記事ID139191のサムネイル画像

【言語発達に効果的】2歳向け絵本の人気おすすめランキング10選

絵本は2歳児の発達にも効果的なのでおすすめです。そこで今回は2歳児向けのおすすめ絵本を紹介します。仕掛け絵本や知育絵本などは中も人気が高いです。中にはセットになっているおすすめの絵本もあるのでチェックしてみましょう。2歳児にぴったりな絵本が盛りだくさんです。

2歳児は絵本を読んであげる事で言葉の発達を促す

2歳にとって、絵本は必要不可欠なアイテムだと言われています。絵本を読んであげる事で、子供の言葉の発達を促す事ができるのです。2歳と言えば、いろんな言葉を少しずつ取り入れる年齢なので絵本を読んであげるといろんな事に関心を持ち始めるかもしれません。

 

また、絵本は子供とのコミュニケーションを取る上で大切です。寝る前に読み聞かせてをしてあげて、楽しい時間を作ってあげましょう。絵本に興味を持ち始めた子供は、一人でも読む習慣が付くようになるかもしれません。

2歳児向け絵本の選び方

2歳児におすすめの絵本は多数ありますが、まずは絵本の選び方について詳しく見ていきましょう。子供にぴったりな絵本を見つけるためにも、選び方にこだわってみるのが実はものすごくおすすめなのです。

タイプで選ぶ

2歳児向けの絵本には、さまざまなタイプがあるという事を覚えておくと良いかもしれません。そこでまずは、基本手な絵本のタイプについて紹介します。日常系、知育絵本、仕掛け、英語、そしてセットなどさまざまありますよ。

日常系の絵本

日常系の絵本はものすごく人気が高いので、一冊買っておくと良いかもしれません。日常系の絵本にもさまざまなテーマがありますが、どれも身近なテーマになっているので子供も共感しやすいです。また、内容もすっと頭の中に入るからこそおすすめだと言われています。

 

絵本を通して自然と言葉を覚えてほしいという人や、より身近なテーマで興味を持ってもらいたいという人はぜひ日常系の絵本を買ってみてくださいね。今回のランキングでも、比較的多く紹介していきます。

知育絵本

次に見ていきたいのが、知育絵本です。知育絵本も2歳児には欠かせないので、チェックしてみると良いかもしれません。知育絵本というのは、絵本を通して子供に学びを与えてあげるような絵本になっていますよ。

 

例えば、数を数える絵本や動物の名前を覚える絵本などがあります。絵本を使うからこそ、子供も興味が持ちやすくなるのです。また、繰り返し読んであげると自然と覚えるという魅力もありますよ。

仕掛け絵本

次に見ていきたいのが、仕掛け絵本です。仕掛け絵本は名前の通り、絵本の中に仕掛けが詰まったタイプになっています。仕掛けがある事で、より絵本を楽しく読む事ができるの間違いなくおすすめです。

 

絵本にあまり興味が持てないという子供でも、仕掛け絵本であれば間違いなく興味を持ってくれるでしょう。目や耳を使うのではなく、手を使っても絵本を読む事ができるという特徴がありますよ。

英語の絵本

中には、英語の絵本を読み聞かせてしたいという人もいると思います。もちろん、2歳児にぴったりな英語の絵本も多数があるのでぜひ参考にしてみてください。言語を取得しているタイミングで英語の絵本を取り入れてあげると、より自然と英語が学べるようになります

 

また、無理をせず英語の絵本の読み聞かせを習慣付けてあげると良いかもしれません。英語が苦手だというお母さんは、読み聞かせのCDが付いたタイプの絵本を活用してみてくださいね。

セットの絵本

最後におすすめしたいのが、セットの絵本です。セットの絵本はプレゼントとしても大人気なので候補に入れておくと良いかもしれません。いろんなセットがありますが、短編の本がセットになったものなどは特に人気があります。

 

また、ぬいぐるみや小物が本と一緒にセットになっているものもあるので選ぶ際には心がけてみると良いかもしれません。特にぬいぐるみのセットは人気が高いと言われています。絵本に出てくるキャラクターのぬいるぐるみがあるだけでも、より絵本が楽しめますよ。

テーマで選ぶ

もちろん、絵本のテーマも事前にチェックしてみたいポイントの一つです。2歳児向けの絵本にはさまざまなテーマがあるので、こだわって選んでみると良いかもしれません。乗り物が大好きな子供もいれば、食べ物が大好きな子供もいると思います

 

とは言え、子供が興味持っているテーマばかりの絵本を買うというのはあまりおすすめできません。いろんなテーマの絵本を幅広く読んであげる事で、よりいろんな事に興味が持ちやすくなりますよ。言語発達のために絵本が読んであげたいという人は、覚えておきましょう。

興味が持ちやすい絵本を選ぶ

2歳児だからこそ、なるべく興味が持てるように工夫された絵本を選んであげる事がとても大切です。そこで、2歳児がどのような絵本に興味を持つ傾向があるのか、おすすめを紹介していきますね。

カラフルな絵本

まず見ていきたいのが、カラフルな絵本です。カラフルな絵本は小さな子供の目を引き付けるようになっているので、絵本を選ぶ時には間違いなく心がけておきたいポイントの一つになっています。言葉がまだまだ分からなくても、カラフルだと興味が持てますよ。

 

いろんな色を使って絵本をぜひ買ってみてください。特に、赤や黄色などの発色の良い色は中でもおすすめです。実際にお店で絵本を買う場合には、ページをめくって色のチェックをしてみてくださいね。

文字が少なめの絵本

あまりにも文字が多すぎると、せっかく絵本を読んであげても子供は興味を持ってくれません。そこで次に見ていきたいポイントが、文字の少なめの絵本を選ぶというポイントです。なるべく文字が少ないものを選ぶ事で、退屈に感じることなく絵本が楽しめます。

 

まだまだ絵本を良い慣れてないという子供も、まずはシンプルで文字が少なめの絵本から入ってみると良いかもしれません。興味が持ちやすく工夫されている絵本もたくさんあるので、おすすめですよ。

会話が弾む絵本

2歳児にとって、絵本の時間はお母さんやお父さんとのコミュニケーションを取る大切な時間でもあります。だからこそ、会話が弾むような絵本を読んであげるのも大切です。「これはなんだろう?」と問いかけられるような絵本を買ってみてください。

 

親子で絵本を読みながら会話する事を習慣付けてみるだけでも、発達に大きな影響を与えますよ。また、会話が多ければ多いほどいろんな言葉が覚えられるようになるという事もぜひ覚えておいてくださいね。

一緒に笑える絵本

せっかく絵本を読むのだから、一緒に笑えるような絵本の読み聞かせがしてあげたいですよね。子供だけではなく、お母さんやお父さんも一緒になって笑える絵本を選んでみると良いかもしれません。テーマはもちろん、絵が面白いものも小さな子供に大人気です。

 

絵本を読む時間が楽しいと思ってもある事が、何よりも重要ですよ。経験が良ければ子供も、自然と一人でも絵本を読むようになるものです。そうする事で、言語発達にも繋がるのでなるべく楽しい経験をさせてあげるように心がけてくださいね。

真似っこ絵本

それでは最後に、真似っこ絵本についてざっくり紹介していきます。2歳の子供は、周りの子供達や大人を見て学ぶもの。だからこそ絵本の中でも、真似っこができるタイプは注目度が高いのです。想像力を高めてくれる絵本を選ぶようにしてみましょう。

 

また、真似っこ絵本は読み聞かせが楽しいという魅力もあります。子供だけではなく、大人も一緒になって楽しめる内容のものがたくさんあるのでぜひチェックしてみてください。

2歳児向け絵本の人気ランキング10選

第10位

福音館書店

いやだいやだ

価格:756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イヤイヤ期を乗り越えるのにぴったり

福音館書店のいやだいやだは、子供のイヤイヤ時期を乗り越えるのにぴったりな2歳児向け絵本になってます。子供は2歳前後になるとイヤイヤ時期に入り、何でもかんでも嫌だと思ってしまうのです。そんな時は、このような絵本を活用して一緒に乗り越えてみましょう。

 

小さな子供が共感しやすいような内容になっていて、最後には「じゃあ、どうするの?」という問いかけで終わります。学びがありつつも、シンプルで読みやすい絵本になっているのでぜひ試してみてください。一冊持っておくだけでも、間違いなく大活躍してくれる絵本です。

タイプ日常系ページ数24ページ
特徴文字が少なめ
第9位

福音館書店

おでかけのまえに

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

身近なテーマが魅力的

もう一つ、日常系の絵本としておすすめしたいものがあります。それは、福音館書店のおでかけのまえにです。こちらの絵本は、おでかけをする前に準備をする女の子のお話になっています。癒しがたっぷりなので、一度は読んでみると良いかもしれません。

 

両親のおおらかさがポイントなので、読んでいるお母さんやお父さんも一緒に学べるような絵本になっています。また、ごく当たり前の家庭を舞台にしているというのもポイントかもしれません。

 

身近がテーマだからこそ共感しやすく、子供も大人も一緒に読めます。ほのぼのとした雰囲気が、ものすごく心地良いですよ。

タイプ日常系ページ数24ページ
特徴会話が弾む
第8位

偕成社

みんなみんなみーつけた

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽しい仕掛け本

子供と一緒に楽しみながら絵本が読みたいという人は、ぜひ偕成社のみんなみんなみーつけたを読んでみてください。こちらの絵本では動物たちがたくさん登場し、かくれんぼをします。木のかげや草のかげなどに隠れた動物たちを、一緒に探してみましょう。

 

仕掛けが面白く、またテーマも面白いからそ注目度が高いのかもしれません。動物が大好きだというお子さんも、間違いなく楽しめるようなおすすめの絵本になっています。初めて仕掛け絵本を読むという人でも、安心して読めるシンプルな内容です。

 

また、絵のタッチがとても優しいというのも魅力の一つかもしれません。全体的に効用かなので、ぜひ買ってみてくださいね。

タイプ仕掛け絵本ページ数
特徴一緒に笑える
第7位

佼成出版社

なにをたべてきたの?

価格:1,404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食べ物に興味が持てる

佼成出版社のなにをたべてきたの?は、食べ物に興味を持ち始めた子供にとってもぴったりな内容となっています。文字が少なめでシンプルだからこそ、まだ2歳になったばかりの小さな子供でも安心して読めると口コミでは評判になっていますよ。

 

主人公は白豚で、お腹が食べ物の色に染まっていきます。食物に関する情報が、すっと頭の中に入るかもしれません。登場するフルーツもとても美味しそうで、何度も繰り返し読みたくなるような絵本です。

タイプページ数31ページ
特徴会話が弾む、文字が少なめ
第6位

Random House Books for Young Readers

The Cat in the Hat

価格:858円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカで定番の絵本

2歳児向けの英語の絵本が読んでみたいという人も、中にはいるかもしれません。そんな人は、Random House Books for Young ReadersのThe Cat in the Hatを読んでみましょう。こちらの絵本はアメリカの定番絵本でもあるので、一度読んでみると良いかもしれません。

 

世界中から注目を集めている、ドクター・スースの代表作とも言われているほど人気の高い絵本になっています。絵がとても可愛く、ファンタージーの世界観がたっぷり楽しめるかもしれません。

 

愉快なストーリーで、楽しく英語の言葉が覚えられるようになっています。イラストも楽しく、ページをぱらぱらとめくるだけでも思わず笑っちゃうでしょう。

タイプ英語ページ数61ページ
特徴一緒に笑える、カラフル
第5位

アリス館

バスがいっぱい!

価格:1,026円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乗り物が大好きな男の子にぴったり

乗り物に興味を持ち始めばかりの子供にぴったりなのが、アリス館のバスがいっぱい!です。こちらの絵本ではいろんなバスが登場するので、得に男の子からは注目を集めていますよ。大きさや形、色や柄を見ながらバスの特徴が覚えられます

 

興味が持ちやすく、会話が弾むようになっているので一度読んでみると良いかもしれません。いろんなキャラクターが出てくるので、飽きる事なく読めます。

 

もちろん、飲み物に興味を持っている女の子にもぴったりな絵本です。

タイプ日常系ページ数
特徴カラフル、会話が弾む
第4位

こぐま社

こぐまちゃんおでかけセット

価格:1,728円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレゼントにもぴったり

それでは次に、こぐま社のこぐまちゃんおでかけセットについて見ていきましょう。こぐまちゃんは注目を集めている子供からも大人気のシリーズになっていて、中でもこちらのセットはプレゼントとしても人気があります。こぐまちゃんの絵本が二つと、バッグがセットになっています

 

絵本はミニサイズなので、持ち運びにもぴったりです。公園に行ったり、外出をする時にも持って行ってみましょう。バッグも丈夫なキャンバス地で作られているので長く使えますよ。

 

0歳から、3歳前後の子供まで読めるようになっています。気になるという人は、ぜひこちらのセットを買ってみてくださいね。

タイプセットページ数
特徴文字が少なめ
第3位

偕成社

できるかな?―あたまからつまさきまで

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

絵が楽しくて飽きない

偕成社のできるかな?―あたまからつまさきまでは、絵が楽しい真似っこ絵本になっています。絵本に登場する動物を見ながら、一緒に手や足を動かします。いろんなポーズを取りながら、絵本の世界にしっかり入り込む事ができます。

 

口コミでも全体的に評価が高く、注目されている一冊になっているのでぜひ買ってみてくださいね。子供だけではなく、お父さんもお母さんも思わずはまってしまうような2歳児向けの絵本になっていますよ。

タイプページ数25ページ
特徴真似っこ
第2位

玉川大学出版部

かずをかぞえる

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽しく数字が覚えられる

それでは次に、玉川大学出版部のかずをかぞえるを紹介していきます。知育絵本が欲しいという人にもおすすめな絵本で、楽しく数字が覚えられるからこそ人気が高いのです。数字が苦手な子供はもちろん、絵本を通してしっかり学びに繋げたいという人にもぴったりです。

 

数字は1から100まで登場するので、ちゃんと覚えれる事ができます。また、数字の紹介だけではなく数字その物の理解が深まるような内容です。数え方や計算の基礎も同時に学べるようになっているので、魅力が溢れていますよ。

 

2歳の子供は、一冊持っておくだけでも大活躍してくれるでしょう。ページ数も32ページと、少なすぎず多すぎないちょうど良い長さになっています。読み聞かせに慣れてきたら、一人でも楽しめるかもしれません。

タイプ知育絵本ページ数32ページ
特徴会話が弾む
第1位

福音館書店

おおきなかぶ

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

古くから愛され続けられている定番の絵本

2歳児におすすめの絵本と言えば、福音館書店のおおきなかぶが欠かせません。名前の通り、こちらの絵本はかぶをテーマにした絵本で、大きなかぶを頑張って抜くというお話です。「うんとこしょどっこいしょ」と声をかけながら抜こうとしますが、なかなか抜けないのです。

 

いろんな人や動物が参加して、みんなで力を合わせてかぶを抜こうとします。リズミカルなのでテンポよく読めるというのが魅力的ですよ。絵も落ち着きがあり柔らかく描かれているので、何度読んでも癒されるような絵本です。

 

もともとロシアの昔話が、絵本になりました。日本でも古くから愛され続けられているおすすめの絵本なので、ぜひ読んでみてくださいね。ユーモアもあり、会話が弾むような絵本になってますよ。

タイプページ数28ページ
特徴会話が弾む、一緒に笑える

2歳児向け絵本のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5103213の画像

    福音館書店

  • 2
    アイテムID:5103212の画像

    玉川大学出版部

  • 3
    アイテムID:5103205の画像

    偕成社

  • 4
    アイテムID:5103211の画像

    こぐま社

  • 5
    アイテムID:5103207の画像

    アリス館

  • 6
    アイテムID:5103209の画像

    Random House Books for Young Readers

  • 7
    アイテムID:5103210の画像

    佼成出版社

  • 8
    アイテムID:5103208の画像

    偕成社

  • 9
    アイテムID:5103206の画像

    福音館書店

  • 10
    アイテムID:5103202の画像

    福音館書店

  • 商品名
  • おおきなかぶ
  • かずをかぞえる
  • できるかな?―あたまからつまさきまで
  • こぐまちゃんおでかけセット
  • バスがいっぱい!
  • The Cat in the Hat
  • なにをたべてきたの?
  • みんなみんなみーつけた
  • おでかけのまえに
  • いやだいやだ
  • 特徴
  • 古くから愛され続けられている定番の絵本
  • 楽しく数字が覚えられる
  • 絵が楽しくて飽きない
  • プレゼントにもぴったり
  • 乗り物が大好きな男の子にぴったり
  • アメリカで定番の絵本
  • 食べ物に興味が持てる
  • 楽しい仕掛け本
  • 身近なテーマが魅力的
  • イヤイヤ期を乗り越えるのにぴったり
  • 価格
  • 972円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 1728円(税込)
  • 1026円(税込)
  • 858円(税込)
  • 1404円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 972円(税込)
  • 756円(税込)
  • タイプ
  • 知育絵本
  • セット
  • 日常系
  • 英語
  • 仕掛け絵本
  • 日常系
  • 日常系
  • ページ数
  • 28ページ
  • 32ページ
  • 25ページ
  • 61ページ
  • 31ページ
  • 24ページ
  • 24ページ
  • 特徴
  • 会話が弾む、一緒に笑える
  • 会話が弾む
  • 真似っこ
  • 文字が少なめ
  • カラフル、会話が弾む
  • 一緒に笑える、カラフル
  • 会話が弾む、文字が少なめ
  • 一緒に笑える
  • 会話が弾む
  • 文字が少なめ

より発達に効果的な2歳児向け絵本を読むタイミングって?

実際に絵本を読むとなった時、どのタイミングで読めば良いのかより発達に効果があるのか知りたいという人もたくさんいると思います。絵本を読むタイミングはさまざまありますが、中でもおすすめなのが寝る前です。寝る前に絵本を読んであげると、心も体もリラックスができます。

 

また、寝る前に見たものや聞いたものは比較的頭にも入りやすいと言われています。知育絵本なども、寝る前に読んであげる事でより記憶の中に留まりますよ。親子でコミュニケーションを取るのにもぴったりなタイミングだという事を覚えておきましょう。

まとめ

今回ご紹介したランキング以外にも、まだまだ2歳児におすすめの絵本はたくさんあります。子供に喜んでもらえる、お気に入りの絵本をぜひ見つけてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ