記事ID139008のサムネイル画像

【2019年最新版】パワーメーターのおすすめランキング10選をご紹介

パワーメーターはロードバイクに乗る人には便利なアイテムです。パワーメーターはタイプなど確認することで自分に合うパワーメーターを選ぶことができます。今回はそんなパワーメーターの人気おすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

パワーメーターで走りの質を解析

パワーメーターというのは自転車を漕ぐ際のべダルに踏み込む力を測定することのできる計器のことを指します。プロライダーの人によっては必要不可欠なもので、最近ではトレーニングを重視としたシリアスライダーの人も持っている人が多いです。

 

パワーメーターは出力の単位をW(ワット)として数値化します。それによって、自分の走りがどのようなものか客観的に知ることができますので良く自転車を漕ぐ人は便利ですのでとてもおすすめです。

 

このように、自分の走りのパワーを確認することができますし、自転車で走った後のデータやコンディションなどもしっかり知ることができ、走りの質を解析できるのがパワーメーターの魅力になっています。

パワーメーターの選び方

自転車を漕ぐ際のペダルに踏み込む力を測定することのできるパワーメーターではありますが、簡単にパワーメーターと言っても初めて購入を考えている人はどのようなことを基準にしてパワーメーターを選べば良いのか不安でしょう。

 

パワーメーターには様々な種類のものがありますし、自分に合うパワーメーターを選びたいのであれば、メインとなる機能がどのようなものかを事前にしっかりと確認しておく必要があります。

 

パワーメーターの種類やメイン機能などを事前に知っておくことで、自分に合ったパワーメーターを選ぶことができます。長く使用するものですので後になって後悔しないようにしっかり自分に合ったパワーメーターを選びましょう。

メイン機能で選ぶ

パワーメーターにはメイン機能と呼ばれるものがあります。このメイン機能はとても大切なものですので、パワーメーターを選ぶ際にはしっかりメイン機能を確認することがとても大切になってきます。

 

パワーメーターのメイン機能は、主にペダルを回す時の力を計測する機能ペダリングの力の方向だけでなく、強度なども表示してくれる機能があります。それだけでなく、踏力がどれだけペダルに伝わっているのかを測定する機能もあります。

 

それから、ログによってパソコンやスマートフォンでライドを記録したり解析することができる機能もあります。このように、パワーメーターにはいろんなメイン機能がありますので購入する際にはしっかり確認してから購入すると良いでしょう。

タイプで選ぶ

パワーメーターを選ぶ際には機能を確認するだけでなく、パワーメーターのタイプを確認することも重要になってきます。パワーメーターには様々なタイプのものがありますので購入する前に覚えておくと良いでしょう。

 

例えば、一番ポピュラーなタイプの「クランク」というのは左右クランクによって歪みを計測することができるもので、ペダルの軸にセンサーが組み込まれているタイプの「ペダル」というタイプなどがあります。

 

このように、パワーメーターには様々なタイプのものがあり、タイプによって特徴が変わってきますので、パワーメーターを選ぶ際はタイプを確認して自分に合ったタイプのものを選ぶようにしましょう。

クランクタイプ

パワーメーターには様々なタイプがありますが、一番ポピュラーなタイプが「クランクタイプ」になっています。または「クランク取り付けタイプ」とも呼ばれています。ポピュラーで人気が高いタイプなのでおすすめです。

 

クランクタイプのパワーメーターは左右クランクで歪みを計測することができるのが特徴になっています。それから、パイオニア製のものは片側クランクのみで計測することができるものもあります。

 

パイオニア製のクランクタイプのパワーメーターのように片側クランクのみで計測することのできるものもありますが、クランク長を替えたい場合には、買い替える必要があるというデメリットもあります。シマノ製のクランク一体型タイプも同様です。

ペダルタイプ

パワーメーターには様々なタイプがありますが、ペダルの軸にセンサーが組み込まれているタイプが「ペダルタイプ」になっています。ペダルタイプのパワーメーターはGARMIN製のものが代表的になっています。

 

ペダルタイプのパワーメーターはペダル軸にセンサーが組み込まれていてペダリングする時の歪みによって計測することができるのが特徴になっています。ペダリング時はライダーの力が最初に伝達しますので誤差が少ないです。

 

ペダルタイプは簡単に取り付けすることができるのも魅力です。また、クランクを替えたとしても対処することもできます。ですが、ルック・ケオしかクリート式が対応していないというデメリットもあります。

ハブタイプ

パワーメーターには様々なタイプのものがありますが、ホイールのハブ軸にセンサーが組み込まれているタイプが「ハブタイプ」になっています。ハブタイプのパワーメーターはPOWERTAP製のものが代表的になっています。

 

ハブタイプのパワーメーターはチェーンがスプロケにかかって動く際にハブの歪みを測定することができるのが特徴になっています。POWERTAP製のものがとても有名で初めから同ハブで組まれているホイールなどもあります。

 

ですが、POWERTAP製以外の市販のホイールなどへの取り付けは少々難しいため初心者には向いてないのがデメリットです。そのため、初心者でハブタイプのパワーメーターを選ぶ際はプロショップなどに依頼することをおすすめします。

バイクに適合するかで選ぶ

パワーメーターを選ぶ際は、そのパワーメーターがバイクに適合するのかをしっかり確認して選ぶ必要があります。特にペダルが一体型のタイプのものは、特定のメーカーのクリートに限定されていますので注意する必要があります。

 

それから、ホイール取り付けタイプのパワーメーターはホイールを選ぶ時の自由度があまりないというデメリットもあります。たくさんのホイールを持っている人は気にする必要はありませんが、持っていない場合はホイールタイプ以外のものを選ぶと良いでしょう。

 

このように、パワーメーターには適合するバイクと適合しないバイクなどがありますので、パワーメーターの購入を考えている場合は自分がどのようなバイクに乗っているのかも確認する必要があります。

バッテリーの容量で選ぶ

パワーメーターを選ぶ際には、パワーメーターのバッテリー容量をしっかりと確認することもとても大切です。自分がどのくらいのバッテリー容量のものが欲しいのかを事前に決めておくと見つけやすいでしょう。

 

パワーメーターの一般的な稼働時間は120~180時間のものが多いです。また、容量が大きいものだと長くて200時間以上稼働することのできるものもあります。そのため、長い時間使うことのできるものが欲しければ容量が大きいものがおすすめです。

 

主にUSBを接続して手軽に充電することができますが、充電方法も確認しておくと良いでしょう。レースやロングライドの時は残りのバッテリーをしっかり確認しながら走るようにしましょう。

取り付け方法で選ぶ

パワーメーターを選ぶ際には、取り付け方法を確認することもとても大切になってきます。パワーメーターをせっかく購入しても自分で取り付けることができなければ使えません。そのため、取り付け方法を確認して自分で取り付けることができそうなものを選びましょう。

 

それから、いくつものロードバイクを持っており、複数のロードバイクに1台のパワーメーターを使いまわしたいと考えている人は、パワーメーターを何度も取り外す必要がありますので、どれだけ簡単に取り付けることができるかも重要な点になってきます。

 

また、簡単に取り付けることのできるパワーメーターを選ぶことでストレス軽減にも繋がります。パーツのみの交換がしやすいものが良いと思えばホイールタイプかペダルタイプのパワーメーターがおすすめになっています。

値段で選ぶ

物を購入する際に一番気になるのは値段です。パワーメーターの値段もとても気になる点でしょう。パワーメーターを選ぶ際には、しっかり値段を確認して自分の手の届く値段の自分に合ったパワーメーターを選ぶことをおすすめします。

 

パワーメーターの基本の値段は年々下がっている傾向にあります。そのため、10万~20万くらいの値段で購入できるものも多く存在します。ハイエンド製品のものであれば計測値の制度が高いですし、耐久性に優れているのが特徴です。

 

安価な製品であれば計測値の制度は少々下がりますし、計測値の種類も少ないのが特徴になっています。安価な製品は種類が少ないなどのデメリットはありますが、手が届きやすいですし、初めてパワーメーターを購入する人にはとてもおすすめです。

 

 

メーカーで選ぶ

パワーメーターを選ぶ際にはメーカーを確認することも重要になってきます。パワーメーターはいろんなメーカーのものがあり、メーカーによって特徴など変わってきますので確認しておきましょう。

 

パワーメーターの代表的なメーカーと言えば「シマノ」「stages」などがあります。そして、メーカーごとに工夫してゴルフグリップが作られていますので特徴や性能が分かれています。

 

例えばstagesのパワーメーターは左クランクアームを交換するだけで導入することができるシンプルで使いやすいものなどあります。それから、シマノのパワーメーターはバッテリー内蔵されているパワーメーターなども取り扱っています。

stages

パワーメーターにはいろんなメーカーのものがありますが、代表的なメーカーの一つが「stages」です。sutagesのパワーメーターは徹底的な小型化が特徴になっていますので軽いのが魅力です。

 

それから、左クランクを交換するだけで使用することができますので、手の届きやすい価格でコスパが良いのもメリットです。また、気温補正機能や完全防水機能なども付いてますので使いやすいです。

シマノ

「シマノ」も代表的なメーカーの一つになっています。シマノのパワーメーターは話題になったものがあり、それがシマノ初のパワーメーター一体型クランクの「FC-R9100-P」になっています。

 

パワーメーター一体型クランクのFC-R9100-Pはデザインもとてもかっこよくて、左右独立のセンサーによってパワー出力値など様々な関連データを測定することができるのがメリットです。

4iiii

パワーメーターの代表的なメーカーの一つである「4iiii」。4iiiiはstagesと同じように左側のクランクを交換するだけで使用することのできるパワーメーターを取り扱っているのが特徴です。

 

4iiiiはツール・ド・フランスなどにも出場経験のあるクイックステップチームの公式機材としてのスポンサードをしているため、丈夫な製品になっていますおり安心感がありますのでおすすめです。

ジャイアント

パワーメーターの代表的なメーカーの一つである「ジャイアント」。ジャイアントのパワーメーターと言えば「POWER PRO」になっています。POWER PROはライダーにとってパワーという指標がスタンダードになってほしいということで開発されました。

 

POWER PROは設定方法が簡単で性能も信頼できますのでとても魅力の多いパワーメーターです。POWER PROにを使用することによって効果的なトレーニングを行うことができるでしょう。

パワーメーターの人気ランキング10選

第10位

シマノ(SHIMANO)

FC-R9100-P パワーメーター内蔵

価格:139,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定したパワー測定

こちらのパワーメーターは正確なひずみゲージによって、どのようなペダリングポジションでも安定してパワー測定をすることができるのが特徴になっているシマノのパワーメーターになります。

 

このパワーメーターには充電式バッテリーが内蔵されています。充電式バッテリーが内蔵されているため、トラブルなどを軽減してくれるというメリットがあります。トラブルを軽減できるのはとても助かります。

 

また、充電式バッテリーが内蔵されているだけでなく、ワイヤレスによりファームウェア更新システムも搭載されている魅力もあります。トラブルを軽減してくれるパワーメータでストレス軽減にも繋がりますのでおすすめです。

 

 

機能充電式バッテリー重量1.2kg
第9位

Favero

Uno側ペダルbased power meter

価格:79,484円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取り付け簡単

こちらのパワーメーターは簡単に取り付けることのできるのが特徴のファヴェロのパワーメーターになります。このパワーメーターの計測精度はとても正確に計測できるのが魅力になっています。

 

それから、LAVパワーで計測することによって角速度の変化にも対応することができ、しっかり計測してくれます。パワーメーターのバッテリーは充電式で、最大で50時間以上使用できるのもとても良い点です。

 

また、スマートフォンとBluetoothで通信することもできますのでとても利便性が高いのもメリットの一つでしょう。長い時間使用したいと考えている人は最大で50時間以上も使えることができますのでとてもおすすめです。

機能重量1.2㎏
第8位

Garmin

Vector 3

価格:137,970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムで使いやすい

こちらのパワーメーターはベクター3というガーミンのパワーメーターになっています。このパワーメーターはスリナに作られています。そのため、使いやすいのが特徴になっています。

 

このパワーメーターの稼働する時間は最大で120時間です。最大で120時間稼働することができるのはとても魅力です。最大で120時間稼働することができますので、稼働時間の心配をする必要がありません。

 

ペダルポッドをなくしており、シャウト部分に搭載しているスリムなパワーメーターですので、スリムで使いやすいパワーメーターを求めている人にはとてもおすすめの製品になっています。

機能重量662g
第7位

SARIS CYCLING GROUP

PowerTap G3

価格:63,218円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広く使用できる

こちらのパワーメーターはパワータップによる定番のハブG3というパワーメーターになっています。このパワーメーターの重量は322gでとても軽いですのでとても使いやすいのが特徴になっています。

 

電子部にハブジェルを外付けしていますので、リペアの効率だけでなくメンテナンスの効率もとても上がります。そのため、メンテナンスがしやすいものを求めている人におすすめです。

 

使いやすいパワーメーターで、初心者からアスリートまで使うことができます。幅広く使用されているパワーメーターなので、初めてパワーメーターを購入する人にもおすすめできる製品です。

機能重量322g
第6位

SARIS CYCLING GROUP

GS リアハブ

価格:63,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衝撃に強い

こちらのパワーメーターはパワータップによるGSというパワータップになります。ストレートプルスホーク方式のパワーメーターです。内側にセンサーなどをおさめており、精度も高くて衝撃に強いのが特徴です。

 

このパワーメーターはスターラチェットシステムである「DT Swiss 240S」にパワーメーターを組み込んでいるハブ型のパワーメーターになってます。それから、フロント用とリア用があります。

 

フロント用とリア用があり、初めから搭載されている完組ホイールも豊富です。また、タワータップからはチェーンリング型のものとペダル型のものがリリースされていますので確認してみてください。

機能DTスイス重量325g
第5位

P1ペダル

価格:132,639円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取り付けが簡単

こちらのパワーメーターはP1ペダルというパワータップによるパワーメーターになっています。このパワーメーター他のものと比べて簡単に取り付けることのできるところが魅力になっています。

 

バッテリーやトランスミッターを内包しているデザインになっており、すっきりとしている見た目が特徴です。それから、破損する心配を軽減してくれてるのもメリットの一つでしょう。

 

歪みゲージは各ペダル8か所に配置されています。8か所に配置されているため負荷を算出することができます。そのため、精度の高い計測をすることができますのでおすすめのパワーメーターです。

機能重量794g
第4位

FSA

パワーメーター

価格:98,473円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロが認める

こちらのパワーメーターはFSAによるK フォースライト386というパワーメーターになっています。このパワーメーターはプロが認めるほどの製品でとても信頼性が高いのが特徴です。

 

モノコックコンポジットアームというものを採用しています。このモノコックコンポジットアームが採用されているため剛性が高く軽いです。電源には単3乾電池を使用します。単3乾電池はどこにでも販売されているので手軽に購入できます。

 

それから、オリジナルのパワーコントロール、コンピューター以外でも使用できます。そのため、汎用性が高いです。汎用性の高いパワーメーターを求めている人にはとてもおすすめです。

機能モノコックコンポジットアーム重量454g
第3位

SARIS CYCLING GROUP

ストラップ型パワーメーター

価格:14,124円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽に計測

こちらのパワーメーターはパワータップによるストラップ型のパワーメーターになっています。ストラップ型のパワーメーターですので、手軽に計測することができるのがメリットです。

 

このパワーメーターは値段が普通のパワーメーターと比べてとても安いのが魅力です。そのため、パワーメーターが欲しいけど高くて手が出すことができないという人にとてもおすすめです。

 

ですが、短時間のトレーニングでのデータ精度が粗いところ、リアルタイムでの力の変動幅が大きいところなどデメリットがあります。そのため、このようなデメリットも確認しておきましょう。

機能重量113g
第2位

Power Tap

C1チェーンリング

価格:104,301円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定性と耐久性

こちらのパワーメーターはC1チェーリングというパワータップによるパワーメーターになります。チェーンリング式モデルのパワーメーターでハブ式並みの精度を誇っているのが特徴になっています。

 

優れた計測精度を持っており、耐久性と安定性に優れているのが魅力です。それから、独自の計算プロトコルによって出力の左右差も計測することが可能ですので、とても便利な製品です。

 

また、今まで使用していたクランクをそのまま使用することができるのも嬉しい点です。クランクをそのまま使用できますのでクランクなどを改造する必要がありません。クランク周りが壊れた際の対応も簡単です。

機能重量295g
第1位

GARMIN(ガーミン)

ベクター2S J

価格:101,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

拡張性が高い

こちらのパワーメーターはベクター 2S Jというガーミンによるパワーメーターになっています。このモデルのパワーメーターは高価なもので、限られた人にしか使用できませんでした。

 

ですが、左右のペダルににあったセンサーを左側のみにして、手の届きやすい価格で販売することを実現したモデルがこの製品になっています。拡張性が高いので自分のレベルに合ったアップグレートをできるのが魅力です。

 

平均パワーやトレーニングストレススコア、パワーゾーンなどの計測を行うことはできますし、上位機種に引けをとらないモデルです。性能が高いパワーメーターを求めている人におすすめです。

機能重量350g

パワーメーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5094247の画像

    GARMIN(ガーミン)

  • 2
    アイテムID:5094252の画像

    Power Tap

  • 3
    アイテムID:5094254の画像

    SARIS CYCLING GROUP

  • 4
    アイテムID:5094257の画像

    FSA

  • 5
    アイテムID:5094258の画像

  • 6
    アイテムID:5094244の画像

    SARIS CYCLING GROUP

  • 7
    アイテムID:5094243の画像

    SARIS CYCLING GROUP

  • 8
    アイテムID:5094241の画像

    Garmin

  • 9
    アイテムID:5094240の画像

    Favero

  • 10
    アイテムID:5094239の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • ベクター2S J
  • C1チェーンリング
  • ストラップ型パワーメーター
  • パワーメーター
  • P1ペダル
  • GS リアハブ
  • PowerTap G3
  • Vector 3
  • Uno側ペダルbased power meter
  • FC-R9100-P パワーメーター内蔵
  • 特徴
  • 拡張性が高い
  • 安定性と耐久性
  • 手軽に計測
  • プロが認める
  • 取り付けが簡単
  • 衝撃に強い
  • 幅広く使用できる
  • スリムで使いやすい
  • 取り付け簡単
  • 安定したパワー測定
  • 価格
  • 101480円(税込)
  • 104301円(税込)
  • 14124円(税込)
  • 98473円(税込)
  • 132639円(税込)
  • 63800円(税込)
  • 63218円(税込)
  • 137970円(税込)
  • 79484円(税込)
  • 139890円(税込)
  • 機能
  • モノコックコンポジットアーム
  • DTスイス
  • 充電式バッテリー
  • 重量
  • 350g
  • 295g
  • 113g
  • 454g
  • 794g
  • 325g
  • 322g
  • 662g
  • 1.2㎏
  • 1.2kg

パワーメーターがおかしくなったら

パワーメーターを購入して使用しているとパワーメーターがおかしくなる場合があります。そんな時にはしっかり焦らずに原因を探してしっかり対処する必要があります。もし原因不明の場合はプロショップに行くのが一番です。

プロショップに伺う

パワーメーターがおかしくなったり壊れた際には、メンテナンスする必要があります。上級者の人であればすぐに原因を見つけて対処することができますが、初心者には難しいものです。

 

そのため、初心者でパワーメーターのメンテナンス方法が分からなければおとなしくプロショップに伺うのが一番の方法です。無理にいろんなところをいじったりしてしまうとさらに悪化してしまう可能性があります。

まとめ

今回パワーメーターのおすすめランキング10選を紹介しましたがいかがだったでしょうか。パワーメーターにはタイプなどによって特徴、性能なども変わってきますのでしっかり確認して自分にあったパワーメーターを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ