記事ID139213のサムネイル画像

【親子で観る】クレヨンしんちゃん映画のおすすめ人気ランキング10選

クレヨンしんちゃんの映画は子供から大人まで楽しめます。クレヨンしんちゃん映画は様々な作風のものがありますので、確認することで自分に合うクレヨンしんちゃん映画を選びましょう。今回はそんなクレヨンしんちゃん映画の人気おすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

クレヨンしんちゃん映画を楽しむ

クレヨンしんちゃんというのはテレビ朝日系列で放送されている大人気アニメ作品になっています。アニメももちろん人気がありますが、クレヨンしんちゃんの映画は子供だけでなく大人にもとても人気があります。

 

そのため、家族で観る映画といえばクレヨンしんちゃんという人も多いほどです。クレヨンしんちゃんの映画はお店でDVDを借りて観ることもできますし、最近では動画配信サービスなどでも手軽に観ることができます。

 

ですが、クレヨンしんちゃんの映画を観ようと思ってもどのような点を基準にして選べば良いか迷うでしょう。クレヨンしんちゃんの映画には泣ける作品から笑える作品など分かれていますのでしっかり把握しておくことで自分にあったものを選ぶことができるでしょう。

クレヨンしんちゃん映画の選び方

クレヨンしんちゃんの映画は子供から大人までが楽しめるほどに大人気ですが、クレヨンしんちゃんの映画の数はとても多いです。その中でも笑える作品もあれば泣ける作品もあります。

 

例えば、クレヨンしんちゃんの映画の代表作と言えば「嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」や比較的最近の作品の「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」などあります。他の作品もとても人気があります。

 

このようにクレヨンしんちゃんの映画と言っても作品によって作風が変わってきたりしますので、クレヨンしんちゃんの映画を観ようと考えている人は自分が今どのような気分でどんな作風のものを観たいかを考えておくとよいでしょう。

作風で選ぶ

クレヨンしんちゃんの映画を選ぶ際には作風で選ぶことが一番重要になってきます。クレヨンしんちゃんの映画は作品によって作風が大きく変わってきますので選ぶ前に自分が映画に何を求めているのかを確認して選びましょう。

 

クレヨンしんちゃんの映画の作風は大きく分けて二つあります。「笑える作品」「泣ける作品」です。大きく分けてこの二つに分かれますので笑える作品が観たいと考えている人は笑える作品から泣ける作品が観たい人は泣ける作品から選ぶようにしましょう。

 

泣ける作品が観たいと考えているのに何も確認せずに選んでしまうと笑えるシーンばかりでつまらなかったというようなことにならないように、どの作品がどのような作風なのかを把握しておくと選びやすいです。

笑える作品

クレヨンしんちゃんの映画は大きく分けて笑える作品と泣ける作品に分かれていますが、笑いたい気分の人や嫌な気持ちを晴らせるような映画を観たいという人には笑える作品を選ぶことをおすすめします。

 

笑える作品は泣ける作品とは違って笑いに徹しておりストーリー内容も簡単ですので理解しやすいという特徴があります。そのため、内容を理解するのが難しい子供でも気軽に観れるというメリットがあります。

 

それから、笑える作品はクレヨンしんちゃんの主人公であるしんちゃんの個性が爆発しています。しんちゃんだけでなくしんちゃん家族、友達のカザマくん、マサオくん、ネネちゃん、ボーちゃんたちの個性も爆発しており心の底から笑えます。

泣ける作品

クレヨンしんちゃんの映画は大きく分けて笑える作品と泣ける作品に分かれており、思いっきり泣きたい人や感動できる、ストーリー内容が深い映画を観たいと人は泣ける作品を選ぶことをおすすめします。

 

泣ける作品のストーリー内容は笑える作品のように簡単なものではなく、深いメッセージ性を感じることのできるストーリー内容になっていますので、子供だけでなく大人も楽しむことができるのがメリットです。

 

それから、クレヨンしんちゃんの映画の泣ける作品は家族愛を取り扱っているものが多いです。それだけでなく友情を取り扱っているものも多いです。忘れてしまった感情を思い出してくれるような映画もたくさんありますので、是非大人にも見て欲しいです。

年代で選ぶ

クレヨンしんちゃんの映画は数多くあり、様々な年代のものがあります。クレヨンしんちゃんの映画は年代によって世界感などが大きく変わってきますので、年代で選ぶのも一つの手になっています。

 

例えば、初期の頃のクレヨンしんちゃんの映画はまだそこまで規制が厳しくないためゆるいのが特徴になっており、少々下品なシーンも多くなります。このように年代が初期に近い作品ほどゆるい仕上がりになっています。

 

それから、クレヨンしんちゃんの映画には時々大人でも恐怖を感じるシーンやシリアスなシーンがあったりします。そのため、小さい子供と一緒に観たいと考えている人は気をつけておきましょう。

初期の作品

初期のクレヨンしんちゃんの映画は緩いのが特徴ですので、少々下品なシーンがあります。そのため、下品なシーンがある映画を観たくない人や子供に下品なシーンを見せたくない人にはおすすめできません。

 

初期の頃の作品は少々下品なシーンや過激なシーンがありますが、魅力もあります。それはいい意味でのゆるさです。この頃の規制はあまり厳しくないためキャラクター全体の個性がいきいきと描かれています。

 

そのため、クレヨンしんちゃんののんびりしているおバカな世界感を好んでいる人には初期の頃の映画はおすすめです。いい意味でゆるいのでまた現在のクレヨンしんちゃんの映画とは違った魅力を楽しめるでしょう。

2000年以降の作品

2000年以降のクレヨンしんちゃんの映画は規制も厳しくなっていき、下品なシーンや過激なシーンは初期の頃を比べて少なくなりました。そのため、下品なシーンが苦手だと感じている人でも観ることができます。

 

下品なシーンなどが少ないため、子供に見せても安心できますので親子で一緒に観れるというメリットがあります。ですが、しんちゃんのおしりネタは健在ですので丁度良く楽しめるでしょう。

 

それから、2000年以降の作品から泣ける作品が多くなっているのも特徴です。また、最近では時空をテーマにした作品やロボットをテーマにした作品など近未来的な内容が多いものもたくさんあります。

ゲストで選ぶ

クレヨンしんちゃんの映画を選ぶ際にはゲストで選ぶのも一つの手です。クレヨンしんちゃんの映画には毎回豪華なゲストが出演するのが醍醐味になっています。どのようなゲストが出演しているのかをチェックしましょう。

 

例えば、話題になっているアイドルや旬の芸人さんなど声優出演する豪華ゲストのジャンルは様々です。声優としてだけでなく作品の中にも本人役で登場したりすることもありますのでより楽しめることができるでしょう。

 

豪華ゲストは一人が登場する作品もあれば、複数人登場する作品もありますので、豪華ゲストの登場を楽しみたいと考えている人は事前にどの作品にどのような豪華ゲストが出演するのか確認しておくと選びやすいでしょう。

クレヨンしんちゃん映画の人気ランキング10選

第10位

バンダイナムコアーツ

映画 クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

価格:1,515円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

母親の愛情

こちらのクレヨンしんちゃんの映画は「爆睡!ユメミワールド大突撃」になります。この作品はユメミワールドという眠れば見たいと思っている夢を見ることができる世界にしんちゃんたちが入り込んでしまいます。

 

みんなは漫画家や政治家など自分の見たい夢を見て楽しんでいましたがサキという謎の少女によって悪夢の世界に閉じ込められてしまいます。そんなみんなを助けるためにしんちゃんたちが動きます。

 

それから、謎の少女のサキの過去のトラウマとしっかり付き合おうとするサキの姿や子供のことを想う母の愛情などを感じることができるのも魅力になっています。また、こちらの作品は劇団ひとりさんが共同脚本を担当しています。

公開2016年作風泣ける、怖い
第9位

バンダイビジュアル

映画 クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん

価格:1,515円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家族愛が溢れる

こちらのクレヨンしんちゃんの映画は「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」になります。この作品はしんちゃんの父親である野原ヒロシがマッサージをしにいった際にロボットにされてしまいます。

 

父の威厳を取り戻すという陰謀にヒロシは巻き込まれてしまいロボットにされてしまい、他の父親たちもどんどん正気を失い始めてしまいます。父親たちの革命の行方を楽しめる作品です。

 

ストーリー内容は子供から大人までしっかり楽しむことができる内容で家族愛を感じることができるのが魅力になっていますので、子供より大人の人の方が泣いてしまうかもしれません。

公開2014年作風泣ける
第8位

バンダイビジュアル

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

価格:1,515円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイムスリップ

こちらのクレヨンしんちゃんの映画は「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」になります。この作品は野原家が戦国時代にタイムスリップしてしまい、武将やお姫様に出会うことになります。

 

しんちゃんたちは武将やお姫様と出会うことによって正義とはなにかを考えさせられるのが魅力になっています。しんのすけの純粋な心にいろんなことを気づかされて、大切なことを考えさせられます。

 

クレヨンしんちゃんの映画の中でも特に感動できる作品として有名です。2009年には実写映画化もされています。それから、最後には衝撃的なラストが描かれていますので見どころがたくさんあります。

公開2002年作風泣ける
第7位

バンダイビジュアル

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ  [DVD]

価格:1,478円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

友情が見どころ

こちらのクレヨンしんちゃんの映画は「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」になります。この作品ではかすかべ防衛隊の5人が西部劇の世界に迷い込んでしまうというようなストーリー内容になってます。

 

そんな映画の世界の中から抜け出すためにかすかべ防衛隊5人が立ち向かうため友情を感じることができるのが魅力です。そのため、友情を感じることができる映画をみたいと考えている人におすすめです。

 

自分自身が分からなくなるような描写も描かれておりそのような描写は子供だけではなく大人でさえ怖いと感じるほどです。深い内容のストーリーで、かすかべ防衛隊が活躍がたくさんみれます。

公開2004年作風泣ける
第6位

バンダイビジュアル

映画 クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦

価格:1,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格アクション

こちらのクレヨンしんちゃんの映画は「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」になります。世界征服を考える秘密結社であるブタのヒヅメにしんちゃんがさらわれてしまうというストーリー内容です。

 

そんなしんちゃんを助けるためにみさえやヒロシが動きます。子どもを助けだすために全力を尽くす親の姿やぶりぶりざえもんが犯罪に悪用されるのを救うために動き出すしんちゃんの姿はとても感動できます。

 

物語のストーリー自体はシリアスな内容です。それから、クレヨンしんちゃんらしい笑えるシーンもたくさんありますのでたくさん笑いたい人におすすめです。また、アクションシーンもリアルなため魅力です。

公開1998年作風泣ける
第5位

バンダイビジュアル

映画 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

価格:1,478円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホラー要素がある

こちらのクレヨンしんちゃんの映画は「ヘンダーランドの冒険」という作品になります。ヘンダーランドというアミューズメントパークを本拠地に地球侵略を企む魔女たちとしんちゃんたちの戦いが描かれた映画になっています。

 

この映画はストーリーの展開とテンポの良さが魅力です。非日常で繰り広げられる物語とはまた違ってクレヨンしんちゃんの主人公であるしんちゃん目線で描かれていますので違った目線で楽しむことができるでしょう。

 

それから、ホラー要素が強いのが特徴の作品です。そのため小さい子供と一緒にみようと考えている人は確認しておきましょう。この作品は根強いファンも多いです。少々怖めですが感動できるストーリーです。

公開1996年作風泣ける、怖い
第4位

バンダイビジュアル

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード

価格:1,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

焼肉が食べたくなる

こちらのクレヨンしんちゃんの映画は「嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」という作品になります。泣けるというよりは笑える作風です。それからのこの作品の見どころはやはり見終わった後に焼肉がすごい食べたくなるという点です。

 

野原一家は朝食が貧相なため最悪なムードになっており、夕食は豪華に焼肉にしようと決めました。そんな夕食の焼肉を楽しみにしていましたが、突然現れたおじさんによって指名手配にされてしまいます。

 

そんな中、焼肉をみんなで食べるために野原家は全力で戦い続けます。途中でビールを飲もうとするヒロシがみんなで焼肉を食べる時に飲んだ方がおいしいということで我慢するシーンなど楽しめるでしょう。

公開2010年作風笑える
第3位

バンダイビジュアル

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル

価格:1,469円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

繋がりを感じれる

こちらのクレヨンしんちゃんの映画は「嵐を呼ぶジャングル」といいう作品になります。こちらの映画は守らなければいけない存在など人の繋がりや強さを感じることができるのが魅力になっています。

 

主人公のしんちゃんやしんちゃんの家族、しんちゃんの友達の家族が、アクション仮面の新作映画をみるために豪華客船に乗ることになります。ですが、大人たちは乱入してきた猿軍団に連れ去られてしまいます。

 

そして、連れ去られた大人たちを助けるためにしんちゃんたちかすかべ防衛隊が立ち上がることになります。こちらの作品はクレヨンしんちゃんの映画の中でもターニングポイントとされています。

公開2000年作風泣ける
第2位

バンダイビジュアル

映画 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡

価格:1,478円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たくさん笑える

こちらのクレヨンしんちゃんの映画は「暗黒タマタマ大追跡」という作品になります。こちらの映画は笑えるシーンが盛りだくさんの映画になっていますので笑える作品をみたいという人にはとてもおすすめになっています。

 

これでこそクレヨンしんちゃん!というようなギャグシーンなどたくさんあるのが魅力です。子どもはもちろん笑えますし、子どもだけでなく大人も笑えるので是非家族でみんなで笑いながらみてほしい作品です。

 

それから、この作品で初めて妹のひまわりが登場するのも見どころです。ひまわりに対してしんちゃんが嫉妬したり自我が芽生え始める描写もお描かれていますのでしんちゃんが成長する姿もみることができます。

公開1997年作風笑える
第1位

バンダイビジュアル

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

価格:1,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供から大人まで泣ける

こちらのクレヨンしんちゃんの映画は「嵐を呼ぶ モーレツ!大人帝国の逆襲」という作品になります。こちらの映画はクレヨンしんちゃんの映画の中でも特に泣けるストーリーで子供だけじゃなく大人も楽しめることができます

 

大人が童心に戻ることができる70年代のテーマパークとして「20世紀博」が春日部に誕生することによって大人たちは遊びに夢中になってしまいその大人たちをどうにかもとに戻そうとしんちゃんたち子どもたちが立ち上がるストーリーになっています。

 

そのため、大人であれば懐かしいと思わせるものもたくさん出てきますのでもしかしたら大人の方が楽しめると言っても良いかもしれません。それに立ち向かうしんちゃんたちの姿もとても泣けますので泣きたい人には是非おすすめしたい作品になっています。

公開2001年作風泣ける

クレヨンしんちゃん映画のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5109263の画像

    バンダイビジュアル

  • 2
    アイテムID:5109306の画像

    バンダイビジュアル

  • 3
    アイテムID:5109442の画像

    バンダイビジュアル

  • 4
    アイテムID:5109460の画像

    バンダイビジュアル

  • 5
    アイテムID:5109841の画像

    バンダイビジュアル

  • 6
    アイテムID:5110010の画像

    バンダイビジュアル

  • 7
    アイテムID:5110013の画像

    バンダイビジュアル

  • 8
    アイテムID:5110016の画像

    バンダイビジュアル

  • 9
    アイテムID:5110018の画像

    バンダイビジュアル

  • 10
    アイテムID:5110020の画像

    バンダイナムコアーツ

  • 商品名
  • 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲
  • 映画 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡
  • 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル
  • 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード
  • 映画 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
  • 映画 クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦
  • 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ  [DVD]
  • 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
  • 映画 クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん
  • 映画 クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃
  • 特徴
  • 子供から大人まで泣ける
  • たくさん笑える
  • 繋がりを感じれる
  • 焼肉が食べたくなる
  • ホラー要素がある
  • 本格アクション
  • 友情が見どころ
  • タイムスリップ
  • 家族愛が溢れる
  • 母親の愛情
  • 価格
  • 1460円(税込)
  • 1478円(税込)
  • 1469円(税込)
  • 1460円(税込)
  • 1478円(税込)
  • 1460円(税込)
  • 1478円(税込)
  • 1515円(税込)
  • 1515円(税込)
  • 1515円(税込)
  • 公開
  • 2001年
  • 1997年
  • 2000年
  • 2010年
  • 1996年
  • 1998年
  • 2004年
  • 2002年
  • 2014年
  • 2016年
  • 作風
  • 泣ける
  • 笑える
  • 泣ける
  • 笑える
  • 泣ける、怖い
  • 泣ける
  • 泣ける
  • 泣ける
  • 泣ける
  • 泣ける、怖い

他にもたくさんの作品

クレヨンしんちゃんの映画は様々な作風の作品がたくさんあります。笑えるシーンが多い作品もあれば、泣けるシーンが多い作品もありますのでしっかり確認して選べば自分の見たい作風のものが見ることができます。

 

それだけでなく、家族愛を感じることのできる作品、友情を感じることのできる作品もありますので気分によって色んな作品を楽しめます。たまに、怖いシーンがある作品もあるので注意しましょう。

 

クレヨンしんちゃんの映画は子供だけでなく大人も楽しむことができる作品が多いですので是非家族みんなで映画をみたいと考えている人にはクレヨンしんちゃんの映画はとてもおすすめです。

まとめ

クレヨンしんちゃん映画のおすすめランキング10選を紹介しましたがいかがだったでしょうか。クレヨンしんちゃん映画には様々な作風の作品がありますので、確認して自分にあったクレヨンしんちゃん映画を見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ