記事ID139279のサムネイル画像

    【2019年最新版】壁面収納のおすすめ人気商品ランキング10選

    現在販売されている壁面収納は、ニトリや無印などの、比較的購入しやすいメーカーから色々なものが選べます。また、おしゃれで手軽にリメイクできる壁面収納もあるので、この機会にお部屋に合ったものを選びましょう。今回は、おすすめの壁面収納をご紹介します。

    壁面収納を使うことで、よりスマートに片付きます。

    多くの方は、ボックスタイプや、スライドタイプなどの、収納アイテムを用いることが多いかともいます。ただ、こういったものでは、きちんと設置できるスペースを確保しておかないと、上手く片付けることができないことがありますよね。

    そこで今回は、おすすめの壁面収納をご紹介します。壁面収納を用いることで、サッと収納でき、お部屋を広々と使うことができます。今では、かなりおしゃれなものから、実用性に優れたタイプなど、色々なスタイルの商品があるので、チェックしてみましょう。

    壁面収納の選び方

    壁に収納アイテムを取り付けると、今まで以上にお部屋を広々と使うことができます。なので、お部屋を有意義に使うためにも、この機会に使ってみましょう。

    タイプで選ぶ

    開いたスペースや、設置場所を利用するためにも、あらかじめどのタイプであれば問題なく設置できるかを、決める必要があります。

    突っ張り式タイプを選ぶ

    最もオーソドックスなタイプが、この突っ張りタイプになります。手軽に設置することができるので、初心者の方にもおすすめです。また、天井と床の間で棚を支えて使用するので、安全性が高いメリットがあります。

     

    このタイプであれば、設置する場所を選ばないので、限られた設置場所であっても、手軽に設置できる便利さがあります。壁などに傷を付けることもないので、壁も綺麗に保てます。

    上置きタイプを選ぶ

    上向きタイプは、家具の上にスペースが空いている場合に、便利なタイプとなります。戸棚や家具の上にスペースが余っていても、これなら限られたスペースに設置できるので、より見栄えも良くできます。

     

    無駄な隙間を残さないので、手軽にお部屋をリメイクできるメリットがあります。また、このタイプのものは、あらかじめ持っている家具に追加するだけで良いので、手軽に取り入れやすでしょう。中には、突っ張り式を採用した商品もあるので、安全性も確保できます。

    取り付けタイプを選ぶ

    しっかりと固定したいのであれば、この取り付けタイプが最適です。突っ張りタイプや上置きタイプとは違って、そのまま直接壁に取り付けます。支柱など要らず、床から浮かせた位置にも、設置することができます。

     

    突っ張りタイプなどでは支柱が邪魔で設置できなくても、これなら自由に取り付けれるので、自分の理想のスタイルで使用できます。ただし、壁を傷つけることになったり、あまりに重たいものを乗せると、落ちることがあるので注意しましょう。

    テレビ台を選ぶ

    映画や番組などを楽しむ際に利用するテレビですが、せっかくならテレビ台としても使いながら、手軽に収納したいですよね。中には、テレビ台としても、収納としても使用できる商品があるので、チェックしてみましょう。

     

    バラバラの家具を置くよりも、壁面を利用した収納家具を置くことで、スッキリとした空間へと導けます。

    スペックで選ぶ

    スペックは設置する際に、最も重要な部分になります。なので、曖昧にせずに、時前にきちんと把握しておきましょう。

    奥行き・高さで選ぶ

    薄型の家具は圧迫感を与えないので、よりお部屋を広々と見せることができます。ただし、幅がない分、高さや重量があると、安定感が損なわれるので注意しましょう。また、収納できるもののサイズも限られるので、時前に収納したいものを決めておく必要があります。

     

    さらに、高さのあるものであれば、たっぷりと収納することができます。ただし、天井ぎリギリに設けてしまうと、出し入れがしづらいので注意しましょう。

    サイズで選ぶ

    当然商品によって、それぞれ大きさが違っています。よって、収納できるものの量も変わってくるので、あらかじめ収納したいものを決めておきましょう。

     

    また、あまりに大きすぎると、設置スペースに入らないケースがあります。問題なく設置するためにも、しっかりと寸法を測っておきましょう。大体+2~5cm程度ゆとりを持って測っておくことで、安心して設置できます。

    重さで選ぶ

    大きさが大きくなるにつれて、重量も重くなってしまいます。使う分には問題ありませんが、設置の際に上手く取り付けれない場合があるので、注意しましょう。

     

    特に女性の場合は、一人ではなかなか設置できないことがあります。なので、業者を頼んだり、家族などに手伝ってもらえるかも、かなり重要となってきます。あらかじめ重さを把握しておくと、より設置しやすくなるので、チェックしておきましょう。

    耐荷重で選ぶ

    耐荷重とは、どの程度の重さであれば、耐えることができるのかを、示した値になります。これを元にしながら、選ぶことは特に重要です。

     

    あまりに重たいものを乗せてしまうと、落下して危険が増してしまいます。なので、しっかりと時前に確認して、安全に収納できるものを探しましょう。大体、記載されている値よりも、+5~10kg程度ゆとりを持って選びましょう。

    安全性・組み立て方法で選ぶ

    近年急な災害が多いので、特に安全性は重視しておくべきポイントです。また、1人で組み立てれないことを想定して、手伝ってもらえる人を探しておきましょう。

    安全性で選ぶ

    隙間空間を収納スペースにできる便利なアイテムの、壁面収納家具ですが、注意しなければなりません。特に高さのあるものは、安定感が損なわれやすいので、特に注意が必要になります。

     

    現在販売されている突っ張りタイプなどは、かなり安全性が高いものが多くなっています。ただし、万が一の際のために、災害時に備えた対策を行いましょう。

    組み立て方法で選ぶ

    多くの商品が、自分で組み立てる必要があります。中には完成品のものもありますが、大半は組み立てる必要があるので、自分で組み立てれるのかを、時前にしっかりと考えておきましょう。

     

    もし1人で組立できない場合は、なるべく軽量で高さのないものにしたり、手伝ってもらえる人を探しておく必要があります。

    メーカーで選ぶ

    以下の3つのメーカーは、多くの日用品を取り扱っています。なので、選びやすいので、初めて購入する際は、まずはこの3つのメーカーのものから使ってみましょう。

    ニトリを選ぶ

    ニトリは、色々なアイテムを取り扱っていて、選びやすい特徴があります。また、材質にもこだわっていて、安全に使用できる商品が多く揃っています。見た目もシンプルなので、上手くお部屋をリメイクできない方にもピッタリのメーカーです。

     

    さらに、各都道府県に多数の店舗があるので、直接購入しに行ける便利さがあります。もちろん、通販でも購入することは可能です。まずは、実店舗に行ってものを確認してから、後で案を絞って通販で購入することもできてとても便利です。

    無印を選ぶ

    無印と聞くと、食品や化粧品などの、商品を思い浮かべる方が多いかと思います。実は、収納ボックスや、机・椅子などの家具も扱っていて、色々な商品が揃うメーカーとなっています。使いやすさを元に作られていて、シンプルな構造のものが多くなっています。

     

    また、お値段も比較的リーズナブルなので、お求めやすいでしょう。実店舗も色々な場所にあるので、直接行って実物を見てから、購入することも可能です。

    ikeaを選ぶ

    主に家具を取り扱っているのが、ikeaになります。このメーカーの最大のメリットは、安さです。しっかりとした作りで、高品質ながら、手軽な価格で購入することができます。色々なスタイルの商品を扱っています。

     

    また、お部屋の雰囲気に合った商品も多数あり、しっかりとお部屋にマッチさせることができます。おしゃれなものをお探しの場合や、コストをできるだけ抑えたいようであれば、ikea製品が最もおすすめです。

    素材で選ぶ

    素材によって見た目や、利便性も違ってきます。設置のしやすさにも差があるので、使いやすく、お部屋に沿って選びましょう。

    ガラス製を選ぶ

    耐久性を重視したい場合は、ガラス製のものがおすすめです。誤って上にものを落としてしまっても、すぐに割れることはありません。

     

    また、程良い重量感があるので、しっかりと安定して使うことができます。木製とは違い、シンプルなものが多いので、色々なテイストのお部屋に合わせやすいでしょう。ただし、重量があるので、移動がしにくいデメリットがあります。

    木製を選ぶ

    見た目も美しい木製は、色々な収納アイテムに採用されている素材でもあります。木独特の温かさをお部屋に取り入れれるので、色々なスタイルのお部屋に馴染みます。

     

    また、それぞれ木のデザインが異なるものも多く、自分だけのものを持てる利点があります。ただし、塗装が剥げやすいものなどもあるので、ロコミもチェックしましょう。

    価格・デザインで選ぶ

    長く安全に使うためには実は、価格も関わってきます。また、お部屋に合ったデザインのものを選び、手軽にリメイクしましょう。

    価格で選ぶ

    商品の価格は、品質にも影響していることがあります。あまりに安いと、塗装が剥がれやすかったり、ボロボロになりやすかったりします。

     

    せっかく気に入って購入しても、すぐに買い替える必要が出てくるので、お値段にも注目してみましょう。そうすることで、長く綺麗に使えます。

    デザインで選ぶ

    収納のデザインは、かなり大切なポイントになります。カラーによっては、圧迫感を与えてしまいます。よって、お部屋が狭く感じたり、窮屈さが出ることがあるので、お部屋に合ったものを選びましょう。

     

    例えば、お部屋にホワイトカラーが多い場合は、ホワイトを取り入れると良いでしょう。温かみを与えたい場合は、木製のものが最適です。

    壁面収納の人気ランキング10選

    第10位

    SH-yijia

    ディスプレイスタンド

    価格:10,866円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    室外でも使えて、色々な用途で活躍します。

    高温塗料を行っているので、塗装が剥がれにくく、綺麗に長く使用できます。安定性も抜群なので、安心して使えます。高い耐荷重を持ち、ちょっとした小物の収納にも最適です。おしゃれなデザインで、レトロ風のお部屋に導きます。

     

    さらに、衣類のディスプレイから、シューズラック・バッグラック・本棚など、非常に実用性に優れています。

     

    自分で自由に収納するものを選べるので、使いやすくおすすめです。取り付けタイプなので、空いたスペースに設置できて、場所を無駄にしません。もちろん、室内だけでなく、室外などに設置して、ガーデニングの収納スペースとしても使えます。

    サイズ60×60cm重さ4.54kg
    耐荷重-カラー1カラー
    素材
    第9位

    山惣工業

    ほこりの入りにくい引戸タイプ コレクションケース

    価格:59,400円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    厚さをそれぞれ変えたりと、こだわっています。

    扉と本体の隙間が少なく、ほこりの入りにくいので、いつでも綺麗に保管できます。もちろん、コレクションケース以外にも、ちょっとした収納にも、お使いいただけます。自分のスタイルで活用でき、見た目も楽しめます。

     

    ガラス製なので、中が見えやすく、収納したものを一目で判断できます。引戸タイプで、出し入れも簡単に行えます。

     

    インテリアとしてもおしゃれといった、ロコミが挙がっていました。1.5cmピッチで、自由に調節することができます。材質にもこだわっていて、棚板は5mm強化ガラスを使用し、ガラス戸は3mm強化ガラスを使用しています。

    サイズ90×39×80cm重さ-
    耐荷重-カラー1カラー
    素材強化ガラス
    第8位

    J-Supply

    テレビ台 TCP356-WH

    価格:21,980円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    スムーズに出し入れできて、開放感があります。

    スタイリッシュなデザインが魅力で、大きめのテレビ台にもタイプします。使うお部屋を選ばないシンプルなデザインで、テレビ周りを綺麗に整理できます。

     

    また、左右の収納部前面には、CD・DVDなどを収納できる、フラップ扉が付きます。おしゃれに収納できるので、来客があっても、安心して過ごせます。センター収納部奥には、ケーブルなどを通すのに便利な、サービスホールが備わっています。

     

    かなり良いといった、ロコミが挙がっていました。テレビ台の部分が、かなり広く設計しているので、テレビを設置しても、バランスが崩れません。見栄えも良く、スマートに引き出せるので、ストレスフリーです。

    サイズ150×36×115cm重さ-
    耐荷重-カラー1カラー
    素材プリント化粧合板
    第7位

    JKプラン

    壁面収納 YHK-0215-DB

    価格:7,020円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    自由に細かい調節ができます。

    棚板を1cm間隔で調整しながら、使うことができます。もちろん、本だけでなく、ディスプレイラックとして使えるので、とても万能でおすすめです。お部屋に合わせて選べる60幅・90幅と、異なるサイズのものがあります。

     

    また、大容量の文庫本ラックとしても使えて、本の収納にピッタリです。本棚の上のデットスペースも有効活用できて、さらに上置きを積み重ねれば、収納量や安定性がさらに増します。

     

    作りがしっかりしているといった、ロコミが挙がっていました。天井の高さによって、突っ張りの高さを調節できます。なので、どんな場所に設置しても、安心して使えます。本体と上置きは連結金具で連結できます。

    サイズ60×16×37.5~66.5cm重さ7.8kg
    耐荷重5kgカラー3カラー
    素材プリント紙化粧繊維板
    第6位

    白井産業

    オープンラック LVA-2480DDK

    価格:27,349円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    A4サイズのものでも、スムーズに収納可能です。

    日本製で、高品質な壁面収納です。カジュアルさを追求した作りで、スリムなオープンラックに仕上げています。シンプルモダンなスタイルに、スリムタイプを採用して、設置しやすいようになっています。

     

    さらに、オープンタイプの棚は、A4ファイルがスッキリと収納できるので、大切な書類も折らず収納できます。背面は、配線が通れるよう考慮されてるので、ケーブルなども手軽に設置できるので、色々な使い方が行えます。

     

    シンプルさが良いといった、ロコミが挙がっていました。左右に分かれた突っ張り板は、設置時の作業時を考慮しています。

    サイズ80×31.3×238~248cm 重さ40.8kg
    耐荷重15kgカラー3カラー
    素材プリント紙化粧繊維板
    第5位

    白井産業

    上置き収納  POR-5512DUWH

    価格:24,840円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ゆっくりと閉まるので、指をつめたりなどのリスクがありません。

    高級感と機能を兼ね揃えた、おしゃれな壁面収納となっています。高品質で定評のある白井産業から、安心の日本製の商品が誕生しました。


    ハイグレードな収納機能を持ち、豊富なバリエーションで、様々な組み合わせで使うことができます。扉付きキャビネットの上置きタイプで、外から収納したものが見えないので、プライバシー保護にも繋がります。

     

    イメージ通りの商品といった、ロコミが挙がっていました。4枚の扉には、耐震ラッチを装備しています。なので、地震などの振動で扉が開くのを防ぎ、安全性にもこだわっています。扉がゆっくり静かに閉まるダンパー機能を搭載しています。

    サイズ120×41.6×55~65cm重さ24.7kg
    耐荷重10kgカラー3カラー
    素材プリント紙化粧繊維板
    第4位

    山善

    テレビ台 CTVR-1312

    価格:13,668円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    無駄になるテレビ回りも、これなら収納に使えます。

    テレビ台としても使えるので、リビングへの設置に最適です。空きやすいテレビ周辺のスペースを、有効的に使用することができます。上や横にも収納スペースが作れるので、見せたくない小物なども、スムーズに収納できます。

     

    さらに、多彩な収納スペースがあるので、用途に合わせた収納が可能です。奥行が29cmもあり、大容量タイプとなっています。商品自体は、スリム設計となっているので、設置しても窮屈さを与えません。

     

    スペースが収納できて便利といった、ロコミが挙がっていました。お部屋に馴染むデザインで、違和感がなく、楽しくテレビも楽しめます。

    サイズ120×29×130.5cm重さ27.5kg
    耐荷重30kgカラー1カラー
    素材プリント紙化粧繊維板
    第3位

    アイリスオーヤマ

    ウッドウォール WLR-T66

    価格:8,971円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    見栄えも良く、綺麗に整理できます。

    お部屋の空間を利用して、手軽に設置できます。壁にも設置でき、リビング・寝室・玄関など場所を選ばず使用できます。棚板とフックを活用して、見せる収納としてもおしゃれで、おすすめの壁面収納です。

     

    また、突っ張り式を採用しているので、女性でも簡単に取り付けできます。使い方も様々で、衣類収納からディスプレイまで、空いたスペースを有効活用できます。4個付のS字フックを配置すれば、帽子やバッグの置き場所にも早変わりします。

     

    組み立てがしやすいといった、ロコミが挙がっていました。ぐらつき防止のアジャスター付きで、安全性も高くなっています。

    サイズ68.1×19.2×201.4~266.5cm重さ11.6kg
    耐荷重15kgカラー2カラー
    素材スチール・プリント紙化粧パーティクルボード
    第2位

    VEGA CORPORATION

    LOWYA 本棚

    価格:8,990円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    見た目も良く、綺麗に陳列できます。

    本好きにはたまらない、壁面収納となっています。斜めの仕切りが付いているので、使いやすさも抜群となっています。

     

    さらに、この商品は、漫画好きなデザイナーが考えて、自信の経験も踏まえて作れています。なので、収納しやすく、高い機能性とデザインを追求して完成させています。文庫版や完成版まで、サイズが異なるものもピッタリと入ります。

     

    綺麗に収納できて気持ちが良いといった、ロコミが挙がっていました。無駄なスペースを使わず美しく陳列できるので、見た目からも楽しめます。出し入れも簡単で使いやすいので、ストレスなくいつでも活用できます。

    サイズ90x18x121cm重さ26.5kg
    耐荷重10kgカラー3カラー
    素材プリント紙化粧繊維板
    第1位

    山善

    突っ張りフリーラック STR-608

    価格:11,168円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    耐久性もあり、圧迫感を与えません。

    突っぱり金具で固定できるので、しっかりと安全対策が行えます。ワンカラーで統一されているので、シンプルでどんなスタイルのお部屋にも、しっかりと馴染みます。長さが自由に調節できるので、かなり便利です。

     

    また、棚位置をお好みで選択できるので、ものに合わせて適切なサイズで使えます。脚部はアジャスター式で、壁面を無駄なく使用できるため、お部屋を広々使えておすすめです。圧迫感もないので、快適な空間へと導きます。

     

    お部屋が片付くといった、ロコミが挙がっていました。棚板は1枚あたり耐荷重10kgなので、重たいものにも対応します。

    サイズ63×25×209~282cm重さ13kg
    耐荷重10kgカラー2カラー
    素材スチール

    壁面収納のおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5107119の画像

      山善

    • 2
      アイテムID:5107123の画像

      VEGA CORPORATION

    • 3
      アイテムID:5107125の画像

      アイリスオーヤマ

    • 4
      アイテムID:5107128の画像

      山善

    • 5
      アイテムID:5107140の画像

      白井産業

    • 6
      アイテムID:5107145の画像

      白井産業

    • 7
      アイテムID:5107147の画像

      JKプラン

    • 8
      アイテムID:5107149の画像

      J-Supply

    • 9
      アイテムID:5107150の画像

      山惣工業

    • 10
      アイテムID:5107154の画像

      SH-yijia

    • 商品名
    • 突っ張りフリーラック STR-608
    • LOWYA 本棚
    • ウッドウォール WLR-T66
    • テレビ台 CTVR-1312
    • 上置き収納  POR-5512DUWH
    • オープンラック LVA-2480DDK
    • 壁面収納 YHK-0215-DB
    • テレビ台 TCP356-WH
    • ほこりの入りにくい引戸タイプ コレクションケース
    • ディスプレイスタンド
    • 特徴
    • 耐久性もあり、圧迫感を与えません。
    • 見た目も良く、綺麗に陳列できます。
    • 見栄えも良く、綺麗に整理できます。
    • 無駄になるテレビ回りも、これなら収納に使えます。
    • ゆっくりと閉まるので、指をつめたりなどのリスクがありません。
    • A4サイズのものでも、スムーズに収納可能です。
    • 自由に細かい調節ができます。
    • スムーズに出し入れできて、開放感があります。
    • 厚さをそれぞれ変えたりと、こだわっています。
    • 室外でも使えて、色々な用途で活躍します。
    • 価格
    • 11168円(税込)
    • 8990円(税込)
    • 8971円(税込)
    • 13668円(税込)
    • 24840円(税込)
    • 27349円(税込)
    • 7020円(税込)
    • 21980円(税込)
    • 59400円(税込)
    • 10866円(税込)
    • サイズ
    • 63×25×209~282cm
    • 90x18x121cm
    • 68.1×19.2×201.4~266.5cm
    • 120×29×130.5cm
    • 120×41.6×55~65cm
    • 80×31.3×238~248cm
    • 60×16×37.5~66.5cm
    • 150×36×115cm
    • 90×39×80cm
    • 60×60cm
    • 重さ
    • 13kg
    • 26.5kg
    • 11.6kg
    • 27.5kg
    • 24.7kg
    • 40.8kg
    • 7.8kg
    • -
    • -
    • 4.54kg
    • 耐荷重
    • 10kg
    • 10kg
    • 15kg
    • 30kg
    • 10kg
    • 15kg
    • 5kg
    • -
    • -
    • -
    • カラー
    • 2カラー
    • 3カラー
    • 2カラー
    • 1カラー
    • 3カラー
    • 3カラー
    • 3カラー
    • 1カラー
    • 1カラー
    • 1カラー
    • 素材
    • スチール
    • プリント紙化粧繊維板
    • スチール・プリント紙化粧パーティクルボード
    • プリント紙化粧繊維板
    • プリント紙化粧繊維板
    • プリント紙化粧繊維板
    • プリント紙化粧繊維板
    • プリント化粧合板
    • 強化ガラス

    安全性が最も大切です。

    ものによっては、かなり高さがあるものがあります。なので、きちんと安全対策の有無は重要です。近年、突然地震が起きたり、台風などの被害を受けています。

     

    その際に転倒してしまうと、死因でも一番多い、窒息死を招いてしまいます。なので、地震対策用のチェーンや、アイテムを用いて、しっかりと対策を行いましょう。

    まとめ

    今回は、おすすめの壁面収納をご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。色々なスタイルの商品があるので、まずは設置場所を決めて、それに合ったサイズのものを選びましょう。また、お部屋をもっと明るくしたい場合は、カラーにも注目です。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ