記事ID139278のサムネイル画像

【体調管理に便利】温湿度計のおすすめ人気商品ランキング10選

温湿度計を使うことで、正確に湿度を保つことができます。なので、赤ちゃんがいるご家庭にもピタッリで、ニトリなどの近くのお店でも購入できるので、この機会に使ってみましょう。今回は、おすすめの温湿度計をご紹介します。これから温湿度計を活用しましょう。

温湿度計で快適な環境を

皆さんは普段、温湿度計を使っていますか。温湿度計とは、湿度を正確に測ることができるアイテムになります。また、空いたスペースに設置するだけで、手軽に使えるメリットがあります。小さなお子さんがいるご家庭でも、これがあると、より良い環境を保てます。

そこで今回は、おすすめの温湿度計をご紹介します。近くのお店でも手軽に手に入るので、この機会に使ってみましょう。また、デザインもそれぞれ色々なものがあります。お部屋に合ったおしゃれなものを購入して、使ってみてはいかがでしょうか。

温湿度計の選び方

手軽に手に入る温湿度計ですが、どういった項目に注目しながら選ぶといいのでしょうか。そんなお悩みを持っているかたは、是非この記事を参考に選んでみてください。

タイプで選ぶ

主に2タイプのものが多く販売されています。なので、自分が使いやすい方を選択して、手軽に使えるようにしましょう。

デジタル式を選ぶ

デジタル式とは、数字で時刻を表記します。なので、数値が見やすいメリットがあります。また、快適度・環境レベル表示などの機能など、機能性が非常に充実している特徴があります。

 

色々な機能が搭載されたものをお探しの方は、このデジタル式を使ってみましょう。高齢者や、赤ちゃんのいるご家庭にもピッタリで、徹底的に環境を整えることができます。

アナログ式を選ぶ

アナログ式は、時間を間隔で把握しやすくなっています。時刻の間隔が分かりやすいので、5分先・10分先の時刻が、計算しやすくなります。

 

ただし、デジタル式に比べて、数値が確認しづらいデメリットがあるので注意しましょう。とはいっても、デザイン性に優れたものなど、お部屋にマッチするものが多いです。なので、おしゃれなものをお探しの場合や、手軽さを優先したい場合は、アナログ式が最適です。

スペックで選ぶ

正しくより良い環境に導くためには、やはり正確さが重要になります。なので、しっかりと正しく計測できるかを確認しておきましょう。また、正確に計測するには、設置場所も重要です。

正確なものを選ぶ

商品によって、かなり誤差が出るものがあります。なので、きちんとロコミなども参考にしながら、選ぶようにしましょう。大体、±5%以下に抑えれるものが、最適となっています。より正確さを重視したい場合は、±1%まで抑えられるものが良いでしょう。

 

ただし、正確さを重視してしまうと、お値段が高くなるので要注意です。もし心配な場合は、有名なメーカーのものを使うことで、正確に計測できるので、メーカーにもこだわってみましょう。

設置方法で選ぶ

温湿度計の設置方は、いくつか種類があります。一番一般的なのが、スタンドタイプです。他にも、マグネットタイプや、壁掛けタイプなど、色々な設置方法ができるものがあります。ただし、正確に計測するには、きちんと設置場所を決めて、設置する必要があります。

 

温湿度計の値は、近くの空気から読み取ります。そのため、直射日光の当たる場所や、直接冷暖房の風が当たる場所などは、正確に読み取れなくなるので注意しましょう。大体、高さ1.5mほどの位置がベストとなっています。

価格・デザインで選ぶ

価格と同じスペックの商品もあるので、ロコミも必見です。また、お部屋に合ったデザインのものを置くと、違和感が出ません。

価格で選ぶ

メーカーや機能性によって、お値段がそれぞれ異なってきます。なので、しっかりと予算も考えながら、選ぶようにしましょう。あまりにも安いものは、誤差が激しかったり、すぐに壊れてしまうものがあります。

 

そうなると、せっかく購入しても、再度購入し直す必要があります。よって、さらにコストがかかってしまうので、少し値が張っても正確に計れて、長く使えるものを選ぶことが大切です。

デザインで選ぶ

お部屋に置くアイテムは、ものによっては違和感を与えてしまうことがあります。温湿度計に関しては、それほど派手なデザインのものは多くないので、比較的設置しやすくなっています。ただし、中にはお部屋に馴染まないものがあります。

 

せっかく購入するのであれば、お部屋に合ったものを選びましょう。そうすることで、自然と馴染み手軽に使うことができます。おしゃれな商品も多くなっているので、自分好みのものを選んでみましょう。

メーカーで選ぶ

温湿度計を選ぶ際には、メーカーに絞って選ぶことも大切です。メーカーならではの機能が搭載されているものもあるので、注目してみましょう。

ニトリを選ぶ

ニトリは、お馴染みの方も多いかと思います。現在国内でも、多数の店舗があり色々な日用品を扱っています。また、シンプルなデザインのものが多いので、設置しやすいメリットがあります。

 

現在では、通販でも購入することができるので、一度チェックしてみましょう。また、アフターサービスも充実していたりと、色々なサービスも提供しています。

無印を選ぶ

無印とは、生活用品を多数取り扱っているメーカーになります。色々なニーズに答えて、使いやすさに着目し、消費者の声を取り入れながら開発・販売を行っています。また、ワンカラーなど比較的シンプルなデザインの商品を取り扱っています。

 

なので、色々なテイストのお部屋にも合わせやすいので、お部屋のコーディネートが苦手な場合は、無印のものを使ってみましょう。通販でも手軽に手に入るので、買いに行く手間も省けます。

タニタを選ぶ

タニタとは、主に健康アイテムを製造・販売しているメーカーになります。人の健康を主に考えた商品が多く、温湿度計に関しても、高い評価を得ています。

 

また、正確さも兼ね揃えているので、正確なものをお探しの場合は、まずはタニタのものを使ってみましょう。特に赤ちゃんや高齢者など、しっかりと管理する必要があるご家庭には、このタニタの商品が最適です。

エンペックスを選ぶ

エンペックスとは、1973年に創業していて、家庭用温度計や湿度計などを取り扱っているメーカーになります。主にアナログ式の商品を取り扱っているので、アナログ式の商品をお探しの方にピッタリです。

 

さらに、海外製品に関しても、日本国内の工場で、徹底的に検査を行っていたりと、きちんと管理をして販売しています。なので、信頼性も高く、高品質なものが手に入ります。

プラスの機能で選ぶ

温湿度計には、商品によって、それぞれ機能性が異なります。基本的な温度・湿度の計測の他にも、様々な機能が搭載されている便利なものもあるので、チェックしておきましょう。特にプラスの機能で重要なのが、環境レベル表示です。

 

お部屋が乾燥しているかや、時にインフルエンザなどのや注意喚起などをしてくれるものもあります。こういった機能があると、赤ちゃんや高齢者などがいても、徹底的に環境を管理できるので、きちんとどういった機能があるのかを確かめておきましょう。

温湿度計の人気ランキング10選

第10位

エンペックス

温度湿度計 TM-2482

価格:2,362円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色分けされていて、おしゃれなカラーを採用しています。

熱中症予防の表示を備えていて、危険もすぐに察知できます。壁掛けタイプなので、スペースを取らずに、手軽に使用可能です。

 

また、この温度湿度計は、通常の温度計や湿度計としても使うことができます。家庭でも馴染みの深い温度と湿度から、暑さの指数を想定して、注意目安は色分けされています。よって、見やすく、4段階表示に仕上がっています。

 

安いのに高性能といった、ロコミが挙がっていました。左右の温度と湿度表示部分には、快適な生活環境の目安になる、快適ゾーンを設置しています。デザインは、清潔感があり癖のないパールホワイトカラーを取り入れています

サイズ230x27mmタイプアナログ
設置方法壁掛け機能-
電池不要
第9位

タニタ

温湿度計 TT-580

価格:3,550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

環境作りのサポートにも繋がります。

24時間の温湿度変化が分かりやすいように、グラフ付きになっています。なので、把握しやすく、変化をひと目で判断できます。さらに、オートフィット機能により、24時間の温湿度変化を見逃しません。

 

さらに1日の温湿度変化に合わせて、グラフを自動で見やすく調整してくれます。変化に大きさが分かるので、環境のモチベーションもさらに良くできます。

 

グラフ化が良いといった、ロコミが挙がっていました。7日間のメモリー機能もあり、一週間の情報を記録できます。同じ温度・湿度幅で日々の変化を確認することも可能です。設定した快適範囲の同時表示で、環境作りをサポートします。

サイズ10.7×2.6×11cmタイプデジタル
設置方法卓上機能オートフィット他
電池単4
第8位

エンペックス

温度湿度計 EX-2821

価格:1,248円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性が高く、万が一落としても破片が飛び散りにくいです。

高精度で信頼してお使いいただけます。また、見やすさにもこだわって、ユニバーサルデザインに仕上げています。よって、誰でも使いやすいように、優しい設計になっています。どなたでも手軽に使えて、おすすめです。

 

また、安全な構造で、安全な材質を採用しているので、怪我をしてしまうこともありません。長年培ってきた精密センサーを取り入れていて、正確さも兼ね揃えています。手軽に快適・健康をチェックできます。

 

健康管理がしやすいといった、ロコミが挙がっていました。衝撃に強いポリスチレン樹脂と、落としても飛び散らないアクリル製の透明カバーを取り入れています。

サイズ12×12×2.7cmタイプアナログ
設置方法卓上機能-
電池不要
第7位

リズム時計工業

シチズン 8RD208-A03

価格:1,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

磁石に付かない場所でも、フックで設置可能です。

小さくて、どこにでも設置できるので、設置場場所を問いません。また、コンパクトながら高精度の温湿度計で、正確な数値を表記します。誤差が少ないので、徹底した環境にできて、インフルエンザなども防げます。

 

さらに、カレンダーも搭載しているので、いつでも日付をチェックできます。温度湿度の環境により、熱中症・食中毒・カビ・ダニなどの、注意表示もしてくれます。

 

今の状況が把握しやすいといった、ロコミが挙がっていました。磁石で冷蔵庫などに貼付けられるので、家族全員が手軽に確認できます。フック穴を利用することによって、磁石が付かない所でも掛けることが可能です。

サイズ65x65x13mmタイプデジタル
設置方法卓上・マグネット・壁掛け機能カレンダー他
電池-
第6位

エンペックス

スーパーEX  EX-2718

価格:2,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高精度で高品質となっています。

長年培ってきた精密センサー技術と、厳しい品質保証システムによって、製造されています。より高品質なものを実現し、高精度・高品位のスーパーEXセンサーを採用しています。なので、正確に計測することができます。

 

また、文字盤は目盛りも大きく、見やすくなっています。デザインも、シンプルながら洗礼されていて、どこからでも見やすいメリットがあります。

 

壁に掛けれて便利といった、ロコミが挙がっていました。材質には、衝撃に強いポリスチレン樹脂を使用しているので、耐久性もあり長く使用することができます。精度の高い環境管理が必要な場所でも、活躍します。

サイズ13.2×12.1×5.0cmタイプアナログ
設置方法卓上・壁掛け機能-
電池不要
第5位

ドリテック

小さいデジタル温湿度計 O-257BK

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

危険度が分かりやすく、コンパクトで設置しやすいです。

温度計と湿度計の両方が備わっていて、デジタル式の便利な温湿度計となっています。エアコンや加湿器などをつける目安にもなり、環境を整える際にも大活躍します。

 

また、温度と湿度の関係を把握できることで、熱中症・インフルエンザの危険度目安を、顔マークで表示します。表情は7段階と豊富なので、現状が分かりやすく、危険度も感知できてとても便利でおすすめです。

 

小さいのに見やすいといった、ロコミが挙がっていました。簡単に室内環境を知ることができるので、どなたでも安心してお使いいただけます。デスクの上や玄関など、スペースがなくても手軽に設置できます。

サイズ55×56×21mmタイプデジタル
設置方法卓上・壁掛け機能-
電池単4
第4位

セイコークロック

置き時計 BC402W

価格:1,847円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアコンのオン・オフの目安にもなります。

通常の時計としても、温湿度計としても使える、便利な商品となっています。正確な時刻情報電波を受信して、自動的に表示時刻を修正してくれます。また、電波を受信していない際には、クオーツの精度で作動する仕組みとなっています。

 

さらに、周囲温度・湿度・快適度を6段階表現を表示してくれるので、お部屋のコンディションを整える際にも役立ちます。

 

エアコンの目安になり便利といった、ロコミが挙がっていました。温度調節が手軽に行えるので、省エネ効果も期待できます。アラームなどもあるので、これがあることによって、いつでも快適に目覚めれます。

サイズ8.5×14.8×5.3cmタイプデジタル
設置方法卓上機能カレンダー・アラーム他
電池単3
第3位

PoPoWQ

デジタル湿度計

価格:1,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

センサー使用で、夜間でもはっきりと確認できます。

温度や湿度だけでなく、色々な機能が搭載されていて、使い方も自由自在に行えます。さらに、12時間温度トレンドチャートがあり、温度変化傾向と現時点の湿度により、加湿器とサーモスタットの設定の判定もしやすくなっています。

 

また、センサー仕様で正確に計ります。周囲が暗くても温度・湿度などの確認がしやすく、いつでも手軽に使用できます。

 

大きさも丁度良いといった、ロコミが挙がっていました。USBケープルで電源を入れることによって、常時点灯にすることができます。24時間制表示の切り替えも行えて、おすすめの温湿度計です。

サイズ15.5×9.5×2.5cmタイプデジタル
設置方法卓上機能カレンダー・アラーム他
電池単4
第2位

タニタ

温湿度計 TT-559

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

置き方自由で、かなり正確に計ります。

設置しても邪魔にならず、見やすさにこだわった温湿度計に仕上げています。シンプルなホワイトカラーで、おしゃれに設置できます。

 

また、中型タイプでひと目で部屋の状況を把握できます。乾燥・快適・不快が分かり、快適レベルなども表記してくれるので、より良い環境に導くことができます。目覚ましアラームも備わっているので、時計としてもお使いいただけます。

 

かなり正確に計れるといった、ロコミが挙がっていました。過去の最高・最低温湿度表示機能も付いているので、今までの状態も把握できます。マグネット・置き型・壁掛けの3WAYタイプで、設置場所に左右されません。

サイズ30×75×132mmタイプデジタル
設置方法卓上・壁掛け・マグネット機能時計・日付・曜日・温度・湿度他
電池-
第1位

ThermoPro

湿度計 TP55

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

過去の情報も把握できて、トータルで温度を管理できます。

大きなスクリーンで、見やすくかなり便利です。また、温度計と湿度計が一緒になっているため、室内の温度管理がしやすいメリットがあります。お子さんやペットがいるご家庭にも最適の商品です。

 

また、現在の室温と湿度を表記し、同時に過去最高最低の温湿度値も表示されるので、変化が分かりやすくなっています。

 

とにかく多機能で便利といった、ロコミが挙がっていました。リセットするまでは、全ての期間の最高最低を表示することができるので、過去の状況も把握することができます。置いても掛けても使えるので、自分のスタイルで使用できます。

サイズ11×8.5×2.4cmタイプデジタル
設置方法卓上・壁掛け機能タッチスクリーン・バックライト機能他
電池単4

温湿度計のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5106952の画像

    ThermoPro

  • 2
    アイテムID:5106960の画像

    タニタ

  • 3
    アイテムID:5106971の画像

    PoPoWQ

  • 4
    アイテムID:5106976の画像

    セイコークロック

  • 5
    アイテムID:5106981の画像

    ドリテック

  • 6
    アイテムID:5106989の画像

    エンペックス

  • 7
    アイテムID:5106995の画像

    リズム時計工業

  • 8
    アイテムID:5106996の画像

    エンペックス

  • 9
    アイテムID:5107000の画像

    タニタ

  • 10
    アイテムID:5107003の画像

    エンペックス

  • 商品名
  • 湿度計 TP55
  • 温湿度計 TT-559
  • デジタル湿度計
  • 置き時計 BC402W
  • 小さいデジタル温湿度計 O-257BK
  • スーパーEX  EX-2718
  • シチズン 8RD208-A03
  • 温度湿度計 EX-2821
  • 温湿度計 TT-580
  • 温度湿度計 TM-2482
  • 特徴
  • 過去の情報も把握できて、トータルで温度を管理できます。
  • 置き方自由で、かなり正確に計ります。
  • センサー使用で、夜間でもはっきりと確認できます。
  • エアコンのオン・オフの目安にもなります。
  • 危険度が分かりやすく、コンパクトで設置しやすいです。
  • 高精度で高品質となっています。
  • 磁石に付かない場所でも、フックで設置可能です。
  • 安全性が高く、万が一落としても破片が飛び散りにくいです。
  • 環境作りのサポートにも繋がります。
  • 色分けされていて、おしゃれなカラーを採用しています。
  • 価格
  • 1480円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 1499円(税込)
  • 1847円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 2600円(税込)
  • 1120円(税込)
  • 1248円(税込)
  • 3550円(税込)
  • 2362円(税込)
  • サイズ
  • 11×8.5×2.4cm
  • 30×75×132mm
  • 15.5×9.5×2.5cm
  • 8.5×14.8×5.3cm
  • 55×56×21mm
  • 13.2×12.1×5.0cm
  • 65x65x13mm
  • 12×12×2.7cm
  • 10.7×2.6×11cm
  • 230x27mm
  • タイプ
  • デジタル
  • デジタル
  • デジタル
  • デジタル
  • デジタル
  • アナログ
  • デジタル
  • アナログ
  • デジタル
  • アナログ
  • 設置方法
  • 卓上・壁掛け
  • 卓上・壁掛け・マグネット
  • 卓上
  • 卓上
  • 卓上・壁掛け
  • 卓上・壁掛け
  • 卓上・マグネット・壁掛け
  • 卓上
  • 卓上
  • 壁掛け
  • 機能
  • タッチスクリーン・バックライト機能他
  • 時計・日付・曜日・温度・湿度他
  • カレンダー・アラーム他
  • カレンダー・アラーム他
  • -
  • -
  • カレンダー他
  • -
  • オートフィット他
  • -
  • 電池
  • 単4
  • -
  • 単4
  • 単3
  • 単4
  • 不要
  • -
  • 不要
  • 単4
  • 不要

定期的に交換しよう

温湿度計は、消耗品なので、当然使っているとある程度誤差が出てしまいます。なので、定期的にメンテナンスをしたり、買い替えるようにしましょう。大体、湿度計のセンサーは2~5年程度で劣化するといわれています。

 

また、安いものなどであれば、大体1年程度でダメになります。なので、2~5年程度経った場合は、新しいものに買い替えるようにしましょう。もしコストを抑えたい場合は、アフターサービスが充実しているものを探してみましょう。

まとめ

今回は、おすすめの温湿度計をご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。このアイテムを活用することによって、今まで以上に住みやすい空間へと導くことができます。置いておくだけなので、難しい設定なども必要ないので、使ってみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ