記事ID139128のサムネイル画像

【2019年最新版】キーパーグローブの人気おすすめランキング10選

キーパーグローブは単純なようですが、意外と奥が深いものです。選ぶ際にどれを選べばいいのかわからないという人も多いはずです。今回はそんな人に向けてキーパーグローブの選び方を用途や機能性そして人気メーカーなどの観点から紹介します。

キーパーグローブはグリップ力が命

キーパーはゴールを守る守護神です。そんなキーパーに欠かせないものがキーパーグローブです。キーパーグローブに最も重要なものがフィット感です。ぴったりとした付け心地や少し大きめな付け心地がいいと意見は様々ですが、極端なものは避けましょう。

 

キーパーグローブを選ぶ際にはボールに最も触れる部分であるパームの素材や硬度そしてグリップ力などにこだわるとシュートストップ時に性能の違いを感じることができるでしょう。特に、このグリップ力はフィット感の次にこだわっていくべき項目になります。

 

キーパーグローブにも様々なものがあるので、しっかり自分にあったものを選ぶ必要があります。選び方をこの後紹介していきます。

キーパーグローブの選び方

キーパーグローブにも様々なものがあります。どこに目をつけて選べばいいのかを紹介していきます。

サッカー用とフットサル用

サッカーのキーパーグローブはフットサルのグローブと比べて厚みがあります。それはボールが大きくて、シュートの威力が強くなる傾向にあるからです。サッカー用のキーパーグローブは手のサイズに比べて大きく作られています。

 

サッカーはゴールキックを蹴るためシュートストップに重きを置いた設計になっていますが、フットサル用のキーパーグローブは投げやすいように手の形に沿って作られています。このようにフットサルとサッカー用グローブには厚さに違いがあります。

 

他にも形状などで細かな違いが見受けられます。フットサルならフットサル用、サッカーならサッカー用と使い分けると、もっとプレイの質が高まることでしょう。

パームで選ぶ

パームはボールが最も接触することが多い手のひらの部分のことを言います。その質によって特徴が異なります。

練習には硬めのパームを

練習用として使い勝手のいいものがハードで硬めなパームを有しているキーパーグローブです。練習というものは毎日やってこそ意味があります。そうなってくると毎日使うので消耗も激しいはずです。

 

その耐摩耗性が高いのがハードタイプのパームを有したキーパーグローブなのです。パームのタイプの名称はメーカーによって異なってくるため統一させて説明することが難しいのですが、硬めのパームが耐久性が高く練習用に向いていることは確実に言えることです。

 

また硬めのパームはグリップ力が低く、シュートストップに関しては若干の不安が残ります。そのため大事な試合の時などはあまりおすすめできません。

試合用にはソフトなパームを

ソフトで柔らかなパームはグリップ力の高さや衝撃吸収力が特徴です。また柔軟性があるので使いやすさもハードなものに比べて高いです。性能的にもハードで硬めなキーパーグローブよりも高性能なものが多いのが特徴です。

 

そのグリップ力の高さなどの性能の高さを生かして試合用として使うことをおすすめします。柔らかな使用感ではありますが、耐久性が低いというデメリットもあります。そのため回数的には少ない試合で使うことがベストでしょう。

プロテクション入りで指のケアを

キーパーは腕や手そして指などを酷使するポジションです。突き指などの怪我をしてしまっては本来の実力が発揮されないまま悔しい結果になってしまう可能性もあります。自分の体のケアは自分でしなければなりません

 

怪我防止のために衝撃などに弱い場所にプロテクターを搭載しているキーパーグローブもおすすめです。特にまだ完全に成長しきっていない小中高生の人は怪我をしやすく、万全なケアが必要になります。

 

細かいところですが、このような細かいところへのこだわりが積極的なプレイを生み出す原動力になったりするものです。

機能性で選ぶ

機能性はキーパーグーローブを選ぶ上で注目してほしい項目になります。選ぶ際はこのようなポイントを重視して選ぶいいでしょう。

グリップ力

グリップ力と言う言葉は様々なスポーツで使われますが、キーパーの観点から言うとシュートストップ力と言い換えることもできるでしょう。相手のシュートに対して真正面から止めに行くのでボールが後ろに逸れてしまっては意味がありません。

 

このグリップ力は高ければ高いほど、ボールがパーム部分で止まりやすくなります。確実なシュートストッピングをしたいのであればグリップ力の高いパームを選ぶといいでしょう。とはいえ、これも好みに依存します。

 

自分の感覚に最もあったものを選ぶことが重要です。無理にグリップ力が高いものを選ぶ必要はありません。様々なグリップ性能のものを使って自分にあったものを選びぬくことが重要になります。

衝撃吸収

強烈なシュートを真っ向から手で受け止めるキーパーにかかる腕への衝撃は想像以上に大きいです。衝撃吸収力がなければそれだけダイレクトに体に衝撃が伝わってくるわけです。特に世代が上がるほどシュートの威力は増してきます。

 

中高生そしてプロなどは衝撃吸収性の高いキーパーグローブを選んでいます。衝撃は体全体に伝わりますので、腕だけでなく、腰や膝など関節部分にも多少なりとも影響が出てきます。そのため怪我防止という意味でも衝撃吸収力は高いものを選びましょう

耐久性

キーパーの必需品と言えるキーパーグローブで最も重要なのは愛着です。長く使ってきたものに勝るものはありません。長く使うには耐久力が必要になってきます。耐久力が高くなければ、馴染む前に使えなくなったりとプレイに不安定さを生み出す原因となってしまいます。

 

やはり長く使ってきたものほど自分の手にあった形になっているので、プレイに安定感をもたらしてくれます。耐久性はグリップ力などとは相反する関係でもあったりするので選ぶ際は取捨選択しなければならないことも多々あります

 

両方備えているものは、必ずと言ってもいいほど高価なキーパーグローブとなっています。

メーカーで選ぶ

キーパーグローブを扱っているメーカーは数え切れないほどあります。その中でも有名なメーカーや人気なメーカーを紹介します。

小中学におすすめのウールシュポルト

あまり聞きなれないウールシュポルトというメーカです。このメーカーはジュニアから中高生に人気なメーカーになっています。何と言ってもキーパーグローブを専門に扱っているため、安心感が違います

 

3モデルを展開しており、フィット感とグリップ力の高さが魅力のファングマシーネ。次にトータルバランスに優れたスタンダードモデルのエリミネーター。最後に、付け心地抜群の伝統的なモデルのエルゴノミックです。

 

またこの3モデルの中でも細かにタイプが枝分かれしており、中高生問わずプロでも実戦で使えるほどの高性能のものもあります。

エレボス

ダークな色合いと派手なデザインが特徴的なエレボスのキーパーグローブです。エレボスのキーパーグローブはフィット感が魅力となっています。グローブの内部に散りばめられたシリコンが抜群の操作感を演出してくれます。

 

プロも唸らせるほどのフィット感を実現しており、素手でやっているかのような感覚すら覚えてしまうほどです。フィット感を重視するのであればエレボスがおすすめです。

ロイシュ

ロイシュは世界で初めてキーパーグローブを開発したメーカーとなっています。パイオニアらしい革新的な機能なめらかな使い心地を実現する柔軟性が魅力です。パイオニアとしての知識を存分に生かしたキーパーグローブを展開しています。

セルス

サッカーの母国であるイングランドで生まれたGKプロダクトメーカーのセルス耐久性と衝撃の吸収力が最大の魅力です。耐久力が高いため硬く使いづらく感じるでしょうが、手に馴染んでいくにつれて使いにくさは解消されます。

 

そうなると長い間付き添ってくれる相棒として活躍間違いなしのグローブとなること間違いなしです。専門メーカーならでのこだわりと耐久力が詰まったキーパーグローブを堪能できます。

アディダス

言わずと知れた超有名メーカーのアディダスは主に2モデルを展開しています。まず1つ目がエースと言われるモデルです。中でもエースTRANSはプロ仕様のキーパーグローブと言っていいでしょう。グリップ力や耐久性などどれを取っても高性能です。もちろん初心者中級者向けのタイプもあります。

 

2つ目は、プレデターです。これもエース同様にプロ仕様、中級者、初心者仕様とタイプごとに展開されています。トップモデルは前線で活躍するプロも使用していますし、慣れたらグレードを上げていくこともいいのではないのでしょうか

ナイキ

ナイキのキーパーグローブはスタイリッシュでデザイン性が高いものが多いです。粘着性の高いフォームで使用することで驚異的なグリップ力を見せるプロ仕様のベイパーグリップや安定したフィット感を持つスパインプロなどがあります。

 

デザイン性の高さに目がいきがちですが、しっかりとした性能を持ったキーパーグローブを展開しているナイキです。

憧れの選手を真似る

キーパーグローブの人気おすすめ商品ランキング10選

第10位

ウールシュポルト(uhlsport)

キーパーグローブ ウールシュポルト

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力なグリップ力

ワイドパームカットでフィット感をアップさせたアブソルートグリップパームモデルです。パームのレベルを表すアブソルートとは衝撃吸収力とグリップ力を極限まで高めた高パフォーマンスのキーパーグローブを表す単位です。

 

究極のグリップ力を持つこのキーパーグローブですが、その分だけ耐久性に欠けています。そのためキーパーを始めたての人ではなく、経験値の高い人におすすめのキーパーグローブになっています。

 

まさに一長一短のキーパーグローブですが、性能がはっきりしていることもあり、使い分けしやすく、試合用として使うことに向いているキーパーグローブと言えるでしょう。

パームアブソルートパームグリップサイズ5~10号
用途試合用特徴強力グリップ
第9位

ナイキ

キーパーグローブ ジュニア

価格:1,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適なキーパーグローブ

素材の30%を占めるラテックスによって、どんな状況でも確かなグリップ力と衝撃吸収力を発揮できるようになっています。雨天時でも決行された練習でも確かな掴み心地を私たちに与えてくれます。

 

手首付近に搭載されたリストによって、自分の最もフィットするサイズに調整することができます。成長期でサイズが変わっても多少の間はリストによって調整することでカバーできるので経済的にも優しいです。

 

キーパーグローブ装着時の快適さもあります。抜群の通気性を発揮するように風通しの良いデザインを採用し、練習中の嫌な蒸れ感や湿っぽさを軽減してくれるのでストレスなく練習に打ち込むことができます。

パームラテックスサイズ6~7号(ジュニア)
用途練習用特徴ラテックスフォーム
第8位

adidas(アディダス)

キーパーグローブ クラシックプロ

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クラシックなデザイン

クラシックシリーズの中でもトップクラスの性能を持つキーパーグローブです。何よりも昔を思わせるようなクラシックなデザインになっており、従来のスタイリッシュな印象とは、また違った堅牢な印象を受けます。

 

パームは3.5mmの厚さを持っており、ボールの衝撃を吸収してくれます。また確かな掴み心地と装着感を持っており、抜群の使用感を誇ります。往年の堅牢感を残しつつも、スタイリッシュで細身なフォームは失うことなく健在です。

パーム厚みのあるパームサイズ7~12号
用途試合用特徴クラシックデザイン
第7位

ロイシュ

キーパーグローブ フィットコントロール

価格:6,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレスフリーなグローブ

ロイシュ基準のパームであるR3は耐久性、グリップ力、耐水性などに優れています。特に通気性が高く、熱がこもりがちなキーパーグローブ内を涼しく快適に保ってくれます。また湿気などからも守ってくれるのでニオイ対策やストレスフリーな状況を作り出してくれます。

 

サイズ感的には中高生向けのシリーズとなっています。小学生の時とは一気にシュートの強さやプレイの激しさが増してくる頃なので耐久力そしてしっかりとボールをストップさせるグリップ力は非常に重要になってきます。

 

そんなポイントをしっかりと抑えたキーパーグローブと言えるでしょう。キーパーを始めたての人でも、かなり経験を積んだ人でも両方に対応した万能なキーパーグローブに仕上がっています。

パームR3サイズ7.5~9
用途練習/試合用特徴高い耐久性
第6位

ウールシュポルト(uhlsport)

キーパーグローブ ソフトレジスト

価格:5,346円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソフトな付け心地と確かなグリップ力

最もボールとの接触が多いパーム部分はソフトレジストを採用しており、雨天時以外であれば、最高のパフォーマンスを発揮してくれています。中でも耐久性が最も際立っており、他の性能に比べて頭一つ抜けています。

 

フィンガーカットはフラットに配置したスタンダード型になっています。そのフィンガーカットはキャッチング時のフィーリングを確実なものにしてくれます。手首に対して手のひらが12度傾いた設計で、ナチュラルな付け心地を実現します。

 

人差し指と小指の外側のパームとバックハンドを縫い込み、指へのフィット感を高めました。

パームソフトレジストサイズ5~10号
用途練習用特徴耐摩耗性チップ配合
第5位

ウールシュポルト(uhlsport)

キーパーグローブ ソフト

価格:5,434円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベストセラーのソフトパーム

パーム部分には平均的な性能を持つソフトを採用しており、耐久性とグリップ力のバランスが良いベストセラーパームです。指周りはハーフネガティブと言われ、パーム側の半分の位置まで巻き込み、指股を内側に縫製したフィンガーカットになっています。

 

手首に対して12度ほど手のひら部分を傾けているため、グラブのリスト部と本体を合わせ高いフィーリングを実現します。グラブを手首にフィットさせるために巻きつけるリスト部分はフルクラップを採用し、ラテックス素材とEVA素材の2種類を用意しています。

 

フィット感と屈曲性を兼ね備えたハーフネガティブカットのフィンガーカットを採用したソフトパームモデルのキーパーグローブです。

パームソフトサイズ5~9号
用途練習用特徴平均的な性能
第4位

Easylifee

キーパーグローブ

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

確かなフィット感とグリップ力

シックなシニアラテックスヤシで現実的な衝撃吸収と滑り止め効果を果たします。そしてしっかりと未成長な指を守ってくれます。サイズ感的にはジュニア向けのキーパーグローブになっています。

 

リストストラップを採用することで、快適かつ簡単な着用が可能になっています。指にはナイロン素材で通気性、汗、吸収性そして快適なフィット感を実現します。パームにはラテックスを採用し、衝撃吸収性、耐摩耗性などをもたらしてくれます。

 

手首の部分にもサイズを調整するリストを採用することで、手首が細い人でも太い人でも気にすることなく使うことができます。

パームラテックスサイズ5~6号
用途練習用特徴快適なフィット感
第3位

ナイキ

キーパーグローブ

価格:5,292円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイトなフィット感

グリップ3テクノロジーを搭載しており、衝撃をしっかりと吸収します。またどんな状況下でもグリップ力を強化してくれます。さらに現代的なデザインの面ファスナー付きリストバンドと手のひらをカバーする構造でしっかりとしたフィット感を実現します。

 

ボールのコントロール性を高めるために親指、人差し指、小指にコンタクトフォームを搭載し、確実なボールスローイングを実現します。手首部分も含めて全体的にタイトな形状は、密度の高いフィット感をもたらしてくれます。

 

タイトということもあって自分の最適なフィットサイズよりもワンサイズ大きめのものを選ぶとちょうどいいサイズ感になるでしょう。

パームラテックスサイズ6~9号
用途練習/試合用特徴驚異の衝撃吸収
第2位

Behning & Sons

キーパーグローブ Behning & Sons

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くて経済的

ジュニアの練習用として最適なキーパーグローブです。何と言っても値段が安いということが最大の魅力です。成長期の子供にとって、グローブはすぐにサイズアウトしてしまうものです。子供の成長も考えると低価格はありがたいところです。

 

しかし、安いということはそれなりの性能を覚悟しなければなりません。とは言っても十分に練習用として使うことができる程度の機能性は兼ね備えています。このグローブの特徴は生地が薄くペラペラであるということです。

 

衝撃吸収性は低く、グリップ力はまずまずです。練習用としてボロボロになりやすいグローブですが、安いので簡単に買い直すことができることは大きな魅力と言えるでしょう。

パームフォームラバーサイズ5~7号
用途練習用特徴低価格
第1位

MIZUNO(ミズノ)

キーパーグローブ ジュニア

価格:2,720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

指の保護にも最適

価格帯や性能などから考えると練習用として使うことが最適なキーパーグローブです。サイズは5~7号というラインナップで、ジュニア向けのキーパーグローブになっています。シュートなどの衝撃から指を守るフィンガープロテクトを搭載しています。

 

装着した感じではタイトめに感じるはずでしょう。そのためワンサイズ上のサイズを選ぶとちょうどいいサイズ感になります。また成長期の子供達であれば、すぐに大きくなってしまい、サイズオーバーなんていうことはすぐに起きてしまいます。

 

子供の成長を考慮した上で選ぶといいでしょう。価格帯からしてグリップ力や耐久性などはあまり見込めませんが、練習用としては十分の性能を果たしてくれるキーパーグローブと言えるでしょう。

パームラテックスサイズ5~7号
用途練習用特徴フィンガープロテクター採用

キーパーグローブの人気おすすめ商品の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5102041の画像

    MIZUNO(ミズノ)

  • 2
    アイテムID:5101432の画像

    Behning & Sons

  • 3
    アイテムID:5101418の画像

    ナイキ

  • 4
    アイテムID:5101397の画像

    Easylifee

  • 5
    アイテムID:5101385の画像

    ウールシュポルト(uhlsport)

  • 6
    アイテムID:5101361の画像

    ウールシュポルト(uhlsport)

  • 7
    アイテムID:5101320の画像

    ロイシュ

  • 8
    アイテムID:5101274の画像

    adidas(アディダス)

  • 9
    アイテムID:5101220の画像

    ナイキ

  • 10
    アイテムID:5101197の画像

    ウールシュポルト(uhlsport)

  • 商品名
  • キーパーグローブ ジュニア
  • キーパーグローブ Behning & Sons
  • キーパーグローブ
  • キーパーグローブ
  • キーパーグローブ ソフト
  • キーパーグローブ ソフトレジスト
  • キーパーグローブ フィットコントロール
  • キーパーグローブ クラシックプロ
  • キーパーグローブ ジュニア
  • キーパーグローブ ウールシュポルト
  • 特徴
  • 指の保護にも最適
  • 安くて経済的
  • タイトなフィット感
  • 確かなフィット感とグリップ力
  • ベストセラーのソフトパーム
  • ソフトな付け心地と確かなグリップ力
  • ストレスフリーなグローブ
  • クラシックなデザイン
  • 快適なキーパーグローブ
  • 強力なグリップ力
  • 価格
  • 2720円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 5292円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 5434円(税込)
  • 5346円(税込)
  • 6900円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 1900円(税込)
  • 4999円(税込)
  • パーム
  • ラテックス
  • フォームラバー
  • ラテックス
  • ラテックス
  • ソフト
  • ソフトレジスト
  • R3
  • 厚みのあるパーム
  • ラテックス
  • アブソルートパームグリップ
  • サイズ
  • 5~7号
  • 5~7号
  • 6~9号
  • 5~6号
  • 5~9号
  • 5~10号
  • 7.5~9
  • 7~12号
  • 6~7号(ジュニア)
  • 5~10号
  • 用途
  • 練習用
  • 練習用
  • 練習/試合用
  • 練習用
  • 練習用
  • 練習用
  • 練習/試合用
  • 試合用
  • 練習用
  • 試合用
  • 特徴
  • フィンガープロテクター採用
  • 低価格
  • 驚異の衝撃吸収
  • 快適なフィット感
  • 平均的な性能
  • 耐摩耗性チップ配合
  • 高い耐久性
  • クラシックデザイン
  • ラテックスフォーム
  • 強力グリップ

キーパーグローブの手入れの仕方

キーパーグローブは消耗品です。使えば使うほどその性能は劣化していきます。気づかず大きなミスを犯してしまわないように、普段から手入れを行っておきましょう。今回は手入れの方法や仕方を紹介していきます。

 

まず、簡単な汚れはクリーナーを使って落とすことができます。クリーナーをつけて、乾いたらタオルで拭くだけで終わりです。非常に簡単です。次に落ちたグリップ力を回復させるための手入れです。これも簡単でグローブグリップをパーム状につけ、擦り合わせるだけです。

 

コツはこれを毎回繰り返すことができるかです。またパームへ穴が空いてしまった場合はグローブリペアを塗って応急処置をすることができます。手入れをこまめにして万全な状態で挑みましょう。

まとめ

キーパーグローブはキーパーの命とも言っていいほど欠かせない存在です。しっかりと性能やサイズなどにこだわって自分にあったキーパーグローブを選びましょう。チームのピンチを救う救世主として活躍できるように頑張ってください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ