー芯

三菱鉛筆のユニ0.3-202ND 2Bも、注目度が高いので気になるという人は見てみると良いかもしれません。手が疲れにくいと噂になっているシャー芯なので、選ぶ際には候補に入れておきましょう。2段階スライド式キャップなので取り出しも便利です。

 

力を入れたなくてもすっと書けるので、手が疲れないそうです。また、軽やかだからこそ間違いを消しゴムで消しても跡になりにくいのです。だからこそ、全体的に使い勝手が良いと噂になっています。

 

0.3mmで2Bになっているので、この太さと濃さが欲しいという人はぜひこちらのシャー芯を買ってみてくださいね。もちろん、他にもバリエーションはあるので自分にぴったりなシャー芯を選ぶようにしてみてください。

太さ0.3mm濃さ2B

シャー芯のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5107693の画像

    三菱鉛筆

  • 2
    アイテムID:5107662の画像

    パイロット

  • 3
    アイテムID:5107640の画像

    ぺんてる

  • 4
    アイテムID:5107628の画像

    三菱鉛筆

  • 5
    アイテムID:5107678の画像

    コクヨ

  • 6
    アイテムID:5107699の画像

    ぺんてる

  • 7
    アイテムID:5107666の画像

    トンボ鉛筆

  • 8
    アイテムID:5107647の画像

    ステッドラー

  • 9
    アイテムID:5107633の画像

    三菱鉛筆

  • 10
    アイテムID:5107612の画像

    ゼブラ

  • 商品名
  • ユニ0.3-202ND 2B
  • ネオックス・グラファイト 0.5mm B 10セット
  • アイン シュタイン 3個パック
  • ハイユニ 0.3m B
  • キャンパス シャープ替芯 1.3mm 2B
  • ハイポリマーアイン 0.5mm HB
  • MONO WX 0.5 2H
  • マルス マイクロカーボン B 0.3mm 12セット
  • uni カラーシャープ替芯 ミックス
  • ドラフィックス シャープ芯 B 0.5mm
  • 特徴
  • 手が疲れにくいと噂のシャー芯
  • 柔らかくて書き心地が良い
  • 折れにくいシャー芯
  • 絵を描くのにぴったり
  • 太い芯が欲しい人にぴったり
  • 定番で人気が高い
  • まとめ出しができて便利
  • 高級感が溢れている
  • いろんな色が入っていてかわいい
  • 滑らかで書きやすい
  • 価格
  • 130円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 200円(税込)
  • 214円(税込)
  • 128円(税込)
  • 313円(税込)
  • 216円(税込)
  • 3624円(税込)
  • 172円(税込)
  • 178円(税込)
  • 太さ
  • 0.3mm
  • 0.5mm
  • 0.5mm
  • 0.3mm
  • 1.3mm
  • 0.5mm
  • 0.5mm
  • 0.3
  • 0.5mm
  • 0.5mm
  • 濃さ
  • 2B
  • B
  • HB
  • B
  • 2B
  • HB
  • 2H
  • HB
  • B

シャー芯に寿命ってあるの?

シャー芯をよく使うという人は、シャー芯の寿命について気になる人もいるかもしれません。10年前に買ったシャー芯を使うべきなのかどうか迷う事もあると思いますが、基本的には使えます。シャー芯は黒鉛と樹脂から出てきているので日が経っても劣化しません。

 

ですが、シャー芯はどんどんと進化しているのであまりにも古いシャー芯だと逆に使いにくいと感じる事があると思います。最近のシャー芯は、折れにくく作られていたりより滑らかに描けるようにデザインされているものも多いですよ。

まとめ

今回のランキングで紹介したシャー芯は、人気の高いものばかりです。新しくシャー芯を買う予定があるという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。シャー芯にこだわって、いつも以上により書きやすさを重視してみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ