記事ID139186のサムネイル画像

【2019年最新版】コーティング剤のおすすめ人気ランキング10選

今やコーティング剤は様々なジャンルに存在しています。車や自転車という大きなものからガラスのような繊細なものにまで幅広く使えて、更にはそれらを保護してくれます。そんなコーティング剤のおすすめ商品をランキング形式でご紹介。あわせておすすめの選び方も紹介します。

コーティング剤を使うことの利点とは

様々な種類が存在しているコーティング剤。そのコーティング剤を使用することでどういった利点があるのかご紹介します。

水を弾く防水効果が生まれる

コーティング剤を使う上で1番の利点ともいえるのが、防水効果が生まれることです。車をはじめ自転車やガラスなど雨の日にもしっかりと雨など水を弾けるようにコーティング剤を使うことが多いですよね。

 

特に車のボディやガラスはコーティング剤を使うことで雨の日にはとても役に立ってくれます。特に車のガラスは小雨であればワイパーがいらないほどに弾いてくれ、大雨の際にも弾きがいいので視界不良にならずにすみます。

傷や汚れから守る

コーティング剤を使うということは、それを保護すると思っていても間違いではありません。その証拠としてコーティング剤を使うと防水性が生まれると共に汚れや傷から守ってくれる効果も同時に生まれるのです。

 

そのため傷を付けたくない車や自転車にコーティング剤を使うことで、いつまでも新車のようにきれいに車の状態を保ってくれます。雨の日は視界を保つなどの安全性を、晴れや曇りの日には艶のあるきれいな状態で車や自転車を走らせることができるのです。

コーティング剤の選び方

多くの種類が存在しているコーティング剤。そんなコーティング剤にはどのようなものがあり選び方があるのかご紹介していきます。

コーティング剤の種類を選ぶ

コーティング剤を使おうにもどのような種類があるのか把握をすることがまず必要ですよね。コーティング剤の種類を大きく分けて3つご紹介します。

ポリマーコーティング剤を選ぶ

樹脂系コーティング剤ともいわれているこのポリマーコーティング剤は、主に車のボディに艶出しをするためのコーティング剤となっています。車にとって艶は命ですよね。車を持っている人は1本持っておいても損をしない、そんなコーティング剤です。

 

効果としてはものにもよりますが、だいたい約3か月間程度持続します。その上値段も手ごろなことから誰しもが購入しやすく使いやすいコーティング剤となっています。使用方法が便利で簡単ですのでコーティング剤初心者でも安心して使えますよ。

 

洗車を頻繁にするという人にとってもおすすめです。やはり元々工場出荷される時にはコーティングされている車も、年月と共にその効果が薄れてきてしまうというもの。自分の手でそんな愛車をピカピカに戻したい人は、ぜひ使ってみてください。

ガラスコーティング剤を選ぶ

このガラスコーティング剤はガラスファイバーという成分を配合しているため、主に車を保護してくれる役割を持っています。撥水性もよく大切な車を水や汚れから守ってくれて、シミになるのを防いでくれます。

 

また、走行中などに飛んでくる小石やその他の傷つける可能性があるものから車を守ってくれるため、車に傷がつきにくくなります。そしてガラスコーティングということで光沢感が出て、その効果も1年以上持続するのが特徴です。

 

ですがその反面、そうした万能のコーティング剤ですので価格もポリマーコーティング剤と比べると高く、それを扱うだけの技術も必要となることから、初心者にはおすすめできないタイプのコーティング剤となっています。

ガラス系コーティングを選ぶ

ガラス系コーティング剤は、簡単に表せばポリマーコーティング剤とガラスコーティング剤の中間レベルのようなコーティング剤。それでいてポリマーコーティング剤とガラスコーティング剤のいい部分をいいとこどりしていることからとても便利なコーティング剤です。

 

ガラスコーティング剤よりは手軽に扱うことができ、ポリマーコーティング剤よりも高性能ですので、値段はポリマーコーティング剤よりは高いですが、持続期間は約3か月~半年間と長いことから少々値段が高くても長持ちする方がいいという人にはおすすめです。

 

ポリマーコーティング剤では自分の思うような満足な仕上がりにならないと思っている人にも、このガラス系コーティング剤はおすすめです。自分のレベルに合わせたコーティング剤を選ぶことが何よりも大切です。

撥水性の種類で選ぶ

実はコーティング剤の中でも撥水加工が何種類かあるのをご存知でしょうか。どのような撥水加工があるのかご紹介します。

撥水タイプを選ぶ

この撥水性タイプのコーティング剤が1番主流で聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。撥水機能があるボディからは水の粒が丸みを帯びてそのままコロコロと転げ落ちていくように流れていくのが目に見て分かるのが撥水性タイプのコーティング剤なのです。

 

それは自分の手で洗っていてもその粒が分かるほどで、よくテレビショッピングなどで目の当たりにするような軽快に水の粒が転がり落ちていく様子そのもの。気持ちいいぐらいの撥水力を目の当たりにすることができます。

 

ただしそのまま水の粒を付けたまま、晴れた日に放置しておくとそれがレンズ効果となってしまい車に悪影響が出ないとも限りませんので、ボディに水の粒が残っている場合には拭き取っておくことをおすすめします。

親水タイプを選ぶ

親水タイプのコーティング剤の特徴は、上記の写真のように車のボディに降ってきた雨などの水が粒上にならず水の薄い膜のようになって流れ落ちていくようにするタイプのコーティング剤となっています。

 

水跡が車のボディに残ると目立ってしまいどうしても汚く見えてしまいますが、この親水タイプのコーティング剤はそういったシミからも守ってくれますので、シミができる度に手入れをする手間も無くなりとても便利です。

 

そういったところから車を使った移動が多い人や、マンションやアパートに住んでいて車を常に外に置いておく人にもおすすめのタイプのコーティング剤となっています。いつでもきれいな状態の車に誰しも乗りたいですよね。

滑水タイプを選ぶ

滑水性の良さは、分かりやすく言うと上記画像のように水を弾いてくれることに加えて、その弾いた水が滑って流れ落ちていってくれる性質を持っています。そのため低速で車を運転していても、水が下へと落ちていってくれます。

 

特に車のボディには水が溜まりやすいので、そうした溜まりやすい水でさえも滑水性コーティング剤を使用すると流れ落ちていってくれるので、水が残りにくくなります。車のボディに水が溜まっているのが気になる人には、ぜひおすすめです。

 

また水捌けがいいことからフロントガラスなど自分が運転時に多く見るガラスにそれを使っておくと、水が残りにくく視界が開けるため、大雨などの際にもとても役に立ってくれる便利なコーティング剤です。

こだわりのコーティング剤を選ぶ

車などをきれいにするため、自分なりにこだわったコーティング剤を選ぶのもいいでしょう。そんな時の選び方をご紹介します。

コンパウンドの有無で選ぶ

コンパウンドというのは研磨剤の1つ。そのためこびりついた汚れやしつこい水あかをしっかりと落としてくれることが特徴です。なかなか自宅で洗車をするとなるとそういった頑固な汚れを取るのは一苦労ですので、コンパウンドが入っていればその分強力に落とせます。

 

ですがその反面で車のボディに傷をつけてしまうことがありますので、使用する際には説明欄などを見てしっかりと確認しましょう。せっかくピカピカにボディを仕上げようと思っても、その研磨剤のおかげで傷だらけになっては元も子もありませんよね。

 

もし使っていいか分からない時には車検に出す時など、ディーラーに聞くのも1つの手段です。それを専門に仕事をしている人たちならではのアドバイスをくれるかもしれませんよ。もし不安に思った際にはコンパウンドが無いものをおすすめします。

業務用を選ぶ

車を磨くのに簡単なものではなく本格的な仕上がりにしたいという人におすすめなのが業務用。価格は他のものに比べて高く本格仕上げということで手間もかかってしまいますが、それでもいいからプロのような仕上がりを目指す人はぜひ業務用を使ってみてください。

 

価格も高く手間もかかることから、仕上がりも他のものに比べて格段にアップします。1度業務用の仕上がりを目の当たりにしてしまうと、もしかしたら他のコーティング剤が使えなくなってしまうかもしれません。

 

せっかくの愛車ですので、とことんこだわりたいという人にもおすすめです。車に乗る人は国内でも多くいますので、そうした車と自分の車に差をつけるには、やはり自分なりのこだわりがその車に個性を出すことにも繋がりますよね。

自分の予算で選ぶ

コーティング剤は種類によってもそのこだわり方によっても、値段は大幅に変わってきます。上のレベルのコーティング剤を見ればきりがありませんよね。ですのでまずは自分の予算内で買えるようなコーティング剤を選ぶようにしましょう。

 

1番いいのは自分のコーティング技術レベルに合って、なおかつ自分の予算内でおさまるコーティング剤。無理して高いものを購入しても、そのコーティング剤を使いこなせなくてはただの宝の持ち腐れですよね。

 

そのため本格仕上げを目指す人も、コーティング技術が初心者の時には無理せず手軽なものから始めるようにしましょう。慣れてきたら徐々にコーティング剤のレベルを上げていくことをおすすめします。

コーティング剤の人気おすすめランキング10選

第10位

カービューティープロツカハラ

イージーグラスコート

価格:2,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業務用のガラスコーティング剤

楽天ランキングで1位を取ったこともあるこのコーティング剤は、業務用のコーティング剤となっています。ガラスコーティング剤ですのでガラス状の被膜がしっかりと車をコーティングガードしてくれますので、強力な撥水力と防汚力を発揮してくれます。

 

また同時に、艶、光沢、輝きを出してくれますので車を守ってくれて新車同等の艶も出せるため、とても万能なコーティング剤なのです。硬化型ガラスコーティング施工車にも適しており、メンテナンス剤として使えばさらにコーティングを長持ちさせてくれます。

 

その他車以外にも使うことができ、自転車をはじめオートバイ、ヘルメット、ウォッチ、ラジコン、ゴルフクラブなど様々なものに活用でき、それぞれコーティングを施すことでよりきれいに長持ちさせてくれますよ。

種類ガラスコーティング剤容量500ml
第9位

pregra

ガラスコーティング剤

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレグラのガラスコーティング剤

『素人でもプロのようなセルフコーティング』をコンセプトに掲げているこのコーティング剤はプレグラのガラスコーティング剤。コーティング職人が成分から製造まで携わることで、こだわりの品を完成させました。

 

フッ素配合のボディ保護ができるコーティング剤となっていますので、高級感のある光沢を出せるほか汚れやほこりが付きにくい仕様となっています。また付いたとしても簡単に拭き取れて車の手入れもより便利に簡単になります。

 

またこのコーティング剤は塗装面だけでなく人体や環境にも優しいものになっていますので、素人が扱っても扱いやすいガラスコーティング剤となっています。1度コーティングしておくと長持ちメンテナンスも簡単になりきれいなままの状態で車を保っておけますよ。

種類ガラスコーティング剤容量200ml
第8位

クレストヨンド

ガラスの盾

価格:3,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自転車用ガラスコーティング剤

こちらのコーティング剤は自転車用のガラスコーティング剤となっています。少量で軽い汚れを落としてくれる上にしっかりとコーティングしてくれます。その際石油系の溶剤は含まれておりませんので、塗装面を傷つけることもなく安心して使うことができます。

 

そして何といってもこのコーティング剤の特徴は、驚異的な撥水力、そして滑りと光沢を発揮してくれること。そんなこのコーティング剤は自転車だけに限らず樹脂製のものや金属製のものなどにも塗れる万能のコーティング剤なのです。

 

主成分は高級なシリコン樹脂のみ使用しており、長年のテストの結果として出されているため誰でも安心して使うことができます。繰り返し使うことで撥水性、撥油性、光沢が上昇し、同時に汚れにくさもアップしていきます。

種類ガラスコーティング剤容量50ml
第7位

Surluster(シュアラスター)

ゼロウォーターバリューパック

価格:2,306円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

親水タイプのコーティング剤

こちらのコーティング剤は、親水タイプのコーティング剤となっております。そのため水の粒がができず水の膜となって車の下へと落ちていくため汚れやシミができにくく、マンションなどずっと外に車を駐車して置く人には便利なコーティング剤となっています。

 

またその際に年中降り注いでいる紫外線からも車を守ってくれる紫外線吸収剤を配合していいるため、コーティング被膜やボディの塗装面などを保護して劣化を軽減してくれるため、車を外に置いておいても安心できます。

 

コンパウンドは配合されておりませんので、ガラス系のこのコーティング剤を使用してもボディを傷つけることなく安全にコーティングすることができます。ガラス系ナノコーティングで艶と光沢をしっかり向上させてくれます。

種類親水タイプ容量280ml×2本
第6位

HIKARI

自転車用ガラスコーティング

価格:3,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロードバイクのコーティング剤に

ロードバイクのコーティング剤としてもおすすめのこちらのコーティング剤は、自転車用のガラスコーティング剤となっています。コーティングをすることで水あかや汚れも付きにくくなるほか、ボディもしっかり保護してくれます。

 

また何といってもこのコーティング剤の特徴は、コーティングすることで驚異の5年間もガラスコーティングが持続可能なのです。その上強烈な紫外線からもこのガラスコーティングが弾いてくれますので、色あせや色焼けなくより長くきれいな状態で保つことができます。

 

そしてこのコーティング剤は女性でも簡単に扱うことができるため、誰でも簡単に強固なコーティングを自転車やロードバイクに施すことができます。自転車中心の生活の人には、ぜひおすすめのコーティング剤となっています。

種類ガラスコーティング剤容量10ml
第5位

株式会社トップラン

ピカピカレインPREMIUM

価格:9,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑水性のガラスコーティング剤

このコーティング剤は滑水性のガラスコーティング剤となっています。親水タイプと撥水タイプのそれぞれの長所をいいとこどりした滑水性。高級感のある輝きと優れた防汚力が魅力的なコーティング剤となっています。

 

その上完全無機質なガラスコーティングで、車を水や傷などから保護してくれます。ですので、光沢を向上させたい人や車をしっかり保護したい人におすすめのコーティング剤となっています。

 

そんなこのコーティング剤は3年間ワックス要らずですので、お手入れする際にも簡単にすませることができます。そしてこのコーティング剤を使うことで酸化、劣化共にしにくくなり汚れも付きにくくなるので、水だけで洗い流すことができます。

種類滑水タイプのガラスコーティング剤容量25ml
第4位

CarZoot

ポリマーコーティング剤

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3年の耐久性

『サッと簡単に艶と撥水を出したい方に向けたコーティング剤』というのをコンセプトに作られたこのコーティング剤は、ポリマーコーティング剤となっています。2か月に1度ぐらいの頻度で3年間耐久性が持続します。

 

またこのコーティング剤はムラになりにくいため、初めてコーティング剤を使うという初心者にもおすすめのものとなっており、誰でも簡単に艶や光沢、そして撥水性を出すことができます。そして同時に水あかを除去することもできます。

 

そして初心者でも分かりやすいように手順の説明文付き、コーティング作業に必要なものもセットになっていますので、これさえ買えば他には何も買い揃えることなくコーティング作業を始めることができます。

種類ポリマーコーティング剤容量100ml
第3位

ガラコート

ガラス系コーティング剤

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超撥水性のコーティング剤

こちらのコーティング剤は、撥水タイプのガラス系コーティング剤となっています。全車種対応をしていますので誰でも安心してこのコーティング剤を使用することができます。ちなみに中型車であれば約7台分コーティングをすることができます。

 

またこのコーティング剤を使用することで、その効果は即効性として30分後には効果を発揮し始めてくれるのです。車のボディだけでなくガラスコーティングにも使用することができるほか、ホイールやヘッドライト、そしてダッシュボードにも使うことができます。

 

施工性、持続性、撥水性そして光沢共にバランスよく優れておりますので、洗車の初心者含め不慣れな人や女性でも簡単に扱えるように開発されているのもまた、このコーティング剤の特徴となっています。

種類撥水タイプのガラス系コーティング剤容量100ml
第2位

トライポッドトレーディング

高撥水ガラス系コーティング剤

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中型車約10台分以上可能

こちらのコーティング剤は、撥水タイプのガラス系コーティング剤となっています。使用可能な範囲としては中型車が約10台分以上可能です。このコーティング剤は未コーティング施工の車にも使用することができます。

 

特徴としてはこのコーティング剤を使用することで透明度の高い光沢を出すことができ、その上撥水状態を長時間保つことができます。また紫外線や熱、酸化に伴う劣化を軽減させてくれますので車をきれいな状態で長く保ってくれます。

 

そして取り扱いも簡単ですので誰でも手間をかけることなくコーティング作業することができ、日本製の商品ですので日本製のコーティング剤を使いたいという人にはぜひおすすめのコーティング剤となっています。

種類撥水タイプのガラス系コーティング剤容量200ml
第1位

ガラコート

硬化ガラスコーティング剤

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽自動車専用パーフェクトセット

こちらのコーティング剤は、ガラスコーティング剤となっています。また内容量は軽自動車専用のものとなっていますので、軽自動車に乗っている人にはぜひおすすめのコーティング剤となっています。

 

1度の施工で何と驚異の5年間もワックス要らずで車のボディをきれいに保ってくれるのが特徴です。機能としては耐熱性をはじめ耐候性や抗静電性、そして高撥水性もあるので、まさにオールラウンダーなコーティング剤といえるでしょう。

 

また施工の仕方もとても簡単ですのでコーティング作業の初心者やコーティング作業の苦手な人、そして女性でもできる誰でも取り扱いができるタイプとなっています。このコーティング剤でコーティングデビューしてみてはいかがでしょうか。

種類ガラスコーティング剤容量10ml

コーティング剤のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5103119の画像

    ガラコート

  • 2
    アイテムID:5103118の画像

    トライポッドトレーディング

  • 3
    アイテムID:5103117の画像

    ガラコート

  • 4
    アイテムID:5103115の画像

    CarZoot

  • 5
    アイテムID:5103113の画像

    株式会社トップラン

  • 6
    アイテムID:5103112の画像

    HIKARI

  • 7
    アイテムID:5103108の画像

    Surluster(シュアラスター)

  • 8
    アイテムID:5103107の画像

    クレストヨンド

  • 9
    アイテムID:5103106の画像

    pregra

  • 10
    アイテムID:5103102の画像

    カービューティープロツカハラ

  • 商品名
  • 硬化ガラスコーティング剤
  • 高撥水ガラス系コーティング剤
  • ガラス系コーティング剤
  • ポリマーコーティング剤
  • ピカピカレインPREMIUM
  • 自転車用ガラスコーティング
  • ゼロウォーターバリューパック
  • ガラスの盾
  • ガラスコーティング剤
  • イージーグラスコート
  • 特徴
  • 軽自動車専用パーフェクトセット
  • 中型車約10台分以上可能
  • 超撥水性のコーティング剤
  • 3年の耐久性
  • 滑水性のガラスコーティング剤
  • ロードバイクのコーティング剤に
  • 親水タイプのコーティング剤
  • 自転車用ガラスコーティング剤
  • プレグラのガラスコーティング剤
  • 業務用のガラスコーティング剤
  • 価格
  • 4980円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 9850円(税込)
  • 3600円(税込)
  • 2306円(税込)
  • 3240円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2600円(税込)
  • 種類
  • ガラスコーティング剤
  • 撥水タイプのガラス系コーティング剤
  • 撥水タイプのガラス系コーティング剤
  • ポリマーコーティング剤
  • 滑水タイプのガラスコーティング剤
  • ガラスコーティング剤
  • 親水タイプ
  • ガラスコーティング剤
  • ガラスコーティング剤
  • ガラスコーティング剤
  • 容量
  • 10ml
  • 200ml
  • 100ml
  • 100ml
  • 25ml
  • 10ml
  • 280ml×2本
  • 50ml
  • 200ml
  • 500ml

コーティング剤を使用する時の注意点

特に初心者の人は必見、コーティング剤を使用する時の注意点をいくつかご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

コーティングする場所を確保する

いざコーティングをしようとしても、そのコーティングをする肝心の場所がなければコーティング作業ができませんよね。洗車であれば屋外でもできますが、コーティング作業の場合は約12時間つまりは半日ほど雨など水分が付着しない場所を確保する必要があるのです。

 

ですので車庫がある人は車庫の中でコーティング作業を行うようにしましょう。ちなみに専門業者に依頼すると数日車が返ってこないので、もし知人などにガレージなどを付けている人がいたら半日置いておいていいか頼んでみるのもいいでしょう。

思った以上に手間がかかる

コーティング作業を自分で使用と思えば手間はやはりかかるもの、そしてそれが初心者や苦手な人がすればさらに手間がかかってしまうのは否めませんよね。コーティング作業はまず下地作りや汚れの除去から始めなければなりません。

 

それだけでも半日ほど時間がかかってしまいます。その上でコーティング作業に約1~2時間かかるものですので、だいたい1日がかりでの作業となるのです。ですので予定が何もない日にするのが落ち着いて確実にできるのでおすすめです。

まとめ

コーティング剤は機能から値段まで幅広く多くの商品が存在しています。自分のコーティング作業能力や予算などに合ったものを選んでしっかりと使いこなすようにしましょう。そうすれば車や自転車がより長持ちしてくれますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ