記事ID139217のサムネイル画像

【徹底した環境を管理する】孵卵器のおすすめ人気商品ランキング10選

孵卵器とは、インコなどの鳥や爬虫類などの卵を、孵化させる際に使用します。業務用タイプなどもあり、手軽にホームセンターなどで手に入れれます。また、比較的安く購入できる孵卵器もあるので、この機会にチェックしてみましょう。今回は、おすすめの孵卵器をご紹介します。

孵卵器を使うことで、手軽に最適な温度に保てます。

卵を孵化させるためには、実は適度な温度調節が必要になります。あらかじめしっかりと管理したつもりでいても、なかなか上手く成功させることができないことが多いです。ですが、この孵卵器を使うことによって、誰でも簡単に適度な温度などを保てます。

そこで今回は、おすすめの孵卵器をご紹介します。なかなか上手くいかなかったとお困りの方にも、このアイテムを使用することで、ご自宅で簡単に孵化させることができます。なので、この機会に使ってみましょう。

孵卵器の選び方

実は手軽にホームセンターなどでも購入できるので、チェックしてみましょう。初めての方は、是非この記事を参考にしながら、選んでみてください。

種類で選ぶ

実は商品によって、それぞれ専用のものがあります。それぞれ、適した温度や、機能が異なるので、あらかじめ対応しているものを選びましょう。

鳥用を選ぶ

最も一般的に販売されているのが、この鳥用の商品になります。主に、ニワトリ・ウズラ・ガチョウなどの卵に対応していて、商品のラインナップも多くなっています。なので、自分に合ったものが選びやすく、手に入れやすいメリットがあります。

 

ただし、中には爬虫類専用といった商品もあるので、間違えないようにしましょう。特に日頃から使っていて、慣れている方ほど、間違えて選んでしまうことがあります。不安な場合は、アフターサービスの有無などもチェックしておきましょう。

爬虫類用を選ぶ

主に一般的に販売されているのが、鳥用になるので、注意しましょう。間違えて鳥用を購入してしまうと、適度な温度が保てなくなります。

 

よって、せっかく購入しても使えないので、表記に注目して購入しましょう。対応している商品であれば、ほとんどのものが爬虫類専用といった、表記で販売されています。卵の大きさや設定温度など、それぞれ異なるので、注意しましょう。

機能性で選ぶ

機能性が充実していると、より使い勝手が良くなります。ただし、あまり機械に慣れていないと、反対に使いづらさが出てしまいます。

鳥種別設定で選ぶ

鳥といっても、色々な種類があります。主にこのアイテムで対応しているのが、アヒル・ニワトリ・ガチョウになります。商品によっては、様々な鳥に使えるものもあるので、チェックしておきましょう。

 

また、この鳥種別設定が備わっているものであれば、鳥の種類をボタンで操作することで、その鳥に合った環境を作ってくれます。孵化までの日数なども、自動で調節されるので、初めての方にはかなり便利な機能です。

温度・湿度自動調節機能で選ぶ

孵化をさせることで、一番お悩みなのは、温度や湿度を保つことかと思います。いくら気を使っていても、なかなか上手く一定に保てないことが多いですよね。そういったお悩みを解決するためにも、あらかじめ自動調節機能が備わったものを、選ぶようにしましょう。

 

この機能が搭載されていると、自動でコントロールしてくれます。なので、失敗なく孵化させることができます。初心者だけでなく、上級者の方でもかなり便利な機能なので、必ず機能の有無を確認して購入しましょう。

転卵機能で選ぶ

上手く孵化させるには、実は転卵させる必要があります。これは、卵の中の胚が殻に癒着するのを、防ぐ役割を果たします。とても大切なことなので、きちんと備わっているかを、チェックしておきましょう。

 

大体、一定時間の間隔で卵を、45度~90度転がしていくものが多くなっています。また、自動で操作してくれる、自動転卵機能があると、より手軽に使用できます。中には、手動タイプもあるので、自分の使いやすいスタイルのものを選びましょう。

購入場所で選ぶ

もしあらかじめ気に入っている商品がある場合は、通販でも良いでしょう。ただ、初心者で少し不安があるようであれば、ホームセンターなどでの購入をおすすめします。

ホームセンターを選ぶ

通販で購入するとなると、どうしても手に取って見れないので、不安がありますよね。その場合は、ホームセンターでの購入をおすすめします。実際に商品を手に取れたり、時には定員さんに相談して選ぶことができるので、商品もより理解して購入できるかと思います。

 

ただし、もし購入を迷っている場合は、通販での購入が良いかと思います。気に入ったものをホームセンターで見つけて、後で通販で購入することで、自分に合った商品がより見つかりやすくなります。

通販を選ぶ

なかなか買いに行けなかったり、手間がかかるのが嫌な場合は、通販での購入をおすすめします。通販であれば、商品が置いていなかったりなど、トラブルがないので、確実に購入することができます。

 

また、ロコミなども参考にすることで、選びやすくなるので便利です。ただし、送料など他の部分でコストがかさんでしまうことがあるので、よく見て購入しましょう。

音の大きさ・見やすさで選ぶ

長期間動作させるので、音の小さいものがベストです。また、見やすいものであれば、外からそっと見守れます。

音の大きさで選ぶ

孵卵器は常に作動させておく必要があります。当然、夜中も動かす必要があるので、あまり動作音が大きいものは避けましょう。また、孵卵器何日間も動かします。そのため、長期間音に悩まされると、寝不足などを引き起こし、体調不良を引き起こしてしまいます。

 

特に、転卵する際に音が気になる商品も多いので、静音タイプを選びましょう。ロコミを参考にしたり、静音タイプといった表記があると安心です。

見やすさで選ぶ

できる限り中の様子を見て、確認したいですよね。その場合は、見やすいものを選びましょう。外から中が見えにくいものを選んでしまうと、中を確認できなくなります。少しだっからと蓋を開けてしまうと、一定に保たれていた温度などが、崩れてしまいます。

 

なので、卵の様子をしっかり確認するためにも、外側のカバーがクリアなものなど、見やすさを重視しながら選んでみましょう。

サイズ・価格で選ぶ

しっかりと時前に、設置できるスペースを確保しておきましょう。また、価格で決めずに、機能性を重視することが大切です。

サイズで選ぶ

商品によって、それぞれ大きさが違います。家庭用のコンパクトなものが、多く販売されています。ただ、中には業務用の大きなものもあります。ただし、大きさが大きくなるにつれて、色々考えて選ぶ必要があります。

 

設置スペースや、重さを考えて選ぶことが重要になります。サイズが大きくなると、それだけ広いスペースが必要になります。また、本体の重さも重たくなるので、安定していて、無理なく移動できるものを選ぶのがポイントです。

価格で選ぶ

現在販売されている商品は、安いものであれば、1万円程度で購入することができます。ただし、機能性が少なかったり、使いにくいものもあるので、きちんと細かい部分までチェックしておきましょう。

 

また、あまりに安いものは、すぐに壊れたりするので、ロコミなども参考にしてみましょう。もし万が一故障した際に修理を頼めるように、保証付きのものであれば、安心してお買い求めいただけます。

お手入れのしやすいものを選ぶ

使用後は、必ず洗ったりと、お手入れをする必要があります。ただ、商品によって一体化されているものは、お手入れしにくいことがあるので注意しましょう。

 

中には、一つ一つ分別できるものや、お手入れのしやすさに特化されているものがあります。清潔さを保つことは、孵化の成功にも繋がるので、掃除しやすいものを選ぶようにしましょう。

孵卵器の人気ランキング10選

第10位

ZFF

自動インキュベーター

価格:11,865円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

照明など、他にはない技術が詰まっています。

LEDの効率的な照明機能を装備し、自動で卵を回転させます。ABS素材や、ステンレス鋼などで作られているので、耐久性が非常に優れています。

 

また、操作が簡単なシンプルなボタン設計で、スムーズにお使いいただけます。自動温度制御と、現在の温度の自動表示をしてくれるので、温度を一定に保つことができます。種類によって、セットできる卵の数が変わります。

 

多機能卵トレイで、一度に多くの卵を管理でき、おすすめです。断熱材・保湿・省エネ効果を高めるために、発泡スチロール装置を取り入れています。熱風ダクトによる冷却技術も搭載されていて、一定した温度調節が行えます。

サイズ32.5×21×12vm重さ1.55kg
卵セット数4~35個対象
機能照明機能・自動転卵・温湿度自動制御
第9位

Baoblaze

卵インキュベーター

価格:2,011円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見やすく、設定などの難しい操作も必要ありません。

温度制御システムを装備していて、空気を循環させるためのタービンファンが、内蔵されている商品です。デジタル表示には、現在の温度などの重要な情報が、表示されるので、適度な温度や湿度調節が行えます。

 

また、デジタル温度制御によって、温度設定と操作が簡単です。蓋はクリアな透明タイプなので、いつでも様子を確認できます。

 

一度に数個を孵化させたい時であれば、これぐらいのサイズでも十分です。ニワトリ・アヒル・オウムなど、鳥全般に対応していて、色々な種類の孵化にお使いいただけます。ご自宅で手軽に使用できるので、お子さんの教育にも役立ちます。

サイズ12x12x13cm重さ-
卵セット数4個対象
機能温度制御システム
第8位

Syorn

孵卵器

価格:6,998円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛いデザインで、実験などにもよく使われます。

ニワトリサイズの卵が、大体10個入れられる孵卵器です。デザインも丸みを帯びていて、可愛くなっています。学生研究や実験など、学校でもよく仕様されていて、操作も簡単に行うことができます。

 

設定後は基本的に、水分を補給するだけなので、初心者にもお子さんにもピッタリです。周囲の温度によって、中の温度が変動することがあります。その際は、あらかじめ30~40℃適温での使用をすることで、均等に保つことができます。

 

水滴が付いたりと、とにかく見やすいといった、ロコミが挙がっていました。見やすいデジタル画面で、温度状態を上手く調整することが可能です。

サイズ245×245×160mm重さ-
卵セット数10個対象
機能-
第7位

xuuyuu

爬虫類専用孵卵器

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爬虫類専用で、お手入れも楽に終えれます。

透明なプラスチック材料で作られているので、かなり軽量となっています。壊れにくく、耐久性も備わっているので、長く使用することとが可能です。繰り返し使えるので、とても経済的でおすすめの孵卵器です。

 

また、トレイは、浮遊インキュベーション法に基づいています。なので、卵は基質に接触しません。これによって、空気循環が増加し、孵化率が向上する仕組みとなっています。失敗しがちな方にも、ピッタリです。

 

簡単にお手入れが行えるので、手間がかかりません。温度計は12グリッドの設計で、管理が簡単に行えます。

サイズ16.2×11×5.2cm重さ100g
卵セット数12個対象爬虫類
機能温度計付き
第6位

RCOM MARU AUTOLEX

たまぴょ ミニ

価格:17,748円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色々なニーズに答え、シンプルな仕様となっています。

この孵卵機は、鳥類専用となっていて、ウズラやニワトリなどの最適です。比較的コンパクトサイズなので、設置場所を問いません。限られた場所でも、サッと置くことができるので、邪魔になりません。

 

また、 少ない数に適した孵卵器で、小さめの商品をお探しの方にピッタリです。もちろん、学習教材としても、ご自宅用としても、お使いいただけます。

 

操作がスムーズにできるといった、ロコミが挙がっていました。電子コントロール機能により、簡単に操作することができます。37.5℃での自動温度コントロールや、ハッチング2日前に自動ストップするなど、色々な機能が満載です。

サイズ-重さ-
卵セット数3~7個対象
機能自動温度コントロール・自動転卵装置
第5位

EasyJoyance

全自動孵卵器

価格:12,299円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

もしもの際は、ブザーでお知らせします。

デジタル表示で、手軽に使える孵卵器です。水不足や、温度の変化が合った際には、ブザーで知らせてくれるので、いち早くトラブルを回避できます。

 

また、日数の表示もしてくれるので、分かりやすくおすすめです。ニワトリ・アヒルなどの鳥類であれば、対応しているのでいつでも使用可能です。お子さんと一緒に作業できるので、学習の一環にも役立ちます。

 

初心者でも失敗なく使えるといった、ロコミが挙がっていました。2時間一回全自動転卵したいりと、機能性も充実しています。器内の様子が外からはっきりと見えるので、卵の状態を常に見ておけます。

サイズ-重さ-
卵セット数48個対象
機能自動転卵・温湿度自動制御・艇ノイズ機能
第4位

Life basis

自動孵卵器

価格:7,399円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びができるので、どんなシーンでも活躍します。

外からでも十分見えるように、クリアタイプの仕様となっています。なので、蓋を開けずに確認できるので、温度などを安定させたまま使用できます。ご自宅で手軽に、卵を孵化させることができ、おすすめの商品です。

 

また、ヒューズの爪が折れることもなく、安心して活用できます。静音設計となっているので、長時間常に作動させていても、睡眠を邪魔することがありません。

 

しっかり動いて任せれるといった、ロコミが挙がっていました。分離式を取り入れているので、お手入れも楽に行えます。持ち運びも便利なので、ご自宅以外にも、学校・ビジネスなど、多様に活躍します。

サイズ25×25×15cm重さ2kg
卵セット数5~15個対象
機能自動転卵機能・低ノイズ機能・孵卵設定
第3位

Life Basis

自動孵卵器

価格:17,999円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音も静かで、快適に使用可能です。

業務用サイズの孵卵器で、最大24個の卵をセットできます。一定の温度で保温する機能と、自動転卵機能が備わっているので、必要な機能が満載で、より良い環境を作りだすことが可能となっています。

 

さらに、初心者でも使いやすいように、簡単な操作で使えるように仕上げています。また、孵化器の後ろには、注水穴を備えています。よって、注水器を使えば、注水穴に挿してから注水することができます。

 

コスパにも優れた商品といった、ロコミが挙がっていました。低ノイズ機能も搭載されているので、動作音が気になりません。

サイズ45×31×25cm重さ4.6kg
卵セット数24個対象
機能自動転卵機能・温湿度自動制御・艇ノイズ機能・孵卵設定
第2位

HB LIFE

孵卵器

価格:6,299円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色々な種類に対応し、自動で回転してくれます。

自動転卵式になっていて、かなり便利な商品となっています。色々な種類の鳥に対応していて、大体ガチョウで6個、うずらで20個など、それぞれ種類によってセット数が異なってきます。なので、色々な鳥の孵化を行えます。

 

さらに、表示は液晶式なので、見やすくおすすめの孵卵器です。インキュベーターローラーによって、回転する仕組みとなっています。大体約4時間で、優しく1回転するので、途中で卵が割れてしまったりなど、心配なく使えます。

 

お値段以上の価値があるといった、ロコミが挙がっていました。温度と転卵の管理がしやすく、孵化の失敗も防げます。高品質で、プロにも初心者にもおすすめです。

サイズ7.48×6.89×13.98cm重さ2.16kg
卵セット数6~12個対象
機能転卵機能
第1位

Decdea

ミニデジタル孵卵機

価格:3,596円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

非常に機能性が充実していて、安心して使えます。

この孵卵機は、7個の卵をセットして、使用することができます。安定した環境を保ち、温度調節も自動で行うので、簡単にお使いいただけます。中が見やすいように、透明にしているので、いつでも様子を伺えます。

 

また、軽量でコンパクトサイズなので、設置場所に困りません。難しい温度管理では、敏感な温度センサーを取り入れています。なので、正確に適切な環境を作り、安心して任せることができます。常に、タイムリーな調整を行います。

 

これさえあれば安心できるといった、ロコミが挙がっていました。吹き出し口の設計と高度な暖房システムなど、多機能性となっています。

サイズ15.5×15.5×15cm重さ322g
卵セット数7個対象
機能自動温度機能

孵卵器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5104698の画像

    Decdea

  • 2
    アイテムID:5104713の画像

    HB LIFE

  • 3
    アイテムID:5104737の画像

    Life Basis

  • 4
    アイテムID:5104748の画像

    Life basis

  • 5
    アイテムID:5104756の画像

    EasyJoyance

  • 6
    アイテムID:5104773の画像

    RCOM MARU AUTOLEX

  • 7
    アイテムID:5104777の画像

    xuuyuu

  • 8
    アイテムID:5104785の画像

    Syorn

  • 9
    アイテムID:5104792の画像

    Baoblaze

  • 10
    アイテムID:5104805の画像

    ZFF

  • 商品名
  • ミニデジタル孵卵機
  • 孵卵器
  • 自動孵卵器
  • 自動孵卵器
  • 全自動孵卵器
  • たまぴょ ミニ
  • 爬虫類専用孵卵器
  • 孵卵器
  • 卵インキュベーター
  • 自動インキュベーター
  • 特徴
  • 非常に機能性が充実していて、安心して使えます。
  • 色々な種類に対応し、自動で回転してくれます。
  • 音も静かで、快適に使用可能です。
  • 持ち運びができるので、どんなシーンでも活躍します。
  • もしもの際は、ブザーでお知らせします。
  • 色々なニーズに答え、シンプルな仕様となっています。
  • 爬虫類専用で、お手入れも楽に終えれます。
  • 可愛いデザインで、実験などにもよく使われます。
  • 見やすく、設定などの難しい操作も必要ありません。
  • 照明など、他にはない技術が詰まっています。
  • 価格
  • 3596円(税込)
  • 6299円(税込)
  • 17999円(税込)
  • 7399円(税込)
  • 12299円(税込)
  • 17748円(税込)
  • 1099円(税込)
  • 6998円(税込)
  • 2011円(税込)
  • 11865円(税込)
  • サイズ
  • 15.5×15.5×15cm
  • 7.48×6.89×13.98cm
  • 45×31×25cm
  • 25×25×15cm
  • -
  • -
  • 16.2×11×5.2cm
  • 245×245×160mm
  • 12x12x13cm
  • 32.5×21×12vm
  • 重さ
  • 322g
  • 2.16kg
  • 4.6kg
  • 2kg
  • -
  • -
  • 100g
  • -
  • -
  • 1.55kg
  • 卵セット数
  • 7個
  • 6~12個
  • 24個
  • 5~15個
  • 48個
  • 3~7個
  • 12個
  • 10個
  • 4個
  • 4~35個
  • 対象
  • 爬虫類
  • 機能
  • 自動温度機能
  • 転卵機能
  • 自動転卵機能・温湿度自動制御・艇ノイズ機能・孵卵設定
  • 自動転卵機能・低ノイズ機能・孵卵設定
  • 自動転卵・温湿度自動制御・艇ノイズ機能
  • 自動温度コントロール・自動転卵装置
  • 温度計付き
  • -
  • 温度制御システム
  • 照明機能・自動転卵・温湿度自動制御

成功させるポイント

以下の2点は、成功させる際にかなり重要となります。そもそも、有精卵であることが一番肝心なので、間違えないようにしましょう。

有精卵であることが条件です。

そもそも卵を孵化させるのは、有精卵を使う必要があります。卵には、無精卵といったものもあり、これだといくら機械にセットしても、孵化させることができません。通販であれば、手軽に購入することができるので要チェックです。

 

市販のもは、100%有精卵かどうかを判断するのが難しく、中には無精卵が混じっていることがあります。これが、産卵のタイミングなどに左右されることが原因となっています。なので、間違えないようにしましょう。

機能に頼りすぎないことが大切です。

これはどんな場所でもいえますが、機械に頼りすぎるのは良くありません。何故かというと、いくら機械が自動で操作してくれるとはいっても、機械自体が壊れているケースがあります。

 

なので、定期的に問題ないかメンテナンスをしたり、チェックすることが大切です。また、スイッチを入れて置いて、温度や湿度を安定させてからセットすることで、失敗を失くすことができます。

まとめ

今回は、おすすめの孵卵器をご紹介しました。この記事を通して、色々な選び方のポイントが分かったかと思います。いくつかの項目に絞りながら選ぶことで、自分にピッタリの商品が見つかりやすくなりますよ。なので、この機会に使ってみて、便利さを体験しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ