記事ID139005のサムネイル画像

【2019年版】高音質のCDプレーヤーおすすめ人気ランキング10選

スマートフォンやタブレットの台頭によりCDプレイヤーの需要は落ち込んでいます。しかし、簡単操作やすぐに音源を再生することのできる手軽さ。そして語学学習に最適という点からまだまだ需要が見込まれています。今回はそんなCDプレーヤーのランキングを紹介していきます。

まだまだ健在!CDプレーヤーで音楽ライフを楽しもう

最近では携帯1つあればストリーミングアプリをダウンロードすることで、音楽を聴くことが可能になりました。その為CDプレーヤーの需要は落ち込みました。しかし、世の中にはまだCDでしか聞くことのできないアーティストの音源も数多く存在します。

 

また、これまでの商品とは違って、最新CDプレーヤーは機能性にもこだわっています。その為より快適にリスニングすることが可能です。さらに、語学学習者からの支持も厚く、学習に最適なスピーカー搭載モデルも販売されています。

 

このように、未だに進化し続けているCDプレーヤーへの注目は健在です。今回は音楽を楽しみたい方、学習に使いたい方を含めさまざまな需要に向けて情報を紹介してきます。

SACDプレーヤーは家で音楽を聴くのに最適

SACDはスーパーオーディオCDの略称です。CDとは記録方式が異なるので、CDでは表すことのできない表現を演出することができます。対応するフォーマットの確認が難しかったり、パソコン未対応の商品があったりと使いにくい商品も多数あります。

 

しかし、一度その原音に忠実な音を聴いた方は病みつきになること間違いありません。オーディオセットの環境上自宅でしか聴くことができませんが、ハイクオリティサウンドを求める方にはぜひ試しいただきたい商品です。

ポータブルタブルCDプレーヤーの選び方

音質で選ぶ

音質を左右する要因は1つに絞ることはできません。代表的なものは周波数による違いやフォーマット対応により生まれる違いなどが挙げられます。

周波数を参考にする

CDプレーヤーはあらかじめ再生することができる周波数は定まっています。通常、再生することができる最大値と最小値の差である周波数特性という欄に記載されています。一般的なCDプレーヤーは多くの人が聴き取れる範囲に設定されています。

 

20Hzから20kHzがその範囲です。それより下の低周波やそれ以上の高周波を流すことができるプレーヤーも存在しますが、あまり音楽を聴かれない方には判別することが難しいでしょう。

 

しかし、雰囲気を感じることは誰にでも可能です。これから本格的に音楽を聴いていきたいかたは平均的に50kHzまで出力することができるSACDプレーヤーの購入を検討しましょう。

対応フォーマットを参考にする

対応するフォーマットごとに違いで音質に違いが生まれます。SACDは12cmのディスクにCDを上回る情報量を集約することが可能です。スタジオで録音された原音に近いサウンドを聴くことが可能です。

 

しかし、SACDは採用している規格が異なることから一般的なプレーヤーでは聴くことができません。そこで、対応しているSACDプレーヤーを購入することが求められます。一方でMP3やWMAといった圧縮方式を採用しているCDは基本的にどの商品も対応しています。

 

MP3音源はデータ量を10分の1にする圧縮方式です。あらゆる媒体に対応している便利な方式ですが、SACDのように高音質音源の出力は不可能です。両者の違いを把握した上で対応フォーマットを選びましょう。

 

 

【追記】ハイレゾ音源が生み出す音質の違い

機能で選ぶ

CDプレーヤーに搭載されている機能は商品にもよります。今回は搭載されていると便利な機能をいくつか紹介します。

Bluetooth接続が可能

Bluetooth接続が可能なCDが最新機種において搭載されるようになりました。Bluetooth接続が可能モデルならば移動中のリスニングも楽々と行うことが可能です。コードを介さずに音楽を聴くことができるので、ノイズも軽減されます。

持ち運びに最適な音飛び防止機能

特にモバイルプレーヤーに関して起こる事案として挙げられるのが、音飛びです。振動などの衝撃が加わると構造上どうしても音飛びを起こしてしまいます。しかし、音飛び防止機能が備え付けられているモデルなら問題ありません。

 

音飛び防止の時間はモデルやメーカーごとに異なりますので、購入時確認してみましょう。

収納場所で選ぶ

CDプレーヤーはタイプごとに収納方式が異なります。今回は主に市場で流通している3つのモデルの違いを紹介して行きます。

壁掛け

置き型のCDプレーヤーはどうしても場所を取ってしまいます。しかし、壁掛けタイプのCDプレイヤーならば空いている場所を有効活用することが可能です。デザインも比較的シンプルなものが多いので、部屋の雰囲気を壊すこともありません。

据え置き

音質にこだわる方は据え置き型CDプレイヤー一択になるでしょう。上記で紹介した一般的なCDでは出力できないSACDを扱うことができるSACDプレーヤーは据え置き型で販売されています。

 

購入に際して、持ち運ぶ予定もなく家庭で再生するだけであるという方は据え置き型のプレイヤーを選びましょう。

持ち運び可能

持ち運び可能なポータブルCDプレーヤーの利点は購入したCD音源をすぐに聴くことができるのが最大の利点です。PCでのデータ取り込みも不要なので、作業が面倒な方にもおすすめです。

 

語学学習専用のスピーカー搭載モデルも販売されていたり便利な側面も多数存在します。一方持ち運びには少しかさばるという難点も存在します。やはりスマートフォンなどと比較するとその違いは一目瞭然です。

 

しかし、3つのモデルの中では最も小さいサイズなので、家庭での収納には困りません。その面では安心して購入することができます。

メーカーで選ぶ

ソニー

ソニーはCDの規格を販売した会社ということもあり、CDプレーヤーの音質には定評があります。ポータプルプレーヤーを多数販売しており、小型化の技術も一級品です。音飛びしにくいという評価もされており、総合的にクオリティの高いメーカーです。

無印良品

無印良品もCDプレーヤーを販売しています。タイプは壁掛けタイプのみですが、デザインはシンプルでどのような部屋でも使いやすい商品です。取り付けも簡単で、誰でも簡単に作業できます。

 

電源コードを引くだけでスイッチの切り替えができたりと機能も洗練されており、初心者の方でも簡単に使用できます。FMラジオも搭載されており、ラジオ好きの方にもおすすめです。商品数は少ないですが画期的な商品を販売されているので紹介しました。

東芝

東芝のCDプレーヤーは語学学習者から主に支持を得ています。スピードコントロールがついた製品も多数販売されています。スピードコントロールは語学学習で行うシャドーイングやオーバーラッピングに最適の機能です。

 

またポータプルプレーヤーにもステレオスピーカーを付けていることが多く、室外での語学学習のみならず、室内での音楽再生にもうってつけです。

価格で選ぶ

ハイエンドのCDプレーヤーにもなると数十万にも及ぶことはあります。違いはスピーカーに現れてきます。しかし、今回は初心者の方向け記事でもあるので、このクラスの紹介は割愛します。

 

数万円代から数千円代のCDプレーヤーの違いは便利な機能の搭載数であったり、ハイレゾ音源を再生することができるかどうかというくらいの違いです。コスパのいいモデルで音楽が聴ければ問題ない。音質にこだわらないという方は価格差はあまり気にする必要はありません。

 

しかし、部屋でBluetooth操作をもとにCD再生を行いたい方や、スピードコントロールがどうしても必要であるという方は少しハイエンドクラスの商品を購入する必要があります。

ポータブルCDプレーヤー5選

第5位

MOVIO

M202BTCDP

価格:8,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有線、ワイヤレス両対応

5位にランクインしたのはレコード関連部品の製造でよく知られているナガオカより販売中のM202BTCDPです。こちらの商品はBluetoothタイプで移動中の音楽リスニングにも最適なタイプになっています。

 

購入時にBluetoothイヤホンがあらかじめ同梱されている親切な商品で、購入直後にリスニングすることが可能です。音飛び防止機能も備え付けられており、最大で60秒防ぐことが可能です。

周波数特性20Hz~20kHzフォーマットMP3 WMA
タイプ持ち運び
第4位

Pecen

Gueray

価格:5,227円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多数のフォーマットに対応

Guerayは多数のフォーマットに対応するポータブルCDプレイヤーです。操作可能なケーブルにイヤホンを付けると音楽再生、一時停止などの基本動作に関しては簡単に行うことが可能です。

 

10秒間使用しない期間がすぎると自動でスリープモードに入ってくれたりと省エネ運転を行ってくれるので、バッテリー耐久時間はおよそ12時間にも及びます。これだけあると外出先で問題なく使用可能です。

周波数特性フォーマットCD-R CD-RW MP3 WMA
タイプ持ち運び
第3位

オーム電機

RCR-500Z-P

価格:3,970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かわいいデザインで据え置きも可能

オーム電機より販売中の RCR-500Z-Pはデザインが他の商品と比べてもかわいい仕上がりになっています。CDを縦に挿入するタイプになっていることから、収納場所を取らない設計になっています。

 

コンセントを刺しながら使用することで室内で流しっぱなしにすることも可能です。ラジオにも対応しているので、ラジオ好きの方にもおすすめの商品です。

周波数特性フォーマットCD-R CD-RW
タイプ持ち運び 据え置き
第2位

ツインバード

AV-J166BR

価格:5,230円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水設計でお風呂でも使用可

AV-J166BRは防水設計が施されているポータブルCDプレーヤーです。その為、お風呂やキッチンといった水回りの場所でも使用可能です。さらに、アウトドアを行う際に携帯することも可能です。

 

持ち運ぶ際に滑りにくいようにするためにシリコンカバーが持ち手に取り付けられているほかに、振動を防ぐアンチクッションも備え付けています。またほかにはないユニークな機能もあります。

 

それがボーカルカット機能です。これを使うとカラオケのように音源を聴くことが聴けるので、歌の練習することも可能になります

周波数特性フォーマットCD-R/RW
タイプ持ち運び
第1位

東芝

TY-P2

価格:5,839円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

語学学習に最適

1位にランクインしたのは東芝より販売中のTY-P2です。語学学習を中心に使用する方はこちらの商品がおすすめです。再生速度をコントロールすることができる機能やトラックを10個ずつ飛ばすことができる機能をはじめ特定の部分を何度も効くことができる機能まで備え付けられています。

 

さらに、ステレオスピーカーが搭載されたことにより、イヤホンでのリスニングだけでなくスピーカーを通じて学習することも可能になりました。耳疲れを起こしやすい方には特におすすめの商品です。

周波数特性フォーマットCD-R CD-RW MP3
タイプ持ち運び

ポータブルCDプレーヤーの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5096404の画像

    東芝

  • 2
    アイテムID:5096408の画像

    ツインバード

  • 3
    アイテムID:5096402の画像

    オーム電機

  • 4
    アイテムID:5096399の画像

    Pecen

  • 5
    アイテムID:5096394の画像

    MOVIO

  • 商品名
  • TY-P2
  • AV-J166BR
  • RCR-500Z-P
  • Gueray
  • M202BTCDP
  • 特徴
  • 語学学習に最適
  • 防水設計でお風呂でも使用可
  • かわいいデザインで据え置きも可能
  • 多数のフォーマットに対応
  • 有線、ワイヤレス両対応
  • 価格
  • 5839円(税込)
  • 5230円(税込)
  • 3970円(税込)
  • 5227円(税込)
  • 8900円(税込)
  • 周波数特性
  • 20Hz~20kHz
  • フォーマット
  • CD-R CD-RW MP3
  • CD-R/RW
  • CD-R CD-RW
  • CD-R CD-RW MP3 WMA
  • MP3 WMA
  • タイプ
  • 持ち運び
  • 持ち運び
  • 持ち運び 据え置き
  • 持ち運び
  • 持ち運び

SACDプレーヤー5選

第5位

ヤマハ(YAMAHA)

CD-S1000(S)

価格:77,567円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミドルクラスから購入したい方向け

ヤマハのCD-S1000はナチュラルなサウンドを志向しているSACDプレイヤーです。こちらのモデルの上級器の基本設計を組み込んでいるので音質に対する評価も高いものとなっています。

 

ヤマハのオリジナルローダーを採用することで、ディスクに刻まれている微細なニュアンスもしっかりと把握することが可能です。この機体の最大の利点は「ピュアダイレクトモード」です。

 

本体ディスプレイを消灯して、デジタル回路の出力をゼロにします。そうすることで信号経路に処理を純化させることが可能になりアナログ音声入力機能を最大限まで高めることが可能です。

周波数特性2Hz~50kHzフォーマットSACD MP3 WMA
タイプ据え置き
第4位

デノン(Denon)

DCD-1600NE

価格:91,794円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ音源にも対応

DCD-1600NEは中の「beyond the best」というコンセプトをもとにミドルクラスの商品に新たな価値をもたらす為に開発されました。ディスクドライブに最新世代を採用することにより、ノイズや余分な電流の発生を抑えます。

 

トレイに共振には共振を防止する素材を導入しています。その為振動による音飛びが起こりにくい設計になっています。不要な振動を防止することで、高精度で安定したデジタル信号の出力を可能にしています。

 

プロからの評価も高い商品で、音楽をこちらから聴きに行く姿勢でなくても音楽情報を得ることができるとされています。ピアノを例に挙げると、右手、左手の動きまで追うことができるほどに繊細に音を出力してくれます。

周波数特性2Hz~50kHzフォーマットDSD リニアPCM MP3
タイプ据え置き
第3位

デノン(Denon)

DCD-SX11

価格:323,973円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最初にハイエンドクラスの商品を求める方に

DCD-SX11はノイズを徹底的に排除するSACDプレイヤーです。PCから流入するデータとともに混入するノイズでさえ排除することができる「㍶ pure direct」を搭載しています。さらに、USB-DAC専用回路を電源回路を搭載することで万全の体制を整えています。

 

デノン独自の波形再現アルゴリズムの「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載することで、CD音源をより滑らかなものにします。さらにハイレゾ音源にも対応しており、高音質な音楽を余すことなく体験できます。

 

操作は最初から付属しているアルミ製のリモコンを使っても行うことができます。加えてスマートフォンに専用アプリをダウンロードすることでスマホやタブレットを使った操作も可能です。

周波数特性2Hz~50kHzフォーマットDSD リニアPCM
タイプ据え置き
第2位

Marantz

SA-14S1

価格:179,252円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すべての音をクオリティの極みへ

SA-14S1は「完璧を求める」という哲学と強い意志のもとに製造されてきたシリーズの最新作です。ディスク再生とデータ再生の両方を同等の高みへと導くことに成功しています。最新機器との相性もいい製品です。

 

iPhoneやiPodからプラグを介して音楽を転送することも可能です。高性能D/Aコンバーターによってデジタルのまま出力し、搭載されている高性能D/Aコンバーターを用いてアナログ変換することによりより高品質な音源を再生することができます。

 

さらに、iPhoneやiPodの充電にも対応しているので、充電しながら長時間の高品質サウンドを体験することができます。

周波数特性2Hz~50kHzフォーマットDSD MP3 WMA
タイプ据え置き
第1位

marantz(マランツ)

SA-12

価格:302,286円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

理想モデルがここに

1位にランクインしたのはマランツのSA-12です。こちらのモデルはSA-10に採用されていたオリジナルディスクトリートを採用しています。これがマランツ独自の音質を再現しています。

 

メカエンジンから出力回路にいたるすべての製品を自社で製造することにより、まさに理想のサウンドを作り出しています。最大の強みはアナログ、デジタル回路を完全に分けることができるところです

 

これにより今まで以上にノイズが流入することを防いでいます。定評のあった音質のクオリティをさらに高める為に、リスニングテストが何度も行われました。厳選された適切なパーツが採用されています。

周波数特性2Hz~50kHzフォーマットDSD MP3 リニアPCM等
タイプ据え置き

SACDプレーヤーの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5095785の画像

    marantz(マランツ)

  • 2
    アイテムID:5095312の画像

    Marantz

  • 3
    アイテムID:5095311の画像

    デノン(Denon)

  • 4
    アイテムID:5095308の画像

    デノン(Denon)

  • 5
    アイテムID:5095306の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 商品名
  • SA-12
  • SA-14S1
  • DCD-SX11
  • DCD-1600NE
  • CD-S1000(S)
  • 特徴
  • 理想モデルがここに
  • すべての音をクオリティの極みへ
  • 最初にハイエンドクラスの商品を求める方に
  • ハイレゾ音源にも対応
  • ミドルクラスから購入したい方向け
  • 価格
  • 302286円(税込)
  • 179252円(税込)
  • 323973円(税込)
  • 91794円(税込)
  • 77567円(税込)
  • 周波数特性
  • 2Hz~50kHz
  • 2Hz~50kHz
  • 2Hz~50kHz
  • 2Hz~50kHz
  • 2Hz~50kHz
  • フォーマット
  • DSD MP3 リニアPCM等
  • DSD MP3 WMA
  • DSD リニアPCM
  • DSD リニアPCM MP3
  • SACD MP3 WMA
  • タイプ
  • 据え置き
  • 据え置き
  • 据え置き
  • 据え置き
  • 据え置き

語学学習にCDプレーヤーを活用しよう

語学学習にCDプレーヤーの活用が有効な理由をいくつか紹介します。

学習環境を整えることができる

昨今はスマートフォン1つで多くの作業が事足りるようになりました。語学学習もその1つといえます。スマホに音源をダウンロードして作業すれば問題なく行えますが、学習効率は間違いなく下がります。

 

他のアプリからの通知が来たりすれば、集中していたとしても気はそがれてしまいます。周辺において置くだけでも集中力の低下を招くという研究結果も出ています。その為、なるべくスマートフォンは語学学習には使用しないことをおすすめします。

 

もう1つの理由は語学学習教材はいまだにCD形式での販売が多いということです。ダウロードによる販売も増えましたが、まだまだCD形式での販売は多数存在しています。プレーヤー1つ所持していればすぐに学習できるという観点からも購入をおすすめします。

語学学習に必要な機能が備えられている

CDプレーヤーにはあらかじめ語学学習に必要な機能が備え付けられているモデルが多数販売されています。特に必要とされているリピート機能、ネイティブの発音になれていない時に求められるスピード調節機能

 

そして、指定した区間を何度もリピートしてくれることで、苦手な発音対策に有効なA⇔B機能といった類のものです。操作も簡単な機種も多いので、機械操作が苦手な方にもおすすめです。

 

 

追記:語学学習に最適な教材を紹介したランキングを下記のリンクより閲覧可能です。

まとめ

今回はポータブルCDプレーヤーを使って音楽ライフを楽しんでいただくため、初心者の方でも購入しやすい最新機を中心に紹介しました。選び方を参考にしつつ、自分の理想のプレーヤーを見つけられると幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ