記事ID138980のサムネイル画像

【事故に備えよう】バイクプロテクターのおすすめ人気ランキング10選

バイクを乗るときにより怪我無く安心して乗るために必要なのがバイクプロテクターです。ベストタイプや膝につけるタイプなど様々な種類があるのが特徴でレディースの商品も増えてきています。今回はバイクプロテクターのおすすめ商品をご紹介していきます。

バイクプロテクターを付けて安心してバイクに乗ろう

バイクは転倒しやすいですし、思わぬ事故で大怪我を負ってしまうこともあります。怪我や事故をできる限り防ぐことが、バイクに安心して乗るためのポイントです。怪我を防ぐためにもしっかりとバイクに乗るときには対策をしましょう。

 

バイクに安心して乗るために、ぜひバイクプロテクターを付けてみませんか。バイクプロテクターとは、樹脂で作られた着衣のことで、転倒や事故による衝撃から体を守ってくれる役割があります。今回はバイクプロテクターのおすすめの商品をご紹介していきます。

バイクプロテクターの選び方

安全にバイクに乗るために、適切なバイクプロテクターを選ぶことが大切です。ここからはバイクプロテクターを選ぶポイントをご紹介していきます。

付ける場所で選ぶ

バイクプロテクターは体のどこに装着するかによって選ぶ商品は変わってきます。まずどのこに装着したいかを考えて選ぶことをおすすめします。

上半身に身に着けて命を守る

バイクで事故を起こしたり転倒したりしたときに一番守りたいのは胸部や腹部です。胸部や腹部を守ることによって命につながる怪我を防ぐことができます。そのため、最もバイクプロテクターが必要な部位は胸部と腹部ということになります。

 

初めてバイクプロテクターを選ぶという人は、まず胸部と腹部など、上半身全体を守ってくれるような商品を選ぶことをおすすめします。

 

上半身をしっかりと守ることで、内蔵がたくさんある胸部や腹部を守ることができます。もしも事故を起こしてしまったときに少しでも怪我を軽くするために、ぜひ上半身のバイクプロテクターは欠かさず身に着けるようにしましょう。

膝部分は気軽につけられる

上半身のバイクプロテクターを選んだうえで余裕があるようでしたら、下半身を守るプロテクターを選んでみませんか。下半身も合わせて選ぶことで全身をバイクプロテクターで守ることができるためおすすめです。

 

特に膝を守るためにプロテクターは、数もたくさん発売されていますしより気軽に装着することができます。膝への怪我を防止し、下半身を守るためにもぜひ膝用のバイクプロテクターをチェックしてみてくださいね。

パンツタイプでおしりを守る

下半身を十分に守るためには膝だけでは足りません。お尻や大腿部をしっかりと守りたいという人は、ぜひパンツタイプのバイクプロテクターを身につけてください。

 

膝タイプのバイクプロテクターと合わせて身に着けることで、より下半身の広い範囲をしっかりと守ることができます。上半身だけではなくより地面に近い下半身も守ることが大切です。ぜひ膝タイプとパンツタイプと一緒にチェックしてみてくださいね。

 

 

服の下でおしゃれも意識する

バイクプロテクターを身に着けると、デザイン性に満足いかなかったり、いかにもプロテクターを付けているといった見た目になります。よりデザイン性が高い状態でバイクプロテクターを身に着けたいという人は、ぜひ服の下に装着できるタイプをおすすめします。

 

自分の好きな服の下に装着することで、おしゃれを楽しみながらしっかりと体を守ることができるため、よりバイクに乗るのが楽しくなります。

タイプで選ぶ

バイクプロテクターには、主にハードタイプとソフトタイプの2種類があります。それぞれつけ心地などが異なってくるため、特徴を知って選ぶことが大切です。それぞれの種類の特徴や魅力をご紹介します。

ハードタイプ

より丈夫でしっかりと体を守ってくれるバイクプロテクターが欲しいという人はぜひハードタイプのバイクプロテクターを選んでください。硬い素材でできているため衝撃から体を守って怪我を防いでくれます。

 

ハードタイプは固い素材でできているため、衝撃から守ってくれますが、体に装着したときに馴染まなかったり、フィット感において違和感を感じることがあるかもしれません。実際に着けてみてつけ心地の良い商品を選ぶことをおすすめします。

 

安全面ではソフトタイプよりもハードタイプがおすすめなので、ぜひハードタイプのバイクプロテクターを付けて、より安全にバイクを楽しんでくださいね。

ソフトタイプ

装着したときのつけ心地や、動きやすさをより重視してバイクプロテクターを選びたいという人はぜひソフトタイプのバイクプロテクターを選んでください。

 

長時間バイクに乗るという場合には、つけていて違和感を感じなかったり、動きにくさがないバイクプロテクターが快適ですよね。つけ心地もバイクプロテクターを選ぶ上では非常に大切なポイントです。

 

しかし、ソフトタイプのバイクプロテクターは、ハードタイプの商品と比べて安全面では劣る場合が多いため、より安全性を高めたいという人でソフトタイプのバイクプロテクターを選びたい人は注意が必要です。

付け方で選ぶ

どのように装着するかでも、選ぶバイクプロテクターは異なってきます。ぜひ装着の仕方も注目してチェックしてみてください。

簡単に着脱できる内蔵型

バイクプロテクターの中には、バイクに乗るときに着るジャケットなどにプロテクターが内蔵されている商品もあります。ジャケットとバイクプロテクターを別に付ける必要がないため時間がかからないのが魅力的なポイントです。

 

頻繁にバイクを乗り降りする場合には、バイクプロテクターを1回1回外したりつけたりするのは手間がかかりますよね。全身にバイクプロテクターを付けているのであればなおさら大変です。見た目もバイクプロテクターを身に着けているようには見えないため自然に装着できます。

 

内蔵型のバイクプロテクターは、外付けのバイクプロテクターに比べて防御性が劣る場合もあるため、しっかりと体を守りたいという人は注意してください。

しっかりと体を守る外付け型

すでに持っているジャケットやパンツを使用しながらバイクプロテクターを身に着けたいという人は、外付けタイプのバイクプロテクターをチェックしてみてくださいね。ジャケットやパンツを気分によって変えたいという人にもぜひチェックしてみてください。

 

外付けのハードタイプは体に合わせてしっかりとフィットさせて装着することができるのも魅力です。体にフィットすることでバイクプロテクターがずれることがないため防御性も高くなります。

 

内蔵型も、外付け型もそれぞれ特徴がありますので、その時の状況などに合わせて使い分けるのもおすすめです。

特徴で選ぶ

バイクプロテクターには、それぞれ商品によって異なる特徴があるので、そういった特徴をチェックすることも重要です。

CE規格をチェック

日本では、バイクプロテクターの安全性を認証する基準がありません。そのため、ヨーロッパでの規格となるCE規格が1つの目安となりますので、ぜひチェックしてみてください。

 

日本のメーカーの商品でも、ヨーロッパでバイクプロテクターを発売する場合には取得することが必要なので、日本のメーカーだからといってCE規格を確認できないというわけではありません。

 

ヨーロッパ以外のメーカーのバイクプロテクターだとCE規格が確認できない商品もありますが、だからといってCE規格に満たさない不十分なバイクプロテクターだということではありませんので注意してください。

エアバッグ付きでより安心

車にはエアバッグがついていて、事故に合ったときに瞬間的に開くことにより体を守ってくれますよね。バイクに乗っているときにもエアバック付きのバイクプロテクターを付けることにより衝撃から体を守ることができます。

 

エアバッグがどのように事故の時に開くかというと、バイクとエアバックをつないた状態でバイクに乗ります。一定の距離バイクとエアバックが離れると一瞬でエアバッグが開く仕組みになっています。

 

より安心してバイクに乗りたいという人は、ぜひエアバック付きのバイクプロテクターを付けることをおすすめします。

 

 

ブランドで選ぶ

バイク用品を扱うメーカーは数多くありますので、メーカーをチェックすることもおすすめします。メーカーごとにバイクプロテクターの種類や特徴は異なりますので、ぜひお気に入りのメーカーを見つけてください。

コミネ

コミネは1947年創業の、日本の老舗バイク用品メーカーです。機能性の高さと価格の安さが魅力的なポイントです。初めてバイクプロテクターを選ぶという人はぜひコミネの商品をチェックしてい見てください。

 

バイクプロテクターの種類も豊富に取り揃えているのも特徴です。様々な商品からぜひ自分に合うバイクプロテクターを見つけてください。

 

コストパフォーマンスが高いブランドなので、できる限り価格を抑えてバイクプロテクターを選びたいという人にもおすすめするブランドです。

RSタイチ

RSタイチは、大阪に本店を置く国内バイクウエアメーカーです。バイク好きの人が日常でバイクに乗るために着るウエアなどはもちろん、レース用のバイクウエアなども手掛けているのが特徴です。

 

機能性が高いだけではなく、デザイン性が高いのもRSタイチの魅力です。若い世代に向けた商品も多いため、ぜひデザイン性も考えてバイクプロテクターを選びたいという人はぜひチェックしてみてください。

人気のバイクプロテクターおすすめ商品ランキング10選

第10位

Lixada

膝サポート

価格:2,333円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足の太さに合わせて調節可能

2本のバンドが付いていることにより、足の太さに合わせて自由に大きさを調節することができる膝用のプロテクターです。フィット感に優れているのは嬉しいポイントですよね。

 

プレミアムオックスフォード布を使用しているため、付けていても違和感なく快適に装着し続けることができます。通気性、伸縮性に優れているため、膝を大きく動かしても自然に動かすことができます。

 

気軽に付けることができる膝用のプロテクターをお探しの人にぜひおすすめしたい商品です。低価格で購入できるのも魅力的なポイントです。

体の部位タイプハード
CE規格
第9位

コミネ(Komine)

07-732

価格:5,536円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジーンズの中に直接プロテクターを入れることができる

一見普通のジーンズのようですが、ジーンズの膝部分に膝用のプロテクターを入れることができるポケットが付いているため、ジーンズに直接プロテクターを入れることができる商品です。

 

プロテクターを付けているのが分からないため、いかにもプロテクターを付けているという見た目ではなく、自然な見た目でバイクに乗りたいという人にもおすすめです。ジーンズなので、バイクを降りた後もプロテクターを付けたまま気軽に過ごすことができます。

 

ジーンズ自体も、使いやすい色と形をしているため、バイクに乗ることがないというときでも使うことができます。ぜひ日常からこの商品を使ってみてくださいね。

体の部位タイプハード
CE規格
第8位

コミネ(Komine)

04-611

価格:6,070円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お尻を守るプロテクター

お尻から太ももにかけて衝撃から体を守ってくれるプロテクターです。ハードタイプのプロテクターを配置しているため、防御性が高いのが魅力的です。

 

メッシュ素材を採用していることにより、ムレやすいお尻の部分も蒸れにくくなるため、快適に過ごすことができます。運動性が高い生地を使っているため、動きが制限されないというのも嬉しいポイントです。

 

 

体の部位臀部、大腿部タイプハード
CE規格
第7位

QIHANG

胸部プロテクター

価格:3,655円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

椎骨までカバーするプロテクター

胸部や背中だけではなく、椎骨までカバーすることができるプロテクターなのでより広範囲を守ることができます。

 

軽くて薄いプラスチックシエルで作られているため、誰でも気軽に付けることができますし、つけている間も体の負担になることがありません。ベルトが調節可能なため、背の高さや体の大きさに合わせて適切な位置にプロテクターを持ってくることができます。

 

胸部と背中全体を覆う商品のため通気性が大切ですが、この商品は穴が多くつけられているため通気性も優れているのが魅力です。汗でムレる心配もなく使うことができます。

体の部位胸部、背中、椎骨タイプハード
CE規格
第6位

BenKen

ボディプロテクター

価格:6,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EVAパット内蔵

軽くて反発性に優れたEVAパットを使用しているのが特徴のプロテクターです。バイクだけではなく、スキーやスケートボード、ロッククライミングなどにも使用することができるため、1つ持っておくととても便利な商品です。

 

プロテクターが分割されていることにより、柔軟性が高くなりより体にフィットするような構造になっているのも魅力的なポイントです。多重構造のため体の衝撃を拡散し体への負担を軽減してくれます。

 

軽量性にも優れているため、プロテクターを付けながら動くことも簡単にできます。バイクだけではなく様々な場面でプロテクターを身に着けたいという人におすすめです。

体の部位上半身タイプハード
CE規格
第5位

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD)

RR10064

価格:2,747円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロテクターの位置を調節可能

プロテクターの位置を自由に変えることができる商品のため、より自分の体に合った位置にプロテクターを動かすことができます。自分で調節することにより違和感なくバイクプロテクターを付けることができるのは嬉しいですよね。

 

色もシンプルな黒ですし、ロゴの大きさも大きくないため、シンプルなデザインのバイクプロテクターが欲しいという人にもぜひおすすめしたい商品です。

 

脛の外側には高輝度反射プリントが施されているため、夜にバイクに乗るときにも安全に乗ることができるのも魅力的なポイントです。

体の部位膝、脛タイプハード
CE規格
第4位

コミネ(Komine)

04-693

価格:11,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジャケットタイプのプロテクター

気軽に着脱することができるジャケットタイプのバイクプロテクターです。黒のシンプルな商品のため、誰でも気軽に着ることができるのが魅力的なポイントです。伸縮可能な生地を使っているため、着ていても動きやすいのが特徴です。

 

ハードタイプのプロテクターが中に入っているので、しっかりと体を自己の衝撃から守ってくれます。胸部、腹部だけではなく、肩、腕、背中にもプロテクターが入っているため、上半身全体を守ることができます。

 

ハードタイプの防御性と着心地の良さを兼ね備えた商品です。上半身全体をしっかりと守ることができるバイクプロテクターが欲しいという人はぜひチェックしてみてくださいね。

体の部位上半身タイプハード
CE規格
第3位

RSタイチ(RSTAICHI)

TRV044

価格:3,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

背中用プロテクター

背中への衝撃を防いでくれる背中用プロテクターです。CE規格をクリアしているくらい高品質な商品ですが、13mmという薄型のため背中に着けていても違和感なくバイクを運転することができます。

 

既存のジャケットなどに入っているプロテクターと交換するだけで気軽にグレードアップしたプロテクターを使うことができます。ジャケット自体を交換することなく簡単に使用できるのも魅力です。

 

薄型のため、より軽くなっているのもポイントです。軽量性に優れたプロテクターを身に着けることでよりバイクに乗っていない時でも快適に動くことができます。

体の部位背中タイプソフト
CE規格
第2位

RSタイチ(RSTAICHI)

TRV045

価格:4,368円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

膝用のバイクプロテクター

膝用のバイクプロテクターを探しているという人にぜひチェックしてほしい商品です。ハードタイプのプロテクターがカバーの中に入っているため、しっかりと足を守ることができるのが魅力です。

 

また、カバー部分はフィット感が高いため、ハードタイプのプロテクターを付けていてもしっかりと体に馴染んでくれます。デニムパンツを着用した上からでも付けることができるのも嬉しいですよね。

 

通気性の良いメッシュ生地を採用しているため、夏の時期でも汗ばむことなく快適に使うことができるのも魅力的なポイントです。

 

 

体の部位タイプハード
CE規格
第1位

コミネ(Komine)

04-688

価格:4,617円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上半身をしっかりと守るベストタイプ

腹部と胸部をしっかりと守ることができるベストタイプのバイクプロテクターです。ハードタイプのプロテクターですが、体の動きに合わせてフィットするような新型プラスチックシャルを採用しているため、違和感を感じにくいのも魅力です。

 

立体メッシュを内側のパットに使用しているため、バイクプロテクターを付けていても汗によるムレなどを心配することもありません。

 

女性用から、男性用はMサイズから2XLサイズまで幅広いサイズ展開も特徴なので、より自分に合ったサイズを選ぶことができます。

体の部位腹部、胸部タイプハード
CE規格有(男性用)

バイクプロテクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5093842の画像

    コミネ(Komine)

  • 2
    アイテムID:5093821の画像

    RSタイチ(RSTAICHI)

  • 3
    アイテムID:5093941の画像

    RSタイチ(RSTAICHI)

  • 4
    アイテムID:5093876の画像

    コミネ(Komine)

  • 5
    アイテムID:5093856の画像

    ラフアンドロード(ROUGH&ROAD)

  • 6
    アイテムID:5093899の画像

    BenKen

  • 7
    アイテムID:5093957の画像

    QIHANG

  • 8
    アイテムID:5093948の画像

    コミネ(Komine)

  • 9
    アイテムID:5093915の画像

    コミネ(Komine)

  • 10
    アイテムID:5093952の画像

    Lixada

  • 商品名
  • 04-688
  • TRV045
  • TRV044
  • 04-693
  • RR10064
  • ボディプロテクター
  • 胸部プロテクター
  • 04-611
  • 07-732
  • 膝サポート
  • 特徴
  • 上半身をしっかりと守るベストタイプ
  • 膝用のバイクプロテクター
  • 背中用プロテクター
  • ジャケットタイプのプロテクター
  • プロテクターの位置を調節可能
  • EVAパット内蔵
  • 椎骨までカバーするプロテクター
  • お尻を守るプロテクター
  • ジーンズの中に直接プロテクターを入れることができる
  • 足の太さに合わせて調節可能
  • 価格
  • 4617円(税込)
  • 4368円(税込)
  • 3599円(税込)
  • 11300円(税込)
  • 2747円(税込)
  • 6999円(税込)
  • 3655円(税込)
  • 6070円(税込)
  • 5536円(税込)
  • 2333円(税込)
  • 体の部位
  • 腹部、胸部
  • 背中
  • 上半身
  • 膝、脛
  • 上半身
  • 胸部、背中、椎骨
  • 臀部、大腿部
  • タイプ
  • ハード
  • ハード
  • ソフト
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • CE規格
  • 有(男性用)

正しいバイクプロテクターの付け方

特に上半身に身に着けるバイクプロテクターは商品によってサイズが違います。女性用のサイズの商品もあれば、男性用のサイズもあるため、より自分に合ったサイズのバイクプロテクターを身に着けることが大切です。

 

小さすぎれば窮屈に感じてしまいますし、大きすぎればバイクを運転している途中でズレてしまい事故に合ったときに適切な形で衝撃を吸収することができないかもしれません。安全性と快適性を高めるためにも、ぜひ自分の体に合ったバイクプロテクターを装着してください。

まとめ

バイクプロテクターの選び方やおすすめの商品をご紹介してきました。命を守るために非常に大切なアイテムなので、より安全で快適に装着することができるバイクプロテクターを選んでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ