記事ID139254のサムネイル画像

    【二日酔いにも】アルコールチェッカーのおすすめ人気ランキング10選

    二日酔いなど自覚の無い飲酒運転はアルコールチェッカーで避けることが出来ます。この記事ではおすすめのアルコールチェッカーの選び方とおすすめ人気ランキングを10位までご紹介しています。是非アルコールチェッカー選びの参考にして下さい。

    深酒したら翌日でも危険!アルコールチェッカーで確認しよう

    飲酒運転の厳罰化がすすみ、お酒を飲んで運転して帰るという人はほとんどいなくなりましたが、気をつけなければならないのが翌日の二日酔いです。前日深酒してしまった場合は翌日の朝にはアルコールが抜けず、酒気帯び運転の基準値を超えている可能性があります。

     

    そこでおすすめしたいのがアルコールチェッカーです。一晩寝たから大丈夫と、たかをくくらずハッキリと数値で表示されるアルコールチェッカーを使い飲酒運転にならないよう自己管理しましょう。

     

    特に運送業やドライバーの方には2011年からは飲酒運転撲滅のため事業用自動車のアルコールチェックが義務付けられており、たった一度の酒気帯び運転でも契約違反で解雇となってしまう例もあります。自覚の無い飲酒運転はアルコールチェッカーで避けましょう

    アルコールチェッカーの使い方

    ここからはアルコールチェッカーの選び方をご紹介します。アルコールチェッカー選びの参考にしてみてください。

    センサーのタイプで選ぶ

    まずはアルコールチェッカーのセンサー部について確認していきましょう。アルコールチェッカーで使われているセンサーは2種類あり、それぞれメリットデメリットがあります。

    高精度を求めるなら燃料電池タイプ

    まず高精度を求める人におすすめなのが燃料電池センサーです。電気化学式センサーとも呼ばれます。燃料電池センサーは小型・軽量ながらアルコール以外の影響を受けにくく、正確なアルコール濃度の測定が可能です。

     

    燃料電池センサーはアルコールを電気反応で酸化させ、電気の流れる量によってアルコール濃度を測定するというものです。タバコや薬糖尿病などの影響受けにくく、環境の影響も受けにくいというメリットがあります。

     

    本体価格は数万円と高価ですがセンサー部が交換式になっている製品も多く、長く使えるというメリットもあります。プロドライバーなど仕事でアルコールチェッカーを使いたい場合には燃料電池タイプがおすすめです。

    本体が安価な半導体ガスタイプ

    次にご紹介するのが半導体ガスセンサーです。安定性や再現性はあまり高くなく、正確な測定には向いていませんが海外メーカーのものであればディスカウントショップで2000円を切るほどの低価格で購入が可能です。

     

    半導体ガスセンサーは呼吸に含まれる酸素量に応じてセンサーの抵抗が変化し、その変化量に応じてアルコール濃度を測定するというもの。アルコール以外にも歯磨き粉に含まれる成分やタバコの煙、飲んでいる薬などによっても測定結果に影響が出てしまうため精度は高くありません。

     

    また、半導体ガスセンサーは使用による劣化も早く、およそ1年または1000回前後でセンサーが寿命を迎えます。センサー部を交換出来ないタイプがほとんどのため、使い捨て感覚で使用することになります。

    周囲の環境に影響されにくいマウスピース・ストロー対応モデルを選ぶ

    アルコールチェッカーには大きく分けて開口部にセンサーが搭載されていて息を吹きかけて測定するタイプと、ストローやマウスピースをセンサー部に取り付けて息を吹き込むタイプの2種類があります。

     

    開口部にセンサーがあるタイプは部品が少なく簡単に測定が可能で、ストロータイプは吹き込んだ息だけを測定するため周囲の環境に影響を受けにくいのが特徴です。両方の測定方法に対応したモデルもあります。

     

    測定の簡単さを取るか、測定結果の正確さを取るかは使い方によって選びましょう。価格帯はストロータイプの方が高額になりますが、法人向けには正確な測定結果が出るストロータイプがおすすめです。

    センサー寿命で選ぶ

    アルコールチェッカーには寿命があります。燃料電池センサーも半導体ガスセンサーも使用開始から1年から1年半ほどで正確な測定が出来なくなってしまいます。更に使用回数による寿命もあるため、使い方にあったものを選びましょう。

     

    燃料電池センサーの使用回数の上限はおよそ5千回から2万回。半導体ガスセンサーの使用回数の上限はおよそ1000回前後。使用可能な回数が大きく異なるため個人で使うのか会社で業務利用するのかによって選択しましょう。

     

    燃料電池センサーの場合はセンサー部の交換を含むメンテナンスや測定結果を正確にする構成作業を購入後もメーカーが請け負っています。費用は1万円から2万円程度。会社事務所などで複数人が毎日使用する場合は長く使える燃料電池センサーがおすすめです。

    メンテナンス費用で選ぶ

    一つ前でも少し触れましたが、燃料電池センサー搭載のアルコールチェッカーはほとんどの場合使い捨てではなくメーカーがメンテナンスを実施しています。費用はメーカー・機種により様々ですがおよそ1万円から2万円。

     

    このメンテナンス費用は長く使うためには必要不可欠なものですから、ランニングコストを含めて選びましょう。例えば5年使うとすれば1年おきに4回のメンテナンスが必要となります。1回あたりのメンテナンス費用が1万円か2万円かでかかる費用は大きく変わってきます。

     

    複数年保証で割引になるメーカーもあります。例えばタニタの場合は1回のメンテナンスで2万円ですが、3回のメンテナンスが含まれた定期メンテナンスならば1回あたり1万3千円と割安です。業務利用であればメンテナンス費用も考慮しましょう。

    据え置き型や傾向型など本体タイプで選ぶ

    アルコールチェッカーは大きく分けてパソコンやプリンタに接続する据え置き型と、持ち歩きに適した携行型に分けられ、それぞれターゲットにしている層が異なります

    高精度な据え置き型

    業務利用として使うのであれば据え置き型のアルコールチェッカーがおすすめです。据置型は運送業やタクシー業など、車の運転に伴う会社の事務所によく設置されているのがこの据え置き型アルコールチェッカーです。

     

    パソコンと接続して測定結果を保存したり、結果を紙にプリントアウトしてくれる高性能なモデルが多いのも特徴です。また、事務所内に設置することで管理者の目が届くようになり身代わり検査などの不正を防止する効果もあります。

     

    デメリットは持ち運べないため出先での検査が出来ないということです。出張先や長距離走行の後など、事務所にすぐに戻れない場合の定時チェックを行いたい場合は携行型も必要となってきます。

    出先でも使える携行型

    個人で使いたい場合には携行型のアルコールチェッカーがおすすめです。携行型は電池やバッテリー駆動に対応しており、どこにでも持ち運びが可能です。携行型は商品の幅が広く、燃料電池センサーを搭載した据え置き型と変わらない精度の製品もあります。

     

    パソコンやプリンターに接続して測定結果を保存・印刷出来るモデルもあり、業務利用も充分に可能です。本体に測定結果を保存しておけるモデルもありますが記録件数は50件から1000件以上と製品によって幅があります。

     

    個人で使う場合でも小型軽量で邪魔にならず、自宅や出先などで簡単に検査が可能な携行型がおすすめです。携行型は半導体ガスセンサーを使用した安価なモデルも数多くあるため2千円台から購入が可能と経済的な負担も少ないのが特徴です。

    スマホと連携し記録する製品も

    スマホとの連携に対応しているアルコールチェッカーも増えてきています。個人向けのものであれば測定結果をアプリに記録し、アルコールが抜けるまでの時間を表示してくれる便利なモデルもあります。

     

    法人向け機能ではアルコールチェッカーの測定結果がアプリから管理者へメールで送信されるものや、身代わり検査防止のカメラを内蔵しており測定結果と一緒に顔写真と位置情報が記録されるものまであります。

     

    メリットは上記に挙げた様々な機能が使えることですが、デメリットは価格が比較的高価な製品が多いということです。法人利用ならばメリットは大きいですが、プライベートでの個人使用であればスマホ連携機能が必用かどうか使い方に合わせて選択しましょう。

    アルコールチェッカーの人気ランキング10選

    第10位

    東洋マーク

    アルコールチェッカー AC-007ST

    価格:110,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    不特定多数が使う業務用

    アルコールチェッカー AC-007STがランクイン。据え置き型ですが会社事務所などで使うよりも、入浴施設やスポーツクラブ・病院など不特定多数の人が利用する場所におすすめのアルコールチェッカーです。

     

    操作方法は電源を入れて息を吹き込むだけの簡単操作で、測定結果はアルコール濃度の他に運転に適した状態かを3段階で判別してくれます。スピーカーからの音声読み上げにも対応しており、測定結果をプリンターで印字することも可能です。

     

    センサー部は半導体ガスセンサーを使用していますが3000~5000回の使用が可能と長寿命で、センサーユニットはユーザー交換に対応しています。価格は高価ですが初めて使用する人にも分かりやすく・使いやすいアルコールチェッカーを探している人におすすめです。

    タイプ据え置き型センサー半導体ガスセンサー
    センサー交換対応センサー寿命5000回
    スマホ連携非対応本体サイズ幅240mm奥行き135mm高さ270mm
    第9位

    Wooce

    アルコールチェッカー

    価格:2,099円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    手軽に利用可能な安価なアルコールチェッカー

    Wooceのアルコールチェッカーがランクイン。胸ポケットに無理なく入れておけるコンパクトと低価格が魅力のアルコールチェッカーです。初めてアルコールチェッカーを買うという人におすすめです。

     

    0.001mg/L単位の細かな測定が可能となっています。免許取り消しになる0.25mg以上を検知するとアラームが鳴る嬉しい機能を搭載。ただしアラームが鳴らなくても0.15mg以上で違反・90日間の免停になりますのでアラームに過信は禁物です。

     

    パソコンでの管理やスマホ連携には非対応ですが、とにかくアルコール濃度が測定出来て低価格なものが欲しいという人におすすめ。他メーカーから同じ見た目の製品が販売されていますが中身は少し異なります。値段と見た目だけではなく商品詳細をよく確認しましょう。

    タイプ携行型センサー半導体ガスセンサー
    センサー交換非対応センサー寿命表記無し
    スマホ連携非対応本体サイズ幅31mm奥行き18mm高さ104mm
    第8位

    フィガロ技研

    フーゴスマート FALC-21

    価格:15,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    高精度を求める個人利用に

    フィガロ技研のフーゴスマート FALC-21がランクイン。フィガロ技研はガスセンサー専業の専業メーカーで、アルコールチェッカーの精度にも定評がある定番メーカーです。このフーゴスマートも燃料電池センサーを使用した高精度のアルコールチェッカーです。

     

    PCとの接続には対応しておらず、手軽に高精度なアルコール濃度測定が可能なモデルです。管理のために記録を取りたい法人利用には向きませんが、個人でも燃料電池センサーの高精度な測定がしたいというプロドライバーの方などにおすすめです。

     

    ストローアタッチメントに対応しており、環境に影響されない測定が可能です。センサー寿命は1年または10000回使用までと長寿命。センサー交換には対応しておりませんが、メーカーで本体の定期交換を実施しています。

    タイプ携行型センサー燃料電池センサー
    センサー交換非対応センサー寿命1年または半年
    スマホ連携非対応本体サイズ幅60mm奥行き23mm高さ108mm
    第7位

    SilkRd

    アルコールチェッカー

    価格:1,899円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    マウスピースでの測定が可能な低価格モデル

    SilkRdのアルコールチェッカーがランクイン。2000円を切る低価格ながらマウスピースをキャップ内に収納可能なのが魅力的なアルコールチェッカーです。やや横長のフォルムとなっていますが横幅は80mmと決して巨大なサイズではありません。

     

    センサーには半導体ガスセンサーを採用し、センサー交換には非対応となっています。センサー寿命についての表記がありませんが、一般的な半導体ガスセンサーは1年または1000回使用程度で寿命を迎えるものが多く、価格を考えれば充分使用出来そうです。

     

    スマホ連携やパソコンでの管理には向いていないため法人利用には向きませんが、個人で手軽にチェックしたいという人におすすめです。マウスピースを使用出来るため、安価なモデルでなるべく精度の高いアルコールチェッカーが欲しいという人にもおすすめです。

    タイプ携行型センサー半導体ガスセンサー
    センサー交換非対応センサー寿命表記無し
    スマホ連携非対応本体サイズ幅80mm奥行き20mm高さ120mm
    第6位

    中央自動車工業

    ソシアック SC-103

    価格:8,040円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    官公庁でも使われる長寿命タイプ

    中央自動車工業のソシアック SC-103がランクイン。官公庁や地方自治体でも使用されている信頼性の高いモデルです。半導体ガスセンサーを使用していますが使用可能回数が5000回と非常に長寿命なのが特徴です。

     

    センサーの交換にも対応していますが、ユーザーでの交換には対応しておらず、メーカー対応での交換となります。使用期間も1年半と長いため長い交換サイクルで製品自体も長く使うことが可能です。

     

    電源を入れて息を吹きかけるだけでアルコール濃度の数値と状態をLEDランプで表示してくれるため、機械が苦手な人でも簡単に使うことが出来ます。スマホ連携には対応していませんが、スタンダードで長く使えるアルコールチェッカーを探している人におすすめです。

    タイプ携行型センサー半導体ガスセンサー
    センサー交換メーカー対応センサー寿命1年半または5000回
    スマホ連携非対応本体サイズ幅45mm奥行き22mm高さ120mm
    第5位

    スマートライフ研究所

    アルコールマネージャー

    価格:22,350円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    スマホ対応の多機能アルコールチェッカー

    スマホ連携に対応したスマートライフ研究所のアルコールマネージャーがランクイン。小型軽量ながら燃料電池センサーを搭載しているため精度が高く、スマートフォンと連携することで様々な機能が使える多機能アルコールチェッカーです。

     

    スマホと連携することで測定結果の記録に対応しており、スマホのGPSを使って位置情報の取得にも対応しています。運転可能になるまでの時間表示もあり、アルコールチェッカーの中では非常に多機能です。

     

    法人向けの管理ソフトもオプションで準備されており、法人向けにもおすすめです。燃料電池センサー式としてはセンサー寿命が1000回と短めですが、メーカーによる1年毎の定期メンテナンス費用は1回2500円と割安でランニングコストは抑えられています。

    タイプ携行型センサー燃料電池センサー
    センサー交換メーカー対応センサー寿命1年または1000回
    スマホ連携対応本体サイズ幅50mm奥行き10mm高さ70mm
    第4位

    フィガロ技研

    フーゴプロ FALC-11

    価格:35,252円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    据え置きにも携行にも使える多機能高性能チェッカー

    フィガロ技研のフーゴプロ FALC-11がランクイン。ガスセンサー専業メーカーのフィガロ技研が手掛けるアルコールチェッカーは高品質高精度で人気が高く、このフーゴプロも人気ランキング常連の定番商品です。

     

    PCと接続しPCに測定結果を表示・保存する据え置き使用と、乾電池駆動の携行使用のどちらにも対応しています。本体にユーザーIDの登録が可能で、ユーザー毎に測定結果を保存することが可能です。保存件数は2500件。

     

    本体に保存した結果はPCと接続しcsv形式で転送することが可能で、携行型で測定結果を管理したい法人向けにも最適です。センサー部のメンテナンスはメーカー対応となり、費用は税別12000円となっています。

    タイプ据え置き型/携行型センサー燃料電池センサー
    センサー交換メーカー対応センサー寿命1年または10000回
    スマホ連携非対応本体サイズ幅65mm奥行き25mm高さ120mm
    第3位

    中央自動車工業

    ソシアック アルファーネクスト

    価格:12,478円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    プロドライバーの愛用者も多い信頼のソシアック

    中央自動車工業が販売するソシアック アルファーネクストがランクイン。ソシアックはプロドライバーの愛用者も多く、警察など官公庁や地方自治体でも使用されている信頼性の高い定番のシリーズです。

     

    アルファーネクストはMEMS技術を使用したハイブリッドセンサーを採用し、ソシアックの中でも小型・軽量なモデルです。パソコンに接続しての記録管理などには対応していないため法人での利用よりも高精度を求める個人利用におすすめ。

     

    センサー寿命が最長2年または5000回と長いのも特徴で、定期メンテナンスがわずらわしいと感じる人にもおすすめです。測定方法は吹きかけ式の他マウスピースや、一般的なストローを使っても測定が可能となっています。

    タイプ携行型センサーハイブリッドセンサー(MEMS半導体ガスセンサー)
    センサー交換メーカー対応センサー寿命1年半~2年または5000回
    スマホ連携非対応本体サイズ幅48mm奥行き23mm高さ135mm
    第2位

    タニタ

    アルコールセンサー プロフェッショナル

    価格:7,620円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    センサー交換可能なストロータイプ

    タニタのアルコールセンサー プロフェッショナルがランクイン。ランキング上位常連の人気モデルです。1万円を切る価格で手に取りやすい製品ですが、プロフェッショナルという名前の通り業務利用を想定した高精度な商品です。

     

    半導体ガスセンサーを搭載し表示は0.01mg/L単位。マウスピースを使用して測定するため周りの環境に左右されません。センサー寿命は半年または500回と決して長くはありませんがこの価格帯の商品としては珍しくセンサー部の交換に対応しています。

     

    センサーは簡単に交換することが可能で交換用のセンサーは3000円前後、マウスピースは10個で1400円前後で購入が可能です。小規模の事務所や遠隔地の従業員に持たせるといった使い方がおすすめです。もちろん個人にもおすすめの高性能モデルです。

    タイプ携行型センサー半導体ガスセンサー
    センサー交換対応センサー寿命半年または500回
    スマホ連携非対応本体サイズ幅42mm奥行き24mm高さ145mm
    第1位

    タニタ

    アルコールチェッカー

    価格:2,830円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    安価で手頃なタニタのアルコールチェッカー

    個人使用したい人におすすめなのがタニタのアルコールチェッカー。ランキング1位をずっとキープし続けている人気モデルです。年齢性別問わず誰でも持ち歩けるシンプルでスタイリッシュなデザインも人気の秘訣でしょうか。

     

    半導体ガスセンサーを搭載しセンサー寿命は1年または1000回となっています。ストローやマウスピースには対応していません。スマホ連携にも対応しておらず、本体に測定結果を記録することも出来ませんが前回測定分の数値のみは記録されます。

     

    毎日の測定結果を記録するといった使い方よりも、飲みすぎた翌朝などに簡単にチェックするといった使い方がおすすめです。価格が手頃で安心して使えるタニタ製のため初めてアルコールチェッカーを買うという人にもおすすめです。

    タイプ携行型センサー半導体ガスセンサー
    センサー交換非対応センサー寿命1年または1000回
    スマホ連携非対応本体サイズ幅32mm奥行き17mm高さ105mm

    アルコールチェッカーの商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5112762の画像

      タニタ

    • 2
      アイテムID:5112756の画像

      タニタ

    • 3
      アイテムID:5112752の画像

      中央自動車工業

    • 4
      アイテムID:5112754の画像

      フィガロ技研

    • 5
      アイテムID:5112750の画像

      スマートライフ研究所

    • 6
      アイテムID:5112755の画像

      中央自動車工業

    • 7
      アイテムID:5112751の画像

      SilkRd

    • 8
      アイテムID:5112753の画像

      フィガロ技研

    • 9
      アイテムID:5112749の画像

      Wooce

    • 10
      アイテムID:5112748の画像

      東洋マーク

    • 商品名
    • アルコールチェッカー
    • アルコールセンサー プロフェッショナル
    • ソシアック アルファーネクスト
    • フーゴプロ FALC-11
    • アルコールマネージャー
    • ソシアック SC-103
    • アルコールチェッカー
    • フーゴスマート FALC-21
    • アルコールチェッカー
    • アルコールチェッカー AC-007ST
    • 特徴
    • 安価で手頃なタニタのアルコールチェッカー
    • センサー交換可能なストロータイプ
    • プロドライバーの愛用者も多い信頼のソシアック
    • 据え置きにも携行にも使える多機能高性能チェッカー
    • スマホ対応の多機能アルコールチェッカー
    • 官公庁でも使われる長寿命タイプ
    • マウスピースでの測定が可能な低価格モデル
    • 高精度を求める個人利用に
    • 手軽に利用可能な安価なアルコールチェッカー
    • 不特定多数が使う業務用
    • 価格
    • 2830円(税込)
    • 7620円(税込)
    • 12478円(税込)
    • 35252円(税込)
    • 22350円(税込)
    • 8040円(税込)
    • 1899円(税込)
    • 15800円(税込)
    • 2099円(税込)
    • 110000円(税込)
    • タイプ
    • 携行型
    • 携行型
    • 携行型
    • 据え置き型/携行型
    • 携行型
    • 携行型
    • 携行型
    • 携行型
    • 携行型
    • 据え置き型
    • センサー
    • 半導体ガスセンサー
    • 半導体ガスセンサー
    • ハイブリッドセンサー(MEMS半導体ガスセンサー)
    • 燃料電池センサー
    • 燃料電池センサー
    • 半導体ガスセンサー
    • 半導体ガスセンサー
    • 燃料電池センサー
    • 半導体ガスセンサー
    • 半導体ガスセンサー
    • センサー交換
    • 非対応
    • 対応
    • メーカー対応
    • メーカー対応
    • メーカー対応
    • メーカー対応
    • 非対応
    • 非対応
    • 非対応
    • 対応
    • センサー寿命
    • 1年または1000回
    • 半年または500回
    • 1年半~2年または5000回
    • 1年または10000回
    • 1年または1000回
    • 1年半または5000回
    • 表記無し
    • 1年または半年
    • 表記無し
    • 5000回
    • スマホ連携
    • 非対応
    • 非対応
    • 非対応
    • 非対応
    • 対応
    • 非対応
    • 非対応
    • 非対応
    • 非対応
    • 非対応
    • 本体サイズ
    • 幅32mm奥行き17mm高さ105mm
    • 幅42mm奥行き24mm高さ145mm
    • 幅48mm奥行き23mm高さ135mm
    • 幅65mm奥行き25mm高さ120mm
    • 幅50mm奥行き10mm高さ70mm
    • 幅45mm奥行き22mm高さ120mm
    • 幅80mm奥行き20mm高さ120mm
    • 幅60mm奥行き23mm高さ108mm
    • 幅31mm奥行き18mm高さ104mm
    • 幅240mm奥行き135mm高さ270mm

    アルコールチェッカーの使い方

    ここからはアルコールチェッカー購入後のおすすめ使用方法をご紹介します。是非購入後の参考にして下さい。

    使用前にはうがいをする

    アルコールチェッカーは空気内のアルコール濃度を測定するため、周囲の環境以外にも口内環境によって測定結果に影響が出ることがあります。例えば歯磨き粉の成分などに反応してしまう場合や、あんこを食べただけで反応してしまう場合もあります。

     

    歯磨き直後の使用は避けて、アルコールチェッカー使用前にはよくうがいをしましょう。念入りにうがいすることで誤計測の大部分を減らすことが可能です。せっかくアルコールチェッカーを買ったのですから正しく測定出来るよう心がけましょう。

    取り扱い説明書をよく確認する

    アルコールチェッカーを購入したら、まずは取り扱い説明書をよく確認しましょう。アルコールチェッカーの取り扱い説明書にはセンサーの簡易メンテナンス方法などが記載されている場合があります。

     

    センサーは消耗品のため劣化していきますが、簡易メンテナンスによって少しでも使える期間が伸びるのは嬉しいですよね。メンテナンス方法が載っていない場合でも保管場所や機器に負担のかからない使用方法を確認しておきましょう。

    使用期間が終わったら買い替えかセンサー交換を

    繰り返しになりますがアルコールチェッカーは消耗品のため使用期間・使用可能回数が決められています。寿命に達したら買い替えもしくはセンサー交換やメーカーでのメンテナンスに出しましょう。

     

    残念ながら使用期限の切れたアルコールチェッカーの数値を信じて運転し、酒気帯び運転で検挙された例もあります。数字が表示されるから大丈夫と判断せず、使用期限を迎えたら買い替えかセンサー交換・メーカーメンテナンスを実施しましょう。

    まとめ

    アルコールチェッカーの選び方と人気ランキング10位までご紹介しました。気になるアルコールチェッカーは見つかりましたでしょうか。二日酔いの飲酒運転は自己管理によって避けることが可能です。アルコールチェッカーを使用して美味しく楽しいお酒を飲みましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ