記事ID138965のサムネイル画像

【2020年】オーディオテクニカのヘッドホンおすすめ人気ランキング【10選】

ヘッドホンの業界でも屈指の人気を誇るオーディオテクニカ。今回はオーディオテクニカのヘッドホンを価格や人気シリーズそして細かな性能の観点から選び方と人気おすすめ商品をランキング形式で紹介しています。オーディオテクニカのヘッドホンで悩んでいる方必見です。

独自技術で差をつけるオーディオテクニカのヘッドホン

オーディオテクニカのヘッドホンには独自開発のPAT.Pというコアマウントが採用されており、低音、中音、高音域のバランスが取れたサウンドと高音の美しさが特徴です。その特徴を生かして初心者用はもちろんのことプロ用としても活躍できるヘッドホンを多く揃えています。

 

気軽に購入できる低コストのものから音質など性能面にこだわった高コストのものまで幅広く取り扱っており、どんな人でもニーズにあったヘッドホンを選ぶことができます。業界でも安定さと信頼を有するオーディオテクニカのヘッドホンを紹介していきます。

オーディオテクニカのヘッドホンの選び方

オーディオテクニカのヘッドホンは数多く存在しています。その中から自分にあったものを選ぶことは簡単なことではありません。どんなところに目をつけて選べば良いのかを紹介していきます。

価格で選ぶ

ヘッドホンの価格は搭載されている機能や性能によって大きく異なってきます。その中で安いものを選ぶとなれば、多少なりとも何かを犠牲にしなければなりません。安くて最高品質を求めるのは現実的ではありませんが、安くても価格以上の性能を持った高コスパ商品は多数あります。

 

まずは相場価格を知るべきでしょう。正確な相場は導き出せませんが、1万円程度でリスニングには十分程度のヘッドホンを購入することができるでしょう。コスパに優れたヘッドホンが多いのもこの価格帯と言えるでしょう。

 

安いものでは1000円台のものまであるので、とにかく安いものをという人にとってはお手頃の値段となるでしょう。しかし、性能や音質などの面で大きく劣る可能性があるので注意しましょう。

接続方法で選ぶ

接続方法は、ヘッドホンを選ぶ際の最初の選択肢です。自分の使用するデバイスや使用用途に応じて選ぶ必要があります。

安定性と高音質なら有線

有線ヘッドホンは、オーディオテクニカに限らず接続の安定性と音質の高さが特徴です。またケーブルでの接続なので充電残量などを気にせず半永久的に使い続けることができます。そのケーブルに互換性があれば、ケーブルを変えることで自分好みの音色に変えることできます。

 

手頃な価格帯のものから最高品質の高級品まで幅広く展開されています。時代はワイヤレスに傾きつつありますが、有線でなければ実現できない音もあります。ワイヤレスにはない安定性と音質の高さを求める人におすすめの接続方法です。

扱いやすさで勝るワイヤレス

有線とは違ってケーブルを必要としない接続方法です。その特徴としてはケーブルなどが邪魔にならないため、非常に扱いやすくなっているということです。しかし、有線に比べると接続不安定であったり、音質がよくなかったりと課題点が多く見られる接続方法でもありました。

 

しかし、現在はその課題点も改善され、有線に負けないほどの安定性と音質を実現できるようになりました。そのためか、有線に取って代わるようにワイヤレスのヘッドホンがオーディオテクニカでも人気です。

 

それでも有線に音質の上限では敵いません。高級品になればなるほど有線とワイヤレスの違いを実感することになるでしょう。しかしそれでもワイヤレスの進歩は凄まじいものがあります。

良いとこ取りの両方対応

ワイヤレスと有線の両方に対応したオーディオテクニカのヘッドホンです。場面に応じた使い分けをすることができるのが最大のメリット言えるでしょう。ワイヤレスのノンストレス性と有線の安定性を1台に詰め込んだ両方対応のヘッドホンもおすすめです。

 

しかし、その機能性の高さから値段が高く、手が出しづらいのが最大のデメリットと言えるでしょう。

種類で選ぶ

ヘッドホンには種類が存在します。正確にはモニター用ヘッドホンとリスニング用ヘッドホンです。これらの違いを比較しながら特徴を紹介します。

リスニング用ヘッドホンで音楽を楽しもう

リスニング用ヘッドホンは、音楽を楽しく聴けるようにチューニングされたものを言います。一般受けするように、音源そのままではなく音の広がりなどに加工を加えているのです。大半の人が持っているヘッドホンはリスニング用のヘッドホンと言えるでしょう。

 

多くの人が聴いている音楽は加工されている音楽ということになります。またリスニング用のヘッドホンは音の波がフラットに編集されているので、長時間の使用でも音に聴き疲れることが少なくなるように作られています。

 

普段、普通に使う場合はリスニング用のヘッドホンで全く問題ないでしょう。

モニター用ヘッドホンで本格的な音楽を

モニター用ヘッドホンは、音源をなるべく忠実にそして解像度が高い正確な音を聴けるように作られたものをいいます。これは完全にプロや玄人向けのヘッドホンになっています。楽曲を作る際の細かなニュアンスやミスなども顕著に表現してくれます。

 

そのままの音を必要とする音楽に関わりの深い人やプロの人が扱う種類のヘッドホンとなっています。長時間の使用には向かず、音の波が荒いので聴き疲れてしまいます。しかし、音の広がりや楽器配置なども鮮明に映し出してくれる性能を持ち合わせています。

ハウジング構造で選ぶ

音を発生させるユニットを覆うハウジングの構造によって、聴こえ方や使い方などが変わってきます。今回は開放型と密閉型の2つのタイプの紹介をします。

高音を際立たせる開放型

開放型は写真のようにハウジングの部分をメッシュ構造などにしてハウジングを直接空気に触れさせるタイプのヘッドホンです。その特徴として音がクリアに聴こえるという点があります。特に高音に関してはスゥーと透き通るような美しい音色を味わえることでしょう。

 

使い心地に関しても、耳への圧迫感が少ないため、非常に優しい付け心地を実現しています。長時間使用していても、違和感なく音楽を素直に楽しむことができます。1日に長時間音楽を聴くという人におすすめできるタイプです。

 

しかし、音漏れしやすく屋外での使用には向いていない傾向にあります。電車やバスなど人が密集する場所での使用はモラル的に考えて不可能といえるでしょう。主に自宅などで高音質を味わいたい人向けのタイプとなっています。

通勤通学におすすめの密閉型

密閉型のヘッドホンはハウジング部分が密閉されたタイプのヘッドホンになります。その密閉性の高さから外部への音漏れを防いでくれます。音漏れの少なさは屋外での使いやすさにも繋がってきます。開放型とは違い、電車など人が多いところでも使用することができます。

 

高音の音に強かった開放型と異なり、重低音の再現に強い密閉型のヘッドホンはベースラインなどを際立たせてくれます。その分、音もこもりやすくなっています。さらに耳への圧迫感や通気性の悪さから不快感を覚えてしまう人もいるようで、ストレス耐性の観点で見ると開放型に引けを取っています。

人気シリーズで選ぶ

業界大手メーカーのオーディオテクニカは多くのシリーズを展開しています。その中からいくつかの人気シリーズを紹介していきます。シリーズで選ぶのも良いのではないのでしょうか。

最高にして至高のATH-W1000X

この商品は、ぱっと見でも感じることができる高級感のあるデザインとそれに引けを取らない最高品質の性能を持っています。素材には木材を使用しており、軽量化を実現しています。さらに木製特有の音の響きは、とても温かみのあるものになっています。

 

音の再現性も高く、微細な表現や歌声や演奏などの細かなところまで堪能することができます。対応音域も非常に広く高音から低音まで完全に再現してくれます。音質を極限まで高めた最高品質のオーディオテクニカのヘッドホンになっています。

 

値段も10万円以上と高価なシリーズになりますが、買って損はしないほどの性能をもっている確かなヘッドホンになっています。

音質にこだわったオープン型ADシリーズ

ハイレゾにも対応した高音質のオープン型エアーダイナミック(AD)シリーズのヘッドホンです。比較的に大きなフォルムを持つシリーズですが、軽量化がなされておりダイナミックな付け心地な割に耳など体への負担が軽減されています。

 

コンサートやライブなどの音源などを聴く際にもその音質の高さが発揮されます。音の再現性や高音の伸びなどオーディオテクニカのオープン型ヘッドホンのスタンダードモデルとされています。

 

オーディオテクニカでオープン型のヘッドホンを選ぶのであれば、このシリーズで選ぶと間違い無いでしょう。

コスパ重視であるならSOLID BASSシリーズ

このシリーズは密閉型のヘッドホンのシリーズになっています。オーディオテクニカのヘッドホンの中では重みのあるシリーズになっていますが、音楽への没入感が魅力となっています。最も性能と価格のバランスが取れた高コスパシリーズといって良いでしょう。

 

上位モデルになれば超解像度のドライバーを搭載しているので、重低音の再現度に加えて歪みの少ない中、高音もしっかりと再現してくれます。課題であった高音域にも対応しています。良い音質で音楽に没入したい人におすすめのシリーズです。

オーディオテクニカのヘッドホンの人気おすすめ商品ランキング10選

第10位

オーディオテクニカ

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

価格:7,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

満遍なく音質の良いヘッドホン

日々の音楽を充実させてくれるリッチテイストなワイヤレスヘッドホンです。スマホとも簡単に接続できるNFC機能も採用しています。耳元での音楽再生と通話も可能にします。さらに持ち運びしやすい便利な折りたたみ可能なヘッドホンスタイルになっています。

 

音質面でもクリアな中、高音域に加えてずっしりとした低音域も再現する40mmドライバーを搭載しています。使用時間も長時間の使用に対応ており、その長さは約30時間と1日以上の連続使用を可能にします。

 

満遍なく音質が良いですが、低音重視の人には少し物足りないような評価もあります。とはいえ、全体的な音質は高く、一万円以下のヘッドホンにしては質の高い、高コスパのヘッドホンと言えるでしょう。

接続ワイヤレス種類リスニング
構造密閉型特徴折りたたみ可能
第9位

audio-technica

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

価格:22,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完成度の高いワイヤレスヘッドホン

キレのある重低音と高解像度を両立した高性能な密閉型のヘッドホンです。ワイヤレスながら味のある深く鮮明な重低音を再現してくれるドライバーを搭載しています。イヤーパッドには硬度の違う2層のクッション材を使用しており、快適な付け心地を実現してくれます。

 

ノイズキャンセリング機能も搭載しており、高音質のサウンドに没入させてくれる環境を自然と作り出してくれます。加えてヘッドホンを外すことなく周りの音を聞き分けられる外部音の取り込み機能もあり、使い勝手の良い仕上がりになっています。

 

ノイズキャンセリングですが、完璧とはいえず多少の音漏れとノイズの入り込みがあるというような評価ですが、ワイヤレスとは思えぬほどの音質と遅延の少なさがそれを上回るほどの高評価を得ているヘッドホンになっています。

接続ワイヤレス/有線種類リスニング
構造密閉型特徴ハイレゾ音源対応
第8位

audio-technica

デジタルワイヤレスヘッドホンシステム

価格:15,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普段の視聴に臨場感を

音楽だけでなくテレビや映画などに臨場感を与えるワイヤレスヘッドホンです。省スペース充電スタイルで場所をとらず自己完結型の充電方式をとります。充電器さえあればいつでも充電できるのも大きな魅力の1つと言えるでしょう。

 

42mmのドライバーは鮮やかで表現力そして臨場感たっぷりな音質を再現してくれます。多彩なサウンドに対応したサウンドプロセッサが立体描写に優れたサラウンドサウンドを生み出し、ゲームの効果音やBGMなどにも迫力を足してくれます。

 

やはり迫力感が大きく評価されており、音楽鑑賞用のみならずテレビや映画そしてゲームなど多ジャンルで幅広く活躍することができるヘッドホンになっており、どんな人にもおすすめできるマルチヘッドホンに仕上がっています。

接続ワイヤレス種類リスニング
構造密閉型特徴臨場的サウンド
第7位

オーディオテクニカ

ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型ヘッドホン

価格:31,189円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる音源を高精度に表現

リアルなサウンドを再現するモニター的な要素と鮮やかで自然な音の広がりを再現するリスニング的な要素を併せ持ったヘッドホンです。聴く音楽を全て最高のものに引き上げ、サウンドの世界に私たちを引き込んでくれます。

 

さらにヘッドバンドなどの構造の改善によって、より最適なフィット感を実現しているのでストレスを感じることがありません。私たちをさらにサウンドの世界に没入させてくれる大きな要因となっています。

 

音の再現度も非常に高く、音像をくっきりと表し低域の落ち着いた響きや高域の鋭い響きなどを確実に再現します。楽器などの配置など空間的な音もしっかりと捉えることができるプロレベルのヘッドホンに仕上がっています。

接続有線種類モニター/リスニング
構造密閉型特徴リアルサウンド
第6位

audio-technica

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

価格:13,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有線とワイヤレスに対応

ワイヤレスのイメージを塗り替える重低音を再現するヘッドホンです。その重低音を実現する53mmの大口径のドライバーを採用し、イヤーパッドには2層式の硬度の異なるクッション材を使用することで付け心地も抜群です。

 

約40時間と2日近い連続使用時間を誇り、万が一電池が切れたり接続が安定しなくても有線にも対応しているため切り替えることで安定した接続で高音質なサウンドを楽しむことができます。

 

ワイヤレス接続の場合では多少の遅延があるようですが、音質は高いという評価です。ワイヤレスとしてのポテンシャルを最大限にいかせていないようですが、有線と使い分けることで互いの弱点を補完し合っているヘッドホンです。

接続ワイヤレス/有線種類リスニング
構造密閉型特徴有線にも対応
第5位

audio-technica

ワイヤレスヘッドホン

価格:9,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

接続の速さと安定性抜群

軽量化を図ったポータブルタイプのヘッドホンです。コンパクトに収められたボディですが、質の高い重低音を再現するパワフルなサウンドを持っています。質量は約167gの軽量ですが、キレのある鮮やかな重低音のサウンドを聴くことが出来ます

 

一回のフル充電で約70時間の連続使用ができ、ノン充電で3日間は使うことが出来ます。今すぐ使いたい場合も10分ほどの充電で約4時間使うことができます。ハウジング部分をフラットに折りたたむことでバッグなどにそのまましまうこともできるので、持ち運びにも便利です。

 

Bluetoothとの接続の速さと安定性が1番の魅力であり、街中で使っていても接続切れはほとんど起こらず、途中でサウンドが切れることがないのでストトレスなく聴くことができます。デザインもクールでファッショナブルな点も魅力の1つと言えるでしょう。

接続ワイヤレス種類リスニング
構造密閉型特徴軽量ポータブルタイプ
第4位

オーディオテクニカ

Bluetooth対応 ダイナミック密閉型ヘッドホン

価格:9,050円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

70時間以上の長時間使用が可能

コンパクトながら高解像度のサウンドを再現する40mmドライバーを搭載しており、自由にそして思う存分に高音質のサウンドを聴くことができるワイヤレスヘッドホンです。不要な低域音を抑制するアコースティックレジスタを搭載しています。

 

レジスタは低音域の抑制と同時に、中高音域を際立たせてくれます。音響スペースを独立させることで、クリアなサウンドを実現することに成功しました。さらにシンプルなデザインのボディと快適な装着感を持つイヤーパッドが耳を包み込んでくれます。

 

長い連続使用時間の評判が良く、その時間は驚異の70時間以上で、約2日と半日以上の長時間対応です。充電切れを知らせる警告音などにストレスを感じることが少ないヘッドホンです。

接続ワイヤレス種類リスニング
構造密閉型特徴長時間使用
第3位

オーディオテクニカ

密閉型オンイヤーヘッドホン

価格:1,251円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良いヘッドホン

36mmのドライバーを搭載しており、パワフルでクリアなサウンドを再現してくれます。軽量でコンパクトなボディは非常に扱いやすいです。カラーリングも鮮やかでファッション性も高くなっています。

 

何よりも1000円台という破格の値段設定になっており、性能が心配になるレベルです。性能に関して全体的に見れば高いとは言えませんが、値段という観点から見れば性能は高めです。そのためコスパに優れたヘッドホンと言えるでしょう。

 

とりあえず音楽や動画を楽しむ程度のことであれば問題ないくらいの性能は持っているというようなレベルのヘッドホンです。とにかく低価格が武器のヘッドホンということです。

接続有線種類リスニング
構造密閉型特徴激安
第2位

オーディオテクニカ

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

価格:5,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い基本性能

Bluetoothでクリアな迫力のあるサウンドを再生するワイヤレスヘッドホンです。40mmのドライバーがクリアなサウンドを実現させてくれています。音漏れの少ない密閉型で耳へのストレスの少ないオンイヤータイプで長時間の装着にも対応しています。

 

約40時間以上の連続使用時間を持っており、長時間のワイヤレス再生を可能にします。折りたたみできる設計になっているのでコンパクトにして収納することもできるので持ち運びにも便利になっています。

 

癖のない音質や接続の安定性など基本性能が高いという評価で、スタンダードモデルとして非常にバランスのとれた誰にでも馴染むヘッドホンになっています。

接続ワイヤレス種類リスニング
構造密閉型特徴クリアなサウンド
第1位

audio-technica

ハイレゾ・Bluetooth対応 ダイナミック密閉型ヘッドホン

価格:22,345円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンダードを超えるハイスペックなヘッドホン

音も機能もワンランク上のワイヤレスヘッドホンです。ノイズキャンセリング機能に加えて、外部の音を意図的に取り込んでくれるヒアスルー機能や1日中使うことができる長時間バッテリーなど2万円台のヘッドホンにしては多くの機能を搭載したヘッドホンです。

 

有線接続に切り替えることでハイレゾに対応することもできるので、さらなる高音質なサウンドを楽しむことができます。ワイヤレスより重低音の響くずっしりとしたサウンドや中、高音の美しい音色などが顕著に表現されます。

 

エントリークラスのスタンダードな性能に飽きた人などにおすすめのハイエンドモデルになっています。常に美しい高音質のサウンドとともに生活してみるのはいかがでしょうか。

接続ワイヤレス/有線種類リスニング
構造密閉型特徴多機能搭載

オーディオテクニカのヘッドホンの人気おすすめ商品の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5092170の画像

    audio-technica

  • 2
    アイテムID:5092167の画像

    オーディオテクニカ

  • 3
    アイテムID:5092158の画像

    オーディオテクニカ

  • 4
    アイテムID:5092148の画像

    オーディオテクニカ

  • 5
    アイテムID:5092118の画像

    audio-technica

  • 6
    アイテムID:5092093の画像

    audio-technica

  • 7
    アイテムID:5092070の画像

    オーディオテクニカ

  • 8
    アイテムID:5092058の画像

    audio-technica

  • 9
    アイテムID:5092011の画像

    audio-technica

  • 10
    アイテムID:5091983の画像

    オーディオテクニカ

  • 商品名
  • ハイレゾ・Bluetooth対応 ダイナミック密閉型ヘッドホン
  • Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン
  • 密閉型オンイヤーヘッドホン
  • Bluetooth対応 ダイナミック密閉型ヘッドホン
  • ワイヤレスヘッドホン
  • Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン
  • ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型ヘッドホン
  • デジタルワイヤレスヘッドホンシステム
  • Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン
  • Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン
  • 特徴
  • スタンダードを超えるハイスペックなヘッドホン
  • 高い基本性能
  • コスパの良いヘッドホン
  • 70時間以上の長時間使用が可能
  • 接続の速さと安定性抜群
  • 有線とワイヤレスに対応
  • あらゆる音源を高精度に表現
  • 普段の視聴に臨場感を
  • 完成度の高いワイヤレスヘッドホン
  • 満遍なく音質の良いヘッドホン
  • 価格
  • 22345円(税込)
  • 5699円(税込)
  • 1251円(税込)
  • 9050円(税込)
  • 9600円(税込)
  • 13240円(税込)
  • 31189円(税込)
  • 15980円(税込)
  • 22200円(税込)
  • 7400円(税込)
  • 接続
  • ワイヤレス/有線
  • ワイヤレス
  • 有線
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス/有線
  • 有線
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス/有線
  • ワイヤレス
  • 種類
  • リスニング
  • リスニング
  • リスニング
  • リスニング
  • リスニング
  • リスニング
  • モニター/リスニング
  • リスニング
  • リスニング
  • リスニング
  • 構造
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 特徴
  • 多機能搭載
  • クリアなサウンド
  • 激安
  • 長時間使用
  • 軽量ポータブルタイプ
  • 有線にも対応
  • リアルサウンド
  • 臨場的サウンド
  • ハイレゾ音源対応
  • 折りたたみ可能

ヘッドホンをより高音質にするには

オーディオテクニカは音質が悪いというような評判もちらほら見受けられますが、それは高音質でサウンドを聴くための環境づくりができていないからです。今回はヘッドホンの音質を向上させるアイテムを紹介します。

 

1つ目はヘッドホンアンプです。これによって音量の調整やノイズ削減による音質の向上などが見込めます。何か音質に対して物足りないと感じるようであればヘッドホンアンプを1つ中継させるだけで劇的に音質が変わるかもしれません。

 

2つ目は有線タイプにヘッドホンで音質に満足がいっていないのであれば、ケーブルを変えてみるのも1つの方法です。ケーブル単体で本体ほどの値段のものまでありますが、それだけ高音質な音届けてくれるということです。

まとめ

今回はオーディオテクニカのヘッドホンのおすすめ人気商品や選び方を紹介しました。業界でも人気のメーカであるオーディオテクニカですので、多くのヘッドホンを輩出しています。自分にあったヘッドホンを選ぶだけでも一苦労でしょう。今回紹介した選び方を参考に選んでみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ