記事ID139239のサムネイル画像

【2019年最新版】canon(キヤノン)の一眼レフ人気おすすめランキング10選

カメラ好きのみなさん、どんなカメラをお使いですか。スマホで簡単に高画質写真が撮れる時代ですが、一眼レフの進化も見逃せません。「お子様やペットなどの大切な写真を最高画質でおさめたい」・・・そんな方に今回はキヤノンの一眼レフのおすすめランキングをご紹介します。

キャノンの一眼レフの特徴は?

キヤノンはデジタルカメラの最大手です。レンズ交換式カメラでいつもシェア上位に君臨し、日本のカメラ業界を引っ張っているキヤノンですが、一眼レフのラインナップも非常に豊富です。

幅広いラインナップ

キヤノンの一眼レフは、一眼レフカメラやミラーレス一眼などを展開する「EOSシリーズ」が代表的なシリーズになります。EOSシリーズは、2019年時点で20個もの一眼レフカメラを発売しています。

 

初心者向けの「エントリーモデル」から10個、少しカメラに慣れている人向けの「ミドルクラスカメラ」からは4つ、「ハイアマチュアモデル」から5つ、そして「プロフェッショナルモデル」から1つと、使う人のレベルによってたくさんのラインナップを持っています。

 

選びきれないくらいたくさんの選択肢がありますので、きっとお気に入りのカメラが見つけられます。

初心者に優しいモデルも

EOSシリーズの中の、「EOS kiss」「EOS M6 マーク2」などは、初心者におすすめのエントリーモデルになります。エントリーモデルだけで10個もランナップがあり、ミラーレスカメラも一眼レフカメラも選べます。また、BluetoothやWiFiにつなげるモデルもあったりします。

 

画素数も2500万画素程度のラインナップが多く、エントリーモデルでも一眼らしい本格的な高画質写真を撮ることができます。初めて一眼レフを買うという方は、張り切りすぎず「エントリーモデル」を購入するのがおすすめです。

鮮やかな色彩

同じ大手カメラメーカーのNikonと比較すると、キヤノンのカメラは鮮やかな色彩なのが特徴です。キヤノンはもともとプリンターメーカーであるため、「鮮やかに出力する」ということに重点を置いており、対象物を実際の映像よりも、より鮮やかに映し出します

 

ですので「実際の映像に忠実な色彩表現がいい」という方は、キヤノンよりもNikonのカメラがおすすめです。鮮やかで美しい色彩を楽しみたい方はキヤノンを使ってみてください。

キヤノンのライバルメーカーであるニコンは、写真の深く暗い色をより美しく表現します。写真の色に深みがでるので、そういった表現を好む方にはニコンの一眼レフがおすすめです。こちらにニコン一眼レフのおすすめランキング記事がありますので気になる方はチェックしてみてください。

キヤノンの一眼レフの選び方

キヤノンの一眼レフの特徴をご説明したところで、どんな点をポイントにして選べば良いのかご紹介します。ご確認ください。

種類で選ぶ

キヤノンの一眼レフは大きく「一眼レフ」と「ミラーレス」に分けられます。それぞれの特徴をご説明します。

快適に撮影できる一眼レフカメラ

一眼レフカメラはミラーレスよりもサイズが大きいです。大きい分機能性が充実していて、手になじみやすい大きなグリップや広々と配置されたボタンで、快適に撮影に集中できます。また、防水機能のついたモデルもあり、大きい分使い勝手が良いです。

 

また、ミラーがあることでカメラの中にある鏡にレンズが捉えた景色を反射させて「光学ファインダー」を通して景色を見れます。リアルタイムに景色を見ながら撮影できるので、撮りたいと思った一瞬を逃さずにシャッターを切ることができます。

コンパクトなミラーレスカメラ

ミラーレスは鏡をなくした分サイズが小さくコンパクトになります。小さくて軽いので持ち運びに便利です。遠方や旅先に持っていくことを考えると、携帯性に優れているのは大きなメリットですよね。

 

また、ミラレスはミラーがない代わりに、レンズが捉えた景色を映像に変換し、それを「電子ビューファインダー」や「液晶モニター」に映します。明るさや色味などを撮影前に確認することができるというメリットがあります。

 

「撮った写真と想定していた写真にギャップが生まれる」といった事態を避けることができます。

センサーサイズで選ぶ

カメラに内蔵されているセンサーサイズにも種類があります。一般的なスマートフォンに内蔵されているのは1/2.3型のセンサーです。それに対して「APS−C」は約13倍もの面積になります。「フルサイズ」「APS−C」それぞれのセンサーでの違いをご説明します。

フルサイズ

イメージセンサーが大きいと、それだけ 1画素あたりの面積が大きく、より多くの画像情報をセンサーに取り込めるため、高画質な撮影が可能になります。「フルサイズ」センサーですとセンサーサイズはスマートフォンの「1/2.3型センサー」の約30倍もの大きさになります。

 

そのため画角が大きくなり、スマホのセンサーはもちろん、APS−Cのセンサーよりも広い範囲を写すことができます。また、フルサイズではボケ量も大きくなり、より被写体をくっきりと映し出すことが可能です。また階調表現も豊かになり白飛びや黒つぶれを抑えます。

 

センサーサイズが大きいとより多くの光を取り込むことができるため暗いシーンでもよりすみずみまで表現できます。重さはミラーレスなので一眼レフよりは軽いものの、APS−Cよりは重くなります。

APS-C

フルサイズよりはセンサーサイズが小さくなりますが、それでも一般的なスマートフォンの13倍もの面積になるのがAPS−Cです。広角表現・ぼけ表現・階調表現・暗所での撮影、4点すべてフルサイズには劣ってしまいますがそれでもスマホの13倍の面積で光を取り込むことができます。

 

軽量コンパクトという長所がありますので、画質と機動性のバランスで選ぶ際にはAPS−Cセンサーがおすすめです。望遠撮影に重宝します。

コスパで選ぶ

一眼レフは高い買い物になります。予算をしっかり決めて商品を選ぶことが大切です。コスパで選ぶ際に「低価格モデル」と「中古品」に分けてご説明します。

初心者でも手を出しやすい低価格モデル

「価格をなるべく抑えたい・・・」という方は、プロフェッショナル向けのモデルよりも初心者向けのエントリーモデルを選ぶことをおすすめします。エントリーモデルのEOS kissシリーズは6万~10万円くらいで購入できます。10万円以下を狙うならkissシリーズがおすすめです。

抵抗がないなら中古品もおすすめ

キヤノンの一眼レフを「安く気軽に購入したい」という方は、気にならないのであれば中古品を検討してみてもいいかもしれません。BランクのEOS kiss X5のボディが2万円弱で売られていたりと定価よりは大幅に安くなっています。

 

ネット通販でもたくさんの中古カメラが売られていますが、状態を直接確かめたいのであれば中古の販売店に行って購入するのもいいです。とにかく安く手に入れたい方は中古品を選んでみてください。

手ブレ補正機能で選ぶ

キヤノンの一眼レフのレンズ名称に「IS」がついたレンズには、レンズ内手ブレ補正機構が搭載されています(IS=イメージスタビライザー)。ISレンズに内蔵された手ブレ補正機能を使用すると、撮影するときのわずかなカメラの動きを補正して、鮮明な写真を撮ることができます。

 

初心者の方でも簡単に綺麗な写真を撮ることができるので、キヤノンの一眼レフで手ブレ補正機能がついたものを選ぶなら「IS」印を確認してみてください

初心者におすすめの「kissシリーズ」から選ぶ

キヤノンのEOS kissシリーズには2019年時点で「EOS kiss M」「EOS kiss X10」「EOS kiss X9i」「EOS kiss X90」の4商品のラインナップがあります。重いもので500g程度、軽量モデルでは400g以下と、全体的に軽いモデルが多いのが特徴です。

 

カメラデビューを応援するモデルなので、初心者にもわかりやすく簡単に操作できるシリーズです。価格も10万円以下で、一眼レフだけでなくミラーレスもラインナップにはいっていますので、「初めて一眼レフを買う」という方におすすめのシリーズです。

初心者向けキヤノンの一眼レフ人気ランキング5選

では実際にキヤノンの一眼レフおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。「初心者向け」と「中・上級者向け」に分け、それぞれ5商品ずつあげていきます。ぜひチェックしてみてください。まずは初心者向け5選をご紹介します。

第5位

キヤノン

EOS Kiss M

価格:88,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

kissシリーズ初のミラーレス

キヤノンのEOS Kiss Mは、kissシリーズ初のミラーレスで、約390gの小型・シリーズ最軽量ボディに先進技術を凝縮しています。回転させてアングルを自在に変えられるバイアングル液晶モニターを採用しています。縦位置でのローアングル、ハイアングルの撮影も快適に行えます。

種類ミラーレスセンサーサイズAPS−C
手ブレ補正機能デュアルセンシングIS
第4位

キヤノン

ミラーレスカメラ EOS M6 Mark II

価格:164,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2019年9月発売の最新モデル

キヤノンのミラーレスカメラ EOS M6 Mark II は、ミラーレスならではの小型・軽量な2019年9月発売の最新モデルです。連写機能に優れ、最高約14コマ/秒の連続撮影ができるためお子様やペットが動く様子もしっかりキレイに捉えます。

 

人物の瞳を検知して自動的にフォーカスする瞳AFを搭載しているので、人物撮影が快適です。

種類ミラーレスセンサーサイズAPS-C
手ブレ補正機能
第3位

キヤノン

デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i

価格:77,972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能のファインダーオートフォーカス性能

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9iは、高機能のファインダーオートフォーカス性能が特徴の2017年4月発売の初心者向け一眼レフカメラです。被写体にピントを合わせるための測距点が、19点から45点へと大幅アップしています。

 

中級機にも使われている精度の高いセンサーで、中央部にはさらに高度なAFセンサーを配置しているため動きまわる子どもにも一瞬でピントを合わせられます。

種類一眼レフセンサーサイズAPS-C
手ブレ補正機能あり
第2位

キヤノン

デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i

価格:61,870円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かんたん撮影ゾーン機能搭載のエントリーモデル

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8iは、Kissなら、誰でもキレイに撮影できる「かんたん撮影ゾーン」機能搭載の初心者に優しい一眼レフです。かんたんながらしっかり背景をぼかしたり、被写体に近づいてピントを合わせたり、暗いシーンでもブレずにキレイに撮れます。

 

赤ちゃんのふとした笑顔や動き回るこどもを素早く正確なピント合わせでシャッターチャンスを逃さずに撮影できます。液晶モニターの角度も変えられるので「ローアングル撮影」、「ハイアングル撮影」も自由自在です。

種類一眼レフセンサーサイズAPS-C
手ブレ補正機能あり
第1位

キヤノン

デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9

価格:65,670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonベストセラー1位のエントリーモデル

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9は、約2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーと映像エンジンDIGIC7で高画質な初心者にも優しいエントリーモデルです。Amazonベストセラーで1位になる人気商品です。

 

常用ISO感度100-25600で夜景や室内でも明るくキレイに撮影できます。連写性能は最高約5.0コマ/秒でシャッターチャンスを逃しません。バリアングル液晶で自由な視点での撮影を楽しめます。BluetoothとWi-Fiをつなぐことができカメラの電源はOFFのままスマホに写真を転送できます。

種類一眼レフセンサーサイズAPS-C
手ブレ補正機能あり

初心者向けCanonの一眼レフ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5108498の画像

    キヤノン

  • 2
    アイテムID:5108517の画像

    キヤノン

  • 3
    アイテムID:5108526の画像

    キヤノン

  • 4
    アイテムID:5108579の画像

    キヤノン

  • 5
    アイテムID:5108587の画像

    キヤノン

  • 商品名
  • デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9
  • デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i
  • デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i
  • ミラーレスカメラ EOS M6 Mark II
  • EOS Kiss M
  • 特徴
  • Amazonベストセラー1位のエントリーモデル
  • かんたん撮影ゾーン機能搭載のエントリーモデル
  • 高機能のファインダーオートフォーカス性能
  • 2019年9月発売の最新モデル
  • kissシリーズ初のミラーレス
  • 価格
  • 65670円(税込)
  • 61870円(税込)
  • 77972円(税込)
  • 164700円(税込)
  • 88500円(税込)
  • 種類
  • 一眼レフ
  • 一眼レフ
  • 一眼レフ
  • ミラーレス
  • ミラーレス
  • センサーサイズ
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • APS-C
  • APS−C
  • 手ブレ補正機能
  • あり
  • あり
  • あり
  • デュアルセンシングIS

中・上級者向けキヤノンの一眼レフ人気ランキング5選

続いて中・上級者向けのキヤノン一眼レフおすすめ商品を5つご紹介します。ご確認ください。

第5位

キヤノン

デジタル一眼レフカメラ EOS 7D

価格:187,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールクロス65点AFセンサー

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS 7D は、オールクロス65点AFセンサー搭載で狙った被写体を高精度・広範囲で捕捉できます。最高約10コマ/秒の高速連写を実現しているのでお子様やペットの動きも逃さずにとらえます。

 

被写体の特徴を見分け、予測できない動きにも高精度に自動追尾してくれるので野鳥観察などにも向いています。

種類一眼レフセンサーサイズAPS-C
手ブレ補正機能
第4位

キヤノン

デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds R ボディ

価格:365,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風景など解像感が求められる領域で威力を発揮

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds R ボディは、有効約5060万画素、35mmフルサイズの自社設計・生産CMOSセンサーを搭載しており、風景など解像感が求められる領域で威力を発揮します。雲の流れ、夜の街並みやライトなどの変化、植物の成長記録の撮影に適しています。

種類一眼レフセンサーサイズフルサイズ
手ブレ補正機能
第3位

キヤノン

デジタル一眼レフカメラ EOS 80D

価格:107,000円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールクロス45点AFと高い操作性

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS 80Dは、視野率約100%の光学ファインダーとオールクロス45点AFなどの本格的なファインダー撮影性能を備えた一眼レフです。さらに、動画撮影時における滑らかで追従性の高いAF を可能とする「デュアルピクセルCMOS AF」を備えています。

 

快適な動画撮影性能をが可能です。

種類一眼レフセンサーサイズAPS-C
手ブレ補正機能
第2位

キヤノン

デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ

価格:110,595円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量・コンパクトなフルサイズCMOSセンサー搭載モデル

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディは、約2020万画素35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載し本体が約690gとかなりの軽量化を実現したモデルですDIGIC5+とフルサイズCMOSセンサーとの組み合わせにより抜群の高画質です。

 

連写性能は秒間約4.5コマ/秒でWiFiに接続できる点も便利です。

種類一眼レフセンサーサイズフルサイズ
手ブレ補正機能なし
第1位

キヤノン

デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II

価格:155,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルサイズ約2620万画素・新開発CMOSセンサー

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark IIは、フルサイズ約2620万画素・新開発CMOSセンサーが特徴で、描写力・階調表現に優れています。「高画質に撮りたい」「写真を追求したい」という思いに応えるミドルクラスモデルです。

 

オールクロス45点AFセンサーで動体も小さな被写体も正確に捕捉します。連写性能に優れ最高約6.5コマ/秒の連続撮影で狙った瞬間を逃さず記録します。高機能なのに本体重量約765gと世界最軽量のコンパクトボディーです。

種類一眼レフセンサーサイズフルサイズ
手ブレ補正機能あり

中・上級者向けキヤノンの一眼レフ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5108604の画像

    キヤノン

  • 2
    アイテムID:5108657の画像

    キヤノン

  • 3
    アイテムID:5108660の画像

    キヤノン

  • 4
    アイテムID:5108608の画像

    キヤノン

  • 5
    アイテムID:5108662の画像

    キヤノン

  • 商品名
  • デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II
  • デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ
  • デジタル一眼レフカメラ EOS 80D
  • デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds R ボディ
  • デジタル一眼レフカメラ EOS 7D
  • 特徴
  • フルサイズ約2620万画素・新開発CMOSセンサー
  • 軽量・コンパクトなフルサイズCMOSセンサー搭載モデル
  • オールクロス45点AFと高い操作性
  • 風景など解像感が求められる領域で威力を発揮
  • オールクロス65点AFセンサー
  • 価格
  • 155500円(税込)
  • 110595円(税込)
  • 107000円(税込)
  • 365000円(税込)
  • 187000円(税込)
  • 種類
  • 一眼レフ
  • 一眼レフ
  • 一眼レフ
  • 一眼レフ
  • 一眼レフ
  • センサーサイズ
  • フルサイズ
  • フルサイズ
  • APS-C
  • フルサイズ
  • APS-C
  • 手ブレ補正機能
  • あり
  • なし

初心者必見の上手く写真を撮るコツ

最後に、実際にカメラを買った後、どんな風に撮ればうまく写真が撮れるのかご説明します。

ボケ感で一眼らしい写真を

スマホでは表現できない「ボケ感」を表現できるのが一眼レフのメリットです。さて、丁度良い「ボケ感」を表現するためには、被写体と撮影者の距離をできるだけ近づけるのがコツです。そして被写体と背景の距離はできるだけ遠くすると、よりボケやすくなります

 

また、人を撮るなら、狭い室内よりも、より背景に奥行きのある屋外のほうが簡単にボケさせることができます。室内でも壁から離れるでキレイにぼかしを作ることができます。

半逆光で自然な影を

被写体の斜め後ろ45°からさしている光を「半逆光」と言います。半逆光で撮影すると、被写体の立体的な奥行き表現ができ、被写体の奥も明るくなり、写真に開放感が出ます。半逆光で撮れば立体的で自然な影を表現できます。

長時間露光で美しい世界を

長時間露光撮影とは、シャッタースピードを遅くして撮影する方法です。シャッタースピードが遅いと手ブレがしやすいなどあまりいいイメージがないですが、三脚を使って手ブレを防ぎ、誤作動防止のため手ブレ補正機能をOFFにします。

 

長時間露光撮影では30秒くらいかけてじっくりと被写体を記録します。一度にレンズから入ってくる光の量を少なくして、30秒間じわりじわりと記録しながら写真を作成するのです。そうすることで人通りの多い場所でも人が写真に写らず背景だけを美しく映し出すことができます。

少しテクニックのいる撮影方法ですが、慣れてきたらぜひ挑戦してみてください。

キヤノンの一眼レフについてご説明してきましたが、撮影に必要な道具もここでご紹介したいと思います。下記リンクでは、撮影に便利なカメラリュックについてご説明してありますので、ご興味のある方はぜひご覧になってください。

今回はキヤノンに絞って一眼レフをご紹介してきました。しかし、ニコンやソニーなど、魅力的な一眼レフラインアップを持つメーカーは他にもあります。そこで、メーカーを限定せず一眼レフをご紹介した記事が下記にありますのでよろしければご覧ください。

夜景を撮りたいとき、長時間の撮影をするときなどは、カメラをしっかり支えてくれる三脚も大切です。三脚も様々なメーカーからいろいろな機能を持つ商品が発売されていますので、選び方とおすすめ商品をまとめた記事を下記に貼りましたのでよろしければご覧ください。

まとめ

ここまでキヤノンの一眼レフをご紹介してきましたがいかがでしたか。キヤノンは初心者向けの一眼レフを数多く揃えていますので、カメラをこれから始めると言う方には大変おすすめなメーカーです。ぜひこちらの記事を商品選びの参考にしてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ