記事ID139170のサムネイル画像

【2019年最新版】ヘキサタープのおすすめ人気ランキング10選

ヘキサタープはアウトドア製品として非常に使い勝手がいいことで知られています。焚き火に強い難燃性のあるものから、高さのある大きいタイプのヘキサタープも登場してきました。キャンプだけでなく海などでも活躍してくれます。今回は、ヘキサタープを厳選紹介します。

ヘキサタープのメリット

ヘキサタープには他のレクタ・スクリーン・ワンタッチなどにはない魅力があります。その魅力を知っておくと一気にヘキサタープが欲しくなりますよ。

1人で設営可能

ヘキサタープは、簡単に設営ができてソロキャンプなど1人で作業をするケースでもおすすめです。タープというと2人以上で協力して作業をしなければいけないことが多いのですが、ヘキサタープは組み立てパーツも少ないので、1人でも組み立てやすいのです。

 

持ち運びも量を必要としないのでコンパクトなタープでソロキャンプを楽しみたいと考えている方にも是非注目してもらいたいタープです。

空気感を楽しめる

キャンプ場に行ったら、大自然を満喫したいと思う方が多いはずです。ヘキサタープは、サイド部分を覆うことがないので、開放感が他タープと比べて違います。

 

しっかりと日よけ、雨よけにもなってくれて大自然を満喫させてくれるのです。自然の空気を満喫しながら、タープを利用したいと考えている方におすすめです。

雨・風に強い

キャンプ場など、山の天候は非常に変わりやすいです。さっきまで晴天だったとしても、一気に雷雨になったという経験のある方もたくさんいるかと思います。そういった天候においても、ヘキサタープは非常に利便性があります。

 

他タイプのタープですと、急な強風・突風が吹いてしまうとタープが飛ばされたり、吹き飛ばされたりすることが起こってしまいます。特に、サイドにも日よけなどのシートで覆っているタイプはその衝撃を受けてしまいます。

 

ヘキサタープには、サイド部分にシートがなく、影響を受けにくい構造になっています。また、設営が簡単なので撤収も早く行えるので、臨機応変な対応がしやすいメリットもあるのです。

コンパクトにまとめられる

ヘキサタープは、使用するパーツ量が少ないです。ポールとロープ、ペグ位しか使うものがありません。ですので、収納力があります。他タイプですと、かなりのパーツ類を組み立てたりしなくてはならず、荷物もかさばってしまいます。

 

また、縮める・折りたたみできるタイプのヘキサタープだと、その収納範囲がよりコンパクトになります。

 

キャンプに行くことにおいて、最大のミッションは荷物の運搬にあります。キャンプは楽しいですが、荷物をどのように持って行き、キャンプ場で展開して、撤収、持ち帰りできるかが重要です。コンパクト性は非常に魅力のあるポイントなのです。

ヘキサタープの選び方

ヘキサタープの良さは理解したものの、どれが自分に合っているのか悩んでしまう方もいるかと思います。ヘキサタープの適切な選び方を確認していきましょう。

重量で選ぶ

タープは、どれくらいの重さを想定していますか。タープといっても種類が別れており、そのタイプによって重さも随分と変わってきます。その中でも、ヘキサタープは軽く持ち運びやすい部類です。

 

軽いヘキサタープでは1kg未満のものもあり、女性でも1人で持ち運べるでしょう。大人数で使用できるヘキサタープでも持ち運びが大変な重量になってしまうと、他タイプのタープと同じになってしまいます。

 

目安として、5kg前後のヘキサタープを選ぶようにしましょう。それくらいの重さであると、持ち運びにも苦慮しなくて済みます。

サイズで選ぶ

サイズはヘキサタープ選びの重要ポイントです。どれだけの人数で使用するかによって違ってきます。

小型タイプ

小型は1~2人用の大きさで400×400(cm)位となります。これ以上に小さくなってくると、日差しを避けるのにも困難となってきます。ですので、イスやテーブルなどのことを考慮してこのくらいのサイズを目安にしましょう。

 

ソロキャンプなどする方にもおすすめです。持ち運びにも便利な大きさなのもメリットです。また、適応人数記載の製品もありますので、そちらを目安にしてみてもいいですね。

中型タイプ

中型になってくる場合、サイズ感としては450×450(cm)となります。人数は2~4名でに対応します。このサイズですと、1ファミリーの目安である3~4人でも日差しを避けたり、ゆとりが出てきてゆっくり過ごせます。

 

場所によって移動距離のあるキャンプ場であると、持ち運びしやすい肩掛けできるものを選ぶと楽に運ぶことができます。収納時のコンパクト感にも注目してみてください。

大型タイプ

大型タイプというと、550×550(cm)を目安とします。人数としては、5~6人に対応する大きさ。大人数でアウトドアへ遊びに出かけても、幅が広いのでたくさんの人を、紫外線などの外部刺激から守ってくれます

 

大人数でのキャンプが事前に判明する方など、使用頻度が多いかたは、こちらのタイプはおすすめです。

ブランドで選ぶ

ブランドも多数のラインナップがあり、実際に特性もそれぞれで異なります。特性を知って自分に合うものを選べるようにしましょう。

スノーピーク

スノーピークというと、アウトドアブランドとして確立した存在です。その美しいデザイン性に目を奪われる方も多いはずです。そこに充実した機能とカラーバリエーションを用意しています。

 

製作はメイドインジャパン(新潟県燕三条市)で作られ続けています。その匠の技が継承されているその街だからこそ、発揮するパフォーマンスともいえます。

 

また、嬉しい点としてアフターサービスの充実です。製品に故障が発生した場合、無料で修理または交換を行うと明言しているのです。スノーピーク製品を長く使う方が多いのにも訳があるのですね。

コールマン

コールマンのヘキサタープは、他社ブランドのものと異なる特徴があります。それがメインポールを2本をX状のつなげた構造です。これがあることで、ポールを張り綱1本にすることができるようになったのです。

 

1本だけとは違い、Xポールの安定性は向上します。そのため設営にも安定感が生まれるのです。また、カラーバリエーションが豊富なのも特徴です。これ以外にも安心して使用できるヘキサタープシリーズがあります。安心して長く使用できるアウトドアブランドです。

mont-bell

モンベルはアウトドアメーカーとしては、まだまだ新しいアウトドアブランドですが、コスト面を抑えて良質な製品を多く扱うとユーザーからの信頼度が非常に高いのです。色合いも他のアウトドアブランドに負けないデザイン性を持ちいいです。

 

また、サイズの大きさから機能性まで多様に扱えるのはモンベルヘキサタープの魅力です。イベントや、ファミリーキャンプ、ツーリングなど活躍の場は多くなっていますし、その用途に合わせた選び方をするようにしましょう。

DOD

DODも人気のあるアウトドアブランドです。大雨でもしっかりと、私達を守ってくれます。デザインもユニークでおしゃれさとアウトドアに馴染む色合いがDODのブランドイメージを向上させています。

 

特に、ポリコットン素材の商品も販売しており、幅広いラインナップで販売展開している点も注目してほしいです。

 

ちなみにポリコットン素材ヘキサタープの価格帯をみて、価格は低価格ラインに該当してきます。そのようなコストパフォーマンス面でも定評のあるアウトドアブランドです。



耐水圧で選ぶ

急な雨で、雨を防いでくれるのもヘキサタープに必要なスペックです。耐水圧の基準としては1000~1500mm程度が適当です。3000mmクラスになってしまうと、ヘキサタープの開放感のある作りを妨げてしまいます。

 

水圧1000mmであっても水が浸み込んでくるほどの豪雨は、ほとんど無いです。ちなみに一般の傘で450mmと言われています。それくらいハイクラスな耐水圧をタープは持っているのです。分厚くなってしまうと通気性が悪くなって結露の原因になってしまいます。

 

素材の色や厚みで選ぶ

素材の厚みや色のデザインというのは、遮光性とも関係する部分です。どれだけ、日射に対してケアしてほしいかによって厚みも異なってきます。一般的に2つの方式により素材の厚み(遮光性)を判断する基準値があります。

 

糸の太さを表すのにデニール(D)が用いられ、繊維の密度数値としてタフタ(T)が用いられます。概ね近い両者の基準値で同じ位と呼ばれるのが70デニール(D)、190タフタ(T)と言われています。

 

この2つの基準値位であったとすれば真夏のシーズン以外は遮光性は対応することができるでしょう。

難燃性で選ぶ

ヘキサタープを利用しながら、焚き火も行いたいシチュエーションってありませんか。そういった時に、火の粉など火が移ってしまっては楽しむどころの話ではありませんね。

 

ですので、そういった楽しみ方をしたい方は「難燃性」といわれる素材のものを選ぶようにしましょう。特に定評があるのがコットン素材です。コットン素材は火に強いので燃え移りすることもなく、様々なシーンで大活躍します。風合いも感じられる点も好評です。

 

それに加えて、ポリエステルとコットンの混合素材のポリコットンと呼ばれる素材にも注目してください。難燃素材でありながらも、コットンよりも軽いし、乾きやすいとメリットがあります。

ヘキサタープのおすすめ人気ランキング10選

第10位

ロゴス(LOGOS)

タープ neos ドームFITヘキサ 4443-N

価格:10,584円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

難燃素材で安心して使用できる

小型の区画でも扱いやすい中型タイプのヘキサタープです。テントとの連結も行えて、接続して使用を考えている方にもおすすめです。また、サブポールを追加して使用すれば、家族4人でも広さは十分です。

 

コストパフォーマンスもよく、10000円弱で購入することもできます。ザーザー降る雨にも対応してくれます。価格も手ごろで初心者にもおすすめしたいヘキサタープです。

サイズ440×430(cm)中型重量4.0kg
耐水圧2000mm素材難燃性ポリエステルタフタ
第9位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

オルディナ ヘキサ タープ セットL M-3173

価格:11,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広さを十分確保したい方にはこちら

Lサイズで大きく使えるヘキサタープです。5~6人で使用することはもちろん、広々と2~3人で使用する方もいます。意外と小さい適応人数通りのタープを購入して、タープが作る陰が小さくて、結構直射日光を受けてしまったという経験はありませんか。

 

椅子やテーブルも準備して置くと、意外と幅をとってしまうのです。それを考えると、陰の位置など考えずに広々と使用できるLサイズの大型ヘキサタープは魅力的でしょう。設営のことを考えても、大きな労力を必要とするわけではありませんので安心してください。

サイズ600×420(cm)大型重量5.3kg
耐水圧1000mm素材ポリエステル150D
第8位

DOD(ディーオーディー)

ライダーズコンフォートタープ TT5-282

価格:9,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電車キャンパーにもおすすめ

こちらのライダースコンフォートタープは持ち運びが便利です。小型のヘキサタープの中でも非常にコンパクトな部類です。メリットは、そのコンパクト性です。

 

電車でキャンプに行く方なら、中型サイズのスーツケースに入れられるサイズにまでコンパクトに収められます。タープの使用感は、中に入って実際に過ごすのには2~3人が限界です。収納力を出したいためポールの数は多くなってしまいます。

 

デザイン面でみると、タープには珍しい緩やかな曲線を描く設計になっています。設営後に、ヘキサタープの美しさに惚れ惚れすることでしょう。

サイズ370×430(cm)中型重量3.3kg
耐水圧3000mm素材ポリエステル75D
第7位

mont-bell モンベル

ビッグタープ HX 1122569

価格:22,680円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

投影面積抜群のビッグタープ

モンベルが販売するビッグタープは、簡単設営・耐風性などで定評があります。大きさとしては4~5人が適した人数と言えます。大型ですが設営は非常に簡単で手間になりません

 

また、バランスが非常に高い設計となっており、強風への対応力も高いと評価を受けています。急な悪天候など、天候に左右されずに快適な空間を演出してくれます。

サイズ500×480(cm)大型重量
耐水圧素材難燃素材
第6位

コールマン(Coleman)

ヘキサライト2 2000028618

価格:10,195円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクト性重視ならこちらをチェック

アウトドアブランドで評判が高いコールマンから販売されているヘキサライト2です。コンパクトサイズで持ち運びも楽です。タープの色をダーク系の採用としたことで、太陽光を吸収し、遮熱効果を高めてくれます

 

1200mmの耐水圧なので、急な豪雨でも浸水してきたりすることがありません。初キャンプに使用したいため購入検討の方にもおすすめです。

サイズ420×420(cm)小型重量4.3kg
耐水圧1200mm素材
第5位

ロゴス(LOGOS)

タープ ナバホTepee ブリッジヘキサ-AE

価格:15,660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テントとの連結も可能モデル

タープに描かれるデザインにも注目したいロゴスのナバホタープです。明るいカラーでデザインでも楽しむことができます。1人で簡単設営も行えてメリットが非常に多いです。

 

他人と被りたくないと思っている方にもおすすめです。また、モノポールテントなどと連結することも可能なので、色を合わせてロゴス製のテントとの連結をしたいですね。

サイズ570×435(cm)大型重量4.3kg
耐水圧1600mm素材難燃性ポリエステルタフタ
第4位

コールマン(Coleman)

XPヘキサタープ MDX グリーン 2000028621

価格:12,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者におすすめ

コールマンのヘキサタープです。メインポールを2本のX状に連結させるクロスポール仕様にすることで、張り綱1本とするコールマン製ならではの技です。これによってペグダウン箇所が減り、設営の手間を1つ減らしてくれるのです。

 

デメリットとして挙げるなら、重量がそこそこある点です。安定感もあって設営も手間を取らないので初心者におすすめです。

サイズ460×435(cm)中型重量7.6kg
耐水圧約1500mm素材75Dポリエステルタフタ
第3位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

オルディナ ヘキサ タープ セットM-3167

価格:6,510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンス◎

ヘキサタープを購入するにしても、あまりお金をかけたくないという方におすすめなのがキャプテンスタッグのオルディナヘキサタープです。紫外線95%カットする特殊UVコーティング生地を使用しており、ヘキサタープに欲しいスペックは十分備えています。

 

キャンプだけでなく海水浴場などでも活躍します。この低価格なので、予備として2つ準備しておくのもいいです。ただ、この価格なのに非常に長持ちすると高評価を得ていますので1つ購入しておいて損はしないでしょう。

サイズ400×420(cm)中型重量3kg
耐水圧素材ポリエステル70D
第2位

スノーピーク(snow peak)

タープ/R HDタープ"シールド" ヘキサ M Pro セット TP-861S [4人用]

価格:47,304円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一生もののヘキサタープ

スノーピークは、安心の永久アフターフォローのあるアウトドアブランドです。実際の品質面をみても一級品なのは間違いありません。タープを張った後の絶妙な張り具合で美しさを放ちます。

 

もし、老朽化してきて撥水機能が低下してきたら、撥水加工スプレーやシーム剤を利用して使い続けましょう。

 

デメリット面は、価格ですが長い目で見ると価格分はしっかり取れる成果を果たしてくれるでしょう。また、ポールとペグは別売りとなっていますので注意しましょう。

サイズ280×240(cm)小型重量9.5kg
耐水圧3000mm素材210Dポリエステルオックス
第1位

スノーピーク(snow peak)

アメニティタープ ヘキサ Lセット [6人用] TP-851S

価格:27,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長年使えて実用的なヘキサタープ

スノーピークのヘキサタープは永久保証付きなので、そこの部分だけでも非常に魅力的。また、アメニティタープには付属してポール・ペグが付いてくるので、すぐに組み立てまで行えます。

 

スチール製のポールが採用されているので、アルミ製のポールよりは重量があります。ただ、そこまで大きな大差がつくことはないです。スノーピーク製品の中では安価でセット販売なので、コストパフォーマンス面でも魅力的なヘキサタープです。

サイズ570×50(cm)大型重量7kg
耐水圧1800mm素材210Dポリエステルオックス

ヘキサタープのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5108965の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 2
    アイテムID:5108966の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 3
    アイテムID:5108967の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 4
    アイテムID:5108968の画像

    コールマン(Coleman)

  • 5
    アイテムID:5108974の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 6
    アイテムID:5108977の画像

    コールマン(Coleman)

  • 7
    アイテムID:5108981の画像

    mont-bell モンベル

  • 8
    アイテムID:5108983の画像

    DOD(ディーオーディー)

  • 9
    アイテムID:5109266の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 10
    アイテムID:5109276の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 商品名
  • アメニティタープ ヘキサ Lセット [6人用] TP-851S
  • タープ/R HDタープ"シールド" ヘキサ M Pro セット TP-861S [4人用]
  • オルディナ ヘキサ タープ セットM-3167
  • XPヘキサタープ MDX グリーン 2000028621
  • タープ ナバホTepee ブリッジヘキサ-AE
  • ヘキサライト2 2000028618
  • ビッグタープ HX 1122569
  • ライダーズコンフォートタープ TT5-282
  • オルディナ ヘキサ タープ セットL M-3173
  • タープ neos ドームFITヘキサ 4443-N
  • 特徴
  • 長年使えて実用的なヘキサタープ
  • 一生もののヘキサタープ
  • コストパフォーマンス◎
  • 初心者におすすめ
  • テントとの連結も可能モデル
  • コンパクト性重視ならこちらをチェック
  • 投影面積抜群のビッグタープ
  • 電車キャンパーにもおすすめ
  • 広さを十分確保したい方にはこちら
  • 難燃素材で安心して使用できる
  • 価格
  • 27980円(税込)
  • 47304円(税込)
  • 6510円(税込)
  • 12980円(税込)
  • 15660円(税込)
  • 10195円(税込)
  • 22680円(税込)
  • 9180円(税込)
  • 11500円(税込)
  • 10584円(税込)
  • サイズ
  • 570×50(cm)大型
  • 280×240(cm)小型
  • 400×420(cm)中型
  • 460×435(cm)中型
  • 570×435(cm)大型
  • 420×420(cm)小型
  • 500×480(cm)大型
  • 370×430(cm)中型
  • 600×420(cm)大型
  • 440×430(cm)中型
  • 重量
  • 7kg
  • 9.5kg
  • 3kg
  • 7.6kg
  • 4.3kg
  • 4.3kg
  • 3.3kg
  • 5.3kg
  • 4.0kg
  • 耐水圧
  • 1800mm
  • 3000mm
  • 約1500mm
  • 1600mm
  • 1200mm
  • 3000mm
  • 1000mm
  • 2000mm
  • 素材
  • 210Dポリエステルオックス
  • 210Dポリエステルオックス
  • ポリエステル70D
  • 75Dポリエステルタフタ
  • 難燃性ポリエステルタフタ
  • 難燃素材
  • ポリエステル75D
  • ポリエステル150D
  • 難燃性ポリエステルタフタ

タープを設営してみよう

購入したら、実際にヘキサタープを設営してみましょう。事前知識としてポイントを抑えておくことで、行う作業がグッと楽になりますよ。

メインポールとメインロープを設置

ヘキサタープは想像以上に使用する資機材が少ないです。そのため、たくさんのパーツ量に悩ませられることもないでしょう。そして、簡単に設営することができ、不意な雷雨に見舞われても適切に片づけをすぐに行えるのです。

 

設営メイン部分は、布にメインポールをはめ込んでいくいくことから始まります。そして、メインロープを取り付け展張していきます。そうすることでタープが立ち上がります。

 

ポイントとしては、メインポールを傾け、倒れない程度にメインロープを緩めおきましょう。そうすることで、後にきれいな形で設営することができます

サブを設置

メインロープを緩めた後にサイドロープの取り付けを行っていきます。ポイントとしてロープの向きは、布に取り付いているテープの延長線上になるようにしましょう。それができたら、ロープをペグに順番で取り付けしていきます。

 

最初から10割のテンションで張っていくのではなく、少し緩みを作っておくと調整も楽に行えます。サブロープにテンションがかけられたら、続いてメインロープにもテンションをかけていきましょう。しっかりきれいに張るように体重をかけて行うのも重要です。

注意すること

ヘキサタープは簡単に設営できて気軽なタープではありますが、設営回数がまだまだ少ない時期には、広い場所で設営するようにしましょう。最初は脚を設置したり、布を広げたりするのに手間取ることがあるからです。

 

ペグを打つ場所についても、慣れるまで打つ角度や場所がわからなかったり、ロープを引っ張る角度が合わないことで打ち直しになるケースもあります。慣れてくるまで、まずは、広い場所を確保しましょう。

まとめ

ヘキサタープには他の種類のタープにはないメリットがたくさんあります。その特性を知ったうえで購入することで、より一層、ヘキサタープを理解してアウトドアで活躍させられます。お気に入りのヘキサタープを見つけてお出かけしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ