記事ID139097のサムネイル画像

【2019年最新版】営業マン必見の営業本人気おすすめランキング10選

自社を商品を売り上げるために営業を続ける営業マン。なかなか成績が上がらなかったり、新人営業マンで何をどうすればいいのかわからない人には営業本を読むのがおすすめ。今回は、新人からベテランまで幅広い営業マンにおすすめの本を紹介していきます。

営業は本から学べ

自社の商品を売り上げる営業職。人と関わる仕事ですから現場で学ぶこともたくさんあります。しかし、今以上の成績を上げたいと感じている人や、なかなか成績が上がらず苦しんでいる人は営業本を読むことをおすすめします。

 

人から教えてもらうことは限りもありますしそれが必ずしも自分に合う営業方法ではないかもしれません。営業本にはさまざまな種類があり実例から学ぶこともできます。いろいろな側面から営業職を見て、いろいろな実例を見ることで実践に役立てることもできます。

 

とはいえ、全ての人が同じ営業本を読むのがいいとは限りません。新人の場合は営業入門から、飛び込み営業・ルート営業などどんな営業をしていくのか、どんな職種の営業をするのかによって営業本を選ぶようにするとより効果的です。

営業本の選び方

それではここからは営業本の選び方について解説していきたいと思います。営業本といってもたくさん種類がありどれがいいのかわからないことも多いと思いますので選び方のポイントをおさえながら最適な営業本を選んでくださいね。

キャリアにあった営業本を選ぶ

まずご自身のキャリアがどれほどなのかを確認しましょう。新人の営業がベテランの営業本を読んでも理解できないことも。必ずご自身のキャリアにあったものを選ぶようにしましょう。

新人の営業マンは入門本がおすすめ

営業職1年目の新人営業マンはわからないことばかりで辛い毎日を送っている人も多いのではないでしょうか。そんな新人営業マンには営業の基本が学べる営業本がおすすめです。営業の基本中の基本を身に着けておくだけで一生役立ちます。

 

入門編や基本編などの新人向けの営業本はわかりやすく解説されているものが多いので基本を学ぶにはおすすめ。新人に限らずなかなか営業成績が上がらないと感じている営業マンももう一度初心にかえり入門編や基本編を読んでみるのもおすすめ。

ベテランはスキルアップができる本がおすすめ

営業マンとしての最低限のスキルを身に着け営業をしているベテラン営業マンにはさらなるスキルアップを目指せるような営業本がおすすめ。自分の弱点を強化したり、強みをさらに強化したりとスキルアップの方法はひとそれぞれ。

 

何年か営業の現場にいるからこそ、本の内容がより深く感じ何かを掴める時期でもあります。この時期は今の自分に満足せずにたくさんの本を読むことでトップセールスマンに成長していくのです。

なかなか成績が上がらない人には実例本がおすすめ

なかなか営業成績が上がらないと悩んでいる人には、実例がたくさん収録されている営業本がおすすめ。自分では間違っていないと思っていたことも、それが原因で営業成績が上がらなかったということも。

 

トップセールスマンが常に心掛けていることや、やっていることを読むことで自分との違いが見えてくるはず。それをひとつひとつ実践していくだけで今までの自分に何が足りなかったのかがわかっていくのです。

自分に必要ものが書かれている本を選ぶ

営業マンは全て同じ悩みを持っているわけではありません。会話術・話し方・性格など自分の悩みを解決してくれる営業本を読むことで成績アップにつながることもあります。

営業はトーク力が必要です

営業マンにとってトーク力は最大の武器にもなります。自社の製品を売り込むPR力ももちろん必要ですが、それ以上に必要なのはトーク力。特に雑談ができる人は仕事も人間関係もうまくいくと言われています。

 

営業マンの人柄で購入を決める人も多いですから相手に好感を持ってもらえるようなトーク力を身に着けたいですね。特に人見知りの性格の人は相手と会話することも難しいと感じるはずです。

 

会話力が上がれば営業力も必ずあがります。営業本の中でもトーク力に関する本はたくさん出版されていますからご自身に合ったものを見つけてみてください。

営業は心理学も必要です

人と人との関わりが大きい営業職は、心理学を学ぶことも大切です。自社の製品を売りこむには、あなたから買いたいと思わせなければなりません。あえて売りたい商品の欠点をつげることも必要であったりするのです。

 

そして買ってもらうには納得させるだけの説得力も必要。心理学的な方向からアプローチすることで成績がみるみる上がることもあります。スキルアップしたいと感じているベテラン営業マンにもおすすめ。

営業の手法や職種によって選ぶ

営業手法や営業の職種はひとそれぞれですから、その人が求めているものが解説されている本を選ぶことが大切です。ご自身がどんな職種でどんな手法を求めているのかを明確にしそれに最適な営業本を選ぶことで成績アップにつながります。

営業の手法や対象顧客によって選ぶ

営業といってもいろいろな方法があります。飛び込み営業・紹介営業・ルート営業から法人営業・個人営業まで営業手法や対象顧客によって戦法も異なります。ご自身が求めている営業手法にあった営業本を選ぶことが必要です。

 

例えば、ただひたすら飛び込んで営業をし次々と断られ心が折れてしまうこともあるでしょう。そんな人でも飛び込む力を向上させれば新たな顧客を獲得することもできるのです。そんな営業の手法のノウハウを手に入れて営業成績をアップさせていきましょう。

職種によって選ぶ

営業の基本は同じですが、応用となると職種も関係してくるでしょう。どんなモノを売るのかによって売り方も変わってきます。不動産営業の人は不動産営業のことが書かれている本を、など職種に特化した本を読んで勉強するのもおすすめです。

 

特に不動産業界は聞きなれない業界用語などもあり、新人や職種替えをしてきた営業マンにはわからないこともたくさんあります。ですから不動産営業には不動産営業の基本をまずは身に着けておくことが大切です。ご自身の職種の営業本も併せて読むと成績アップにつながるでしょう。

営業本のおすすめ人気ランキング10選

第10位

同文舘出版

誰も教えてくれない「紹介営業」の教科書 (DO BOOKS)

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紹介営業のメゾットを手にしたいならこの本

営業マンにとって新規客の獲得が最大の課題。成績をあげるには新しいお客様を獲得しなければならないけれど全然うまくいかないとお悩みの人におすすめしたい1冊です。月間100件のアポを現役で続けるトップ営業マンがセールスメゾットを大公開。

 

自己紹介の三種の神器や他己紹介を起こす方法、社内から紹介を得る方法など初回営業が抜群に獲得しやすく商談につながりやすい紹介営業の秘訣を余すことなく解説してくれています。

 

内容はわかりやすく、すぐに実践できるものばかりだという口コミも多く実践しながら何度も繰り返して読む人も多数。紹介営業に行き詰っていたり悩んでいる人には是非読んでもらいたい営業本です。

出版社同文舘出版サイズ単行本(ソフトカバー): 216ページ
著者福山敦士
第9位

ダイヤモンド社

僕は明日もお客さまに会いに行く。

価格:1,728円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

営業マンに読んでもらいたい1冊

実践的営業本ももちろんおすすめですが、物語を通して営業について考えるのもひとつの方法ではないでしょうか。通勤電車の中、休憩時間などちょっとした時に読めるこちらの1冊はある営業マンの物語

 

主人公の三井総一郎は今ひとつ頑張れない会社員。ある日、会社から派遣されたメンターの山野井と出会い営業の仕事において大切なことをひとつひとつ教えてもらうことに。口だけはやる気を見説主人公にその心を見抜いて辛辣な言葉をかける山野井。

 

彼と過ごす1ヶ月で彼はどう変わるのだろうか。物語の中にはわかりやすく解説が入る商談シーンなどもあるのでテクニックや技術、お客様との接し方など実際に営業マンが実践できることも。この物語を読み終えた時営業マンとしての気持ちに変化があるはず

出版社ダイヤモンド社サイズ単行本(ソフトカバー): 352ページ
著者川田修
第8位

日本経済新聞出版社

営業力 100本ノック (日経文庫)

価格:929円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あなたに問いかける100の問い

若手営業マンやリーダー候補生たちに仕事に対する思いの大切さを理解してもらいたいという想いから作られた1冊。著者の北澤孝太郎さんと担当編集者が二人三脚で作り上げたこちらの本は100本ノックがコンセプト。

 

営業にかける思いや人生の岐路を問いかけ常に自分はどうなのかと内省しながら読んでもらいたいという想いが込められています。営業の心がまえ、基本的な業務プロセス、テックニックの立案・実行、営業戦略など具体的に解説しています。

 

自分で考え、そして足りない場合はどう補っていくのか。100本ノックが終わるころ、あなたの営業マンとしての考えもきっと変わっているはず。スキルアップにも最適な1冊です。

出版社日本経済新聞出版社サイズ新書: 240ページ
著者北澤孝太郎
第7位

住宅新報社

新人不動産営業マンが最初に読む本 改訂版

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

不動産営業マンにおすすめの1冊

不動産会社に入社し、これから営業マンとして頑張っていきたいと思っている新人営業マンにおすすめの1冊です。著者の本烏さんは住宅物件に関する媒介業務の経験と実績をもっています。そんな彼がわかりやすくレクチャーしてくれる不動産営業マンへの入門書。

 

実際に営業現場で行われている媒介業務を時系列に3ブロックにわけてしっかりと解説してくれているので聞きなれない業界用語も自然と理解できます。お客様にいつどのように対応していくのかが身に付きます。

 

その時々に行うべき業務内容や法令上のルールもしっかりと理解することができます。新人営業マンだけではなく入社2.3年目の実力が問われる営業マン向けにもアドバイスが要所にあるので繰り返し読み続けて行きたい1冊。

出版社住宅新報社サイズ単行本(ソフトカバー): 253ページ
著者本鳥有良
第6位

大和書房

営業1年目の教科書

価格:1,404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いちばんやさしくていちばん使える本

営業職1年目の人に読んでもらいたい1冊。新人からリーダーまで15000人以上の営業マンを指導し、大学でも講義をもつ営業の先生による基本の教科書。営業歴1年目~3年目の新人さんからこれから営業職を目指している人におすすめです。

 

105点のイラスト付きで約2時間ほどで読めるのも嬉しいポイント。基本を見直したことでどん底の営業マンが4年連続でトップになったことも。新人に限らず、成績が伸び悩んでいるベテランの営業マンにも最適。

 

名刺交換で名前と特徴を覚える。目だけではなく顔全体を見て話しをするなど厳選された73お基本をおさえて営業マスターになりましょう。

出版社大和書房サイズ単行本(ソフトカバー): 200ページ
著者菊原智明
第5位

日本実業出版社

凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

価格:1,404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

凡人でも実践できる営業本

営業本はじつに多く販売されていますが成功した人のノウハウは実は実践するのが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。こちらの本やそんな人のための1冊で凡人でも実践できるという点に重きを置いています。

 

失敗例をいくつかあげながらお客様の気持ちを知っていくことで成功へと導きます。4つのステップでお客様を契約まで導く心理的テクニックは参考になり提案型や交渉型のセールスには特に役立ちます。

 

実例が多いので状況をイメージしやすいとの声も多く、今まで営業本を読み実践してもうまくいかなかった人にも読んでもらいたいとの声も多数。読みやすいとの声も多く何度も読み返し実践していきたい1冊。

 

出版社日本実業出版社サイズ単行本: 217ページ
著者佐藤 昌弘
第4位

明日香出版社

営業の鬼100則

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自己啓発本

業界トップクラスのプレイヤー&マネージャーとして30年間現場主義を貫き数千人のデータをもとに編み出した門外不出の営業の鬼の鉄則です。お客様の前でペコペコしたり買ってくださいとお願いする営業方法から脱却。

 

営業は媚びて売るのではなくあなたを売る仕事である。モノが売れない時代だから売れないのではなく、商品が悪いから売れないのでもない。本当はあなたに売る力がないだけ。そんな言葉に心を動かされたら是非この本を読んでいただきたいです。

 

技術、戦術、習慣、魂。営業におけるスキルの向上はもちろん、稼げる営業マンになるための秘訣も網羅。営業マンとしてではなく人として何かを感じられる1冊になっています。

出版社 明日香出版社サイズ単行本(ソフトカバー): 232ページ
著者早川勝
第3位

ダイヤモンド社

「3つの言葉」だけで売上が伸びる質問型営業

価格:1,512円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

目からウロコの営業手法

「たとえば?」「なぜ?」「ということは?」この3つの言葉を会話に取り入れるだけで売り上げが伸びる、目からうろこの質問型営業のノウハウが書かれている1冊です。お客様が欲しいと思わないうちに説明をしてしまうのが営業マンの悪い癖。

 

営業マンが売るのではなくお客様が買うのですからお客様の口から買う理由を言っていただくのです。そのために必要な質問が先ほどの3つ。それを取り入れるだけで買いたい意思表示を示すのです。

 

アプローチ・アポイント・プレゼンテーション・クロージング・フォローアップの5つのステージにおいて3つの質問がどう効果的であるかを解説しています。他にもトヨタなどの営業マンの事例も収録。これを読めばあなたも3か月でトップセールスマンに。

出版社ダイヤモンド社サイズ単行本(ソフトカバー): 196ページ
著者青木毅
第2位

SBクリエイティブ

1分で話せ

価格:1,512円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1分でささる伝え方!

著者の伊藤氏はそのプレゼンテーションを聞いたソフトバンクの孫社長から認められる技術の持ち主である。その伊藤氏が右脳と左脳に働きかける独特のメゾットを本書では紹介しています。「話が長い、手短に話せ」と言われたことはありませんか?

 

伊藤氏は「1分で話せないような話はどんなに長くても伝わらない」という考え方。長いという事は話をまとめられていないので相手に伝わらない一番の原因だという考えです。この本の中では伝える伝え方の型の部分だけではなく1分でまとめる方法を解説。

 

第一章では伝えるための基本事項を解説し、第二章では1分で伝えるロジックを作っていきます。大事なことだけをシンプルに伝えるスキルを身に着ければ会議や交渉、報告、会話など全ての伝える場面で役立てることができます。

出版社SBクリエイティブサイズ単行本: 240ページ
著者伊藤羊一
第1位

ビーコミュニケーションズ

営業の魔法

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スーパー営業マンが伝えた魔法

営業の魔法は営業本ではなく、ダメ営業マン小笠原の物語です。物語は小笠原目線で進んでいくので読者は小笠原と一緒に営業手法を学んでいくことができます。難しい営業本が苦手な人も物語を通して営業を学べるのは嬉しいポイント。

 

新入社員の小笠原は営業部に配属されて半年。売上ゼロのダメ営業マンの彼は朝礼のあと喫茶店に逃げ込み夕方までの時間をやり過ごしていた。そんなある日、スーパー営業マン紙谷と出会う。まるで魔法にかかったように喜ぶお客様の姿を見て紙谷に営業のレクチャーをうけることに。

 

そしえ早朝6時から1ヶ月半に渡る実践レクチャーが始まる。紙谷はダメ営業マンの小笠原に11個の魔法を伝授。本当の営業を知った小笠原は瞬く間にトップ営業マンへと成長していくのだが紙谷は最後の魔法12個目を伝えずに小笠原の元から姿を消した。

出版社ビーコミュニケーションズサイズ単行本: 200ページ
著者中村信仁

営業本のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5100548の画像

    ビーコミュニケーションズ

  • 2
    アイテムID:5100543の画像

    SBクリエイティブ

  • 3
    アイテムID:5100533の画像

    ダイヤモンド社

  • 4
    アイテムID:5100524の画像

    明日香出版社

  • 5
    アイテムID:5100506の画像

    日本実業出版社

  • 6
    アイテムID:5100496の画像

    大和書房

  • 7
    アイテムID:5100470の画像

    住宅新報社

  • 8
    アイテムID:5100446の画像

    日本経済新聞出版社

  • 9
    アイテムID:5100432の画像

    ダイヤモンド社

  • 10
    アイテムID:5100369の画像

    同文舘出版

  • 商品名
  • 営業の魔法
  • 1分で話せ
  • 「3つの言葉」だけで売上が伸びる質問型営業
  • 営業の鬼100則
  • 凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク
  • 営業1年目の教科書
  • 新人不動産営業マンが最初に読む本 改訂版
  • 営業力 100本ノック (日経文庫)
  • 僕は明日もお客さまに会いに行く。
  • 誰も教えてくれない「紹介営業」の教科書 (DO BOOKS)
  • 特徴
  • スーパー営業マンが伝えた魔法
  • 1分でささる伝え方!
  • 目からウロコの営業手法
  • 自己啓発本
  • 凡人でも実践できる営業本
  • いちばんやさしくていちばん使える本
  • 不動産営業マンにおすすめの1冊
  • あなたに問いかける100の問い
  • 営業マンに読んでもらいたい1冊
  • 紹介営業のメゾットを手にしたいならこの本
  • 価格
  • 1620円(税込)
  • 1512円(税込)
  • 1512円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 1404円(税込)
  • 1404円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 929円(税込)
  • 1728円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 出版社
  • ビーコミュニケーションズ
  • SBクリエイティブ
  • ダイヤモンド社
  • 明日香出版社
  • 日本実業出版社
  • 大和書房
  • 住宅新報社
  • 日本経済新聞出版社
  • ダイヤモンド社
  • 同文舘出版
  • サイズ
  • 単行本: 200ページ
  • 単行本: 240ページ
  • 単行本(ソフトカバー): 196ページ
  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 単行本: 217ページ
  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 単行本(ソフトカバー): 253ページ
  • 新書: 240ページ
  • 単行本(ソフトカバー): 352ページ
  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 著者
  • 中村信仁
  • 伊藤羊一
  • 青木毅
  • 早川勝
  • 佐藤 昌弘
  • 菊原智明
  • 本鳥有良
  • 北澤孝太郎
  • 川田修
  • 福山敦士

自分らしい営業スタイルを見つけよう

営業本を読んだらまずは実践してみましょう。それがすぐに結果となって結びつく場合もあれば失敗に終わってしまう場合もあります。だからといってすぐにやめてしまうのではなくいろいろなことを試すことが大切です。試すことで見えてくるものもあります。

 

営業スタイルは人ぞれぞれですから実践してもそれが自分に合っているとは限りません。営業本で知識をつけたらそれを基盤として自分のスタイルを作っていくことが重要です。自分らしい営業スタイルを手に入れることがトップセールスマンへの第一歩となるでしょう。

まとめ

営業本の選び方とおすすめ商品をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。営業本の選び方としては自分が必要としているスキルや手法を明確にしてそれについて書かれている本を購入することです。営業本で知識を取り入れさらにレベルアップを目指してくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ