記事ID139022のサムネイル画像

【おしゃれで実用的】シャンプーボトルの人気おすすめランキング10選

100均からフランフランのようなおしゃれな雑貨屋まで多くのお店で扱っているシャンプーボトル。そんなおすすめのシャンプーボトルをランキング形式でご紹介。置くタイプのものから壁掛けタイプのものなどおすすめの選び方もご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

どんなシャンプーボトルを買うべき?

様々な店舗で目にするシャンプーボトル。そんなシャンプーボトルの中でもどんなものを選べばいいか自分なりに考えて購入してみましょう。

シャンプーボトルの中身を見せるかどうか

シャンプーボトルは大きく分けて2つの種類があります。それはシャンプーボトルの中身を見せるか見せないかの違いです。シャンプーボトルの中身を見せるものは透明かそれに近いもので、中に入っているシャンプーなどの量がひと目見て分かるタイプ。

 

そしてもう1つは、シャンプーボトルの中身をまったく見せないようにするタイプのものです。こちらはもちろん中身は見えませんが、生活感を感じさせずおしゃれなインテリア雑貨のような感覚で置けます。そうして実は自分のこだわりをしっかり持てるものなのです

浴室の雰囲気と一体化したものを

シャンプーボトルは浴室をコーディネートする際に、意外とおしゃれ感を出せるものの1つ。より浴室をすっきりおしゃれに魅せようと思うと、やはり浴室の雰囲気に合ったシャンプーボトル選びをすることは大切ですよね。

 

特にシャワー周りに置くのであれば、似たような色のものか、上記画像のように正反対のコントラストを出してすっきりスタイリッシュに見せるのもおしゃれの1つと言っていいでしょう。自分なりのこだわりを見せることができる部分でもあります。

シャンプーボトルの選び方

様々な店舗に売られている様々な種類のシャンプーボトル。どのような選び方があるのかご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

シャンプーの容量に合わせて選ぶ

シャンプーボトルはデザインもそうですが、1番大切なのはやはりシャンプーボトルの容量ですよね。ボトルのデザインだけでなく表記はきちんと見るようにしましょう。

大きめのものを選ぶ

シャンプーボトルは主に詰め替え用を入れる時に使用しますが、大きめの容量にしておけば、間違いなく便利に使いこなすことができます。詰め替え用の量によっては2回分程度の量をまとめてシャンプーボトル1本に収めることができるので詰め替え手間が少なくなります。

 

ですので、いつも使っているシャンプーの詰め替え用の容量を確かめてからシャンプーボトルを購入するようにしましょう。2回分を入れるつもりで購入しても入りきらずに微妙な量が残ってしまったら、かえって不便になりますよね。

 

詰め替え用1つ分ならば入るシャンプーボトルがほとんどですが、それでもきちんと詰め替え用の容量は確かめておきましょう。あわせてコンディショナーのボトルも購入しておくと、より便利に使いこなせますよ。

スリムなものを選ぶ

シャンプーボトルを置くことで浴室のスペースを狭くしたくないという人におすすめなのが、スリムタイプのシャンプーボトル。上記画像のようにスリムボディにもかかわらず大容量というタイプのものも多いので、邪魔にならずしっかり使いたい人におすすめです。

 

スリムタイプであればシャンプーとコンディショナーのボトルを並べて置いても、ものによっては通常の中身入りのシャンプーボトル1本分ぐらいの幅でおさまることもありますので、浴室が狭い場合でも幅を取らずに置いておくことができます。

 

またボトルラックを使用している人でも、幅広のタイプでは縦に並べて置けたり、幅が狭いタイプのラックでも横に並べて置けたりと、実はとても融通の利く形、それがスリムタイプのシャンプーボトルなのです。

詰め替え用袋を入れるタイプを選ぶ

シャンプーボトルは欲しいが、詰め替え用を入れる度に洗ったりすることが面倒だ、どうせならばきれいにシャンプーボトルを使いたいと思っている人におすすめなのが、詰め替え用をそのまま入れておくことができるタイプ。

 

シャンプーの種類をあれこれ試しながら変えている人にもおすすめで、シャンプーを使い終わるたびにその都度洗う手間も省けて、中はいつでもきれいに清潔な状態に保てるとても便利なタイプのシャンプーボトルとなっています。

 

ただし詰め替え用の全てに対応しているわけではありませんので、上記画像のようにその詰め替え用の量や大きさ適したシャンプーを使っている人に限ります。また透明感があれば、どのシャンプーを使っているかひと目で分かるのでとても便利ですよね。

機能性で選ぶ

シャンプーボトルにも機能性というものが存在しているのをご存知でしょうか。どういったものがあるのかご紹介していきます。

防カビ加工のものを選ぶ

シャンプーボトルを使う場所はやはり浴室が大半ですよね。浴室は湿気が多く、様々なカビが発生しやすい場所でもあります。シャンプーボトルも同様に浴室内にずっと置いておけばカビが発生することもあります。

 

そんなカビの影響を受けにくい防カビ加工のしてあるシャンプーボトルも存在しています。お気に入りのシャンプーボトルがカビてしまったという経験のある人や、シャンプーボトルを清潔に保ちたいという人は、ぜひ防カビ加工のシャンプーボトルがおすすめです。

 

防カビ加工があることでシャンプーボトルがカビにくく、それにより接しているラックや他のボトルなどにカビが発生しにくくなりますので、まさにいいことづくめですよね。ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか。

シャンプーを使いきれるものを選ぶ

シャンプーボトルを使う上で必ずと言っていいほど悩みの種ともいえるのが、ボトルの底に溜まっている残りわずかのシャンプーを使いきれないこと。逆さにしてみたり振ってみたりと洗髪中に苦労をしている人も多いのではないでしょうか。

 

そんな洗髪の際の悩みを無くすために作られたのが、シャンプーをきっちりと最後まで使いきれるように設計されたシャンプーボトル。ボトルの底の部分が上記画像のように斜めになっていたりV字のようになっているタイプのものなど多くのものが存在しています。

 

特にシャンプーボトルの底に多くのシャンプーが溜まりがちな人、逆さにしたりとそういった手間がストレスになっている人など、幅広い人におすすめできるシャンプーボトルがこちらのタイプとなります

洗いやすさで選ぶ

シャンプーボトルによっては注ぎ口がとても狭く、洗いづらいタイプのものも多いですよね。シャンプーを詰め替える度にしっかりきれいに洗いたい人におすすめなのが、この注ぎ口が広いタイプのものになります。

 

広口であれば側面はもちろんのことボトルの底まで洗うことができますので、次のシャンプーの詰め替え用を注ぐ際には、いつでも新品同様のきれいな状態でシャンプーボトルを使うことができて清潔感もあります。

 

また広口であれば詰め替え用を注ぐ際にもこぼれることなく注ぐことができるので、無駄なくシャンプーを使うことができます。あわせてコンディショナーやボディソープも揃えておくと、とても便利に使いこなすことができますよ。

お店で選ぶ

シャンプーボトルは多くの店舗で様々なデザインや大きさのものが扱われています。どのシャンプーボトルが自分にとって最適なものか、ぜひお店をまわって比較してみましょう。

100円均一のお店で選ぶ

シャンプーボトルを1番手ごろに手にすることができるのは、100円均一のお店です。様々な大きさのものがある上にデザイン性も豊富なので、自分の浴室の雰囲気に合わせたものや好きなデザインのものを気軽に購入することができます。

 

また100円均一のお店でもダイソーやセリアなど店の種類によってシャンプーボトルの大きさや容量、デザインも全然違いますので、様々な100円均一のお店をまわって自分の好きなシャンプーボトルを探してみるのも楽しいですよ。

 

シャンプーボトルは消耗品でもあるため、100円均一ということもあり気に入ったシャンプーボトルが見つかった際にはいくつかまとめ買いをしておくと、その都度気分などに応じて使い分けたりちょっとした気分転換にもなります。

無印良品で選ぶ

シンプルかつスタイリッシュなデザインが人気の無印良品でも、シャンプーボトルはいくつか売り出されています。形も色もとてもシンプルなので、どんなご自宅の浴室でも合うこと間違いなし。もちろん無印良品好きの人にもおすすめのものとなっています。

 

上記画像のように透明感のあるタイプであればシャンプーやコンディショナー、またボディソープとひと目で見分けられたり、また同時に何がどれだけ残っているのかも分かりますので、詰め替え用の購入時期も目に見えて分かりとても便利ですよね。

 

また浴室を無印良品で統一している人にもおすすめです。まとまり感のある浴室というのは、いつ見てもすっきり見えるものです。シンプルなデザインのシャンプーボトルが使いたいという人にもおすすめですよ。

フランフランで選ぶ

フランフランといえば、おしゃれな雑貨が数多く取り揃えられているお店です。バスタイムに必要不可欠でおしゃれ感のあるグッズも存在していますが、もちろんシャンプーボトルも取り扱っています。

 

シンプルなデザインよりも、ちょっとしたおしゃれ感や高級感をシャンプーボトルで出したいという人におすすめのお店となっています。シャンプーボトルにおしゃれ感や高級感を出すだけで浴室が華やかになって、よりおしゃれな空間を演出してくれます。

 

また様々な形や色も取り扱っていますので、似たようなカラーリングで浴室をスタイリッシュに魅せるもよし、あえてコントラストなどアクセントのような色や形のものを買って置くもよし。是非この機会に浴室をおしゃれにしてみてはいかがでしょうか。

ニトリで選ぶ

お値段以上というキャッチフレーズでおなじみのニトリ。多くのバスグッズを取り扱っているニトリにも、もちろんシャンプーボトルはあります。大きさもデザインもさることながら種類も豊富なので、お気に入りのものが見つかりやすい利点があります。

 

価格も幅広いので自分の予算に合わせて選ぶこともでき、デザインもシンプルなものから素材感の違うものまで幅広く取り扱っています。また、浴室の雰囲気に合わせたり自分の好みに合わせて選んだり、選択肢がいくつもできるのが特徴です。

 

ご自宅の他のバスグッズがニトリで揃えているものならば、似たような色でシャンプーボトルを揃えるもよし、実用的に詰め替え用の容量に合わせて便利性を重視するもよし。シャンプーボトル探しの候補の1つにぜひおすすめです。

シャンプーボトルの人気おすすめランキング10選

第10位

IRETION

詰め替えボトル

価格:1,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3本セット

シンプルなデザインのこちらのシャンプーボトルは、3本セットになっています。そのため、1人暮らしの人はシャンプーに加えコンディショナーやボディソープもお揃いで、家族が多い人はそれぞれのシャンプーを入れたり、使い方が幅広くとても便利です。

 

スクエアボトルですので隙間なく並べることができて、見た目もすっきり。ラックや浴室の空いた場所に置いてもちょっとしたインテリア雑貨として魅せることができて、浴室をよりおしゃれな空間にできること間違いなしです。

 

このシャンプーボトルはクリアタイプのものですので、ボトルの中身がどれほどあるのかひと目で分かるので詰め替え用を購入する時期も分かってとても便利です。ラベルは防水ラベルですので湿気や水気に強く、剥がれることもありません。

本体サイズ6.7×6.7×19.5cm容量600ml(ノズル上げ時21.5cm)
素材PETG樹脂
第9位

リス

ディスペンサー

価格:331円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防カビ加工

とてもシンプルな形状とデザインのこちらのシャンプーボトルは、防カビ加工されたボトルとなっています。そのため湿気が多い浴室にずっと置いておいてもカビが発生しにくくなり、長い間清潔に使うことができます。

 

カラーリングはこの商品画像にあるホワイト以外にも、ブルー、パステルピンク、パステルグリーンと幅広く取り揃えていますので、ご自宅の浴室の雰囲気に合わせたカラーのシャンプーボトルを購入してみるのもいいでしょう。

 

開口部が広いので詰め替え用を入れる時にも簡単に入れることができ、こぼれることもないので無駄なく注ぎ込むことができます。また汚れも付きにくく洗いやすいので、お手入れも簡単にすることができます。

本体サイズ約8.7×20×8.7cm容量575ml
素材本体/ポリプロピレン、ポンプ/ポリプロピレン・ステンレス鋼
第8位

リビング

ポンプボトル

価格:1,187円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スクエアポンプボトル3本セット

このシャンプーボトルは3本セットになっており、それぞれボトルには、シャンプー、コンディショナー、ボディソープと書かれているため、それぞれ入れ間違うことなく入れることもでき、それぞれを使う際にも間違うことなく使うことができます。

 

カラーリングは白がかった半透明のものになっており、中身がうっすら見えるだけですので、中身が見えるのが嫌な人でもそこまで気にせず使うことができます。形はスクエアですので並べて置くとすっきりと見せてくれます。

 

また素材はプラスチック製ですのでお子様が使う時にもボトル自体は軽く、ポンプ部分も押しやすくなっていますのでご家族全員で使うことができるのも魅了的です。ぜひご家庭に1セットいかがでしょうか。

本体サイズ約6.6×6.6×21.8cm、ポンプ収納時の高さ:約19.3cm容量600ml
素材プラスチック製
第7位

無印良品

PET詰替ボトル

価格:1,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアタイプのシャンプーボトル

こちらの商品は無印良品のシャンプーボトルとなっています。無印らしくシンプルなデザインで使いやすく、ボトル自体もクリアタイプなので中身の残量をひと目で見て把握することができますので、詰め替え用を購入する時期を的確に把握することができます。

 

ラベルも大きくなく最小限の大きさとデザインですので、うるさいデザインが苦手な人でもあまり気にせずに使うことができ、容量も600mlと使いやすい大きさですので老若男女問わず誰でも使いやすいシャンプーボトルとなっています。

 

無印良品で浴室を揃えているご家庭やあまり着飾らずにシンプルな雰囲気の浴室にしたいという人には、ぜひおすすめのシャンプーボトルです。コンディショナー用やボディソープ用も買い揃えて並べて使っても、すっきり見せることができますよ。

本体サイズ 67.5×67.5×高さ195mm(ノズル上げ時219mm)容量600ml
素材 本体:PET、ポンプ:PP・PE
第6位

山崎実業(Yamazaki)

ディスペンサー

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2wayのディスペンサー

こちらのシャンプーボトルは2way仕様となっており、詰め替えをする際にシャンプーボトルの中に直接その詰め替え用を注ぎ込むか、その詰め替え用の上部をハサミで切って袋ごとシャンプーボトルの中に入れて使うこともできるためとても便利です。

 

直接注ぎ込む場合には開口部がとても広いので、詰め替え用の袋をハサミで大きく切りすぎてもこぼれることなく無駄なくシャンプーボトルの中に注ぎ込むことができます。袋ごとの場合にはシャンプーボトル本体が汚れることなく清潔に保つことができます。

 

またデザインも高級感あふれるちょっとした贅沢品のようなデザインとなっているため、浴室もおしゃれにしたいと思っている人にはおすすめのシャンプーボトルとなっています。ボトルの底はゴム製になっていますので、滑りにくく安全に使ったり置いておけます。

本体サイズ約5.5×11.5×24cm容量カバー・ポンプ/ABS樹脂、パイプ/ポリエチレン、台座/エラストマ
素材550ml
第5位

アスベル

ディスペンサー(N550)

価格:787円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最後まで使える底面湾曲構造

このシャンプーボトルの特徴の1つとして、ボトルの底面が湾曲構造となっています。従来のシャンプーボトルでは底に残りがちだったシャンプーも、湾曲構造にすることによりそこに残りが集結しやすくなるため、ポンプで最後までシャンプーを使いきることができます。

 

またボトル自体もクリアタイプのものですので、シャンプーなどの残量がひと目で確認することができ、ポンプも大きめですので老若男女問わず誰でも使いやすい構造となっています。開口部も大きめですので、詰め替える際にも簡単にできます。

 

用途シール付きですのでシャンプーやコンディショナー、ボディソープといった似たようなものに名前を書いて貼っておくことができます。そうすることで、ひと目でその液体が何なのか分かるので便利ですよね。

本体サイズ約7.3×8.7×22.5cm容量550ml
素材本体・フタ/飽和ポリエステル樹脂、パッキン/シリコーンゴム、ポンプ/ABS(クロームメッキ)・PP・ステンレス鋼・発泡PE
第4位

レック(LEC)

ディスペンサー

価格:933円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

袋ごと入るスリムタイプ

このシャンプーボトルを開発している会社は、激落ちくんなどでおなじみのレック。そんなレックのシャンプーボトルは工夫している点がたくさんあります。まずはそのボディ。スリムタイプなので置いておくにも場所を取らず気軽にどこにも置けます。

 

またクリアタイプのシャンプーボトルですので、シャンプーなどの残量がひと目で把握でき、詰め替え用の購入時期を正確に把握することができます。また開口部の部分にはパッキンが付いているため、液体も漏れにくくなっています。

 

このシャンプーボトルの底の部分は内側が斜め構造となっているため、常にシャンプーなどの液体がそこへと流れ込んでいくため、底に溜まった液体をポンプで最後まで吸い上げ使うことができるので無駄なく使うことができます。

本体サイズ12×7×23cm容量850ml
素材
第3位

BENQUE

ソープディスペンサー

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

壁掛けタイプ

こちらのシャンプーボトルは壁掛けタイプのものとなっており、3本セットになっているためシャンプーだけでなくコンディショナーやボディソープなど一緒に入れて使うと、浴室のワンポイントおしゃれになるだけでなく、ちょっとした高級感も出すことができます。

 

ボトル部分はクリアタイプですので、シャンプーなどの残量がひと目で分かりますので、それぞれ詰め替え用の購入時期を正確に把握もできてとても便利です。置くタイプよりも壁掛けタイプの方が使いやすいという人におすすめのシャンプーボトルとなっています。

 

開口部もとても広いため詰め替え用を入れる時にもそれぞれ簡単に入れることができ、それぞれが500mlと容量が多めですので頻繁に詰め替え用を注ぎ足す手間もなく使うことができます。分かりやすい構造ですので初心者でも簡単に設置することができます。

本体サイズ1つ分(横8cm×縦24cm)容量500ml(シングル 1連) / 1,000ml(ツイン 2連)/ 1500ml (トリプル 3連)
素材
第2位

アイメディア

スリムna詰め替え用お手軽ポンプ

価格:560円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

袋ごと使えるシャンプーボトル

こちらのシャンプーボトルは、詰め替え用の袋ごと入れて使うことができるタイプとなっているため、シャンプーボトル自体を汚すことなく清潔に保ちながら使うことができるので、とても便利なタイプとなっています。

 

また形状も三日月形のスリムタイプのシャンプーボトルとなっているため、置いておくにもスペースをとらないため、シャンプーだけでなくコンディショナー用、ボディソープ用と同じものを使って並べてもすっきり見せてくれます。

 

カラーリングはホワイト、ピンク、ブルーの3色となっており、浴室の雰囲気や自分のお好きなカラーに合わせて選んでみるのもいいでしょう。500mlまでの詰め替え用に対応しているため、普段使っている詰め替え用の容量を確かめてから購入するようにしましょう。

本体サイズ約7.5×15.5×26cm容量500mlまで
素材材質/本体:ポリプロピレン/ポンプ:ポリプロピレン
第1位

simplehuman (シンプルヒューマン)

ウォールマウントポンプ(BT1029)

価格:13,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

壁掛けタイプの3連ボトル

こちらのシャンプーボトルは、壁掛けタイプのものになります。これを手掛けているのはアメリカのトップブランドであるシンプルヒューマン社。どんな空間にも合うシンプルなデザインで機能的なものをコンセプトに作られた1つがこの壁掛けタイプです。

 

取り付けは壁に穴をあけることもなく、付属の接着剤で簡単に取り付けることができますので、浴室の壁などを傷つけることなく安心して取り付けご使用いただけます。また使用する際にも押す強さで出る量も調節できて、とても便利です。

 

デザインはとても高級感があり、浴室のおしゃれを追求したい人にはもってこいのシャンプーボトルとなっています。ボトルもクリアタイプなのでひと目で残量を確認することができ、開口部も広いことから付け足しする際にもボトルを汚さず付け足せます。

本体サイズW32×D9.4×H24.5cm容量444ml
素材ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、タンク/SAN(スチレン・アクリロニトリル)樹脂

シャンプーボトルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5097240の画像

    simplehuman (シンプルヒューマン)

  • 2
    アイテムID:5097239の画像

    アイメディア

  • 3
    アイテムID:5097238の画像

    BENQUE

  • 4
    アイテムID:5097236の画像

    レック(LEC)

  • 5
    アイテムID:5097235の画像

    アスベル

  • 6
    アイテムID:5097234の画像

    山崎実業(Yamazaki)

  • 7
    アイテムID:5097233の画像

    無印良品

  • 8
    アイテムID:5097230の画像

    リビング

  • 9
    アイテムID:5097229の画像

    リス

  • 10
    アイテムID:5097226の画像

    IRETION

  • 商品名
  • ウォールマウントポンプ(BT1029)
  • スリムna詰め替え用お手軽ポンプ
  • ソープディスペンサー
  • ディスペンサー
  • ディスペンサー(N550)
  • ディスペンサー
  • PET詰替ボトル
  • ポンプボトル
  • ディスペンサー
  • 詰め替えボトル
  • 特徴
  • 壁掛けタイプの3連ボトル
  • 袋ごと使えるシャンプーボトル
  • 壁掛けタイプ
  • 袋ごと入るスリムタイプ
  • 最後まで使える底面湾曲構造
  • 2wayのディスペンサー
  • クリアタイプのシャンプーボトル
  • スクエアポンプボトル3本セット
  • 防カビ加工
  • 3本セット
  • 価格
  • 13900円(税込)
  • 560円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 933円(税込)
  • 787円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 1299円(税込)
  • 1187円(税込)
  • 331円(税込)
  • 1699円(税込)
  • 本体サイズ
  • W32×D9.4×H24.5cm
  • 約7.5×15.5×26cm
  • 1つ分(横8cm×縦24cm)
  • 12×7×23cm
  • 約7.3×8.7×22.5cm
  • 約5.5×11.5×24cm
  • 67.5×67.5×高さ195mm(ノズル上げ時219mm)
  • 約6.6×6.6×21.8cm、ポンプ収納時の高さ:約19.3cm
  • 約8.7×20×8.7cm
  • 6.7×6.7×19.5cm
  • 容量
  • 444ml
  • 500mlまで
  • 500ml(シングル 1連) / 1,000ml(ツイン 2連)/ 1500ml (トリプル 3連)
  • 850ml
  • 550ml
  • カバー・ポンプ/ABS樹脂、パイプ/ポリエチレン、台座/エラストマ
  • 600ml
  • 600ml
  • 575ml
  • 600ml(ノズル上げ時21.5cm)
  • 素材
  • ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、タンク/SAN(スチレン・アクリロニトリル)樹脂
  • 材質/本体:ポリプロピレン/ポンプ:ポリプロピレン
  • 本体・フタ/飽和ポリエステル樹脂、パッキン/シリコーンゴム、ポンプ/ABS(クロームメッキ)・PP・ステンレス鋼・発泡PE
  • 550ml
  • 本体:PET、ポンプ:PP・PE
  • プラスチック製
  • 本体/ポリプロピレン、ポンプ/ポリプロピレン・ステンレス鋼
  • PETG樹脂

シャンプーボトルを使う時に覚えておきたいこと

シャンプーボトルを使う時に覚えておいてほしいことをいくつかご紹介します。よければ参考にしてみてくださいね。

ラベルやシールで分かりやすくしておく

上記画像のように、それぞれの液体に対してどの液体のボトルなのか最初から表記されているものであれば間違い用がありませんが、中には表記されていないものもたくさん存在しています。そのため自分で分かりやすくするためシールなどを貼っておくことがおすすめ

 

特に全く同じデザイン、同じカラーで揃える場合、例えクリアタイプで中身が見えたとしてもどのボトルがどの液体なのか書いていなければ分かりにくく間違ってしまいがち。特に家族で同じものを使う際には必ず書いておくようにしましょう。

シャンプーボトルはその都度洗う

袋ごと入れるタイプのシャンプーボトルであればいいのですが、直接注ぎ込むタイプのシャンプーボトルは、どうしても内側にいくらか液体が残りがちですよね。全く同じものを注ぎ足すのであれば問題ありませんが違う種類を使う場合には、1度洗うようにしましょう

 

洗わなかったらどうというわけではありませんが、やはり異なる種類の液体を入れる際には1度洗った方が清潔感もあり底の部分で混じることもありませんので気分よく使えますよね。洗う際には簡単にという人は開口部が広いタイプのシャンプーボトルをおすすめします。

まとめ

金額も種類も大きさも様々なシャンプーボトル。自分やご家族などの使用目的に合わせて選んだり、浴室の雰囲気に合わせて選んでみると快適に、なおかつおしゃれなバスタイムを過ごすことができますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ