記事ID139268のサムネイル画像

【本物のみ紹介】オリーブオイルの人気おすすめランキング10選

オリーブオイルと言っても様々な種類があり、どれを選べば良いか悩んでる方もいると思います。今回は選び方を始めとし、プロ仕様や普段使いでのおすすめランキング、又オリーブオイルそのものの味を楽しむおすすめレシピについてもたっぷりとご紹介します。

「本物の」オリーブオイルとは?

オリーブオイルは独特の風味が特徴であり、イタリアン等ニンニク料理にマッチします。しかし、中には食用ではないオリーブオイルも出回っていて注意が必要です。

日本の品質基準は低い?

欧米食が出回っている昨今、日本でも数多くのオリーブオイルが登場しています。中でもエクストラバージンオイルは最高品質と言われ、風味や品質において注目されているオリーブオイルなのです。

 

国際基準が設けられていることで安心・安全なオリーブオイルを購入できますが、中にはこの基準に達していないタイプも出回っていることは否めません。ボトル表示等をしっかりとチェックした上で、正しいオリーブオイルを選ぶことが大切です。

 

と言っても全ての日本の品質基準が低いわけではなく、国産オリーブオイルは世界と張り合えるレベルで偽物をきちんと見極める必要があるでしょう。

店頭での見分け方は?

本物のオリーブオイルの見分け方は、酸度数値とオーガニック認証されているかどうかになります。オーガニック認証は、化学肥料や農薬を使っていない安心を保証された商品になります。

 

又、本物のオリーブオイルの酸度は0.8%未満で、酸っぱさを抑えられたとても滑らかな特徴を持っているのです。希少な故に値段も高く、安価で植われているオリーブオイルは本物でないかもしれません。

 

エキストラバージンオイルの効果

普段の食生活の中でエキストラバージンオイルを摂取する目的は、やはり美容・健康でしょう。具体的にどんな効果が望めるのか、チェックしてみてください。

美容効果

オリーブオイルにはオレイン酸が多く含まれていることで、小腸で吸収されにくいことが特徴です。その結果、大腸まで行くことで排泄を促し、お通じを良くする効果が望めるでしょう。

 

大腸を刺激して便秘を解消することで、血液循環が良くなって全身に新鮮な血液が行き届くことになります。結果として肌への栄養分が細部にまで届くことで、美肌効果が期待できるわけです。

 

又、オレウロペイン・ヒドロキシチロソールと言った抗酸化成分が配合されていることで、シミ予防成分であるグルタチオンの働きを高めてくれるでしょう。

健康効果

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、インスリンの働きを助ける作用があるとされています。その為、糖尿病予防やコレステロール値を下げる効果が期待できるでしょう。

 

又、ポリフェノールも入っていて、抗酸化作用によって生活習慣病予防が望める点でも毎日の食生活に取り入れたいものです。そして毎日の食生活にオリーブオイルを摂取すると、オレイン酸やポリフェノールの作用によって乳がん・大腸がん・胃がん等のリスクを下げることでも期待できるでしょう。

 

体に良いオイルだからこそ、サラダや肉料理等に率先して摂り入れたいものです。

オリーブオイルの選び方

種類も豊富なオリーブオイルは、選ぶのに迷ってしまうでしょう。失敗しないオリーブオイルの選び方を紹介します。

オリーブオイルの種類で選ぶ

オリーブオイルの種類は主に3つに分かれます。それぞれの特徴について紹介しましょう。

エクストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルの実を絞ったという、シンプルで素朴な方法になります。一切加工がされていないことで、純粋な一番搾りが取れるのが魅力的でしょう。

 

他のオリーブオイルよりもオレイン酸・ポリフェノール・ビタミンE等の抗酸化作用栄養素を持っていることでも、健康・美容に効果が期待できます。味とともに香りも十分に堪能できるでしょう。

 

値段は500円以下のものから数千円するものまで色んなタイプがあります。

ピュアオリーブオイル

酸度は1.0以下で、精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルを混ぜたタイプのオリーブオイルになります。一般的にスーパー等でよく目にする為、一度は使ったことがあるかもしれません。

 

表示では主に「オリーブオイル」とだけ記されていることで、選ぶ目安になるでしょう。食用というよりも調理用として加熱して使うのが一般的になります。直接生で使いたい場合は、エクストラバージンオリーブオイルが理想です。

 

オリーブオイルの種類によって使い分けるのに、基本的なオリーブオイルと言えるでしょう。

 

オリーブポマースオイル

酸度が1.0以下で、ピュアオリーブオイルと同等の種類と言えるでしょう。しかし、違う点もあって、混ぜ合わせる時に精製オリーブポマースオイルを使うか否かで異なってきます。

 

一般的に販売される時は、とにかく正式名称を伝える義務があるオリーブオイルで、ピュアオリーブオイルとは違ってくるでしょう。ちょっとした違いで、オリーブオイルはそれぞれ独特の特徴を持っているのです。

 

ピュアオリーブオイルと迷っている時は、正式名称や成分でしっかり見分けるようにしましょう。

用途で選ぶ

同じオリーブオイルと言っても、使う料理によって種類が異なってきます。主にエクストラバージンオリーブオイルとピュアオイル等に分かれるでしょう。

サラダやドリンクならエクストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルの実を絞っただけという簡単な抽出法で、酸度は0.8%以下になっています。まろやかでまるでジュースのような存在のエクストラバージンオリーブオイルは、そのまま食べるのが最も適しています。

 

オイルですから油っこさが気になるところですが、エクストラバージンオイルにはそういった不快感がないことでおいしく飲めるのです。健康の為に、毎日飲んでいる人もいる程の新鮮さが特徴でしょう。

 

普段からサラダを作ったり、ドリンクとして生のオリーブオイルを飲みたい人はエクストラバージンオイルを選んでください。

加熱料理ならピュアオリーブオイル

ピュアオリーブオイル等は健康のことを考えると、普通の植物オイルよりはおすすめですが、酸度が1%以上になるものが多くて飲めません。ここが、エクストラバージンオリーブオイルとの違いと言えるでしょう。

 

又、バージンオリーブオイルもありますが、オリーブの実が傷んだり酸度が満たしていないエクストラバージンオリーブオイルになります。ちょっとした違いですが、風味も違ってくることを考えると生よりは加熱調理して食べた方が良いです。

 

パスタを炒めたり、ニンニクとオリーブオイルを煮込むアヒージョ等に使うとおいしく

食べられるでしょう。

オリーブオイルの人気ランキング【プロ仕様5選】

第5位

オリテラ

スペイン産 エキストラバージンオリーブオイル

価格:1,080円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グリルやパスタにマッチするオリーブオイル

世界40か国以上で展開している有名なオリーブオイル製造メーカーで、フレッシュな味わいが好きな人にぴったりのオイルです。エクストラバージンオイルは酸味や辛みがあるのが特徴で肉や魚に合います。

 

しかし、苦手な人も多く、もっとサラッとクセのないオリーブオイルを求めてできたのがこのタイプです。どんな料理にもマッチし、炒め料理からドレッシングまで幅広く活用できるでしょう。

 

オリーブ本来のフルーティな味も堪能できておすすめです。

内容量1L原材料オリーブ油
食べ方グリル料理・ドレッシング
第4位

イマイ

ゴヤ エキストラヴァージン オリーブ オイル UNICO

価格:1,400円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

個性的な風味が特徴的なオリーブオイル

スペイン・アンダルシア産のオヒブランカ・ピクーダを使っていることで、辛み・苦み・フルーティーさを持ち合わせた個性的な風味が特徴になっています。とてもバランス良いテイストに仕上がっている為、最後までおいしく食べることができるでしょう。

 

生のままでもOKですが、肉や魚にも相性が良くて出来立て料理にかけるとマイルドに仕上がります。勿論、サラダやカルパッチョ等にドレッシング代わりにかけてもとてもおいしいでしょう。

 

どっしりとしたボトルは、たっぷり使える容量で普段からイタリアン料理をする人にはおすすめです。

内容量500ml原材料食用オリーブ油
食べ方サラダ・前菜・トースト
第3位

フードライナー

アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス

価格:2,463円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マリネにぴったりのオリーブオイル

イタリア・フランスの国境で、1870年に創立されたオリーブ専門のメーカーから販売されているオリーブオイルです。イタリアンシェフであれば、一度は使ったことがあるでしょう。

 

料理の仕上げにかけると風味が広がる為、生のまま食べるのがおすすめのオリーブオイルなのです。クセのない味わいだからこそ、パンにつけてもおいしく食べられるのが魅力的でしょう。

 

又、豆腐・ドレッシング・マリネとしてもおすすめのオリーブオイルです。

内容量750ml原材料
食べ方
第2位

ヴィラブランカ (Villa blanca)

オーガニックエクストラバージンオリーブオイル

価格:999円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パンにつける・カルパッチョにおすすめオリーブオイル

クセの少ないオリーブの香りをたっぷり堪能できる、有機JAS認定マークのオリーブオイルになります。クセがないことでどんな料理にもマッチしやすく、炒めもの以外にもパンにつけてもおいしいです。

 

又、カルパッチョ等にもおすすめであり、オールマイティに料理に活用できるのが魅力的でしょう。500mlのオーガニックオリーブオイルは3,000円以上と高いのですが、このオリーブオイルはとてもリーズナブルな点がポイントです。

 

スリムなボトルで、どんな場所でも違和感なく置けて便利でしょう。

 

内容量500ml原材料食用オリーブ油
食べ方炒め物・パンにつける・サラダ
第1位

ボレイ

エクストラバージンオリーブオイル プレミアム

価格:1,432円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パンにつけるとおいしいオリーブオイル

オリーブオイルの中でも最高品種として名高い「コロネイキ種」を使用しています。まるでリンゴのような甘酸っぱさが魅力的で、酸味が少ない分、サラッと食べられるのが特徴でしょう。

 

加熱せずにそのまま食べることができるオリーブオイルの為、野菜や魚介類にサッとかければご馳走に早変わりします。コロネイキ種は病気予防が望めるポリフェノールを豊富に含んでいるのです。

 

健康と美容目的で「ボレイ エクストラバージンオリーブオイル プレミアム」を選んでみましょう。

内容量22cm×4.5cm×4.5cm原材料食用オリーブ油
食べ方ドレッシング等

【プロ仕様5選】オリーブオイルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5113578の画像

    ボレイ

  • 2
    アイテムID:5113617の画像

    ヴィラブランカ (Villa blanca)

  • 3
    アイテムID:5113634の画像

    フードライナー

  • 4
    アイテムID:5113759の画像

    イマイ

  • 5
    アイテムID:5113765の画像

    オリテラ

  • 商品名
  • エクストラバージンオリーブオイル プレミアム
  • オーガニックエクストラバージンオリーブオイル
  • アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス
  • ゴヤ エキストラヴァージン オリーブ オイル UNICO
  • スペイン産 エキストラバージンオリーブオイル
  • 特徴
  • パンにつけるとおいしいオリーブオイル
  • パンにつける・カルパッチョにおすすめオリーブオイル
  • マリネにぴったりのオリーブオイル
  • 個性的な風味が特徴的なオリーブオイル
  • グリルやパスタにマッチするオリーブオイル
  • 価格
  • 1432円(税込)
  • 999円(税込)
  • 2463円(税込)
  • 1400円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 内容量
  • 22cm×4.5cm×4.5cm
  • 500ml
  • 750ml
  • 500ml
  • 1L
  • 原材料
  • 食用オリーブ油
  • 食用オリーブ油
  • 食用オリーブ油
  • オリーブ油
  • 食べ方
  • ドレッシング等
  • 炒め物・パンにつける・サラダ
  • サラダ・前菜・トースト
  • グリル料理・ドレッシング

オリーブオイルの人気ランキング【普段使い用5選】

第5位

日清オイリオ

BOSCOエキストラバージンオリーブオイル

価格:1,041円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サラダのドレッシングにぴったりのオリーブオイル

一番搾りで風味が良く、ドレッシングとして使うとおいしく食べることができるでしょう。色のついた瓶に保存されていることで、遮光性を高めて長期保存が望めるのが魅力的になります。

 

又、片手で簡単に開けられるキャップ仕様で、料理中でもサッと開閉が出来て便利です。たっぷりボトルなのにコスパ力にも優れている点で、普段使いとして重宝するオリーブオイルになります。

 

できるだけコスパ力に優れていながら、高品質でオリーブオイルを探している人におすすめでしょう。

内容量456g原材料オリーブの実
食べ方ドレッシング
第4位

日清オイリオ

日清さらっと軽いオリーブオイル

価格:1,358円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

健康やダイエットにおすすめのオリーブオイル

コレステロールがゼロで、サラッと軽く食べられることから注目されているオリーブオイルになります。脂っこいのが苦手な人やダイエット中という人にもおすすめのオイルでしょう。

 

オレイン酸が70%配合されていることで、乾燥肌や肌荒れ予防が期待できると話題です。普段使いにすると、自然と栄養が摂取できて美肌が期待できるかもしれません。

 

オレイン酸が高いということは、それだけ酸化しにくいことで長く保存が利くのも魅力的でしょう。

内容量900g原材料食用オリーブ油
食べ方炒め物・揚げ物
第3位

キッコーマン食品

デルモンテ エキストラバージンオリーヴオイル

価格:859円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかり密封ボトルで新鮮なオリーブオイル

しっかり密封したボトルで、いつまでも新鮮なまま味わえるエクストラバージンオイルになります。ケチャップで有名なデルモンテから誕生したオリーブオイルで、新鮮なオリーブの香りを堪能できるでしょう。

 

炒め物にマッチしたオイルで、普段使いとして最適でありたっぷり使えます。ピリッとした辛みが特徴であり、ちょっと大人の味を楽しみたい人にぴったりでしょう。

 

炒め物として使うことで、料理のアクセントになっておいしく仕上がります。

内容量326g原材料食用オリーブ油
食べ方炒め物
第2位

J-オイルミルズ

味の素 オリーブオイルエクストラバージン

価格:861円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パスタ等におすすめのオリーブオイル

スペイン生まれのオイルを使っていて、日本で瓶詰めしているオリーブオイルになります。オリーブ特有の香りが特徴的で、容量も多くてたっぷり使えるでしょう。

 

中央にくびれが付いていて、料理中でも持ちやすいと定評があります。ボトルは空気に触れないような新鮮保管で、いつでもしぼりたてのような風味を味わうことができておすすめです。

 

風味・香りともに豊かで、クセの少ないオリーブオイルを探している人はぜひ使ってみてください。

内容量600g原材料食用オリーブ油
食べ方パスタ
第1位

東京セントラルトレーディング

biologicoils有機エキストラヴァージンオリーブオイル

価格:1,050円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有機栽培で作られたオリーブオイルから抽出したエキストラバージンオリーブオイルになります。そこにイタリア産唐辛子を加えたことで、ピリッと大人の味のオリーブオイルを堪能できるでしょう。

 

既に唐辛子が入っていることで、ペペロンチーノ等のパスタ料理にマッチします。唐辛子の風味がパスタに絡んで、より一層刺激的な風味を醸し出してくれるのです。

 

ピリ辛なオリーブオイルが好きな人にぴったりの商品でしょう。

内容量有機食用オリーブ油・有機唐辛子・唐辛子香料原材料229g
食べ方ペペロンチーノ

【普段使い用5選】オリーブオイルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5113776の画像

    東京セントラルトレーディング

  • 2
    アイテムID:5115687の画像

    J-オイルミルズ

  • 3
    アイテムID:5115704の画像

    キッコーマン食品

  • 4
    アイテムID:5115724の画像

    日清オイリオ

  • 5
    アイテムID:5115747の画像

    日清オイリオ

  • 商品名
  • biologicoils有機エキストラヴァージンオリーブオイル
  • 味の素 オリーブオイルエクストラバージン
  • デルモンテ エキストラバージンオリーヴオイル
  • 日清さらっと軽いオリーブオイル
  • BOSCOエキストラバージンオリーブオイル
  • 特徴
  • パスタ等におすすめのオリーブオイル
  • しっかり密封ボトルで新鮮なオリーブオイル
  • 健康やダイエットにおすすめのオリーブオイル
  • サラダのドレッシングにぴったりのオリーブオイル
  • 価格
  • 1050円(税込)
  • 861円(税込)
  • 859円(税込)
  • 1358円(税込)
  • 1041円(税込)
  • 内容量
  • 有機食用オリーブ油・有機唐辛子・唐辛子香料
  • 600g
  • 326g
  • 900g
  • 456g
  • 原材料
  • 229g
  • 食用オリーブ油
  • 食用オリーブ油
  • 食用オリーブ油
  • オリーブの実
  • 食べ方
  • ペペロンチーノ
  • パスタ
  • 炒め物
  • 炒め物・揚げ物
  • ドレッシング

オリーブオイルそのものの味を楽しむおすすめレシピ

オリーブオイルの風味をそのままに、味を堪能できる簡単レシピはあります。中でも超簡単ながらとてもおいしいオリーブオイルレシピを紹介しましょう。

野菜のオリーブオイル蒸し

野菜や肉をカットしてオリーブオイルで蒸すだけの簡単料理になります。塩コショウのみの味付けで、食材やオリーブ本来の風味をしっかり感じることができるでしょう。

 

【材料】

・ベーコン(2・3枚)

・ウインナー(6本)

・じゃがいも(2個)

・好みの野菜

・オリーブオイル(大さじ3)

・塩コショウ

・ニンニクのみじん切り

 

【作り方】

1. 食材を適当な大きさにカットしておきます。

2. フライパンにカットした食材とオリーブオイル・にんにくのみじん切りを入れて、塩コショウします。

3. 弱火で30~60分蒸し焼きにしましょう。

4. 全体に火が通ったら完成です。

エビとマッシュルームのアヒージョ

オリーブオイルを主役として料理と言えば、アヒージョは欠かせません。プリプリエビとマッシュルームがおいしい一品になります。

 

【材料】

・むきえび(1パック)

・マッシュルーム(1パック)

・オリーブオイル(100ml)

・ニンニク(1・2欠片)

・バター(10g)

・鷹の爪(好みで)

・塩(適量)

・イタリアンパセリ(適量)

 

【作り方】

1. マッシュルームを食べやすい大きさにカットして、ニンニクはみじん切りにします。

2. 盛り皿をオーブンで温めておく

3. 鍋にオリーブオイル・ニンニク・鷹の爪を入れて弱火でじっくり熱を通しましょう。

4. 塩とバターを入れて、エビとマッシュルームも入れて2・3分に立てて出来上がりです。

5. 器に移して、イタリアンパセリを散りばめれば完成になります。

オリーブオイルの風味満載ペペロンチーノ

オリーブオイルと言えばイタリアンレシピであり、中でも風味を楽しめるのがペペロンチーノでしょう。オリーブオイルに火を入れないことで、風味をしっかりと味わえるのが特徴です。

 

【材料】

・細めのパスタ

・オリーブオイル(多め)

・イタリアンパセリ(適量)

・ニンニク(1欠片)

・唐辛子(1本)

・塩・コショウ(適量)

 

【作り方】

1. 唐辛子・ニンニクをみじん切りにして、フライパンにオリーブオイルを入れて軽く炒めます。

2. パセリをみじん切りにして、パスタはアルデンテに茹でます。

3. 1にオリーブオイルを入れて温め、茹でたパスタとパセリを入れて完成です。

他のオイルにもこだわりを

オリーブオイルは風味が良くてイタリアン料理にぴったりですが、他のジャンルの料理にも合うような食用オイルも準備しておく必要があるでしょう。例えば健康に良い食用油・亜麻仁油・えごま油・ごま油等あります。

 

最近では健康に良いヘルシーな食用油も多く登場していて、中でも人気の高いヘルシー食用油を紹介している記事がありますので、参考にしてみてください。

亜麻仁油は「アマニ油」と読み、必須脂肪酸の一つのオメガ3を豊富に含んでいるということで注目されています。最近では色んなメーカーから販売されており、中でも人気の亜麻仁油を紹介している記事がありますのでぜひチェックしてみましょう。

自分好みのオリーブオイルを見つけよう

今回は「オリーブオイルの選び方・オリーブオイルの人気ランキング(プロ仕様・普段使い用)・オリーブオイルの味を楽しむおすすめレシピ」について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。オリーブオイルと言っても食材や抽出の仕方等によって風味が全然違います。ぜひ、おすすめのオリーブオイルを探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ