記事ID138994のサムネイル画像

【大切なギターを守る】ギターケースのおすすめ人気ランキング10選

ギターケースはギターを購入する際に付いてくることも多いですが、せっかくお気に入りのギターを購入したならお気に入りのギターケースにいれるのがおすすめ。かっこいいギターケースなど様々な種類が販売されています。今回はギターケースのおすすめの種類や選び方を紹介します。

ギターを持ち運ばなくてもギターケースは必要?

ギターケースと聞くとギターを持ち運ぶ際に必要なアイテムと勘違いしている方も多いですが、実際は家庭内などで保管している時もギターケースは非常に重宝します。そもそもギターは湿気に弱い楽器の1つです。

 

家庭内は季節だけでなく日によっても湿度が大きく変わりやすいため、大切なギターを家庭内で保管する場合こそギターケースが重要になってきます。裸のまま置いておくと湿気で大切なギターが反ったり割れたりする可能性もあります

 

そのため外に持ち運んで使用することがないからギターケースが必要ないという事は無く、家庭内で保管しておく時こそギターケースが必要である。という風に考えておくと大切なギターを長く愛用することができます。

ギターケースの選び方

ギターケースには多くの対応するギターの違いや形状の違いなどから多くの種類が販売されています。手持ちのギターの種類や使用する環境に合った種類から選ぶことが重要です。

ギターケースの種類から選ぶ

ギターケースの種類は大きく分けると4つのタイプに分けることができます。それぞれにメリットやデメリットがあるため自分が使いやすい種類から選ぶようにしましょう。

ソフトケースから選ぶ

ソフトケースは価格も安価な製品が多くサッとギターを入れて持ち運ぶことがしやすいので手軽に使用ができる種類の1つです。ケース自体が軽量なので持ち運びには便利ですが耐久性は低いため外部からの衝撃には弱い点がデメリットです。

 

また布地のため重量がかかりやすい下部などの損傷が早いこともデメリットです。ただし使用しない時は折り畳むことも可能で収納にも場所を取りません。そのため手軽に使用ができるため現在でも高い人気を得ています

ギグバッグから選ぶ

全面をクッションで囲まれているタイプのケースでソフトケースよりも衝撃に強く持ち運びもしやすいバランスの取れた人気の種類です。下記で紹介するセミハードケースよりも軽量で持ち運びがしやすいです。

 

そのため徒歩や自転車、電車などで移動する際に非常に便利です。本体下部に耐久性の高いラバーを採用している製品は立てることもできるため人の多い場所で持ち運ぶ場合には立てることが可能で使い勝手も良く人気があります。

セミハードケースから選ぶ

樹脂製の板などを採用している製品が多いセミハードケースも人気が高いです。ギグバッグよりも頑丈で耐久性も高いので中のギターをしっかりと守って持ち歩きたい場合には最もおすすめの種類です。

 

ハードケースに近い耐久性があり価格も高い製品が多い印象ですが実用性は高く衝撃にも強いので1つは持っておくと重宝します。持ち運びも手持ち以外に背負えるタイプも多いため長時間の移動でも安心して使用が可能です。

ハードケースから選ぶ

最も耐久性が高く中のギターをしっかりと保護することが可能なのがハードケースです。ただしサイズが大きく徒歩や自転車、電車での移動には不向きで車などの移動の場合におすすめのギターケースです。

 

一般的には持ち手が1つで背負ったりすることも不可能なので車での移動、もしくは家庭内での保管用として使用するのがおすすめです。小さなホコリなどの侵入も防げるため大切なギターを保管するならハードケースでの保管が最もおすすめです。

ギターの種類から選ぶ

ギターにはアコースティックギターやエレキギターといった種類があります。ギターケースにもエレキ、アコースティック用に分けられている事が多いので自分が持っているギターの種類に対応しているかしっかりとチェックしてから購入するようにしましょう。

収納力から選ぶ

ギターケースには収納ポケットが搭載されている製品が多く販売されています。そのため荷物が多い方などは収納ポケットのサイズや数などもしっかりとチェックしておくと自分にとって使いやすいギターケースに出会えるのでおすすめです。

 

中にはA4サイズの楽譜なども簡単に収納することができる製品もあります。またポケットの数が多いと財布やスマホなどのアイテムも収納することができるため非常に使い勝手が良くギターケースのみで移動もしやすいので人気が高いです。

防水性から選ぶ

上記でも紹介したようにギターは湿気に弱いです、そのため雨などに濡れてしまうと一気に劣化してしまうためギターケースには防水性が高い製品を選ぶことも非常に大事なポイントの1つになります。

 

基本的にギターケースの表面には撥水効果の高いオックスフォード素材を使用している製品が多いですが、気になる方は防水性もしっかりとチェックしておきましょう。ただし防水性の高いギターケースで完全防水のギターケースは数が少ないので注意が必要です。

持ち運びやすさから選ぶ

徒歩や自転車、電車での移動が多い場合は自分にとって持ち運びがしやすいかどうかもチェックしておくべきポイントです。

手持ちタイプから選ぶ

手持ちタイプはサイドにストラップが付いているタイプでほとんどのギターケースに付いているため特に気にしなくても手持ちが可能なギターケースを購入することがほとんどです。ただし手持ちだと横に長くなるので周りに人が多いと邪魔になりやすいです。

背負えるタイプから選ぶ

ギターケースの背面などにストラップが付いていると背負って持ち運びが可能なのでおすすめです。この際、ストラップの数が1本より2本の製品を選ぶようにしましょう。2本だとリュックのように背負えるため周りに迷惑をかけにくいです。

 

1本でも斜め掛けが可能なので便利ですが2本の製品がおすすめです。またストラップ部分にクッションが付いていると長時間の移動でも体が痛くならないで移動が可能なのでストラップのクッションにも注目して選ぶようにしましょう。

サイズや重量から選ぶ

ギターケースのサイズや重量は持ち運ぶ際にも重要なポイントになるため購入前にしっかりとチェックしておくようにしましょう。

サイズから選ぶ

サイズは持ち運ぶ際よりも中のギターをしっかりと固定することが可能かどうかが重要なポイントです。ソフトケースなどは多少ギターケースのサイズとギターのサイズが合わなくても適応することが可能です。

 

しかしハードケースの場合はギターのサイズを合わない場合は中でギターが動いてしまって余計にギターを傷つけてしまう可能性もあります。ハードケースなどの場合はしっかりとギターのサイズに最適なサイズかチェックするのが重要です。

重量から選ぶ

近くの場所に持ち運ぶ場合は比較的に重量の軽いソフトケースで十分ですが遠くに行く場合はギグバッグやセミハードケースになる場合があります。ギターケースが重いと移動が苦痛になるため重量もしっかりとチェックしておきましょう。

 

上記でも紹介したように防水性の高い製品や耐久性、耐衝撃性の高い製品は総じて重量が重くなってしまいやすいので自分が持ち運びがしやすい重量とのバランスを考えて選ぶことも重要な選び方の1つです。

人気のメーカーから選ぶ

ギターは湿気や衝撃に弱いので品質の高いギターケースを選ぶことも重要です。人気のメーカーは品質も高く安心して使用できるため人気のメーカーから選ぶことも選択肢の1つです。

MONOから選ぶ

MONOはアメリカで2006年に誕生した比較的新しい楽器ケースのメーカーです。耐久力の高い製品など楽器をしっかりと保護してくれる製品を多く販売しており価格も安い物から高い物まで幅広いので自分のニーズに合ったギターケースを見つけやすいメーカーです。

アイバニーズから選ぶ

アイバニーズは古くからある楽器ケースメーカーで非常にお洒落な製品も多くデザインと実用性のバランスが良い製品が多いことが特徴です。日本だけだけなく海外でも人気が高くプロのミュージシャンからも高い人気を得ているおすすめの楽器ケースメーカーです。

ギターケースの人気ランキング10選

第10位

KC(ケーシー)

ハードケース

価格:8,516円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

変形でないエレキギターに対応

車での移動だけでなく家庭内で保管しておく際にも重宝するハードケースタイプのギターケースです。変形でないストラトキャスターやテレキャスタータイプのギターに対応しており価格もリーズナブルな人気の商品です。

 

エレキギター用で内装はボア仕様になっているため大切なギターが傷つく心配もありません。ネックの横には小物収納スペースが搭載されており、予備の弦だけでなくチューナーなども収納可能で非常に使い勝手が良いです。

 

木材、ブラックレザーにクローム金具を使用しているため見た目にも高級感がある点もおすすめのポイントです。収納力も高く中のギターを安全に保護してくれるため多くの方から高い人気を得ている商品です。

サイズ全長1,000mm / 最大幅340mm重量4.8kg
種類ハードケース対応ギターエレキギター
持ち運びタイプ手持ち防水性
第9位

MONO

ギグバッグ

価格:24,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に楽器の固定が可能

耐水性もあるので多少の雨に降られても中のギターをしっかりと守ってくれる大人気のギグバッグです。非常に軽量なので持ち運びやすくケース自体も薄いので電車での移動の際でも他の人の邪魔になりにくいです。

 

耐久性も高くベルクロ付きのストラップが内部に搭載されており誰でも簡単にギターを固定することが可能です。そのためギターがケースの中で動きにくいため安全に持ち運ぶことができる点もおすすめのポイントです。

 

ポケットがギグバッグの前面とヘッド部分に付けられておりライブなどに必要な小物だけでなく財布やスマホなども簡単に収納することができます。価格は少し高いですが耐久性や使いやすさから高い人気を得ています

サイズ重量3kg
種類ギグバッグ対応ギターアコースティックギター
持ち運びタイプ手持ち・背負い防水性
第8位

LEKING

ギグバッグ

価格:3,323円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手持ちと背負いの2Wayタイプ

手持ちと背負いの2Wayタイプで移動方法などによって持ち運びタイプを自由に変えることができる使い勝手の良いギグバッグです。厚手クッションが付いているので耐衝撃性もあるため中のギターをしっかりと守ってくれます。

 

ソフトではありますが耐久性が高く、全面に大きな収納ポケットが1つ、小さめの収納ポケットが1つ付いているため小物なども一緒に持ち運ぶことができます。大きな収納ポケットにはA4サイズの楽譜なども入れることができるため使い勝手が良いです。

 

表面には撥水効果のあるオックスフォード素材を採用しているため軽い雨などに降られても中のギターをしっかりと守ってくれます。中部にはスポンジ、底部にはラバーを採用しているので安全にギターを持ち運べるおすすめの商品です。

サイズ全長108cm・幅ネック部:15cm・ボディ上32cm・ボディ下43cm・厚さ12.5cm重量1.4kg
種類ギグバッグ対応ギターアコースティックギター
持ち運びタイプ手持ち・背負い防水性
第7位

Ibanez

エレキギター用バッグ

価格:4,884円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインがお洒落

こちらの商品は非常に豊富なカラーが展開されていることが特徴で、自分の好きなカラーがきっと見つかる大人気のギターケースです。クッションが厚手なので中のギターをしっかりと保護してくれるため実用性も高いです。

 

収納ポケットは合計で4口もあり、メインポケットはA4サイズも収納することが可能なので楽譜などを一緒に持ち運びしたい方にもおすすめできます。持ち運びタイプも手持ちと背負いの2種類が可能です。

 

ショルダーパットは可動できるため自分の持ち方に合わせることができる点もおすすめのポイントです。ユニセックスなデザインで年齢や性別を問わず、どんなファッションとも相性が良い人気のギターケースです。

サイズ全長1040・首幅150・尻幅・395・底部厚さ60mm重量
種類対応ギターエレキギター
持ち運びタイプ手持ち・背負い防水性
第6位

Rayzm

ギターケース

価格:1,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

背面ストラップが2本

素材にナイロンを使用した耐久性の高い人気のギターケースです。背面にあるストラップが2本あるため斜め掛けではなく背負って持ち運ぶことが可能な点もおすすめのポイントで力のない女性でも楽に持ち運びすることができます。

 

また、こちらの商品はエレキギター用とアコースティックギター用の2種類から展開されているのでどちらの種類のギターにも対応することができます。価格も非常にリーズナブルなので気軽に購入しやすいです。

 

もちろんストラップにはクッションが付いているため体が痛くなりにくいです。ギターバッグ全体に10mmのクッションが入っているため衝撃から中のギターをしっかり守ってくれるおすすめのギターケースです。

サイズ99×34.5×6cm重量470g
種類ソフトケース対応ギターエレキギター
持ち運びタイプ手持ち・背負い防水性
第5位

KC(ケーシー)

ハードケース

価格:9,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目に高級感がある

一般的なストラトキャスターやテレキャスタータイプのエレキギター用のハードケースで見た目に高級感がある人気の商品です。内部のネック部分横には小物などの収納に便利なスペースがあるため付属アイテムなどを一緒に持ち運ぶのに便利です。

 

ゴールド金具がより高級感を演出しており、中はギターをしっかりと守れるように全体にボアが敷き詰められています。収納スペースは広いため予備の弦やピック、楽譜などを入れることも可能で実用性も高いです。

 

価格もリーズナブルでコストパフォーマンスに優れている点もおすすめのポイントで、男性のみならず女性が使用しても問題が無いシンプルなデザインです。持ち運びはもちろん保管時にも重宝する人気の商品です。

サイズ重量
種類ハードケース対応ギターエレキギター
持ち運びタイプ手持ち防水性
第4位

MANATSULIFE

ギグバッグ

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽器を立てることができる

底部には強度の高いラバーが付いているため周りに人が多い場合などは楽器を立てることができるため周りの人に迷惑をかけにくいです。ケースの中はヘッド部分にマジックテープが搭載されているのでヘッドをしっかりと固定してくれます。

 

前面には非常に大きな収納ポケットが付いているためギター演奏に使用する小物だけでなく楽譜などの大きな物も簡単に収納することができます。持ち運びタイプも手持ちと背負いの2Wayタイプで非常に使いやすいです。

 

ストラップはクッション性が高いため長時間持っていても体が痛くなりにくい点もおすすめのポイントで、表面には撥水効果のあるオックスフォード素材を採用しているため少しぐらいの雨なら問題はありません。

サイズ106×41.5×12cm重量
種類ギグバッグ対応ギターアコースティックギター
持ち運びタイプ手持ち・背負い防水性
第3位

ZHRUNS

ギグバック

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラフルなデザインが魅力

非常にカラフルなデザインが魅力的なギターケースで、他にもお洒落なカラーから展開されているため個性的なギターケースを求めている方におすすめの商品です。サイドと背面にストラップが付いているため持ち運びやすいです。

 

ギター用のネックピローとネックベルトを装備しているため中でしっかりとギターを固定してくれる点もおすすめのポイントです。厚みのある2つの肩掛けストラップは通気性が高いので長時間の持ち運びでも快適です。

 

内側には柔らかい防水性の高い素材を使用しているため多少の雨などに塗られても中のギターを濡らす心配もありません。価格も非常にリーズナブルでお洒落なデザインからプレゼントにもおすすめの人気の商品です。

サイズ107cm * 43cm * 15cm重量
種類ギグバッグ対応ギター
持ち運びタイプ手持ち・背負い防水性
第2位

CAHAYA

ギグバッグ

価格:2,210円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚みがありしっかりギターを保護

底部には滑り止めのあるラバー素材を使用しているため人が多い場所などの場合は立てて置いておける使い勝手の良いギターケースです。非常に濡れにくい素材を採用しているため雨の中の移動も安心して行えます。

 

前面には非常に大きな収納ポケットが付いてるためギター演奏に必要な小物以外にも楽譜や教則本などの大きな物も簡単に収納することができます。手持ちタイプと背負いタイプの好きなタイプで持ち運びが可能な点もおすすめのポイントです。

 

アコースティックギター用で41インチや42インチのギターに対応可能です。ケース上部にも小さなポケットが付いているため収納力は抜群で、ケース本体に厚みがあるため中のギターをしっかり保護してくれるおすすめの商品です。

サイズ全長109.5・幅14・ボディ上34・ボディ下46・厚さ12.5cm重量
種類ギグバッグ対応ギターアコースティックギター
持ち運びタイプ手持ち・背負い防水性
第1位

MUSENT

ギグバッグ

価格:5,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約20mmの厚さでしっかりとギターを守る

クッション付きのギグバッグで暑さが20mmもあるため中のギターをしっかりと保護してくれる大人気の商品です。ストラトキャスターやテレキャスター、レスポールなどの一般的なエレキギターに対応しています。

 

前面には大小の収納ポケットが付いているため収納力も抜群で、大きなポケットにはA4サイズなどの楽譜も収納することができます。小さい方には小物などの他にもスマホや財布などを入れることもできるため使い勝手が良いです。

 

リュック用のストラップは2本付いているため背負いやすく、クッション性も高いので歩行や自転車での持ち運びにも最適です。デザインもシンプルで年齢や性別を問わずに使用がしやすい点もおすすめの人気の商品です。

サイズ縦107cm、幅ネック部20cm重量
種類ギグバッグ対応ギターエレキギター
持ち運びタイプ手持ち・背負い防水性

ギターケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5093973の画像

    MUSENT

  • 2
    アイテムID:5093970の画像

    CAHAYA

  • 3
    アイテムID:5093961の画像

    ZHRUNS

  • 4
    アイテムID:5093953の画像

    MANATSULIFE

  • 5
    アイテムID:5093949の画像

    KC(ケーシー)

  • 6
    アイテムID:5093944の画像

    Rayzm

  • 7
    アイテムID:5093918の画像

    Ibanez

  • 8
    アイテムID:5093894の画像

    LEKING

  • 9
    アイテムID:5093865の画像

    MONO

  • 10
    アイテムID:5093689の画像

    KC(ケーシー)

  • 商品名
  • ギグバッグ
  • ギグバッグ
  • ギグバック
  • ギグバッグ
  • ハードケース
  • ギターケース
  • エレキギター用バッグ
  • ギグバッグ
  • ギグバッグ
  • ハードケース
  • 特徴
  • 約20mmの厚さでしっかりとギターを守る
  • 厚みがありしっかりギターを保護
  • カラフルなデザインが魅力
  • 楽器を立てることができる
  • 見た目に高級感がある
  • 背面ストラップが2本
  • デザインがお洒落
  • 手持ちと背負いの2Wayタイプ
  • 簡単に楽器の固定が可能
  • 変形でないエレキギターに対応
  • 価格
  • 5480円(税込)
  • 2210円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 9180円(税込)
  • 1900円(税込)
  • 4884円(税込)
  • 3323円(税込)
  • 24000円(税込)
  • 8516円(税込)
  • サイズ
  • 縦107cm、幅ネック部20cm
  • 全長109.5・幅14・ボディ上34・ボディ下46・厚さ12.5cm
  • 107cm * 43cm * 15cm
  • 106×41.5×12cm
  • 99×34.5×6cm
  • 全長1040・首幅150・尻幅・395・底部厚さ60mm
  • 全長108cm・幅ネック部:15cm・ボディ上32cm・ボディ下43cm・厚さ12.5cm
  • 全長1,000mm / 最大幅340mm
  • 重量
  • 470g
  • 1.4kg
  • 3kg
  • 4.8kg
  • 種類
  • ギグバッグ
  • ギグバッグ
  • ギグバッグ
  • ギグバッグ
  • ハードケース
  • ソフトケース
  • ギグバッグ
  • ギグバッグ
  • ハードケース
  • 対応ギター
  • エレキギター
  • アコースティックギター
  • アコースティックギター
  • エレキギター
  • エレキギター
  • エレキギター
  • アコースティックギター
  • アコースティックギター
  • エレキギター
  • 持ち運びタイプ
  • 手持ち・背負い
  • 手持ち・背負い
  • 手持ち・背負い
  • 手持ち・背負い
  • 手持ち
  • 手持ち・背負い
  • 手持ち・背負い
  • 手持ち・背負い
  • 手持ち・背負い
  • 手持ち
  • 防水性

ギターケースの中には湿度調整剤を入れると良い

ギターが湿度に弱いことは紹介してきましたが、40~50%の湿度がギターには最適だと言われています。しかし日本は冬は乾燥、夏は多湿と40~50%を維持し続けることは基本的には難しいです。

 

そんな時に便利なのが湿度調整剤です。ギターケースの中に入れておくだけで湿度を一定に保ってくれるため非常に便利です。使い方も中に入れておくだけなので誰でも使用できます。ただしソフトケースなどの場合は密閉が難しいためあまり意味がありません

 

湿度調整剤を使用する場合は密閉しやすいハードケースで使用すると最も効果を発揮してくれます。もちろんソフトケースの中に入れて置いても全く意味がないわけではありませんが湿度調整剤を使用するならハードケースがおすすめです。

まとめ

ギターケースはギターの持ち運びの際だけでなく家庭内などで保管する時にも非常に重宝するアイテムです。外に持ち運ばなくても大切なギターを長く愛用するために自分のギターに最適なギターケースを購入していつまでもお気に入りのギターで楽しく音楽を奏でましょう

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ