記事ID139064のサムネイル画像

【2019年最新版】ミニベロのおすすめ人気ランキング10選

ミニベロは自転車の中でもタイヤの小さな小径車ですが、結構種類は多いです。「ロード向けミニベロ5選」「折りたたみ式ミニベロ5選」」にわけておすすめのミニベロのランキングをご紹介します。ミニベロの選び方について解説しますので、ミニベロ選びの参考にしてください。

ミニベロを乗りこなそう

ミニベロは20インチ以下のタイヤを採用した自転車で小径車とも呼ばれます。ただし、24インチ以下のタイヤを採用した自転車をミニベロと呼ぶ場合もあります。

 

通常サイズの自転車に比べるとタイヤが小さい分走行性能で劣るものが多いです。しかし、本格的な性能を持つものもあり、持ち運ぶのにも便利で人気があります。

ロード向けミニベロ(小径車)は走行性能が高い

ミニベロは小径車なので小回りはききますが、速度を維持するのは難しいです。また、長距離走行にも向いていません。そんな小径車のミニベロにロードバイクの良さをプラスしたのが、ロード向けミニベロです。

 

ロード向けミニベロは速さを重視しています。 小径車のミニベロの中でも、大型の20インチで451規格のタイヤを採用しています。タイヤが大きい分、スピードが出やすく速度の維持が楽になります。ミニベロなので、ロードバイクに比べて漕ぎ出しはかなり楽です。

 

またミニベロで長距離走行は大変ですが、ロード向けミニベロは普通のミニベロに比べてかなり楽です。ロード向けミニベロは、ドロップハンドルを使用しているのでより体に負担がかかりません。

ミニベロ(小径車)は折りたたみ式が便利

折りたたみ式のミニベロは小さくできるので、持ち運ぶには非常に便利です。コンパクトに収納できるので、駐輪場がなくても部屋の中に保管できます。ミニベロの種類によってはA4サイズに収まるものまであります。

 

手荷物サイズになるので、自家用車だけでなく公共の交通機関にも簡単に持ち込めます。ただし、普通のミニベロに比べると折りたたみ式の分、価格は割高になります。また、持ち運ぶのですから、折りたたみ式のミニベロの重量は軽い方がいいです。

ミニベロの選び方

ミニベロは結構種類が多いです。メーカーや価格、機能などの観点からミニベロの選び方について解説していきます。

メーカーで選ぶ

ミニベロを販売しているメーカーは何社もあります。海外のメーカーが多いですが、日本のメーカーもミニベロを販売しています。メーカーの特徴を把握しておけばミニベロを選ぶ上で役に立ちます。ミニベロを販売するメーカーをご紹介します。

a.n.design worksから選ぶ

a.n.design worksは2002年に自転車好きのクリエイターが集まってスタートした自転車のメーカーです。快適さとスタイリッシュさを合言葉に自転車を設計しています。シンプルなミニベロが多いですが、デザインも乗り心地も優れたものを制作しています。

 

シンプルな設計になっているので、自分好みにカスタマイズしたミニベロに乗りたい人にもおすすめのメーカーです。

ジオスから選ぶ

ジオスはロードレースの名門メーカーとして知られています。創業1948年で70年以上の歴史があります。元々はオレンジのカラーがトレードマークでしたが、ロジェ・デ・フラミンクがブルーのフレームの自転車で活躍したことから、ブルーがシンボルになりました。

 

現在では、ジオスブルーの名前で地元イタリアだけでなく、世界的に有名です。ミニベロもロード向きの走行性能の高いモデルを販売しています。ブルーのカラーリングにこだわっており、デザインも人気です。

ターン(tern)から選ぶ

ターンはスポーツ用自転車のブランドです。都市部での移動手段として設計された自転車が多いので、ミニベロは都会に合ったデザインがされています。スポーツ用自転車のブランドということもあり、走りにもこだわったミニベロが多いです。

 

デザインと性能の両方にこだわりたい人にはおすすめのメーカといえます。ロード向けのミニベロの中でも、最速モデルと呼ばれるものの1つはターンの制作です。速いミニベロを求める人はチェックした方がいいでしょう。

ブルーノ(BRUNO)から選ぶ

ブルーノはスイスの自転車ブランドです。ツーリングバイクやミニベロを中心に販売しており、旅をコンセプトに設計したモデルを販売しています。街中で利用するのに便利なモデルから、長距離移動に向いたモデルまで幅広いバリエーションの自転車を制作しています。

 

北欧風にデザインされたミニベロが人気です。ストレスを感じない乗り心地の良い自転車を作ることを目指したブランドでもあります。男性、女性どちらでも乗りこなせるデザインのミニベロを多く販売しています。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)から選ぶ

ドッペルギャンガーは、日本の自転車ブランドです。リーズナブルな価格設定と安定した性能で、コスパの優秀なブランドとして海外でも知られています。乗る人のスタイルに合わせえた豊富なラインナップも魅力です。

ビアンキ(Bianchi)から選ぶ

ビアンキはイタリアの自転車メーカーで、現存する中では世界最古の自転車メーカーとして知られるブランドです。非常に多くの種類の自転車を制作しており、大きなロードレースで輝かしい成績を残しています。

 

ロード向けのミニベロは日常生活で使用するのに向いたものが多いですが、小径車ながら十分なスピードを出せる性能に作られています。細身でクラシカルなデザインが人気で、カラーリングも豊富に用意されています。

ダホン(DAHON)から

ダホンは折りたたみ自転車専門のメーカーとして有名です。メーカー名は創業者の名前を縮めたものになっています。折りたたみ式のミニベロが欲しい人は、チェックしておいた方が良いメーカーです。

 

折りたたみ自転車専門メーカーということもあり、折りたたみ式でも走行性能に優れたミニベロが多いです。また、簡単に折りたためるよう工夫されたモデルが多いです。折りたたみ式ミニベロの中では最速と呼ばれるモデルも販売しています。

ハリー クイン(HARRY QUINN)

ハリークインは、イギリスで誕生した自転車のブランドです。現在は、日本国内でイギリスのブロンプトンデザインの折りたたみ式自転車を日本国内で販売しています。

 

非常に軽量ながら、耐久性に優れた折りたたみ式ミニベロを制作して有名になったブランドです。折りたたみ式で電動アシスト付きのミニベロも販売しています。

価格で選ぶ

ミニベロは小径車ですが、決して価格が安いわけではありません。高いミニベロは、数十万円するものも販売されています。もちろん、かなり安いミニベロもあります。価格でミニベロを選ぶ方法をご紹介します。

安いミニベロから選ぶ

安いミニベロが欲しいという人は多いと思います。ミニベロの価格帯はかなり広いですが、安いものなら2万円台のものも多く販売されています。当然ですが、価格が安いミニベロの性能はそれなりになってしまいます。

 

高性能の物はないので、用途も日常用に限定されます。安いミニベロは、フレームの強度やブレーキなどに問題がある場合もあります。もちろん、価格は安くても普通に乗る分には、問題ないミニベロも多いです。

 

安いミニベロを購入するなら、口コミなどをチェックしてコスパの良いものを選びましょう。

高いミニベロから選ぶ

ミニベロは小径車な分、性能を維持するには普通の自転車よりも価格は高くなります。高性能なミニベロを求めるなら、10万円以上のミニベロを考えた方がいいでしょう。

機能で選ぶ

ミニベロにはペダルを漕ぐのをアシストするなどさまざまな機能があります。機能面からミニベロの選び方について解説していきます。

電動アシスト機能付きのものを選ぶ

ミニベロにも電動アシスト機能が付属したものがあります。重い荷物を積んでいる場合や坂道を乗る場合などに、電動アシスト機能がついているとかなり楽です。

 

折りたたみ式ミニベロでも、電動アシスト機能が付いたものは販売されています。坂道を登る機械などが多い場合は、電動アシスト機能付きのミニベロはおすすめです。

サスペンション機能のあるものから選ぶ

サスペンションは段差がある道を走った場合に、ミニベロが受けた衝撃を吸収する機能です。衝撃が吸収されるので、乗り心地が良くなります。悪路を走ることが多いなら、サスペンション機能のあるミニベロがおすすめです。

 

ディレーラーの性能で選ぶ

ディレーラーはギアチェンジを行う変速機のことです。ミニベロでもディレーラーがつけられたものは多く、ロード向けミニベロほど細かなギアチェンジを行うものが多いです。

 

スムーズなギアチェンジができる方が、体に負担がかかりません。長距離を走る場合は、ディレーラーの性能もチェックしておきましょう。

フレームの素材で選ぶ

ミニベロのフレームは、アルミ合金とクロモリ(クロムモリブデン鋼)の2種類で作られたものが多いです。アルミはクロモリよりも軽いため、持ち運ぶのが簡単でスタートとする時に加速スムーズという長所があります。

 

クロモリのフレームは走行中の振動を吸収することに優れているため、体に負担が軽くなります。耐久性も高いのでアルミよりも長持ちします。ただし、重いのがデメリットです。

 

どちらが優れているとはいえず好みの問題になりますが、ミニベロを選ぶ際はフレームの材質にも注意しましょう。

重量で選ぶ

ミニベロを選ぶ際は重量もチェックしましょう。重量が軽い方がペダルをこぐのが楽ですが、ある程度重い方が走行が安定するので一概に軽い方がいいとはいえません。ただし、持ち運ぶことが多い、折りたたみ式ミニベロは軽いものの方がおすすめです。

ロード向けミニベロのおすすめ人気ランキング5選

第1位

ジオス

FELUCA PISTA

価格:66,873円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな機能の高性能ロード向けミニベロ

イタリアの有名メーカージオスのロード向けミニベロです。軽量に作られているため加速が良く、ロード向けに恥じない優秀な走行性能を発揮します。6万円以上しますが、走行性能を考えると十分コスパは良いといえます。

 

伝統的なジオスブルーのボディがかっこいいです。ハンドルを握ったままシフトチェンジができるSTIレバーも標準装備です。街中での走行はもちろん、長距離の走行にも十分に対応できます。

フレームアルミディレーラー
重量9.5kg
第2位

tern(ターン)

SURGE PRO 19SUPRWHBK52

価格:163,296円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SURGEシリーズの最速モデル

ロード向けミニベロのメーカーとして非常に高い人気を誇るternのSURGEシリーズの上位モデルです。PROと名前に入っているように、非常に走行性能の高いミニベロになっています。ロード向けミニベロで最速モデルと呼ばれるものの1つです。

 

カーボン素材のフォークとエアロホイールを使用することで、軽量化がされています。結果として9kgを切る軽量を実現しました。通常のロードバイクに近い設計なので、非常にスピードが出やすくなっています。

 

ミニベロは軽いため、どうしてもコーナリングが不安定です。しかし、このモデルはヘッドの位置が上げることで、安定感の増したコーナリングを実現しました。

フレームアルミディレーラーシマノTIAGRA RD-4700 10段変速/シマノTIAGRA FD-4700 10段変速
重量8.9kg
第3位

a.n.design works

CR207

価格:23,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良い玄人向けミニベロ

スタイリストなデザインに定評があるa.n.design worksのロード向けミニベロです。2万円台で購入できるので、コスパはかなり優秀といえます。シンプルなデザインなので、幅広い服装にあったミニベロです。

 

ただし、扱いやすいミニベロではなく、玄人向けというレビューもあります。また、ベルやライトが取りつけられていないので、取りつけないと道路で乗ることはできません。

 

自分で整備や調整ができる人にはおすすめですが、そうでない人はこういった点を考えてから購入しましょう。

フレームアルミディレーラーSHIMANO 7段変速 Tourney
重量13.0kg
第4位

自転車のQBEI 楽天市場支店

MINIVELO20 ROAD DROP

価格:118,584円(税込)

【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧風デザインの高機能ミニベロ

スイスのブルーノ製のロード向けミニベロです。クロモリ性のフレームを使用しているので重量は10kgをオーバーしていますが、走行性能は非常に高いです。

 

ミニベロは長距離走ると疲れやすいのが欠点です。しかし、このミニベロは疲れにくいポジションでペダルを漕ぐことができる計算されたデザインになっています。

 

長距離走る場合でも、疲労が軽減されます。クラシックなデザインも、このミニベロの魅力です。

フレームクロモリディレーラーSHIMANO Claris FD-2400 2速/ SHIMANO TourneyTX 8速
重量10.49kg
第5位

自転車通販 SPEAR

シマノ SPMR-2014

価格:24,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽快に走る激安ロード向けミニベロ

シマノ製の14段変速のディレーラーが搭載されたロード向けミニベロです。13kgとミニベロとしては軽くありませんが、かなり軽快に走ります。2万円台で購入できる激安ミニベロの割によく走ると評判です

 

ただし、ブレーキの性能があまり良くないのでスピードを出し過ぎると危険というレビューがあります。本格的なロード向けミニベロとして長距離を走るのではなく、街中でスピードを出し過ぎずに乗るにはおすすめのミニベロです。

 

 

フレームアルミディレーラーシマノ 14段変速
重量13.0kg

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5098870の画像

    ジオス

  • 2
    アイテムID:5098864の画像

    tern(ターン)

  • 3
    アイテムID:5098861の画像

    a.n.design works

  • 4
    アイテムID:5098857の画像

    自転車のQBEI 楽天市場支店

  • 5
    アイテムID:5098865の画像

    自転車通販 SPEAR

  • 商品名
  • FELUCA PISTA
  • SURGE PRO 19SUPRWHBK52
  • CR207
  • MINIVELO20 ROAD DROP
  • シマノ SPMR-2014
  • 特徴
  • シンプルな機能の高性能ロード向けミニベロ
  • SURGEシリーズの最速モデル
  • コスパの良い玄人向けミニベロ
  • 北欧風デザインの高機能ミニベロ
  • 軽快に走る激安ロード向けミニベロ
  • 価格
  • 66873円(税込)
  • 163296円(税込)
  • 23980円(税込)
  • 118584円(税込)
  • 24800円(税込)
  • フレーム
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • クロモリ
  • アルミ
  • ディレーラー
  • シマノTIAGRA RD-4700 10段変速/シマノTIAGRA FD-4700 10段変速
  • SHIMANO 7段変速 Tourney
  • SHIMANO Claris FD-2400 2速/ SHIMANO TourneyTX 8速
  • シマノ 14段変速
  • 重量
  • 9.5kg
  • 8.9kg
  • 13.0kg
  • 10.49kg
  • 13.0kg

折りたたみ式ミニベロ"のおすすめ人気ランキング"5選

第1位

トップワン(TOP ONE)

シマノ外装6段ギア FS206LL-37-RD

価格:18,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンス最高の折りたたみ式ミニベロ

2万円を切る激安折りたたみ式ミニベロです。スチール製のフレームなので17kgと結構重いですが、コスパは群を抜いています。自分で組み立てを行う必要がありますが、初心者でも簡単に組み立てることができます。

 

カゴ、カギ、ライトも最初から用意されています。フレームの位置が低く設計された女性向けのモデルでもあります。サスペンション機能がついているので、乗り心地が良いと評判です。

 

秀でた機能はありませんが大きな欠点もなく、価格を考えるとコスパは最高といえます。特別に優れた機能を求めていないなら、おすすめの折りたたみ式ミニベロです。

フレームスチールディレーラーシマノ 6段変速
重量17kg
第2位

ダホン(DAHON)

Speed Falco 20SPFACR00

価格:85,545円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみ式ミニベロ最速モデル

アメリカの自転車メーカーダホンの折りたたみ式ミニベロです。折りたたみ式ですが、ロード向けのタイヤや走行時の衝撃を吸収するクロモリフレームが採用されています。

 

スピードファルコの名の通り、時速30キロを簡単に出すことが可能です。折りたたみ式ミニベロで最速のモデルといわれています。ギアの切り替えも指先で簡単に行えるように、ロード向けの作りになっています。

 

より高速が出せるようにカスタマイズを意識した設計になっており、折りたたみ式で高速が出せるロード向けミニベロが欲しい人におすすめです。

フレームクロモリディレーラーShimano Altus, RD-310 8速
重量12.0 kg
第3位

自転車のQBEI 楽天市場支店

2019年モデル MINIVELO7

価格:78,840円(税込)

【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界最古の自転車メーカーの折りたたみ式ミニベロ

世界一長い歴史を持つ自転車メーカービアンキの折りたたみ式ミニベロです。トップチューブには、野兎を意味するイタリア語の「LEPRE」がデザインされています。

 

ロードレースでも実績のあるメーカーのモデルなので、安定した走行性能を持つモデルです。毎年新しいモデルが出ていますが、すぐに売り切れになるほど人気があります。

 

微妙なハンドル操作で簡単に曲がります。デザイン性も高く若い人にも人気です。フレームにはミニベロでは珍しいハイテンが使われており、かなり丈夫に作られています。

フレームハイテンディレーラーSHIMANO Tourney 7速
重量11.68kg
第4位

ハリー クイン(HARRY QUINN)

PORTABLE 3つ折り&折りたたみ 電動アシスト自転車

価格:123,303円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電動アシスト機能付きの折りたたみ式ミニベロ

電動アシスト機能がついた折りたたみ式ミニベロです。3つ折りに折りたためるので、かなりコンパクトに折りたたむことができます。また、後輪を折りたたんだ状態で、キャスターを利用すれば簡単に移動させることができます

 

ギアの変則はできませんが、アシスト機能の強さを3段階に調節可能です。アシスト機能のおかげで坂道でも楽に登ることができます。ただし、アシスト機能は決して強力ではなく、タイヤも小さいので街中で利用するのがメインのミニベロと考えるべきでしょう。

フレームアルミディレーラー
重量12.9kg
第5位

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

14インチ 折りたたみ自転車 140-H-GY

価格:36,969円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量折りたたみ式ミニベロ

250gの超軽量サドルなど、軽量化を徹底的に行い8kgを切ること成功した超軽量折りたたみ式ミニベロです。デザイン的にも高い評価を受けています。慣れるとわずか時間で畳むことができるのも大きなメリットでしょう。

 

14インチのタイヤを採用しているので、スピードが出にくいなどのデメリットがあります。片手でも簡単に持てるほど軽いので持ち運びが非常に簡単ですが、その分盗まれる危険性も高いです。屋外に止める場合は、タイヤロックのみではあまり意味がありません。

 

軽いため安定感もないので、悪路で走るには全く向いていません。簡単に持ち運べて、舗装された道路で利用するミニベロが欲しい人におすすめです。

 

 

フレームアルミディレーラー
重量7.7kg

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5098879の画像

    トップワン(TOP ONE)

  • 2
    アイテムID:5098895の画像

    ダホン(DAHON)

  • 3
    アイテムID:5099062の画像

    自転車のQBEI 楽天市場支店

  • 4
    アイテムID:5098894の画像

    ハリー クイン(HARRY QUINN)

  • 5
    アイテムID:5098884の画像

    DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

  • 商品名
  • シマノ外装6段ギア FS206LL-37-RD
  • Speed Falco 20SPFACR00
  • 2019年モデル MINIVELO7
  • PORTABLE 3つ折り&折りたたみ 電動アシスト自転車
  • 14インチ 折りたたみ自転車 140-H-GY
  • 特徴
  • コストパフォーマンス最高の折りたたみ式ミニベロ
  • 折りたたみ式ミニベロ最速モデル
  • 世界最古の自転車メーカーの折りたたみ式ミニベロ
  • 電動アシスト機能付きの折りたたみ式ミニベロ
  • 超軽量折りたたみ式ミニベロ
  • 価格
  • 18800円(税込)
  • 85545円(税込)
  • 78840円(税込)
  • 123303円(税込)
  • 36969円(税込)
  • フレーム
  • スチール
  • クロモリ
  • ハイテン
  • アルミ
  • アルミ
  • ディレーラー
  • シマノ 6段変速
  • Shimano Altus, RD-310 8速
  • SHIMANO Tourney 7速
  • 重量
  • 17kg
  • 12.0 kg
  • 11.68kg
  • 12.9kg
  • 7.7kg

安い自転車を探しているならミニベロ以外もチェックしよう

安い自転車を購入したい場合は、ミニベロにこだわらず自転車全体から検討してみましょう。ミニベロは小さく設計されていますが、しっかりと作らなければなりません。その分、通常サイズの自転車よりも価格が高くなっている場合があります。

 

クロスバイクや折りたたみ自転車等、ミニベロよりも大きなサイズで2万円以下の自転車が多数販売されています。ミニベロの中だけで探すよりも、安価な自転車が手に入りやすくなります。安い自転車をお探しなら、通常サイズの自転車からも探してみましょう。

まとめ

ミニベロの選び方や「ロード向けミニベロ5選」「折りたたみ式ミニベロ5選」をご紹介しました。ミニベロも結構種類があります。選び方などを参考にして、自分に合ったミニベロを選んでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ