記事ID139030のサムネイル画像

    【赤ちゃんの鼻水除去に】鼻吸い器のおすすめ人気ランキング10選

    新生児の赤ちゃんや幼児は自分でまだ鼻がかめないから、鼻水を吸ってあげるために鼻吸い器が必要です。電動や手動のものなど色々ありますが、ここではおすすめのピジョンやベビースマイル、メルシーポットやスマイルキュートなどの鼻吸い器をご紹介します。

    鼻吸い器で赤ちゃんの鼻を快適にしてあげよう

    赤ちゃんや小さな子供は、まだ鼻をかむことができないため、たまった鼻水を吸いだしてあげる必要があります。鼻水がたまったままだと寝るのが苦しくて何度も起きてしまったり、中耳炎になってしまう危険もあります。

     

    病院に連れていこうにも、夜中や休日などは開いていません。そのため、自宅でパパやママなどの大人が鼻吸い器を使って鼻水を吸いだしてあげる必要があるのです。今回は、鼻吸い器の選び方とおすすめの鼻吸い器のランキングをご紹介します。

    鼻吸い器の選び方

    鼻吸い器は手動や電動などのタイプ、吸引力やお手入れ方法などのポイント、使う相手などによって選び方が変わってきます。鼻水の状態や使う相手に合ったものを選びましょう。

    タイプで選ぶ

    鼻吸い器のタイプは、手動と電動があります。さらにそれぞれ2種類ずつタイプがあるため、合計4つのタイプに分かれます。それぞれの特徴をよく確認しておきましょう。

    手動で口で吸うタイプ

    手動で口で吸うタイプは、鼻水の状態に合わせて吸引力を調整することができるのがポイントです。そのため、新生児におすすめです。リーズナブルなものが多く、軽くてコンパクトなので、持ち運びにも便利です。

     

    しかし、子供が風邪やインフルエンザなどの病気の時は、鼻水を吸っている大人側がうつってしまう事もあります。また、吸う力が弱いとネバネバした頑固な鼻水を吸いきれなかったり、鼻水の量が多いと吸い続けるのが大変というデメリットもあります。

    手動のスポイト(ポンプ)タイプ

    手動のスポイト、ポンプタイプは、大人が直接吸う必要がないため、疲れないし病気がうつる心配もありません。口で吸うタイプと違って長いチューブなどはついていない為、収納しやすく持ち運びしやすいところもポイントです。

     

    衛生的で簡単に使えますが、吸引力はそこまで強くありません。そのため、旅行やおでかけの時に使う携帯用として持っておき、吸引力の強い別の鼻吸い器を持って使い分けておくといいでしょう。

    電動の据え置きタイプ

    電動の据え置きタイプは、吸引力が強いのが特徴です。また、吸引力をツマミで細かく調節できるものが多いです。そのため、初めて使う小さな赤ちゃんには、まず弱い吸引力から始め、成長や鼻水の状態に合わせて吸引力を強くすることもできます。

     

    サラサラした鼻水やネバネバした鼻水も吸い取ることができます。しかし、サイズが大きく重いので持ち運びには向きません。また、価格も高価です。吸引する時の音も大きめなため、赤ちゃんの就寝時に使いたいと思っている場合は、静音タイプを選びましょう。

    電動のハンディタイプ

    電動のハンディタイプは、コンパクトで軽いので、持ち運びにも便利です。手動タイプよりは吸引力は強めですが、電動据え置きタイプと比べると吸引力は弱くなります。コードレスで片手で簡単に扱えるところが魅力です。

     

    吸引力の強さは、2段階や3段階調節できるものもあるので便利です。価格も手動タイプと電動据え置きタイプの中間になります。手動タイプより高性能で、電動据え置きタイプより手ごろな値段で買える、ちょうどいい鼻吸い器とも言えます。

    ポイントで選ぶ

    鼻吸い器を使う上で、しっかり鼻水を吸い取れるように吸引力や、使った後のお手入れなど、チェックしておくべきポイントがあります。より便利に使えるように確認しておきましょう。

    吸引力

    鼻吸い器を使う上で重要視したいのが、吸引力です。一般的に、手動タイプより電動タイプの方が吸引力は上がります。さらに、電動タイプでは吸引力を調節できる機能がついているものも多いので、成長や状況に合わせて変えられるところも魅力です。

     

    吸引力が強ければ、短時間で鼻水を吸いだす事ができます。しかし、吸引力は強ければ強いほどいいわけではありません。強すぎても鼻を傷つけてしまうので、成長や状態に合った適度な吸引力で使わなければいけません。

     

    まずはサラサラやネバネバなどの鼻水の状態や、鼻水の量を確認してみましょう。また、吸引力を調節したいかどうかも考えてみましょう。

    サイズ

    おでかけ先でも鼻水を吸いたいと思っている方は、コンパクトで持ち運びができるサイズの鼻吸い器がおすすめです。小さくて軽いのは、手動か、電動のハンディタイプになります。お手持ちのカバンに入るか、サイズが確かめておきましょう。

     

    また、電動据え置きタイプはサイズが大きめなので、普段置いておく場所や収納場所を確認しておくといいでしょう。収納バッグが付いているものもありますが、持ち運びはしにくいので、定位置を決めておくことをおすすめします。

    お手入れ

    鼻吸い器は、鼻の中に直接入れて使ったり、鼻水をためたりする部品があるので、きれいにあらって清潔さを保ちたいアイテムです。そのため、部品が分解しやすかったり、洗う部分の部品がなるべく少ないものがおすすめです。

     

    また、煮沸消毒や薬液消毒など、消毒ができるとさらに安心です。中には、洗浄用のブラシもセットになっているものもあるため、お手入れのしやすさをよくチェックしておきましょう。

    安全性

    鼻吸い器は直接鼻に入れるものなので、安全な構造や素材を使ったものを選ぶといいでしょう。固い素材や、鼻の奥まで入りすぎてしまう構造のものは、鼻の粘膜などを傷つけてしまうおそれがあります。

     

    柔らかいシリコン製だったり、鼻の奥までノズルが入りすぎないようなデザインのものを使って、安全に鼻吸い器を使用しましょう。また、新生児用など、成長に合わせたノズルが付属するものもあるので、ノズルサイズもよく確認しましょう。

    使う相手から選ぶ

    鼻吸い器といえば、まだ鼻のかめない赤ちゃんや子供を思い浮かべますが、成人した大人も使う事ができます。それぞれの選び方がありますので、確認しておきましょう。

    赤ちゃんや幼児

    鼻吸い器といえば、赤ちゃんに使うものが大半ですが、なるべく「対象年齢0ヶ月~」や「新生児から」と書かれたものを選びましょう。特に新生児の場合は、新生児用ノズルが付属しているものがおすすめです。

     

    幼児もまだ鼻がうまくかめない子供が多いので、成長に合わせて付け替えられるノズルが付属しているものがいいでしょう。対象年齢が7歳までと記載されているものもあるため、何歳まで使えるかチェックしておきましょう。

    大人

    鼻吸い器といったら赤ちゃんや子供用を思い浮かべますが、成人した大人用も開発されています。大人でも長く続く花粉症やアレルギーでの鼻炎症状で、鼻の下が荒れて鼻をかむのがつらい、耳が痛くなるといった方におすすめです。

     

    大人用の鼻吸い器は、「成人まで対応」や「大人も使用できる」といった記載のものを選びましょう。ノズルはサイズやデザインの関係で、子供用とは別になっている場合があります。「大人用先端ノズル」と書かれたものを使いましょう。

    鼻吸い器の人気ランキング10選

    第10位

    丹平製薬

    ママ鼻水トッテ

    価格:699円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    20年以上愛用されているロングセラー

    こちらは、20年以上のロングセラーの鼻吸い器です。大人が口で吸うタイプなので、吸引力が調節できて新生児から使う事ができます。丸いノーズピースなので赤ちゃんの鼻の粘膜を傷つけません。

     

    耳鼻科の先生が考えた、シンプルな作りになっています。マウスピースを口にくわえて鼻水を吸い取ります。ダブルチューブ構造になっているので、鼻水は逆流しません。どんな姿勢でも奥の鼻水が吸い取れます。

     

    使用後はうがいと手洗いをしてください。使った後は、全パーツを分解してきれいに洗浄し、煮沸・電子レンジ・薬液の消毒が可能なので衛生的です。コンパクトなので外出先でも使えます。マザーズセレクション大賞とキッズデザイン賞を受賞しています。

    タイプ手動で口で吸う対象0ヶ月~
    第9位

    ピジョン

    鼻吸い器 お鼻すっきり

    価格:590円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ケース付きで収納便利な口で吸うタイプ

    こちらは、耳鼻咽喉科の先生と共同開発した鼻吸い器です。ななめノズルなので、どんな角度からでも赤ちゃんの鼻に入れやすいです。また、ノズルは柔らかい素材で、先端がU字カットになっているので、鼻の内側に吸い付かず、傷つけません。

     

    大人が口で吸うタイプのため、吸引力を調節してあげられます。逆流防止パーツがついているので、吸い上げた鼻水が口に入る心配はありません。ケースもついているため、収納や持ち運びにも便利です。

     

    ボトルをさかさまにしての使用は避けて下さい。初めての使用の前と使用後には、洗浄と消毒をしてください。煮沸・電子レンジ・薬液の消毒が可能です。洗浄と消毒後は乾燥させて、水滴などが残っていないか確かめてから保管して下さい。

    タイプ手動で口で吸うタイプ対象0ヶ月~
    第8位

    新鋭工業

    スマイルキュート KS-501

    価格:14,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ピンクでコンパクトなので子供も親しみやすい

    こちらは、特定管理医療機器になります。家庭内で使用する際には、注意を払って使って下さい。吸引力はツマミで調整することができます。そのため、小さな赤ちゃんには低い圧力から使って下さい。

     

    ツマミを調節すれば、ハイパワーな吸引力も出せます。ホースが汚れにくく、お手入れしやすいところもポイントです。鼻水吸引キットのオリーブ管は3種類ついており、先端のサイズや形状も違う為、鼻の大きさや状態によっても使い分けることができます。

     

    吸引ボトルは軽い力で蓋を開けることができます。取っ手が付いているため、片手でも簡単に持ち運びすることができるので便利です。子供から成人した大人まで使用できるところもポイントです。

    タイプ電動で据え置き対象小児から成人まで
    第7位

    チュチュベビー

    鼻水キュートル 2WAYタイプ

    価格:898円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    口で吸う事もポンプを使う事もできる

    こちらは、口で吸うこととポンプで吸い取る事の2種類のやり方が選べる鼻吸い器です。口で吸う時は、赤ちゃんの状態を確認しながら吸引力を調節できます。吸う大人の口に鼻水が入らない構造になっています。

     

    ポンプは、連続吸引ができるので吸引力が安定しています。空気弁がついているので、鼻の中に空気が吹き込まれる心配はありません。赤ちゃんや子供の鼻に当たる部分は、やわらかノズルを使用しているので安心です。

     

    パーツを分解して、洗浄と消毒をすることができます。煮沸、電子レンジ、薬液消毒することができますが、ジョイント部分は薬液消毒のみになっています。また、ケースは洗浄のみが可能です。

    タイプ手動の口で吸う、手動のスポイト(ポンプ)対象0ヶ月~
    第6位

    Aidee(エイディー)

    ポータブル型電動吸引器

    価格:4,175円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    チャイルドロック機能つきで安心

    こちらは、丸いフォルムでかわいい鼻吸い器です。カラーもピンクとブルーの2種類あり、好きな方を選ぶことができます。チャイルドロック機能がついており、電源ボタンを2度押しすることで起動します。

     

    新生児でも使える小さなシリコンノズルが付属しています。吸引レベルは2段階あり、電源ボタンを2回押すと弱になり、もう一度押すと強に切り替えられます。さらにもう一回押すと吸引が停止します。

     

    最初は弱から使用して下さい。本体以外は煮沸消毒も可能です。点滅サインで電池の交換時期を教えてくれます。点滅サインが出るまで吸引力は衰えません。30秒で自動電源オフするエコ設定になっているところもポイントです。

    タイプ電動のハンディ対象0歳新生児~
    第5位

    Poksun

    お鼻すっきり 鼻水吸引器

    価格:1,399円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    食品級のシリコーンノズル使用

    こちらは、柔らかい食品級のシリコーンノズルを使用した鼻吸い器です。赤ちゃんの鼻孔粘膜を守ります。進気弁と排気弁の二重弁デザインになっており、鼻水を吸う力は強く、鼻水が戻らないようになっています。

     

    連続吸引しても、逆流防止弁のおかげで鼻に鼻水や空気が入りません。計量でコンパクトなため、持ち運びにも便利です。使い方は、まずポンプを押して空気を抜き、そのあと子供の鼻にノズルを入れて握ったり離したりするだけです。

     

    吸った鼻水はボトルにたまります。パーツが簡単に外れるので、洗浄も消毒も楽に行えます。

    タイプ手動でスポイト(ポンプ)対象新生児~
    第4位

    Mini Dragon

    鼻水吸引器

    価格:4,780円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    低騒音で寝ている子供を起こさない

    こちらは、電動ですが低騒音なので寝ている子供や赤ちゃんの鼻水を吸い取れる鼻吸い器です。寝苦しそうな子供にも安心して使えます。柔らかいシリコンやABS樹脂などの安全な素材から作られた、0歳から7歳まで対応の子供用鼻吸い器になります。

     

    新生児の赤ちゃんにも使用できます。吸引力は3段階まで調節が可能です。そのため、サラサラしている鼻水からネバネバしている鼻水まで吸い出せます。先端ノズルは2種類あるので、子供の年齢やニーズによって使い分けることができます。

     

    赤ちゃん用はひょうたん型、2歳以上の子供はじょうご型になっています。ゆっくりした音楽を流す事ができ、カラフルなライトも付くので、鼻を吸われるのが嫌な子供の興味を引くこともできます。

    タイプ電動のハンディ対象0歳~7歳
    第3位

    シースター株式会社

    電動鼻水吸引器 ベビースマイル S-303

    価格:3,778円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    キャップ付きで持ち運びに便利

    こちらは、キャップ付きで持ち運びにも便利な電動の鼻吸い器です。ハンディタイプで、片手でラクラク使用できるので、もう片手で赤ちゃんを抱っこしながら使えます。静音設計なので、音が静かで寝ている赤ちゃんの鼻水も吸えます。

     

    水洗いもできるので、キャップやシリコンノズル、ポンプ内もサッと簡単に洗うことができます。単三アルカリ電池2本とシリコンノズル2本、予備パッキンが1つ付属します。第7回キッズデザイン賞を受賞しています。

     

    アルカリ電池を使用した場合は、一回平均5秒として、約1000回使用する事ができます。アフターフォローも万全なため、お客様サービスセンターに電話したら、鼻水吸引に詳しいスタッフがサポートしてくれるところもポイントです。

    タイプ電動のハンディ対象0ヶ月~
    第2位

    ピジョン

    電動鼻吸い器

    価格:12,690円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    洗浄ブラシ付きなのでお手入れ簡単

    こちらは、2種類の鼻ノズルのついた電動の鼻吸い器です。Sサイズの鼻ノズルは0ヶ月から、Mサイズの鼻ノズルは19ヶ月から大人まで使用できます。耳鼻咽喉科医と共同開発して作られました。

     

    フィット鼻ノズルは、鼻を傷つけにくいクッション構造になっています。パーツが少ないから分解と組み立てがしやすいです。チューブには空気のみが通り、鼻水は通らないので洗浄の必要はありません。セパレーターで鼻水をキャッチします。

     

    洗浄ブラシがついているので、部品のすみずみまで洗えるので清潔さを保てます。吸引はダイヤル式で細かく調整できます。収納バッグ付きなので、片付けや持ち運びにも便利です。こちらは特定管理医療機器のため、注意して使用してください。

    タイプ電動で据え置き対象Sは0ヶ月~、Mは19ヶ月~大人
    第1位

    シースター株式会社

    メルシーポット S-503

    価格:11,880円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ネバネバ鼻水もしっかり吸引

    こちらは、マザーズセレクション大賞2017を受賞した、ママたちの時短育児グッズとして定着している鼻吸い器です。新発想のべビちゃんクリップを使って吸引力をためてから指を離すと、鼻の奥にあるしつこい鼻水も一気に吸引する事ができます。

     

    面倒なツマミ操作は必要なく、スイッチを入れてノズルを赤ちゃんの鼻に入れるだけで鼻水が吸引できます。そのため、誰でも簡単に使う事ができます。スイッチを入れた後は10~20cc程度の水を吸引し、鼻水がこびりつかないようにチューブ内を濡らして下さい。

     

    お手入れは、チューブやノズルは使用後一日一回洗浄、吸引ボトルは使用のたびに水道水で流し、3日~一週間くらいに一回程度洗浄と消毒をしてください。消毒はミルトンや中性洗剤、キッチンハイターなどを使用して下さい。

    タイプ電動で据え置き対象

    鼻吸い器のおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5095654の画像

      シースター株式会社

    • 2
      アイテムID:5095659の画像

      ピジョン

    • 3
      アイテムID:5095655の画像

      シースター株式会社

    • 4
      アイテムID:5095661の画像

      Mini Dragon

    • 5
      アイテムID:5095662の画像

      Poksun

    • 6
      アイテムID:5095666の画像

      Aidee(エイディー)

    • 7
      アイテムID:5095667の画像

      チュチュベビー

    • 8
      アイテムID:5095671の画像

      新鋭工業

    • 9
      アイテムID:5095673の画像

      ピジョン

    • 10
      アイテムID:5095677の画像

      丹平製薬

    • 商品名
    • メルシーポット S-503
    • 電動鼻吸い器
    • 電動鼻水吸引器 ベビースマイル S-303
    • 鼻水吸引器
    • お鼻すっきり 鼻水吸引器
    • ポータブル型電動吸引器
    • 鼻水キュートル 2WAYタイプ
    • スマイルキュート KS-501
    • 鼻吸い器 お鼻すっきり
    • ママ鼻水トッテ
    • 特徴
    • ネバネバ鼻水もしっかり吸引
    • 洗浄ブラシ付きなのでお手入れ簡単
    • キャップ付きで持ち運びに便利
    • 低騒音で寝ている子供を起こさない
    • 食品級のシリコーンノズル使用
    • チャイルドロック機能つきで安心
    • 口で吸う事もポンプを使う事もできる
    • ピンクでコンパクトなので子供も親しみやすい
    • ケース付きで収納便利な口で吸うタイプ
    • 20年以上愛用されているロングセラー
    • 価格
    • 11880円(税込)
    • 12690円(税込)
    • 3778円(税込)
    • 4780円(税込)
    • 1399円(税込)
    • 4175円(税込)
    • 898円(税込)
    • 14800円(税込)
    • 590円(税込)
    • 699円(税込)
    • タイプ
    • 電動で据え置き
    • 電動で据え置き
    • 電動のハンディ
    • 電動のハンディ
    • 手動でスポイト(ポンプ)
    • 電動のハンディ
    • 手動の口で吸う、手動のスポイト(ポンプ)
    • 電動で据え置き
    • 手動で口で吸うタイプ
    • 手動で口で吸う
    • 対象
    • Sは0ヶ月~、Mは19ヶ月~大人
    • 0ヶ月~
    • 0歳~7歳
    • 新生児~
    • 0歳新生児~
    • 0ヶ月~
    • 小児から成人まで
    • 0ヶ月~
    • 0ヶ月~

    鼻吸い器を使う時のタイミングと使い方

    鼻吸い器を使用するタイミングは、鼻腔が暖まって湿っている時がおすすめです。具体的に言うと、お風呂上りや温かい食べ物を食べた後がいいでしょう。また、スチームを使って鼻を温めてあげたり、蒸しタオルを鼻の下に当てておく方法もあります。

     

    鼻水を吸う時は、頭をしっかり固定してあげて下さい。最初は弱い吸引力でゆっくりと吸ってあげてください。鼻の奥に入れたり、強い吸引力で吸うと鼻を傷つけてしまうおそれがあるので注意しましょう。使用後は濡れたガーゼなどで鼻を優しく拭いてあげて下さい。

    まとめ

    まだ上手に鼻をかめない赤ちゃんや子供のために、鼻吸い器を使って鼻水を出してあげれば、機嫌も直るし中耳炎予防にもなります。いちいち病院に行く手間も省けるので、鼻が詰まりやすい子にはぜひ用意してあげましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ