記事ID139257のサムネイル画像

【DIYをスムーズ快適に】ミニルーターのおすすめ人気ランキング10選

ミニルーターはプラモデルなど小さいプラスチック素材や、木材、金属加工など行うのに適した電動工具です。最近では、価格も安いものが登場しておりお買い求めしやすくなっています。本記事では、マキタやタックライフなど人気メーカーも織り交ぜ紹介していきます。

ミニルーターのメリット

ミニルーターという電動工具を、まず知ることからはじめましょう。ミニルーターの他にも電動工具がある中で、ミニルーターがもたらすメリットを確認します。そして、その他の類似電動工具も同時に知りましょう。

加工できる商品が多い

ミニルーターはポールペンサイズの電動工具で鉛筆を持つように使用します。加工する素材が小さければ、他の電動工具での加工が難しいですが、ミニルーターがあれば細かい加工も楽に行えるようになります。

 

そして、先端のビット部分を取り替えすることで、様々な加工を行えることもメリットです。先端工具を替えることで、「削る」ことや、「穴をあける」、「切断する」ことが可能となります。先端工具取替えで万能の電動工具となってくれます。

ルーター・トリマーとの違い

ミニルーターと同様に加工できる電動工具として、トリマーがあります。トリマーは木材などをトリミング(装飾加工)するのに用いる道具です。トリマーとミニルーターの違いとしては大きさです。

 

トリマーは加工するのに片手で行える電動工具ですが、それでも大きさとしては、ミニルーターのペンサイズと比べて大きいです。用途としては加工する目的は同じですが、加工する素材の大きさによって使い分けている方が多いです。

 

ミニルーターと合わせて、大きい素材を加工できるトリマーや、それ以上に大きいルーターも活用してみましょう。

ミニルーターの選び方

ミニルーターを選んでいくにあたって、あなたの用途に適しているかを確認していくことが重要です。長時間使用するのか、どんな機能があれば嬉しいのか見ていきましょう。また、ビットの付け方も合わせないと使用できないケースがあるので注意が必要です。

電源供給方法で選ぶ

電源供給方法は2種類あります。どちらが自分の用途と合っているのか確認して、扱いやすい方を選びましょう。

充電式

充電式は携帯性に優れ、コンセント位置を気にしないで作業することができます。場所を移動することが多い方や、作業時にコード類が気になってしまう方はコードレスタイプの充電式の方が適しています

 

また、充電バッテリーを内蔵して稼働しているので、重量は重くなります。とはいっても、ミニルーター本体も軽量化が図られており、気にするほどではない機種も多数あります。傾向としては充電式の方がコード式よりも重くなることは頭に入れておいてください。

 

重量はあまり気にならない方や、それよりも取り回しがいいミニルーターが欲しいという方であれば、充電式は利便性が高いのでおすすめです。

コード式

コード式は、コンセントにつないだ状態で作業をするタイプです。動力源がコンセントからの電気になるので、本体自体の重量は軽くなります。ですので、充電式とコード式ではコード式の方が軽くなる傾向になるのです。

 

用途としても長時間、細かい作業を行うことが多い方は、コード式の方が適しているかもしれません。なぜなら、少しの重さの違いによっても手先の微妙な影響を及ぼすからです。作業環境を見つめてみて、購入を考えるようにしましょう。

メーカーで選ぶ

メーカーも人気と定評のあるところを紹介します。どれも電動工具メーカーとして名の知れたものばかりです。

マキタ

マキタは外せないメーカーです。ハイパワーな製品を扱っていることも多くて、負荷をかけても回転数の低下を発生させないようなパワフルな製品が多数販売されています。

 

回転数を調節できる機能のタイプも販売されており、家庭用としてもDIY用途しても幅広く使えるのが魅力なメーカーです。電動工具では「世界のマキタ」と呼ばれており、その製品は一度使用すると、安定感・品質の高さに驚くことでしょう。

タックライフ

タックライフは、手に入れやすい安価で提供されていることで人気の高いメーカーです。USB充電ができたりと充電方式も現代に合った製品が登場しています。

 

モバイルバッテリーなどを携行している方などなら、近くに充電できる場所がなくても、ある程度の時間は作業をすることができます。また、タックライフミニルーター全般の評価としても、「持ちやすくて小物加工には最適」と高評価を得ています

 

ただし、電源のオンオフスイッチが手元にはなく、後方に付いているタイプが多いので、先端のチャックを回すボタンとスイッチと勘違いしないように注意しましょう。

プロクソン

プロクソンは電動工具メーカーとして有名です。ミニルーターの他にも、多数の販売機種があります。

 

カービングプロという木に刃を当てるだけで木調や版画、彫刻など幅広く彫ることのできるものや、ボール盤や金属のフライス加工、溝入れ加工、木材の面取りなどができるフライスマシン等々です。

 

ミニルーターも、指に馴染みやすく、細かい作業をまるでペンのように扱えると評判が良いです。ガラス彫刻から一般彫刻や、彫金、模型工作までと幅広く扱えます。色々なことにチャレンジしてみたいという方にもおすすめできるメーカーです。

重量で選ぶ

重量も抑えておきたいポイントの1つです。長時間作業していると少しの重さの違いが蓄積になって、作業効率を低下させてしまいます。

 

できるだけ、自分の用途を確認して長時間作業が多い方は特に、軽いものを選びましょう。また、持ちやすさも重要ポイントです。自分に合っていない持ちづらいミニルーターだと、細かい作業を行うことが多いです。

 

微調整や手先にまで合いやすいものを見つけられるとベストです。1番いいのは一度、自身で購入前に手にとってみることです。そうすると、感覚の違いがわかりやすいです。

機能で選ぶ

機能面も充実したものが多数登場しています。そこで機能面も見るところを確認しましょう。まずは、回転数が調節できるタイプです。回転数が調節できると、加工したい素材に合わせて、回転数を制御することができます。

 

全て同じ回転数で加工してしまうと、微調整できないものも出てきます。素材やビットの加工方法で回転数を少し下げたいと思った時にも融通が利くものの方がいいですね。他にも定格使用時間は確認しましょう。

 

定格使用時間は、使用しているミニルーターがオーバーヒートを起こさないように、自己制御機能が備わっています。定格使用時間をみれば、そこがわかるのですが、連続で長時間作業をしたい方には、時間の長いものを選ぶことをおすすめします。

ビットで選ぶ

ビットについても注目すべき点です。ビットとは先端工具のことを指します。本体とビットとをつなげるのに、本体と直接つなげるタイプとコレットコーンをセットしてつなげるタイプがありますので、確認が必要です。

 

また、「ビット」には、ブラシ系・切断砥石系・小径ドリル系・研磨剤系・バフ系・カッター(ハイス鋼、超硬)系・ダイヤモンドビット(ダイヤモンド砥石)系・砥石系とに幅広く分類されます。また、これらビットの種類の中でものによって性質が違います。

 

ダイヤモンドビットは、焼き付け(炭化)を起こしたりして、切れ味を悪くしてしまいます。その他にも硬さや耐熱性に優れるハイス鋼などは、チップしやすい性質があったりします。「ビット」の特徴を抑えておくのも安心して使用できるポイントになってきます。

ミニルーターのおすすめ人気ランキング10選

第10位

ビッグマン(Bigman)

iHelp(アイヘルプ) 充電式ミニルーター ビットセット

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

回転数を調節可能なミニルーター

こちらのミニルーターは3段階にわけて調節できるタイプのミニルーターです。用途に合わせて使い分けることができるのがメリットになります。先端ビットも4本付属品として取り付いており、自分が行いたい作業に合わせて変更することも可能です。

 

それでいて、価格は安価で手が出しやすい価格なのも魅力です。コストパフォーマンス面でも魅力あるミニルーターです。ただ、パワー部分でバッテリーが3.2Vと少しパワーが足りていないと感じる方もいるかもしれません。

 

本格的にミニルーターを使用したい方には、パワーの点で物足りなさを感じさせるかもしれませんが、小さい木工加工や模型などの小物製作であれば、やれることも多くて大変重宝するでしょう。

重量85g回転数4,000・9,000・14,000の3段切換
チャック定格使用時間15分
第9位

プロクソン (PROXXON)

マイクロ・ベルトサンダー

価格:15,316円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘッド角度調整可能なタイプ

こちらのプロクソンが販売するベルトサンダーは、ヘッド角度を調整できるタイプとなります。ストレート形状のミニルーターでは加工がやりにくかったものに対しても、角度がかわることで、スムーズに行えるケースがあるので、そういった際に大変重宝します。

 

角度は0~70度まで変更可能です。こちらは研磨に特化したモデルなので、他の用途で使用できませんが、「研磨する」ことに関しては、材質や凹凸物などに影響されることなく、効率的に作業を進められるでしょう。

 

パワー面も特殊ギアを採用しているため高トルクで作業ができます。また、ベルトのたわみを利用して湾曲部分への加工も行うことができます。研磨作業が多い方におすすめです。

重量回転数ベルトの周速:300~700m回転/分
チャック定格使用時間15分
第8位

ドレメル

ペン型ミニルーター FINO

価格:6,238円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽さ・使いやすさ・操縦性3拍子揃ったモデル

定格使用時間が長く使用できるというので人気を集めるドメレルのミニルーターです。それだけでなく、太めに設定されたグリップは扱いやすく、使用できます。また、静動面も音は大きすぎず、作業できます。

 

太めに設定されたグリップは扱いやすいです。また、静動面も音はうるさすぎず、夜間帯でも調整ダイヤル1(パワー40%以内を目安)であれば作業できます。またワンボタンで電源を入り切りできることと、パワーレベルの調整も行えるのでスムーズに作業が可能です。

 

模型製作用に購入された方も安定した使い心地がいいと評価が高いです。ただし、ボタンの配置が電源の真裏にシャフトロックボタンあるため、誤操作してしまいそうだと1つ難点を挙げている方もいました。

重量105g回転数5000~22000回転/分
チャック0.8/1.6/2.4/3.0/3.2mmφ定格使用時間
第7位

ホーザン(HOZAN)

ミニルーター K-109

価格:8,767円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スピードコントローラー

ホーザンの販売するミニルーター K-109は、様々な種類のビットに合わせられるように、無段階でスピードコントロールができるようになっています。初心者も低速での作業からはじめられるため安心して使用することができます。

 

機能面についても、コレットチャック式を採用し、締結力を高め芯ブレを最小限にとどめます。ビットの脱着についても工具を必要としないため作業効率を高める要因になります。また、長時間作業が行える軽量化が図られているのも高ポイントです。

 

また、ダイヤモンドビットも標準で装備されており、セラミックや、ガラス、石材などといった硬質素材に対しても研磨することが可能です。そこに加えて掃除面をフォローしてくれる専用ケースとハケが付属してきます。欲しいスペックが凝縮された商品です。

重量160g回転数7000~16500回転/分
チャック2.35mmφ定格使用時間15分
第6位

リョービ(Ryobi)

ホビールータ HR-100 682500A

価格:7,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

金属・プラスチック素材にはこれ

リョービから販売されているミニルーターです。特に、プラスチック・金属加工に適したモデルです。おもちゃの修理などでも活躍するでしょう。対応する分野は模型工作・金属修正・彫金・彫刻などです。

 

ただ、重量があります。450gなのでペンのように扱うというのは難しいでしょう。エントリーモデルであるため価格も安価で提供してくれます。繊細な作業の際には無段階長調節でき、細かい作業もしっかりと行えます

 

ビットも6本組となっているため別売りビットを購入すれば、作業幅がより一層広がるのです。最初に購入を検討してもいいくらいに機能面・耐久力などでもオールラウンドに対応することができます。

重量450g回転数8000~23000回転/分
チャックコレットチャックφ2.4(本体取付) ●コレットチャックφ3.0定格使用時間
第5位

マキタ(Makita)

電子ハンドグラインダ GD0800C

価格:26,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイパワーなミニルーター

電動工具メーカー「マキタ」のハンドグラインダーです。性能面は高いスペックを持っており、高負荷がかかるような場面でも回転数低下を招きません。それでいて、回転数の調節できる変速ダイヤルが備え付けられてもいるので、非常に優秀です。

 

バリ取りや、塗装を落としたりと専門性の高いことも行えるスペックを持っているのでプロ仕様です。ガラス彫刻や模型作りに特化したモデルというわけではないので注意が必要です。

 

しかし、その高いエネルギー量や、機能面をみても見過ごすわけにはいかないミニルーターです。

重量1.6kg回転数7000~28000回転/分
チャックコレットコーン6mm定格使用時間
第4位

タックライフ(Tacklife)

ミニルーター RTD36AC

価格:4,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格から想像できない充実した付属品

こちらのタックライフ ミニルーターの中には、17種類・85ピースのアクセサリーが含まれており、そこに3種類のアタッチメントを搭載して販売されています。アタッチメントにはフレックスシャフト、カッティングガイド、ディテーラーズグリップのラインナップです。

 

これ1つがあれば、ある程度網羅的に作業が行えるようになります。幅広い分野を研磨などの加工を自由に行えるようになって、この価格で手に入るのですから魅力的です。

 

6段階のスピード調節機能も搭載していますし、パワー不足を感じさせない135Wのエネルギーを持っています。とりあえず一式揃えたいという方におすすめです。

重量回転数10000~40000回転/分
チャック定格使用時間
第3位

髙儀(Takagi)

EARTH MAN ホビールーターセット HRT-86

価格:3,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ面のいいミニルーターセット

ハンドメイド作品などを作る時に必要なスペックがセットの中に含まれており、初心者にもおすすめです。セットで、準備されていてこのコストパフォーマンスなので、満足のいく内容です。

 

研磨などをこれまで自分でやってきた方は、電動工具を利用することでより一層素早く効率的に作業が行えます。入門編として、こちらを手に入れてみてもいいでしょう。

重量110g回転数6000~13000回転/分
チャック2.35mmφ定格使用時間10分
第2位

ドレメル

コードレスミニルーター MICRO

価格:9,751円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型ではあるがパワー◎

充電式のドレメルのミニルーターです。特徴は非常にコンパクトであることです。充電式なので、バッテリーを内蔵していますが、バッテリー内蔵型でありながら、250gの重量です。

 

コードレスタイプとなるため、取り回しが非常によく作業効率を上昇させてくれます。気になる部分として、「バッテリーのもち」ですが、7.2Vリチウムイオンバッテリーですのでパワー落ちが早いということはありません。

 

取り回しのいいミニルーターをお探しの方はこちらがおすすめです。

重量250g回転数5000~28000回転/分
チャック3.0、3.2mmφ(標準付属)、0.8/1.6/2.4/3.0/3.2mmφ(使用可能径)定格使用時間
第1位

プロクソン (PROXXON)

ミニルーター MM100

価格:8,839円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽作業に適したミニルーター

コード式プロクソンのミニルーター「MM100」です。コード式を採用としたことで軽さが生まれ、疲れが出にくく、が作業スピードをキープし続けます。グリップもペンのようで、細くて持ちやすい形状となっていますので、持った感覚も非常に良いです。

 

回転数も削る素材に合わせた調整のできる無段階スピード調整を採用しています。「MM100」は、全体的にみて、軽作業を行うミニルーターに欲しいスペックを持っているバランスの良さが魅力です。

重量260g回転数8000~18000回転/分
チャック2.35、3.00mmφ定格使用時間15分

ミニルーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5112424の画像

    プロクソン (PROXXON)

  • 2
    アイテムID:5112427の画像

    ドレメル

  • 3
    アイテムID:5112428の画像

    髙儀(Takagi)

  • 4
    アイテムID:5112429の画像

    タックライフ(Tacklife)

  • 5
    アイテムID:5112431の画像

    マキタ(Makita)

  • 6
    アイテムID:5112438の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 7
    アイテムID:5112445の画像

    ホーザン(HOZAN)

  • 8
    アイテムID:5112450の画像

    ドレメル

  • 9
    アイテムID:5112463の画像

    プロクソン (PROXXON)

  • 10
    アイテムID:5112468の画像

    ビッグマン(Bigman)

  • 商品名
  • ミニルーター MM100
  • コードレスミニルーター MICRO
  • EARTH MAN ホビールーターセット HRT-86
  • ミニルーター RTD36AC
  • 電子ハンドグラインダ GD0800C
  • ホビールータ HR-100 682500A
  • ミニルーター K-109
  • ペン型ミニルーター FINO
  • マイクロ・ベルトサンダー
  • iHelp(アイヘルプ) 充電式ミニルーター ビットセット
  • 特徴
  • 軽作業に適したミニルーター
  • 小型ではあるがパワー◎
  • コスパ面のいいミニルーターセット
  • 価格から想像できない充実した付属品
  • ハイパワーなミニルーター
  • 金属・プラスチック素材にはこれ
  • スピードコントローラー
  • 軽さ・使いやすさ・操縦性3拍子揃ったモデル
  • ヘッド角度調整可能なタイプ
  • 回転数を調節可能なミニルーター
  • 価格
  • 8839円(税込)
  • 9751円(税込)
  • 3290円(税込)
  • 4899円(税込)
  • 26780円(税込)
  • 7480円(税込)
  • 8767円(税込)
  • 6238円(税込)
  • 15316円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 重量
  • 260g
  • 250g
  • 110g
  • 1.6kg
  • 450g
  • 160g
  • 105g
  • 85g
  • 回転数
  • 8000~18000回転/分
  • 5000~28000回転/分
  • 6000~13000回転/分
  • 10000~40000回転/分
  • 7000~28000回転/分
  • 8000~23000回転/分
  • 7000~16500回転/分
  • 5000~22000回転/分
  • ベルトの周速:300~700m回転/分
  • 4,000・9,000・14,000の3段切換
  • チャック
  • 2.35、3.00mmφ
  • 3.0、3.2mmφ(標準付属)、0.8/1.6/2.4/3.0/3.2mmφ(使用可能径)
  • 2.35mmφ
  • コレットコーン6mm
  • コレットチャックφ2.4(本体取付) ●コレットチャックφ3.0
  • 2.35mmφ
  • 0.8/1.6/2.4/3.0/3.2mmφ
  • 定格使用時間
  • 15分
  • 10分
  • 15分
  • 15分
  • 15分

DIYをより便利にする電動工具

ミニルーター以外の電動工具も上手く活用すると、更にDIYなど金属や、木材、プラスチック素材の加工が楽でスムーズに行えるようになります。予算があれば、積極的に電動工具も活用していきましょう。

大型素材の研磨、切断にはディスクグラインダー

砥石を替えることで、切断や研磨が行える電動工具がディスクグラインダーです。コンパクトなタイプでありながらも、研磨できる素材の幅が広く、金属・木材・コンクリートが行えます。

 

これ以外にも、切断用の砥石と取り替えることで、金属製のパイプ・鋼材や、コンクリート製品のカットも可能です。このように、幅広く使用できることでも人気を集めます

ボルトやナット取り付けにインパクトレンチ

インパクトレンチは、ナット・ボルトを締め付ける時に使用する電動工具です。締め付け作業が以前のように手動の時と比べて、何倍も早く終わらせることができるようになりました。

 

それを可能にするのが「回転していながら打撃している」インパクトレンチの機能によってです。手際よく締め付けを行いたい方におすすめです。

 

注意点としては、インパクトレンチに大きなトルクが発生するため、ソケットへの負担も非常に強いです。ですので、ソケットについてはインパクトレンチ専用を使用するようにしましょう。

まとめ

小さい素材加工に適した電動工具のミニルーターは、用途もたくさんあります。上手く活用することで美しく、きれいに仕上げることができます。是非、上手く活用して、DIYなどをもっと楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ