【2021年最新版】ギタースタンドの人気おすすめランキング15選

ギタースタンドは地震の時の転倒防止に役立ちおすすめの人気商品です。しかし、ギタースタンドにはハーキュレスなどのメーカーや、木製、立てかけや吊り下げなどタイプ・素材の違いもあるので選ぶのに悩みます。そこで、おすすめのギタースタンドをランキング形式でご紹介します。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

ギタースタンドを使うと地震の時の転倒防止に効果的

ギターを置くのにギタースタンドを使うと地震時の転倒防止に効果的です。ギターは立てて置いた場合バランスが悪いので、ギターを置く台が必需品になります。ギタースタンドにギターを置けば、ネックやボディ下部でギターを支え転倒を防いでくれるのでおすすめです。

 

また、複数台のギターを持っている場合は、省スペースにまとめてギターを置くことができるのもおすすめのポイントです。ライブなど外にギターを持っていく時に、ギターの置き場所が無くて困ってしまうことも多いですよね。

 

そこで今回はギタースタンドの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。記事の最後にはギタースタンドのメリットやデメリットについても紹介しています。

ギタースタンドの選び方

ギタースタンドはギターの使い方によってさまざまなタイプのものがあります。自分が使いやすいギタースタンドを見つけるために選び方をご紹介します。

塗装への配慮をするなら「ラッカー塗装対応品」がおすすめ

ギタースタンドはラッカー塗装対応品を選ぶのが安心です。ギターの塗装方法はラッカー塗装、ポリウレタン塗装、ポリエステル塗装、オイルフィニッシュの4種類があります。この中でラッカー塗装は一番塗膜が薄く、ギターの鳴りや光沢がよくなるので人気があります。

 

しかし、ラッカー塗装のギターはゴムと長期間接触することで、変色したり溶けることがあります。ギタースタンドはネックと接触する部分にゴムが使われていることが多く、長期間置きっ放しにすると塗装を傷める原因になります。

 

ラッカー塗装対応のギタースタンドを選んでおけば塗装を傷めることはないです。自分のギターがどんな塗装方法かわからない場合は、ラッカー塗装対応品を選ぶことで安心してギターを置くことができます。

本体が「安定」しているかをチェック

地震対策として安定性のいいギタースタンドを選んでおくのがおすすめです。ギターは重く立てておくにはバランスが悪いものです。地震が起こったときにしっかりとギターを支えてくれるギタースタンドが安心できおすすめです。

 

安定性のあるギタースタンドは床に置いて揺すったときにガタガタとしません。ネットストアーで購入する場合は試すことができないので、なるべく楽器店などで実際に触ってから購入しましょう。

 

また、立てかけタイプや吊り下げタイプは重いほど安定性が増すので、自宅に置いて使うならなるべく重いものを選ぶと地震対策になります。転倒防止ストッパーや滑り止めが付いているギタースタンドも安定性がよくおすすめです。

ギターの置き方で選ぶ

ギターの置き方には立てかけタイプと吊り下げタイプ、壁付け・ディスプレイネット付けタイプの3種類があります。それぞれの特徴をご紹介しますのでご覧ください。

シンプルで安価な商品が多い「立てかけタイプ」

立てかけタイプは価格が安いので、ギタースタンドの購入費用を節約したい方におすすめです。立てかけタイプはギターボディ下部とネックの2点でギターを支えるので、安定性があります。構造がシンプルなので価格も安く1,000円程度でも購入することができます。

 

しかし、置いたギターが斜めになるためギターのネック部分に若干の負担がかかります。長期間置いた場合などはネックが順反りになる場合があり注意が必要です。置きっ放しにせずに一日一回は必ず弾くことをおすすめします。

 

また、ギターを支える部分に傷防止のゴムが使われていることが多く、ラッカー塗装のギターだと塗装を傷めることもあります。自分のギターがラッカー塗装の場合は、ラッカー塗装対応品を選ぶのをおすすめします。

ギターに優しく変形ギターにも適した「吊り下げタイプ」

吊り下げタイプのギタースタンドはネックに影響が少ないのが特徴です。立てかけタイプと同じような形をしていますが支える部分は1箇所です。ギターを支える部分はネックのみなのでギターが斜めにならずに垂直に近くなります。

 

ネックの負担が少ないため反りは起こりません。ギターを支えるフックには落下防止用のロックが付いているので振動で落ちる心配もなくおすすめのギタースタンドです。価格は立てかけタイプよりも高くなりますが、ギターにとっては安心できるギタースタンドです。

 

また、ギター下部に支えがないので、変形エレキギターのギタースタンドとして使えます。Vシェイプやエクスプローラーなどの変形エレキギターを持っている方におすすめのギタースタンドです。さらに、ラッカー塗装対応品が選ぶと塗装に影響がなく安心です。

 

 

見栄えも良く省スペースにも最適な「壁掛けタイプ」

壁付け・ディスプレイネット付けタイプはインテリアとしてギターを楽しみたい方におすすめです。壁付けタイプは壁に直接ギターフックを取り付けるタイプで、取り付けたフックにギターのネックを引っ掛けて吊るすタイプのギタースタンドです。

 

ビンテージギターや変形ギターなど見て楽しめるギターをコレクションしている方なら、壁にかけて楽しむのにおすすめ。収納スペースの縮小にもなります。吊るすのでギターが垂直になり、ネックが反らないのもおすすめのポイントです。

 

しかし、壁面が強度不足だと取り付けたフックごとギターが落ちるので注意が必要です。石膏ボードや裏に柱が通っていない壁は取り付けることができません。一方、ディスプレイネット付けタイプはネット式のパーテーションに掛けて使うので簡単に取り付けができます。

置けるギターの数で選ぶ

ギタースタンドは置けるギターの本数が決まっています。そのため、自分が持っているギターの本数と相談して置ける本数をチェックしましょう。

良く弾くギターが決まっている方は「1本用」のギタースタンドがおすすめ

1本用のギタースタンドの場合は、様々なタイプの商品が販売されているので好みの商品から選びやすいです。スペースがなくても置きやすいので、いつも弾くギターが限られている方や1本しかギターが無い方は1本用のギタースタンドから選ぶのが最適です。

 

置き方も自由に選びやすいので、インテリアと合わせたり自分好みのデザインの商品から選びましょう。1本用のギタースタンドを選ぶ際は安定性を必ずチェックするのを忘れないことが大切です。

複数本(3本~5本)を使用する方は「複数本用」のギタースタンドがおすすめ

複数のギターを使い分けている方には、複数本用のギタースタンドがおすすめです。2本から置けるギタースタンドが販売されており、自分が使用するギターの本数に合わせやすいです。1本用のギタースタンドとは違い、安定性が高いことも大きなメリットです。

 

ただし、スペースを大きく取る商品もあるので注意が必要です。購入前に設置するスペースに合うかどうかはチェックしておきましょう。また、変形ギターなどを使用している方も注意です。しっかし自分のギターに対応しているかも重要なポイントです。

5弦ベースもチェック

5弦ベースは下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

収納や携帯を考えるなら「折りたたみ型」もおすすめ

ギタースタンドは1本用であってもサイズが大きい商品も多いです。そのため、省スペースで使用したい方や持ち運んで使用したい方は折りたたみ型のギタースタンドがおすすめです。片手で持てるほどに小さい商品も多く、とても利便性が良いです。

 

鞄に入れて持ち運ぶことも可能で、ライブや屋外で使用する方にも最適です。部屋のスペースが小さくても折りたたみ型なら、小さく収納できます。設置するスペースで悩んでいる方にも得におすすめのタイプのギタースタンドです。

「アコギやエレキ」などのギターの種類で選ぶ

ギタースタンドはエレキを置くかアコギを置くかによっても適しているものが違います。エレキの重さは3〜4kg程度、アコギの重さは2kg程度で、エドシーランなどが使っているミニギターになればさらに軽くなります。

 

軽いアコギなら立てかけタイプを使ってもネックに負担がかかりにくいので反りにくいです。しかし、ずっしりと重いエレキで立てかけタイプを使うと反りが起こりやすいので、吊り下げタイプや壁付け・ディスプレイネット付けタイプを使うのがおすすめです。

 

また、人気のエレキギターやアコースティックギターは下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

インテリアにもなる「おしゃれ」なギタースタンドから選ぶ

ギタースタンドには立てかけタイプや吊り下げ・壁掛けタイプなど様々なタイプがあります。が、見た目のおしゃれさで選ぶことも選択肢の1つです。最近ではインテリアになるような見た目が良い商品も多く販売されています。

 

スタイリッシュにギターを収納できるだけでなく、インテリアにもなると一石二鳥です。見た目にもこだわってギターを収納したい方は、見た目などにもこだわって商品を選んでみましょう。

おすすめのメーカーから選ぶ

ギタースタンドは有名なメーカーなど、様々なメーカーが商品を販売しています。自分のお気に入りのメーカーや、有名なメーカーから選ぶことも選択肢の1つです。

見た目の良さも人気の「HERCULES ハーキュレス」

ギタースタンドメーカーとして非常に人気の高いハーキュレスは、性能や使いやすさはもちろん見た目の良さでも高い人気を得ています。ギタースタンドだけでなく、他の楽器のスタンドも多く販売している点も、人気のポイントです。

 

安定性が高い商品が多く、大切な楽器をしっかり守ってくれます。自動でネックがロックされる商品などは使い勝手も抜群に良いです。

シンプルなギタースタンドを希望するなら「キクタニ」

とてもシンプルでスタンダードなギタースタンドが特徴なキクタニですが、一般の方からも高い支持を得ておりとても人気があります。ボディ部分が可動式の商品も販売されており、最適な角度でしっかりギターを保管することができます。

使いやすい商品が多い「ULTIMATE アルティメイト」

折りたたみ型など使い勝手の良いコンパクトな商品が多いメーカーです。持ち運んで使用する方や屋外での使用にも最適な商品が多く、とても人気が高くなってきています。ネックを自動ロックする商品もあり、とことん使いやすさを追求しています。

 

シンプルな商品ながら使いやすいので、どんな方にもおすすめしやすいメーカーです。価格と性能のバランスが良い点も、おすすめのポイントです。

ギタースタンドの人気おすすめランキング15選

1位

Ibanez(アイバニーズ)

ソリッド・エレキギター&ベース用コンパクト・スタンド PT32-BBK

コンパクトに持ち運びが可能

鞄に入れても邪魔になりにくいほどにコンパクトになる人気のギタースタンドです。エレキギター用なので重たいギターでも安心で、ベースにも対応しています。価格も非常に安いですが、ラッカー塗装には対応していないので注意が必要です。

 

見た目もシンプルでどんなギターとも相性が良いです。カラーも選べるので、自分好みのカラーから選べるおすすめの商品です。

ラッカー塗装対応 無し 重さ 455g
タイプ 立てかけタイプ 置ける本数 1本

口コミを紹介

非常にコンパクトに折り畳めてギグバッグにも難なく入ると思うのでスタジオやライブハウスに持参するのにとても良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

HERCULES

ギタースタンド GS414B PLUS

ギタースタンドの定番メーカーハーキュレスのギタースタンド

ギタースタンドの定番メーカーと言えば、頑丈な造りで人気があるHERCULES(ハーキュレス)です。エレキギター・エレギベース・アコギなどに使用できる吊り下げタイプで、ネックへの影響が少ないギタースタンドです。

 

この製品にはギターをしっかりと保持する3つの最新技術が使われています。まず、AGS(オートグラブシステム)は、置いたギターやベースの重さでアームが上がってネックを掴むような状態に動き脱落を防ぐ技術です。

 

Instant Height Adjustment Clutch(インスタントハイトアジャストクラッチ)はグリップを握ることで高さの調整ができます。SFF(スペシャルフォーミュレイテッドフォーム)は特殊なゴムで楽器を保護します。重さは1.9kgあり地震にも強いギタースタンドです。

ラッカー塗装対応 なし 重さ 1.9kg
タイプ 吊り下げ 置ける本数 1本

口コミを紹介

スタンドが倒れてボディに打痕が入ったトラウマから購入。底面がしっかりしているため倒れることはまずなさそうだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ARIA

ギタースタンド GS-2003B

しっかりした造りでコスパがいい立てかけタイプのギタースタンド

シンプルな立てかけタイプのギタースタンドです。エレキギターやエレキベース、アコースティックギターに使用できます。楽器のボディ下部とネック部分でしっかりと支えることができます。

 

ネックホルダーは約90mmあり、ネックの太いクラシックギターを置くこともできます。ネックホルダーの高さも調節できるのでミニギターからドレッドノートの大きなアコギまで置くことができおすすめです。

 

3つのパーツにわかれ、折り畳むことができるので持ち運んで使うのに便利です。ネックホルダーやボディホルダーには傷防止用のゴムがついているので安心でおすすめです。しっかりとしたつくりで価格が安いコスパの高いギタースタンドです。

ラッカー塗装対応 なし 重さ
タイプ 立てかけ 置ける本数 1本

口コミを紹介

製品自体はギタースタンドとしては十分な強度があり、ギターがあたる部分のクッションの具合も良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

D'Addario(ダダリオ)

ギターメンテナンス用 ネックスタンド The Headstand PW-HDS

折りたたみ式だからどこでも使いやすい

見た目にも非常におしゃれな人気の商品です。こちらはネックスタンドになるので本体を保管することは出来ません。メンテナンスなどに最適で、どこでも簡単に使用できるので使い勝手が良い商品です。

 

価格は非常に安いですがスタンド自体の質はとても高いです。弦の交換などの際にサッと取り出せる点も人気のポイントです。安定性も高いおすすめの商品です。

ラッカー塗装対応 重さ
タイプ ネックスタンドタイプ 置ける本数 1本

口コミを紹介

ギターケースに入れてます。出先で弦交換すときにとても重宝します。出先でパッと使う分には、特段ギターを選ぶこともないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

HERCULES

ギタースタンド GS525B

最大80kg5本までのギターを置くことができるギタースタンド

5本までのエレキギター、エレキベース、アコースティックギターを置くことができる立てかけタイプのギタースタンドです。ギターのコレクションをしている方やアコギやエレキ、ベースなどいろんな楽器を弾く方におすすめです。

 

重さは4.4kgあり5本の楽器を置いてもしっかりと支持してくれます。ギターと接触する部分には、SFF(スペシャルフォーミュレイティッドフォーム)が使われています。このゴムは衝撃を吸収し楽器が傷つくのを防ぎます。

 

自宅で楽器の保管に使うほかに、ステージで演奏するときのギターの置き場として使うこともできます。最大80kgまでの楽器を置くことができます。エレキギターが1本4kgだとして5本で20kgなので余裕を持って置くことができおすすめのギタースタンドです。

ラッカー塗装対応 なし 重さ 4.4kg
タイプ 立てかけ 置ける本数 5本

口コミを紹介

一応5本用ですが、別売りアダプタ追加でソリッドエレキ10本置いてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

HERCULES

ミニ・ギタースタンド フルサイズ用 GS401BB

ロッキングピンで固定力が高い

商品の重量が900gと非常に軽量で、ロックの力も強いおすすめの商品です。ベースの半径が260mmと小さいので、省スペースの中でもしっかり使用できます。また、折りたたみ式な点も大人気のポイントです。

 

見た目はシンプルな中にもおしゃれな風合いが出ているので、おしゃれなギタースタンドを求めている方にも最適な商品です。

ラッカー塗装対応 重さ 0.9Kg
タイプ 立てかけタイプ 置ける本数 1本

口コミを紹介

細部の作りが想像以上にカッチリしていて安心感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

木目調でおしゃれな壁付けギタースタンド

壁付けタイプでおしゃれなギタースタンドです。このタイプのギタースタンドはギターハンガーともいい、壁に取り付けてギターを引っ掛けて置くことができます。インテリアとしてギターを使いたい方におすすなギタースタンドです。

 

壁に取り付ける部分は木製でかわいいギターの形をしています。ギターを支持する部分は樹脂製でソフトにギターのネックを支持します。ギターのネック引っ掛けると自動でロックがかかる仕組みで、地震のときなどにも落下の心配がなくおすすめです。

 

無機質な黒の壁付けギタースタンドが多い中、ギターのデザインによくあう木目調のデザインで魅力あるギタースタンドです。ビンテージギターやデザインの美しいギターなどを飾りたい方におすすめです。

ラッカー塗装対応 なし 重さ
タイプ 壁付け 置ける本数 1本

口コミを紹介

最大の利点は、石膏ボードの支持木枠を狙って付ける場合に、取り付け穴が縦に配置されていることです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

HERCULES

ギタースタンド GS302B

安定性が高く堅牢な折り畳みギタースタンド

堅牢な造りで評判のいいハーキュレスのコンパクトギタースタンドです。ギター下部と背面の2点でギターを支えるタイプで、ネックに負担をかけないのでおすすめのギタースタンドです。折り畳みができるためライブのときのギター置き場にも使えます。

 

このGS302Bは、ソリッドギター専用のギタースタンドです。ソリッドギターとは内部に空洞がないギターのことで、レスポールやストラトなどのエレキギターに多い形です。内部に空洞があるアーコースティックギターにはGS301Bの使用がおすすめです。

 

ギターと当たる部分にはSFF(スペシャルフォーミュレイティッドフォーム)を使用しています。HERCULES独自のゴムでギターを保護する力が強いものです。重さは0.8kgとコンパクトタイプにしては重めですが、その分安定性が高くおすすめのギタースタンドです。

ラッカー塗装対応 なし 重さ 0.8kg
タイプ 立てかけ 置ける本数 1本

口コミを紹介

1台目も小さくて場所を取らないのにカンペキな安定感があり愛用してました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

KC(ケーシー)

ギタースタンド 転倒防止ストッパー付 GS-103B

転倒防止ストッパー付きで安心感が高い

安定性が高いのはもちろんですが、こちらの商品は転倒防止ストッパーが付いているのでより安心してギターを預けられる商品です。見た目もシンプルでスペースを取りません。省スペースでも使用しやすいです。

 

カラーもブラックとどんなギターとも相性が良く使い勝手も良いです。アコースティックギターだけでなくエレキギターやベースにも対応しています。

ラッカー塗装対応 重さ
タイプ 立てかけタイプ 置ける本数 1本

口コミを紹介

これだけ安いのに、全く問題のない、十分使える良い商品だ。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

HERCULES

ギタースタンド GS432B

省スペースで3本のギターが置ける優れもの

省スペースで3本のギターを置くことができる吊り下げタイプのギタースタンドです。平行に置くタイプのギタースタンドと違い、円状にギターを3本並べるので省スペースでギターを置くことができおすすめです。

 

30kgまでのエレキギター、エレキベース、アコースティックギターを置くことができるので、さまざまなタイプのギターを一箇所に収納したい方にもおすすめです。ギターの支持はネック部分で行い下部は支えないのでネックが反りにくく安心できます。

 

ハーキュレス独自装備のギターを置くと自動でロックがかかるオートグラブシステム、簡単に高さ調整ができるコンフォートグリップを搭載しています。また、ギターを置いた際の衝撃を和らげるスペシャルフォーミュレイティッドフォームも装着しています。

ラッカー塗装対応 なし 重さ 2.9kg
タイプ 吊り下げ 置ける本数 3本

口コミを紹介

脚が3方向に広がっているのでスペースはそれなりにとられます。とはいえギタースタンド3つそろえるよりはよいので満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Avenda

ギタースタンド 折りたたみ式

スチール製で耐久度が高い

頑丈で耐久性もあるスチールを素材に使用した人気のギタースタンドです。とても軽量なので、部屋間を持ち運んでの使用にもおすすめです。折りたたみも可能で、屋外での使用や鞄に入れても持ち運びができます。

 

組み立てに必要な時間は数秒と非常に短く、サッと取り出してすぐに使用できます。ギターやベースはもちろん、ウクレレやバイオリンにも対応しています。

ラッカー塗装対応 重さ 約907g
タイプ 立てかけタイプ 置ける本数 1本

口コミを紹介

スタンドはギターの底にパッド入り、背面にはゴムパッドが付いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

鴨居にも使えるギターハンガー

ディスプレイネットやエレクターシェルフなどに取り付けて、ギターを置くことができるギタースタンドです。和室にある鴨居にも取り付けが可能なので、和風の部屋にギターを飾ることができます。

 

ギターのネックを引っ掛けて置くタイプで壁付けタイプと置き方は同じです。壁付けのように壁に穴を開ける必要がなく、賃貸アパートでも使用できるのでおすすめです。また、壁が石膏ボードで弱い場合にもおすすめです。

 

ギターをネックのみで支えるので、立てかけタイプよりもネックの負担が少なく反りが起こりにくいのもおすすめのポイントです。エレキギターやエレキベース、アコースティックギターなどいろんなタイプの楽器に使えるのでおすすめです。

ラッカー塗装対応 なし 重さ
タイプ ディスプレイネット付け 置ける本数 1本

口コミを紹介

それまで床に置いていたのですが、壁に掛けることにより部屋が広くなり見た目もよくなったので満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

KC(ケーシー)

ギタースタンド 6本立て GSC150/6

たくさんのギターやベースを持っている方に

一見するとギタースタンドには見えにくいおしゃれなギタースタンドです。アコギやエレキ、ギターに対応しており6本まで収納できます。見た目に高級感があるので、インテリアとして部屋に設置していてもおしゃれです。

 

サイズ違いとして8本用も販売されており、多くのギターを持っている方におすすめです。畳むことでハードケースにもなり、とても使い勝手の良い商品です。

ラッカー塗装対応 重さ
タイプ 立てかけタイプ 置ける本数 6本

品物を設置して、始めの印象は、確かに細部の出来は値段相応のものでした。雑というわけではなく「値段相応」です。「悪い」というほどのものでもないと感じています。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

キクタニ

ギタースタンド GS-101B

シンプルな立てかけタイプのギタースタンド

ギタースタンドの基本形と言えるシンプルな立てかけタイプです。ギター下部とネックの2点でギターを支え、ギターと接触する部分には傷防止用のゴムがついています。ゴムはラッカー塗装対応品なのでラッカー塗装してあるギターも安心しておけおすすめです。

 

しかし、長時間ギターを置くとギターが変色することもあるので、なるべく毎日ギターを弾くようにしましょう。ネックの支えは幅が80mmあり大抵のギターを置くことができます。高さは615〜730mmまで調整できるのでギターにあわせて調整しましょう。

 

重さは0.83kgでギターを支えるには十分な重さがあります。転倒防止用のセキュリティストラップもついているので地震の時でも安心できおすすめです。価格が安くて使いやすいギタースタンドをお探しの方におすすめの商品です。

ラッカー塗装対応 あり 重さ 0.83kg
タイプ 立てかけ 置ける本数 1本

口コミを紹介

受台がクルクル回ると不評のレビューもあり少し不安だったが、楽器を載せれば動かないし、楽器が載ってる状態だと、片方に相当な荷重をかけないと動く、ましてや倒れるなんて有り得ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

キクタニ

ギターハンガー The Guitar Hanger GA-250

ハンガーバーに吊るして使用する

ハンガーラックに吊るして使用するタイプの商品なので、部屋にギタースタンドを設置できない方におすすめの商品です。スペースを必要としないので、手軽にギターを安全に保管することができます。

 

吊り下げて保管するので、ギターへのダメージを抑えておきたい方にも最適です。全長は290mmと短いので、それなりの高さのあるハンガーラックになら使用しやすいです。

ラッカー塗装対応 重さ 182g
タイプ 吊り下げタイプ 置ける本数 1本

口コミを紹介

多少弦のサビなどが洋服につく可能性は気になりますが、ワンルームのフローリングに飾りのように置いて埃が溜まるより今の方が清潔感があってこの製品を買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ギタースタンドの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 ラッカー塗装対応 重さ タイプ 置ける本数
1
アイテムID:5801376の画像
ソリッド・エレキギター&ベース用コンパクト・スタンド PT32-BBK 1,368円

詳細を見る

コンパクトに持ち運びが可能

無し 455g 立てかけタイプ 1本
2
アイテムID:5801218の画像
ギタースタンド GS414B PLUS 3,780円

詳細を見る

ギタースタンドの定番メーカーハーキュレスのギタースタンド

なし 1.9kg 吊り下げ 1本
3
アイテムID:5801217の画像
ギタースタンド GS-2003B 480円

詳細を見る

しっかりした造りでコスパがいい立てかけタイプのギタースタンド

なし 立てかけ 1本
4
アイテムID:5801385の画像
ギターメンテナンス用 ネックスタンド The Headstand PW-HDS 1,199円

詳細を見る

折りたたみ式だからどこでも使いやすい

ネックスタンドタイプ 1本
5
アイテムID:5801216の画像
ギタースタンド GS525B 10,206円

詳細を見る

最大80kg5本までのギターを置くことができるギタースタンド

なし 4.4kg 立てかけ 5本
6
アイテムID:5801394の画像
ミニ・ギタースタンド フルサイズ用 GS401BB 2,500円

詳細を見る

ロッキングピンで固定力が高い

0.9Kg 立てかけタイプ 1本
7
アイテムID:5801214の画像
ギターハンガー 1,699円

詳細を見る

木目調でおしゃれな壁付けギタースタンド

なし 壁付け 1本
8
アイテムID:5801213の画像
ギタースタンド GS302B 1,980円

詳細を見る

安定性が高く堅牢な折り畳みギタースタンド

なし 0.8kg 立てかけ 1本
9
アイテムID:5801408の画像
ギタースタンド 転倒防止ストッパー付 GS-103B 639円

詳細を見る

転倒防止ストッパー付きで安心感が高い

立てかけタイプ 1本
10
アイテムID:5801212の画像
ギタースタンド GS432B 18,931円

詳細を見る

省スペースで3本のギターが置ける優れもの

なし 2.9kg 吊り下げ 3本
11
アイテムID:5801421の画像
ギタースタンド 折りたたみ式 1,799円

詳細を見る

スチール製で耐久度が高い

約907g 立てかけタイプ 1本
12
アイテムID:5801210の画像
ギターハンガー 1,500円

詳細を見る

鴨居にも使えるギターハンガー

なし ディスプレイネット付け 1本
13
アイテムID:5801429の画像
ギタースタンド 6本立て GSC150/6 11,550円

詳細を見る

たくさんのギターやベースを持っている方に

立てかけタイプ 6本
14
アイテムID:5801209の画像
ギタースタンド GS-101B 1,120円

詳細を見る

シンプルな立てかけタイプのギタースタンド

あり 0.83kg 立てかけ 1本
15
アイテムID:5801433の画像
ギターハンガー The Guitar Hanger GA-250 3,774円

詳細を見る

ハンガーバーに吊るして使用する

182g 吊り下げタイプ 1本

ギタースタンドの必要性

ギタースタンドって必要なの?ケースに入れて立てかけておけば良い。と考えている方も中にはいると思います。ここではメリットとデメリットの両方を比較してみましょう。

ギタースタンドの「メリット」

倒れる心配がない

・ネックが曲がりにくい

・出し入れや管理が簡単

・すぐ手に取れるので練習しやすい

 

ギタースタンドの「デメリット」

・場所を取るため、置き場所に困る

・地震などでスタンドと本体一緒に倒れる可能性もある

 

ギタースタンドは「使用するべき」アイテム

上記を比較しても、やはりギタースタンドを使うメリットの方が多いです。また、デメリットにある「置き場所に困る」点については、できるだけ省スペースで済むようなスタンドを選ぶことで解消できそうです。

 

もし長期的に保管したい方は、必ず弦を緩めて置いておくようにしましょう。弦を強く張ったまま置いておくと、ネックが反る原因にも繋がるので注意してください。

ギタースタンドの使い方

ギタースタンドには様々なタイプの商品がありますが、使い方を間違えてしまうとギターが反ってしまったり傷ついてしまう可能性があります。まず、一般的な立てかけタイプの場合はエレキなどの重たいギターを長期間置いてしまうと反ってしまう可能性があります。

 

出来る限り一時的な置き場所として立てかけタイプを使用するのが最適です。吊り下げタイプや壁掛けタイプの場合、ネックへのダメージが少ないので長期的な保管にもおすすめです。また、ネックは必ず紐で固定するようにしましょう。

 

ぶつかったり地震などが起きてしまうと、紐で固定していないギターは倒れてしまいます。ギタースタンドを使用しているからといって安心せずに、しっかり使い方まで覚えておきましょう。

ギターの塗装を守るならギタースタンド用ブラジャーがおすすめ

ラッカー塗装に対応していないギタースタンドにはギタースタンド用ブラジャーがおすすめです。ギタースタンドのゴムはラッカー塗装をしたギターに長時間触れると、塗装を変色させたり、溶けてギターに付いたりします。

 

ラッカー塗装対応のギタースタンドなら安心ですが、対応になっているものは少ないです。そこで、ギターのラッカー塗装を守るためにギタースタンド用ブラジャーを使います。ギタースタンドのゴム部分に上から被せて使いギターとゴムが直接触れるのを防ぎます

 

ぬいぐるみのようなフワフワとした布で作られているので、ギターをそっと包み込み傷をつけることもありません。ラッカー塗装対応のギターでも長期間置きっ放しにすると変色の可能性があるので、安全策としてギタースタンド用ブラジャーをつけるのがおすすめです。

DIYや自作をするなら安い木製のギタースタンドがおすすめ

ギタースタンドは簡単に自作をすることができます。木製のギタースタンドなら材料費も安いのでおすすめです。簡単に作り方を説明します。まず作りたいギタースタンドの図形を探すか自分で作ります。一般的な立てかけタイプの場合、土台用の木材は縦と横に2本ずつがベストです。

 

土台を作ったら梁用と柱用の木材を木材用のネジと木工用ボンドで組み立てます。ネックピローに当たる部分に円柱の木材を土台に取り付ければ完成です。ギターに直接触れてしまう部分は入念なヤスリ掛けを行うか、スポンジを両面テープで貼り付けましょう。

 

自分で木材をノコギリなどでカットするのもおすすめですが、不安な方はホームセンターでカットしてもらうようにしましょう。1000円前後から作ることができるので、安くギタースタンドを用意したい方は自作も視野に入れてみましょう。

まとめ

ギタースタンドの人気ランキング10選はいかがでしたでしょうか。ギタースタンドは地震などで転倒することを防いだり、ギターをインテリアとして美しく魅せるために重要なアイテムです。お気に入りのギタースタンドを選んでギターライフを楽しみましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【電子工作に必須】はんだごての人気おすすめランキング10選

【電子工作に必須】はんだごての人気おすすめランキング10選

工具
【大切なギターを守る】ギターケースのおすすめ人気ランキング10選

【大切なギターを守る】ギターケースのおすすめ人気ランキング10選

楽器
【2021年最新版】ベースケースのおすすめ人気ランキング10選

【2021年最新版】ベースケースのおすすめ人気ランキング10選

楽器
【エレキ・アコースティックギター】おすすめのギター弦ランキング16選

【エレキ・アコースティックギター】おすすめのギター弦ランキング16選

楽器
【こだわりの音質へ】おすすめのアコギ弦の人気ランキング10選

【こだわりの音質へ】おすすめのアコギ弦の人気ランキング10選

楽器
【プロの音色を味わおう】アコギ弦おすすめ人気ランキング10選

【プロの音色を味わおう】アコギ弦おすすめ人気ランキング10選

楽器