記事ID138981のサムネイル画像

【海外に持っていく必需品】変圧器のおすすめ人気ランキング10選

変圧器とは日本とは異なる海外のコンセントの電圧を日本の電化製品向けに変換してくれます。現在では様々なメーカーから販売されており、アメリカやヨーロッパなど、海外へ行く時の必需品です。今回はそんな変圧器の人気のおすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

海外で日本の電化製品を安全に使用できる変圧器

コンセントから主力される電圧は国によって異なります。そのため、日本の電化製品をそのまま海外のコンセントで使用すると、電化製品が故障してしまう場合があります。そんな時に大活躍するのが、日本の電化製品向けに電圧を変換してくれる「変圧器」です。

 

今回はそんな魅力溢れる変圧器を、定番の製品からあまり知られていない知る人ぞ知るものまで、製品の特徴などともにおすすめの物を幅広く紹介していきます。自分にぴったりの変圧器の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

変圧器の選び方

変圧器と一口に言っても様々な種類があり、どれを選んだらいいか困ってしまいますよね。ここでは幾つかのポイントに絞って変圧器の選び方をご紹介します。

タイプで選ぶ

変圧器には、トランス式と電子式の大きく2つの種類に分かれています。使用する電化製品や環境に合せて選びましょう。

電子機器には「トランス式」

スマホやパソコン、カメラなどの精密機械に使用する場合は、「トランス式」を選びましょう。また、その他のほとんどの電化製品にも使用できるため、汎用性の高さも魅力です。

 

現在ではスマホやパソコンを海外に持ち運ぶ方も多いため、それらの充電に使用される場合はこちらのタイプを選びましょう。

 

しかしその反面、定格容量が増えれば増えるほど、サイズが大きくなりがちで、場所を取ってしまうのがデメリットです。消費電力が大きなものにはそれに適したタイプもあるため、使用する電化製品やサイズとの兼ね合いで選びましょう。

熱器具などには「電子式」

消費電力が大きいドライヤーやヘロゲンヒーターなどの熱器具や、扇風機などのモーターを内蔵した電化製品には、「電子式」の変圧器を選びましょう。定格容量が大きさに反して、サイズはコンパクトなものが多いため、持ち運びに適しています。

 

しかしその反面、スマホやパソコンなどの精密機械に使用することはできず、熱器具の中でも温度調整機能が搭載されたものや、IHクッキングヒーターには非対応のものが多いため、注意が必要です。

 

非対応に電化製品を使用した場合、故障などのトラブルの原因となってしまうため、あらかじめ使用する電化製品が対応しているか確認しましょう。

使用する国に合せて選ぶ

変圧器を選ぶには、まず渡航先の電圧を調べましょう。変圧器には、110~130Vの電圧に対応したものや、220~240Vに対応したもの、そのどちらにも対応したものがあるので、その国に合わせた製品選びをしましょう。

 

例えば、アメリカは110~120V、アジアやヨーロッパは220~240Vのところが多いです。しかし、同じ国内でも地域によって電圧が異なる国もあるため事前によく調べてから選びましょう。

 

変圧器の対応電圧の確認方法ですが、「インプット(入力・IP)・アウトプット(出力・OP)」で確認できます。例えば、「IP:220〜240V・OP:AC100V」と記載されていれば、220〜240Vの電圧を日本の家電電圧である100Vに変圧するということになります。

電化製品の消費電力で選ぶ

変圧器を使用する際、電化製品がどれぐらいの消費電力に対応しているのかも確認しておきましょう。消費電力は、商品概要欄に「W」か「VA」の単位で記載されていることが多いです。

 

例えば電気カミソリのような省電力のものは大体10Wほどであるため、海外で使うなら、それ以上のW・VAの表記がある変圧器を選びましょう。

 

ちなみにハロゲンヒーターなどの熱器具や扇風機などのモーター内蔵器具の場合は、消費電力の3倍の容量を持つ変圧器が必要となります。また、それ以外の電化製品でも、30分以上連続して使用する場合、最低でも消費電力の1.25倍の変圧器を選びましょう。

 

 

 

 

形状変換プラグがついたものを選ぶ

日本のコンセントは、縦長の穴2つ横並びのAタイプと呼ばれるものですが、海外では国によって異なった様々な形状のものがあります。そのため、日本の電化製品を使う場合、出力コンセントプラグはAタイプを選び、変圧器のコンセントプラグは現地のものに合わせます

 

現在、世界で使われているプラグの形状は、「A・B・B3・BF・C・O・O2・SE」の8種類あります。アメリカではAタイプが採用され、ヨーロッパ諸国ではCタイプやSEタイプが多く、アジア圏はさまざまなタイプが使用されています。

 

形状変換プラグは、別で購入することも可能ですが、変圧器そのものに付属されていれば、その手間もありません。

オプション機能で選ぶ

変圧器の中には、電圧を変換するだけでなく、便利な機能を搭載製品が数多くあります。より快適に使用できるものを選びましょう。

便利な複数の差込口やUSB対応のもの

滞在先のホテルでは、コンセントの数が制限されてしまうことがあるため、日本の電化製品を同時に使用したい場合は、複数の差込口を搭載したものがおすすめです。たこ足配線として使用できるため非常に便利です。

 

室内のコンセントが少ない時に役立つだけでなく、日本製のドライヤーと扇風機などを1つの変圧器で同時に使用できるのが魅力です。

 

また、最近では変圧器にUSBポートが搭載されたものも増えてきており、スマホやタブレットなどを使用される方は、別でUSB変換プラグを購入する必要がなく、変圧器にそのまま差し込んで充電ができるため、非常におすすめです。

 

 

 

 

臨機応変に対応できるコードが長いもの

海外のホテルなどは、ベッドなどの家具の裏など不便な場所にコンセントが設置されていることもあります。変圧器本体をそのままコンセントに差し込むようにして使用するタイプは、かさばりにくいため持ち運びには便利ですが、そういった場合非常に使いにくいです。

 

そんな時に便利なのが、長いコードを搭載した変圧器です。コンセントからそのまま引っ張ってこれるので、コンセントの設置場所に左右されず、安定した使いやすさがあります。

 

勿論、本体を直接差し込むタイプと、100円ショップなどで販売されている通常の延長コードを組み合わせて使用することも可能であるため、変圧器にコードが無い・短い場合はそちらの方法がおすすめです。

 

 

電源事情が著しく悪い国では安定電圧供給機能搭載を

東欧やアフリカなど、開発途上国においては電源事情が著しく悪い国があり、中には電圧が20%も変動してしまう地域があります。そういった不安定な電圧変動は、電化製品を故障させる大きな原因となってしまいます。

 

そのため、そういった電圧不安定地域で電化製品を安全に使用する場合は、「安定電圧供給機能」を搭載した変圧器がおすすめです。そういった場所で精密機械を使用の際は、特に安心できる機能です。

 

比較的電圧が安定していると言われる地域でも、ホテルによっては他の部屋が大量に電力を使用した場合、電力が不安定になることがあるため、精密機械を使用の際は注意が必要です。

変圧器の人気ランキング10選

第10位

オーム電機

CCR-LD1

価格:3,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドライヤー専用の変圧器

使用用途がはっきりとした、ドライヤー専用の変圧器です。しかし、ドライヤー以外にもカールドライヤー、ヘアアイロンなどの熱器具に使用できます。1500Wまでであれば、海外のどこでも使用することができます。

 

本体重量が213gと軽量なのも魅力で、扱い安く、渡航先への持ち運びにも大きなスペースを必要としません。入力電圧はAC110V~130V/AC220V~240Vと幅広く対応し、それらを自動で切り替えてくれます。

 

しかし、ドライヤーなどの熱器具のみと使用用途がかなり限定的であることには注意が必要です。また、マイコン内蔵のドライヤーなど、精密機器を含むドライヤーには非対応であるため、予め使用するドライヤーが対応しているか確認しておきましょう。

タイプ電子式対応電圧入力:AC110V〜130V・AC220V〜240V/出力:AC100V
容量1500W重量213g
第9位

カシムラ

NTI-151

価格:34,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な状況に対応できる汎用性の高さ

日本の変圧器であれば、海外で国内の電化製品を安全に使用するのが一般的ですが、こちらはそれに加え、日本で海外の電化製品を使用することができる優れものです。

 

製品バリエーションの豊富さも特徴で、容量が550VAから3000VAのものまで幅広い製品ラインナップがあり、持ち込む電化製品の容量に合わせて選ぶことができます。

 

かなりの優れものですが、本体重量が7.1kgとかなり重く、サイズも一般的な変圧器の中では大きめな部類に入るため、運搬の際のお手軽さには欠け、長期滞在される方などにおすすめの変圧器です。

タイプトランス式対応電圧入力:AC220V~240V・AC100V/出力:AC100V・AC230V
容量2000W重量7.1kg
第8位

カシムラ

NTI-351

価格:2,721円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーマルプロテクタ内蔵の安心設計

コンセントの電圧が110~130Vの国で使用可能なシンプルな変圧器です。重量が285gと軽量で持ち運びのしやすさが魅力です。電化製品を使用の際、温度が上がると自動でモーターが止まるサーマルプロテクタを内蔵した安全設計となっています。

 

また、通電確認のランプも搭載しており、変圧器がちゃんと機能しているかを一目で確認できるのも魅力的です。

 

しかし、本体電源プラグはAプラグを採用しているため、渡航先のプラグに合せて変換プラグを用意する必要があるため注意が必要です。また、ドライヤーなどの消費電力が大きな電化製品には非対応です。

タイプトランス式対応電圧AC110〜130V
容量120W重量285g
第7位

日章工業(NISSYO INDUSTRY)

SP-1500

価格:25,435円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性が高く大容量の変圧器

あらゆる電気製品に対応できる1500Wの大容量トランス式電圧器です。大容量であるため熱器具などの消費電力の大きなものに対応し、トランス式であるため精密機械にもしっかりと対応します。

 

切換スイッチで220Vと240Vを手動で切り替えることができます。また、温度だけでなく過度な電流にも反応する2重のプロテクタを搭載しているため安全性も高いです。

 

しかし、大容量のトランス式変圧器の宿命であるサイズの大きさと重量の重さがネックです。渡航先で消費電力が大きい電化製品を使用する方におすすめです。

タイプトランス式対応電圧入力:AC220V〜240V/出力:AC100V
容量1500W重量約6.6kg
第6位

miyoshi co.,ltd

MBT-WDM/WH

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで複数の差し込み口を搭載

110~130V・220~240V・250Vの電圧に対応しているため、全世界で日本の電化製品が使用可能な変圧器です。軽量でコンパクトながら特筆すべき点の多い優れものです。

 

まず、その小さ目のサイズ感であるにも関わらず、差し込み口を2つ搭載している点です。また、その他にもUSBポートを2つ搭載しているため、使用用途の幅がさらに広がります。そして収納袋も付属されているため、サイズ感と相まって持ち運びにも最適です。

 

しかし、Aタイプ以外の国で使用する場合、別途変換アダプタが必要です。また、他の小型トランス式と同様に、熱器具などの電気製品や、USB充電で1A以上の給電が必要な製品には非対応であることには注意が必要です。

 

 

タイプトランス式対応電圧入力:AC110〜130V・AC220〜AC250V/出力:AC100V
容量AC110~AC130V地域で最大80W・AC220~AC240V地域で最大40W・AC250V地域で最大20W(コンセント2口合計)重量350g
第5位

東江物産

SX-50

価格:2,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長めのコードが使いやすい

ヨーロッパ、中国、オセアニア、アフリカなどの電圧200V~240Vまでの地域で使用できるトランス式の変圧器です。トランス式であるため、スマホやノートパソコン、タブレットなどの精密機械の充電などに最適です。

 

また、その他にもシェーバーの充電や、デジカメの充電・外部電源、MP3やMD/CDなど携帯音楽プレーヤーの充電・外部電源、ビデオカメラの充電など様々な精密機械に使用が可能です。

 

電源コードが60cmとコンパクトなサイズながら取り回しやすいお手軽な長さであるため、コンセントの位置によって使い辛くなることが魅力です。しかし、サイズ感に対して重量がやや重めであることには注意が必要です。

タイプトランス式対応電圧入力:AC220V〜240V/出力:AC100V
容量50W重量132g
第4位

東江物産

RX-30

価格:2,560円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々なプラグに対応

様々な国に対応できる変圧器です。まず、対応電圧がAC110~130V / 220~240Vと広く、ほぼ全ての国で使用が可能です。さらに、A,BF,C,SE,Oタイプの計5種類ものコンセントプラグを内蔵しているため、変換プラグを持ち歩く必要が限りなく少ないです。

 

また、電源コードが60cmと長めの設計であるため、コンセントから多少離れた位置や、家具の裏などにあるコンセントでも問題なく使用できるのもポイントです。

 

容量が30Wとやや低く、重量もそこそこありますが、カバンに入るサイズ感で、これ1つで様々な国で使用できるため、汎用性の高いトランス式変圧器です。

タイプトランス式対応電圧入力:AC110~130V・220~240V/出力:AC100V
容量30W重量470g
第3位

城下工業

RW97

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8種類のコンセントプラグがついたトランス式

AC110-130V地域・最大80VA、AC220-240V地域・最大45VAまでの容量に対応したトランス式変圧器です。その幅広い対応電圧から、使用できる国がとても多く、非常にコンパクトで持ち運びに最適なサイズ感が特徴です。

 

最大の魅力は、A、B、BF、B3、C、SE、O、O2、CBタイプの計9種類ものコンセントプラグがついており、ほぼ全ての国で使用可能な点です。

 

本体付属の電源コードも60cmとサイズに対して比較的長めであるため、延長コードを購入する必要もありません。安全機能も搭載されていて、非常にシンプルで扱いやすいため、海外渡航が初めての方にもおすすめの製品です。

タイプトランス式対応電圧入力:AC110〜130V・AC220〜240V/出力:100V
容量80W/45W重量
第2位

日章工業(NISSYO INDUSTRY)

NDF-1500U

価格:7,235円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トランス式でありながら大容量

トランス式でありながら、容量1500Wまでと非常に多い変圧器です。大容量のトランス式変圧器は、大型化していくのが定番ですが、こちらの製品は大容量ながら比較的コンパクトなサイズ感で、置き場所に困りにくいのが魅力です。

 

トランス式であるため、スマホやタブレットの充電には勿論、炊飯器や掃除機、ファックスなどにも使用が可能です。また、温度ヒューズが内蔵されているのも魅力です。また、電源コードが長く、コンセント差込口が2つ搭載されているのもポイントです。

 

しかし、サイズはコンパクトですが、重量は3.5kgとそこそこ重たいため、持ち運びの際には注意が必要です。

タイプトランス式対応電圧 入力:AC110~127V/出力:AC100V
容量1500W重量3.5kg
第1位

BESTEK

海外旅行用変圧器

価格:3,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台5役の高スペック商品

こちらの変圧器は、変圧器・変換プラグ・電源タップ・USB充電器・アダプターの1台で5役もの役割を担う高スペック商品です。コンセントの変換プラグは A・B・BF・C・O・O2・B3・SE などのタイプが対応可能です。

 

容量は200Wまで対応し、ACコンセント3口の他、USBポートを規格別で合計4つも搭載しているため、ノートPC、スマホ、タブレット、iPhone、iPad、デジカメなどが同時に充電が可能な優れものです。

 

口コミにおいても、「旅行の荷物ですのでコンパクトで多機能で便利でした」「各国のプラグ形状が製品に組み込まれていて、どの国でも対応できて便利です」など絶賛されています。非常に使い勝手に良い製品でおすすめです。

タイプトランス式対応電圧90-240VAC/110V(±10)
容量200W重量290g

変圧器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5096461の画像

    BESTEK

  • 2
    アイテムID:5096460の画像

    日章工業(NISSYO INDUSTRY)

  • 3
    アイテムID:5096458の画像

    城下工業

  • 4
    アイテムID:5096451の画像

    東江物産

  • 5
    アイテムID:5096437の画像

    東江物産

  • 6
    アイテムID:5094145の画像

    miyoshi co.,ltd

  • 7
    アイテムID:5094135の画像

    日章工業(NISSYO INDUSTRY)

  • 8
    アイテムID:5094130の画像

    カシムラ

  • 9
    アイテムID:5094122の画像

    カシムラ

  • 10
    アイテムID:5094118の画像

    オーム電機

  • 商品名
  • 海外旅行用変圧器
  • NDF-1500U
  • RW97
  • RX-30
  • SX-50
  • MBT-WDM/WH
  • SP-1500
  • NTI-351
  • NTI-151
  • CCR-LD1
  • 特徴
  • 1台5役の高スペック商品
  • トランス式でありながら大容量
  • 8種類のコンセントプラグがついたトランス式
  • 様々なプラグに対応
  • 長めのコードが使いやすい
  • コンパクトで複数の差し込み口を搭載
  • 安全性が高く大容量の変圧器
  • サーマルプロテクタ内蔵の安心設計
  • 様々な状況に対応できる汎用性の高さ
  • ドライヤー専用の変圧器
  • 価格
  • 3380円(税込)
  • 7235円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 2560円(税込)
  • 2376円(税込)
  • 2100円(税込)
  • 25435円(税込)
  • 2721円(税込)
  • 34580円(税込)
  • 3780円(税込)
  • タイプ
  • トランス式
  • トランス式
  • トランス式
  • トランス式
  • トランス式
  • トランス式
  • トランス式
  • トランス式
  • トランス式
  • 電子式
  • 対応電圧
  • 90-240VAC/110V(±10)
  • 入力:AC110~127V/出力:AC100V
  • 入力:AC110〜130V・AC220〜240V/出力:100V
  • 入力:AC110~130V・220~240V/出力:AC100V
  • 入力:AC220V〜240V/出力:AC100V
  • 入力:AC110〜130V・AC220〜AC250V/出力:AC100V
  • 入力:AC220V〜240V/出力:AC100V
  • AC110〜130V
  • 入力:AC220V~240V・AC100V/出力:AC100V・AC230V
  • 入力:AC110V〜130V・AC220V〜240V/出力:AC100V
  • 容量
  • 200W
  • 1500W
  • 80W/45W
  • 30W
  • 50W
  • AC110~AC130V地域で最大80W・AC220~AC240V地域で最大40W・AC250V地域で最大20W(コンセント2口合計)
  • 1500W
  • 120W
  • 2000W
  • 1500W
  • 重量
  • 290g
  • 3.5kg
  • 470g
  • 132g
  • 350g
  • 約6.6kg
  • 285g
  • 7.1kg
  • 213g

変圧器の使い方

変圧器の使い方は実にシンプルで、選び方さえしっかり抑えていれば、そう難しいものではありません。まず、プラグを変圧器につなげ、そして変圧器を海外のコンセントへ差し込むだけです。

 

注意すべき点として、家電製品には変圧器が内蔵されたユニバーサル使用のものがあり、そういった製品に対しては変圧器は不要となります。使用する電化製品の電圧幅をチェックし、変圧器が必要か確認しておきましょう。

まとめ

ここまで変圧器のおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで紹介した製品はほんの一部で、他にもたくさんの種類の変圧器があります。海外での生活がより快適になるように自分にぴったりの変圧器に出会えるといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ