記事ID139106のサムネイル画像

    【2019年最新版】除草剤のおすすめ人気商品ランキング10選

    除草剤には、希釈として使うものから、強力なタイプの除草剤もあります。また、手軽にホームセンターで購入できる除草剤もあるので、チェックしてみましょう。そこで今回は、おすすめの除草剤をご紹介します。これがあると、もう草に悩まされることがありません。

    除草剤を使うことで、草のお手入れを楽にできます。

    何度も何度も生えてくる雑草は、かなりお悩みといった方も、多いのではないでしょうか。その時に便利なのが、この除草剤になります。このアイテムがあることで、簡単に厄介な草を除去できるので、使ってみましょう。今までのお手入れ時間が、かなり減りますよ。

    そこで今回は、おすすめの除草剤をご紹介していきます。除草剤は手軽に手に入るものでありますが、一歩間違えると、違法行為になることがあります。なので、しっかりと使用方法も守りましょう。安全に使用して、過ごしやすい環境作りを目指しましょう。

    除草剤の選び方

    除草剤を使用することによって、過ごしやすい環境作りができるでしょう。なので、この機会に使ってみて、快適に過ごせる日々を送りましょう。

    タイプで選ぶ

    除草剤には、主に2つのタイプがあります。強力で高い効果を得たい場合は、ハイブリッドと呼ばれる液体タイプを選びましょう。また、予防したい場合は、顆粒タイプが最適です。

    液体タイプを選ぶ

    ハイブリッドともいわれているのは、この液体タイプになります。即効性の高い除草剤に作られていて、早い効果を期待できます。また、原液タイプ・希釈済みタイプの2つのタイプがあります。それぞれ、使い方が異なるので、確認してから購入するようにしましょう。

     

    また、この液体タイプであれば、茎葉処理型・土壌処理型の両方の効果があるといわれています。ただし、薬剤が直接付着しないと、高い効果を得ることができません。雨が降ると効果が薄まってしまうので、できる限り晴れた日に使用しましょう。

    顆粒タイプを選ぶ

    雑草が生えないように防止したい場合は、この顆粒タイプがおすすめです。顆粒タイプは、根や芽に作用することによって、草の成長を遅らせたり、阻害することができます。

     

    しっかりと茎などから除草剤が吸収されるため、散布しやすいメリットがあります。ただし、当然生えてしまった草に使用しても、効果がないので注意しましょう。生えてしまった場合は、それらを除去した後に、使用するようにしましょう。

    茎葉処理型・土壌処理型で選ぶ

    どういった仕組みなのかをまずは把握しながら、選ぶことが大切です。この両方の役割を得たい場合は、ハイブリッドを選ぶことをおすすめします。

    茎葉処理型で選ぶ

    茎葉処理型とは、茎葉から吸収して、根に届いて腐らせるといったものになります。すぐに枯らすことができるので、効果を期待できるでしょう。ただし、除草剤を撒く土地の周辺に農地がある場合などは、専用のものを使用する必要があるので、注意しましょう。

     

    除草剤を使用する土地の現況などを判断しながら、商品ラベルをしっかりとチェックして、使用することが大切です。

    土壌処理型で選ぶ

    土壌処理型とは、地中からこれから生える草を、生えないようにする役割を果たすものになります。現在、背丈が30cm程度の雑草が生えている場合は、この土壌処理型の除草剤を使うと良いでしょう。

     

    ただし、雑草の背丈が高くなればなってしまうほど、効果があまり発揮できなくなります。なので、茎葉処理型と併用して使うなど、工夫しながら使用しましょう。

    目的で選ぶ

    しっかりと目的を決めて購入しないと、大切な植物を枯らしてしまったり、違法になってしまうことがあるので、確認してから購入しましょう。

    選択性を選ぶ

    除草剤には、植物全てに作用する非選択性のものから、雑草だけに作用する、選択性のものの2タイプがあります。もし、芝生や樹木など、大切で枯らしたくない植物がある場合は、選択性の除草剤を選ぶようにしましょう。

     

    選択性の除草剤を使用することによって、大切な植物をそのまま保護することができます。誤って非選択性を使ってしまうと、せっかく大切にしてきた植物も、枯らしてしまうので、しっかりと確認してから選びましょう。

    農耕地用を選ぶ

    どれでも良い方と、除草剤を選んでいてはいけません。特に農耕地に除草剤を使用する場合は、必ず農薬登録されている除草剤を、使用する必要があります。農薬登録がされた除草剤は、除草剤を使った後に、作られた作物を摂取しても、問題がないかなどが検査されています。

     

    よって、安心して使用できるように、作られているものになります。また、環境汚染の心配がないものも、このタイプになります。あらかじめ安全な使用量が決まっていたりと、色々な条件があるので、必ず専用のものを使いましょう。

    価格・安全性で選ぶ

    安全性が高いものや、効果が高いものほど、お値段も高い傾向があります。ただ、効果がなく安いものを使い続けるよりは、コスパも良くなることがあるので、考えて選びましょう。

    価格で選ぶ

    除草剤が、商品によってそれぞれ価格が異なります。これは、開発する際に、莫大な時間とお金がかかっていることで、そういった価格差が出ています。また、登録除草剤・非登録除草剤では、それぞれ登録除草剤の方が、高く販売されている傾向があります。

     

    これは、安心性の違いもあるので、やはり機能性が高いものほど、高くなっています。とはいっても、安いものを使用しても、効果がないと意味がありません。なので、そういったことを踏まえながら、選ぶようにしましょう。

    安全性で選ぶ

    ペットやお子さんのことを考えると、やはり体への負担が気になります。よって、中には庭に除草剤を使用するのは心配といった方も、多くいるかと思います。

     

    その場合は、食品添加物・食品由来のものなど、天然成分で作られている除草剤が最適となっています。これらであれば、体に害のない成分で作られているので、より安心して使用できます。

    目的で選ぶ

    雑草の種類や、芝生に使用する場合など、目的に応じていくつか注意点があります。なので、あらかじめどういった草に使用するかを、明確にしておきましょう。

    雑草の種類で選ぶ

    雑草によって、除草がしにくいものがあります。それは、スギナです。スギナは、胞子・根茎・塊茎の3つの要素によって、繁殖する植物です。そのため、見えているスギナを除草したとしても、根茎と塊茎は残っているため、なかなか上手くお手入れをすることができません。

     

    ただ、現在ではなかなか除草しにくいスギナにも、効果を発揮してくれるものがあります。商品詳細などを見ると、スギナにも効果有りといった表記がある商品もあるので、チェックしてみましょう。

    芝生用を選ぶ

    芝生を張ったばかりの場所では、特に薬剤の影響を受けやすくなっています。なので、芝生を張った1年未満は、除草剤の使用は厳禁です。手で抜いて、お手入れをする必要があります。2年目以降であれば、除草剤を使用しても、芝生にあまり影響がないとされています。

     

    なので、面積が広く除草作業が困難な場合などは、除草剤を使ってみましょう。ただし、日本芝に使用できる商品は多いですが、西洋芝に使用できないものがあるので、商品ラベルを確認して購入しましょう。

    ブランドで選ぶ

    初めて使用される方は、選び方に不安がありますよね。人気の商品であれば、より安心して、高い効果も期待できるので、まずはブランドに絞って選び、使ってみるのもおすすめです。

    ネコソギを選ぶ

    ネコソギとは、除草剤の中でも、人気の商品となっています。雑草・コケなど、色々なお悩みを解消できる商品があるので、一度チェックしてみましょう。

     

    使い方なども丁寧に記載されていたり、HPでは正しい使用方法も搭載されています。よって、初めての方でも分かりやすいので、まずはこの商品から使ってみましょう。

    サイコーロンを選ぶ

    サイコーロンは、大容量タイプの除草剤となっています。頑固な雑草なども手軽に枯らすことができるので、高い効果を期待できます。また、高い安全性を誇りながら、高い効果を得られるので、かなり便利です。

     

    広範囲に渡っても、素早くお手入れが行えます。なので、選び方に迷っている方は、このサイコーロンを使ってみてはいかがでしょうか。

    容量・購入場所で選ぶ

    どの程度の量が必要なのか、購入はしやすいのかは、重視しておきたい点でもあります。なので、あらかじめ把握しておきましょう。

    容量で選ぶ

    商品によっては、業務用サイズの、大きめのものがあります。大体の商品には、どの程度の広さに適しているかが、記載されているので、それらを確認して購入しましょう。

     

    特に広範囲に渡って使用したい場合は、内容量が少ないと、量が足りないことがあります。ただし、水で薄めて使用する希釈タイプは、薄めて使用するので、それほど量が必要ではないこともあります。なので、どの程度の量が必要かを、時前に確認しておきましょう。

    購入場所で選ぶ

    この記事でご紹介しているものは、近くてのホームセンターで取り扱っているものも多いので、購入のしやすさも踏まえながら、選ぶようにしましょう。ただ、いきなりホームセンターにいって選ぶと、どれが良いのかが分からないですよね。

     

    なので、こういった記事を参考にしながら、選ぶことも重要です。ホームセンターで購入することによって、より詳しい話を聞きながら購入することも可能です。なので、気になった商品がある場合は、実店舗にて探してみましょう。

    除草剤の人気ランキング10選

    第10位

    石原バイオサイエンス

    除草剤

    価格:4,480円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    特に暑い気候の時に使用すると、素早い効果を期待できます。

    ホルモン型・吸収移行型の除草剤となっています。しっかりと薬剤を吸収するので、根本から効果を発揮します。大容量サイズで、業務用としてもおすすめの除草剤です。広範囲に使用でき、場所を問わず撒くことができます。

     

    また、広葉雑草に特に効果が高くなっています。ただ、イネ科雑草には効果をもたらさないので、注意しましょう。約20日間効果は持続してくれます。高温時になるにつれて、効果が高くなるので、夏場の使用に最適です。

     

    暑い日に特に素早く効くといった、ロコミが挙がっていました。センチピードグラス内の雑草防除によって、養生管理も同時に行うことができます。

    内容量2Lタイプ液体
    効果-仕様ストレート
    第9位

    住友化学園芸

    クサノンEX粒剤

    価格:1,781円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    季節関係なく、オールシーン使えます。

    根まで枯らし、発芽も抑えてくれます。大変だった除草作業も、これで解決できます。スギナにも効果抜群で、枯れにくい雑草にも役立ちます。最大、3~6ヵ月効果が続くので、長期間効果が持続してくれます。

     

    顆粒は茶色ベースとなっているので、砂に馴染み違和感を与えません。使いやすいテイストで、全体的に綺麗に撒けます。お値段もリーズナブルなので、おすすめの除草剤となっています。

     

    少しの量だけで良いので、とても経済的といった、ロコミが挙がっていました。大体3日程度で効果をもたらしてくれます。約24.3~32.3坪用で、広い場所にもおすすめです。一年中季節関係なく使用できます。 

    内容量800gタイプ顆粒
    効果3日仕様-
    第8位

    レインボー薬品

    ネコソギエースV粒剤

    価格:5,378円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    白色なので、撒いた場所が分かりやすく安全です。

    3種類の有効成分が配合されているので、それぞれ強い効果をもたらしてくれます。幅広い草種を枯らし、長期間雑草を生やさない状態へとしてくれます。少ない量でも高い効果を発揮するので、コスパにも優れています。

     

    さらに、雑草発生前から使えるので、草が生えるのをしっかり抑えれます。雑草の発生を抑制できるので、除草作業も必要なくなります。

     

    効き目も早く色が白く、撒いた部分が分かりやすいといった、ロコミが挙がっていました。駐車場・空き地でも使いやすい粒剤タイプで、手軽に使用できます撒いた場所が分かるので、ペットやお子さんへの接触も防げます。 

    内容量3kgタイプ顆粒
    効果-仕様-
    第7位

    合同会社CHEMTEST

    激枯れW

    価格:398円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    色々なスタイルで使えて、素早く溶けます。

    高濃度グリホサート88.8%配合顆粒水溶剤となっていて、希釈タイプになります。水で調和させることで使用できる、希釈タイプの除草剤です。

     

    この1袋で、最大60坪程度使用できます。ジョウロ以外にも、スプレータイプの容器に入れて使用もできるので、自分のスタイルに合わせて除草できます。適用場所は非農耕地のみになっているので、間違えないようにしましょう。

     

    サッと溶けるてくれるといった、ロコミが挙がっていました。宅地・駐車場・公園など、気になる草を手軽にお手入れできます。農薬ではないので、安全性も高く、どなたにもおすすめの除草剤に仕上げています。

    内容量50gタイプ液体
    効果-仕様希釈
    第6位

    アース製薬

    みんなにやさしい除草剤 おうちの草コロリ

    価格:3,280円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ハーブの香り付きで、嫌な独特の臭いがありません。

    この除草剤は、ペットやお子さんがいても、安心して使える商品となっています。食品由来成分のみで作られているので、安全性が非常に高くなっています。さらに、香りも付いていて、ほんのりハーブの香りが広がります。

     

    除草剤独特の臭いがないので、快適に使用可能です。撒いた場所のみに、ピンポイントに効果を発揮します。なので、除草した居場所のみをお手入れでき、大切な植物を枯らしてしまう心配がありません。

     

    小さな除草にも効果有りといった、ロコミが挙がっていました。うすめずそのまま雑草に撒くだけなので、手間が要りません。また、最速5分程度で枯らします。

    内容量6Lタイプ液体
    効果5分仕様ストレート
    第5位

    フマキラー

    カダン オールキラー

    価格:2,984円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    そのまま撒けるので、手を汚しません。

    顆粒タイプなので、撒くだけで長期間効果を得ることができます。なかなかお手入れしにくい、しつこいササにも効くので、これでお悩みが解消できます。もちろん、ヨモギ・ススキ・セイタカアワダチソウなど、幅広い雑草に効果をもたらします。

     

    さらに、根までも枯らすので、不要な草を生えにくくします。 年1回の散布で確かな効果を発揮し、お手入れの時間も省けます。

     

    均等に撒くことができるといった、ロコミが挙がっていました。粒がそれほど大きくないので、まんべんなく均等に使用できます。ボトル状になっているので、そのままサッと撒くことができて、手を汚しません。

    内容量3kgタイプ顆粒
    効果-仕様-
    第4位

    日産化学工業

    ラウンドアップマックスロード

    価格:9,898円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    1時間程度すれば、雨が降っても効果は薄れません。

    吸収力がかなり高く、他のものよりも、高価の違いを体感していただけます。より確実に根まで枯らして、不要な草を徹底的に除去します。

     

    さらに、従来のラウンドアップと比べて、大量に取り込まれた活性成分が働き、より確実に根まで届けます。茎葉から吸収されていき、根に移行して根から枯らしていくので、根元から効果を与えて、しっかりと機能を発揮します。

     

    雨などにも強いので使いやすいといった、ロコミが挙がっていました。草の再生を抑えるので、生えにくくなります。散布後に、1時間経過すれば、突然雨が降っても耐えることができます。なので、急な天候が心配な際にも最適です。

    内容量5Lタイプ液体
    効果-仕様希釈
    第3位

    日産化学工業

    ラウンドアップマックスロードAL

    価格:1,523円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    広い場所でも、シャワー状でまんべんなくケアします。

    葉から入って根まで枯らすので、しっかりと効果を期待できます。そのまま撒けば、シャワー状になって薬剤を広げれるので、まんべんなく全体に馴染ませれます。大容量タイプなので、広々とした場所でも、手軽にお手入れが行えます。

     

    さらに、雑草の茎葉にかからずに土に落ちた成分は、土の粒子に吸着します。また、その後微生物により水など自然に分解されるので、安心して使用することが可能です。サッと広い範囲に散布できるので、広い場所での使用に最適です。

     

    簡単に使える便利さがあるといった、ロコミが挙がっていました。わざわざ希釈したりと、手間が一切かからないので、素早く対策したい方にもピッタリです。

    内容量2Lタイプ液体
    効果2~7日仕様ストレート
    第2位

    大成農材

    サンフーロン

    価格:645円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    素早く効果を発揮し、農耕地にも対応しています。

    この除草剤を使用することによって素早く効果を実感できます。雑草が生えている状態で、水で希釈してから散布するタイプとなっています。

     

    500mlのボトルなので、収納場所にも困りません。さらに、晴れた日なら大体6時間程度で吸収されて、根まで枯らしていきます。よって、サッと振り撒くだけで、手軽に不要な草を除去できるので、とてもおすすめです。

     

    今までの中で、一番効果があるといった、ロコミが挙がっていました。農耕地でも使用できる商品に仕上げています。価格が安いので、初めて使用される方など、多くの方に安心して使用していただけます。

    内容量500mlタイプ液体
    効果6時間仕様希釈
    第1位

    アイリスオーヤマ

    除草剤  SJS-4L

    価格:1,166円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    安全性も高く、そのまま振りかけれます。

    アミノ酸系と速効性のあるMCPAをW配合しているので、速効性が期待できます。非農耕地用除草剤となっているので、ご家庭で手軽に使用可能です。そのままボトルごと撒くことができるので、手間がかかりません。

     

    また、枯らせたい雑草だけを狙って、ピンポイントに枯らすことができます。なので、大切な植物はそのまま、不要な雑草のみを除去できます。枯らしにくいスギナにも効果があるので、お悩みもこれで解決できます。

     

    すぐに効いたといった、ロコミが挙がっていました。直接除草剤をかけない草木には、影響がありません。また、土に落ちた薬剤は、土の中の微生物によって分解されるので、環境にも優しい設計です。

    内容量4Lタイプ液体
    効果3~7日仕様ストレート

    除草剤のおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5099864の画像

      アイリスオーヤマ

    • 2
      アイテムID:5099871の画像

      大成農材

    • 3
      アイテムID:5099891の画像

      日産化学工業

    • 4
      アイテムID:5099899の画像

      日産化学工業

    • 5
      アイテムID:5099916の画像

      フマキラー

    • 6
      アイテムID:5099907の画像

      アース製薬

    • 7
      アイテムID:5099931の画像

      合同会社CHEMTEST

    • 8
      アイテムID:5099936の画像

      レインボー薬品

    • 9
      アイテムID:5099937の画像

      住友化学園芸

    • 10
      アイテムID:5099941の画像

      石原バイオサイエンス

    • 商品名
    • 除草剤  SJS-4L
    • サンフーロン
    • ラウンドアップマックスロードAL
    • ラウンドアップマックスロード
    • カダン オールキラー
    • みんなにやさしい除草剤 おうちの草コロリ
    • 激枯れW
    • ネコソギエースV粒剤
    • クサノンEX粒剤
    • 除草剤
    • 特徴
    • 安全性も高く、そのまま振りかけれます。
    • 素早く効果を発揮し、農耕地にも対応しています。
    • 広い場所でも、シャワー状でまんべんなくケアします。
    • 1時間程度すれば、雨が降っても効果は薄れません。
    • そのまま撒けるので、手を汚しません。
    • ハーブの香り付きで、嫌な独特の臭いがありません。
    • 色々なスタイルで使えて、素早く溶けます。
    • 白色なので、撒いた場所が分かりやすく安全です。
    • 季節関係なく、オールシーン使えます。
    • 特に暑い気候の時に使用すると、素早い効果を期待できます。
    • 価格
    • 1166円(税込)
    • 645円(税込)
    • 1523円(税込)
    • 9898円(税込)
    • 2984円(税込)
    • 3280円(税込)
    • 398円(税込)
    • 5378円(税込)
    • 1781円(税込)
    • 4480円(税込)
    • 内容量
    • 4L
    • 500ml
    • 2L
    • 5L
    • 3kg
    • 6L
    • 50g
    • 3kg
    • 800g
    • 2L
    • タイプ
    • 液体
    • 液体
    • 液体
    • 液体
    • 顆粒
    • 液体
    • 液体
    • 顆粒
    • 顆粒
    • 液体
    • 効果
    • 3~7日
    • 6時間
    • 2~7日
    • -
    • -
    • 5分
    • -
    • -
    • 3日
    • -
    • 仕様
    • ストレート
    • 希釈
    • ストレート
    • 希釈
    • -
    • ストレート
    • 希釈
    • -
    • -
    • ストレート

    除草剤の効果を高める方法

    効果を高めるためには、いくつかのポイントがあります。これらを知っておけば、安全に使うことができ、効果も期待できます。

    初春・初秋がベストです。

    初めて除草する際に、茎葉処理型の場合、大体3月~9月がベストとされています。一方土壌処理型は、2月~3月・8月~10月の2回に分けて行うのが最適です。

     

    この目安は、初めての場合になります。2年目以降は、4月と9月の2回に分けて行うと、さらに高い効果を得るとされています。ただし、これは定期的にお手入れをしている場合なので、まずは2年をめどにお手入れしていきましょう。

    適切な密度・濃度を保ちましょう。

    除草剤を散布する際は、商品に記載されている、希釈量の一番濃い濃度が、最適となっています。ただし、反対に濃すぎる場合も、注意しなければなりません。除草剤には、法律上の使用上限があるので、いつの間にか違法行為をしてしまっていることにもなります。

     

    なので、しっかりと商品詳細を確認して、正しい方法で使用し、高い効果を得ましょう。

    できる限り晴れた日に使いましょう。

    除草剤を使用する際は、風のない晴れた日が最も良いとされています。風が吹いていると、その風によって上手く撒けないことがあります。除草剤は、しっかりとポイントに合わせて使用することが大切なので、忘れないようにしましょう。

     

    また、雨が降ってしまうと、特に液体タイプは、効果がかなり薄れます。なので、晴れた日に調節しながら使用することが大切です。

    まとめ

    今回は、おすすめの除草剤をご紹介しましたが、お気に入りの商品は、見つかりましたでしょうか。色々な項目を見ていくと、意外にも注目すべき点が多いのが、分かったかと思います。この記事を参考にしながら、使いやすいものを見つけて、除草作業を行いましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ