記事ID139241のサムネイル画像

【初心者におすすめ】おすすめのニコンレンズ人気ランキング10選

スマホカメラ機能の向上によりSNSへの投稿で、感動をシェアするのも容易になりました。そこでより鮮明で美しい写真を楽しみたくなった人に人気が高いのが高性能のニコンのデジタルカメラやレンズ。その中でも特におすすめのニコンのレンズについてご紹介します。

レンズ交換式とレンズ固定式のメリット・デメリットを理解しよう

一般にデジタルカメラと呼ばれるカメラにはレンズが固定されているレンズ固定式カメラとレンズを交換できるレンズ交換式カメラとがあります。

レンズ固定式は手軽さが一番のメリット

一般的にコンパクトデジタルカメラと呼ばれることの多いレンズ固定式カメラですが、最近の上位機種の中には高級コンパクトデジタルカメラという名前にふさわしい画素数やセンサー機能のものも増えています。

 

その魅力はなんといっても軽量でコンパクトなこと。特に荷物量を少しでも減らしたい海外旅行などの場合などは便利です。一方であくまで汎用性に着眼がおかれているため、マクロ撮影や望遠撮影など、こだわりの撮影には物足りなさが残ります。

 

 

レンズ交換式はレンズ次第で撮れる世界が変わる

デジタル一眼レフと称されるレンズ交換式カメラは、名前の通りレンズを交換することでさまざまなシーンに最適な描写や表現力を発揮することができます。マクロレンズや望遠レンズ、魚眼レンズ、さらにティルトシフトレンズなど種類も多彩です。

 

レンズキットなどの同梱レンズから初めて、自分の撮影スタイルがある程度定まってきたら好みのレンズを買い足していくのもレンズ交換式の楽しみ方の1つ。きちんと手入れをすれば長く使用できる点もおすすめです。

ニコンレンズの選び方

それではここからはレンズ交換式カメラで使われるニコンレンズの選び方をご紹介していきます。

フォーマットで選ぶ

ニコンのカメラにはカメラの写しこむ範囲によってFXフォーマットとDXフォーマットの2つがあります。レンズもそれぞれに対応したものが発売されています。

FXから選ぶ

ニコンのFXフォーマットカメラ用レンズにはレンズにFXという刻印、あるいは表示などはありません。このFX用レンズはもちろんFXフォーマットのカメラに最適なように設計されていますが、DXフォーマットのカメラでも使用することはできます。

 

ただし、DXフォーマットカメラにFXフォーマットレンズを装着して撮影した場合は、当然DXフォーマットの写真となり、画素数や抜け感などの特色が生かせない場合が多くなります。

 

カメラ本体、レンズの特性の両方を最大限に引き出したいのであれば、やはりFXフォーマットレンズはFXフォーマットカメラに装着して使用するのがおすすめです。

DXから選ぶ

ニコンのDXフォーマットレンズにはDXという刻印、あるいは表示が必ずあります。また名前にも必ずDXの2文字が含まれているので、FXとの混同を避けるためにも注意しておくことが大切です。

 

DXフォーマットレンズもFXフォーマットカメラで使用することが出来ますが、こちらも写真はDXフォーマットでの仕上がりとなってしまうため、レンズの特性を生かすことが出来ないことがあります。

 

FXフォーマットレンズと同様になりますが、やはりDXフォーマットレンズはDXフォーマットカメラで使うのが一番です。

F値で選ぶ

レンズの絞りを開放した時の数値をF値と呼び、レンズを通してイメージセンサー上に写る被写体の明るさを示します。一般的にはこのF値がより小さいレンズを「明るいレンズ」と呼びます。

 

イメージセンサー上に写る被写体が明るくなると、シャッタースピードが速くても露出を最適に撮影することができます。そのため手ぶれの心配があるようなシーンでもきれいに撮影できるメリットがあります。

 

またF値が小さいほど背景のボケを大きくできるため、ポートレート撮影などの場合などにも適しています。

焦点距離で選ぶ

焦点距離は大きく分けて2種類あります。撮りたい写真の種類からレンズを選びましょう。

単焦点レンズを選ぶ

レンズの仕様書に記載されている焦点距離とは、被写体にピントを合わせた時のレンズから撮影素子までの距離を示します。この撮影素子とは一般にイメージセンサーと呼ばれています。

 

単焦点の場合はこの焦点距離は1つです。焦点距離の短いレンズほどイメージセンサーに写る撮影画角が広くなります。広ければ当然写る範囲も広く、狭ければ当然写る範囲も狭くなります。

ズームレンズを選ぶ

焦点距離が広角と望遠の2つあるレンズをズームレンズと呼びます。例えば55-200mmというズームレンズであれば55mmが最も広い画角、200mmが最も狭い画角になります。画角が狭い望遠では、被写体をより大きく捉えることができます。

 

そのためズームレンズを選ぶ際には、より画角が広い風景などを撮影したいときには55mmより短い焦点のズームレンズを選ぶようにしましょう。逆により望遠の写真を撮りたいときには200mmより焦点距離の長いレンズを選択するのがベストです。

最短撮影距離で選ぶ

レンズにはそれぞれ最短撮影距離が定められています。この最短撮影距離とは被写体に対してピントを合わせることができる最短の距離のことです。よく誤解されますが、一眼レフカメラにおける最短距離とはカメラ本体の距離基準マークの刻印から被写体までの距離です。

 

レンズの突端から被写体までの距離ではないので、被写体に近づいてのマクロ撮影を試みても、この最短距離以下であればピントが合いません。一般にズームレンズであればレンズに最短距離が刻印されています。

 

また単焦点レンズなどであればレンズの距離目盛などに表示されます。この距離表示はメートルとフィートの両方で表示されていることがほとんどです。

最大撮影倍率で選ぶ

撮影倍率とは、イメージセンサー上に捉えられた被写体の大きさと、実際の被写体の大きさとの比率のことを表します。この撮影倍率が高ければ高いほど被写体をより大きく捉えることができるということになります。

 

花の撮影などに多用されるマイクロレンズは、この最高撮影倍率が高いレンズです。拡大しても滑らかな描写力があるものが多く、身近な被写体の思いがけない美しさを捉えることもできます。

オートフォーカスかマニュアルかで選ぶ

ニコンの純正レンズでレンズ名に「AF」もしくは「AF-I、AF-S」と付くレンズはオートフォーカス機能があるレンズです。現行のデジタルカメラ全てに装着して使用することかできます。

 

ただしAF表示のレンズは、ボディ本体側にオートフォーカス内蔵モーターが搭載されている機種でしか可動しません。そのためエントリーモデルのカメラなどではオートフォーカス機能が使えずマニュアルでピントを合わせる必要があります。

 

また非Aiレンズ、Aiレンズなどのレンズはマニュアルフォーカス専用レンズで、現行のカメラでは装着できない、あるいは装着できても露出計などが正常に作動しないなどの制限がある場合があります。

手ぶれ補正機能があるかどうかで選ぶ

ニコンのレンズには「VR」表示のあるレンズとそうではないレンズがあります。このVRとはVibration Reductionの略でニコン独自の手ぶれ補正機能のことを指します。つまり、この表示があるレンズは手ぶれ補正機能があるレンズということです。

 

VRレンズはレンズ内の2つのセンサーが上下左右のぶれを感知して、ぶれをなくすように自動補正してくれます。三脚使用禁止の寺社や観光名所など、手持ちでしか撮影できない場合やシャッタースピードが遅くなる撮影時などに有効です。

対応マウントで選ぶ

ニコンのカメラには大きく分けて、Fマウントとフルサイズ用ミラーレスカメラ用のZマウント、さらにNikon1用のニコン1マウントの3つがあります。マウントアダプターを使えば、マウントが違っても装着できるレンズもあります。

 

しかし、専用以外のレンズをアダプターで装着した場合、やはりレンズの特性を120パーセント生かした撮影はできません。せっかくのレンズの機能を生かしたいなら、自分のカメラのマウントに合ったレンズを使うのが良いでしょう。

レンズの重量で選ぶ

レンズの重量は金属マウントかプラスチックか、あるいはレンズの構造かによって違いが生じてきます。レンズはカメラに装着して使うため、そもそもカメラ単体が優に800gを超えるものも多いため、使用するレンズの重さはチェックが必要です。

 

余りに重いレンズ+カメラの場合は、長時間はホールドするのも難しくなるため三脚が使用できる状態以外の撮影スタイルでは使いづらいこともあります。さらにレンズを装着したままでカメラを持ち歩くのもおすすめできません。

 

またレンズの長さもまちまちなので、手持ちのカメラケースやカメラバッグの収納スペースと照らし合わせて選ぶのがベスト。どうしても長いレンズが欲しい時は、それ専用のレンズケースをカメラバッグと併用するのが良いでしょう。

ニコン純正レンズかサードパーティ製かで選ぶ

カメラレンズにはそれぞれのカメラメーカーが発売している純正レンズのほかにレンズ専業メーカーが発売しているサードパーティ製レンズがあります。概ねサードパーティ製のレンズは同規格の純正レンズよりも価格が低く抑えられています。

 

ニコンで言えばマウントがニコン向けに作られているサードパーティ製レンズであれば、問題なく装着できます。リーズナブルに手に入れたい場合は魅力です。一方、純正レンズは設計段階からカメラ本体とのシンクロ性にこだわって作られています。

 

そのためサードパーティ製レンズは純正レンズに比べて、オートフォーカスの機動性など、瞬時の動きが要求される場合にもの足りなさを感じるがあります。値段だけではなく、コスパで総合的に判断することが大切です。

ニコンレンズの人気ランキング10選

第10位

ニコン

AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G

価格:41,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜け感のある写真が撮れる

2012年の発売以来、扱いやすい単焦点レンズとして人気のある「AF-S NIKKOR 85mm f1.8G」。単焦点ならではの美しいボケを生かした人物撮影や、抜け感のある風景撮影などに強みを発揮します。

 

また開放値1.8の大口径レンズながら重量も350gほどと、握力の弱い女性やお年寄りでもカメラに装着したままで持ち歩くのにもぴったり。ホールド性も高くなるので、三脚なしの撮影などにもおすすめです。

フォーマットFX重量350g
焦点距離85mm
第9位

Nikon

AI マイクロ 55 f/2.8S

価格:42,154円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長年愛用者の多いベストセラーレンズ

最近のレンズにはない、ゴツゴツとしたデザインとは裏腹に柔らかいタッチで被写体をとらえることのできる超ロングセラー単焦点レンズ。ただしマニュアルフォーカスレンズのため、オートフォーカスでしか撮影しないという人には慣れが必要となる場合も。

 

コンパクト設計で歪曲収差の補正具合も良く、風景やスナップ撮影などを楽しむ旅行の際などに威力を発揮します。

フォーマットFX重量290g
焦点距離55mm
第8位

Nikon

AF-S Micro 60mm f/2.8G

価格:68,230円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑らかなオートフォーカスを楽しめる

小型モーターを採用しているため、静かで軽量ながら滑らかなオートフォーカスが楽しめる「AF-S Micro 60mm f2.8G」。もちろんマニュアルへの切り替えも簡単なので、被写体やシーンに合わせた撮影ができます。

 

ただしフードをつけての利用の場合は、長さが89mmほどあるため、最短距離で撮影する場合には影などが出来る場合もあるので注意が必要です。

フォーマットFX重量425g
焦点距離60mm
第7位

Nikon

AF-S DX VR Zoom Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED

価格:13,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めてのズームレンズにも好適

ダブルズームキットにも採用されていた「AF-S DX VR Zoom Nikkor 55-200mm f4.5-5.6G」。レンズシフト式手ぶれ補正機能も採用されているので、初めてのズームレンズにも適したレンズです。

 

ただしオートフォーカスの場合、若干時間がかかるため、素早く動く被写体を捉えるには不向き。風景やスナップなどを気軽に撮りたいという人には手頃なレンズです。

フォーマットDX重量335g
焦点距離広角側:55mm 望遠側:200mm
第6位

Nikon

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

価格:77,770円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで写りも良いレンズ

サイズもコンパクトで重量も軽く、写りの良いレンズ「AF-S Nikkor 18-35mm f3.5-4.5G」。屋外の撮影などではその威力を存分に発揮し、広角側、望遠側ともきれいな写真が楽しめます。

 

ただしF値が3.5-4.5Gであるため、室内などの採光に制限があるシーンでの撮影の場合にはあまり適しているとは言えないことも。またプラスチックの質感に対しては好みが分かれます。

フォーマットFX重量385g
焦点距離広角側:18mm 望遠側: 35mm
第5位

Nikon

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

価格:142,162円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高レベルの手ぶれ補正機能が魅力

ノーマル撮影時にはニッコールでは最高クラスの手ぶれ補正機能が威力を発揮する「AF-S Nikkor 200-500mm f5.6G 」。スポーツシーンの撮影などには専用のVRモード「SPORT」があり、便利です。

 

解像度も高く、初めての高性能超望遠ズームレンズにはおすすめ。重量が2kg余りあるので、カメラに装着したままの持ち運びは破損のリスクも高くなるため、キャリーケースやカメラバッグと併せて使うのがベストです。

フォーマットFX重量2090g
焦点距離広角側:200mm 望遠側: 500mm
第4位

Nikon

Ai AF fisheye Nikkor 16mm f/2.8D

価格:83,434円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホの魚眼レンズとの違いを実感できる

スマホカメラに付けられる魚眼レンズでは撮れない写真が楽しめる「Ai AF Fisheye Nikkor 16mm f2.8G」。FXフォーマットのカメラであればオートフォーカスでの撮影ができるため、気軽に魚眼レンズでの撮影ができます。

 

魚眼レンズ独特の描写を生かしたインパクトのある写真が撮れるため、今までとは一味違う風景写真を撮りたい人には特におすすめです。

フォーマットFX重量290g
焦点距離16mm
第3位

Nikon

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

価格:94,220円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

F値4固定のズームが楽しめる

ノーマルとアクティブの2種類のVRモード搭載、手ぶれ補正機能もあるので、さまざまなシーンで被写体をきれいに捉える事が出来る「AF-S Nikkor 24-120mm f4G」。重量も700g弱とこのクラスでは軽いので、野外のアクティビティでの撮影にも適しています。

 

レンズキットにも採用されている画質と倍率の点でもバランスの取れたズームレンズ。三脚禁止の場所での撮影などにも使えるので、色々なシーンでの撮影を楽しみたい人にもおすすめです。

フォーマットFX重量710g
焦点距離広角側: 24mm 望遠側: 120mm
第2位

Nikon

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

価格:31,939円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EDと非球面の両方が採用されたズームレンズ

風景写真の撮影からスナップ撮影、ポートレートまで幅広く楽しめる「AF-S DX Nikkor 18-105mm f3.5-5.6G」。小型モーターが採用されているので、スムーズなオートフォーカス撮影も思いのままです。

 

金属マウントにこだわらない人には、軽量で汎用性の高いレンズで、旅行や街歩きの際にもぴったり。オプションのフードは用意しておくのがおすすめです。

フォーマットDX重量420g
焦点距離広角側:18mm 望遠側: 105mm
第1位

Nikon

AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR

価格:35,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高屈折率レンズ採用で小型軽量の超望遠レンズ

オートフォーカス機能もあるものの、若干スピード感に欠けるため素早く動く被写体にはマニュアル撮影するのがおすすめの「AF-S DX Nikkor 55-300mm f4.5-5.6G」。手ぶれ補正機能もあるため、風景など静止した被写体の撮影に威力を発揮します。

 

手頃な値段での超望遠レンズが欲しいという人や、初めての超望遠レンズという人にはコスパの面でも取り扱いの容易さからもぴったりのレンズです。

フォーマットDX重量530g
焦点距離広角側:55mm 望遠側: 300mm

ニコンレンズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5105932の画像

    Nikon

  • 2
    アイテムID:5105931の画像

    Nikon

  • 3
    アイテムID:5105929の画像

    Nikon

  • 4
    アイテムID:5105928の画像

    Nikon

  • 5
    アイテムID:5105927の画像

    Nikon

  • 6
    アイテムID:5105926の画像

    Nikon

  • 7
    アイテムID:5105925の画像

    Nikon

  • 8
    アイテムID:5105903の画像

    Nikon

  • 9
    アイテムID:5105899の画像

    Nikon

  • 10
    アイテムID:5105894の画像

    ニコン

  • 商品名
  • AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR
  • AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
  • AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
  • Ai AF fisheye Nikkor 16mm f/2.8D
  • AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
  • AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
  • AF-S DX VR Zoom Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
  • AF-S Micro 60mm f/2.8G
  • AI マイクロ 55 f/2.8S
  • AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
  • 特徴
  • 高屈折率レンズ採用で小型軽量の超望遠レンズ
  • EDと非球面の両方が採用されたズームレンズ
  • F値4固定のズームが楽しめる
  • スマホの魚眼レンズとの違いを実感できる
  • 最高レベルの手ぶれ補正機能が魅力
  • コンパクトで写りも良いレンズ
  • 初めてのズームレンズにも好適
  • 滑らかなオートフォーカスを楽しめる
  • 長年愛用者の多いベストセラーレンズ
  • 抜け感のある写真が撮れる
  • 価格
  • 35800円(税込)
  • 31939円(税込)
  • 94220円(税込)
  • 83434円(税込)
  • 142162円(税込)
  • 77770円(税込)
  • 13150円(税込)
  • 68230円(税込)
  • 42154円(税込)
  • 41650円(税込)
  • フォーマット
  • DX
  • DX
  • FX
  • FX
  • FX
  • FX
  • DX
  • FX
  • FX
  • FX
  • 重量
  • 530g
  • 420g
  • 710g
  • 290g
  • 2090g
  • 385g
  • 335g
  • 425g
  • 290g
  • 350g
  • 焦点距離
  • 広角側:55mm 望遠側: 300mm
  • 広角側:18mm 望遠側: 105mm
  • 広角側: 24mm 望遠側: 120mm
  • 16mm
  • 広角側:200mm 望遠側: 500mm
  • 広角側:18mm 望遠側: 35mm
  • 広角側:55mm 望遠側:200mm
  • 60mm
  • 55mm
  • 85mm

レンズにトラブルが起きる前のメンテナンス

レンズを交換するだけで、さまざまな被写体を美しくとらえることができるデジタル一眼レフですが、お手入れを欠かすと後々トラブルの元になってしまいます。例えば屋外でレンズ交換をすると、どんなに気をつけていても花粉や埃が付着してしまうことも。

 

そのまま放置しておくと、さらに大きな汚れやカビの発生につながることもあるので、早め早めのお手入れが肝心。専用のメンテナンスキットなども販売されているので、大切なカメラやレンズをベストコンディションに保てるように気をつけましょう。

まとめ

スマホカメラでは収まりきらない感動の風景や瞬間を切り取るのには、やっぱりデジタルカメラが一番です。中でも多種多様なニーズに特化したニコンのレンズで捉える被写体の美しさは格別。あなたもぜひその感動をニコンのレンズで体験してみて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ