記事ID139109のサムネイル画像

    【2019年最新版】マーケティング本のおすすめ人気ランキング10選

    マーケティングは、社会人として企業で働く人全てに必要とされるものだと言えます。ですが、漠然としか理解していないことも多く、それゆえに失敗も多いものだと言えるでしょう。今回は、そんなマーケティングに関する本の選び方を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

    マーケティングは最初が肝心

    近頃、マーケティングを勉強しようとしている人が増えています。本屋などでも、マーケティングに関する本が多数紹介されており、様々な手法を見ることが出来るのです。そして、マーケティングを学ぶなら、身近な本から入るというのは間違っていません。

     

    マーケティングは、基礎が重要なので、初心者ならまずは基礎がしっかりとした本を探すべきだと言えます。今回は、初心者向け・戦略・リサーチ・ペルソナといった観点からマーケティング本の選び方を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

    マーケティング本の選び方

    マーケティング本には、様々なものがあり、いきなり難しい本を読んでも理解することは難しいです。そのため、自分のレベルに合った本を探す必要があります。

    マーケティング初心者が選ぶべき本とは

    マーケティングに限らず、何かを勉強する際には基礎が重要となります。そのため、まずは誰でも理解しやすい本を探す必要があるのです。

    初めてなら基礎がしっかりとした本を選ぶ

    マーケティングを初めて本格的に学ぶという人は、まず基礎がしっかりとした本を選ぶ必要があります。何事も初めが肝心であり、マーケティングに関しても同じことが言えるため、十分に注意しておきましょう。

     

    マーケティングの基礎がしっかりしている本は、体系的に内容を紹介しているものが多いです。これにより、順序立ててしっかりとマーケティングの基礎を学習出来るだけでなく、見直しもやりやすいのです。

     

    たまに、応用的な本を最初に選んでしまいがちですが、基礎を飛ばすと後の内容はほとんど理解することが出来ません。まずは、少し詳しすぎるくらいに基礎を説明してくれる本を探してみてください。

    図解が多いほうが良い

    本を読む際、文章だけのものより画像などが入っていた方がイメージしやすいと感じる人は多くいるでしょう。漫画などは良い例であり、マーケティング本でも全く同じことが言えます。そのため、なるべく画像や絵を使った本をおすすめします。

     

    また、絵だけでなく図解になっている方が内容を理解しやすいです。図解になっているものは、文章の内容を視覚的にまとめてくれているため、一目見ただけで理解しやすいのです。印象にも残るため、内容を覚えやすくもなるでしょう。

     

    特に、マーケティングの内容は複雑で難しいものも多いため、出来るだけ図解で説明された方が分かりやすいのです。特に、初めてマーケティング本を読むなら、図解入りのものを優先して探してみてください。

    用語説明が詳しいものもおすすめ

    マーケティングを学ぶ上で、どうしても避けて通れないものがあります。それは、専門用語であり、これを覚えなければなかなかマーケティングを理解することは難しいと言えるでしょう。そのため、最初のうちに覚えておくことをおすすめします。

     

    とはいえ、マーケティングに使われる1つ1つ調べていては時間がかかってしまいます。この場合は、マーケティングの用語説明が予め載っている本を選んでみましょう。そうすれば、マーケティング用語を調べなくても、すぐに内容を理解することが出来るのです。

     

    マーケティングに使われる用語は、ビジネス用語となっていることが多いです。ですが、何をするかによって使われる用語が少し変化するので、自分が学びたい本に使われる用語説明が載ったものを探してみてください。

    戦略をもっと練りたい場合

    ある程度マーケティングに精通している人は、戦略的に物事を進めたいと考えている人が多いです。そのため、選ぶ本もマーケティング戦略に合ったものを探す必要があります。

    マーケティング戦略に特化した本を選ぶ

    マーケティングを戦略的に行いたいなら、それに特化した本を探さなければなりません。この場合、基礎がある程度出来ていることを前提としている関係から、基礎に不安が残る人はまだ選ぶべきではないと言えます。

     

    マーケティング戦略と一言で表しても、そこには様々なものがあります。それこそ、会社の数、人の数ほど戦略とはあるものであり、どれが正しいかどうかは実際にやってみないと分からないのです。

     

    そのため、戦略に特化したマーケティング本を選ぶなら、まず自分が思い描く戦略と似ているものを探してみましょう。それから、別の戦略が載っている本を選んでいき、良い点・悪い点を学んでいってください。

    成功事例が載っている本は基準となる

    マーケティング本の中には、これまで実践してきて成功した戦略が載っているものも多くあります。これには、その人が実際にどうやってマーケティング戦略を成功まで持っていったのかが詳しく載っています。

     

    このような成功体験が載った本というのは、ある程度どのような結果を出せるのかを知ることが出来ます。もちろん、そのとおりにして同じように成功するかどうかは不明であるため、真似はしても参考程度に見ておいてください。

     

    ですが、成功事例があるマーケティング戦略には、成功するだけの根拠が隠れています。その点を正直に書いている本もあれば、要所に散りばめて説明しているものもあります。これらを踏まえて、自分のマーケティングに役立てられるかを判断してから本を選んでみましょう。

    名著と呼ばれる本は網羅しておく

    マーケティング本には、いわゆる名著と呼ばれるものが存在しています。これは、新しい本が名著になっているわけではなく、いつまでも活用可能なマーケティング手法が載っているからこそだと言えるでしょう。

     

    こうした名著は、古くても本屋に置いてあることが多く、マーケティングの核心を突いた内容が多くなっています。また、当たり前のことをとても丁寧に説明してくれるものもあるため、マーケティングのお手本にも出来るものなのです。

     

    マーケティングは、年々新しい手法が多く出ているものですが、基本は同じだと言われることも多いです。そのため、新しい本だけでなく、名著となっている本にも大いに目を向けて選んでみることをおすすめします。

    さらに深く切り込みたい場合

    マーケティングを学んできて、さらに専門的な内容に踏み込みたいという人は、分野に特化した本を探す必要があります。これにより、さらにマーケティングを知ることに繋がるのです。

    リサーチの方法が載った本を選ぶ

    マーケティングを行う際、重要になってくるのが情報となります。自分が取り組む分野に対して、どれだけの情報を集められるかが成功と失敗の分かれ道と言えるでしょう。そして、情報を集めるためには、リサーチを行う必要があります。

     

    ですが、いきなりリサーチと言われても、なかなか上手くいかないことも多いです。この場合、リサーチに特化したマーケティング本を参考にすると良いです。これで、リサーチに関する基本的なことを学ぶことが出来ます。

     

    また、ある程度リサーチに慣れている人でも、新たに使われているリサーチ方法を学ぶ必要があります。マーケティングは日々進化を続けるものであり、リサーチ方法についてもかなりの違いが出てくるため、こまめにリサーチ本を探してみてください。

    ペルソナ設定を学べる本も重要

    マーケティングにおいて、誰を相手に商品を宣伝するのかは重要な要素となっています。これは、ペルソナと呼ばれるものであり、ここを間違えるとかなりの確率でマーケティングは失敗してしまうでしょう。

     

    いくら優れた商品であっても、興味を持ってもらわなければ意味がありません。そのため、適切な時間・場所・状況を見極めて、適切な人に商品を宣伝する必要があるのです。このように、ペルソナをしっかりと定めることで、商品を円滑に売ることが出来るようになります。

     

    ペルソナは、重要であることはよく言われていますが、意外とお門違いなことをしていることも多いものです。そのため、マーケティング本でペルソナに特化したものを選んで読むことが重要なことになってくるため、よく覚えておいてください。

    消費者インサイトを学べる本はかなり重要

    マーケティングは、商品を買ってもらわなければ成り立ちません。どれだけ優れた戦略を練って、ペルソナを正しく絞っても、最終的に売れなければ失敗となります。この失敗を防ぐためには、消費者インサイトを理解する必要があります。

     

    消費者インサイトは、誰もが持っている潜在的な物を買いたい欲求となります。これを把握しておくことで、相手に買いたいと思わせることが出来るのです。この点を上手くついていかなければ、商品は売れにくくなってしまいます。

     

    消費者インサイトは、本で学ぶことは十分に可能です。まずは、初歩的な内容から入り、徐々に応用に移ることで、消費者インサイトを理解していくことが出来るでしょう。とにかく読むことも重要なので、意識して本を選んでみてください。

    マーケティング本のおすすめ人気ランキング10選

    第10位

    青春出版社

    ドリルを売るには穴を売れ

    価格:1,543円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    マーケティングにおける物を売る基本が詰まった本

    マーケティングを学んでいる人なら、1度は読んだことがあるというくらい有名な本となります。発売された年は古いですが、今でも問題なく活用出来る名著となっています。これからマーケティングを学び始める人にも読みやすい本だと言えるでしょう。

     

    商品を売る際の基本である、何を売るのか・誰に売るのか・なぜその商品なのか・相手にとってどんな価値があるのかをしっかりと学ぶことが出来ます。これが出来れば、大抵のものは売れやすくなるといっても過言ではないのですが、内容は基本を大切にしているのです。

     

    また、物語形式で物を売るための流れを説明した内容にもなっているため、かしこまらずに読むことが出来ます。入門書としてはもちろん、ある程度マーケティングに慣れた人にもおすすめなので、ぜひ活用してみてください。

    ページ数256ページ発売日2006/12/23
    第9位

    日本実業出版社

    この1冊ですべてわかる 新版 マーケティングの基本

    価格:1,728円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    マーケティングの基礎と実際の流れが分かる本

    マーケティングにおける重要な基礎と、どうやって業務を回していくのかを学ぶことが出来る本となっています。これを読めば、最低限のマーケティング知識を得られるため、常に読んでおきたい本だと言えるでしょう。

     

    また、マーケティングにおけるアイデアや商品につける名前など、細かいとはいえ重要なテクニックについても解説されています。どうやってマーケティングをやっていけばよいか想像出来ない人にこそ、まずは読んでほしい内容が目白押しです。

     

    マーケティングは、最初の基礎が非常に重要となっています。この基礎を疎かにしては、ほぼ必ず失敗することになるため、この本をよく読んでおくことをおすすめします。この内容が、後の応用にも繋がってくるので、ぜひ試してみてください。

    ページ数254ページ発売日2009/2/26
    第8位

    角川書店

    USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

    価格:1,512円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    USJの復活劇をもとにしたマーケティング本

    知らない人はいないと言っても過言ではないほど有名な、USJを題材にしたマーケティング本となっています。USJは、当初は流行したものの、途中経営自体が危ぶまれる事態にまで発展していた巨大テーマパークですが、今では見事に復活を果たしています。

     

    この本には、USJ衰退の理由から、どうやって復活したのかまでが細かく載っています。東京ディズニーランドを超えるほどの集客には、それ相応の理由があり、多くの人が学ぶ価値のある内容だと言えるでしょう。

     

    テーマパークは、USJなどの有名どころを除けば、年々閉園に追い込まれている場所が多いです。そのため、マーケティングもかなりしっかりと考えなければ生き残れないと言えます。その中でひと際成果を挙げているUSJの話を、ぜひ参考にしてみてください。

    ページ数261ページ発売日2016/4/23
    第7位

    KADOKAWA

    大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる

    価格:0円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    マーケティングがどんなものか知りたい人におすすめ

    マーケティングの基礎から、最先端理論までを網羅した本となっています。10時間と言わず、慣れた人なら2時間程度で読み終わることが出来るでしょう。東大のマーケティング理論を学べる本でもあります。

     

    マーケティングに関係する戦略・リサーチ・消費者インサイトから始まり、商品の開発から実際の流通・営業などを学ぶことが出来ます。そして、インターネットを情報収集や顧客管理など、マーケティングの基礎を一通り確認することが出来るでしょう。

     

    繰り返し読むことで、マーケティングがどのようなものかをよく理解することが出来ます。この本をベースにして、各分野を深く掘り下げていけば、マーケティング知識をしっかりと身に着けることが出来るので、ぜひ活用してみてください。

    ページ数224ページ発売日2017/9/29
    第6位

    KADOKAWA/中経出版

    世界一わかりやすいマーケティングの教科書

    価格:15,722円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    成功例が詳しく載った本

    マーケティングには、様々な成功例と失敗例が存在しており、この本は成功例を詳しく解説しています。マーケティングが成功するには、それ相応の理由があります。これを学ぶことで、自分がマーケティングを行うときの成功確率を高めることが出来るのです。

     

    また、この本では、多くの人が良く知っている商品を参考に挙げているため、より成功例を身近に感じることも出来ます。普段、何気なく使っている商品がなぜ成功したのかを知れば、その商品を見る目も変わってくるでしょう。

     

    成功例は、そのまま使っても同じように成功するとは限りません。とはいえ、成功例を参考にして、マーケティングを展開することは有効な手段でもあるのです。失敗から学ぶことも多いですが、同じように成功からも多くのことを学んでみてください。

    ページ数271ページ発売日2011/9/16
    第5位

    日本経済新聞出版社

    実践ペルソナ・マーケティング 製品・サービス開発の新しい常識

    価格:2,160円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ペルソナについてしっかりと学べる本

    マーケティングにおいて重要な要素となっているペルソナについて学べる本となっています。ペルソナは、意外と新しいマーケティングの考え方だと言われていますが、それゆえに中々理解を深め切れていない人も多い分野です。

     

    ですが、マーケティングを行う上で、ペルソナについては考える必要が大いにあると言えます。その点、この本ならかなり細かい部分までペルソナについて解説してくれるので、その重要性に気付かされることが多くなるでしょう。

     

    著者も、三菱総合研究所において経営コンサルティングを行っていた人のため、かなり実践的な内容を知ることが出来ます。ペルソナをより深く理解して、マーケティングに役立てたいという人は、ぜひ活用してみてください。

    ページ数244ページ発売日2014/3/20
    第4位

    主婦と生活社

    魔法のコンパス 道なき道の歩き方

    価格:1,500円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    少し変化球なマーケティング本

    芸人を始め、様々な分野で広く活躍しているキングコングの西野さんが記したマーケティング本となっています。一見すると、マーケティングとは関係ないような題名ですが、初めてマーケティング本を読んでみる人にもおすすめ出来る内容となっています。

     

    西野さんが、普段どのように考えて行動しているかをあまり知らない人は、この本を読んだら見方が変わるかもしれません。マーケティングに必要な仕事の広げ方、お金の話、常識を疑い覆す方法、エンタメをどう仕掛けるかなどが細かく書かれています。

     

    これらは、適当にやっているわけではなく、全て西野さんが計算して行っている方法であり、しっかりと理論が存在しているのです。少し変わったマーケティング本ですが、参考になることは多いので、ぜひ試してみてください。

    ページ数334ページ発売日2016/8/12
    第3位

    KADOKAWA/角川書店

    確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

    価格:3,456円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    戦略についてかなり細かく解説している本

    内容としては、USJのマーケティング戦略を基にしたものとなっていますが、とても深い解説がなされている本となります。USJを復活させた原理などを、実際の数式などで説明しているため、少し上級者向けと言えるかもしれません。

     

    とはいえ、こういった原理でUSJが復活出来たという解説がしっかりとされているため、マーケティング戦略を学びたい人はぜひ読んでほしいものとなります。確率にも触れており、何をもってすれば成功確率が上がるのかも詳しく書かれています。

     

    また、マーケティングにおいて高い評価を受けているP&Gに勤めていた経験も所々に書かれており、そのときの経験談を見られる本でもあります。原理と自信に裏付けられた内容が目白押しなので、ぜひ参考にしてみてください。

    ページ数311ページ発売日2016/6/2
    第2位

    日本実業出版社

    マーケティング・リサーチの基本

    価格:2,160円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    リサーチの基本を学べる本

    マーケティングにおいて重要なリサーチについて、一通りのことを学べる本となっています。これを読めば、どのようにしてリサーチを行っているのかを網羅することが出来るので、読んでおいて損はない本だと言えるでしょう。

     

    リサーチは、目的をもって行わなければあまり意味がありません。そのため、この本では目的別にリサーチ方法を紹介しており、解説もしっかりと行われています。目的がはっきりとしている人なら、さらに活用しやすい内容となっています。

     

    また、リサーチ方法も従来のものから、現代に合わせたものまであり、時代を見据えたリサーチを学ぶことが出来ます。入門用としてはもちろんのこと、基本を見直したいときにも使える本であるため、ぜひ活用してみてください。

    ページ数272ページ発売日2016/9/29
    第1位

    ダイヤモンド社

    「思わず買ってしまう」心のスイッチを見つけるための インサイト実践トレーニング

    価格:1,728円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    実践的な消費者インサイトについて学べる本

    マーケティングにおいて、ある意味最も重要な消費者インサイトについて学べる本です。この本は、消費者インサイトの基本はもちろんのこと、実践的な内容まで網羅しているものとなっています。かなり実用性の高い本だと言えるでしょう。

     

    消費者インサイトは、本人ですら気付きにくい購買意欲ですが、そこを的確につくための方法は確かにあり、この本ではその点について解説がなされています。また、基本だが意外と思いつかない点まで解説してくれるため、盲点を気付かされる人も多いのです。

     

    消費者インサイトは、マーケティングにとって無くてはならない重要な要素です。もし、この要素を見逃してしまえば、最悪の場合、商品が全く売れないこともあります。そうならないためにも、この本で消費者インサイトについて学んでみてください。

    ページ数253ページ発売日2008/10/18

    マーケティング本のおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5108789の画像

      ダイヤモンド社

    • 2
      アイテムID:5108787の画像

      日本実業出版社

    • 3
      アイテムID:5108784の画像

      KADOKAWA/角川書店

    • 4
      アイテムID:5108782の画像

      主婦と生活社

    • 5
      アイテムID:5108781の画像

      日本経済新聞出版社

    • 6
      アイテムID:5108780の画像

      KADOKAWA/中経出版

    • 7
      アイテムID:5108779の画像

      KADOKAWA

    • 8
      アイテムID:5108777の画像

      角川書店

    • 9
      アイテムID:5108774の画像

      日本実業出版社

    • 10
      アイテムID:5108770の画像

      青春出版社

    • 商品名
    • 「思わず買ってしまう」心のスイッチを見つけるための インサイト実践トレーニング
    • マーケティング・リサーチの基本
    • 確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力
    • 魔法のコンパス 道なき道の歩き方
    • 実践ペルソナ・マーケティング 製品・サービス開発の新しい常識
    • 世界一わかりやすいマーケティングの教科書
    • 大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる
    • USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門
    • この1冊ですべてわかる 新版 マーケティングの基本
    • ドリルを売るには穴を売れ
    • 特徴
    • 実践的な消費者インサイトについて学べる本
    • リサーチの基本を学べる本
    • 戦略についてかなり細かく解説している本
    • 少し変化球なマーケティング本
    • ペルソナについてしっかりと学べる本
    • 成功例が詳しく載った本
    • マーケティングがどんなものか知りたい人におすすめ
    • USJの復活劇をもとにしたマーケティング本
    • マーケティングの基礎と実際の流れが分かる本
    • マーケティングにおける物を売る基本が詰まった本
    • 価格
    • 1728円(税込)
    • 2160円(税込)
    • 3456円(税込)
    • 1500円(税込)
    • 2160円(税込)
    • 15722円(税込)
    • 円(税込)
    • 1512円(税込)
    • 1728円(税込)
    • 1543円(税込)
    • ページ数
    • 253ページ
    • 272ページ
    • 311ページ
    • 334ページ
    • 244ページ
    • 271ページ
    • 224ページ
    • 261ページ
    • 254ページ
    • 256ページ
    • 発売日
    • 2008/10/18
    • 2016/9/29
    • 2016/6/2
    • 2016/8/12
    • 2014/3/20
    • 2011/9/16
    • 2017/9/29
    • 2016/4/23
    • 2009/2/26
    • 2006/12/23

    マーケティング本は高校生・大学生でも読んでおくべき

    マーケティング本は、大抵の場合、企業で働く人や何かを販売する人が読むものとなっています。そして、多くの人は繰り返し本を読み、それを実践することで実力をつけているのですが、マーケティング本は何も社会人だけのものではありません。

     

    むしろ、高校生・大学生など、これから社会に出る人にこそ読んで欲しいものと言えます。若いうちにマーケティングに触れておけば、将来何をするにしても必ず役に立つため、子供がいる人などは、積極的に自分が選んだマーケティング本を読ませてみることをおすすめします。

    まとめ

    マーケティング本の選び方とおすすめ人気ランキングを紹介しました。マーケティングは、日々進化を続けているものであり、手法や考え方も多種多様です。その中で、より自分に合ったマーケティング手法を見つけるためにも、今回の内容を参考にしてみてください。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ