記事ID139115のサムネイル画像

【災害時・非常用として便利】おすすめの人気発電機ランキング10選

屋外でも電源を確保できるのが発電機。近年、防災アイテムとしても注目を集めている発電機ですが、機能面も異なることからどれを選んで良いのか悩んでしまいますよね。そこで今回は、おすすめの発電機をランキング形式で紹介していきます。

防災アイテムとして注目されているのが発電機

停電や震災時などに近年注目されているのが発電機。一昔前までは、建築現場やアウトドアなどに使用されていた発電機ですが、発電機は屋外で使用できることもあって、防災グッズとして注目を集めています。

 

もしも地震や台風などの災害で停電になったときでも、発電機があれば電力供給ができるので安心ですよね。しかし発電機といっても、色々な種類が登場していることもあって、どれを選んでしまう方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、「出力」「機能性」「形状」「燃料」などの観点から、おすすめの発電機ランキングを作成しました。

発電機の選び方

発電機といっても、重量や出力など色々な機能が備わっていることもあって、どれを選んで良いのか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。こちらではまず、そんな発電機の選び方について紹介していきますので参考にしてください。

用途に合った出力から選ぶ

発電機は屋外でも電源を確保できる便利アイテムですが、定格出力の大きさが異なってきます。その定格出力によって、自分の用途に合った発電機を選ぶことが大切です。

 

こちらではそんな発電機を使用する目的に合った出力について、以下に紹介していきます。

小型家電は「1000W」(1kVA)以下

パソコンやラジカセなどの小型家電を主に使用する方は、1000W以下の発電機をおすすめします。しかし、小型家電と言っても、電力の高いドライヤーや電子レンジなどを使う場合は注意が必要です。

 

1000W以下の発電機は価格も低いので、出来るだけ値段が安い発電機を求めている方にもおすすめです。電力の低い小型の電気製品を使用することがほとんどの場合は、1000W以下の発電機を選ぶようにしましょう。

オールラウンドに使用するなら「1000W~2000W」(1kVA~2kVA)

DIYやアウトドア、レジャーなどオールラウンドに発電機を使用するなら1000W~2000Wの発電機をおすすめします。1000W~2000Wの出力があるとほとんどの電気製品に使用できるため、自分の目的に合わせて使用できますよ。

 

しかしオールラウンドに使用できると言っても、発電機1台で複数の電気製品の電力を確保できるわけではないため、複数使用する場合は注意が必要です。

非常用電源に使うなら「2000W」(2kVA)以上

2000W以上の発電機となると、1人暮らし以上の総電力があります。その為、停電時や災害時などの非常用電源として発電機を使用したい方におすすめです。総電力を1台でまかなうことができる電力はありますが、それだけサイズの大きい発電機がほとんどです。

 

しかし近年、重量は従来の発電機より軽く、コンパクトに設計されている発電機もあるので確認するようにしましょう。

形状から選ぶ

発電機には大きく分けて、「フレームタイプ」と「カバータイプ」の形状があります。その形状によって、メリットとデメリットもあるので、選ぶ際には知っておくことが大切です。

 

以下ではそんな形状の特徴について解説していきます。

最小限のフレームの「フレーム形状」

エンジン周りに最小限のフレームが備わったタイプが、フレーム形状になります。フレームタイプは一般的な発電機に多いタイプとなっており、工事現場などに使用されていることも多いです。

 

シンプルな形状のため、重量は比較的軽く、メンテナンス性にも優れたメリットがあります。しかし、フレームのみということもあり、エンジン音が漏れやすいデメリットもあるのです。

 

また、発電機を使用してすぐ持ってしまうと、火傷の恐れもあるので使用する際には十分注意するようにしましょう。

エンジンが覆われている「カバー形状」

カバー形状はフレーム形状とは違い、エンジンが覆われているタイプです。エンジンが覆われているため、騒音や火傷などを比較的軽減できます。住宅街やキャンプなどで使用したいと感がいている方は、カバー形状の発電機がおすすめです。

 

しかしフレーム形状とは違い、メンテナンス時にはカバーを外さなければいけないので、発電機のメンテナンスが苦手という方には不向きでしょう。

使用燃料を確認する

発電機の使用燃料には、「ガソリン」と「ガス」の2種類あります。その使用燃料によって、発電機の使い方も異なってくるため、確認することが大切です。そんな使用燃料の特徴も知って、自分に合った発電機を選ぶようにしましょう。

長時間稼働する「ガソリンタイプ」

ガソリンタイプは、長時間稼働する特徴があります。出力も大きいため、様々な目的に使用したい方にもおすすめです。一度給油してしまえば、長時間稼働できますが停電時や災害時などで、ガソリンの入手が難しい場合もあるのです。

 

防災グッズとして発電機を用意しておく方は、ガソリンの入手場所を考えておく必要もあります。

交換が簡単な「ガスタイプ」

ガスタイプは、ガソリンタイプに比べると交換がしやすいです。長時間の稼働は難しいですが、ガソリンとは違いホームセンターなどで入手がしやすいメリットもあります。

 

発電機初心者でも交換が簡単で、保管もしやすいため、発電機を短時間使用したいという方にはおすすめです。

機能性も大切なポイント

発電機は出力や形状、使用燃料などから選ぶことも大切なポイントですが、発電機を選ぶ際には機能性もチェックしておきましょう。

騒音を解消する「防音」機能

発電機は屋外で電源を確保することができる便利なアイテムですが、エンジン音や振動が直接伝わってきてしまうため、騒音が気になる場合もあります。そんな騒音を解消する際には、防音機能をチェックしておきましょう。

 

発電機の中には、使用電力を抑えるエコスロットル機能を搭載している物もあるので、確認しておくことをおすすめします。またフレームタイプよりも、カバータイプのが騒音を解消できます。

 

他にも発電機のオプションで、騒音を抑える「防音ボックス」もあるので、住宅街などの使用におすすめです。

移動が容易にできる「キャリー」機能

発電機のデメリットとして、どうしても本体重量が重いですよね。中にコンパクト設計で軽量な発電機もありますが、移動などをする場合には、キャリー機能が備わった発電機をおすすめします。

使用機器を選ばない「インバーター」機能

発電機の種類には大きく分けてインバーターを搭載していないタイプと、インバーターを搭載しているタイプがあります。DIYなどを目的として電動工具などの精密機械を使用しない場合は、インバーターを搭載していない発電機でも使えます。

 

しかしパソコンなどの精密機械などを使用する時には、切り替えられるインバーター機能を搭載された発電機がおすすめです。周波数の切り替えができないと、故障の原因にもなるので注意するようにしましょう。

発電機の人気ランキング10選

第10位

ナカトミ

インバーター発電機 EIG-900D

価格:39,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びが容易にできるコンパクト設計

発電機の中でも比較的安い価格の発電機が欲しい、という方におすすめなのがこの発電機。安い価格で展開していながらも、エンジン回転数を抑える「エコモードスイッチ」や精密機器にも使用できる「インバーター」なども搭載しています。

 

また持ち運びにも便利なコンパクト設計となっているので、キャンプなどの屋外でも使用できる発電機です。周波数はスイッチ一つで切り替えが可能なのもおすすめポイントとなっています。

 

比較的使いやすい仕様となっているので、発電機初心者の方にもおすすめです。低価格でありながらも、重量も軽く騒音も抑えたおすすめの発電機となっています。

出力0.9kVA重量約15㎏
使用燃料無鉛ガソリン形状カバータイプ
第9位

ワキタ

MEIHO インバーター発電機 HPG3000i

価格:106,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高出力インバーター発電機

停電時の防災アイテムとして発電機を考えている方におすすめなのが、この発電機です。定格出力は3kVAもあるので、停電時の非常用電源としても様々な機械の電源を確保することができます。

 

また頑丈なガードフレームを採用しているのもポイントです。エンジンの負荷を自動的に制御するエコノミーコントロールを搭載することによって、燃費の向上にも繋げています。

 

災害時や停電の時でも、家電製品の使用や通信手段も確保できるため、非常用に備えておきたい方におすすめです。操作パネルには、エンジンオイルの不足、出力なども確認できるので、メンテナンスも簡単にできます。

出力3kVA重量約34㎏
使用燃料無鉛ガソリン形状フレームタイプ
第8位

ヤマハ

防音型 インバータ発電機

価格:126,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2台繋げて運転ができる並列端子を搭載

軽量化に特化した新開発小型エンジンを内蔵した発電機。定格出力は1.6kVAとなっていますが、2台繋げて運転ができる並列端子を搭載することによって、3.0出力を可能にしています。

 

またエンジンは低燃費、低騒音、低振動の三拍子揃っているのもおすすめポイントです。レトロなデザイン性も特徴的なので、おしゃれな発電機が欲しい、という方にもおすすめします。

 

新設計マフラーによって騒音も気にせず使用できる優れものです。軽量でありながらも、長時間運転も実現したおすすめの発電機となっています。

出力1.6KVA重量約20㎏
使用燃料ガソリン形状カバータイプ
第7位

工進

インバーター発電機

価格:131,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用電力が一目で確認できる

操作パネルに使用電力が一目で確認できる、パワーインジケーターを搭載した発電機。パワーインジケーターを搭載することによって、使用中の電力が確認でき燃費向上に繋げることができます。

 

キャリーと一体型になっているので、移動はしやすく様々な場所で使える発電機です。また超低騒音設計となので周りを気にせず使用できるのもおすすめポイントとなっています。

 

パソコンなどの精密機器にも対応している為、大切なデータを失う心配もないです。シガーソケット端子も内蔵しているので、車で使用していた充電器なども使用可能となっています。

出力2.8kVA重量約38㎏
使用燃料ガソリン形状カバータイプ
第6位

ヤマハ

防音型 インバータ発電機 2.0kVA

価格:142,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の防音設計の発電機

防音型の発電機が欲しい、という方におすすめなのがこの発電機。高出力でありながらも、回転数を制御し低騒音を実現しています。エンジンオイルが低下すると自動でエンジンが停止する「オイル警告装置」を内蔵しているのもポイントです。

 

また燃料残量を一目で確認できる「フューエルゲージ」や、カーボンブラシのメンテナンスを必要としない「ブラシレス」など、機能性も充実しています。エコノミーコントロールによって、低燃費も可能とした発電機です。

 

安定の発電量もあり、照明やテレビ、冷蔵庫なども同時に使えます。騒音で周囲に迷惑をかけずに、電力供給ができるおすすめの発電機となっています。

出力2.0KVA重量約32㎏
使用燃料ガソリン形状カバータイプ
第5位

工進

インバーター発電機 GV-16i

価格:89,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

操作手順が一目分かる

発電機のエンジンのかけ方が分からない、という方におすすめなのがこの発電機。操作パネルには操作手順の番号が付いているので、操作手順通り行えば簡単にエンジンをかけられます。

 

本体の大きさはそれほど大きくもなく、従来の発電機よりも比較的軽量なので持ち運びする際にも便利です。エコモードも搭載しており、およそ10時間ほど連続運転が可能となっています。

 

一台あればレジャーや農業など、様々な用途にも使えるので、色々なシーンで発電機を使いたいという方にもおすすめです。また業界初の使用中の電力が分かる機能もおすすめポイントとなっています。

出力1.6kVA重量約22㎏
使用燃料ガソリン形状カバータイプ
第4位

URCERI

インバーター発電機

価格:39,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群の軽量性を誇った発電機

発電機の中でもとにかく軽量な発電機を欲しい、という方におすすめなのがこの発電機です。重さはわずか9.3kgほどなので、人の手を借りずに一人でも持ち運びができます。

 

携帯性に優れた発電機となっており、コンパクトで新開発の小型化エンジンを搭載。安全性も高く、オイル警告システムや定格出力を抑えるDC回路プロテクタなども内蔵しています。

 

騒音も比較的抑えられているので、あらゆるシーンで扱いやすい発電機です。超軽量、コンパクト設計のため、軽い発電機が欲しいという女性の方にもおすすめします。

出力0.7kVA重量約9.3㎏
使用燃料ガソリン形状カバータイプ
第3位

ヤマハ

EF900iSGB

価格:86,070円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽に交換できるガス燃料発電機

発電機の燃料にガソリンを使用するのが不安、という方におすすめなのがこの発電機。ガスコンロと同じような感覚で、交換できるのでガソリンのような危険性を比較的軽減できます。

 

またオイルの減りはほとんどしないため、メンテナンスフリーなのもおすすめポイント。市販で売られているカセットボンベも使えるので、ガソリンスタンドまで行く必要もないです。

 

カセットボンベ2本で稼働時間はおよそ1時間ほどあり、最大15Aまで可能となっています。高出力エンジンを搭載していながらも、低燃費、低振動、低騒音も可能にした発電機です。

出力0.85KVA重量21㎏
使用燃料ガス形状カバータイプ
第2位

ホンダ

インバータ発電機 EG25i

価格:138,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

排気音・排気ガスを軽減した機能性を誇る

排気音と排気ガスを抑える専用マフラーを搭載した発電機。エンジンの振動も抑えるフレームも採用しているのもポイントです。自宅の電源と同じような高品質な電気を供給できます。

 

最大連続稼働時間は約12時間ほどもある為、災害時だけでなく現場仕事にも使用可能です。高品質、優れた機能性を誇っていることもあって、高い信頼性を得ています。

 

サイズはおよそ40cm程度となっているので、収納面にも優れた発電機です。2.5kVAの高品質な電力を供給できるので幅広い用途におすすめの発電機となっています。

電力2.5kVA重量約30㎏
使用燃料ガソリン形状フレームタイプ
第1位

ヤマハ

オープン型 インバータ発電機

価格:116,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クラス最軽量・小型設計の発電機

多彩な目的で発電機を使用したい、と考えている方に特におすすめなのがこの発電機です。フレームタイプの中でも、クラス最軽量・小型設計を実現した発電機となっています。

 

インバーターを内蔵することによって、安定した電源も確保できるため停電時でも精密機械の電力を供給できる発電機です。小型設計でも定格出力は2.5kVAもあるので、災害時の対策としてもおすすめします。

 

騒音も気にならないほど低騒音となっているのもおすすめポイントです。またコンセントには最大15Aまで使用できるタイプと、最大30Aまで可能なタイプがあるので、用途に応じて使い分けることもできます。

出力2.5kVA重量約29㎏
使用燃料ガソリン形状フレームタイプ

発電機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5100421の画像

    ヤマハ

  • 2
    アイテムID:5100414の画像

    ホンダ

  • 3
    アイテムID:5100408の画像

    ヤマハ

  • 4
    アイテムID:5100402の画像

    URCERI

  • 5
    アイテムID:5100399の画像

    工進

  • 6
    アイテムID:5100394の画像

    ヤマハ

  • 7
    アイテムID:5100391の画像

    工進

  • 8
    アイテムID:5100385の画像

    ヤマハ

  • 9
    アイテムID:5100381の画像

    ワキタ

  • 10
    アイテムID:5100378の画像

    ナカトミ

  • 商品名
  • オープン型 インバータ発電機
  • インバータ発電機 EG25i
  • EF900iSGB
  • インバーター発電機
  • インバーター発電機 GV-16i
  • 防音型 インバータ発電機 2.0kVA
  • インバーター発電機
  • 防音型 インバータ発電機
  • MEIHO インバーター発電機 HPG3000i
  • インバーター発電機 EIG-900D
  • 特徴
  • クラス最軽量・小型設計の発電機
  • 排気音・排気ガスを軽減した機能性を誇る
  • 手軽に交換できるガス燃料発電機
  • 抜群の軽量性を誇った発電機
  • 操作手順が一目分かる
  • 安心の防音設計の発電機
  • 使用電力が一目で確認できる
  • 2台繋げて運転ができる並列端子を搭載
  • 高出力インバーター発電機
  • 持ち運びが容易にできるコンパクト設計
  • 価格
  • 116000円(税込)
  • 138240円(税込)
  • 86070円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 89800円(税込)
  • 142500円(税込)
  • 131100円(税込)
  • 126000円(税込)
  • 106900円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 出力
  • 2.5kVA
  • 0.85KVA
  • 0.7kVA
  • 1.6kVA
  • 2.0KVA
  • 2.8kVA
  • 1.6KVA
  • 3kVA
  • 0.9kVA
  • 重量
  • 約29㎏
  • 約30㎏
  • 21㎏
  • 約9.3㎏
  • 約22㎏
  • 約32㎏
  • 約38㎏
  • 約20㎏
  • 約34㎏
  • 約15㎏
  • 使用燃料
  • ガソリン
  • ガソリン
  • ガス
  • ガソリン
  • ガソリン
  • ガソリン
  • ガソリン
  • ガソリン
  • 無鉛ガソリン
  • 無鉛ガソリン
  • 形状
  • フレームタイプ
  • フレームタイプ
  • カバータイプ
  • カバータイプ
  • カバータイプ
  • カバータイプ
  • カバータイプ
  • カバータイプ
  • フレームタイプ
  • カバータイプ
  • 2.5kVA
  • 発電機の使い方

    いざ発電機を購入したとしても、使い方が分からないと電源を確保できないです。また使用する際に注意するポイントもいくつかあるので、以下を参考にしてください。

    エンジンの始動方法

    発電機のエンジンを始動させるには、まず燃料の量をあらかじめチェックしておくことが大切です。燃料を確認したら、燃料コックをオンにしチョークを始動にします。

     

    続いてエンジンスイッチをオンにして、エンジンの横あたりにあるスターターハンドルを勢いよく引いてエンジンを始動させ、回転数が安定したらチョークを戻すと完了です。

    運転中の注意点

    発電機は車と同様に排気ガスが発生します。その為、発電機を使用する時には、風通しのいい場所で使用するようにしましょう。また風通しの悪い場所で使用すると、排気口や吸気口が塞がってしまい、故障の原因にもなるので注意が必要です。

     

    他にも運転中は高温になるので、火傷にも注意してください。

    発電機の燃料が少なくなってきたとしても、運転中には絶対に給油はしないことが重要です。運転中に給油をしてしまうと、静電気などにより爆発事故を起こしてしまう可能性があります。

     

    必ず給油する前にはエンジンを停止させ、静電気除去などの安全対策をしてからするようにしましょう。

    まとめ

    ここまで発電機のおすすめ人気ランキング10選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。発電機と言っても、出力や機能性、形状なども異なりどれを選んで良いのか悩んでしまいますよね。発電機は防災グッズとしても注目されているので、自分の用途に合ったお気に入りの1台を見つけ出してみてはいかがでしょうか。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    この記事に関するキーワード

    キーワードから記事を探す

    TOPへ