記事ID139196のサムネイル画像

【変幻自在】ベース用エフェクターのおすすめ人気ランキング10選

ベーシストの強い味方であるベース用エフェクター。コンプレッサーやコーラスがよく使われますが、他にも様々な種類のものがあります。今回はそんな初心者にもおすすめできるベース用エフェクターの人気のおすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

ベース用エフェクターで音色自由自在

スイッチを踏むことで楽器の音色に様々な効果を与えることができるエフェクターは、エレキギターで使用されることが多いですが、ベース用のエフェクターも勿論存在します。少し音色を補正する程度のものから、激的に効果を与える飛び道具的なものまで実に様々です。

 

今回はそんな魅力溢れるベース用エフェクターを、定番の製品からあまり知られていない知る人ぞ知るものまで、製品の特徴などともにおすすめの物を幅広く紹介していきます。自分にぴったりのベース用エフェクターの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ベース用エフェクターの選び方

ベース用エフェクターと一口に言っても様々な種類があり、どれを選んだらいいか困ってしまいますよね。ここでは幾つかのポイントに絞ってベース用エフェクターの選び方をご紹介します。

種類で選ぶ

ベース用エフェクターには、エフェクトの種類で分けても実に様々なものがあります。ここでは使用されることの多いものを幾つか紹介します。

音をドライブさせる「歪み系」

ベース用エフェクターの「歪み系」は、ロックで頻繁に使用されるエレキギターのディストーション・ドライブサウンドと同じような効果を、ベースに与えることができます。ロックベーシストであればベース用エフェクター入門機としてもおすすめです。

 

その中でも初心者の方にも使いやすいのは「オーバードライブ」です。歪み方にクセがなく、音がつぶれにくいため、ベースの元々の素材感は残しつつ歪ませることができます。

 

それでは物足りなく、さらに大きな歪みの効果が欲しい方には「ディストーション」や「ファズ」系がおすすめです。しかし、こちらは音がつぶれて他の楽器に音が溶け、音階がわかりにくくなるなど、音作りが非常に難しいため入門機としてはおすすめできません。

 

周波数帯域を変更する「イコライザー系」

音を激的に変えるのではなく、あくまで周波数帯域を調整して音を補正する「イコライザー系」は、使い勝手がよく非常におすすめです。その中でも各周波数帯域ごとに細かく調整が可能な「グラフィックイコライザー(グライコ)」は特におすすめです。

 

アンプのツマミでは調整しきれない細かい調整が可能で、演奏するスタジオやライブハウスのサウンド傾向に合せて必要な帯域をブーストし、不要な帯域をカットすることができます。

 

そうすることで、よりベースの音をはっきりとさせ、他の楽器の音も活かすことができます。中には歪み系エフェクターなどにグライコが搭載された1台2役の便利なものもあります。イコライザー系は汎用性が高く、一台持っておいて損はないエフェクターです。

音のムラを少なくする「コンプレッサー」系

イコライザー系と同様、音に激的な効果を与えませんが、ベーシストのマストアイテムと言えるほど「コンプレッサー(コンプ)」は非常におすすめです。こちらの効果は、飛び出した大きな音を抑え、小さい音を膨らませて音のムラを失くすことができます。

 

つまり、演奏を上手に聞かせることができます。あまり強くかけすぎると、音がつぶれてしまうため、値を設定する際には注意が必要ですが、スラップ奏法をされる方などには特におすすめです。

 

よく似た効果を持つものに「リミッター」があります。こちらは、飛び出した大きな音にのみ反応します。こちらもスラップ奏法を多用する方に非常におすすめのエフェクターです。

 

汎用性が高い「プリアンプ系」

ベース用エフェクターの中でも非常に使用される頻度が高いのが「プリアンプ」です。イコライザーと似ており、定義が少し曖昧ですが、アンプのツマミの部分が、エフェクターとして独立しているようなイメージです。

 

さらにライブハウスなどで、PA卓へ音声信号を送るためのDIとしての機能を搭載しているものも多いです。イコライザーは音色を補正するようなイメージですが、こちらはさらに音を作り込みエフェクターの音に依存する形となります。

 

そのため、プリアンプ側で事前に好みの音を作っておくと、スタジオやライブハウスに置いてあるアンプに大きく左右されずに、いつもの音が出しやすいというメリットがあります。

独特の空間を演出できる「空間系」

ベースサウンドに独特な味付けができる「空間系」エフェクター。その空間系の中でも最も頻繁にベースに使用されるのが「コーラス」です。厚みと奥行き感をもたせるエフェクターで、ベースソロや浮かばせたいフレーズのときに使用することで音の存在感が増します。

 

空間系ですが音がぼやけにくいため、低音楽器であるベースにも非常に使いやすくなっています。対してベースに使用するのはあまり一般的ではありませんが、「リバーブ」や「ディレイ」といったものもあります。

 

こちらは低音楽器でリズム隊を担うベースには相性が良くなく使いどころが難しいです。音がぼやけることでリズムがはっきりしなくなるため、初心者の方にはあまりおすすめできません。

ベースらしからぬ音が出せる「飛び道具系」

ベースらしからぬこれぞエフェクターといった音がだせる「飛び道具系」のベース用エフェクターも存在します。ベースプレイの必須アイテムというわけではありませんが、遊び心あるプレイを演出できます。

 

飛び道具系のメジャーなものでは、「オートワウ」や「フランジャー」などが有名です。これらはベースサウンドと言うよりは効果音的な使い方をされることが多いです。その他には、もはやベースの音ではない「ベースシンセ」などもよく使われます。

 

用途は様々ですが、これらのエフェクターはリズムが見えなくなるため、ずっと踏みっぱなしにして使用するのではなく、ベースソロや存在感を出したいセクションだけ踏むようにするのをおすすめします。

1台で様々な音色が出せる「マルチエフェクター」が便利

ギターほど製品ラインナップは多くありませんが、上記のエフェクターの他、様々なエフェクターが1つに詰まったマルチエフェクター」は、より多くのエフェクト音を必要とする方におすすめです。

 

ギターほどエフェクトを必要とされないベースサウンドですが、これ1台であらゆる状況に対応できるため、エフェクティブなサウンドが好きな方におすすめです。あれこれ悩んで買い揃えていく必要がない点も魅力です。

 

しかし、単体のコンパクトエフェクターは音色をアナログ的に変化させているのに対し、マルチエフェクターではデジタル的に変化させています。そのため、サウンドが痩せ気味で、どうしてもデジタル寄りのサウンドになってしまうのがデメリットです。

ギター用エフェクターを使ってみるのもアリ

ギター用のエフェクターをベースに使用しても良いかということについてですが、使用しても壊れるということは普通はありません。つまり使用しても良いということになります。

 

しかし、そもそもギター用・ベース用として設計されて、それぞれの良い音が出せるようになっているため、ギター用エフェクターにベースを繋いで良い音がするかは別の問題と言えます。

 

ギターとベースでは周波数帯域が違うため、ベースが必要とする低域が削られてしまい、ペラペラなサウンドになることも多いですが、あえてそういったサウンドを飛び道具系として使用してみたりするのもアリです。

ベース用エフェクターの人気ランキング10選

第10位

BOSS(ボス)

Dynamic Wah AW-3

価格:10,693円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ギター・ベース両方に最適のワウ

独自の技術力でエフェクターは勿論チューナー、リズムマシンなど幅広く手掛ける大手人気メーカー「BOSS」から、定番のオートワウです。こちらの最大の特徴は、ギターとベースそれぞれの専用入力端子を装備している点です。

 

これによってギター・ベースのどちらにも最適なエフェクト感が得られます。ピッキングごとに反応するピッキング・ワウの他、周期的に変化するオート・ワウなど5つのモードを搭載しているなど、幅広い使い方ができるのも魅力です。

 

人の声のような効果のヒューマナイザーも個性的です。ベースで使用する場合は、飛び道具的な使い方で、聴く人を驚かせるユニークなプレイを実現します。

種類ワウ消費電流50mA(DC9V)
第9位

BANANANA effects

ベースシンセ MATRYOSHKA

価格:19,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目もサウンドもとってもユニーク

エフェクターボード内を圧迫しないコンパクトなエフェクターですが、その奇抜なデザインが目を引きます。サウンドも見た目と同じく実にユニークな効果が得られ、ビュービューと言うような効果音的な使い方も可能です。

 

その特徴的なサウンドは飛び道具として最適で、ライブなどで使用するとインパクト抜群です。そして、小さな見た目とは裏腹にコンパクトエフェクターの中ではツマミの数は多いほうで、かなり細かい設定が可能であることも特徴です。

 

音程をゆらすヴィブラートや、フィルターの周波数を揺らすLFO、歪みのディストーション、人の声のような音色を作るビットクラッシュ、1オクターブ下を交互に鳴らすアルペジエイターなど、実に多彩な機能を有しています。

種類ベースシンセ消費電流約60mA
第8位

BOSS(ボス)

Bass Limiter Enhancer LMB-3

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スラップ奏法に最適なリミッター

ベースプレイにスラップ奏法を加える方は、その音量差や音のムラに悩まされがちです。こちらは、そんな悩みを解決してくれるリミッターです。音を圧縮し始めるレベルを決めるスレッショルドは勿論、飛び出た音に対する圧縮率を調節するレシオつまみを装備しています。

 

さらにエンハンサーとしての機能も搭載しているため、オンにすることでベースの帯域に最適化した豊かな倍音が加わり、抜群の音抜けのサウンド・メイクが可能となっています。

 

緻密かつキレの良いリミッティング効果でプレイヤビリティが格段にアップするので、スラップ奏法など、飛び出た音だけ叩きたい方におすすめです。

種類リミッター消費電流17mA(DC9V)
第7位

Darkglass Electronics

Vintage Ultra(V2)

価格:50,544円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンプのような音の作り込みが可能

大きなクリーンサウンドから魅力的なサチュレートサウンドまで幅広いサウンドをこれ一台で実現できるオーバードライブ/プリアンプです。2つのフットスイッチを搭載しており、オーバードライブ回路を個別でオン・オフの切り替えが可能です。

 

プリアンプであるため、自分好みの音に作り込みが可能で、マスターボリュームは勿論、誤合計6つの周波数のコントロールが可能となっています。さらに、 Darkglass Suiteを使用し、好みのキャビネットインパルスレスポンスを選択可能など近代的な要素も目立ちます。

 

さらにヘッドフォンアウトまで搭載しており、常時キャビネットエミュレーションが適用されたリスニングが可能となっています。プリアンプの他、シンプルな歪み系としても使用が可能な汎用性の高いベース用エフェクターです。

種類オーバードライブ/プリアンプ消費電流110mA (9V センターマイナス)
第6位

BOSS(ボス)

Bass OverDrive ODB-3

価格:10,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベース用オーバードライブの王道

コンパクトエフェクターでお馴染み「BOSS」製のベース用オーバードライブです。歪み系の定番機種と言え、クセのないサウンドでベースの音の太さを維持したままドライブサウンドを得ることができます

 

また、単純な歪み系としての使用の他、歪みは控えめにしてボリュームを上げて、EQで補正をかけることでブースターのような使い方も可能です。歪ませてもなお、リズムやビート感を残すことができるため設定次第では曲の最初から最後までオンにして使用するのも可能です。

 

ベースのDRYサウンドとODサウンドをミックスしながら、音抜けの良いオーバードライブ・サウンドを得ることができる、ベースの歪み系入門機としてもおすすめのエフェクターです。

種類オーバードライブ消費電流15mA(DC9V)
第5位

BOSS(ボス)

ベースコーラス CEB-3

価格:9,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

効果的な使い方でインパクト抜群の一台

ベース用コーラスの中でも使いやすいと評判の定番モデルです。よりナチュラルで奥行きのあるコーラス効果が得られる空間合成方式を採用しています。

 

4つのツマミを操作して音作り、その中でもLOW FILTERツマミは使い勝手が非常によく、左に回すと中〜高音域にエフェクトが掛かり、右に回すと全帯域にエフェクトがかかる仕様になっています。

 

それによって、低音域の輪郭や音程感をキープしたままコーラス感だけを乗せることができるため、状況に応じた使い分けが可能となっています。少しコーラスのかかった上品なサウンドから、たっぷりかかったエフェクティブな音まで自由自在な逸品です。

種類コーラス消費電流
第4位

BOSS(ボス)

Bass Equalizer GEB-7

価格:10,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一台常備で安心のグライコ

かなり使い勝手の良い7バンド・グラフィック・イコライザーです。かかり方にもクセがなく、アンプでは不可能な細かいイコライジングが可能で、ピンポイントでの周波数カット・ブーストができます。

 

使いどころが非常に多く、エフェクターボードに常備させておくと、初めて行くライブハウスやスタジオでも柔軟な音作りが可能となります。各バンドの帯域幅も低域はゆるやかに、音の決めてとなる中域は急峻に、最高域はシェルビングタイプを採用しています。

 

タムやバスドラムなどの周波数とぶつかっている帯域だけカットする補正的な使い方から、完全にこちらのグライコで音を決めるようなドンシャリサウンドまで、音作りの幅がかなり広がる一台となっています。

種類グラフィックイコライザー消費電流16mA(DC9V)
第3位

MXR

M80 BASS D.I.+

価格:16,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プリアンプの他DIとしても使用可能

MXR」製のベース用プリアンプ&ダイレクトボックスのベストセラーモデルです。3バンドのシンプルなイコライザーを装備し、歪みを調整するゲインの他、ノイズなどの小さな音を抑えるノイズゲートまで搭載した名品です。

 

こちらの最大の魅力の1つが、プリアンプの他、DIとしても使用できる点です。作りこんだサウンドをそのままミキサー等に出力出来るので、ライブ・レコーディング問わず常に活躍してくれます。

 

また、ダイレクトアウト端子を使用した状態でパラレルアウト端子からアンプ等に接続すると、ラインの音にだけ、このM80をかけることが出来るので、アンプの音はそのままで、ラインの音だけ作り込むと言った便利な使い方ができるのも魅力です。

種類プリアンプ/DI消費電流
第2位

EBS

MULTICOMP-SE

価格:18,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンプレッサーの超定番モデル

音のムラを抑え、演奏を聞きやすくしてくれる「EBS」のコンプレッサーの超定番モデルです。コンプレッサーはあらゆるメーカーから販売されていますが、こちらはその中でも特に人気が高く、プロのベーシストも愛好家が多いです。

 

ツマミは2つだけのシンプルさですが、それだけに扱いやすく、音のムラを自然なコンプ感で揃えてくれる上、EBS独特の艶やかな音が加わります

 

口コミでも「初めてコンプを使いましたが操作しやすい上にコンパクト。スラップや指引き ピック演奏に持ってこい」「これぞコンプレッサーって感じです。ライブでの評判も良かったです」など高い評価が目立ちます。

種類コンプレッサー消費電流
第1位

Tech21

SANSAMP BASS DRIVER DI V2

価格:30,943円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロの愛好家も多い大人気の一台

エフェクターに詳しくないベーシストの方でも、こちらの「サンズアンプ」は知っているという方も多いほど、抜群の知名度と人気を誇ったベース用エフェクターの定番機種です。発売からかなり長い年月が経ちますが愛され続けており、プロにも好んで使用する方が多いです。

 

歪み系のエフェクターとしては勿論、DIとして、そしてアンプシミュレーターとしても高いクオリティを誇っています。初心者から上級者まで幅広い層の方におすすめできるエフェクターです。

 

口コミにおいても「重低音がバンバン響きます。操作も簡単で手離せません」「超重低音ドンシャリサウンドを難なくこなし大変気に入っています」など絶賛されています。

種類オーバードライブ/DI消費電流約5mA

ベース用エフェクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5103743の画像

    Tech21

  • 2
    アイテムID:5103736の画像

    EBS

  • 3
    アイテムID:5103734の画像

    MXR

  • 4
    アイテムID:5103728の画像

    BOSS(ボス)

  • 5
    アイテムID:5103727の画像

    BOSS(ボス)

  • 6
    アイテムID:5103726の画像

    BOSS(ボス)

  • 7
    アイテムID:5103725の画像

    Darkglass Electronics

  • 8
    アイテムID:5103723の画像

    BOSS(ボス)

  • 9
    アイテムID:5103715の画像

    BANANANA effects

  • 10
    アイテムID:5103702の画像

    BOSS(ボス)

  • 商品名
  • SANSAMP BASS DRIVER DI V2
  • MULTICOMP-SE
  • M80 BASS D.I.+
  • Bass Equalizer GEB-7
  • ベースコーラス CEB-3
  • Bass OverDrive ODB-3
  • Vintage Ultra(V2)
  • Bass Limiter Enhancer LMB-3
  • ベースシンセ MATRYOSHKA
  • Dynamic Wah AW-3
  • 特徴
  • プロの愛好家も多い大人気の一台
  • コンプレッサーの超定番モデル
  • プリアンプの他DIとしても使用可能
  • 一台常備で安心のグライコ
  • 効果的な使い方でインパクト抜群の一台
  • ベース用オーバードライブの王道
  • アンプのような音の作り込みが可能
  • スラップ奏法に最適なリミッター
  • 見た目もサウンドもとってもユニーク
  • ギター・ベース両方に最適のワウ
  • 価格
  • 30943円(税込)
  • 18900円(税込)
  • 16800円(税込)
  • 10200円(税込)
  • 9800円(税込)
  • 10799円(税込)
  • 50544円(税込)
  • 10800円(税込)
  • 19980円(税込)
  • 10693円(税込)
  • 種類
  • オーバードライブ/DI
  • コンプレッサー
  • プリアンプ/DI
  • グラフィックイコライザー
  • コーラス
  • オーバードライブ
  • オーバードライブ/プリアンプ
  • リミッター
  • ベースシンセ
  • ワウ
  • 消費電流
  • 約5mA
  • 16mA(DC9V)
  • 15mA(DC9V)
  • 110mA (9V センターマイナス)
  • 17mA(DC9V)
  • 約60mA
  • 50mA(DC9V)

エフェクターボードの中はシンプルに

ベースにおいて、使用するエフェクターの数は最低限のシンプルなものにとどめておきましょう。ベース本来の主な役割は、低音を響かせて、サウンドに厚みをつけ、ドラムと共にリズムを作ることです。

 

しかし、エフェクターは繋げば繋ぐほど、音が痩せていき、迫力ある低音が損なわれてしまいます。ギターにも言えることですが、ベースの場合はそれが顕著にでるため、数は必要最低限にしましょう。

まとめ

ここまでベース用エフェクターのおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで紹介した製品はほんの一部で、他にもたくさんの種類のベース用エフェクターがあります。ベースがもっと好きになるように自分にぴったりのベース用エフェクターに出会えるといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ