記事ID139267のサムネイル画像

【受験で役立つ】高校化学の参考書のおすすめ人気ランキング10選

高校のテスト対策、大学受験対策のために行う化学の勉強には、参考書の購入がおすすめです。そこで今回は、高校化学の参考書の選び方と、おすすめの商品をご紹介します。人気の化学の参考書から10冊おすすめの参考書をご紹介いたしますので是非参考にしてみてください。

優秀な化学の参考書が受験を左右する

「高校の授業を理解するため」、「大学受験対策のため」と参考書を購入する目的は人それぞれですが、参考書選びによってこれらの結果はかなり左右されます。一口に化学の参考書といっても、内容難易度が異なるため、適切なものを選ばなければなりません。

 

例えば、化学の本質をじっくり理解するためには、イラスト付きで化学の基礎からしっかりと説明があるものを選ばなければいけませんし、大学センター試験のために購入するのであれば、マークシートや選択式の問題演習ができるものが好ましいでしょう。

 

つまり、各参考書にはそれぞれの良さがありますが、自分にとって優秀な参考書は、目的に合った参考書なのです。そんな化学の参考書選びに失敗しないよう、参考書の選び方とおすすめ商品を紹介していきますので、参考にしてみてください。

高校化学の参考書の選び方

自分が求める化学の参考書を選ぶ際には、「レベル」、「分野」、「内容」といった点を比較するのが良いでしょう。それぞれのポイントについて以下で説明をしていきますので、是非とも参考にしてみてください。

レベルで選ぶ

化学の参考書には、それぞれレベルが存在します。「教科書・基礎レベル」、「センター試験レベル」、「難関私大・国立レベル」から自分に合ったレベルを選択して購入をしましょう。

教科書・基礎レベル

教科書レベルの内容を理解し、学校の定期テスト等のために化学の参考書を購入する場合には、化学の基礎を学ぶことのできる参考書がおすすめです。このレベルの参考書は、解説重要語句の説明がメインとなるため、化学の基礎知識をしっかりと身に着けることができます。

 

また、基礎がわかっていない段階で、いきなり問題演習をしても身に付きませんので、大学入試に向けた勉強であっても、まだ化学の基礎を理解しきれていない方であれば、このレベルの参考書を購入し、まずはしっかりと土台作りをすることをおすすめします。

センター試験レベル

大学入試に向けて、センター試験の対策として化学の参考書を購入する場合には、センター試験対策専用の参考書を購入する必要があります。センター試験では、マークシート式という特殊な回答方式に慣れなければなりませんので、そのために必要なテクニックを磨く必要があります。

 

そこで、センター試験のように複数の選択肢から答えを選ぶような問題演習をメインとした、解答の解説が充実しているタイプがおすすめです。また、センター試験直前の対策として、短期間でできる参考書もありますので、時間がないときにはそういったものも活用してみてください。

難関私大・国立レベル

難関私大・国立レベルの受験対策として化学の参考書を購入する場合には、レベルの高い参考書を購入する必要があります。知識の定着を確認する学校のテストや、基礎力を試す大学入試センター試験とは違い、難関私大・国立レベルの2次試験では、応用的問題が多く出題されます。

 

ただ単に暗記をしたり基礎知識を知っているだけでは解くのが難しい問題も多いのが現状です。そこで、難関私大・国立レベルの受験対策では、レベルの高い問題を解き、ある程度出題されやすい問題のパターンを学習しておくことが重要となります。

 

基礎的な問題、センター試験レベルの問題が解けるレベルまできたら、2次試験対策としてもうワンランク上の参考書を購入して学習に取り組むようにしましょう。

分野から選ぶ

「化学」といっても、その範囲はかなり広くなります。そこで、化学の中でも分野に絞った参考書がありますので、苦手克服に活用したい場合には、分野から参考書を選ぶようにしましょう。

理論化学分野対応

 

高校の「化学」という科目は大きく分けると3つの分野に分けることができます。それが、「理論化学」、「無機化学」、「有機化学」です。その中でも、理論化学というのは、物質の構造や反応について扱う分野になります。

 

受験勉強において理系の大学に進学する場合は、こういった分野ごとに分けた勉強が必要となります。例えば、「化学」や「基礎化学」という分野が一括りになっている参考書は、「浅く広く」の知識しか載っていません。

 

しかし、理系大学の2次試験では、かなり深い知識、応用的な問題が出題されます。そこで、分野ごとに「深く広く」勉強する必要が出てくるのです。化学を勉強する際には、まず化学全般を取り扱っている参考書か、理論化学の参考書から勉強を始めると良いでしょう。

有機化学分野対応

一般的に「有機化学」と呼ばれているのは、有機化合物(炭素を含む化合物)について扱う分野です。この有機化学では、炭素を中心に共有結合してできた化合物についての問題が出題されます。

 

例えば、有機物に対して様々な反応を試し、その結果をもとに有機物を特定するという「構造決定」のような、与えられた条件と自分が持っている知識を照らし合わせて、その物質が何かを考えていくような問題です。

 

知識をしっかり頭に入れておくこと、覚えた事項が問題の中でどう問われるのかということを問題演習を通じて学んでいく必要があります。そこで、有機化学分野の問題が出題される大学を受験する場合には、有機化学に特化した参考書の購入をおすすめします。

無機化学分野対応

一般的に「無機化学」と呼ばれているのは、無機物質(炭素を含まない物質)について扱う分野です。それぞれの単元ごとにテーマとなる元素があり、その元素に特徴的な反応について学んでいく分野です。

 


大学入試でよく問われるパターンとしては、様々な金属のイオンが溶けている溶液に、試薬を加えるなどの操作をし、イオンを1つずつ分離させ、その操作の内容から何の金属のイオンかを同定する「系統分析」問題のようなパターンです。

 


こういった問題に対応するためには、問題に出てくるあらゆる元素の知識が必要になります。つまり、無機化学の勉強では、かなり細かい部分まで知識を蓄えることが重要となります。そこで、無機化学対策には、無機化学に特化した参考書の購入をおすすめします。

内容で選ぶ

化学の参考書を選ぶ際には、「ページ数」、「イラストの多さ」も確認しておくと便利です。レベルや分野で参考書を選んでいき、最後に迷ったときには、内容を比較して選ぶと良いでしょう。

ページ数

化学の参考書を書店で購入する場合には、あまり気にしない方も多いと思いますが、ネット通販で購入する場合には、ページ数というのが実はとても重要となってきます。なぜならば、ネット販売で買うときには、実際の参考書の厚みを比較することができないからです。

 

書店で参考書を買う場合には、実際に手に取ることで中身をある程度確認したり、参考書の厚みを感じることができます。参考書が「薄い・厚い」、また「軽い・重い」といったことが即座にわかります。しかし、ネット販売では実際にそれを体感することができません。

 

そこで、ネットで購入する場合にはページ数を比較する必要があります。家に置いておく参考書であれば厚くても良いですが、学校や図書館にも持っていきたい参考書であれば、薄いものが良い、という場合もあります。お好みの厚みをページ数によって選んでみてください。

 

イラストの多さ

参考書には、イラスト付きで説明の多いものと、問題演習が主のものがあります。例えば、化学の基礎知識を勉強したい、という方にはイラストの多い参考書がおすすめです。実際に化学の知識では、文章だけだとイメージしにくいような理論もあるからです。

 

逆に、化学の基礎がある程度身についており、大学受験に向けて問題演習をメインで行いたい方には、イラストの少ないものがおすすめです。イラストがついているものは、その分問題数が少なかったり、イラストが多い分、参考書が分厚くなってしまいがちです。

 

特にイラストが必要ない、という方は、問題と解説がメインの参考書でしっかりと試験に向けた対策を行うのが良いでしょう。

高校化学の参考書のおすすめランキング10選

第10位

化学同人

有機化学1000本ノック 反応機構編

価格:2,916円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有機化学を極めるための一冊

こちらの有機化学1000本ノック 反応機構編は、有機化学の反応の最初から最後までの途中の過程を一つ一つていねいに追いかけた充実の一冊です。電子の移動が「身体に染みつく」まで解いて解いて解きまくれる1,000問で、有機化学を極めることができます。

 

丸暗記する有機化学から抜け出すことができ、解けば解くほど分子の有機反応機構がわかる一冊に仕上がっています。書き込み式のワークブックが勉強の意欲をどんどん書き立ててくれること間違いなしでうす。

 

初歩からはじまり徐々に難易度がアップしていくため、確実に実力を育成することができます。理系大学への進学を考えている方、また大学の講義の参考書としてもお使いいただくことができる専門的な一冊です。

レベル センター~難関私大・国立分野有機化学
ページ数180pサイズ25.7x18.2x1 cm
第9位

ナガセ

化学一問一答【完全版】

価格:1,188円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すき間時間で勉強が進む

こちらの化学一問一答は、受験において最大の効果を発揮することのできる化学問題集です。試験に「出る」用語問題・計算問題が収録されています。センター、国公立・私立大すべての入試に必要な知識を網羅した一冊です。

 

入試に直結した問題とポイント解説によって、最短期間で最大の効果をあげることができます。この参考書は「化学基礎」を前提に、「化学」に対応しています。入試に必要な知識を完全収録し、入試に必要な化学の知識を余すところなく学習することが可能です。

 

また、出題頻度の表示があるため、一目で重要問題を把握することが可能です。どこを重点的に押さえればよいかがわかるため、効率的に勉強することができます。読み進めていくだけで、短期間で効果的に基礎力・応用力を身につけることができる一冊です。

レベルセンター~難関私大・国立分野全分野
ページ数440pサイズ18.2x13x1.8 cm
第8位

数研出版

新化学化学基礎+化学 (チャート式・シリーズ)

価格:2,484円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

解き方を覚えて得点につなげる

こちらの新化学化学基礎+化学 (チャート式・シリーズ)は、基礎からの積み上げ学習にも、受験準備にも最適な化学の参考書です。問題の出題・解き方のパターンを暗記するのに最適なチャート式・シリーズは、数学だけでなく、化学でも人気があります。

 

視覚的な理解を重視し、独創的な図版と実物写真を多数掲載しています。それぞれの問題によって確実に理解すべきポイントをしっかりと押さえていくことが可能です。また、調べたいことがすぐに引き出せるように、索引が充実しています。

 

問題演習としてだけでなく、化学の勉強のお供として辞書のように扱える一冊です。これ一冊で幅広い問題に対応することができるため、とてもおすすめです。

レベル教科書・基礎~センター試験分野全分野
ページ数576pサイズ21x15.4x3.2 cm
第7位

旺文社

高校とってもやさしい化学基礎

価格:1,188円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中学校の内容から基礎が学べる

こちらの高校とってもやさしい化学基礎は、2012年4月からの新学習指導要領対応した化学の参考書です。 化学基礎の本当に大事なところを中心にまとめられた、書き込み式の問題集となっています。

 

この本は高校生向けですが、中学の内容を前提とせず、ゼロから説明してくれるため、中学のときから理科が苦手という方、中学のときに理科の勉強をさぼってしまった、という方も安心してお使いいただくことができる一冊です。

 

また、1つの事柄を学んだら、それをすぐ穴埋め問題でチェックし、次に解き方をまねをしながら実際に問題を解いていく、という流れで構成されているため、確実に基礎から学んで力を蓄えていくことができる、とても便利な一冊です。

レベル教科書・基礎分野全分野
ページ数192pサイズ25.4x18.4x1.2 cm
第6位

三省堂

理系大学受験 化学の新研究 改訂版

価格:2,808円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

難関大学理系学部受験のバイブル

こちらの理系大学受験 化学の新研究は、理系大学受験の先輩みんながすすめる難関突破のバイブル『化学の新研究』の改訂版である受験化学専用の参考書です。現行課程の入試に合わせて記述内容を見直し、さらなる充実を図った一冊に仕上がっています。

 

また、改訂によりサイエンスボックスを約50項目追加し、化学への興味がさらにわくような工夫もさらに充実しました。受験勉強のちょっとした息抜きとしても読み進められる楽しいお話が満載です。

 

この分厚い参考書を一冊仕上げるだけで、かなり力を着けることができます。理系大学を受験される方に是非ともおすすめしたい一冊です。

レベル難関私大・国立分野全分野
ページ数832pサイズ20.8x14.8x3.6 cm
第5位

旺文社

化学(化学基礎・化学)基礎問題精講 三訂版

価格:1,188円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実践力と応用力が身につく一冊

こちらの化学(化学基礎・化学)基礎問題精講は、センター試験や国公立・私立大の入試問題を徹底的に分析し、入試で頻出の標準的な問題の解き方を、わかりやすく、丁寧に説明した一冊です

 

この問題集にある問題は、「基礎問」といっても決して「やさしい問題」というわけではありません。入試での実戦力・応用力を身につけるために、おさえておく必要のある重要問題(102題)が厳選されている良問ばかりが集められた一冊です。

 

本書をマスターすれば、さまざまな応用問題にも対応できる実力を十分身につけることができますので、センター試験から難関私大の受験用まで幅広くおつかいいただくことができます。

レベルセンター~難関私大・国立分野全分野
ページ数304pサイズ21x14.8x1.2 cm
第4位

旺文社

大学受験Doシリーズ 鎌田の有機化学の講義 四訂版

価格:1,404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最小限の努力で最大限の効果を発揮

こちらの大学受験Doシリーズ 鎌田の有機化学の講義は、入試突破のために一番大事なところ(多くの人の解けない原因になっている見落としがちで大事な問題)を、入試に直結する方法で、わかりやすくすっきり説明した有機化学分野の受験用参考書です。

 

また、大学入試で必要な有機化学のとらえ方がわかるので、ただの丸暗記とは異なり、知識がしっかり定着するため効率よく応用力を身に着けることができます。大好評だった三訂版から、さらにパワーアップしてリニューアルした一冊です。

 

評判の良かった説明を、より分かりやすく加筆修正し、さらに現在の入試にフィットするように項目が追加されました。忙しい受験生が最小限の努力で最大限の効果が期待できるような一冊に仕上がっています。

レベル難関私大・国立分野有機化学
ページ数320pサイズ14.8x1.5x21 cm
第3位

旺文社

大学受験Doシリーズ 福間の無機化学の講義 四訂版

価格:1,404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入試にフィットする無機化学の問題

こちらの大学受験Doシリーズ 福間の無機化学の講義は、無機化学の膨大な量の暗記を化学反応のポイントを理解することによって、最小限で済むように工夫された最高の一冊です。これ一冊で入試突破のために必要な知識がしっかりと定着します。

 

また、入試直前に確認できる携帯に便利な別冊まとめ(赤セルシートつき)もついています。こちらは軽くて薄いため、試験会場に持っていき、簡単に確認することができます。入試の準備段階から本番までをしっかりとサポートできる参考書に仕上がっています。

 

センター試験、難関大学入試まで幅広い試験に対応する一冊です。無機化学分野をしっかりと押さえたいときには、こちらがおすすめです。

レベルセンター試験~難関私大・国立分野無機化学
ページ数224pサイズ14.8x1.2x21 cm
第2位

学研プラス

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)

価格:1,598円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

化学の勉強が楽しくなる一冊

こちらの宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)は、左ページに説明、右ページがすべて図解という革新的な化学の参考書です。難しい理論化学の理解を助ける図と、ハカセ&クマのかわいいイラストで化学を楽しく勉強することが可能です。

 

また、ただ読むだけの参考書とは違い別冊の問題集がついているため、解く力も身に着けることができます。確認問題の中には難しい問題も入っていますので、基礎から少しずつ実力をつけていき、自分の力試しをすることも可能です。

 

 ただし、大学受験に向けた勉強をしたい方には、問題の難易度・数が足りないため、スターターブックとしておつかいいただくことをおすすめします。基礎をしっかり学びたい方化学を学んだことない方勉強が苦手な方におすすめの一冊です。

レベル教科書・基礎分野理論
ページ数392pサイズ21x14.8x 3cm
第1位

KADOKAWA/中経出版

センター試験 化学の点数が面白いほどとれる本

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

センター試験対策はこれ一冊

こちらのセンター試験 化学の点数が面白いほどとれる本は、センター試験「化学」に対応した参考書です。センター試験で出題される結晶構造や化学結合、電池・電気分解、熱化学・気体の性質・反応速度・化学平衡など理論化学、無機、有機のすべてに対応しています。

 

また、問題研究と指導力に定評がある橋爪先生の授業を受けているような感覚で勉強することが可能です。丁寧でわかりやすい解説で教科書レベルの内容をより深く理解しつつ、センター試験の過去問を使った実戦形式に即した演習で高得点への道が開けます。

 

センター試験「化学」に出題されるポイントを徹底的に研究した一冊であり、多くの受験生から定評のあるシリーズです。センター試験に向けた対策であれば、こちらが一番おすすめです。

レベルセンター試験分野全分野
ページ数574pサイズ21x14.8x3.4 cm

高校化学の参考書おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5106369の画像

    KADOKAWA/中経出版

  • 2
    アイテムID:5106377の画像

    学研プラス

  • 3
    アイテムID:5106379の画像

    旺文社

  • 4
    アイテムID:5106381の画像

    旺文社

  • 5
    アイテムID:5106383の画像

    旺文社

  • 6
    アイテムID:5106386の画像

    三省堂

  • 7
    アイテムID:5106387の画像

    旺文社

  • 8
    アイテムID:5106389の画像

    数研出版

  • 9
    アイテムID:5106391の画像

    ナガセ

  • 10
    アイテムID:5106392の画像

    化学同人

  • 商品名
  • センター試験 化学の点数が面白いほどとれる本
  • 【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)
  • 大学受験Doシリーズ 福間の無機化学の講義 四訂版
  • 大学受験Doシリーズ 鎌田の有機化学の講義 四訂版
  • 化学(化学基礎・化学)基礎問題精講 三訂版
  • 理系大学受験 化学の新研究 改訂版
  • 高校とってもやさしい化学基礎
  • 新化学化学基礎+化学 (チャート式・シリーズ)
  • 化学一問一答【完全版】
  • 有機化学1000本ノック 反応機構編
  • 特徴
  • センター試験対策はこれ一冊
  • 化学の勉強が楽しくなる一冊
  • 入試にフィットする無機化学の問題
  • 最小限の努力で最大限の効果を発揮
  • 実践力と応用力が身につく一冊
  • 難関大学理系学部受験のバイブル
  • 中学校の内容から基礎が学べる
  • 解き方を覚えて得点につなげる
  • すき間時間で勉強が進む
  • 有機化学を極めるための一冊
  • 価格
  • 1620円(税込)
  • 1598円(税込)
  • 1404円(税込)
  • 1404円(税込)
  • 1188円(税込)
  • 2808円(税込)
  • 1188円(税込)
  • 2484円(税込)
  • 1188円(税込)
  • 2916円(税込)
  • レベル
  • センター試験
  • 教科書・基礎
  • センター試験~難関私大・国立
  • 難関私大・国立
  • センター~難関私大・国立
  • 難関私大・国立
  • 教科書・基礎
  • 教科書・基礎~センター試験
  • センター~難関私大・国立
  • センター~難関私大・国立
  • 分野
  • 全分野
  • 理論
  • 無機化学
  • 有機化学
  • 全分野
  • 全分野
  • 全分野
  • 全分野
  • 全分野
  • 有機化学
  • ページ数
  • 574p
  • 392p
  • 224p
  • 320p
  • 304p
  • 832p
  • 192p
  • 576p
  • 440p
  • 180p
  • サイズ
  • 21x14.8x3.4 cm
  • 21x14.8x 3cm
  • 14.8x1.2x21 cm
  • 14.8x1.5x21 cm
  • 21x14.8x1.2 cm
  • 20.8x14.8x3.6 cm
  • 25.4x18.4x1.2 cm
  • 21x15.4x3.2 cm
  • 18.2x13x1.8 cm
  • 25.7x18.2x1 cm

高校化学の参考書の正しい使い方(3ステップ)

化学の勉強をする際に、そもそも参考書をどのように活用すればよいのかわからない方もいらっしゃると思います。そこで、化学の参考書のおすすめの使い方を説明していきます。化学の参考書は、1度ではなく、3度使うことが大切です。

 

まずステップ1では、「内容を熟読してから問題を解き、合っている問題の問題番号に斜線」をしていきます。次にステップ2では、「1度目で合っていてもいなくても、もう一度解く」という作業を行います。

 

そしてステップ3は、「1・2度目で間違っていた問題のみ解き、合うまで繰り返す」という作業の無限ループです。この3つのステップにより、解けない問題がなくなり、確実に実力を育成していくことができるはずです。

まとめ

いかがでしょうか。今回は、高校化学の参考書の選び方やおすすめの商品10冊をご紹介しましたが、少しでも参考になれば幸いです。気になる商品がありましたら、是非一度お手に取ってみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ