記事ID138958のサムネイル画像

【初心者必見】スノーボードブーツの人気おすすめランキング10選

スノーボード道具をそろえる上で悩みがちなブーツ。スノーボードブーツは様々なブランド、メーカーから販売されており初心者の方や買い換えを検討している方はどれがおすすめか選ぶのが大変です。今回はスノーボードブーツの人気おすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。

スノーボードブーツは自身の足形に合ったものが大切

ウインタースポーツでも人気のスノーボードには様々なアイテムが必要となりますが、その中でも最も重要といわれているのがスノーボードブーツです。初心者の方やスノーボード道具の買い換えを検討している方が、まず検討してほしいのがスノーボードブーツといえます。

 

スノーボードブーツは足元の感覚がダイレクトに伝わるアイテムであるため、自身の足形にあったものを選ぶことが重要なポイントといえます。また近年では様々なデザインや種類も販売されているため、ご自身にあったスノーボードブーツを見極めることが大切です。

 

今回はスノーボードを始める上で最初に選びたいスノーボードブーツのおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。自身にあったスノーボードブーツで楽しくウインタースポーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スノーボードブーツの選び方

スノーボードブーツは毎年色々な種類やデザインのものが販売されています。ここでは自身の足形にぴったりなスノーボードブーツを選ぶポイントについて紹介していきます。

種類で選ぶ

スノーボードブーツにはいくつかの種類に分類することができ、それぞれ特徴が異なります。自身の足形やフィット感のある使い心地が良い種類を選ぶようにしましょう。

部分的な調節がしやすい「紐タイプ」

スノーボードブーツの中で最もポピュラーな種類であるのが「紐タイプ」のスノーボードブーツです。スノーボード道具をレンタルする場合には、紐タイプのものが多く、初心者の方から上級者の方まで使いやすいスノーボードブーツといえます。

 

紐タイプのものは紐の締め具合で強弱を自由に調整することができるため、自分好みの締め具合で履くことができるのが特徴です。部分的な微調整もでき自身の足形にフィットさせやすいため、履き慣れるといつでも最高な履き心地でスノーボードを楽しめます。

 

また紐が切れてしまった際にも、自分で紐の交換といった修理がしやすいのも魅力です。ただし紐を締め上げる際にはある程度の力を必要とするため、腕力に自信がない女性の方やスノーボード初心者の方は装着が難しいと感じる場合があるため注意が必要です。

締め付けが簡単で装着しやすい「ボアシステムタイプ」

ボアシステムタイプは紐の代わりにワイヤーを使用して締め上げるスノーボードブーツで、ダイヤルがついているのが特徴です。ボアシステムタイプの最大の魅力はダイヤルを回すだけで脱着できる装着の簡単さで、腕力が必要ないため女性の方にも人気があります。

 

スノーボードブーツの装着時間も短時間で行えるため、準備にかかる時間を短縮したいという方や初心者の方にもおすすめです。その反面ダイヤルを回すだけの調節となるため、紐タイプのように部分的な強弱ができず、微調整をしたい方には向いていません。

 

最近では部分的な調節可能なモデルも販売されているため、微調整を行いたいけど脱着も簡単にしたいという方はおすすめです。ボアシステムタイプはダイヤルが壊れたときに修理が大変なことと、ボアシステムが壊れると使い物にならないため注意が必要です。

脱着と調整のしやすさを両立した「クイックレースタイプ」

クイックレースタイプはブーツ左右についた紐を上に向かって引っ張ることで締め上げるスノーボードブーツで、しっかりと足を固定することが可能です。先述した2種類の良い点を両立したようなタイプで、近年では特に人気をあつめている種類といえます。

 

締め上げる際には紐タイプほど腕力を必要としないため、女性の方でも比較的簡単に脱着することが可能です。装着時間もボアシステムタイプにひけをとらないほどの早さで調節することができ、紐の引き上げ具合で締め付け感の調節することができます

 

クイックレースタイプは初心者の方から上級者の方まで愛用していることが多い種類ですが、壊れた際には自身での修理が難しいことが欠点としてあげられます。そのためいざ使用する際に壊れたという事態を避けるためにもしっかりと定期的なメンテナンスを行いましょう。

フィット感で選ぶ

スノーボードブーツ選びにはフィッティングすることが重要です。ここではフィッティングする際に確認しておきたいポイントについて紹介していくため参考にしてみてください。

フィッティング時には「スノボ用靴下」を履く

スノーボードブーツを試着する際には、厚手のスノボ用靴下を装着してフィッティングするようにすることが大切です。靴下の厚みによる装着感は想像以上に差が出てくるため、サイズ感やフィット感をよりリアルに感じるためにも専用の靴下を装着して試着しましょう。

 

スノーボードグッズを専門的に扱う店舗などであれば、フィッティング用としてスノボ用靴下を貸してくれる場合もあります。そのため忘れた場合や初心者でスノーボードアイテムをまた何も所持してない場合にはお店スタッフに確認してみるのがおすすめです。

 

基本的にスノーボードブーツは少し大きめに作られていることが多いため、普段履いている靴サイズより0.5cm程度小さめのものから試着するようにしましょう。試着時はしっかりと紐を締め上げた状態で、数mm程度つま先に余裕があるものがベストとされています。

部位毎のフィット感を確認する

海外メーカーのスノーボードブールは外国人の足サイズを元に製造されており、縦の長さは同じであっても横幅が広い人、狭い人など個人差があります。横幅が窮屈に感じたり、圧迫感を感じる場合には圧迫感が痛みに変わっていくことがあるため、おすすめしません。

 

装着した際にはつま先やかかとに重心を置いて、窮屈感や痛みなどがないか確認するようにしましょう。つま先に重心を置いた際に痛みを感じるものや、かかとが浮いてしまうものはサイズやブーツの形に足が合っている可能性があるため注意が必要です。

 

試着時に痛みを感じない場合でも、実際に使用した際に痛みが発生したり、靴擦れを起こす原因となります。また部位毎のフィット感を合わせることで、痛みの発生以外にも滑りやすさにも影響するため、時間をかけてしっかりとフィット感を確認するようにしましょう。

実際に動いて痛みがないかをチェックする

スノーボードブーツを試着した際は、実際に使用することを想定してできる範囲で動かして痛みなどがないか確認することが大切です。歩いたり座ったり、つま先やかかとに重心を置いたいなど足全体フィット感や痛みをチェックするようにしましょう。

 

スノーボードブーツと足が合っていない場合、足首や小指の付け根など様々な部位に痛みを感じます。日常的にはく靴と異なりあらゆる方向に動かすスノーボードブーツは、普段の靴よりも時間をかけて自身の足形と合っているかを確認することがケガ予防にもつながります

 

店舗や状況によっても異なりますが試着時であっても10分程度を目安として痛みや圧迫感がないかを確認することでよりフィット感の高いスノーボードブーツを選ぶことができます。装着してすぐは痛みを感じない場合もあるため、圧迫感や違和感には注意しましょう。

自身のレベルにあった硬さ・インナーを選ぶ

自身のライダーレベルに適したスノーボードブーツを選ぶことで、より快適にスノーボードを楽しめます。ライダーレベルに適した硬さやインナーの種類を選ぶようにしましょう。

硬さはライダーレベルに合わせて選ぶ

スノーボードブーツには「フレックス」と呼ばれる硬さを数値で示したものがあります。硬さについては好みによっても個人差がありますが、操作性や履き心地にも関わってくるためどのようなことをしたいかやスノーボードレベルに合わせて選ぶようにしましょう。

 

一般的な目安としては初心者の方は100未満の柔らかめのソフトフレックス、中級者の方やある程度スノーボードになれてきた方は100~110程度がおすすめです。110以上のハードフレックスは操作も難しいため上級者向けの硬さといえます。

 

ハードフレックスタイプは、ハイスピードで行うターンやジャンプといったキレのあるパワフルな滑りから足首を守る役割をもっています。そのためこうした技を練習したいという場合にはハードフレックスのものを選ぶことで、安全にスノーボードを行えます。

フィット感の高いインナーを選ぶ

スノーボードブーツはアウター、インナー、インソールに分解することができますが、フィット感を高める際にはインナー選びも重要なポイントです。成形済みインナーはシンプルなデザインで縫い目や紐がなく脱着が簡単で安価ですが、フィット感は他よりも低めです。

 

レースタイプインナーはアウターのようにレースを引っ張って締めてフィットさせるインナーで、インナー単体で調整することができるためフィット感も高いです。アウター、インナーそれぞれ脱着する必要があるため、時間に余裕をもって装着することが大切です。

 

サーモインナーは自身の足型インナーを使用できるため、最もフィット感に優れています。専門店での焼き上げが必要となるため、時間と追加料金も発生します。手軽に楽しみたい場合は成形済みインナーやレースタイプインナーがおすすめです。

スノーボードブーツの人気ランキング10選

第10位

HEAD(ヘッド)

ONE BOA

価格:22,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エントリーモデルで脱着のしやすさは抜群

初心者用にデザイン設計されたエントリーモデルで、シンプルでありながらも脱着のしやすさや履き心地にこだわっているスノーボードブーツです。パーフェクトフィットにより、それぞれの足に合わせたフィット感、ホールド感を実現しており安定感にも優れています

 

内側部分のアウターシェルは低めに設置していることで自然に重心が中心にくるようにくふうされています。それにより基本姿勢を正してくれるだけでなく、バランスを万が一崩した際のリカバリー性能の向上にも期待できます。

タイプボアシステムタイプ硬度
インナーパーフェクトフィットサイズ26~29cm
第9位

VANS(バンズ)

HI STANDARD OG

価格:21,924円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルだから使いやすいスタンダードブーツ

現代においては日常で履くスニーカーやファッションアイコンとして定着のあるVANSですが、スケートブランドとして誕生しました。VANSのスノーボードブーツの中でもスタンダードでシンプルな設計のこちらの商品は、初心者の方にも扱いやすくおすすめです。

 

インナー部分はシンプルかつ合理的なデザインでサポート力とフィット感を実現してくれています。幅広いレベルライダーの方にも使いやすいですが、特に初心者から中級者の方に適しています。スノーボードブーツ入門編としてもおすすめです。

タイプ紐タイプ硬度ミディアムフレックス
インナー-サイズ25.5~28cm
第8位

RIDE(ライド)

TRIAD

価格:24,620円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紐タイプとボアタイプが融合したハイブリットタイプ

こちらの「RIDE TRIAD」は、伝統的な紐タイプとボアシステムを融合したハイブリットなスノーボードブーツです。紐で自由に締め付けを行いながらもサイドのボアシステムによってしっかりと固定することができるため、優れたフィット感が特徴です。

 

熟成形かつ2つのシステムを採用することによって、使用していくにつれて足に馴染み、悪臭を防ぐ効果にも期待できます。90年代のテイストを残しつつ現代的にもハイセンスなデザインなので、幅広い層に人気のあるスノーボードブーツです。

タイプ紐タイプ、ボアシステム硬度やや柔らかめのフレックス
インナーINTUITION HEAT MOLDABLE FOAMサイズ25~31cm
第7位

NORTHWAVE(ノースウェーブ)

PROPHECY ASIAN FIT

価格:47,628円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗練されたデザインと機能性を備えたハイエンドモデル

最新のテクノロジーを採用したフリースタイルタイプのハイエンドモデルなので、初心者の方はもちろん上級者の方までおすすめのスノーボードブーツです。アッパーシェル、ローワーシェルそれぞれ締め上げることができるため、微妙な調整もしやすいです。

 

フィット感やグリップ性にも優れており、パフォーマンスを損なわずに軽量化を実現しています。また高性能タイプではありますが、見た目のデザイン性も抜群なのでおしゃれなスノーボードブーツを探しているという方にぜひおすすめしたアイテムです。

タイプクイックレースタイプ硬度-
インナーTF3サイズ25.5~27cm
第6位

FLUX(フラックス)

GT-SPEED

価格:23,970円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽快でしなやかなバランス良いフレックスが魅力

こちらの「GT-SPEED」は高性能ファイバーロープを採用しておりしなやかで強靱かつ軽やかなので、スムーズにブーツの脱着を行う事ができます。やわらかめのソフトフレックスで、日本人の足形にあうブーツを追求したFLUXだからこそのフィット感が魅力です。

 

インナー部分は足との一体感を高めるためにカフクローザーデザインを採用し、フィット感を高めたハイポテンシャルインナーです。またやわらかでふわふわなソフトインソールを使用し、履き心地と温かさを両立して快適なスノーボードをサポートしてくれます。

タイプクイックレースタイプ硬度ソフトフレックス
インナーF3 INNERサイズ23~28.5cm
第5位

サロモン(SALOMON)

DIALOGUE WIDE JP

価格:23,328円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本人の足型に合わせて製造されているためフィット感抜群

こちらの商品は日本人の足型に合わせてワイドに作られているため、海外メーカーのスノーボードブーツではフィット感が物足りないと感じている方にもおすすめです。SALOMONが開発したレーシングシステムで、どなたでも簡単に締め上げを行うことができます。

 

調節は上部と下部の2エリアに分けて行えるため、素早い脱着と微妙な調節どちらも求めている方におすすめです。接着剤等は使用しておらずブーツ丸ごと水洗いできるため、シーズンオフのお手入れも簡単に行えるのが魅力です。

タイプクイックレースタイプ硬度ミディアムフレックス
インナー-サイズ25~31.5cm
第4位

Burton

Swath Boa® Snowboard Boot

価格:32,292円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

履き心地の良いミディアムフレックスを探している方におすすめ

ウルトラウーブン素材を使用することによって、縫い目のごわつきが気にならず超軽量化とスムーズな動きを両立しているスノーボードブーツです。トゥイークがしやすいミディアムフレックスの中でも履き心地を重視したいという方におすすめのアイテムです。

 

ボアシステムを採用しているため簡単なダイヤル操作によって2か所のフィット感を調節することが可能です。足下にはスリーピングバッグ反射ホイルを使用しブーツ内の温かさを保ってくれクッション性も優れているため、快適にスノーボードを楽しむことができます。

タイプボアシステムタイプ硬度ミディアムフレックス
インナー Imprint™ 3ライナー・フォーカスカフサイズ25~31cm
第3位

THIRTY TWO

STW BOA W’S ’18

価格:17,280円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エントリーモデルだから初めてのスノーボードブーツに最適

ボアシステムを採用したエントリーモデルなので、腕力の弱い女性の方やスノーボード初心者の方にも扱いやすいスノーボードブーツです。履きやすさ、履き心地にこだわった商品で重量も軽量なので、はじめて購入するブーツとしても人気を集めています。

 

インナー内側には毛足の長いボア素材を使用しており、肌触りもやわらかでここちよく足の出し入れもしやすいのが魅力です。シンプルなブラックカラー以外にもホワイトやミントグリーンなどの4色展開で、おしゃれにもこだわりたいという方にもおすすめです。

タイプボアシステムタイプ硬度ソフトフレックス
インナー-サイズ23~25cm
第2位

DEELUXE (ディーラックス)

ID 7.1 LARA TF

価格:27,864円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーもインナーで専用のスノーボードブーツを作成できる

DEELUXEのサーモインナーは専用のオーブンで熟成することによって、インナー、アウター、インソールと足を一体化させたような履き心地を実現しています。中々自身の足にあうスノーボードブーツに出会わないという方に、おすすめしたい商品です。

 

ブーツの脱着が簡単なクイックレースタイプでフレックスも柔らかめなので、初心者の方にも扱いやすくおすすめです。タンの内側部分に装着されたスライテック素材によって超衝撃吸収を行い、ひざへの負担を軽減してくれます。

タイプクイックレースタイプ硬度やや柔らかめのフレックス
インナーサーモインナーサイズ21.5~25.5cm
第1位

Burton

Women's Ritual Snowboard Boot

価格:35,424円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Burtonの中でも広い支持を集めるレディースブーツ

動きやすさとパワーを併せ持つハイエンドモデルで、ハードなライティングのために作られたブーツです。Burtonのハイエンドモデルの中で最もソフトなので、プロレベルのパフォーマンス、機能性とフィット感を両立したスノーボードブーツです。

 

トータルコンフォート構造を採用しており、プレッシャーゾーンの圧迫を軽減し素早く足にフィットしてくれます。優れたグリップ性能とクッション性にも安定感があるため、ハイエンドモデルではありますが、初心者の方にもおすすめなスノーボードブーツです。

タイプクイックレースタイプ硬度ソフトフレックス
インナー-サイズ22~28cm

スノーボードブーツのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5096635の画像

    Burton

  • 2
    アイテムID:5096727の画像

    DEELUXE (ディーラックス)

  • 3
    アイテムID:5096756の画像

    THIRTY TWO

  • 4
    アイテムID:5096646の画像

    Burton

  • 5
    アイテムID:5096759の画像

    サロモン(SALOMON)

  • 6
    アイテムID:5097028の画像

    FLUX(フラックス)

  • 7
    アイテムID:5097033の画像

    NORTHWAVE(ノースウェーブ)

  • 8
    アイテムID:5097038の画像

    RIDE(ライド)

  • 9
    アイテムID:5097102の画像

    VANS(バンズ)

  • 10
    アイテムID:5097130の画像

    HEAD(ヘッド)

  • 商品名
  • Women's Ritual Snowboard Boot
  • ID 7.1 LARA TF
  • STW BOA W’S ’18
  • Swath Boa® Snowboard Boot
  • DIALOGUE WIDE JP
  • GT-SPEED
  • PROPHECY ASIAN FIT
  • TRIAD
  • HI STANDARD OG
  • ONE BOA
  • 特徴
  • Burtonの中でも広い支持を集めるレディースブーツ
  • サーもインナーで専用のスノーボードブーツを作成できる
  • エントリーモデルだから初めてのスノーボードブーツに最適
  • 履き心地の良いミディアムフレックスを探している方におすすめ
  • 日本人の足型に合わせて製造されているためフィット感抜群
  • 軽快でしなやかなバランス良いフレックスが魅力
  • 洗練されたデザインと機能性を備えたハイエンドモデル
  • 紐タイプとボアタイプが融合したハイブリットタイプ
  • シンプルだから使いやすいスタンダードブーツ
  • エントリーモデルで脱着のしやすさは抜群
  • 価格
  • 35424円(税込)
  • 27864円(税込)
  • 17280円(税込)
  • 32292円(税込)
  • 23328円(税込)
  • 23970円(税込)
  • 47628円(税込)
  • 24620円(税込)
  • 21924円(税込)
  • 22600円(税込)
  • タイプ
  • クイックレースタイプ
  • クイックレースタイプ
  • ボアシステムタイプ
  • ボアシステムタイプ
  • クイックレースタイプ
  • クイックレースタイプ
  • クイックレースタイプ
  • 紐タイプ、ボアシステム
  • 紐タイプ
  • ボアシステムタイプ
  • 硬度
  • ソフトフレックス
  • やや柔らかめのフレックス
  • ソフトフレックス
  • ミディアムフレックス
  • ミディアムフレックス
  • ソフトフレックス
  • -
  • やや柔らかめのフレックス
  • ミディアムフレックス
  • インナー
  • -
  • サーモインナー
  • -
  • Imprint™ 3ライナー・フォーカスカフ
  • -
  • F3 INNER
  • TF3
  • INTUITION HEAT MOLDABLE FOAM
  • -
  • パーフェクトフィット
  • サイズ
  • 22~28cm
  • 21.5~25.5cm
  • 23~25cm
  • 25~31cm
  • 25~31.5cm
  • 23~28.5cm
  • 25.5~27cm
  • 25~31cm
  • 25.5~28cm
  • 26~29cm

スノーボードブーツのメンテナンス方法

スノーボードブーツの使用後は正しいメンテナンスを行う事で、長持ちさせることが可能です。ここでは使用後とシーズンオフの正しいメンテナンス方法について紹介していきます。

①使用後にはしっかりと乾燥させる

スノーボードブーツを濡れているまま放置してしまうと雑菌が繁殖し、カビや悪臭が発生する原因となります。ブーツを脱いだら表面の雪や水を払い、インナー、インソール、アウターの3つに分解してしっかりと乾かします

 

熱に弱い素材でつくられている場合もあるため、暖房器具で乾かす場合には熱が当たりすぎないように離して乾燥させます。インナーとアウターは型崩れするため、紐やワイヤーで軽く固定し、湿気のない部屋で自然乾燥させるようにしましょう。

②シーズン後には水洗いする

シーズン後は水洗いを行い、ニオイや雑菌をカビなどを取り除きましょう。水洗いについては素材によっては水洗いしない方が良いものもあるため、取扱説明書などを確認した上で、アウター、インナー、インソールに分解してそれぞれ水洗いするようにしましょう。

 

中性洗剤を混ぜた常温の水をバケツに作り、インナー、インソールは手で優しくもみ洗いし陰干しでしっかりと乾燥させます。アウターは素材についても洗い方が異なり、場合によっては水をつけない方がいいため取扱説明書の指示に従うことが大切です。

③シーズンオフの保管時

スノーボードブーツの保管には、購入時の箱を使用して保管することですっきりと収納することができおすすめです。収納時には型崩れを防ぐため軽く紐やワイヤーをしめてから綺麗な状態で保管するようにしましょう。

 

保管する際には新聞紙や乾燥剤を使用し、乾燥させた状態を保つことが大切です。正しい保管を行う事で次回使用するときに、カビが発生していた悪臭がするといったトラブルを未然に防ぐことができます。

まとめ

ここまでスノーボードの操作性を左右するスノーボードブーツの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。スノーボード満喫するためにも自分にあったスノーボードブーツを選ぶようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ