記事ID139004のサムネイル画像

【2019年最新版】夢野久作の人気おすすめ小説ランキング10選

夢野久作さんは、明治に産まれ、昭和初期まで活躍した小説家で、当時それほど娯楽が多くなかった時代に数々のヒット作を生み出しました。100年近く前に発売された作品にもかかわらず現在読んでも引き込まれる夢野久作さんのおすすめ小説を紹介していきます。

圧倒的な個性があふれる夢野久作の魅力

夢野久作さんは、1889年(明治22年)1月4日に生まれ、小説家としての仕事以外にも、禅僧、陸軍少尉、郵便局長などを務めてきました。夢野久作さんが文章を仕事にし始めたのは、1917年ごろに「九州日報」の記者として働き始めてからです。

 

1922年に杉山萌円の筆名で童話「白髪小僧」を誠文堂から刊行し、1926年には、「あやかしの鼓」を雑誌「新青年」の懸賞に発表して二等に入選、作家デビューを果たします。その後は奇怪的で、幻想的な小説を数多く執筆し作家としての地位を築いていきます。

 

夢野久作さんの小説には特徴的な手法がとられているものも多く、一つは、一人の人物が延々と話し言葉で事件の顛末を明かしていく「独白体形式」によるもので、もう一つは、書簡をそのまま地の文として羅列し作品とする「書簡体形式」によるものです。

夢野久作の小説の選び方

夢野久作さんは、47歳という若さで脳溢血で亡くなってしまったのですが、様々な小説を世に出しています。その中から自分に合った小説を選ぶコツを紹介していきます。

映像化されているかどうかで選ぶ

夢野久作さんの小説は、映像化されている小説がいくつもあります。映像化された小説と、映像化されていない小説のメリットを紹介していきます。

映像化されたものから選ぶ

夢野久作さんが小説を執筆していた時代は、まだテレビ等もなく小説が映像化されるということがありませんでした。しかし数十年の時がたち、いまだに人気の高い夢野久作さんの小説が次々と映像化されています。

 

映像化されたものには、映像化は不可能なのではないか?と言われていた夢野久作さんの代表作である「ドグラ・マグラ」をはじめとして、1997年2月15日に公開されたにも関わらず、全編白黒映画である「ユメノ銀河」などがあります。

 

紹介した小説以外にも、映像化された作品がある夢野久作さんの作品ですが、映画やドラマを見たことがある人も、小説を読んでみるとまた違った部分を知れて面白い部分もありますので、映像化された作品の中から小説を選んでみるのも良い選び方でしょう。

映像化されていないものから選ぶ

映像化された作品があると言っても、いまだに映像化されていない夢野久作さんの作品も数多くあります。そういった映像化されていない作品を読む場合にもメリットはたくさんあります。

 

まず、映像を先に見てしまっていると、どうしても小説の中に出てくるキャラクターが、映像化されたときの俳優さんに思えてしまったり、ストーリーもわかっていて驚けない部分が出てきてしまいますが、映像化されていない作品でしたら新鮮に読むことが出来ます。

 

また、今後も夢野久作さんの作品は映像化される可能性があるので、予習の意味を込めて、映像化されていない小説を読んでおくことで、その作品が映像化されたときに、話を全く知らない人とは違った楽しみ方をすることもできます。

小説の長さで選ぶ

夢野久作さんの作品には短編集もあれば長編のものもあります。小説を読める時間や、どれくらい小説の世界に入り込みたいか、などを考えて小説の長さを選んでみましょう。

短編から選ぶ

短編集を読む利点はちょっとした空き時間に気軽に読めることです。他の作家さんと比べても夢野久作さんは短編を数多く執筆しており、短編の中でもとても短くて読みやすい「ショートショート」の作品も多いです。

 

また、短編集であれば1冊で複数の物語が収録されているのでお得感がありますし、どんな夢野久作さんの作品が自分に合っているかというのを調べてみるのにも良いです。短編でも、しっかりと夢野久作さんの世界観を堪能できる作品も多いです。

 

小説を買ってから長編の場合自分に合わないものだったら損した気持ちになってしまいますので、まだそれほど小説を読むのに慣れていない人は、まずは短編小説でいくつか夢野久作さんの作品を読んでから長編に行くのも良いでしょう。

中編・長編から選ぶ

夢野久作さんは短編を数多く執筆してきたのですが、代表作となる「ドグラ・マグラ」は上下巻の長編ですし、それ以外にも中編・長編小説をいくつか執筆しています。夢野久作さんの独特な世界観を完全に楽しもうと思う場合は、長編小説を選んでみてください。

 

長編小説を読む場合は時間に余裕があるときの方が良いでしょう。特に夢野久作さんの小説は、夢野久作さんの世界観に引き込まれてしまうので、小説に熱中しすぎていつの間にか数時間過ぎてた、なんてことになる可能性もあります。

 

しっかりとここまで読んだら辞めるという意思を持つことができて、楽しみを後にとって置ける人でしたら、少しずつ長編小説を読んでいくのも良い楽しみ方です。毎日の小説を読む時間が自分のご褒美になるでしょう。

タイトルや表紙で選ぶ

夢野久作さんの小説には、独特なタイトルや表紙のものが多く、一般の人ですとちょっと手を出しにくいと思ってしまうような衝撃的なタイトルや、子供にはちょっと見せたくないと感じてしまうようなエログロちっくな表紙のものまで様々です。

 

少しだけタイトルの例を挙げていくと「人間腸詰」「髪切虫」「超人鬚野博士」「骸骨の黒穂」「けむりを吐かぬ煙突」など、タイトルを見ただけで、どんなストーリーか気になるものが数多くあることがわかります。

 

表紙も新しく復刊されたものなどは、一般的な表紙になっているものもありますが、少し前に発売されたものなどは、表紙だけでも芸術的な価値がありそうなものが多いです。それほど夢野久作さんに詳しくない方は、タイトルや表紙のインスピレーションで選ぶのも面白いでしょう。

夢野久作の人気ランキング10選

第10位

青空文庫

いなか、の、じけん

価格:598円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ショートショート20選

「いなか、の、じけん」は、探偵趣味の会の機関誌「探偵趣味」に15篇が掲載され、同誌の休刊後、雑誌「猟奇」に5篇が掲載されました。夢野久作さんの故郷・九州各地の農村や漁村で実際に起こった出来事をモチーフに取材した、ショートショート集。

 

村長の米蔵から、白米4俵が盗まれた。雨上がりの現場には、荷車の車輪のあとがついていた。それをたどって行く「大きな手がかり」、周囲から「虚空蔵さまの生まれ変わり」と呼ばれている夫婦の「夫婦の虚空蔵」など20篇が収録されています。

 

軽い小話風のものから、ほのぼのした物語、因習に囚われた陰残な事件まであらゆる農村の形態が表されており、短い話ばかりではありますが、夢野久作さんのいろいろな面を見ることが出来る作品です。

 

 

発売日1930ページ数49
映像化-
第9位

夢野久作全集・出版委員会

夢野久作全集

価格:200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海若藍平名義で執筆

勉強嫌いのちえ子は何遍も学校を落第し、両親に怒られてばかりで「どうにか勉強しないで学校が良く出来る工夫はないか」と考えていました。ある日、うんざりしたちえ子が庭の白い寒椿を眺めながら「こんな花になったらいいだろう」と願うと?

 

夢野久作さんの別名義でもある「海若藍平」名義で執筆された白椿などが収録された全集です。多くの人が子供の頃には学校嫌だな行きたくないな、と思ったことが一度はあるのではないでしょうか?白椿はそんな子供時代を思い出しながら読んでほしい短編です。

 

白椿は、2007年10月6日には、畑野ひろ子さん、加藤夏希さん、志村東吾さん、新倉恵子さんなどが出演して映画かもされています。映画は原作とは結構違う展開になっているので、映画と小説を見比べてみるのも面白いでしょう。

発売日2016/11/16ページ数556
映像化2007/10/6
第8位

新潮社

死後の恋

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独白体形式

ロシア革命直後のウラジオストク。スウェツランスカヤの大通りをさまよう奇妙な風体の男。唐突に、誰ともなく通行人をつかまえては、「私の運命を決定(きめ)てください」という言葉を皮切りに、数奇な体験を語り始める。

 

表題作の「死後の恋」をはじめとして、鼓作りの男が想いを寄せる女に贈った鼓の、尋常ならざる音色が不吉な事件を起こす「あやかしの鼓」、反科学的なオカルティズムを主題にしている「悪魔祈祷書」など10篇を収録しています。

 

表題作の「死後の恋」は、一人の人物が延々と事件の顛末を明かしていく独白体による形式なのですが、夢野久作さんはこの独白体形式の小説が得意で、名作と呼ばれる作品が多いので、是非、夢野久作さんの独白体形式の作品を楽しんでください。

発売日2016/10/28ページ数464
映像化-
第7位

創英社

猟奇歌

価格:6,537円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夢野久作の短歌

この「猟奇歌」は小説ではなく、夢野久作さんが詠んだ短歌が収められた作品です。タイトルのとおりに猟奇的なモチーフの短歌ばかりで、猟奇的な言葉になれていない人ですと、少しびっくりしてしまうような短歌も多いです。

 

もともと「猟奇歌」とは、雑誌「猟奇」の編集者が立ち上げた短歌のジャンルで、「猟奇的な御題」さえ詠んでいれば作者も夢野久作のみに留まらなかったのですが、夢野久作さんの詠む短歌は、他の作者とは一線を画す出来で、夢野久作さんの独壇場になりました。

 

昭和2年から昭和10年までの長期間、「猟奇」「探偵趣味」「ぷろふいる」の計3誌に、合計251首が発表され、没後刊行の「夢野久作の日記」に残された歌を含めると、400首以上になる中から116首が選ばれ、掲載されています。

発売日2010/2/1ページ数128
映像化-
第6位

社会思想社

氷の涯

価格:243円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

印象的な表紙

主人公の上村作次郎は、シベリア出兵によりハルピンに駐留する日本軍の一等兵。軍内の謀略によって公金横領と殺人のぬれ衣を着せられてしまう。逃げ出したところをニーナという女性に助けられ、旅芸人の真似をしながら逃げ続けたのだが。

 

この探偵小説は、登場人物の一人である上村作次郎が、シベリア出兵中の大正9年(1920年)に書き残した手記という体裁をとっており、等々の罪で追い詰められることとなったことを書いた手記で、その真相と結末を綴るものとなっています。

 

1920年という100年も昔の年代のロシアということで、今の人々からすると遠い世界のように感じてしまいますが、読んでいると100年前の世界が頭の中で展開されていき、少し不思議な気持ちにさせてくれる中編小説です。

発売日1933/2ページ数328
映像化-
第5位

青空文庫

二重心臓

価格:829円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

事件の真相は劇で

それほど儲かっているわけでは無いものの、「怪奇趣味専門の劇場」ということでいえば国内トップクラスである劇場の劇場主の轟九蔵が刺殺された。劇場主の養女で、劇場の花形女優でもある天川呉羽は、彼の死を知った直後、犯人への復讐を口走る。

 

そんな彼女が事件の真相を暴露する劇を興行する。ラストの部分は、脚本家も演出家も共演者も内容を知らされていない独り語り。そこで明かされた真実とは?2転3転するストーリーに驚かずにはいられないでしょう。

 

2008年には畑野ひろ子さん、温水洋一さん、斎藤洋介さん、松田洋治さん、マギー司郎さんらが出演して映画化もされています。幻想的な夢野久作さんの雰囲気を映像で再現した作品で、主演の畑野ひろ子さんは白椿でも主演を務めています。

発売日1935/8ページ数118
映像化2008
第4位

角川書店

人間腸詰

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホラー短編集

「人間腸詰」は「にんげんちょうづめ」ではなく、「にんげんそうせいじ」と読みます。江戸っ子大工の治吉が、若い時分の奇怪な体験を語る、独白体形式の小説となっており、タイトルの通りにホラー要素の強い話となっています。

 

1904年、アメリカのセントルイスで開催される万国博覧会に日本も参加することとなり、当仲間の庭師たちと共に渡米した大工のハル吉は、あるアメリカ人の屋敷に招かれる。秘密の錠前作りの依頼を断った彼が見せられた光景は、想像を絶する地獄だった。

 

表題作の「人間腸詰」のほか、「冗談に殺す」「空飛ぶパラソル」「狂人は笑う」「焦点を合わせる」「キチガイ地獄」など9篇が収録されています。「奇談・異常心理」をテーマにしているだけあり怖いです。

発売日1936/3ページ数413
映像化-
第3位

角川グループパブリッシング

瓶詰の地獄

価格:500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手紙の順番

極楽鳥が舞い、ヤシやパイナップルが生い繁る、南国の離れ小島。だが、海難事故により流れ着いた可愛らしい二人の兄妹が、この楽園で、世にも戦慄すべき地獄に出会ったとは誰が想像できたであろうか。

 

3篇の手紙からなっている小説なので、この3篇がどのような順番で書かれたのかなどいろいろな解釈が可能な表題作の他、「人の顔」「死後の恋」「支那米の袋」「鉄槌」「一足お先に」「冗談に殺す」の全7編を収録した作品です。

 

さまざまな出版社の文庫に迎えられた表題作は、収録されるたびに改稿を何度か繰り返しましたが、基本となる部分は変わっていません。1986年7月26日に、小倉千夜子さん、沼岡淳さん、小川美那子さん出演で映画化されています。

発売日1933ページ数228
映像化1986/7/26
第2位

KADOKAWA

少女地獄

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2度の映画化

姫草ユリ子は優秀な看護婦だが、虚言癖があった。それがバレてユリ子が姿を消した1ヶ月後、ユリ子が自殺したという知らせが届く「何でも無い」。生徒が焼身自殺した県立女学校で、その後立て続けに校長の失踪や発狂などが起こる「火星の女」。

 

バスガイドになったトミ子のもとに、小学校の同級生でバスガイドのツヤ子からバスの運転士・新高は殺人者だから、配属されてきたら気をつけろという手紙を受け取る。その1週間後、ツヤ子は不審な事故死を遂げる「殺人リレー」の3作を収録しています。

 

「夢野久作の少女地獄」というタイトルで、1977年8月20日に飛鳥裕子さん、三谷昇さん出演で映画化、また「ユメノ銀河」というタイトルで1997年2月15日に、最近話題となった小嶺麗奈さんや、浅野忠信さん出演で映画化されています。

発売日1936ページ数288
映像化1977/8/20
第1位

角川書店

ドグラ・マグラ

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夢野久作の代表作

「ドグラ・マグラ」は、構想・執筆に10年以上の歳月をかけて、1935年1月に刊行されました。小栗虫太郎さんの「黒死館殺人事件」、中井英夫さんの「虚無への供物」と並んで、日本探偵小説三大奇書に数えられている、日本の代表作ともいえる作品です。

 

大正15年ごろ、九州帝国大学医学部精神病科の独房に閉じ込められた、記憶喪失中の若き精神病患者の物語であり、彼は過去に発生した複数の事件と何らかの関わりを有しており、物語が進むにつれて、謎に包まれた一連の事件の真相が明かされていきます。

 

1988年10月15日公開された映画版は、当時無謀な映画化とも言われたが、長大で複雑な物語を上手く整理しまとめ上げており、おおむね評価は高い。この映画で「ドグラ・マグラ」のストーリーがわかったという人も多いが、これは一つの解釈に過ぎません。

発売日1935/1ページ数324
映像化1988/10/15

夢野久作のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5095517の画像

    角川書店

  • 2
    アイテムID:5094982の画像

    KADOKAWA

  • 3
    アイテムID:5094950の画像

    角川グループパブリッシング

  • 4
    アイテムID:5094641の画像

    角川書店

  • 5
    アイテムID:5094600の画像

    青空文庫

  • 6
    アイテムID:5094501の画像

    社会思想社

  • 7
    アイテムID:5094490の画像

    創英社

  • 8
    アイテムID:5094475の画像

    新潮社

  • 9
    アイテムID:5094423の画像

    夢野久作全集・出版委員会

  • 10
    アイテムID:5094064の画像

    青空文庫

  • 商品名
  • ドグラ・マグラ
  • 少女地獄
  • 瓶詰の地獄
  • 人間腸詰
  • 二重心臓
  • 氷の涯
  • 猟奇歌
  • 死後の恋
  • 夢野久作全集
  • いなか、の、じけん
  • 特徴
  • 夢野久作の代表作
  • 2度の映画化
  • 手紙の順番
  • ホラー短編集
  • 事件の真相は劇で
  • 印象的な表紙
  • 夢野久作の短歌
  • 独白体形式
  • 海若藍平名義で執筆
  • ショートショート20選
  • 価格
  • 562円(税込)
  • 648円(税込)
  • 500円(税込)
  • 713円(税込)
  • 829円(税込)
  • 243円(税込)
  • 6537円(税込)
  • 680円(税込)
  • 200円(税込)
  • 598円(税込)
  • 発売日
  • 1935/1
  • 1936
  • 1933
  • 1936/3
  • 1935/8
  • 1933/2
  • 2010/2/1
  • 2016/10/28
  • 2016/11/16
  • 1930
  • ページ数
  • 324
  • 288
  • 228
  • 413
  • 118
  • 328
  • 128
  • 464
  • 556
  • 49
  • 映像化
  • 1988/10/15
  • 1977/8/20
  • 1986/7/26
  • -
  • 2008
  • -
  • -
  • -
  • 2007/10/6
  • -

夢野久作作品の注意点

夢野久作さんの作品は、大正から昭和初期に書かれたものがほとんどのため、現在の人たちからすると少し古い印象を受けてしまうことがあります。また、少しわかり辛い表現だったり、わかり辛い言葉が出てくることもあります。

 

また、タイトルや小説の表紙からもわかるように、結構グロテスクな話もあり、そういった小説に耐性のない方ですと受け入れ辛いかもしれません。しかし、こういう系統の小説が好きな人なら古いのが逆に新しく感じ、とても新鮮に読むことが出来るでしょう。

まとめ

夢野久作さんの現在でも人気の高い小説から、知る人ぞ知る作品までをランキングにしてみましたが、気になる小説はありましたでしょうか?読む人を選んでしまうジャンルの話が多いですが、一度ハマったら抜け出せない夢野久作さんの世界に足を踏み入れてみませんか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ