記事ID139110のサムネイル画像

【庭やベランダDIYに最適】人工芝の人気おすすめ商品ランキング10選

庭や玄関先を美しい緑で華やかにしてくれる芝ですが、手入れが面倒という方も多いです。人工芝なら設置・メンテナンスが簡単なのでDIY初心者の方にもおすすめなリフォームアイテムです。今回は人工芝の中でも人気なおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。

メンテナンス不要でDIYにも最適な人工芝

庭や玄関アプローチなどに美しい芝があると、家を華やかに演出してくれスポーツやバーベキューなどをより楽しむことができます。芝は大きく分けて天然芝と人工芝に分類できますが、人工芝はメンテナンスの手軽さからDIY愛好者から注目を集めています

 

しかし人工芝と一言にいっても使用している素材や長さによって触り心地や踏み心地、見た目にも違いがでてきます。そのためどのような雰囲気の庭にしたいのかや、人工芝を使用したい場所に合わせて選ぶことでより一層人工芝と家の調和をもたらすことができます。

 

今回は、DIY初心者から本格的な人工芝を使用した庭造りをしたいという方などにおすすめしたい人工芝をランキング形式で紹介していきます。手軽に緑を加えることができ、メンテナンスも不要な人工芝で温かみのあるエクステリアを目指してみてはいかがでしょうか。

人工芝の選び方

人工芝は使用している素材や長さによって見た目、使い心地も大きく変化します。ここでは人工芝を選ぶ際に確認しておきたいポイントについて紹介していきます。

素材・パイルで選ぶ

人工芝にはいくつかの素材やパイルの違いによって見た目や踏み心地に大きく差がでてきます。どのような場所に使用するかやシーンに適した素材・パイルを選びましょう。

耐久性の高い「ポリエチレン」素材

人工芝ではいくつかの素材が使用されており、耐久性の高いものからポリエチレン、ポリプロピレン、ナイロンがあります。屋外で使用する場合は紫外線や雨風の影響を直接受けるため、耐久性の高いポリエチレン素材の人工芝を選ぶことがおすすめです。

 

ポリエチレン素材は耐摩耗性能と柔軟性があり初期費用としてはかかりますが、へたりにくい為ランニングコストの軽減につながります。一方ポリプロピレンは耐久性は少し劣りますが、比較的安価なので屋外使用かつ初期費用を抑えたいという方に最適です。

 

ナイロンは吸水性があり紫外線にも弱いため屋外使用には不向きです。絶乾状態では摩耗しにくいため屋内使用であれば耐久性に優れているといえます。また手触り感が柔らかく人工芝の感触に似ているため、屋内でのDIYには優れている素材です。

パイルの種類で踏み心地の感触が異なる

人工芝を選ぶ際にはパイル種類にも注目して選ぶことで、家族全員がお気に入りのエクステリア玄関先を作ることができます。パイルとは芝の部分を指し大きく分類すると、ストレートパイル・クリンプパイル・カーリングパイルの3つに分けることが可能です。

 

ストレートパイルは上に向かってまっすぐにはえており素足だと適度な刺激を感じるため、小さな子どもは使い始めは痛いと感じる場合があるため注意が必要です。クリンプパイルは縮れのあるパイルでクッションのような弾力性と刺激の弱さが特徴です。

 

カーリングパイルは先端がカールしたパイルで、主にストレートパイルと混合して使われていることが多いです。人工芝に動きができメリハリができるため見た目のアクセントとして使用されています。

パイルの長さで選ぶ

人工芝のパイルの長さは商品によっても様々あります。人工芝をどのように使用するかによっても最適な長さは異なるため、使いたいシーンに合わせて選ぶことが大切です。

リアルな感触が魅力の「ロングパイル」

ロングパイルとはパイルの長さが40mm以上のものを指し、天然芝に近いフカフカとした感触とクッション性の高さが特徴です。すぐれたクッション性によってひざや腰への負担が軽減してくれ、転んでもケガをしにくいからスポーツ競技用としても使用されています。

 

サッカー、フットサルの練習などスポーツをされる方や運動目的で使用するという場合には、ロングパイルが適しています。またクッション性が高く転んでもケガをしにくいことから、小さな子どもがいる家庭にも人気のある毛の長さです。

 

運動目的以外にも天然芝に見た目も近くフカフカとした感触が好みという方は、ロングパイルの人工芝がおすすめです。ただし熱が芝の間にこもりやすい特徴もあるため、夏場などに寝転ぶには不向きなので注意が必要です。

寝転んでくつろぎたいなら「ショートパイル」

ショートパイルの人工芝は芝の長さが6~10mm程度と短いため、設置のしやすさとメンテナンスのしやすさが特徴です。価格もロングパイルと比べるとリーズナブルなものが多いため、初期費用を抑えたいという方におすすめです。

 

また芝が短い分芝の間のゴミなどを取り除きやすいため掃除がしやすく、メンテナンスが手軽という点も人気の理由1つにあげられます。適度なクッション性があり、芝生内部に熱がこもりにくいため一年中を通して寝転んだり座ったりしたい方にはぴったりの長さといえます。

 

ゴルフのパター練習をしたいという方やキッズスペースに使用したいという場合にもショートパイルの人工芝が適しています。芝が短いため軽量なものが多くDIY初心者という方やイベント時など単発で使用したいという場合にもショートパイルが扱いやすく便利です。

価格とリアル感のバランスが良いミディアムサイズ

芝の長さはショートパイルとロングパイル2種類で分類されることが多いですが、20~35mm程度のミディアムサイズの人工芝もバランスがよくおすすめです。人工芝は芝が長くなるほどリアルな見た目を楽しむことができますが、価格も高くなる傾向にあります。

 

一般的に芝の長さが20mm以上のものはリアル人工芝と呼ばれ、天然芝に近い雰囲気を楽しむことができます。ロングパイルと比べると低コストなものが多いため、低コストかつ人工芝に近いものが良いという場合にはミディアムサイズの人工芝が適しています。

 

20mm程度の人工芝であればリーズナブルかつ扱いやすくリアルな見た目を楽しむことができます。ロングパイルに近い35mm程度のものはクッション性と密度にもこだわりたいけど、ロングパイルでは長すぎるという方におすすめの人工芝といえます。

密度・デザイン性で選ぶ

人工芝を屋外で使用するという場合には耐久性の高さは外せないポイントです。またデザイン性は見た目の印象だけでなく耐久性にも差が出てくるため事前に確認が大切です。

密度の高いものはへたりにくく耐久性も高い

耐久性の高い人工芝を選ぶことで、長い期間人工芝を使用することができるだけでなくメンテナンスもしやすくなるため外せないポイントといえます。密度の高いものは1つのパイルにかかる負担が軽減されるため、へたりにくく耐久性の高い人工芝といえます。

 

耐久性の低いものは完全には元に戻らず寝てしまったままになる事があります。一方耐久性が高いものであればパイルを起こすようになでるたりすることでパイルを元に戻すことができるため、実際に店頭などで芝に手を入れて密度の確認をすることがおすすめです。

 

インターネット通販などで購入する場合には感触を確かめることは難しいため、耐久性や密度の高さを確認する際は口コミや評価を参考にするようにしましょう。また芝の先端がV字になっていることで芝がへたりにくくなり、耐久性も高いとされておりおすすめです。

リアル感重視なら複数の色を使用したものを選ぶ

天然芝のようなリアルな見た目を楽しみたいという場合には、単色のみならず複数の色を使用した人工芝を選ぶことがおすすめです。また生え方にムラがあったり、光が反射しにくいものはより天然芝に近い雰囲気を味わうことができるため事前に確認するようにしましょう。

 

低価格な人工芝は見た目で人工芝と分かるようなデザインが多いため、より本物に近いリアルさを求める場合にはコストも高くなる傾向にあります。安価なものでも光の反射がしにくいものを選ぶことで、日光が当たった際にも人工芝とわかりにくくすることができます

 

また見た目のデザイン性とあわせて水はけの良さにも注目することが大切です。天然芝と異なり水を吸収することができないため、裏に水はけのような穴が開いているなど対策されているものを選ぶことで、湿気がたまったりニオイの元となることを防ぐことが可能です。

設置場所に合わせて形状を選ぶ

人工芝には大きく分けてジョイントタイプとロールタイプの2種類の形状があります。どちらも特徴が異なりメリット・デメリットもあるため、設置場所やどのようなデザインで設置したいかによって適した人工芝を選ぶようにしましょう。

 

ジョイントタイプは小さい四角形の形状をした人工芝で、一つ一つ繋げるだけの手軽さが特徴です。設置後は浮きにくく敷石等の組み合わせでデザインを楽しむことができますが、ジョイントのつなぎ目が目立ちやすいため狭い範囲の場所に設置するのに適しています。

 

庭などの広い範囲を一気に人工芝を敷きたいという場合には、ロールタイプが適しています。つなぎ目も綺麗で、ハサミで簡単にカットすることができるため曲線部分にも綺麗にしくことが可能です。ただし設置後は浮きやすいためピンなどで固定するようにしましょう。

人工芝の人気ランキング10選

第10位

Pet grow

人工芝

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐UV材を施しているので屋内外で使える

耐久性に優れたポリエチレン素材を使用し耐UV材を施しているため、紫外線による劣化や色あせを防ぎ長い間美しい芝生を楽しむことができます。芝も抜けにくいため屋外だけでなく屋内のキッズスペースや壁デザインなど幅広い用途での使用もおすすめです。

 

芝の長さが10mmのショートパイルなので、ゴルフのパター練習としてもおすすめなだけでなく掃除がしやすく日々のお手入れも楽チンです。密度も高く芝が短いながらもクッション性が程よくあるため、ペットや小さな子どもがいる家庭にも向いています。

素材ポリエチレンパイル長さ10mm
形状ロールタイプパイル種類ストレートパイル
第9位

SHADDOCK

芝生マット

価格:6,460円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

密度が高くフカフカとした天然のような触り心地

一般的な人工芝と比較したときの密度が高めのこちらの人工芝は、リアルな芝生のフカフカ感を味わうことができます。見た目のリアルさにもこだわり4種類の人工芝を組み合わせて青いだけでなく、自然のムラのある芝生の雰囲気を演出しています。

 

耐久性を高めるために4層構造を採用していることに加え、耐久素材使用を使用しているため紫外線による色あせや劣化を防いでくれます。排水穴や燃えにくい素材を採用していますが完全無害の素材のみ使用しているため、健康面でも安心の商品です。

素材ポリエチレン樹脂、ポリプロピレン樹脂パイル長さ35mm
形状ロールタイプパイル種類4種類(グリーン、ライトグリーン、ダークグリーン、枯れ草)
第8位

アイリスオーヤマ

防草人工芝 BP3518

価格:33,880円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防草なのでDIY初心者でも簡単メンテナンス

人工芝では水はけを良くするために裏面に排水穴が設けられていますが、そこから雑草が生えることがあるためメンテナンスが面倒と感じる方もいらっしゃいます。こちらの人工芝では特殊加工の通水性下地を開発することで、雑草が生えにくく防草に効果を発揮します。

 

3種類の色と形が異なる芝をミックスしてつくられているため、天然芝のような見た目と柔らかな触り心地が特徴的です。国内で品質管理を徹底している場所で製造されているため、安全性が気になるという方にも安心の人工芝です。

素材ポリプロピレンパイル長さ35mm
形状ロールタイプパイル種類3種類(ストレートパイル、カーリングパイル)
第7位

iimono117

リアルロール人工芝

価格:6,180円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ重視したい方におすすめな低価格タイプ

こちらの人工芝は低価格ながらも品質、デザイン性ともに優れておりコスパを抑えたいという方におすすめした人工芝です。カラーは春色と夏色の2色展開なので自宅の雰囲気や作りたい庭のイメージに合わせて好みのデザインを選ぶことができるのも魅力です。

 

裏面には10~15cm間隔で排水穴が開いているため水はけも良く、湿気によるいやなニオイやカビの発生を最小限に抑えてくれます。人工芝の本場であるEU基準にもクリアしており、小さな子どもがいる家庭にも安心して使用可能です。

素材-パイル長さ20mm
形状ロールタイプパイル種類3~4種類(ストレートパイル、カーリングパイル)
第6位

PET GROW

人工芝

価格:3,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本物のような柔らかい感触なので子どもやペットにも安心

芝は色や形の異なる数種類のグラスシルクで製造されており、柔らかく裸足で歩いてもチクチク感が少ないのが特徴です。ペットのいる家庭や小さな子どものキッズスペースを作りたいという場合にも、刺激が少ないためおすすめな人工芝といえます。

 

パイルには燃えにくく耐UV材を施していながら環保的な材質を使用しているため、安全性を保ちながらも耐久性に優れて長持ちしてくれます。カッターやハサミで簡単にカットすることができるため、曲線的な場所であっても美しく人工芝を敷くことが可能です。

素材グラスシルクパイル長さ20mm
形状ロールタイプパイル種類ストレートパイル、カーリングパイル
第5位

山善(YAMAZEN)

ガーデンマスター人工芝

価格:11,724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こだわりの芝糸でへたりにくく長持ち

山善の人工芝で使用されている芝糸では独自形状のものを採用していることで、通常の芝糸と比べるとへたりにくく耐久性を向上させています。さらに程よい太さの芝糸なので、密度感高くより天然芝に近い雰囲気を演出することが可能です。

 

芝生を固定するために付属されているU字ピンも芝の色と同化しやすい緑色なので、目立ちにくいのもポイントです。見た目のリアルさだけでなく排水穴はもちろんのこと、品質試験や耐候試験を行い安全性にも配慮して製造されている安心の人工芝です。

素材ポリエチレン・ポリプロピレンパイル長さ35mm
形状ロールタイプパイル種類ストレートパイル
第4位

Good Life Wood

人工芝パネル 20枚セット

価格:6,960円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

敷くだけ簡単設置だから初心者に最適

ジョイントタイプの人工芝なので敷くだけで簡単に雰囲気を変えることができるため、DIY初心者の方に最適です。ベランダやバルコニーなどのアクセントとしてなど、狭い範囲のイメージチェンジに適した人工芝といえます。

 

30✕30cmの正方形が20枚セットになっており初期費用を抑えて人工芝を敷きたいという場合にもおすすめです。また低価格でありながらもリアルさと適度なクッション性も兼ね備えているため、幅広い用途で活用することができるのもポイントです。

素材ポリエチレンパイル長さ27mm
形状ジョイントタイプパイル種類ストレートパイル
第3位

THREE STONE

防炎リアル人工芝 LEGEND EZ-TURF

価格:8,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

UV加工で色あせ・劣化を抑え長持ちできる

こちらの人工芝は天然芝のような緑の葉と枯れ草をイメージした茶色をミックスすることで、本物のようなリアル感が魅力です。また触り心地も本物のような質感なのでキッズスペースや庭先、玄関エクステリアなど幅広い場所で活躍する人工芝といえます。

 

紫外線の影響による色あせや劣化を軽減させるために耐UV材を注入しており、綺麗な人工芝の色合いが長持ちします。SGS検査・日本防炎性能試験にも合格した商品なので、耐久性、デザイン性だけでなく安全性にも優れている商品です。

素材ポリエチレン、ポリプロピレンパイル長さ36mm
形状ロールタイプパイル種類-
第2位

YouTen

人工芝

価格:8,780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EUの198項目の安全試験をクリアしてるから安心

EUの198項目の安全試験をクリアするだけでなく国内のホルムアルデヒド品質検査も行っており、小さな子どもやペットにも安心な安全に配慮した人工芝です。従来のものより縫い目の間隔を狭めることで、密度を高めているため耐久性にも優れています。

 

芝が抜けにくいように裏側をコーティングした3層構造を採用しているので、葉が抜けにくく長い期間使用することが可能です。水抜き用の排水穴の間隔も狭めにしているため、水はけが良く雨の多い場所の設置にもおすすめです。

素材ポリエチレン樹脂、ポリプロピレン樹脂パイル長さ35mm
形状ロールタイプパイル種類4種(ストレート、ウェーブ)
第1位

タンスのゲン

人工芝 夏色グリーン

価格:8,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

極細パイル使用でリアルを追求した人工芝

葉っぱの太さと同程度の0.5mmの極細パイルを使用し、1本1本ツヤ消し加工を行う事でリアル感を追求した商品です。触り心地もフワフワとした天然芝のように柔らかく裸足でも快適に歩くことができるため、子どもやペットの遊び場としてもおすすめです。

 

パイルにはストレートパイル2種とカールパイルの3種類を使用することで、夏の芝生のフレッシュさとリアルさを再現されています。人工芝の本場であるEUでの品質・安全基準にも満たしているため、安心して使用することができるのもおすすめポイントです。

素材ポリエチレン、ポリプロピレンパイル長さ35mm
形状ロールタイプパイル種類3種類(ストレートグリーン、ストレートライトグリーン、カールグリーン)

人工芝のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5101674の画像

    タンスのゲン

  • 2
    アイテムID:5101703の画像

    YouTen

  • 3
    アイテムID:5101750の画像

    THREE STONE

  • 4
    アイテムID:5102222の画像

    Good Life Wood

  • 5
    アイテムID:5102226の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 6
    アイテムID:5102231の画像

    PET GROW

  • 7
    アイテムID:5102489の画像

    iimono117

  • 8
    アイテムID:5102491の画像

    アイリスオーヤマ

  • 9
    アイテムID:5102503の画像

    SHADDOCK

  • 10
    アイテムID:5102535の画像

    Pet grow

  • 商品名
  • 人工芝 夏色グリーン
  • 人工芝
  • 防炎リアル人工芝 LEGEND EZ-TURF
  • 人工芝パネル 20枚セット
  • ガーデンマスター人工芝
  • 人工芝
  • リアルロール人工芝
  • 防草人工芝 BP3518
  • 芝生マット
  • 人工芝
  • 特徴
  • 極細パイル使用でリアルを追求した人工芝
  • EUの198項目の安全試験をクリアしてるから安心
  • UV加工で色あせ・劣化を抑え長持ちできる
  • 敷くだけ簡単設置だから初心者に最適
  • こだわりの芝糸でへたりにくく長持ち
  • 本物のような柔らかい感触なので子どもやペットにも安心
  • コスパ重視したい方におすすめな低価格タイプ
  • 防草なのでDIY初心者でも簡単メンテナンス
  • 密度が高くフカフカとした天然のような触り心地
  • 耐UV材を施しているので屋内外で使える
  • 価格
  • 8480円(税込)
  • 8780円(税込)
  • 8280円(税込)
  • 6960円(税込)
  • 11724円(税込)
  • 3880円(税込)
  • 6180円(税込)
  • 33880円(税込)
  • 6460円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 素材
  • ポリエチレン、ポリプロピレン
  • ポリエチレン樹脂、ポリプロピレン樹脂
  • ポリエチレン、ポリプロピレン
  • ポリエチレン
  • ポリエチレン・ポリプロピレン
  • グラスシルク
  • -
  • ポリプロピレン
  • ポリエチレン樹脂、ポリプロピレン樹脂
  • ポリエチレン
  • パイル長さ
  • 35mm
  • 35mm
  • 36mm
  • 27mm
  • 35mm
  • 20mm
  • 20mm
  • 35mm
  • 35mm
  • 10mm
  • 形状
  • ロールタイプ
  • ロールタイプ
  • ロールタイプ
  • ジョイントタイプ
  • ロールタイプ
  • ロールタイプ
  • ロールタイプ
  • ロールタイプ
  • ロールタイプ
  • ロールタイプ
  • パイル種類
  • 3種類(ストレートグリーン、ストレートライトグリーン、カールグリーン)
  • 4種(ストレート、ウェーブ)
  • -
  • ストレートパイル
  • ストレートパイル
  • ストレートパイル、カーリングパイル
  • 3~4種類(ストレートパイル、カーリングパイル)
  • 3種類(ストレートパイル、カーリングパイル)
  • 4種類(グリーン、ライトグリーン、ダークグリーン、枯れ草)
  • ストレートパイル

人工芝の基本的な施工方法

人工芝をDIYで設置する際には正しく設置することで、見た目が美しいだけでなく長期間雑草が生えにくくすることが可能です。今回はロールタイプ人工芝の施工方法を紹介します。

①防草シートを敷く

まずは芝を設置したい場所は石や草などは取り除きレンガなどで叩いて平らにして、下地処理を行うようにしましょう。その後防草シートを敷き詰めU字釘でしっかりと固定しましょう。

 

柱や曲線部分などはハサミでカットして丁寧に敷き詰めることで、最後の仕上がりが美しくなります。カット部分はマジックなどで印をつけておくとカットしやすいのでおすすめです。

②人工芝を敷く

防草シートの上に人工芝を仮置きし、全体のバランスを確認します。芝の流れをそろえると仕上がりが美しく仕上がるため、極力芝の流れが整うように設置しましょう。

 

柱やよけたい部分はカッターなどを使用し、ざっくりと切り込みをいれて位置を調節します。仮置きが完了したら丁寧に不要分をカットしていきましょう。

③U字釘で人工芝を固定する

つなぎ目部分はジョイントテープを使用し、人工芝片面ずつ慎重に接着します。接着後芝生を手でなでてつなぎ目を馴染ませてあげましょう。

 

最後は人工芝外周をU字釘で打込み固定していきます。外周以外に打込むと、釘が浮いた際に転倒の危険があるため、外周以外にはU字釘を打込まないように注意しましょう。

まとめ

ここまでメンテナンスが簡単で美しい芝生を長い間楽しめる人工芝のおすすめ商品をランキング形式で紹介しましたがいかがでしたでしょうか。最近では人工芝のなかでもリアルな見た目や感触のものも増えているため、手軽なDIYアイテムとして活用してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ