記事ID139234のサムネイル画像

【カメラを守る】レンズフィルターのおすすめ人気商品ランキング10選

レンズフィルターとはカメラのレンズ部分を守るアイテムです。画質を保ちつつ、衝撃や汚れからレンズを守ります。自分のカメラに適したサイズや効果のレンズフィルターを選ぶことが大切です。そこで今回は、おすすめのレンズフィルターをご紹介していきます。

レンズフィルターを使って、大切なレンズを保護しましょう。

カメラ好きの方にとって、日頃のメンテナンスや保管方法は、かなり気を使うものなのではないでしょうか。そういった方に是非おすすめしたいのが、不意に起こる事故のリスクを効果的に予防できるレンズフィルターにです。

 

レンズフィルターを使うと画質が劣化するのではないかと心配する方もいますが、レンズフィルターの画質への影響は、画像をPCで等倍以上に拡大して初めて気付く程度の些細なものです。レンズの絞りや撮影アングルを調整すれば、その影響は十分に対処が可能です。

今回は、おすすめのレンズフィルターをご紹介します。色々なメーカーから販売されているので、気に入ったものを使ってみましょう。通販でも手軽に購入することが可能なので、チェックしてみてください。

レンズフィルターの選び方

1度故障してしまうと修理代が数万円かかってしまうレンズ。そんなレンズを守るレンズフィルターですが、その種類は様々です。レンズフィルターを選ぶときは、サイズ(口径)や透過率など、ある程度の知識が必要です。あなたのカメラにぴったりなレンズフィルターを見つけましょう。

スペックで選ぶ

レンズフィルターを買う前には、自分が持っているカメラのスペックの確認が必要です。スペックと合わないものを買ってしまうと、パーツを取り換えたり余計な手間がかかってしまいます。しっかり確認してから購入しましょう。

レンズの口径を確認しよう

購入する際に最も重要なのが、レンズのサイズです。レンズ口径をしっかりと確認して、購入するようにしましょう。口径の違うものを買ってしまった場合、レンズキャップなどを変更する必要があるので、注意しましょう。

 

例えば、ø68mmとカメラ本体に記載がある場合は、68mmのフィルターを購入すれば大丈夫です。レンズの公式サイトにもレンズ口径は書かれていますので、公式サイトをチェックしてみるのも良いでしょう。

レンズに合わせてフィルターの厚みを変えよう

レンズフィルターには、通常枠・薄枠・極薄枠と、3種類の異なる厚みのものがあります。標準レンズ・望遠レンズなどに装着する場合は、通常枠・薄枠のものから選びましょう。

 

ただし、焦点距離28mm以下の広角レンズに装着すると、写真にフィルター枠が移り込んでしまう「ケラレ」と呼ばれる現象が起こる場合があります。「ケラレ」を防ぐため、実焦点距離28mm以下の広角レンズにつけるなら極薄枠を選ぶようにしましょう。

フィルターの種類で選ぶ

レンズフィルターには大きく分けて3タイプあります。どのタイプのフィルターが今の自分に必要なのか、特徴をしっかりと理解して選びましょう。

光の量を調整できるNDフィルター

NDフィルターとは、入ってくる光を減光する役割があります。画質の色調を変える必要がなく、光の量だけを調節することができます。また、流し撮りなどの、動くものの撮影にも最適となっています。多くの商品には、NDの後に数字が表記されています。

 

これは、入射する光量をその程度減らせるかを表した値になります。例えば、ND5の場合は、光量5分の1にできます。撮影場所に沿って、適切な値を選びましょう。

偏光を抑えるPLフィルター

PLフィルターとは、偏光フィルターとも呼ばれています。水面などの光の反射でテカりが目立ちやすい場所に使うのに最適となっています。フィルターを回転させることにより、偏光を抑えることができる仕組みです。

 

また、空気中のチリやホコリにより、空が白っぽく映ってしまう時があるかと思います。そういった場合でも、青さをそのままに撮ることができるので、より綺麗で高画質で撮影できます。風景を撮る際に最も最適なレンズフィルターです。

夏におすすめのUVカットフィルター

実はカメラも、紫外線の影響を受けています。紫外線の強い夏場に屋外で撮影を行うと、遠くの場所が霞んでしまい、上手く撮ることができません。そんな時にこのUVカットフィルターるがおすすめです。紫外線を抑えてくれるので、夏場の遠景撮影でも綺麗に映すことができます。

 

また、紫外線を抑えるだけではなく、色補正効果がある「スカイライトフィルター」というアイテムもあります。撮影時期や場所に合わせて、アイテムを使いこなしましょう。

機能性で選ぶ

画質を下げたくないのであれば、透過率や面反射率に注目しておきましょう。また、メンテナンスを手軽に行うためにも、機能が多く搭載されている商品がおすすめです。

画質を上げたいなら透過率にこだわる

とにかく画質を落とさず撮影したい場合は、透過率に注目しましょう。透過率が高いものほどゴーストやフレアといった画質劣化がおこりにくく、フィルター越しであることを感じさせない綺麗で鮮明な写真を撮ることができます。



透過率を高めるため、反射防止コートが施されたフィルターも多く販売されています。こういったタイプは「面反射率」が記載されており、0.5が主流となっていますが、さらに反射を抑えた0.3以下のタイプもあります。反射率が低くなるほど価格は高価になりますので、予算に合わせて選びましょう。

汚れや雨に強い撥水・撥油コートのフィルター

ガラス面に撥水コートや撥油コートが施されているレンズフィルターもあります。撥水性能が向上することで、悪天候時の撮影でもフィルター前面に水滴が付きにくくなるので、屋外での撮影が多い方はこだわってみるといいでしょう。

 

また、撥油コートはレンズフィルターのガラス面をうっかり触ってしまった場合の指紋など油汚れにも効果的で、クリーニングクロスで汚れが簡単に拭き取れます。撮影時やメンテナンス時の利便性が一気に高まりますので、撥水コートや撥油コートが施されているレンズフィルターはおすすめです。

メンテナンスのしやすさで選ぶ

レンズフィルターは消耗品のため、定期的にメンテナンスをしたり張り替えたりする必要があります。長く使い続けたい場合やコストを抑えたい場合には、あらかじめメンテナスが少なくて済むものを選ぶことがポイントです。

 

例えば、撥油コートが施されたものであれば、汚れてしまっても布でサッと拭き取れば、汚れが取れます。汚れが付着しにくいと、メンテナンスの手間も省け、レンズフィルター自体も長持ちします。

価格・取り付け方法で選ぶ

安価なものには機能が低いものが多いので、ロコミなども取り入れて賢く選択しましょう。また、取り付け方法が簡単だと、初めての方でも手軽に使うことができます。

お手頃価格のものから試したい

価格については誰もが気になる所ですが、レンズフィルターに関しては、あまり安すぎるものはおすすめしません。というのも、安いフィルターは透過率が高く光学性能を著しく下げるものが多くなっているからです。

 

透過率が高いと撮影時に違和感が出てしまい、満足のいく写真が撮れない場合が多いです。良い作品のためには性能の良いものを使うのがおすすめです。予算が限られているという方は、口コミやレビューを確認し、予算内でできる限り評価が高いものを選びましょう。

簡単に取り付けたい

レンズフィルターの取り付け方には、ネジ式とホルダー式の2タイプがあります。ほとんどの商品は回して固定するだけで簡単にセットできるネジ式ですが、ホルダー式のものもあります。

 

ホルダー式のレンズフィルターは、ホルダーを使って取り付ける必要があり、装着にもコツが必要です。スムーズに装着したい方には、わかりやすいネジ式が最適です。

メーカーを選ぶ

失敗なく購入するには、信頼できるメーカーを見極めるのも大切です。これらのメーカーは、非常に優れた商品も多く、アフターサービスも充実しています。

安心の大手メーカー、ケンコー

レンズフィルターと聞いてケンコーを思い浮かべる方も多いでしょう。日本製で安心できる大手のメーカーです。また、高い技術を採用していることもあり、高品質となっています

 

さらに、色々なシーンで使用できるように、種類の異なるものを取り扱っています。他にはないカラーを取り入れた商品もあり、、デザイン性にも優れています。非常に多くの商品を取り扱っているので、自分にピッタリの商品が探しやすいおすすめのメーカーです。

デジタル一眼フィルターの生みの親、マルミ

マルミとは、1952年に設立されたメーカーで、初めてデジタル一眼向けフィルターを開発しました。「常に新しいものを作り続ける」をモットーに、新しい商品を日々送り出しています。

 

日本製でフィルターの品質も非常に高く、プロのカメラマンにも愛用されています。本格的なものを探している方や、機能性の高さにこだわりたい方におすすめのメーカーです。

レンズフィルターの人気ランキング10選

第10位

グッズゴーイング

PRO1D UV

価格:2,707円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見えない紫外線も、強力にカット

UVカットを行い、レンズに届く紫外線を強力にカットします。人間の目には見えない紫外線をから守るので、大切なカメラも長くお使いいただけます。

 

さらに、写真に影響することもなく、わざわざ色調し直さなくても、鮮明に撮影できます。可視光線のみをカメラに通すことで、人間の見た目に近い写りを実現してくれます。風景やポートレートなど、晴天時の屋外撮影に特に最適です。

 

かなり良く映せるといった、ロコミが挙がっていました。ガラス面での反射を抑え、画質の劣化を防ぎます。また、汚れてしまった場合でも、サッと拭き取れるので、拭き取り傷なども残さず綺麗にできます。

口径52mm面反射0.5~1%
厚み薄枠コーティングマルチコート
第9位

ケンコー

スターリーナイト 000953

価格:12,968円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑りにくく取り付けもスムーズ

夜の撮影に最適なレンズフィルターに作り上げています。街中のナトリウム灯や水銀灯などの明かりの影響されず、本来の色味で撮影することが可能です。特定の波長域の光線のみをカットし、必要な光のみを取り入れます。

 

よって、オートホワイトバランスであっても、本来の色合いの風景を撮影することができます。また、使用できるレンズの焦点距離に制限がなく、色々なカメラに装着できます。

 

夜の撮影がさらに楽しくなったといった、ロコミが挙がっていました。枠はケラレにくい薄枠設計で、妨害されません。あらかじめローレット加工も施していて、滑りにくいので屋外でのフィルターの脱着も簡単に行えます。

口径77mm面反射-
厚み薄枠コーティングローレット
第8位

ケンコー

Gloss Color Frame Filter 249550

価格:4,428円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単ドレスアップでおしゃれに着飾れます

レンズを守りながら、簡単にカメラをドレスアップできます。カラーバリエーションも豊富なので、カメラのワンポイントとしてもおしゃれです。

 

また、ツヤのある質感で、鮮やかさも楽しめます。いつも使用しているカメラに装着するだけで、大切なレンズをホコリや水滴などから守り、レンズの保護に最適です。デジタルマルチコートを施していて、しっかりとレンズの性能を保ちます。

 

見た目がガラッと変わりおしゃれといった、ロコミが挙がっていました。薄枠設計なので、広角レンズから望遠レンズまで、幅広いレンズに対応します。おしゃれにできるので、もっと楽しく撮影が行えます。

口径49mm面反射-
厚み-コーティングデジタルマルチコート
第7位

ケンコー

ZX 277324

価格:10,630円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4K・8K対応で高画質を実現

4K・8Kにも対応しているので、高画質な映像を撮影できます。細かい部分まで鮮明に映し出すので、最高の瞬間を捉えます。さらに、フローティングフレームシステムにより、固定リングの代わりに、特殊男性緩衝剤でガラスを固定しています。

 

負荷や圧力を少なくし、レンズの良さを引き立ててくれます。画質への干渉もないので、高品質なものをお探しの方にピッタリです。

 

一度使ってみたら二度と手放せないといったロコミが多く、高い評価を得ていますありのままの描写を実現し、まるでフィルターを付けていないような感覚で使用できます。確実にプロテクトされ、アクティブに被写体を追います。

口径77mm面反射0.3%以下
厚み-コーティングドライルーブ
第6位

Shenzhen Zhuoer Photograph

NDフィルター ND2-ND32

価格:5,920円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質素材で、ムラを回避

67mmサイズのレンズに対応できて、手軽に装着して使用できます。フィルター枠は自動ロック機能付きで、X状のムラを回避することができます。また、強化光学ガラスを採用し、レンズの色特性に影響を与えません。

 

さらに、撥水加工が施されているので、汚れや水滴が簡単に落とせます。お手入れに時間がかからないので、便利でおすすめのレンズフィルターです。しっかりと光量調節を可能にします。滝や雲などの動きの速い被写体も捉えるので、徹底的瞬間を逃しません。低速シャッター速度も使用可能です。

口径67mm面反射-
厚み超薄型コーティングダブル反射防止
第5位

グッズゴーイング

PRO1D NEO 819425

価格:2,202円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フレアなどを抑えて、鮮明なショットを押さえれます。

指紋などの汚れや雨・水しぶきにも対応し、色々なシーンでの撮影時に使用できます。あらかじめ撥水・防汚性が備わっているので、思う存分理想の風景をカメラに押さえることができます。

 

さらに、薄枠設計で広角レンズにも対応しています。フィルターガラスの両面には、高精度マルチコーティングを施しています。そうすることで、反射率を確実に低減します。さらに、フレアー・ゴーストの発生を抑えて綺麗に映します。

 

野外で大活躍といった、ロコミが挙がっていました。フィルターガラスの外周に墨塗り加工を施しているため、内面反射を極限まで防止します。写真に影響が出ないので、便利でおすすめのレンズフィルターです。

口径49mm面反射-
厚み薄枠コーティングマルチコーティング
第4位

マルミ

EXUS 815048

価格:3,498円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大限のカメラの性能を引き立てます。

このレンズフィルターは、帯電防止・撥水・防汚機能の多機能性な商品となっています。レンズの大敵である空気中の微細なチリ、ホコリや水滴なども、しっかりと抑えます。当然、指紋などの汚れも綺麗に拭き取れます。

 

また、約2mmのフィルターガラスを採用していて、より強くレンズを衝撃から保護します。耐久性にも非常に優れているので、安心できます。レンズ本来の描写力と高画質を引き出すために、反射率を0.3%以下を実現させています。

 

かなりクリアに撮れるといった、ロコミが挙がっていました。サテン仕上げ・ローレット加工を施し、レンズキャップを取り付けることも可能です。

口径77mm面反射0.3%以下
厚み薄枠コーティング帯電防止・撥水・防汚コーティング
第3位

ハクバ

XC-PRO CF-XCPRLG62

価格:6,642円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水滴にも耐え、急な雨にも安心

最高品質のガラス材を使用していて、撮影画像に悪影響を与えない超低反射率を誇っています。また、水滴や汚れが付着しにくいように、撥水性なども兼ね揃えているので、安心してカメラを使うことができます。

 

さらに、過酷な環境下であっても、高い光学性能を発揮する、高性能なレンズフィルターに仕上げています。エクストリームコーティングによって、光学性能表面反射を極力抑え、レンズ性能を最大限に引き出してくれます。

 

機能性抜群でマッチングすると、好印象を得ています。水滴や汚れが付着しにくく、万が一に汚れてしまっても、簡単に拭き取れます。

口径62mm面反射0.3%
厚み薄枠コーティングエクストリームコーティング
第2位

ケンコー

NEO 725207

価格:2,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

傷を付かせずに、綺麗に撮影できます。

デジタルカメラの撮像素子に、最適化されている商品です。リーズナブルな価格で購入でき、しっかりと機能性も備わっています。

 

また、普段からこのレンズフィルターを装着しておくことで、屋外撮影での砂ぼこりやゴミなどからも、大切なレンズを守ります。傷がつかないよう保護できるので、安心して撮影に挑めます。もちろん、撮影時に枠などが邪魔しません。

 

汚れも綺麗に拭けるといった、ロコミが挙がっていました。自然な色再現を実現した、高透過率の両面マルチコートフィルターに仕上げています。また、カメラレンズの拭き傷防止にも役立ちます。

口径52mm面反射1%
厚み-コーティングマルチコート
第1位

ケンコー

PRO1D 252628

価格:4,860円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

技術を生かした、ハイクオリティー商品

全サイズ累計での出荷枚数が400万枚を突破しているロングセラー商品です。フィルターのレンズ面に反射率0.5%以下を実現する、デジタルマルチコーティングを採用。ガラス周囲に墨塗り加工等を施して余計な反射を抑制し、写真に悪影響を与えないよう配慮しています。

 

ガラスは通常のフィルターと同じ2mmの厚さながら、独自技術によって、枠部分のみを薄くしています。フィルムカメラにも対応しているので、カメラに左右されずに装着可能です。超軽量でワイドレンズに最適な、薄枠タイプに仕上げているので、手軽に使用できます。

口径62mm面反射0.5%
厚み薄枠コーティングデジタルマルチコート

レンズフィルターの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5105110の画像

    ケンコー

  • 2
    アイテムID:5105113の画像

    ケンコー

  • 3
    アイテムID:5105118の画像

    ハクバ

  • 4
    アイテムID:5105123の画像

    マルミ

  • 5
    アイテムID:5105130の画像

    グッズゴーイング

  • 6
    アイテムID:5105137の画像

    Shenzhen Zhuoer Photograph

  • 7
    アイテムID:5105139の画像

    ケンコー

  • 8
    アイテムID:5105148の画像

    ケンコー

  • 9
    アイテムID:5105150の画像

    ケンコー

  • 10
    アイテムID:5105154の画像

    グッズゴーイング

  • 商品名
  • PRO1D 252628
  • NEO 725207
  • XC-PRO CF-XCPRLG62
  • EXUS 815048
  • PRO1D NEO 819425
  • NDフィルター ND2-ND32
  • ZX 277324
  • Gloss Color Frame Filter 249550
  • スターリーナイト 000953
  • PRO1D UV
  • 特徴
  • 技術を生かした、ハイクオリティー商品
  • 傷を付かせずに、綺麗に撮影できます。
  • 水滴にも耐え、急な雨にも安心
  • 最大限のカメラの性能を引き立てます。
  • フレアなどを抑えて、鮮明なショットを押さえれます。
  • 高品質素材で、ムラを回避
  • 4K・8K対応で高画質を実現
  • 簡単ドレスアップでおしゃれに着飾れます
  • 滑りにくく取り付けもスムーズ
  • 見えない紫外線も、強力にカット
  • 価格
  • 4860円(税込)
  • 2376円(税込)
  • 6642円(税込)
  • 3498円(税込)
  • 2202円(税込)
  • 5920円(税込)
  • 10630円(税込)
  • 4428円(税込)
  • 12968円(税込)
  • 2707円(税込)
  • 口径
  • 62mm
  • 52mm
  • 62mm
  • 77mm
  • 49mm
  • 67mm
  • 77mm
  • 49mm
  • 77mm
  • 52mm
  • 面反射
  • 0.5%
  • 1%
  • 0.3%
  • 0.3%以下
  • -
  • -
  • 0.3%以下
  • -
  • -
  • 0.5~1%
  • 厚み
  • 薄枠
  • -
  • 薄枠
  • 薄枠
  • 薄枠
  • 超薄型
  • -
  • -
  • 薄枠
  • 薄枠
  • コーティング
  • デジタルマルチコート
  • マルチコート
  • エクストリームコーティング
  • 帯電防止・撥水・防汚コーティング
  • マルチコーティング
  • ダブル反射防止
  • ドライルーブ
  • デジタルマルチコート
  • ローレット
  • マルチコート

いざという時の代用品も持っておこう

レンズフィルターが劣化してしまったり、使えなくなった際に、代用できるものがあると便利ですよね。実は、レンズフィルターは、レンズフードでも代用することが可能です。レンズの全面を守ることが大切なので、レンズフィルターが使えなくなってしまった時は、レンズフードでガードしておきましょう。

 

特に望遠レンズの場合は、レンズフードが厚いことも多く、しっかりと保護できるので、安心して使うことができます。ただし、広角レンズはレンズフードが薄いので、代用として使うのはおすすめできません。

レンズフィルターで大切なカメラを守ろう

今回は、おすすめのレンズフィルターをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。レンズフィルターを使うことで、大切なカメラを守ることができます。ぜひ、自分のカメラに合ったレンズフィルターを見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ