記事ID139181のサムネイル画像

【選び方も徹底紹介】大人気の広角レンズおすすめランキング10選

広角レンズは、純正レンズでは撮れない、広々とした画角で写真を撮影できるアイテムです。。数多くの中から最強におすすめな広角レンズについてご紹介します。広角レンズのおすすめな選び方と、大人気の広角レンズおすすめランキング10選にてご紹介します。

広角レンズで目で見た景色を撮ろう

広角レンズを使うことによって、目で見ている景色に近い画角で写真を撮れるようになります。標準的なレンズでは撮影できない領域を叶えることができるようになります。独特な写真を撮りたい方におすすめな商品です。

 

今回はその広角レンズについての選び方や、おすすめなランキング10選をご紹介していきます。選び方を参考にすることによって、自分の思った広角レンズを手に入れることができるようになりますので、参考にして見てくださいね。

広角レンズの選び方

次に広角レンズの選び方について詳しく解説して行きます。広角レンズの選び方を目に通しておく事によって、より質の高い製品を選ぶことができるようになります。具体的にいくつか解説して行きますので一緒に見て行きましょう。

重量で選ぶ

広角レンズとは、通常のカメラの標準的なレンズと変更して使うことになります。広角レンズは、やや重量が増してしまう商品になります。重量ができる限り軽量な商品を選ぶのも大切です。

 

ただし、重量が大きい広角レンズは、性能が高い傾向にもありますので、性能を重視したい方は重量で選ぶよりも、F値の低いものや、手ぶれ補正などの機能が付いた商品を選ぶようにしましょう。

 

重量などはアウトドアに、使い勝手として関わりを持つことが多いです。登山や過酷な環境で使用する場合は、軽くコンパクトである方が荷物にもなりにくく、体への負担も減らすことができます。

サイズで選ぶ

広角レンズは標準的なレンズに比べて大きめになりがちです。ただし、サイズは商品によって、変わりますし、ランキング概要欄に記載しておりますので、そちらも参考にしつつ選ぶようにしましょう。

 

サイズがコンパクトであることによって、外出時に荷物の負担が少ないことや、小さなバッグで移動することができるメリットがあります。荷物がかさばらないことによって、もっと手軽に写真撮影を可能とします。

 

コンパクトであることによって、重量なども軽い傾向にあります。登山や自然の撮影の際におすすめとも言えます。軽くてコンパクトな広角レンズを選ぶことによって、より撮影場所の幅が広くなっていきます。

手ブレ補正で選ぶ

 
標準的なレンズの多くには、手ブレ補正が搭載されていることが多いです。純正レンズもその限りです。しかし、広角レンズには手ブレ補正が付いていないアイテムの方が多いです。手ブレ補正で選ぶことによって、メリットがあります。
 
 
それは、広角レンズ時にはあまり必要とされていない手ブレ補正ですが、素早く撮りたい背景を撮影しても、しっかり綺麗にくっきり撮影を行うことができるメリットです。撮りたい瞬間をしっかりと撮りたい方は手ブレ補正付きがおすすめです。
 
 
瞬時に撮りたいと思う方や、できる限り簡単に綺麗に撮影したい方は、手ブレ補正付きの広角レンズを選ぶようにしましょう。手ブレ補正を簡単に表現すると、保険のようなものであり、ふとした瞬間の撮影を確かなものにしてくれます。
 

広角レンズの特徴で選ぶ

広角レンズにはあらゆる特徴があります。広角レンズを選ぶ前にこれらを知っておくことによって、より自分の求めている広角レンズを選ぶことができます。あとで後悔しないためにも、こちらの項目をしっかり把握しておきましょう。

フィルター装着可能かで選ぶ

広角レンズは、通常の標準的なレンズに比べて、広い画角で写すことができるレンズです。前面のレンズがそのまま飛び出ているものが比較的に多いのです。これは、簡単に傷がつく状態と言えます。

 

広角レンズの中には、そのまま直接フィルター装着可能なレンズもありますので、それらを選ぶと保護フィルターやPLフィルターといったレンズを保護するアイテムが利用できます。ランキング概要欄に記載しておりますので、参考にしてくださいね。

 

広角レンズを使うときは、三脚に固定して使うという方であれば問題無いと言えます。しかし、スナップ写真などをたくさん撮る方は、あらゆるものにレンズが直接当たってしまうここともありますので、その場合はこちらの選び方を参考にしてみましょう。

F値が低いレンズを選ぶ

広角レンズ、標準的なレンズにもF値というレンズの明るさを表現する値があります。この値が低いければ明るいレンズと表現します。明るいレンズは、星空や夜景などの暗い場所での撮影に適します。

 

月などのちょっとした光だけで、その場を映し出すことが可能となります。星空中心の撮影を希望したい方は、F2.8以下で十分な性能を発揮できます。それ以上の値を暗いレンズと言えますが、撮影できる幅も狭くなります。

 

ですので、F値が少ないレンズの方が、画角も広く、暗い場所でも撮影可能ですので、F値が少ない広角レンズを選ぶようにするのがおすすめと言えます。スマホでは撮れなかった夜景を撮りたい方におすすめな選び方と言えます。

超広角レンズを選ぶ

広角レンズのラインナップの中には、広角レンズよりも広角に撮ることができる超広角レンズというアイテムがあります。超広角であることによって、画角がより広がりますので、目で見た景色をより簡単に撮影できるようになります。

 

これによって、満天の星空をより目で見た景色に近いイメージで撮影することが可能になります。自然の景色をよりリアルに撮影したい方や、もっと広々とした視界で撮影したい方にはおすすめな選び方となります。

 

通常のレンズでは叶えることができなかった広さの写真を撮影できるので、少し新鮮な写真撮影が可能となります。どちらかというと、外に出て景色を撮影することが多い方におすすめな特徴と言えます。

歪みの少ない広角レンズを選ぶ

広角レンズは目で見た景色をそのままに撮影できるメリットがありますが、歪みが発生してしまう広角レンズもあります。その中で、歪みを徹底的に減らしているレンズなどもあります。

 

ゼロストーレーションなどの機能を搭載した広角レンズなども発売されておりまして、こちらのレンズであれば、歪みが全くなくそのままの景色を違和感なく撮影することができます。

 

本格的な撮影を行いたい方や、妥協をしたく無い方は、歪みの少ない広角レンズを選ぶのもおすすめと言えます。日本国内製品であれば、歪みなども対策されており、しっかりとした品質を体験できます。

広角レンズの人気ランキング10選

第10位

サムヤン

単焦点広角レンズ 14mm F2.8 EF用 フルサイズ対応

価格:38,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルでも、問題なく使える広角レンズ

こちらの広角レンズは、韓国のレンズメーカーとして大人気な広角レンズです。マニアックな方もサムヤンと言うメーカーのレンズを使用することが多いです。日本製のレンズに比べて、リーズナブルに購入できるメリットが大きいです。

 

キャノンやニコンなどの日本のテクノロジーを使った製品は、非常に細かい部分までこだわりがありますが、こちらの広角レンズでも、しっかり広角レンズの機能を果たすことができるので、とりあえず広角にできれば良いと思う方におすすめです。

 

とりあえず、広角レンズを試してみたい方にもおすすめであり、手軽な価格で購入できるのは大きなメリットです。非常に明るいレンズとなっておりますので、星空なども綺麗にくっきり撮影することができます。

重量550gサイズ87×96.1mm
手ブレなし直接フィルター不可
第9位

オリンパス

超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm

価格:124,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリンパス好きにおすすめ

こちらの広角レンズは、オリンパスのレンズとなっておりまして、シャープに気持ちよく撮影することができるメリットがあります。このレンズは、開放的な景色をストレスなく撮影でき、サイズや重さに付いてもコンパクトで軽くなっているメリットがあります。

 

オリンパスのレンズは、手ブレ補正機構も付属しているので、手持ちで撮りたいものをおっても、ブレることなく写真として収めることができます。他にも、防塵防滴仕様となっているために、雨の日の撮影環境でも気にする必要がありません。

 

どちらかというと、価格より品質を重視したい方におすすめです。やや高額なレンズとなりますが、一生使うことができる高性能な広角レンズとなっているので、本格的な撮影を行う方はぜひ試してみてくださいね。

重量535gサイズ78.9×105.8mm
手ブレなし直接フィルター不可
第8位

Carl Zeiss

Zeiss Batis 18mm f/2.8

価格:216,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

思わず楽しくなるカールツァイスの描写

こちらの広角レンズは、ドイツのブランドメーカーであり、カールツァイスは世界中にファンもいるほどの人気なレンズとなっています。最近のデジタル向けレンズの描写感ではなく、柔らかくふわっとしたボケが特徴的なレンズです。

 

マニュアルフォーカスとなっておりますので、自分でフォーカスを合わせる必要性はあります。どちらかというとプロ向けというレンズですが、自然で電子的な撮影ではなく、レトロな撮り方を可能とするレンズです。

 

街中の良いなと思った景色、建物、風景を自分好みに撮影できるメリットは大きいです。通常のスマホなどでは不可能な領域を撮影可能とするので、写真撮影をもっと楽しくする広角レンズと言えるでしょう。

重量330gサイズ78×95mm
手ブレなし直接フィルター可能
第7位

富士フイルム

単焦点超広角レンズ XF16mmF1.4 R WR

価格:110,916円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドア好きの方におすすめ

こちらの広角レンズは、富士フィルムのブランド力と、確かな品質を感じることができる広角レンズとなっています。最短撮影距離が15cnとなっておりまして、被写体をダイナミックに表現できます。

 

防塵防滴のレンズなので、雨が降っている環境、登山などにも利用できる品質の高さもあります。アウトドアなどで写真を撮影することが多い方は、こちらの広角レンズがおすすめと言えます。目で見た景色をそのまま写真に収めることができます。

 

他にも、軽量な作りになっておりますので、外出時に持っていっても重くなく、負担が少ないのも大きなメリットです。アウトドア好きの方は、この軽量で、丈夫な広角レンズを使ってみましょう。

 

重量375gサイズ73.4×73mm
手ブレなし直接フィルター可能
第6位

タムロン(TAMRON)

超広角ズームレンズ AF10-24mm F3.5-4.5

価格:52,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

APS-C専用広角レンズ、最新技術で圧倒的な広角でも綺麗

こちらの広角レンズは、タムロンのレンズであり、通常の広角レンズよりもこうかうに写真を撮影できるメリットがあります。APS-C専用広角レンズという専用のレンズであり、目で見た景色を撮影できると言えます。

 

レンズ設計にもこだわりがありまして、極めて強力な手ブレ補正を搭載。他にも、逆光にとても強いレンズコーティングを施工したり、ズームしてもシャープな感じで撮影が可能となっています。

 

最新の技術を採用した広角レンズとなっているので、そろそろ広角レンズを買い換えようと思っている方におすすめであり、性能の違いを確かめたい方にもおすすめな広角レンズとなっています。

重量440gサイズ83.6×82.1mm
手ブレあり直接フィルター可能
第5位

シグマ(Sigma)

広角ズームレンズ Art 12-24mm F4 DG HSM

価格:149,370円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゼロ・ディストーションで目で見た景色をそのままに

こちらの広角レンズは、ゼロディストーションと呼ばれるレンズとなっています。この意味合いは、歪みが0に近いという意味であり、広角レンズは広く写すことができるアイテムですが、被写体を縮め、写真が劣化してしまうこともあります。

 

しかし、こちらのレンズは、その歪みを徹底的に排除することができ、歪みを極限まで0に近づけることができる画期的なレンズとなっています。広角レンズを使用する際に歪みが発生しないものを選びたい方におすすめです。

 

徹底的な光学設計を追求しておりまして、歪みのない素直な写りを実現。超広域のレベルまでをズーム可能であり、その風景は最高に綺麗なものとなります。極めて繊細な写りに驚きを隠せないでしょう。

 

重量1150gサイズ102×131.5mm
手ブレなし直接フィルター不可
第4位

キヤノン

広角ズームレンズ EF16-35mm F2.8L II USM

価格:228,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キヤノンの性能は世界一、高画質な撮影が可能

こちらの広角レンズは、キヤノンの広角レンズとなっておりまして、広角レンズの性能を限界まで高めたレンズとなっています。種類の異なる3枚の高精度非球面レンズの採用によって、高画質な撮影も可能となっています。

 

美しいボケ味を実現することができる円形絞りを採用していたり、広角レンズを使っても、純正のレンズのような使い心地でで写真撮影を行うことができます。初めての方にもおすすめなとっておきの広角レンズと言えるでしょう。

 

性能の高さが魅力的であり、とにかく性能を重視したい、しっかりとした写真を撮りたい方におすすめです。妥協をしたく無い方におすすめできる本格的な広角レンズとなりますので、写真の世界が広がるとも言えます。

重量640gサイズ88.5×111.6mm
手ブレなし直接フィルター可能
第3位

タムロン(TAMRON)

単焦点レンズ SP35mm F1.8 Di VC ニコン用

価格:58,797円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手ブレ補正、軽量なレンズで初心者にもおすすめ

こちらの広角レンズは、多くのレンズでは手ブレ補正が搭載されていない中で、手ブレ補正を搭載しているので、十分なシャッタースピードを確保する必要が無く、スムーズに撮影することができます。

 

ブレが発生しにくいので、ブレが発生してしまうことが多い方や、撮影したい瞬間を撮りたいけど、瞬時に取るとブレてしまうのが嫌だと思う方におすすめです。初心者の方で、慣れて居ない方にもおすすめな広角レンズとなります。

 

レンズに手ブレ補正を搭載すると、レンズ自体が重くなってしまうことが多いですが、こちらのレンズは、軽量な作りになっているので、気軽に散歩する際に撮影を行いやすいメリットがあります。

重量480gサイズ80.4×80.8mm
手ブレあり直接フィルター可能
第2位

タムロン(TAMRON)

大口径超広角ズームレンズ SP 15-30mm F2.8

価格:99,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純正レンズに近い使い心地

こちらのSONYミラーレス、タムロンのレンズであり、ややリーズナブルな価格でありながら、手ブレ補正が付いているメリットがあります。コストパフォーマンスに優れておりまして、純正レベルのレンズに近い性能を発揮することができます。

 

リーズナブルな広角レンズは、写真を撮った際に、歪みが発生したり、グレアやゴーストが入ってしまうこともあります。しかし、こちらの広角レンズは、そのような欠点も無いので、コスパが高い広角レンズとなります。

 

室内などでペットの写真を撮影したい方や、広角で広々とした視界を写真で撮りたい方におすすめです。純正レンズでは叶うことがなかった視界の広さで、圧倒的な迫力ある撮影が可能となります。

重量1100gサイズ98.4×142.5mm
手ブレあり直接フィルター不可
第1位

Nikon

超広角ズームレンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED フルサイズ対応

価格:204,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

星景写真撮るなら、このレンズ

こちらの広角レンズは、ニコンのあらゆるこだわりのあるレンズとなって居ます。星空まで綺麗に写真に撮れるのはもちろん、ゴーストやフレアといったものから守ることができます。

 

これは、ニコン独自のナノクリスタルコートの効果であり、鮮明に撮りたいものを簡単に撮ることができる技術です。こだわり抜いたレンズだからこそ、価格が高いですが、他のレンズに比べて、写真の世界を超えることができるレンズとなっています

 

他にも、非常にクリアで抜けの良い撮影が可能になります。撮影場所をただ撮影してだけではなくて、空気感まで伝わるような写真を撮影することができます。とっておきの写真を撮りたい方はこちらのレンズがおすすめです。

重量970gサイズ98×131.5mm
手ブレなし直接フィルター不可

広角レンズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5102521の画像

    Nikon

  • 2
    アイテムID:5102518の画像

    タムロン(TAMRON)

  • 3
    アイテムID:5102515の画像

    タムロン(TAMRON)

  • 4
    アイテムID:5102513の画像

    キヤノン

  • 5
    アイテムID:5102511の画像

    シグマ(Sigma)

  • 6
    アイテムID:5102508の画像

    タムロン(TAMRON)

  • 7
    アイテムID:5102506の画像

    富士フイルム

  • 8
    アイテムID:5102505の画像

    Carl Zeiss

  • 9
    アイテムID:5102540の画像

    オリンパス

  • 10
    アイテムID:5102502の画像

    サムヤン

  • 商品名
  • 超広角ズームレンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED フルサイズ対応
  • 大口径超広角ズームレンズ SP 15-30mm F2.8
  • 単焦点レンズ SP35mm F1.8 Di VC ニコン用
  • 広角ズームレンズ EF16-35mm F2.8L II USM
  • 広角ズームレンズ Art 12-24mm F4 DG HSM
  • 超広角ズームレンズ AF10-24mm F3.5-4.5
  • 単焦点超広角レンズ XF16mmF1.4 R WR
  • Zeiss Batis 18mm f/2.8
  • 超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm
  • 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 EF用 フルサイズ対応
  • 特徴
  • 星景写真撮るなら、このレンズ
  • 純正レンズに近い使い心地
  • 手ブレ補正、軽量なレンズで初心者にもおすすめ
  • キヤノンの性能は世界一、高画質な撮影が可能
  • ゼロ・ディストーションで目で見た景色をそのままに
  • APS-C専用広角レンズ、最新技術で圧倒的な広角でも綺麗
  • アウトドア好きの方におすすめ
  • 思わず楽しくなるカールツァイスの描写
  • オリンパス好きにおすすめ
  • リーズナブルでも、問題なく使える広角レンズ
  • 価格
  • 204990円(税込)
  • 99000円(税込)
  • 58797円(税込)
  • 228000円(税込)
  • 149370円(税込)
  • 52800円(税込)
  • 110916円(税込)
  • 216100円(税込)
  • 124999円(税込)
  • 38300円(税込)
  • 重量
  • 970g
  • 1100g
  • 480g
  • 640g
  • 1150g
  • 440g
  • 375g
  • 330g
  • 535g
  • 550g
  • サイズ
  • 98×131.5mm
  • 98.4×142.5mm
  • 80.4×80.8mm
  • 88.5×111.6mm
  • 102×131.5mm
  • 83.6×82.1mm
  • 73.4×73mm
  • 78×95mm
  • 78.9×105.8mm
  • 87×96.1mm
  • 手ブレ
  • なし
  • あり
  • あり
  • なし
  • なし
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • 直接フィルター
  • 不可
  • 不可
  • 可能
  • 可能
  • 不可
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 不可
  • 不可

広角レンズの使い方

広角レンズは純正のレンズに合わせる形や、変更して使うなど様々ですが、初めての方でも簡単に使うことができます。ほぼ、ワンタップで装着可能ですので、すぐに広角レンズを使った撮影が可能となります。

 

オートフォーカスなどがある場合は、その機能を併用することもできますし、手ぶれ補正がカメラ自体に搭載されていれば、その機能を使うことも可能です。準備ができたら、満天の星空を眺め、撮影してみましょう。

まとめ

広角レンズおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。広角レンズのおすすめな選び方を参考にすることによって、広角レンズをもっと明確に選ぶことができるようになるので、おすすめなランキングから選んでみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ