記事ID139069のサムネイル画像

【2019年最新版】美容液のおすすめ人気ランキング10選をご紹介

美容液はただ塗り込めばいいというものではありません。塗る場所ごとに適したタイプを選択して、塗り方やタイミングをきちんと考慮した上で使用することで効果を発揮します。今回は美容液に関する知識とおすすめ商品を紹介していきます。

目的を考えて自分に合った美容液を選ぼう!

美容液は多数販売されていますが、購入する際は必ず目的に合った商品を購入する必要があります。理由は商品ごとにテクスチャやどのような肌の状態に合うのかという点が異なるためです。

まずは美容液を塗りたい場所を選ぼう

塗りたい場所を決めなければならない理由の1つは美容液は商品1つ1つのテクスチャが異なり、どのような肌に合うのかという点が異なるからです。大まかに分けると塗る場所が3つほどあります。

 

顔全体に塗っても問題ない商品、まつ毛に重点的に塗る美容液、そして目もとに重点的に塗るべき美容液の3つがあります。この3つの部位はそれぞれ塗るべき美容液が異なることから購入する前に塗る場所を決めなければなりません。

 

 

美容液の種類を知ろう

美容液の種類は大まかに分けると3つに分かれます。保湿専用の美容液、美白用美容液、アンチエイジング対策の美容液という形です。それぞれ3つの特徴を紹介していきます。

保湿専用美容液

保湿専用美容液は乾燥肌の方に主に使用されています。角質層はセラミドや天然保湿因子を用いて乾燥から守ってくれていますが、日焼けや加齢によるダメージで年々減少していきます。

 

その為、化粧水だけでは対応できなくなってきたときに肌の水分補給としてこのタイプの美容液が役に立ちます。保湿成分を補いながらセラミドなどの美容効果のある成分の保護を行ってくれるからです。

 

さらに、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を配合することによって、美容効果をかなり高めている商品も販売されています。

美白専用美容液

シミやくすみ、そばかすが気になり始めた方はこちらの美白専用美容液がおすすめです。美白専用美容液ということで勘違いされる方がいますが、今ある肌を白くするためのものではありません。

 

現状存在する、シミやそばかすがこれ以上できないように予備軍を抑えてくれるのです。そうすることで、徐々に美白に近づいていくという効果をもつ美容液となっています。こちらの商品を購入したいかたは下記の配合成分を確認しましょう。

 

ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸といった成分です。この3つは代表的な美白効果を持っています。加えて保湿成分が含まれている商品を購入すれば、コストパフォーマン的になおよしです。

アンチエイジング対策美容液

肌がたるんだり、くすんできたなと感じている方におすすめなのが、こちらのアンチエイジング対策美容液です。年齢が進むごとにたるみはひどくなっていきます。原因は複数存在します。

 

加齢による表情筋の衰えや肌の弾力を保つ成分が減少してしまうことで発生するケースもあります。紫外線もシミだけでなくたるみを発生する要因になります。他にもありますが主な原因はこの3つです。

 

美容液を効果的に使用するためにはたるみの原因を知ることが第一歩なので、今一度振り返ってみてください。ハリを保つ成分の現象による場合は、ビタミンC誘導体、レチノール、コラーゲンが含まれている商品を購入しましょう。

美容液の選び方

沢山ある美容液から自分にあった商品を購入するために抑えておきたい知識をここでは紹介していきます。

メーカーで選ぶ

美容液を販売しているメーカーは沢山あります。ここでは主要メーカーとその特徴を紹介します。

資生堂

資生堂は大手化粧品メーカーです。大手である利点を生かして幅広い世代に向けた商品やさまざまなニーズに応える商品を多数販売されています。自分の欲しいタイプの商品がなかなか見つからない方はこちらのメーカーから探すことをおすすめします。

ナリス化粧品

ナリス化粧品のコンセプトは「ゼロから無限大へ」です。化粧水に対する独自の考えを持たれています。これまでの保湿だけの化粧水を製造するのではなく、保湿した後の保護も重要であるという考えです。

 

PHバランスを弱酸性に近づけることで肌トラブルを抑えて健康的な肌になるように工夫されています。

エトヴォス

エトヴォスは皮膚科学に基づいた製品を販売されています。美容液だけでなくコスメやスキンケア製品を多数手掛けている会社です。セラミドの研究は特に積極的に行われています。理由はセラミドがなければ、8割ほどの水分が流出してしまうからです。

 

これまで主流の非人型セラミドでは浸透力がそれほど高くなかったことから、改善を施し人型セラミドを採用しました。人の身体のセラミドと同じラメラ構造をしていることで浸透力が格段に上昇しました。

 

 

無添加の商品を選ぶ

美容液を選ぶ際に無添加素材を使用している商品を選ぶことをおすすめします。理由は美容液は使用頻度の高いアイテムなので、できる限り肌に負担のかからないものの方が良いからです。

 

無添加にはメーカーごとの定義があり一概に無添加と記載されていても必ずしも同じ仕様にはなっていません。そこで、今から紹介する成分が配合されているものは無添加ではないと覚えておきましょう。

 

1つがアルコールです。殺菌効果があるのである程度は求められますが、乾燥を生む要因なのでなるべく避けましょう。防腐剤、界面活性剤、合成ポリマーは肌に合わなかったなどの経験をお持ちの方はなるべく避けるようにしてください。

まつげ美容液について詳しく紹介

ここまでは、肌に対して使用する美容液に関する情報を紹介してきました。しかし、メイクやそのほかの要因で傷んでしまうのは肌だけではありません。まつ毛も傷んでしまうことがあります。

 

そのケアを行うための専用アイテムが、まつげ美容液です。形状は主に3つ用意されています。マスカラと同じように塗ることができるマスカラタイプ、アイライナーをよく使う方におすすめのアイライナータイプ、そしてやわらかい塗り心地が特徴的なチップタイプです。

 

 

使用方法や選ぶ際の注意点といった詳細情報は下記のランキングサイトに載せています。気になる方は一度チェックしてみてください。

 

目もとの美容液についても詳しく紹介

目もとは紫外線の影響を受けやすい部位といわれています。その為、加齢とともにくすみやたるみが表れやすいところなんです。その為、目元は他の部位とは別に特別なケアを行うことをおすすめします。

 

目もとは皮膚が薄くなっており、トラブルが生まれやすいところです。その為、自分の肌に合った商品を購入しなければなりません。また、どのようなトラブルを優先的に解決させるのか検討しなければなりません。

 

下記リンクに記載されている目もと美容液の詳細情報をチェックしてみてください。自分に合う商品を見つけることができるでしょう。

美容液の人気ランキング5選

第5位

THREE(スリー)

バランシング ホワイト クリアエッセンス

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美白ながら保湿を行う

5位にランクインしたバランシング ホワイト クリアエッセンス は美白しながら保湿を行うこともできるバランスの取れた美容液です。パチュリ油という香りの精油を配合しており、肌にすっとなじみ込み、さらりとした後肌にしてくれます。

 

植物由来成分をメインに使用しているので、肌のうるおいバランスを整えることで、乾燥から守ってくれます。美白有効成分のアルブチンがメラニンというシミ、そばかすの基が発生しないように予防してくれます。

 

またもう1つの有効成分のグリチルリチン酸が肌荒れを防いでくれるので、敏感肌の方にもおすすめです。

主な効果美白主な成分アルブチン、グリチルリチン酸2K
内容量30ml
第4位

アルビオン

エクラフチュール 美容液 ○国内向正規品○

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自成分配合

4位にランクインしたのは、エクラフチュール 美容液です。アルビオンが開発した先進デリバリーシステムを採用しています。植物成分から抽出した美容成分を効率的に届けられるように作られています。

 

エビヅル葉エキスから抽出したポリフェノールの1種である保湿成分、豊富な栄養素を含むクパスバターから抽出した保湿成分が配合されています。2つの自然由来の成分を含んでいます。

 

夏の環境リスクからくる肌への負担が軽くなるように考えて製造され、みずみずしい間食で肌に吸い込まれるようにされているスペシャル美容液です。

主な効果保湿主な成分
内容量60ml
第3位

資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

HAKU メラノフォーカスV

価格:8,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シミの根本原因に効く

3位にランクインしたのは資生堂のHAKU メラノフォーカスV です。美白有効成分の4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)、m-トラネキサム酸(トラネキサム酸)の2種類を配合することで、肌にピタッとまとわりつき、浸透していくように設計されています。

 

こちらの美容液もメラニンの生成を防ぐことで、シミやそばかすを防ぐ基本的な効果はもちろん持ち合わせていますが、それだけではありません。

 

すみずみまで有効成分をいきわたらせることができるので美白有効成分を隅々までいきわたらせて乾燥や肌荒れも防いでくれます。これらの効果が明るく澄んだ肌を作ることを可能にして美白へと導きます。

 

 

主な効果美白主な成分4MSK、m-トラネキサム酸
内容量45ml
第2位

イヴサンローラン

フォーエバー リブレイターセラム

価格:13,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エイジング効果ももつ美容液

2位にランクインしたのは、 フォーエバー リブレイターセラムです。こちらの美容液はアンチエイジング対策にも有効とされています。さまざまなアプローチで肌を整えて年齢に応じたケアを可能にする「マイクロエイ二ングケア」を目指して作られました。

 

独自の複合成分の「グリカンアクティブ2」と植物由来の「オシロイバナエキス」を配合することでみずみしい状態で肌に届き、ハリを与えてくれます。グリカンアクティブ2は年々減少する成分です。

 

その点に注目したことで、ハリを与えるだけでなく、艶もよみがえらせてくれる商品にしあがりました。

主な効果保湿主な成分カラギーナン、ラムノース
内容量50ml
第1位

CLARINS(クラランス)

クラランス ダブルセーラム EX

価格:7,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

各場所で話題の保湿美容液

1位にランクインしたのは、クラランス ダブルセーラム EX です。1985年に販売が開始されて以来、改良を重ね続けて第8世代になりました。ウォーターセラム、オイルセラムという2種類の美容液を配合することに成功しました。

 

その結果、肌にハリを与える、キメを細かくする、弾力感を与えるといった美容液が持つ本来の効果が最大限高められました。もちろん長時間の潤いを保持することも可能です。すべての肌質に対応するとされており、多くの方に使ってもらえます。

 

多くの商品と同様、付けた瞬間から素早く浸透して上記の効果を生み出します。2種類の美容液は容器内部で分かれているので、使用期限も長くなるように工夫されています。

主な効果保湿主な成分酢酸トコフェロール、アスコルビン酸、ジャニアルベンスエキス
内容量30ml

美容液の商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5102629の画像

    CLARINS(クラランス)

  • 2
    アイテムID:5102634の画像

    イヴサンローラン

  • 3
    アイテムID:5102623の画像

    資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

  • 4
    アイテムID:5102621の画像

    アルビオン

  • 5
    アイテムID:5102617の画像

    THREE(スリー)

  • 商品名
  • クラランス ダブルセーラム EX
  • フォーエバー リブレイターセラム
  • HAKU メラノフォーカスV
  • エクラフチュール 美容液 ○国内向正規品○
  • バランシング ホワイト クリアエッセンス
  • 特徴
  • 各場所で話題の保湿美容液
  • エイジング効果ももつ美容液
  • シミの根本原因に効く
  • 独自成分配合
  • 美白ながら保湿を行う
  • 価格
  • 7120円(税込)
  • 13500円(税込)
  • 8850円(税込)
  • 10800円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 主な効果
  • 保湿
  • 保湿
  • 美白
  • 保湿
  • 美白
  • 主な成分
  • 酢酸トコフェロール、アスコルビン酸、ジャニアルベンスエキス
  • カラギーナン、ラムノース
  • 4MSK、m-トラネキサム酸
  • アルブチン、グリチルリチン酸2K
  • 内容量
  • 30ml
  • 50ml
  • 45ml
  • 60ml
  • 30ml

プチプラの美容液の人気ランキング5選

第5位

ロート製薬

メラノCC

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美白効果は素晴らしい完成度

5位にランクインしたのは、メラノCCです。美白有効成分の活性型ビタミンCを配合して、シミやそばかすにダイレクトに働きかけます。加えて血行促進成分のビタミンE誘導体を配合することでより精度が高められています。

 

この2つの成分がロート製薬独自の製法により角質層の奥深くまで届くことで、メラニンの生成を抑える働きをしてくれます。さらに2つの有効成分とアルピ二アホワイトを配合することで、ニキビ対策も可能になっています。

 

ニキビの予防、ニキビ痕が残らないように肌を整えてくれるので、単純にスキンケア商品としてクオリティの高いものとなっています。

主な効果美白主な成分アスコルビン酸、トコフェロール酢酸エステル
内容量20ml
第4位

ロート製薬

極潤 ライトタイプ

価格:564円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3つのヒアルロン酸を配合

4位にランクインしたのは、極潤です。保湿力を高める為に3種類のヒアルロン酸を配合しています。基礎化粧品に使用されている最も基本的なヒアルロン酸Naを配合しています。このヒアルロン酸が水分を蓄える役割を担います。

 

2つ目がアセチルヒアルロン酸Naです。上記のヒアルロン酸と同等の水分保有力を持ち合わせていることに加えて、肌への親和性、付着性に優れていることから潤いを保つ役目を果たします。

 

3つ目が加水分解ヒアルロン酸です。上記2つよりも分解しやすい成分になっており、肌へ浸透していきやすい成分となっています。この3つのヒアルロン酸の組み合わせにより、潤いを保つことを可能にしています。

主な効果保湿主な成分ヒアルロン酸
内容量170ml
第3位

クラシエホームプロダクツ

肌美精 WR美容液B

価格:890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃密な潤いケア

3位にランクインしたのは、肌美精 WR美容液Bです。こちらの商品は潤いの成分がぎゅっと濃縮されている商品です。コラーゲン、ヒアルロン酸、植物性プラセンタ、植物性のセラミドの4つの保湿成分を配合することにより可能になりました。

 

また、11種類のオーガニックモイスチャー成分を配合することにより、さらに濃密に仕上げています。それが、目元や口元の乾燥小じわを防いでくれる働きをしてくれます。無香料、無着色、アレルギーテストも行われています。

 

すべてのアレルギーが起こらないというわけではありませんが、安全な美容液となっています。

主な効果保湿主な成分レチノール誘導体・ローヤルゼリーエキス
内容量30ml
第2位

(株)ちふれ化粧品

美容液ノンアルコールN

価格:1,047円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トレハロース配合でW保湿

2位にランクインしたのは、 美容液ノンアルコールN です。多くの美容液に含まれているヒアルロン酸が美容成分を蓄えてくれる働きをしてくれることは知っている方も多いでしょう。しかし、それだけでは、美容液は完全であるとは言えません。

 

こちらの美容液はトレハロースを配合することによって肌を保護することにも力をいれているので、アフターケアーを行うことも可能です。

主な効果保湿主な成分
内容量45ml
第1位

ちふれ化粧品

美白美容液 W

価格:1,188円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

迷われた方におすすめの定番商品

1位にランクインしたのは、 美容液ノンアルコールN です。こちらの美容液はまさに定番商品に属します。価格も手に取りやすいものとなっており、迷われた方はまずこちらから購入してみるのもいいでしょう。

 

アルブチンとビタミンC誘導体のW美白成分を配合することによってメラニン生成を抑えて、シミやそばかすを防いでくれます。

主な成分美白主な効果
内容量30ml

プチプラの美容液の商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5102666の画像

    ちふれ化粧品

  • 2
    アイテムID:5102640の画像

    (株)ちふれ化粧品

  • 3
    アイテムID:5102641の画像

    クラシエホームプロダクツ

  • 4
    アイテムID:5102899の画像

    ロート製薬

  • 5
    アイテムID:5102646の画像

    ロート製薬

  • 商品名
  • 美白美容液 W
  • 美容液ノンアルコールN
  • 肌美精 WR美容液B
  • 極潤 ライトタイプ
  • メラノCC
  • 特徴
  • 迷われた方におすすめの定番商品
  • トレハロース配合でW保湿
  • 濃密な潤いケア
  • 3つのヒアルロン酸を配合
  • 美白効果は素晴らしい完成度
  • 価格
  • 1188円(税込)
  • 1047円(税込)
  • 890円(税込)
  • 564円(税込)
  • 880円(税込)
  • 主な成分
  • 美白
  • レチノール誘導体・ローヤルゼリーエキス
  • ヒアルロン酸
  • アスコルビン酸、トコフェロール酢酸エステル
  • 主な効果
  • 保湿
  • 保湿
  • 保湿
  • 美白
  • 内容量
  • 30ml
  • 45ml
  • 30ml
  • 170ml
  • 20ml

美容液の正しい使い方をご紹介

美容液は使用方法、順番を守ることで初めて効果が発揮される商品です。ここでは、最低限抑えておきたい項目を紹介します。

塗り方と塗る順番を間違えない

まずは使用する際の手順です。手のひらに適量の美容液を出しましょう。このときに使いすぎないようにする為に量を少なめにすることは避けましょう。適量の美容液を使用しなければ、効果は半減です。

 

顔全体に塗るときは直径2cmくらいの円が描けるくらいだします。美容液によっては適量は異なるので、詳細を確認するようにしてください。次に、顔の各部位に塗り分けていきます。おでこや鼻、そして頬といった代表的な部位です。

 

塗った後はなるべく全体に塗り込む為に、内側から外の方に、下から上へと広げていきましょう。このとき、強くこするように行うことはNGです。あくまでも優しく塗り広げていくことを意識してください。

効果を引き出すコツを学ぼう

美容液を使用するにあたって効果を引き出すコツ、やってはいけないNG項目を紹介します。まず、効果がことなる美容液だからといっていくつも併用することは辞めましょう。美容液個々の特性が生かしづらくなってしまうからです。

 

2つ目が、化粧水、美容液、乳液など、タイプの異なるスキンケア製品を混ぜることは辞めましょう。段階踏みながら使い分けることは確かに面倒かもしれません。しかし、混ぜて使ってしまえば効果を半減させることになりかねませんので必ずステップを守りましょう。

 

3つ目が使用するにあたって、自分の肌質を見極める必要があるということです。脂性肌にもかかわらず、油分が多めの美容液を使用すれば、スキンケアとは言えず、トラブルを生む要因になりかねません。

保湿を念入りに行いたいときは

ここまで、美容液の使用方法であったり、タイプごとの違いを紹介してきました。紹介した通り、美容液というものは基本的に肌のケアを行うための化粧品です。最大限に効果を生み出す為にはやはり下地が重要になります。

 

その下地をつくりだすのが、スキンケアで最初に塗ることが推奨されている、化粧水です。下記のリンクにておすすめの化粧水の紹介もしているので、良ければチェックしてみてください。

まとめ

今回は美容液の種類から使い方に至るまで幅広い分野を紹介してきましたがいかがでしたか。初めて美容液を購入しようとする方だけでなく、これまで美容液を使用していた方も知らなかったこともあるかもしれません。この記事を参考にしていただき、疑問の解消につながれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ