記事ID139261のサムネイル画像

【2019年トレンド】ファットバイクの人気おすすめランキング10選

ファットバイクは、2019年のトレンドバイクなのでおすすめです。今回は、通勤やツーリングにもぴったりなファットバイクのおすすめを見ていきましょう。中でもおすすめなのが、電動タイプのファットバイクなのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ファットバイクは通勤やツーリングにもぴったり

最近の自転車のトレンドと言えば、ファットバイクが注目を集めていますよね。ファットバイクはものすごく人気が高く、通勤やツーリングにも実はぴったりなのです。通常の自転車よりもタイヤが太いので、雪道やデコボコした道でも安心して使えると言われています。

 

いざファットバイクを買おうと思っても、どれを買えば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は、ファットバイクの人気おすすめランキングを見ていきましょう。事前に知っておきたい選び方などもあるので、気になるという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ファットバイクの選び方

それでは早速、ファットバイクの選び方から紹介していきます。自分によりぴったりなファットバイクが買ってみたいという人は、ぜひこだわりながらファットバイクを選んでみてください。

タイヤの太さで選ぶ

ファットバイクは、タイヤによって太さが異なるという事を覚えておくと安心です。また、太さによって乗り心地や使い勝手も変わってくるので特徴について把握しておきましょう。基本的には、3インチ、4インチ、そして5インチがあります。

3インチ

3インチのファットバイクは操作性を重要視したいという人にぴったりかもしれません。厚さがそこまでないので、初心者の人でも扱いやすいと感じる事でしょう。全体的に軽やかな乗り心地になっているろいうのも3インチのファットバイクの大きな魅力です。

 

通常のマウンテンバイクのような乗り心地がありますが、タイヤが少し厚めなのでインパクトがありかっこいい印象になります。トレンド感のマウンテンバイクが欲しいという人には、ぴったりかもしれません。

4インチ

4インチは最も定番の太さになっているので迷った時には4インチのファットバイクを買ってみましょう。実際に4インチのファットバイクは種類も多いので、選びやすいと感じるかもしれません。バランスをしっかりとりながら、自電車が漕げるようになっています。

 

太すぎないので操作性もあり、初めての人でも乗りやすいと言われています。ファットバイクを選ぶ際には、絶対に心がけておきたいポイントです。

5インチ

なるべく厚みがあって太いタイヤのファットバイクが買ってみたいという人は、5インチのファットバイクを探してみるのがおすすめです。そこまで数は多くありませんが、5インチであれば険しい道のりでも安心して漕げます。安定感があり、全体的に優れていると噂になっていますよ。

 

また、段差にも強いので衝撃をそこまで感じる事なくツーリングなどができます。本格的なファットバイクが欲しいという人は、ぜひ試してみてくださいね。

タイヤのサイズで選ぶ

それでは次に、タイヤのサイズについて見ていきましょう。どんな自転車を選ぶ時も、タイヤのサイズに注目を当てる事でより漕ぎやすい自転車が見つかるもの。タイヤが大きければ大きいほど少し力を入れるだけで長い距離進む事ができます。

 

逆に、小さめのタイヤのファットバイクは小回りが効くのでツーリングや通勤などにも便利です。スピードを出して自転車が漕ぎたいという人よりは、しっかりコントロールしたいという人はぜひ小さいタイヤのファットバイクを買ってみてくださいね。

フレームの素材で選ぶ

もう一つ、買う前に確認してみたいのがフレームの素材です。フレームの素材によっても使いやすさが大きく異なるので、各素材の特徴についてざっくり紹介してきます。しっかりこだわってみると良いかもしれません。

クロモリ

少しハードな道を漕ぐ予定があるという人は、クロモリをフレームとして使ったファットバイクが間違いなくおすすめです。クロモリは耐久性がとても高いので、険しい道のりでも安心して漕げるようになっています。

 

また、ものすごく軽量だというのも魅力的なポイントかもしれません。全体的に使いやすいと言われている素材なので、気になる人は要チェックですよ。

アルミ

アルミのフレームは、通勤など日常的に使えるファットバイクが欲しいという人にぴったりな素材になっています。アルミはものすごく安価で幅広く取り揃えているからこそ、初心者でも安心して試せます。また、クロモリと一緒で軽量だというのも嬉しいポイントです。

 

ただし、衝撃の吸収性がそこまで高くないので長距離の場合は注意してみましょう。どちらかというと、短距離に向いている素材になっています。あまりにも長く乗ってしまうと体の痛みの原因にもなるので気を付けながら使ってみてくださいね。

カーボン

最後に見ていきたいのが、カーボン素材です。カーボンは衝撃の吸収性がとても高いので長距離自転車を漕いでみたいという人でも安心して使えます。疲れる事なく、快適にツーリングなどが楽しめると口コミでも噂になっています。

 

ただし、カーボンはものすごく傷つきやすいので扱う際には注意してみましょう。あまりにも傷ついてしまうと、修理が必要なってしまいます。時間もお金も無駄なので、なるべく気を付けて乗ってみてくださいね。

 

また、他の素材よりも価格が高めだというのもデメリットかもしれません。そこまでお金を使いたくないという人は、他の素材の方がおすすめです。

フロントとリアのエンド幅で選ぶ

もう一つ、ファットバイクを買う際に確認しておこいたい事があります。それは、フロントとリアのエンド幅です。エンド幅というのは、タイヤを挟むフレームの幅を意味していてエンド幅によっても使いやすさが変わってくると言われています。

 

よりこだわりながら選んでみたいという人は、ぜひフロントとリアのエンド幅をチェックしてみてください。タイヤの太さによっても異なるという事を覚えておいてくださいね。

 

エンド幅を知っておくだけでも、タイヤ交換をする時にものすごく便利になりますよ。

電動タイプも人気

それでは最後に、電動タイプのファットバイクについてざっくり紹介していきます。電動タイプのファットバイクも人気が高く、より快適さを求めているという人にぴったりです。電動タイプであれば自転車を漕いでいる間にサポートしてくれるので、険しい坂道でも登れます。

 

また、タイムがや距離が表示されるものもあるというのが魅力的です。お値段はぐっと上がってしまいますが、一生使えるようなファットバイクが見つかるかもしれないのでぜひ探してみてくださいね。

ファットバイクの人気ランキング10選

第10位

TRINX

ビーチクルーザー ファットバイク ブラック/ブルー

価格:37,793円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定感があるファットバイク

TRINXのビーチクルーザー ファットバイク ブラック/ブルーは、安定感があると言われている人気の高いファットバイクです。タイヤの太さは4インチ、サイズは20インチとちょうど良いかもしれません。また、フレームの素材はアルミになっています。

 

ものすごく軽量なので、ちょっと移動したいという時にも大活躍してくれるようなファットバイクです。また、ブルーとブラックを取り入れたデザインも素敵ですよね。全体的に評価が高く、注目を集めているファットバイクになっています。

 

お値段もそこまで高くないので、初めてファットバイクを買うという人でも安心して買う事ができますよ。

タイヤの太さ4インチタイヤのサイズ20インチ
フレームの素材アルミエンド幅
電動タイプ
第9位

Mongoose

Compac Boy's Fat Tire Bike 20

価格:98,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メンズにぴったりなかっこいいデザイン

それでは次に、Mongooseのファットバイクについて見ていきましょう。Mongooseはファットバイクを取り扱っている有名ブランドでもあるので、選ぶ際にはMongooseを候補に入れてみるのが間違いなくおすすめですよ。

 

そんあMongooseのCompac Boy's Fat Tire Bike 20は、メンズにぴったりなかっこいいデザインに仕上がっています。タイヤの大きさは20インチになっているので小回りが効き街中で自転車が漕ぎたいという人にもぴったりです。

タイヤの太さタイヤのサイズ20インチ
フレームの素材エンド幅
電動タイプ
第8位

HUMMER

マウンテンバイク 26インチ FAT BIKE

価格:28,662円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HUMMERのデザインが取り入れられている

もう一つ、自転車の代表的なブランドと言えばHUMMERが欠かせないですよね。そんなHUMMERのマウンテンバイク 26インチ FAT BIKEは、HUMMERの代表的なデザインを取り入れたファットバイクになっています。存在感がたっぷりで、ものすごくスタイリッシュです。

 

カジュアルな雰囲気が漂っているようなファットバイクなので、いつものファッションに合わせて楽しく自転車が乗れます。街中でもおしゃれに移動ができるので気になるという人はぜひ買ってみてください。

 

ものすごく頑丈で、乗り心地も快適です。タイヤの太さは3インチ、サイズは26インチなのでファットバイクに慣れていないという人でも安心して乗れます。

タイヤの太さ3インチタイヤのサイズ26インチ
フレームの素材スチールエンド幅
電動タイプ
第7位

KONA

WOZO ファットバイク

価格:200,880円(税込)

【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆるシーンで大活躍してくれる

KONAのWOZO ファットバイクは、ツーリングはもちろんちょっと外出をする時や通勤をする時にも大活躍してくれるオールマイティーなファットバイクです。ファットバイクにありがちな鈍さが感じられないようにデザインされているからこそ注目度が高いです。

 

操作がものすごく簡単で、あまりファットバイクに乗った事がないという人でもすぐに慣れる事ができます。トラブルが起きにくいスペックに仕上がっていると評判になっています。

 

デザインもかっこいいですよね。

タイヤの太さ4インチタイヤのサイズ27.5インチ
フレームの素材アルミエンド幅150×15mm(フロント)、177×12mm(リア)
電動タイプ
第6位

RAINBOW

26BRONX4.0-DD マットブラック×ブラックリム

価格:54,000円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュでおしゃれ

もう一つご紹介したいファットバイクがあります。それは、RAINBOWの26BRONX4.0-DD マットブラック×ブラックリムです。なるべくスタイリッシュでおしゃれなファットバイクが欲しいという人は、ぜひこちらのファットバイクをチェックしてみてください。

 

マットブラックを使っているので光沢がそこまでなく、だからこそおしゃれ感がアップしています。安全性が高いというのも注目ポイントですよ。

 

街中で快適に自転車が楽しめるようになっています。タイヤの太さは4インチで、タイヤのサイズは26インチです。ちょうど良いと感じるかもしれません。

タイヤの太さ4インチタイヤのサイズ26インチ
フレームの素材ハイテン鋼エンド幅
電動タイプ
第5位

Cyrusher

XF800 ファットバイク 17×26インチ

価格:179,536円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無理なく漕げる電動タイプ

CyrusherのXF800 ファットバイク 17×26インチは、人気の高い電動タイプのファットバイクです。サポートをもらいながら自転車が乗ってみたいという人にもおすすめのファットバイクなのでぜひ候補に入れておいてください。無理なく漕げるという魅力がありますよ。

 

雪道や泥道でも安心して漕げると噂になっています。13A大容量バッテリーが搭載されているため長距離にも対応していますよ。洗練された美しいボディは見ているだけでも癒されますよね。

 

絶妙なバランスが体験できるようなファットバイクになっているので、気になるという人はぜひ買ってみてください。走行がものすごくパワフルなので、疲れた時にも快適に乗れるようになっています。

タイヤの太さ4インチタイヤのサイズ26インチ
フレームの素材エンド幅
電動タイプ
第4位

RICH BIT

電動ハイブリッドバイク 20インチファットバイク

価格:198,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乗り心地が良いと噂になっている

乗り心地の良さを追求したいという人におすすめなのが、RICH BITの電動ハイブリッドバイク 20インチファットバイクです。サドルのフィット感が高く、長い間座っていてもお尻が痛くなりません。また、電動式なので疲れる事なく自転車が楽しめます。

 

アシストモードは5段階まで分かれているので、その時の状況によって変える事ができます。前に付いているライトはLEDライトなので、ものすごく手軽に使えます。更に、ウインカーなども取り入れられているので本格的です。

タイヤの太さ4インチタイヤのサイズ20インチ
フレームの素材エンド幅
電動タイプ
第3位

fivecard-bike

ファットバイク マットブラック

価格:39,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者でも乗りやすい

fivecard-bikeのファットバイク マットブラックは、初心者でも乗りやすいと噂になっているファットバイクです。タイヤの太さは4インチ、またタイヤのサイズは20インチになっています。フレームの素材はアルミだからこそ、比較的お値段が安いのです。

 

ハンドルのサイズが広すぎず狭すぎないので、持ちやすいと噂になっています。ギヤ付き、前後ディスクブレーキ、BMXハンドル仕様と高性能だというのも嬉しいポイントですよね。ものすごくスピーディーで、長く愛用ができるようになっています。

 

なるべくコスパの良いファットバイクが欲しいという人は、ぜひ候補に入れておいてみてください。ファットバイクがどのような乗り心地なのかまずは確かめたいという人にもぴったりかもしれません。

タイヤの太さ4インチタイヤのサイズ20インチ
フレームの素材アルミエンド幅
電動タイプ
第2位

Acalie

サンドバイク-PLUS

価格:198,000円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで使いやすい

もう一つおすすめしたい電動タイプのファットバイクがあります。それは、Acalieのサンドバイク-PLUSです。こちらのファットバイクはものすごくコンパクトだからこそ、使いやすいと評判になっているのでおすすめです。

 

1回の充電で、走行距離30-50kmほど走る事ができますよ。また、最高速度は約45km/hだという事を頭の中に入れておくと間違いなく安心です。ビーチの上でも走る事ができるくらいタイヤが強力なので、本格的なファットバイクが欲しいという人はぜひチェックしてみてください。

 

また、ペダル走行モード、電動バイクモード、ハイブリッド走行モードなどのモードが選べるようになっています。その時の疲れ具合や道のりによって、自分でモードが選べるのです。お値段は少し高めですが、使い勝手がとても抜群なのでおすすめです。

タイヤの太さ4インチタイヤのサイズ20インチ
フレームの素材エンド幅
電動タイプ
第1位

キャプテンスタッグ

ファットバイク ビーチクルーザー マットホワイト

価格:58,877円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性が抜群

キャプテンスタッグのファットバイク ビーチクルーザー マットホワイトは安すぎず高すぎない、ちょうど良い価格帯のファットバイクです。マットホワイトのカラーを取り入れていて、ナチュラル感がたっぷりあります。メンズはもちろん、レディースにもおすすめのデザインです。

 

安定性が高く、小回りも効くので安心して乗れるようになっています。また乗り心地がとても軽やかで、ちょっとペダルを踏むだけでもすっと距離が進みますよ。子供から大人まで乗れるようなファットバイクなのでぜひ参考にしてみてくださいね。

タイヤの太さ4インチタイヤのサイズ20インチ
フレームの素材アルミエンド幅
電動タイプ

ファットバイクのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5106068の画像

    キャプテンスタッグ

  • 2
    アイテムID:5106046の画像

    Acalie

  • 3
    アイテムID:5106075の画像

    fivecard-bike

  • 4
    アイテムID:5106074の画像

    RICH BIT

  • 5
    アイテムID:5106073の画像

    Cyrusher

  • 6
    アイテムID:5106071の画像

    RAINBOW

  • 7
    アイテムID:5106070の画像

    KONA

  • 8
    アイテムID:5106069の画像

    HUMMER

  • 9
    アイテムID:5106063の画像

    Mongoose

  • 10
    アイテムID:5106053の画像

    TRINX

  • 商品名
  • ファットバイク ビーチクルーザー マットホワイト
  • サンドバイク-PLUS
  • ファットバイク マットブラック
  • 電動ハイブリッドバイク 20インチファットバイク
  • XF800 ファットバイク 17×26インチ
  • 26BRONX4.0-DD マットブラック×ブラックリム
  • WOZO ファットバイク
  • マウンテンバイク 26インチ FAT BIKE
  • Compac Boy's Fat Tire Bike 20
  • ビーチクルーザー ファットバイク ブラック/ブルー
  • 特徴
  • 機能性が抜群
  • コンパクトで使いやすい
  • 初心者でも乗りやすい
  • 乗り心地が良いと噂になっている
  • 無理なく漕げる電動タイプ
  • スタイリッシュでおしゃれ
  • あらゆるシーンで大活躍してくれる
  • HUMMERのデザインが取り入れられている
  • メンズにぴったりなかっこいいデザイン
  • 安定感があるファットバイク
  • 価格
  • 58877円(税込)
  • 198000円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 198000円(税込)
  • 179536円(税込)
  • 54000円(税込)
  • 200880円(税込)
  • 28662円(税込)
  • 98980円(税込)
  • 37793円(税込)
  • タイヤの太さ
  • 4インチ
  • 4インチ
  • 4インチ
  • 4インチ
  • 4インチ
  • 4インチ
  • 4インチ
  • 3インチ
  • 4インチ
  • タイヤのサイズ
  • 20インチ
  • 20インチ
  • 20インチ
  • 20インチ
  • 26インチ
  • 26インチ
  • 27.5インチ
  • 26インチ
  • 20インチ
  • 20インチ
  • フレームの素材
  • アルミ
  • アルミ
  • ハイテン鋼
  • アルミ
  • スチール
  • アルミ
  • エンド幅
  • 150×15mm(フロント)、177×12mm(リア)
  • 電動タイプ

買う際に知っておきたいファットバイクのデメリット

ファットバイクはタイヤが太い分、通常の自転車のタイヤよりも重いという傾向があります。そのため、中にはファットバイクが使いにくいと思っている人もいるようです。これは、ファットバイクのデメリットとして覚えておくと良いかもしれません。

 

また、もともと雪道やデコボコした道でも乗れるような自転車として作られているので、スピードは基本的に遅めです。ママチャリよりもスピードが出ない事もあるので、注意しましょう。どちらかというと、ゆっくりのんびりと自転車が漕ぎたいという人にぴったりですよ。

まとめ

流行っている自転車が買ってみたいという人は、ぜひファットバイクを買ってみてください。最近だと街で見かける事も、多くなってきましたよね。存在感がたっぷりで、個性的なおすすめの自転車になっているので自分にぴったりなファットバイクを見つけてみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ