記事ID139188のサムネイル画像

【釣りが楽になる】ランディングネットのおすすめ人気ランキング10選

ランディングネットを持っていますか。青物からシーバス、バス釣りまで様々な釣りで活躍します。最近のランニングコストは折りたたみ式など長さの調節できるものが多く、値段も手ごろでコスパのいい商品がたくさん出ています。あなたの釣りを変えてくれる一品を手に入れましょう。

ランディングネットのメリット

ランディングネットを使用することで、釣りの成果が大きく変化してきます。魚を釣り上げた際に、小型魚であるならば抜き上げといって、そのまま引っ張り上げてしまうことも可能ですが大型魚だと、抜き上げに耐えられず竿が折れてしまうこともあります。

 

竿も消耗品です。荒い操作を続けていれば、徐々に破損しやすい状態へとなっていきます。ランディングネットを使用すれば、最後のキャッチ時に抜き上げしないで済み、竿に負担をかけない釣り方をすることが可能です。

 

また、ヒットした魚を確実にキャッチすることもできるので、確実性も増して釣果をアップさせることにもつながります。

ランディングネットの選び方

ランディングネットのメリットを理解した上で、選び方を見ていきましょう。あなたが得意とする釣りは、どれに該当してきますか。用途に合わせた選び方が重要です。

受け口で選ぶ

受け口にも注目してください。様々な受け口タイプがありますが、釣りのスタイルによって選び方も違ってくるので注目して見ておきましょう。受け口には2タイプあります。「丸型」と「オーバル型」です。

 

「丸型」は、受け口が広くてオールラウンドにどんな釣りにも対応します。魚の動きに慣れていない方にもおすすめのタイプです。

 

一方、「オーバル型」は、大物を狙うのに適したタイプです。大型魚を狙うルアーフィッシングに適しており、ビッグバス、シーバスなどを狙う方はこちらがおすすめです。なお、「受け口が50cm、奥行き50cm」を基準にみて探してみてください。

網の素材で選ぶ

網の素材は確認していますか。それ次第で、使用する釣りシーンも変わってきます。使えないわけではありませんが、適した網の素材を使った方が扱いが楽になります。

ナイロン

ナイロン素材は、あらゆるジャンルに対応することができるので、釣りの初心者や、様々なフィールドで釣りを行う方におすすめです。価格も安いので手に入り安い価格で販売されています。

 

ナイロンは単一の網目により構成されています。ですので、小型魚・大型魚と魚種を問わず、使用することが可能です。デメリット面としては、ハリが刺さると抜けにくい点です。また、キャッチしたことで魚の体力を削ってしまい、弱らせてしまいます。

 

最近のナイロンの網タイプは、ラバーコーティングが行われており、魚を傷つけない加工が施されているものもあります。魚を傷つけないようにしたい方は確認しておきましょう。

ラバー

ゴムみたいに弾力性のあるのがラバー製ランディングネットは、魚を傷つけないでリリースしたい方におすすめです。

 

キャッチ&リリースを念頭に釣りを行う方向けです。魚のこと、環境のことを視野に入れた釣り方が、徐々に浸透してきていますので、ラバー製のものも人気が上昇しています。

撚り糸

強度を求めるのなら、撚り糸の網が適します。漁師も使用するくらいしっかりとした作りなのが特徴です。強度のあるランディングネットで、確実にキャッチしたい大型魚も逃しません

 

急に大暴れして破れて逃してしまうこともないでしょう。デメリット面としては、糸が網み込んで作られているので、それによって、魚を傷つけやすくなってしまうことです。ここぞという時に使用したい網タイプです。

メーカーで選ぶ

ランディングネットを販売するメーカーは、多数存在します。特にこだわりと人気、定評の高いメーカーを厳選して紹介します。

メジャークラフト

メジャークラフトも売れているランディングネットを多数販売しているメーカーです。他のメーカーと比べて、価格が安価なのが特徴です。ただ、価格以上に耐久性、スペックもしっかり整っており、非常に効率よく釣りを行うことができます。

 

振り出しから取り込みまでの一連動作もスムーズに行えると評価する方も多く、初心者の方に使ってほしいメーカーです。

昌栄

昌栄は、自動車部品の販売や業務厨房用品、そして釣り具の製造販売までを手掛ける総合メーカーです。その高い品質から評判は高いです。昌栄のランディングネットについても、高い支持を得ています。

 

昌栄のランディングネットの中にはワンピースタイプも販売されており、ジョイント箇所をなくすことで軽量化が図られています。軽量化されたことでキレが良く動き、高い操作性を実現しています。

ダイワ

ダイワのランディングネットも非常に人気がある製品です。軽量化と耐久性の高い素材選びも十分に考慮された設計となっており、扱いやすく耐久性のあるラインナップが揃っています。

 

価格帯としては、他メーカーより上にある傾向です。しかし、その価格に見合った成果を果たしてくれると評価は高いです。

用途で選ぶ

どういった釣りの用途で使用しますか。釣り方の特性・地理などに合わせてランディングネットを替えていった方が円滑に釣りができますよ。

バス釣り

バス釣りでは、移動しやすい軽量であることがまず第一に挙がってきます。そして、ビッグバスを逃さない耐久性を兼ね備えたタイプを選ぶべきです。

 

伸縮性のあるものではなく、腰を据えて、手の力を遺憾なく伝えられるような、トップギアで戦えるランディングネットが適しています。

 

また、持ち運びの際は携行しやすいホルダーなどで腰に取り付けて、すぐに取り出せるようにしておくとキャッチまでスムーズです。

ライトソルト

アジングやメバリングで行われるライトソルトゲームでもランディングネットは活躍します。どういったタイプが適しているのかというと、重量が軽く、手に馴染むものがいいでしょう。

 

アジングでは、どんどん入れ食い状態になるパターンも考えられます。そういった際に手際よく、釣り上げた魚を網に入れられるような感覚で使用できます。使用頻度の多さから、軽量と謳われているものを選ぶのがライトソルト用のポイントです。

磯釣り

海での釣りにもランディングネットは大活躍します。こういった釣り場では、長いランディングネットの準備をおすすめします。干潮時までの海面高からプラスして1mの計算でいましょう。

 

ランディングシャフトが長ければ、狙えるフィールドも多くなります。しかし、扱いずらくもなりますし、携帯性も不憫になりがちです。まず初めて磯釣り用にランディングネット購入を検討されている方は、5m前後を目安にてください。

渓流釣り

渓流釣りでもランディンネットは活躍します。他種の魚を狙った釣りと比較して、渓流釣りの方がランディンネットにもこだわりを持っている方が多いそう。なぜかというと、美しい渓流に映えるランディンネットを使っている姿を写真に収める方が多いからです。

 

ですので、渓流釣りにランディングネットは必須アイテム化されています。そこから、個々にこだわりを持ち、オーダーメイドする方もいるそうです。渓流釣りでは、伸縮性よりも伸縮なしのタイプ、且つ、デザイン性にも優れているものが求められています

長さで選ぶ

肝となってくる部分の1つがランディングポールの長さです。釣りによって長くていい時と、短い方がいい時と変わってくるからです。

伸縮なしタイプ

釣り場が公衆釣り場のような場所や、バス釣りにおいては伸縮性のないランディンネットで十分です。むしろ、伸縮性がない方が強度も高まって、ランディンネットに使われている素材本来の力を発揮することができます。

 

絶対にヒットしたら落としたくない場面もあるはずです。そういった時には、伸縮性を伴わないランディンネットの方がメリットがあるでしょう。また、そういうビッグフィッシュを狙うのであれば、強度のある網とポール部を備えたランディンネットの方が安心ですね。

2~3mのショートタイプ

ショートタイプはおおよそ2~3mのタイプです。こちらは水面との距離が近いフィールドで役立ちます。重量もその分、軽量化されるので持ち運びが楽になり、移動距離の幅が広がるでしょう。

 

場所を移動しながら、釣り場をかえていく方には、こちらがおすすめです。

5m以上のロングタイプ

ランディングネットを使用していくにあたり、ロングタイプのメリットはどういった部分にあるのかというと、足場が高い釣り場においてです。そういったフィールドは海なのが該当してきますね。

 

干潮があるため、時間によって変化する水位に対応するため、足場は高く設けてあります。時間によっては海水が引いてしまい、釣り場と海との距離が長くなってしまいます。ロングタイプで5m以上伸びるようなタイプですと、使い勝手がよく対応することができます。

付属パーツで選ぶ

ランディングネットを使っていく中で、必須ではありませんが、あると便利なものがあります。それがショルダーベルトと折りたたみ式ジョイントです。付属品として入っている製品と入っていない製品があるので注意が必要です。

 

ショルダーベルトがあるランディンネットは背負いながら持ち運びできるので、移動する際に役立ちます。また、両手が空くので別の動作も行えるメリットも生まれます。

 

折りたたみ式ジョイントは、コンパクトにまとめられるメリットがあります。折りたたみになる部分はフレームとポールの接続部分です。使用する際はロックします。解除すれば折りたためる仕組みです。上手く使いこなしましょう。

ランディングネットのおすすめ人気ランキング10選

第10位

OGK(オージーケー)

ランディングネット ランディングシャフトミニセット 340

価格:5,593円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久力と携行性で抜きんでる実力派

ランディングネットの中では、コンパクトなタイプで仕舞寸法はわずか42cmです。このサイズならば、バッグインして持ち運びできますね。しかしながら、全長すれば約3mまで伸ばすこともできますので伸縮自在です。

 

上手く使い分けできるので、高さのあるシチュエーションでも活躍してくれます。また、カラビナも付属品として付いてくるので、携行するのにも便利です。

素材ラバーコーティング長さ全長300cm、仕舞寸法42cm
受け口オーバル型付属パーツ折りたたみ式ジョイント、カラビナ付属
第9位

プロマリン(PRO MARINE)

ランガンランディングセット250

価格:3,025円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャッチ&リリースにも適したコスパ重視タイプ

シンプルな作りで扱いやすいランディングネットです。仕舞寸法は39.5cmで場所を取りません。キャッチ&リリースの釣りを楽しむ方のに適したラバーネット仕様なのも魅力的要素です。3000円台の価格なので、手ごろな価格なのも嬉しいですね。

 

また、どんなジャンルの釣り方にも対応できる仕様となっており人気があります。最大で2.5mまで伸ばすことができるので、ヒットした後、魚に近寄れない場所でもサッと伸ばしてキャッチすることができます。

素材ラバー長さ全長250cm、仕舞寸法39.5cm
受け口丸型付属パーツ折りたたみ式ジョイント
第8位

TAKAMIYA(タカミヤ)

H.B concept ラストウィニング ランガンシャフト

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランガンのために作られたモデル

こちらは、その名称通りにランガンスタイル特化モデルです。ベルト付属であるため、すぐにランディングネットを取り出して使用することが可能です。釣行でリズムが、それぞれにあると思いますが、妨げになることなく作業することができます。

 

受け口も広く設計されているため、大物が不意に当たっても取り逃がしが少ないでしょう。また、価格設定も安価で手が届きやすいことも高ポイントのアイテムです。

素材長さ全長296cm、玉枠サイズ約40×35cm
受け口オーバル型付属パーツ折りたたみ式ジョイント
第7位

ダイワ(DAIWA)

ランディングネット ワンタッチ渓流ダモ

価格:3,067円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトに持ち運びできるバッグ付き

渓流釣りなどで活躍してくれるモデルです。渓流釣りというと、足場も滑りやすく不安定な場所が多いですね。そういった時にも、専用バッグで携帯できて、バッグを腰ベルトに付けておけるので、すぐに取り出せてキャッチすることができます。

 

また、耐久性も十分あり、40cmくらいのランカーでもキャッチすることができたと評価されています。

素材ナイロン長さ枠サイズ30cm
受け口丸型付属パーツ専用バッグ付き
第6位

スミス(SMITH LTD)

ランディングネット ラバーネット

価格:2,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

渓流釣りでコスパ重視モデル

スミスのランディングネットで、渓流釣りにおいて評価の高いモデルです。カラーラインナップも豊富にあり、色選びも楽しめます。また、価格が安価であるのに耐久性や重量、機能面も含めて整っているのも高評価の要因に挙がっています。

 

こちらのメーカーであれば、渓流の美しい景色に合うようなカラーのランディングネットが、きっと見つかりますよ。

素材長さ30×38(cm)
受け口丸型付属パーツ
第5位

天龍(TENRYU)

ランディングネット フェイテス ネット 60

価格:24,956円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗練された機能美が備わった高級モデル

渓流釣りでおすすめしたい天龍のランディングネットです。こちらは枠のサイズが60cmと非常に大きく、大型トラウトがヒットしたとしても余裕を持ってキャッチすることができます。

 

撚り糸を採用しており、その強度については最上級レベルといっていいでしょう。デザインも美しく、耐久性も備えており、機能面は充実しています。

素材撚り糸長さ92cm
受け口オーバル型付属パーツ
第4位

プロックス

ラバーランディングネット PX70412CR

価格:1,630円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バス釣りや管理釣り場、ライトソルトで活躍

こちらのプロックスラバーランディングネットは、渓流釣り・ライトソルト・バス・管理釣り場などで活躍してくれるタイプです。ラバーネットを採用しているので魚にも優しいのが高ポイントです。

 

また、コンパクトサイズで、59cmの全長ということもあり、ベルトなどフックにかけておくことで、持ち運びは非常に楽に行えます。

素材ラバー長さ全長59cm・枠サイズ12型(外径)37.8×31cm ・(内径)37×29.5cm
受け口オーバル型付属パーツ
第3位

昌栄(SIYOUEI)

鮎玉 オリーブ 170

価格:1,425円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鮎釣り・渓流釣りを行う方におすすめ

昌栄の販売する鮎玉は受け口を39cmと広口で設けており、空中でキャッチする抜き上げ時に適したタイプのランディングネットです。

 

渓流釣りのランディングネットでは珍しい折りたたみ式ジョイントタイプなので、持ち運びも楽に行えます。魚も30から40cmの大型のトラウトがヒットしても対応できるスペックは持ち合わせているので安心ですね。

素材ナイロン長さ39cm(枠サイズ)
受け口丸型付属パーツ折りたたみ式ジョイント
第2位

ダイワ(DAIWA)

玉網 ランディングポール2 セット

価格:10,490円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

堤防からの海釣りでも大活躍

こちらは、全長6mまでの伸長が可能なモデルとなっており、堤防釣りには打って付けのアイテムです。足場の高さがある干潮時でも、こちらは、利用して簡単にキャッチすることができます。

 

また、対応できるサイズも80cmのシーバスもキャッチできたと評価する口コミもあり、その耐久性もお墨付きです。グリップも滑りにくい設計になっており、扱いやすいのも高ポイントです。

素材長さ506cm
受け口丸型付属パーツショルダーベルト
第1位

Major Craft(メジャークラフト)

ランディングネット ファーストキャスト ランディングセット LS-500FC

価格:5,898円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シーバス釣りに欲しいスペック充実

こちらはメジャークラフトのランディングネットです。コストパフォーマンス面でも定評が高いメジャークラフトですが、機能面も充実しています。移動に便利な四つ折りにして移動することもできます。

 

また、アルミ製のポールを採用しており、強度面でも釣果を強力サポートします。大型のランカーがヒットしたとしてもキャッチできる確率を大きく高めてくれる相棒になってくれますよ。

素材長さ500cm(シャフト長さ445cm)
受け口オーバル型付属パーツ

ランディングネットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5110067の画像

    Major Craft(メジャークラフト)

  • 2
    アイテムID:5110068の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:5110070の画像

    昌栄(SIYOUEI)

  • 4
    アイテムID:5110075の画像

    プロックス

  • 5
    アイテムID:5110083の画像

    天龍(TENRYU)

  • 6
    アイテムID:5110090の画像

    スミス(SMITH LTD)

  • 7
    アイテムID:5110095の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 8
    アイテムID:5110096の画像

    TAKAMIYA(タカミヤ)

  • 9
    アイテムID:5110100の画像

    プロマリン(PRO MARINE)

  • 10
    アイテムID:5110101の画像

    OGK(オージーケー)

  • 商品名
  • ランディングネット ファーストキャスト ランディングセット LS-500FC
  • 玉網 ランディングポール2 セット
  • 鮎玉 オリーブ 170
  • ラバーランディングネット PX70412CR
  • ランディングネット フェイテス ネット 60
  • ランディングネット ラバーネット
  • ランディングネット ワンタッチ渓流ダモ
  • H.B concept ラストウィニング ランガンシャフト
  • ランガンランディングセット250
  • ランディングネット ランディングシャフトミニセット 340
  • 特徴
  • シーバス釣りに欲しいスペック充実
  • 堤防からの海釣りでも大活躍
  • 鮎釣り・渓流釣りを行う方におすすめ
  • バス釣りや管理釣り場、ライトソルトで活躍
  • 洗練された機能美が備わった高級モデル
  • 渓流釣りでコスパ重視モデル
  • コンパクトに持ち運びできるバッグ付き
  • ランガンのために作られたモデル
  • キャッチ&リリースにも適したコスパ重視タイプ
  • 耐久力と携行性で抜きんでる実力派
  • 価格
  • 5898円(税込)
  • 10490円(税込)
  • 1425円(税込)
  • 1630円(税込)
  • 24956円(税込)
  • 2190円(税込)
  • 3067円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 3025円(税込)
  • 5593円(税込)
  • 素材
  • ナイロン
  • ラバー
  • 撚り糸
  • ナイロン
  • ラバー
  • ラバーコーティング
  • 長さ
  • 500cm(シャフト長さ445cm)
  • 506cm
  • 39cm(枠サイズ)
  • 全長59cm・枠サイズ12型(外径)37.8×31cm ・(内径)37×29.5cm
  • 92cm
  • 30×38(cm)
  • 枠サイズ30cm
  • 全長296cm、玉枠サイズ約40×35cm
  • 全長250cm、仕舞寸法39.5cm
  • 全長300cm、仕舞寸法42cm
  • 受け口
  • オーバル型
  • 丸型
  • 丸型
  • オーバル型
  • オーバル型
  • 丸型
  • 丸型
  • オーバル型
  • 丸型
  • オーバル型
  • 付属パーツ
  • ショルダーベルト
  • 折りたたみ式ジョイント
  • 専用バッグ付き
  • 折りたたみ式ジョイント
  • 折りたたみ式ジョイント
  • 折りたたみ式ジョイント、カラビナ付属

ランディンネットの注意点

ランディンネットを使用していくにあたって、注意してほしい点があります。後になって、それを先に行ってほしかったのにということにならないように確認しておきましょう。

魚のキャッチは頭側から行う

魚は、後ろには進むことができません。前方向のみです。魚の前方に網の部分がくれば、しっかりとキャッチすることができます。後ろからキャッチしに行くと、勢いよく魚が前進して、その反動で魚にかかっているハリが抜けてしまうかもしれません。

 

ですので、最後の最後に逃してしまうことの無いように、頭側からランディンネットの網目部分がくるように抑えにいきましょう。そうすることで、より正確なキャッチが行えるようになります。

水平にポールを持ち上げると危険

水平にランディングポールを持ち上げる時は折れてしまう危険が伴います。特に、長く伸ばした状態で勢いよく持ち上げる時は危険です。

 

伸縮機能のあるランディングポールであるならば、ゆっくりと短く縮めていき、それから引き上げるようにしましょう。釣り道具にも、やさしさが大切です。

ランディングネットホルダーを活用する

ランディングネットホルダーは、これがあるだけでランディングネットの利便性が向上します。マグネット式が主流で脱着が楽に行えます。ヒットした後も、ハリが外れてしまうリスクも考えると、最終的な釣り上げる段階の作業を担うのがランディングネットです。

 

いかに素早くランディングネットを取り出し、フックにかかっている魚を網に入れられるかが大切です。ですので、リスクを軽減するために、ランディングネットホルダーを活用して時間ロスなくスムーズに取り出せる体勢としておきましょう

まとめ

いかがでしたか。ランディングネットは万能に釣りあげる場面において活躍してくれます。しかし、形状や長さなどフィールドに合わせたものをピックアップした方がより快適に釣りを楽しめます。ぜひ、自分の釣り方を見つめ直して適したランディングネットを使いましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ