記事ID139201のサムネイル画像

【足を快適サポート】人気のスキーブーツおすすめランキング10選

スキーを楽しむための必需品の1つ、スキーブーツ。そんなスキーブーツのおすすめ商品をランキング形式にしてご紹介します。ラングやサロモンなど人気のスキーブーツの他にバックカントリーにおすすめのスキーブーツまで幅広くご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

購入前に知っておきたいスキーブーツの基礎知識

どのようなスキーブーツを購入するかで、その後のスキーの滑りに大きな影響を与えることになります。そんなスキーブーツの基礎知識をご紹介します。

スキーブーツの構造を理解する

スキーブーツには大きく分けて2つの構造でできており、それぞれスキーブーツの外側をシェル、内側をインナーといいます。ちなみにシェルは雪面に直接触れる部分でプラスチック製となっており、雪面からの衝撃を受け止めたり自分のスキー操作を伝える部分になります。

 

内側のインナーと呼ばれる部分は自分の足と直接フィットする部分となっており、スキーブーツを選ぶ際の基本的な基準はこのインナーの合う、合わないで判断するのが重要なポイントとなります。そのため店内で試着してしっかりと確かめるようにしましょう。

シェルの硬さの種類

スキーブーツの外側であるシェルにはモデルによって硬さがあり、それぞれソフト、ミディアム、ハードの3種類が存在しています。ソフトタイプのものは軽量なものが多くそんなに力を入れずともブーツが動きやすく衝撃緩和に優れいています。

 

ハードタイプのものはパワーも強くスピードも出やすくなりますが、その反面ソフトタイプに比べ力をある程度入れる必要がありブーツ自体も重くなります。ちなみにミディアムタイプはソフトとハードの中間程度の機能になります。

インナーのフィット感の種類

足に直接フィットするインナー部分にはフィット感が3種類存在しており、それぞれタイト、ノーマル、ルーズとなります。タイトタイプはぴったりとしたフィット感になりますのでその分足の動きをシェル部分に伝えやすく高精度の滑りをすることが可能です。

 

またそれに対してルーズタイプは少しフィット感が緩めのゆったりとしたものになっているため、キツさが出ずに足が痛みにくくクッション性も高くなっています。保温性が高いのも特徴的です。ちなみにノーマルタイプはその中間程度の機能となります。

スキーブーツの選び方

それでは実際にどのような選び方があるのかご紹介していきます。自分の足とスキー板を繋ぐ大切な役割を果たすアイテムですので慎重に選びましょう。

自分の足に合わせて選ぶ

スキーブーツを選ぶ上で最重要ポイントともいえるのが、やはり自分の足に合わせて選ぶ方法です。どのような選び方があるのかご紹介します。

足型で選ぶ

スキーブーツを選ぶ際に重要なポイントの1つとなるのが、足型です。主に足幅の広さやふくらはぎの太さを中心に事前に測っておくといいでしょう。ちなみに足幅は1番広い部分を測るようにしてください。

 

日本人は基本的に足幅が広い人が多いため、国内で売られているスキーブーツは幅が広めに作られています。ですがあくまでそれは一般的なものに基づいて作られているため、より足幅が広い人や狭めの人は店員さんに相談しながら決めることをおすすめします。

 

スキーブーツは1cm刻みのものが多いですが同じサイズ表記でもメーカーやモデルによって若干ずつ異なってきますので、自分の普段履いている靴のサイズの周辺のものを実際に試着して1番しっくりくるものを選ぶことがおすすめです。

かかとの高さで選ぶ

従来のスキーブーツのかかととしては高くなっており前のめりになっているものが多かったのですが、近年では膝が立った状態になるようなモデルも増えてきています。そのためかかとの高さによってもスキーの滑り操作が若干異なってきます。

 

以前からかかとの高いスキーブーツで滑っていて問題なく滑れたり滑りやすいという人は高いままのモデルでもいいですが、かかとの加重性を重要視したモデルがいいという人にはそうしたモデルを選んでみるのもいいでしょう。

 

ただしスキー初心者は自分だけで選ばずに店内にいる店員さんに相談しながら選ぶようにしましょう。かかとも足の負荷に関わる重要な部分ですので、自分の足の特徴などを店員さんに言いながらそのアドバイスを参考に選ぶことをおすすめします。

スキーブーツの硬さで選ぶ

スキーブーツを選ぶポイントの1つのとして重要視されるのが、スキーブーツの硬さです。基本的には上級者向けや脚力が強ければ強いほど、硬めのスキーブーツが適するようになります。レース用にもなれば相当硬く、逆に初心者向けや女性にはソフトタイプが適します。

 

一般的な基準値としては、初心者向けで数値が100未満、中級者向けとしては100~110、上級者向けとしては110以上が目安となっています。ただしメーカーやモデルによって同じ数値でも若干の誤差が出るので店舗で直接確かめることをおすすめします。

 

ちなみにその硬さは『フレックス』と表現されており、カタログなどでフレックスという言葉と数値を目にした際には、それはスキーブーツの硬さとその数値だと思ってください。自分のレベルに合ったものを厳選して購入するようにしましょう。

自分の使用用途に合わせて選ぶ

自分がどのような目的でスキーブーツを使うのか、それによって選び方も異なってきますので、しっかりとそれを明確にしてから購入するようにしましょう。

レジャースキー用で選ぶ

レジャースキー用は一般的にレジャー目的でスキーを楽しむ人向けのタイプとなっています。スキーブーツの硬さとしてはソフトタイプのものからミディアムタイプのもの、足幅は広くインナーは厚くてソフトタイプのものになります。

 

そんなレジャー目的のスキーブーツの選び方は、局部的に痛みが生じず適度な圧迫感とホールド感があるものがおすすめです。その際に足のつま先などその時点でどこかに痛みを感じた時には、それは選ばないように心がけましょう。

 

またここで重要なのはインナーを履き続けることで圧迫感やホールド感が徐々に無くなってくること。やはりスキーブーツのインナーも履き続ければ当初のフィット感はなくなってくるものですので、少しきつめでも局部的な痛みなく全体的なホールド感があるものを選びましょう。

基礎スキー用で選ぶ

そもそも基礎スキーが何かというと、スキー競技の1種であり技術志向のスキーを表しています。ちなみに、スキー検定というのはこの基礎スキーを表しています。そのためスキー検定などを受けたい人は基礎スキー用のスキーブーツを選ぶようにしましょう。

 

基礎スキー用のスキーブーツの特徴としては、硬さは硬めのもので足幅は狭いもの、そしてインナーは厚みが薄いタイプのものから普通タイプのものになります。基礎スキー用のスキーブーツの硬さは競技用のものよりはソフトなタイプになります。

 

足幅も競技用に比べると少し広めになっています。数値で表すと硬さは100~130、足幅が98~100mmが最適なものとなっています。競技用のスキーブーツに比べて自分で動きやすいスキーブーツになっています。

フリースキー用で選ぶ

フリースキー用のスキーブーツとは、主にフリーライドスキーやモーグルといった飛ぶ要素が入ったスキーブーツになっています。特徴としてはスキーブーツの硬さとしてはミディアムタイプとなっており、足幅は広めのものになっています。

 

またインナーブーツの厚みも普通の厚みとなっています。フリースキー用のスキーブーツは足を曲げたり伸ばしたりという動作がとても多いため、ブーツの硬さの数値としては、80~100、幅は数多の動きに対応するため100~104mmとなっています。

 

フリーライドスキー向けのスキーブーツはしっかりとしたホールド感を必要としないものになっており、ブーツのモデルによっては、かかとに着地時の衝撃を緩和吸収してくれる機能が備わったものもあります。

自分のスキーレベルに合わせて選ぶ

スキーブーツを選ぶ上で選び方の重要なポイントの1つとして挙げられるのが、自分のスキーレベルに合わせて選ぶことです。その選び方をご紹介します。

初級者向けを選ぶ

スキー初心者のスキーブーツの選び方のポイントは、少しだけ大きめのサイズを選ぶこと。例えば足のサイズが26cmの人の場合、1cm刻みのモデルであれば1cm大きい27cm、26.5cmの足のサイズの人ならば、その場合も27cmを選ぶようにしましょう。

 

少し大きめがベストですが大きすぎるとかえって足の負担が大きくなってしまいますので、自分の足型や足幅を正確に測定した上で購入することをおすすめします。ちなみに初心者向けのスキーブーツはブーツの硬さがソフトタイプになっています。

 

初心者向けに履きやすいスキーブーツを扱っている主なメーカーとしては、サロモン、ラング、フィッシャーそしてアトミックです。抜群のフィット感であったり、着脱の簡単さなど初心者にも優しい作りのブーツが取り揃えられています。

中級者向けを選ぶ

スキーの中級者とは初心者コースは問題なく滑ることができるぐらいには慣れてきたものの、中級者コースはまだあまり上手く滑ることができないレベルの人たちを指します。そんな中級者の人たちは、ブーツの基本的な機能に加えてその目的を明確にしてみましょう。

 

それはずばり、スキーを上達させたいのか、それとも快適に滑りたいのかという大きく分けて2つの目的です。前者のスキーを上達させたい人は、シェル、インナー共にハードでタイトなタイプのものがおすすめです。

 

ですが選手並みにとことん上達させたいと思っている人、もしくは年に繰り返しスキー場に通っている人以外は、後者の快適に滑りたいという方に分類されます。年に数回、もしくは緩く楽しく滑りたい人はソフトタイプのスキーブーツがおすすめです。

上級者向けを選ぶ

上級者向けのスキーブーツが初心者や中級者のスキーブーツと何が違うかというと、主には硬さです。動きやすさ重視の初心者、中級者向けとは違い、上級者は様々な滑り方が身に付いてきますのでそれだけの要求に応えるだけの性能を備えたスキーブーツが必要になります。

 

スキー技術が向上するとそれだけの滑り方を習得できますので、それに耐えうる強度も必要となってきます。ですので上級者向けにおすすめのタイプは、スキーブーツはシェルが硬く、インナーもタイトタイプのぴったりとしたフィット感のあるものを選ぶようにしましょう。

 

ちなみに上級者向けのシェルの硬さは、一般的に90~120とされています。ただしこれはあくまでも基準値ですので、自分の足を正確に計測した上でそれに近いスキーブーツを選ぶように心がけましょう。

スキーブーツの人気おすすめランキング10選

第10位

サロモン(SALOMON)

QST ACCESS 80

価格:31,119円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者~中級者向けのサロモンスキーブーツ

こちらのスキーブーツは初心者から中級者向けのサロモンのスキーブーツとなっています。足幅は104mmと幅広設計となっており、足幅が広い人にもおすすめのモデルとなっています。また快適性と軽量性にも優れておりスキー初心者でも履きやすいタイプです。

 

履き心地を追求した業界初の3Dインナーテクノロジーによりそのフィット感は抜群で、1日中スキーブーツを履いていても快適にスキーを楽しむことができます。足元には保温性もあるのでスキー場でも寒さで足が動かないということはありません。

 

そして初心者にはうれしい簡単な着脱式のスキーブーツですので、中級者以上の人とスキー場に出かける時にもすぐに準備ができて普通に出かけるような感覚で一緒にスキーを楽しめること間違いなしです。

レベル初心者~中級者向け硬さ80
サイズ刻み0.5cm刻み
第9位

Held(ヘルト)

KRONOS-55

価格:10,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最強の初心者向けモデル

ヘルトから発売されているこちらのスキーブーツは初心者から中級者向けのモデルとなっています。特に初心者の人が安心して履けるようにいろいろ工夫して作られた初心者向けの最強モデルとなっています。

 

足幅は105mmと幅広に作られており、足入れも簡単にできるため初心者でもすぐに着脱できてとても便利です。またブーツは超軽量ですので初心者の足にも負担がかかりにくく、快適にスキーを楽しむことができます。

 

またインナーは取り外し可能となっているため、もしインナーを乾燥したいと思った時には即座に外せて乾燥させることができます。かなり小さめのものとなっていますので、選ぶ際には1cm大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。

レベル初心者~中級者向け硬さ55
サイズ刻み1cm刻み
第8位

グループロシニョール

SX 90

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラングのスキーブーツ

ラングから発売されているこのスキーブーツは、上級者に近い中級者から上級者向けに開発されたスキーブーツとなっています。スキーブーツの幅はミディアムワイドとして102~103mmとなっています。

 

足のサイズとしては甲の高さとふくらはぎの太さがミディアムサイズとなっており、狭い脚形状となっています。スキーをしていても足元が疲れにくい工夫が多く施されているため、自分のスキー能力をしっかりと発揮できるモデルとなっています。

 

また裏地も快適性が抜群ですので履いていてもずっと快適な状態でスキーをすることができます。そのパフォーマンスの高さと快適さは履いた人にしか分かりませんので、ぜひこの機会に1足いかがでしょうか。

レベル高度な中級者~上級者向け硬さ90
サイズ刻み1cm刻み
第7位

ATOMIC(アトミック)

HAWX PRIME 85 W(AE5018200)

価格:14,384円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性向けスキーブーツ

アトミックから発売されているこのスキーブーツは、女性向けのブーツとなっています。サイズ展開は22~25.5cmまで対応していますので女性で足が大きいサイズの人でも履ける幅広いサイズ展開となっています。

 

女性に優しい新フィットシステムが採用されており、女性にありがちな後傾ポジションをスポイラーという部品でカバーしてくれるため、より快適にスキーを楽しむことができます。ちなみにふくらはぎにボリュームがある女性はそのスポイラーを外すと入りやすくなります。

 

また軽量性にも優れているため女性にはとても動きやすい構造となっており、その上強度もあるので安心してスキーを楽しむことができます。高精度なのでターン時には敏感な足裏の感覚を感じることができます。

レベル中級者向け硬さ85
サイズ刻み1cm刻み
第6位

サロモン(SALOMON)

X ACCESS 90(L39947200)

価格:39,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者~中級者向けのスキーブーツ

サロモンから発売されているこのスキーブーツは、初心者から中級者向けとして開発されたスキーブーツとなっています。足幅は102mmと幅広く設計されているため、足幅の広い人でも快適にスキーを楽しむことができます。

 

快適性に加えて軽量性にも優れているため、スキーをとことん楽しみたい人にはおすすめのモデルとなっています。また楽しむだけでなく、滑っている際には雪面を逃がすことなく安定した滑りができるように設計されています。

 

自分の滑り方を確実にスキーブーツに伝えることができ、そこから板にも自分のしたい滑り方が伝わるように、その橋渡し役であるこのスキーブーツがしっかりその役目を果たしてくれる高い伝達機能が備わっています。

レベル初級/中級者向け硬さ90
サイズ刻み0.5cm刻み
第5位

ATOMIC(アトミック)

BACKLAND(AE5014080)

価格:58,898円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バックカントリー用のスキーブーツ

アトミックから発売されているこのスキーブーツは、バックカントリー用としても使えるスキーブーツとなっています。バックカントリーとは整備されていない区域のことを指しており、手つかずの自然の中でスキーを楽しむことができます。

 

バックカントリー用のスキーブーツというのはそうした自然の中でスキーを楽しむために作られているブーツなのです。バックカントリー用でもあるため、レベルとしては中級者から上級者向けのスキーブーツとなっています。

 

ただし、こちらのスキーブーツはアルペンスキービンディングにはご使用いただけませんのでご注意ください。デザインも雪の中で滑っても目立つカラーリングで、アクセントとしておしゃれも同時に楽しむことができます。

レベル中~上級者向け硬さ
サイズ刻み1cm刻み
第4位

サロモン(SALOMON)

X ACCESS 100

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2017-2018年モデル

サロモンから発売されているこのスキーブーツは、初心者から中級者向けのスキーブーツとなっており、2017~18年モデルとして発売されたものになります。足幅は102mmと幅広のため、足幅の広い人でも安心して履くことができます。

 

また軽量化されているため、足元にかかる負担が少なく長時間スキーを滑っていても快適にスキーを楽しむことができます。スキーブーツの着脱も簡単にできる仕様となっていますので、スキーを楽しんで疲れて帰ってきた後でもすぐに脱げたら楽でいいですよね。

 

デザインも黒をメインとして赤など黒で映えるような色使いをしていますので、クールかつスタイリッシュなデザインとなっています。足元をクールにきめたい人にもおすすめのモデルとなっています。

レベル初級/中級者向け硬さ100
サイズ刻み0.5刻み
第3位

ROSSIGNOL

EVO 70(RBH8150)

価格:39,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2018-2019年モデル

ロシニョールから発売されているこのスキーブーツは、初心者向けに開発された2018年から2019年モデルとして発売されているものになります。足幅は104mmと幅広設計になっていますので、足幅の広い人でも安心して快適に履くことができます。

 

インステップ部分にスペースを作ることで、従来のモデルよりも足首周りがより快適に、そして同時に温かさも進化しました。抜群のフィット感と快適性を兼ね備えているため、初心者が履いていても快適にスキーを楽しむことができます。

 

またストラップにより簡単に閉めることができますので、手間をかけずに自分に適したフィット感を生み出すことができます。デザインもクールでスタイリッシュですので、誰でもかっこよくきめられるスキーブーツとなっています。

レベル初心者向け硬さ70
サイズ刻み0.5刻み
第2位

GEN(ゲン)

CARVE 5

価格:13,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本人の足型をベースに開発

ゲンから発売されているこのスキーブーツは、初心者から中級者向けに開発されたスキーブーツとなっています。インナーは快適と使いやすさをテーマに日本人の足型をベースに開発されているため、抜群のフィット感を提供してくれます。

 

また足入れの際にもソフトでワイドですので簡単にスキーブーツを着脱することができ、初心者でも簡単に扱うことができます。多くのフリースタイルのスキーヤーに愛される人気も兼ね備えたスキーブーツとなっています。

 

フックアジャストシステムも兼ね備えていることから、こちらも初心者でも簡単に約15mmのロングアジャストが可能となっています。自分なりのスキーブーツにしたい人には、ぜひおすすめのモデルとなっています。

レベル初級/中級者向け硬さ70
サイズ刻み0.5刻み
第1位

サロモン(SALOMON)

XMAX 120(L37812700)

価格:45,747円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エキスパート向けハイパフォーマンスモデル

サロモンから発売されているこのスキーブーツは、上級者向けのハイパフォーマンスモデルとなっています。シェル成型テクノロジーを採用しているため、たった20分で自分の足に馴染むように形成してくれるスキーブーツとなっています。

 

つま先部分にはスペースを広めに設けることで足に負担をかけることなく痛みも生じさせないため、快適にスキーを楽しむことができます。また足元には保温性もありますので、寒さで足の動きが鈍ることもありません。

 

サロモンのスキーブーツの特徴でもある足入れも簡単ですので、しっかりとスキーを楽しんだ後でも楽に脱ぐことができるのでスキーブーツでかかるストレスはまさに皆無。シェル、インナー共に工夫が詰まったモデルとなっています。

レベル上級者向け硬さ120
サイズ刻み0.5刻み

スキーブーツのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5108847の画像

    サロモン(SALOMON)

  • 2
    アイテムID:5108828の画像

    GEN(ゲン)

  • 3
    アイテムID:5108612の画像

    ROSSIGNOL

  • 4
    アイテムID:5108610の画像

    サロモン(SALOMON)

  • 5
    アイテムID:5108603の画像

    ATOMIC(アトミック)

  • 6
    アイテムID:5108598の画像

    サロモン(SALOMON)

  • 7
    アイテムID:5108586の画像

    ATOMIC(アトミック)

  • 8
    アイテムID:5108518の画像

    グループロシニョール

  • 9
    アイテムID:5108505の画像

    Held(ヘルト)

  • 10
    アイテムID:5108471の画像

    サロモン(SALOMON)

  • 商品名
  • XMAX 120(L37812700)
  • CARVE 5
  • EVO 70(RBH8150)
  • X ACCESS 100
  • BACKLAND(AE5014080)
  • X ACCESS 90(L39947200)
  • HAWX PRIME 85 W(AE5018200)
  • SX 90
  • KRONOS-55
  • QST ACCESS 80
  • 特徴
  • エキスパート向けハイパフォーマンスモデル
  • 日本人の足型をベースに開発
  • 2018-2019年モデル
  • 2017-2018年モデル
  • バックカントリー用のスキーブーツ
  • 初心者~中級者向けのスキーブーツ
  • 女性向けスキーブーツ
  • ラングのスキーブーツ
  • 最強の初心者向けモデル
  • 初心者~中級者向けのサロモンスキーブーツ
  • 価格
  • 45747円(税込)
  • 13800円(税込)
  • 39750円(税込)
  • 29800円(税込)
  • 58898円(税込)
  • 39899円(税込)
  • 14384円(税込)
  • 29800円(税込)
  • 10000円(税込)
  • 31119円(税込)
  • レベル
  • 上級者向け
  • 初級/中級者向け
  • 初心者向け
  • 初級/中級者向け
  • 中~上級者向け
  • 初級/中級者向け
  • 中級者向け
  • 高度な中級者~上級者向け
  • 初心者~中級者向け
  • 初心者~中級者向け
  • 硬さ
  • 120
  • 70
  • 70
  • 100
  • 90
  • 85
  • 90
  • 55
  • 80
  • サイズ刻み
  • 0.5刻み
  • 0.5刻み
  • 0.5刻み
  • 0.5刻み
  • 1cm刻み
  • 0.5cm刻み
  • 1cm刻み
  • 1cm刻み
  • 1cm刻み
  • 0.5cm刻み

スキーブーツのお手入れの仕方と保管の仕方

スキーブーツをいつでも快適に使うためにもお手入れと正しい保管の仕方というのは大切ですよね。その方法をご紹介します。

お手入れの仕方

スキーブーツをシーズン中繰り返し使うという人もいますよね。そんな時に大事なのがお手入れ。そんなお手入れの仕方としては、スキーブーツを利用したら必ず1回1回乾燥することを心がけましょう。

 

インナーは取り出して風通しのいいところで乾燥させ、シェル部分は水分を拭きとっておくことが大切です。ただしシェル、インナー共に熱には弱いので暖房やドライヤー乾燥などは厳禁。どうしてもという時にはドライヤーの冷風モードで乾かすようにしましょう。

保管の仕方

スキーブーツを保管して置く際には、まずインナーは洗濯してからしまっておきましょう。ただし洗濯機では型崩れを起こしてしまいますので、必ず手洗いで押し洗いするようにしましょう。その際に洗濯用洗剤を少しだけ入れておきましょう。その後自然乾燥をさせます。

 

シェル部分については、水拭きをしてから乾拭きをしてその後風通しのいい場所で保管するようにしましょう。バッグなどに入れておくと湿気が生じてしまうことがありますので、避けるようにしてください。乾燥材を中に入れておくとなお良しです。

まとめ

スキーブーツはまず自分の足に適したものを選ぶこと、そして自分のレベルに合わせたものを選ぶことで、快適なスキーライフを送ることができます。自分に合うスキーブーツをしっかり考え選んでから購入するようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ