記事ID139055のサムネイル画像

【コバエ退治に一番効く】コバエ取りのおすすめ人気ランキング10選

コバエ取りはコバエを退治するためのアイテムです。コバエ取りはタイプや使い方などしっかりと確認することで自分に合うコバエ取りを選ぶことができます。今回はそんなコバエ取りの人気おすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

コバエ取りで快適に

コバエ取りとはコバエを取るためのアイテムです。暑い時期になってくるとコバエはどこからともなく湧いてきてストレスを感じる人も多いでしょう。そんな時にコバエを取ってくれるのがコバエ取りで快適に過ごすことができます。

 

コバエ取りには様々なタイプのものがあります。天井から吊るして使用する昔ながらのタイプに変わり、最近ではコバエ取りを置くことでコバエを集めるタイプのものなども販売されておりとても人気が高いです。

 

それから、タイプだけでなく使いやすいように工夫されているコバエ取りが多く販売されています。コバエ取りには種類も多くありますのでコバエ取りを購入する際にはタイプや種類を確認すると良いでしょう。

コバエ取りの選び方

どこからともなく湧きだすコバエを取ることのできるコバエを取りですが、コバエ取りと言っても様々なタイプのものがあり、種類も豊富です。そのため、コバエ取りの購入を検討する際には色々と確認する必要があります。

 

コバエ取りには様々なタイプのもがありますが、似ている商品が多いためどのコバエ取りを選べば良いか迷う人も多いでしょう。コバエ取りを選ぶ際にはまずはタイプを見極めてその中から自分に合うものを選ぶとよいでしょう。

 

それから、最近ではタイプは同じでも使いやすいように工夫されているコバエ取りも多いです。やはり使いやすいことに越したことはありませんし、使いやすければストレス軽減にもなりますので使いやすさもしっかり確認しておきましょう。

タイプで選ぶ

コバエ取りには2つのタイプがあります。それは、「粘着テープ型」「置き型」です。タイプによって特徴など違うので、自分がコバエ取りをどのように使用したいかで選ぶタイプは変わってきますので確認しておきましょう。

 

天井などに設置することで使用することのできるタイプのコバエ取りが「粘着テープ型」で、手軽に使用することができるため最近ではポピュラーな人気タイプのコバエ取りが「置き型」になっています。

 

「置き型」のコバエ取りはプラスチックの容器に殺虫成分と誘引剤を入れてるという特徴があり、簡単に使用できます。このようにタイプによって設置方法も変わってきますので希望の設置方法のタイプを選ぶと良いでしょう。

粘着テープ型

粘着テープ型のコバエ取りは天井に設置して使用するタイプのもので、この粘着テープ型のコバエ取りは昭和時代から使われています。そのため、馴染みのある人が多いという魅力があります。

 

コバエが好きな匂いを出すことによって、コバエがコバエ取りに近づいてくるようになっており、そのコバエが近づいてきたところを粘着テープで捕まえるという方法が粘着テープ型のコバエ取りの仕組みになっています。

 

このタイプのコバエ取りは安価で作ることができますので、何個か入っていて1セットで販売されていることが多くコスパが良いというメリットがあります。ですが、天井に設置しなければなりませんので、設置するのが少々大変というデメリットもあります。

置き型

置き型のコバエ取りは置いて使用するタイプのもので、この置き型のコバエ取りは最近ポピュラーになっており、手軽に使用することができますので人気があるタイプになっています。

 

天井に設置する粘着テープ型のコバエ取りと比べて値段は高価になってしまいますが、しっかりコバエを捕まえることができます。それから、1つで1ヵ月ほど持ちますのでコスパが良いので魅力です。

 

コスパが良いのもはもちろんですが、簡単に使うことができるというメリットがありますので、どれを選んでいいか分からない人や使いやすいコバエ取りを求めている人は置き型のコバエ取りがおすすめです。

専用のもので選ぶ

ガーデニングをする人もいると思いますが、ガーデニングをしてる時にコバエが寄ってくることはありませんでしょうか。そんな時に役に立つ外でも使用することのできるコバエ取りも販売されています。

 

外で使用することのできるタイプのコバエ取りは棒状になっており、粘着成分と殺虫成分によってコバエを退治することができます。それだけでなくアブラムシなどの害虫の対策もすることができます。

 

置き型のコバエ取りも外で使用できないことはありませんが、外で使用するとコバエだけでなく様々な虫が寄ってくることになりますので外で使用したいと考えている人は外専用のコバエ取りを選ぶことをおすすめします。

コバエの種類で選ぶ

コバエ取りをより効果的に使うためにも、退治したいコバエの種類を確認してそれに合ったコバエ取りを選ぶことが重要になってきます。コバエには様々な種類があり、種類によって効果的な誘引剤が異なります。

 

そのため、効果的な誘引剤のものを選ぶことができなければコバエ取りを使用しても全く効果が期待できないということになってしまう可能性があります。せっかくコバエ取りを買ったのに全く使えないというようなことにならないようにしましょう。

 

コバエ取りの購入を考えている人はまず、どのような種類のコバエを退治したいのかを決めて選ぶようにすると良いでしょう。しっかり見極めることによって最適なコバエ取りを選ぶことができるでしょう。

ノミバエ

台所やごみ箱などによく発生するとされるハエは、ショウジョウバエとノミバエになっています。ショウジョウバエは目が赤いのが特徴でノミバエは背中が丸いのが特徴ですので覚えておきましょう。

 

ショウジョウバエやノミバエを退治したいと考えている人は置き型のコバエ取りか粘着テープ型のコバエ取りを使用すると良いでしょう。置き型のコバエ取りや粘着テープ型のコバエ取りはこのタイプのハエが好むに匂いを発散しています。

 

ショウジョウバエやノミバエが好む匂いを発散することによって効果的に退治することが可能になります。このように退治したいハエの種類をしっかり見極めることも重要になります。

チョウバエ

トイレや浴室などにときどき発生するとされるハエは、チョウバエになっています。チョウバエは分かりやすい特徴はありませんが、羽が大きいのが特徴ですので覚えておきましょう。

 

チョウバエを退治したいと考えている人は置き型のコバエ取りでもなく粘着テープ型のコバエ取りを使用するのではなく、ハエ取り棒を使用するのが一番効果的と言われていますのでハエ取り棒を使用すると良いでしょう。

 

チョウバエは羽が大きいのが特徴で、洗濯機の後ろ、排水口など汚れている箇所によく巣を作る傾向がありますので、チョウバエが巣を作ってしまう前に普段からしっかり掃除しておくのがおすすめです。

キノコバエ

ぼろぼろになった状態の木材などによく発生するとされるハエは、キノコバエになっています。キノコバエはキノコから大量発生したことからキノコバエというように名付けられたハエです。

 

キノコバエは湿気の多い土、落ち葉などがある場所で幼虫が群生すると言われています。家庭菜園をしている人は腐葉土、プランターなどからも発生しますので気をつけておきましょう。

 

キノコバエはこのように、プランターなどからも発生するハエですので、キノコバエを退治したいと考えている人は園芸用のハエ取り棒を使用すると良いでしょう。園芸用のハエ取り棒が一番効果的です。

コバエ取りの人気ランキング10選

第10位

KINCHO

コバエコナーズ

価格:375円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴミ箱のコバエを退治

こちらのコバエ取りはKINCHOによる「コバエコナーズ」というコバエ取りになっています。このコバエ取りは貼って使用するタイプのものでゴミ箱の裏に貼って使用することができます。

 

ゴミ箱の裏に貼ることによってゴミ箱に集まってくるコバエなどをしっかり退治することがでいるというメリットがあります。そのため、ゴミ箱に集まる虫を退治したいと考えている人におすすめです。

 

それから、消臭効果があるのも嬉しい点になっています。また、殺虫効果もあり、効き目は1ヵ月ほど持つとされていますので長く使用できます。簡単に使えるのも魅力の一つでしょう。

個数1個タイプ置き型
第9位

桐灰化学

ハエ取りリボン

価格:287円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な種類に対応

こちらのコバエ取りは桐灰化学による「ハエ取りリボン」というコバエ取りになっています。このコバエ取りは天井に取り付けるタイプのものです。石油系の油にゴムを溶かし粘着剤を作ってその粘着剤を使用してます。

 

この粘着剤の粘着力はとても強力です。手などについてしまうと離れなくなるほど強力ですので使用する際には注意しましょう。実際に購入した人かたもたくさんの評価を得ている製品です。

 

設置する際に設置する場所を考える必要はありますが、どんな種類のハエでも捕まえることができるという魅力がありますので、安定したコバエ取りを求めている人にはおすすめです。

個数5個タイプ粘着テープ型
第8位

ウエ・ルコ (WELCO)

コバエ捕獲課 主任 蛙田捕太郎

価格:1,468円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かわいいデザイン

こちらのコバエ取りはウエ・ルコによる「コバエ捕獲課 主任 蛙田捕太郎」というコバエ取りになっています。このコバエ取りはユーモアがある可愛らしいデザインになっていますのでインテリアとしても楽しめます。

 

置くタイプのコバエ取りになっていますが、その上にカエルの置物がのっています。そのため、見た目を楽しみたい人におすすめです。ウエ・ルコには他にもユーモアのある製品がたくさん揃っています。

 

こちらのコバエ取りの成分はネオニコチノイド系のジノテフランが主になっています。このジノテフランは虫のみに効果がある殺虫剤で、人や動物などには影響がありませんのでペットを飼っている人にもおすすめです。

個数3個タイプ置き型
第7位

アース製薬

ハエ取り棒

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外でも使用できる

こちらのコバエ取りはアース製薬による「ハエ取り棒」というコバエ取りになっています。キノコバエなどは植物の周りなどによく発生することがあり、このコバエ取りは園芸用ですので外でも使用することができるというメリットがあります。

 

園芸用として特化されているため室内だけでなく外のプランターなどに挿して使用することができます。それから、上部には粘着成分が付着されており挿しておくだけでコバエを捕まえることができます。

 

外で使用するだけでなく、室内で植物を育てる人にもおすすめになっています。コバエだけでなくアブラムシなどが発生した場合でもこのコバエ取りを使用すればコバエと一緒にアブラムシも捕まえてくれます。

個数8本タイプ
第6位

カモ井加工紙

吊るすだけ

価格:256円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たくさんのハエを捕まえる

こちらのコバエ取りはカモ井加工紙による「吊るすだけ」というコバエ取りになっています。このコバエ取りは天井に取りつけて使用するタイプで、実際に購入した人からも評価の高い製品です。

 

天井に吊るして使用することのできる粘着テープ型のコバエ取りは最近販売されてませんが、そんな中でもこちらのコバエ取りは人気が高いです。そのため、粘着テープ型のコバエ取りを求めている人におすすめです。

 

それから、品質と性能も信頼することができるのが魅力になってます。粘着テープ型のコバエ取りは長く使用すると乾燥してしまい使えなくなってしまうこともありますが、このコバエ取りはその心配がありません。

個数3個タイプ粘着テープ型
第5位

フマキラー

コバエ取り

価格:510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お酒と酢の香り

こちらのコバエ取りはフマキラーによる「コバエ激取れ」というコバエ取りになっています。置くタイプのコバエ取りはメーカーによって形状などが変わってくるのですが、中でも人気の高いコバエ取りです。

 

このコバエ取りは黒色と緑色を組み合わせることによってコバエが寄ってきやすいようにしているようです。それから、ハエには下から上に登る習性があり、その習性を利用して大きな穴がいくつも空いています。

 

どのようなコバエ取りでも誘引剤としていろんな香りを使用していますが、このコバエ取りはお酒と酢の香りがします。お酒と酢の香りが強いためコバエをしっかりと引きつけることができます。

個数2個タイプ置き型
第4位

KINCHO

コバエがポットン

価格:375円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一回入ったら出れない

こちらのコバエ取りはKINCHOによる「コバエがポットン」というコバエ取りになります。このコバエ取りの形状は丸いすり鉢状になっているのが特徴です。KINCHOは大手ですので安心できるのも魅力です。

 

容器の中にはフルーツエッセンス、バルサミコ酢の誘引剤があり、この誘引剤によってコバエを引きつけています。それから、この容器の形状は出口を狭くしており一回入ると出にくいように作られています。

 

また、中には保湿マットがありますのでコバエをしっかりと捕まえてくれます。コバエをしっかり捕まえて中に入っている殺虫成分によって退治することができるというような仕組みになっています。

個数1個タイプ置き型
第3位

アース製薬

ハエとり棒 超強力粘着

価格:1,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に使える

こちらのコバエ取りはアース製薬による「ハエ取り棒」になっています。このハエ取り棒は棒タイプですので簡単に使用することができます。簡単に使用するだけでなく、様々なところで使用できますのでとても人気な製品です。

 

それから、ハエ取り棒だけでなく台座がセットで付いてくるのも嬉しい点です。この台座は穴が空いており、それにハエ取り棒を差し込むだけで使えますので簡単に使えるコバエ取りを求めている人におすすめです。

 

このハエ取り棒を止まり木としてハエが寄ってきて退治できます。また、どこでも使用できるというメリットがありますのでバーベキューなどをする時に持っていっても良いでしょう。

個数1セット4本タイプ
第2位

KINCHO

コバエがポットン

価格:379円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吊るして使用

こちらのコバエ取りはKINCHOによる「コバエがポットン」というコバエ取りになっています。このコバエ取りは吊るして使用することのできる吊るすタイプです。置き型コバエ取りと同じような容器を吊るして使います。

 

この容器はコバエを捕まえやすくするためにフルーツ、ビールなどの匂いを出しており、中に入っている薬剤によってコバエを退治することができます。それから、容器はオレンジ色になっています。

 

このコバエ取りは吊るして使用することができますので置くところがなくて困っている人にはとてもおすすめです。また、粘着剤のようにくっついたりすることもありませんので、高いところにも簡単に設置することができるのがメリットです。

個数1個タイプ吊るす型
第1位

アース製薬

コバエがホイホイ

価格:341円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人気定番

こちらのコバエ取りはアース製薬による「コバエがホイホイ」というコバエ取りになっています。こちらのコバエ取りはコバエ取りと言えばコバエがホイホイと言われるほどに大人気で定番です。

 

このコバエ取りを実際に購入した人からの評価も高く間違いない製品になっています。形状は丸い容器で止まり木効果を狙うために真ん中から角のようなものが突き出しています。このように角のようなものがあることによってハエが寄りやすくなるようです。

 

内部の方には角切りのゼリーが入っています。この各ゼリーには殺虫剤の成分が染み込まれていますのでしっかり退治できます。それから、このコバエ取りは置くタイプですので自分で誘引剤を足すことができるのもメリットになっています。

個数1個タイプ置き型

コバエ取りのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5103085の画像

    アース製薬

  • 2
    アイテムID:5103097の画像

    KINCHO

  • 3
    アイテムID:5103104の画像

    アース製薬

  • 4
    アイテムID:5103116の画像

    KINCHO

  • 5
    アイテムID:5103114の画像

    フマキラー

  • 6
    アイテムID:5103120の画像

    カモ井加工紙

  • 7
    アイテムID:5103123の画像

    アース製薬

  • 8
    アイテムID:5103125の画像

    ウエ・ルコ (WELCO)

  • 9
    アイテムID:5103129の画像

    桐灰化学

  • 10
    アイテムID:5103131の画像

    KINCHO

  • 商品名
  • コバエがホイホイ
  • コバエがポットン
  • ハエとり棒 超強力粘着
  • コバエがポットン
  • コバエ取り
  • 吊るすだけ
  • ハエ取り棒
  • コバエ捕獲課 主任 蛙田捕太郎
  • ハエ取りリボン
  • コバエコナーズ
  • 特徴
  • 大人気定番
  • 吊るして使用
  • 簡単に使える
  • 一回入ったら出れない
  • お酒と酢の香り
  • たくさんのハエを捕まえる
  • 外でも使用できる
  • かわいいデザイン
  • 様々な種類に対応
  • ゴミ箱のコバエを退治
  • 価格
  • 341円(税込)
  • 379円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 375円(税込)
  • 510円(税込)
  • 256円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 1468円(税込)
  • 287円(税込)
  • 375円(税込)
  • 個数
  • 1個
  • 1個
  • 1セット4本
  • 1個
  • 2個
  • 3個
  • 8本
  • 3個
  • 5個
  • 1個
  • タイプ
  • 置き型
  • 吊るす型
  • 置き型
  • 置き型
  • 粘着テープ型
  • 置き型
  • 粘着テープ型
  • 置き型

コバエを発生させない

コバエ取りはコバエをしっかり捕まえて退治してくれるアイテムですが、事前にコバエを発生させないように気をつけるのも大事です。コバエの発生を防ぐ方法をしっかり覚えておくと良いでしょう。

 

コバエが発生するのを防ぐ方法を覚えておくことによって、日頃から気をつけていればコバエの発生に困ることはありませんし、コバエが発生しても数を抑えることはできるでしょう。

コバエ発生を防ぐ方法

コバエを発生させないためにはいくつの点に注意する必要があります。まずは、ゴミはしっかり片付けましょう。コバエはゴミに寄ってくる傾向にあります。ゴミ箱も蓋つきのものにすると良いでしょう。

 

それから、キッチンの排水口の掃除もとても大切になってきます。排水口の汚れや匂いによってもコバエが発生することがありますので、清潔な状態にしておくことでコバエ発生を防ぎます。

 

また、お風呂場やトイレも清潔に保つようにしましょう。ペットなどを飼っている人はさらにペット用のトイレなども清潔にしておくと良いでしょう。このような点に注意しておくことでコバエの発生を防げます。

まとめ

コバエ取りのおすすめランキング10選を紹介しましたがいかがだったでしょうか。コバエ取りにはタイプによって特徴、性能なども変わってきますのでしっかり確認して自分にあったコバエ取りを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ